症状・BPSD

症状・BPSD

老人性難聴と認知症リスク 難聴を改善する16の方法

加齢性難聴の予防と治療・補聴器以外の改善方法 目が見えないことは人と物を切り離す。 耳が聞こえないことは人と人を切り離す イマヌエル・カント 概要 加齢性難聴・老人性難聴(Presbycusis) 加齢性難聴(老人性難聴)は、難聴の最も一般的な原因であり、
2020.03.17
概日リズム

抗認知症薬による概日リズム・睡眠の混乱(AChE阻害薬、ドネペジル)

睡眠障害と睡眠導入剤・抗認知症薬 関連記事 夕暮れ症候群(日没症候群) 25の原因と7つのアプローチ 睡眠不足がアルツハイマー病を引き起こすメカニズム 徐波睡眠(SWS)欠乏と記憶障害 眠りを深くする12の方法 コリン作動系 概日リズム アセチルコリンは末
2020.03.17
睡眠

夕暮れ症候群(日没症候群) 25の原因と7つのアプローチ

そして、太陽が沈んだ後のたいていの夜で、 ある種の魔法が認知症の国で始まるのである。 書籍「Wonders in Dementialand」より 夕暮れ症候群(日没症候群) Sundowning 概要 夕暮れ症候群とは、認知症患者における日没から夜の間で高ま
2020.03.17
症状・BPSD

人生の役に立つジャグリング 10の実用的メリット

ボールジャグリングの体験・楽しさ 10の利点 概要 ジャグリングとは ジャグリング ジャグリング(お手玉)は一般的には大道芸、見世物として認知されているが、一方でスポーツとしてのジャグリング、芸術としてのジャグリング、純粋なホビー、数学的利用、子供の情操教育、瞑想
2020.03.06
症状・BPSD

人生の質を高めるジャグリング 10の脳機能効果

最強の脳トレ&不安解消効果 ジャグリング You don't ask a juggler which ball is highest in priority. Success is to do it all. 優先順位がもっとも高いボールはどれだって、ジャグラー
2020.03.06
症状・BPSD

デフォルト・モード・ネットワーク(DMN)とアルツハイマー病 DMNを変調させる20の方法

デフォルトモードネットワークと神経活動 概要 脳のアイドリング 脳の認知機能は、脳の個々の領域が独立して活動しているのではなく、脳の異なる複数の領域が活性し機能的な接続されることによって動作する。こういった脳の活動パターンは細かく存在し、研究者によっていくつかの分類がな
2020.02.01
アロマテラピー

アロマオイルの効果効能 医学的研究

アロマオイルの研究 総合 アロマテラピーの臨床研究 たぶん、一番有名なアロマセラピーの臨床研究(日本) アルツハイマー病患者へ28日間のアロマセラピー(ローズマリー、レモンバーム、ラベンダー、スゥィートオレンジ)により、GBSS-J およびTDASテストス
2020.03.07
症状・BPSD

医療大麻・マリファナの神経保護作用(CBD・THC)

カンナビノイド成分の抗認知症作用 関連記事 カンナビノイドシステムの多彩な神経保護メカニズム 概要 カンナビジオール(CBD)は、麻に含まれるカンナビノイドの一つ。 麻(カンナビスサティバ)には400種類以上の化学物質が含まれそのうち約70種類がカンナビノイドで
2020.02.06
症状・BPSD

アルツハイマー病患者・高齢者の筋肉の衰え(サルコペニア)、体重減少と7つのアプローチ

概要 サルコペニア サルコペニアとは加齢に(疾患を含むこともある)より筋肉量が減少し、全身の筋力低下、身体機能の低下が起こること。加齢以外の要因による筋力と筋肉量の低下をミオペニアと呼ぶこともある。ギリシャ語で筋肉を「サルコ」と呼び、喪失を「ペニア」と言うことからサルコペ
2020.02.05
症状・BPSD

「遊び」がもたらす12の認知機能増強作用 (環境エンリッチメント)

環境エンリッチメントの研究 (認知症・アルツハイマー病) 概要  Environmental Enrichment (EE) 環境エンリッチメント 環境エンリッチメント(EE)とは、小屋、玩具、ランニングホイール、他の動物との関わり合いなどによって感覚的刺激、社会
2019.07.22
タイトルとURLをコピーしました