筋萎縮性側索硬化症

36の発症因子

キヌレニン経路の恒常性を回復する13のアプローチ

キヌレニン経路と神経変性疾患・アルツハイマー病 概要 キヌレニン経路は必須アミノ酸であるトリプトファンの主要な経路のひとつ。 トリプトファンの代謝は非常に複雑、主な代謝経路は4つ存在する。 ヒドロキシル化 → セロトニン、メラトニン 脱カルボキシル化 →
2020.06.07
36の発症因子

小胞体ストレスと神経変性疾患 作成中

小胞体 概要 小胞体は、真核生物の細胞小器官のひとつ。発見された当初は細胞核で作られたたんぱく質をゴルジ体へと橋渡しする輸送のための廊下程度にしか考えられていなかったが、その後の研究で多くの細胞機能に関わっていることがわかってきた。 小胞体の主な役割 タンパク質
2020.02.06
睡眠

アミノ酸・L-セリンの神経保護作用

アミノ酸 L-セリン L-セリンの役割 セリン L-セリンは非必須アミノ酸のひとつとして分類される。 しかし、脊椎動物は特定の状況下では必要な量を合成することができないため、条件付き非必須アミノ酸とも考えられている。 重要なアミノ酸の前駆体 L-セリンは哺
2020.03.15
タイトルとURLをコピーしました