筋萎縮性側索硬化症(ALS)

ALSの逆転 – Richard Bedlack博士による48の記録された症例
ALS Reversals - The 48 documented cases with Dr Richard Bedlack

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

エブリシングALS

チャンネル登録者数 3460人

神経科医であるリチャード・ベドラック博士は、デューク医科大学のALSクリニックを運営している。 ALSコミュニティーのパイオニアであり、ALSの回復の原因に関する研究をリードしている。 2020年7月29日現在、彼は48人の逆転を確認している。 このプレゼンテーションでは、その研究内容に加えて、腸内環境、クレンブテロール、メチコバラミンに関する新たな研究についても言及された。

ベドラック博士のプレゼンテーション ベドラック

ベドラック博士のプレゼンテーション ベドラック博士のプレゼンテーション
  • イントロダクション
  • ALSの治療法の概要 (2:35)
  • ベドラック博士のALS初体験 (3:36)
  • 逆転の測定基準
  • ALSFRS-Rスコアと無気管生存率 (4:45)
  • PRO-ACTデータベースにおける患者間の進行のばらつき (7:21)
  • ルー・ゲーリッグの進行とプラトー (11:01)
  • 第1回目のALSの回復 – Nelda Buss (13:35)
  • なぜALSの回復を研究する価値があるのか
  • 動物モデル (16:38)
  • HIVのようなエリート・コントローラー (18:24)
  • どのようにしてALS患者として認定されるのか?
  • ALS患者を定義するもの (20:24)
  • ALSリバーサルを集める (22:10)
  • ALS患者に関する仮説 (22:42)
  • なぜ逆転はALSの模倣ではないのか-ALSの診断と再神経支配 (22:35)
  • StAR -ALS患者を対象とした研究 (26:17)
  • 逆転者の人口統計学と使用される治療法 (27:27)
  • エリートコントローラー遺伝子を探すStARの遺伝子研究 (28:56)
  • 環境暴露 (30:17)
  • ニューロイメージング (31:21)
  • 脳と脊髄の組織学 (32:38)
  • StARマイクロビオームスタディ (33:47)
  • その他のStAR研究の可能性 (36:30)
  • ALSの逆転は、人が受けた治療が原因なのか? (38:20)
  • R.O.A.R. – 逆転するALSの再現実験 (40:12)
  • ルナシン・サプリメントは逆転に影響しなかった (43:15)
  • クルクミン – 48人中6人がクルクミンと関連した逆転劇 (45:50)
  • 結論 (49:10)
ALSコミュニティのすべてからの質問
  • 1. どのプロトコルが最も多くの逆転をもたらしたか? (53:10)
  • 2. クルクミンスタディーに使っている量とブランドは? (53:45)
  • 3. リバーサルの10%のfALSのうち、彼らが持っている遺伝子変異は何か? (55:29)
  • 4.リバーサルにおいて、神経支配を助けるサプリメントはあるのか、また神経支配とALSFRS-Rスコアの改善との相関はあったのか? (56:31)
  • 5. なぜ女性より男性の方がリバーサルが多いのか、また、リバーサルの中に軍隊にいた人はいるのか。
  • 6. ラディカバやリルゾール以外の処方薬を使った逆転劇はあったのか? (1:00:10)
  • 7. なぜ女性はLimb onsetよりBulbar onsetが多いのだろうか? (1:01:25)
  • 8. オメガ3は? フィッシュオイルとクリルオイルの違いは? オメガ3とALSFRS-Rスコアに関連はあるか (1:01:47)
  • 9. 球筋症状に有効なサプリメントや薬剤はあるか? (1:04:35)
  • 10. Nrf2活性化剤の働きとテクフィデラはMSに使われる医薬品のNrf2活性化剤だ。 ALSにはどうなんだろうか? (1:07:00)
  • 11. ALSの人に効く大麻製品の効果は研究されているのだろうか? (1:10:05)
  • 12. グルタチオンについて、推奨する投与方法は1つか&その臨床試験は何を示しているか? (1:15:00)
  • 13. リバーサル#44について、彼のプロトコルのどの部分が臨床的に有効なメカニズムを持っていると思われるか? (16:47)
  • 14. ビタミンCについてどう思いますか (1:18:36)
  • 15. NADの働きについて説明してほしい。また、臨床試験に用いられたNAD前駆体EH301について教えてほしい。 (1:19:35)
  • 16. マイクロバイオームについて言及された。 PALSはプレ・プロバイオティクスとプロバイオティクスを摂取しているのだろうか? また、どのようなプロバイオティクスを摂取する必要があるのか、どのようにマイクロバイオメトリクスを検査すればよいのだろうか? (1:22:50)
  • 17.  旧来の亜塩素酸ナトリウムの試験について、また、その試験に参加した患者さんの追跡調査は行われているか? (1:24:50)
  • 18. EXPANDED ACCESSを支持する理由と、pALSの安全性について懸念がない理由を概説していただけるか? (1:27:55)
  • 19. クレンブテロールは、どのようにPALSに有益であるとお考えであるか? (1:34:50)
  • 20. 運動はALSの逆転に関与するのか、また患者に運動を勧めるのか? (1:37:23)
  • 21. 逆転と安定化あるいはプラトーとはどのように区別するのか? (1:41:11)

フェイスブックでフォローしてください: www.facebook.com/EverythingALS/

ALSコミュニティの他の専門家と私たちの今後のWebinarsの通知を取得するには、に登録してほしい。

www.everythingALS.org/events


インドゥ・ナヴァー 0:04

ようこそ、ベドラック博士、そしてようこそ皆さん。今日のイベントですが、私は本当に、不運のオフを主催することに興奮しています。そして、ここには300のセッションがあります。そして、約400人の方が今日、ベドラック博士と対話するためにここにいらっしゃると思います。

不運な博士の紹介はもう必要ないと思います。彼はとてもユニークだからです。私は今日、どうしたらカラフルな服を着られるか、たくさんの服を探しました。なぜなら、彼の色でベドラック博士に勝てるかと思ったからです。ベドラック博士がカラフルな服を着ているように、彼は私たちALSのコミュニティーにその色をもたらしてくれています。

私たちは、ベドラック博士とそのユニークな視点、色彩豊かな思考をALSコミュニティに迎えることができ、とても幸運であり、またとても光栄に思っています。メキシコ人が言ったように、48人というのは少ないかもしれません。しかし、このような逆転した人たちがいることで、この病気は治る、逆転します、治療できる、という希望が持てるようになりました。

ですから、私たちはとても興奮しています。それから、誰かが税金について質問したのですが、マイク・ペンスが逆転する前の状態について、実際に議論することは可能でしょうか。そしてまた、私たちの患者の支持者であるサラも参加してくれます。

彼女は、父親が影響を受けたという個人的な経験を持っています。彼女はワシントン大学の医学生でもあり、セッションの司会やチャットボックスのチャットですでに送られた質問をする予定です。ですから、気軽にチャットボックスで質問してください。

もし、私たちがそれを手に入れることができれば。後ほど、他の人が答えてくれるかもしれません。400人近くが集まっているわけですから、たくさんの対話があります。ということで、実はベドラック先生を歓迎したいと思います。どうか温かく迎えてあげてください。そしてベドラック博士、お願いします。今はあなたのフロアですからね。

リチャード・ベドラック博士 2:28

アンディ、どうもありがとうございました。とても親切な紹介ですね。今夜、皆さんと一緒に、私が経験したALSリバーサルと呼ばれる症例についての興味深い旅についてお話できることを嬉しく思います。そこで、私が組織としてやろうと思ったことは 2011年以前のALSの進行に関する私の経験について少しお話しすることです。

そして、このような症例について、どのように定義し、どのように収集し、なぜこのような症例を説明するために様々な仮説を立てて研究する価値があると考えるかについて、お話しします。そして、私が組織したデューク大学の2つの研究プログラム、roarプログラム(replication of ALS reversALS)とSTARプログラム(study of ALS reversALS)についてかなりの時間を費やします。

これらのプログラムによって、これらの症例をより理解し、できればこのようなことが私たちのコミュニティでより頻繁に起きるようにしたいと考えています。私は1997年頃まで、ALSについて何も知りませんでした。デューク大学で神経学の研修医をしていたとき、初めて患者を見たのを覚えています。

そして、私の医師としてのキャリアの中で、最も驚くべき話であり、最も驚くべき身体検査であると思ったのです。研修医になると、より実績のある医師のもとで働くことになりますが、そのとき私は、自分の担当医にこの症例を説明しに行ったことを覚えています。

すると、その医師がやってきて、「なぜこんなことが起こるのかわかりません。残念ながら、この病気の患者は常に急速に進行する障害を経験し、生存期間も短くなります。そして、それに対して私たちができることは、実は何もないのです。あなたは家に帰って、身辺整理をしなければなりません。」

そして、彼らはそのまま出て行ってしまったのです。私はただ呆然とそこに座り、患者や家族を見て、私がこれほどまでに感じているのなら、彼らの気持ちは想像に難くない、と思ったのを覚えています。その日、私は車で家に帰り、デューク大学に残り、人々がより長く、よりよく生きるための選択肢を持てるようなプログラムを作ろうと思ったことを覚えています。

そして、そのプログラムに何らかの研究を組み込んで、人々に希望を与えようと思いました。しかし、進歩に関するコメントについてですが。デューク大学のALSクリニックを率いるようになって最初の数年間は、病気の進行とALSを測定する方法について学びました。基本的には、機能評価と生存率評価に帰着します。機能に関する主な指標は、ALS機能評価スコアと呼ばれるものです。

現在、私たちはこのスコアの改訂版を使用しています。FRSという略語が見えます。これは質問紙で、12項目あります。それぞれの項目は、特定の運動機能についての質問です。12の質問項目があるのがおわかりいただけると思います。発話、唾液、嚥下、手書き、食べ物を切る、着替え、歩行、階段昇降、そして呼吸のさまざまな側面に関する質問が含まれています。

これらの質問は、それぞれ0点から4点の間で採点され、全く機能がないことを意味します。つまり、完全に正常な患者さんのスコアは48です。全く機能がない人は0点で,0点で20年という人は見たことがありません。ALS患者の大規模な集団を見ると、その減少はかなり直線的で、平均してこの規模になります。

ですから、大規模な集団全体では、この尺度で平均すると、1カ月に1ポイント程度の減少になります。そして、もう一つの指標は、先ほどお話した生存率です。生存率をどのように測定するかは、少し議論の余地があることがわかりました。ALSの場合、世の中で論争になるようなことは、どれぐらい生きるかを決めるのはそれほど難しくないだろうと思うでしょう。

しかし、私たちは現在、人為的に人を生かす方法をたくさんとっているので、必ずしも病気で死ぬとは限らないのです。例えば、非侵襲的人工呼吸を24時間365日行っている人がいますが、それがなければもっと早く亡くなっていたでしょう。

気管切開をして、侵襲的な人工呼吸器を装着する人もいます。それがなければ、もっと早く亡くなっていたでしょう。ですから、生存率を測る方法は、人によって多少異なるのです。しかし、私自身は、この分野では気管切開をしない生存期間、つまり人工呼吸器を装着せずにどのくらい生きられるかを定義するのがベストだと考えています。平均すると、症状が現れてから約3年です。

リチャード・ベドラック博士 7:23

しかし、この病気の患者さんには大きなばらつきがあることが、数年間患者さんの世話をしてきて、はっきりとわかりました。そこで、ばらつきと機能指標についてお話しします。このスライドの左側には、約40人の患者さんとALS、FRSの経時的なスコアが表示されています。

そして、いくつかの線はほとんどまっすぐで、彼らは非常に早く機能を失っていることがわかります。また、いくつかの線は非常に平坦で、機能が失われるのに長い時間がかかっています。また、気管切開なしの生存期間にも大きなばらつきがあります。

平均すると3年ですが、20%の人は5年以上生きられます。10%は10年以上生きる。20年以上生きる人も5%います。スティーブン・ホーキング博士のように、この病気で50年以上生きた有名な例もあります。私はこのことを理解するのに数年かかりましたが、今ではほとんどの医師、そして患者さんが、患者さんによって違いがあることを理解していると思います。

しかし、私がさらに時間を要したことのひとつに、医師や患者さんにまだあまり理解されていないことがあります。それは、1人の患者さんでも、時期によって病気の経過にばらつきがあることです。そこで私は、多くの患者さんを診てきた経験から、この点について仮説を立て、マサチューセッツ総合病院の同僚や、私のような患者会の人たちと一緒になって、大規模な調査を行いました。

そして、ProActデータベースと呼ばれるものに登録されたすべての人を対象に、大規模な調査を行いました。このデータベースには、過去の臨床試験に参加した何百人ものALS患者が登録されているのです。このデータベースには、過去に臨床試験に参加した何百人ものALS患者が登録されており、経時的にさまざまなデータを測定しています。

最も一般的な測定は、もちろん、ALSFRSスコアです。個々の患者さんのALSのFRSスコアがどのように見えるか、このスライドの右上にあるものをお見せしましょう。これはデータベースの中のある患者さんで、プラセボに無作為に割り振られた方です。

これは、500日間にわたるスコアの推移です。このグラフが直線的でないことは容易におわかりいただけると思います。患者さんが大きく進歩した期間もあれば、400日目から500日目までのように、まったく進歩しない期間もあるのです。

ですから、個々の患者を見るのではなく、データベース全体を見ることができるんです。右下に表示したのはそのためです。これらの曲線は、ALS、FRSの安定性、改善度、持続時間の違いを表しています。この青い線は、ALS、FRSのスコアが安定していることを示しています。

そして、ここに表示されているのは、データベースに登録された人々のうち、異なる期間にわたってスコアが安定していた人々の割合です。つまり、1ヶ月でスコアが安定している人はたくさんいますが、1年を通してスコアが安定している人はほとんどいないのです。

緑色の線は、このスケールの1ポイント改善とその継続期間です。は2ポイントの改善です。アクアブルーは3ポイント、パープルは4ポイントの改善です。

このように、安定と改善の度合いによって、短期間で改善されることが多いのです。これは私にとって新しい発見でした。しかし、このことは以前から何度も実証されていたのです。実際、ルー・ゲーリッグのキャリアでも、このような停滞期やわずかな改善期が実証されています。

昨年出版された『鉄馬の最後の旅』という本がありますが、これは素晴らしい本だと思います。ルー・ゲーリッグの選手生活最後の1年、1938年を分析した本です。驚くべきことに、ルー・ゲーリッグはALSの最中、ある月に突然、著しく調子が良くなったように見えるのです。

そのことを証明してみせましょう。ルー・ゲーリッグのような野球選手のキャリアを見るには、攻撃的なパフォーマンスという点で2つの方法があります。つまり、安打数の合計を打席数で割ったものです。つまり、333なら3回に1回はヒットを打っていることになります。

それから、打率と呼ばれるものがありますが、これはパワーの指標です。これは出塁回数を打席数で割ったものです。つまり、もしあなたが1回しか出塁せず、ホームランを打ったとしたら、その数字は4.0となります。

リチャード・ベドラック博士 12:21

ルー・ゲーリッグのキャリアの数字を見てみましょう。彼のキャリア全体の打率は340,打率は632です。1938年、その年のほとんどの期間、彼はこの数字を大きく下回っていました。ALSは、その年の4月頃から始まったと考えられています。

4月18日から8月6日の間、彼の打率はキャリア平均を70ポイント下回る274しかなかったんです。打率は200ポイントも下がっています。ところが不思議なことに、8月になると彼は爆発的に伸び、打率は350を超え、打点も700を超えました。

これは、彼の全キャリアの平均をはるかに上回る数字です。しかし、残念ながら、この好調は長くは続きませんでした。野球シーズンの後半、ワールドシリーズに入る頃には、彼は平均を大きく下回るまでに戻っていたんです。ですから、ALS患者さんが常に一直線に進歩するわけではないこと、まったく進歩しない時期があること、あるいは一時的に少し改善することもあることを理解してもらうことが本当に重要なのです。そのため、今お話したようなことを前提に、新しい治療法の効果を分析するのは本当に難しいのです。

しかし、私が予想だにしなかった、そして2011年まで存在しないと信じていました、ALSの逆転現象というものがあります。私が遭遇した最初のケースをご紹介しましょう。

これはネルダ・ブースという女性です。彼女は自分の名前を公表しているので、プライバシーの問題はありません。ALSアンタングルドのレビューの中で彼女に出会いました。ALSアンタングルとは何か、ご存知の方も多いと思いますが、私版「Xファイル」のようなものです。

インターネットで読んだALSに効きそうなものを、みんなが私僕提出するんです。私は調査チームを派遣して、その内容を調べます。そして、科学者が行うように、本当に批判的に検討するようにしています。そして、見つけたものについては報告書を書くようにしています。

その目的は、患者さんが、世にある珍しいアイデアについて、より多くの情報を得た上で決断できるようにすることです。それで、エネルギー療法について調べているうちに、この女性に出会いました。特に、エネルギー療法家であるディーン・クラフトという人物のウェブサイトを見ていました。

その女性が43歳のときにALSを発症したという映像がありました。その女性は急速に病状が悪化し、半年も経たないうちに歩くことも、自分の身の回りのこともできなくなったそうです。そして1年以内に完全に麻痺してしまいました。腕も足も動かせず、息も絶え絶えでした。

そしてその時、彼女はALSクリニックからこれ以上できることはないと言われたそうです。ホスピスの時間だったのです。そこで彼女は、最後のチャンスとして、このエネルギーヒーラーに会いに行くことにしたとビデオの中で述べています。

それから2年間、彼女は完全に正常な状態にまで回復したことを記録しています。そして、この出来事があってから30年以上、彼女は農場で梯子を登ったり、薪を積んだりする仕事を完全に正常なまま続けています。ですから、このビデオはとてもすばらしいと思いました。

ご存知のように、インターネット上の情報をすべて信じることはできません。そこで、まず最初にしたことは、ブースを探すことでした。そして彼女を知っている人に連絡を取りました。彼女は親切にも、彼女の医療記録の大きな箱を送ってくれました。

そして、半分ほど読み終えたころ、妻に向かって、「信じられない」と言ったときの気持ちは、今でも忘れることができません。この女性は本当にALSだったんです。

明らかに、信じられないほどよくできた病歴、よくできた神経学的検査、進行性の脱力、上下運動ニューロンの広範囲な科学、よくできた筋電図検査、運動ニューロンの広範囲の喪失、多くの検査で異常がないことを示す他の説明を見つけようとしたこと、などなど。

これらはすべて、私が尊敬するバージニア大学の医師たちによって行われたものです。ですから、彼女がALSであること、そして本当に進行していること、そしてビデオで彼女が言っていたように本当に改善していることは、私にとって非常に明確でした。

リチャード・ベドラック博士 16:37

そこで私は、このケースをどうするかという決断を迫られました。実際に、さらなる研究のために提出するのでしょうか?もちろん、皆さんはその答えをご存知でしょう。しかし当時、私が考えていたのは、ALSの新しいモデルが必要ではないかということでした。

今でもそう思っているのですが、今あるモデルはあまり良いとは思えません。マウスやラット、ハエ、ミミズなどに遺伝子異常を挿入して作られた動物モデルがありますよね。その動物たちは、ALS患者と同じような兆候を示し、徐々に弱っていき、生存期間も短くなります。

しかし、その原因は、ほとんどの人が持っている原因ではありません。ほとんどの人は、遺伝子の異常で病気を発症しているわけではありません。そして、私たちはこれらの動物で多くの薬剤をスクリーニングし、これらの動物モデルで劇的に進行を遅らせ、生存期間を延長させるものを多く見つけましたよね。

しかし、これまでのところ、そのどれもが人間には効きませんでした。そして、ここ数年、より良いモデルになりそうな他のモデルがたくさん開発されています。例えば、人工多能性幹細胞というモデルです。ALS患者の皮膚を実際に削り、その皮膚細胞を幹細胞に変えるのです。

そして、化学物質を用いて、幹細胞を運動ニューロン、アストロサイト、ミクログリアなど、好きな種類の細胞に変化させることができるのです。つまり、散発性ALS患者の中枢神経系から採取した細胞を実際に研究できるのは、今回が初めてなのです。

その結果、より優れたモデルになる可能性もありますが、それは時間が経ってみないとわかりません。この病気を研究するためには、できるだけ多くの異なるモデルが必要なのは明らかです。また、このモデルは、他の分野でも同じようなことが起こり、それが医学的なブレークスルーにつながったので、関連性があると思います。

1980年代に、HIVウイルスに感染しているにもかかわらず、病気にならない人がいることが認識されました。そして、本当に優れた抗ウイルス薬が登場しても、その人たちはそれを服用しませんでした。その人たちはまだ病気をコントロールできているようです。

病気にはならなかったのです。彼らはエリート・コントローラーと呼ばれるようになりました。ウイルスに感染する人は全体の1%程度です。長い間、人々はただ肩をすくめて、何が起こっているのか分からないと言いました。そしてついに、誰かが「これは研究すべきでしょう」と言ったのです。

そして、この2人を同じデータベースに登録しました。そのひとつが、遺伝子検査です。その結果、エリート・コントローラーの多くが、同じ遺伝子異常を持っていることがわかりました。CCR5と呼ばれる遺伝子に、デルタ32と呼ばれるわずかな変異があるのです。そこで科学者たちは、「これは興味深い」

この遺伝子はALSに関係するのでしょうか?その結果、その遺伝子は、すべての細胞の表面にあるタンパク質をコードしていることがわかりました。この写真にあるように、CCR5タンパク質です。この患者さんの変異の結果、このタンパク質が曲がってしまい、HIVが細胞に入り込めなくなったのです。

そこで、製薬会社のファイザーが、その受容体に作用してHIVが細胞に侵入するのを防ぐ薬を開発したのです。そしてそれは実際に効果を発揮し、誰もがHIVに対してより耐性を持つようになるのです。そこで、これらのALSの逆転現象を研究し、このような突破口を開くことができないですか、もしかしたら、ALSやすべての人を逆転させる治療法を作るために利用できる共通点があるのではないですか、と考えています。

ですから、何かを研究しようとするときに最初にしなければならないのは、それをどのように定義するかを考えることです。そこで私は、何かをALSの逆転劇と呼ぶには、非常に高いハードルを設定することにしました。そして、それには3つの部分があります。

リチャード・ベドラック博士 20:40

これらはすべて、私が医療記録を入手し、それを見直すことに関係しています。まず1つ目は、ALSの診断に同意しなければなりません。つまり、正しい病歴、正しい神経学的検査、正しい筋電図パターン、ALSを模倣するものを除外するための正しい検査が記録されていなければならないのです。

第二に、病気が進行して障害が生じたことを示す客観的な証拠が必要です。そして3つ目は、失われた運動機能が劇的に、かつ持続的に回復し、少なくとも何らかの障害があることを示す証拠でなければなりません。私がALSの逆転劇と呼んでいる例では、気管切開を行い、人工呼吸器を装着して生きている患者さんがいました。

しかし、その患者さんが回復して人工呼吸器から離れ、自力で呼吸できるようになったのです。また、飲み込むことができず、水分や栄養をすべて栄養チューブで摂取しなければならなかった患者さんの例もあります。今では普通に飲み込んでいます。

話す能力を失い、音声発生装置を使用しなければならなかった患者さんの例もあります。車椅子に乗っていた人が、今では歩けるようになり、走ることさえできるようになった例もあります。また、着替えや食事などの日常生活動作を他人に完全に依存していた人たちの例もあります。

そして、着替えや食事などの日常生活動作が完全に他人に依存していた人が、今では自分でできるようになった例もあります。このようなことを、私は「逆転の発想」と呼んでいます。どうやって見つけるのですか?私は宣伝していますし、ALSreversALS.orgというウェブサイトも立ち上げています。

私がこのような講演をするのが好きな理由の一つは、講演の後、調べるべきレコードのセットをいくつか追加してもらえるからです。他の医師にこのようなウェビナーを提供しようとさえしています。このプログラムの宣伝の結果、私は世界中の人々と協力して、48例のALS逆転劇を確認することができました。

これらの事例には、さまざまな説明が可能です。まず、他の多くの医師が正しいと考えているのは、この人たちはそもそもALSではなかった、あるいは、専門家でも見分けがつかないほどALSによく似た別の病気にかかったと誤診されたというものです。もしそうだとしたら、それが何なのかはわかりません。今まで説明されたことのないものです。それを検査するのはとても難しいことです。

第二の可能性は、HIVエリート・コントローラーのように、この人たちには何か違うものがあって、この病気に対する抵抗力があり、体が撃退して回復できるようなALSになったのかもしれません。そして、3つ目の可能性は、これらの人々が自分自身に行ったこと、始めた治療が実際に効果があったということです。

まず、擬態の考えから始めましょう。私は個人的には、この人たちは擬態していないと思います。その理由は、ALSが最初に記述されたのは1800年代ですから、もしALSの模倣犯がいるとしたら、今までに誰かがそれを発見し、記述しているはずだと思うからです。

この患者たちの記録を見ると、典型的な話、典型的な検査、典型的な筋電図、既知の擬態のための多くのテストがあります。すべて一貫しています。このデータベースで見つけた48人のうち4人は、ALSの家族歴があります。これは典型的なALS患者のデータベースとほぼ同じ割合です。

つまり、もしこの人たちがすべて擬態しているとしたら、ALSではない何かを持っていることになります。なぜ10%の人にALSの家族歴があるのでしょうか、それはあまりにも偶然の一致に過ぎないように思われます。

しかし、最後に、おそらく最も説得力があるのは、私が想像したこれらの人々の回復の仕方が、ポリオから回復する人を想像するのと全く同じ方法であったことです。それを説明しましょう。それは、次のようなプロセスを通じて行われます。

リチャード・ベドラック博士 24:48

側副出芽と呼ばれるプロセスです。この線路のようなものが筋肉で、健康な人の場合、その筋肉は4つの運動ニューロンによって神経支配されています。そして今、あなたは病気になりました。例えば、ポリオに感染すると、このうちのいくつかが消えてしまいます。

この例では、その筋肉を動かす運動ニューロンの1つが死滅します。その運動ニューロンが死ぬと、筋肉の一部は神経系に接続されなくなります。そのため、筋肉は弱くなります。しかし、ポリオの場合、ウイルスに感染しても生存していれば回復します。

新しい運動ニューロンを作って回復するわけではありません。死んだ運動ニューロンの隣にあった運動ニューロンが枝を出すことで回復します。さて、私のALS患者がこのように回復したことをどうやって知ることができるかというと、彼らの多くは回復後に筋電図検査を受けたのです。

すると、彼らの筋電図は、ポリオから回復した人の筋電図とまったく同じように見えました。つまり、何か魔法のようなことが起こったわけではないのです。まさに、ポリオになった人と同じことが起こっているのです。

冒頭で、このような仮説を解明するために、2種類の幅広いプログラムを実施していると申し上げました。

一つ目は、ALSの逆転に関するスター研究というもので、これには様々な部分があります。私たちは、これらの症例をできるだけ多く見つけようとしています。私たちは、できるだけ多くの人々の生体試料を得ようとしています。遺伝学的マイクロバイオームについては、もう少し詳しく説明します。

この人たちに出来るだけ多くの質問を投げかけて、その人たちの環境、つまりALS復帰の前と最中に何があったのでしょうか、それがALS復帰に寄与したのかを理解しようとしているんです。それで、私たちが知っていることをいくつかお話ししましょう。

今わかっていることは、ALS患者さんは平均的なALS患者さんより若いということです。大規模なデータベースでは、ALS患者の平均年齢は約60歳です。一方、逆転者は50歳前後で、18歳から75歳までと幅があります。ALS患者の大規模データベースと同様に、ALS逆転症患者は男性である可能性が高い。

つまり、48人のALS患者のうち39人が男性です。大規模データベースと同様に、ALS逆転症例は、肢体不自由発症と嵩上げ発症の比率が高い。48人中44人が四肢の発症でした。興味深いことに、ALS患者さんは、平均的なALS患者さんよりも、改善するまでの経過が速い傾向にありました。

また、大規模データベースでより典型的なALS患者と比較すると、ALS逆転症患者はある種の治療を受けている可能性が高いようです。これは、最初の39人ほどの逆転劇を分析したものです。このような逆転劇では、ある種の治療がより一般的であることがおわかりいただけると思います。リストの一番上にあるのは、これからもう少しお話しするクルクミンです。クルクミンを服用することで、典型的なALSのデータベースよりもはるかに多くのALSが回復しているのです。

リチャード・ベドラック博士 28:56

私たちは、先ほど申し上げたように、これらの人々の遺伝子を調べたいと考えています。そこで、唾液のサンプルを採取して、それを調べています。現在、ほとんどのALS患者から唾液を採取しており、それをマイアミ大学の共同研究者に送っています。

彼らは国立衛生研究所のクリエイト・コンソーシアムの一員です。彼らがやってくれるのは、全ゲノム配列決定と呼ばれるものです。そこで、このALSの逆転現象について、調べられるすべての遺伝子を調べ、そのすべての遺伝子を、より一般的な進行性のALSの患者と比較する予定です。

先ほども言いましたが、私が最も期待している理論を1つ挙げるとすれば、それはこの理論です。それは、HIVエリート・コントローラーに起こったことが原因です。もし、これらのALS患者において、ALSを取り除く能力をもたらす異なる遺伝子を特定することができれば、その遺伝子は、ALSを取り除くことができます。

現在では、ある遺伝子がわかれば、それが何をするものなのかがすぐにわかり、誰にでも同じことができるような薬を設計することができるのです。ですから、この方法は、この人たちに起こったことを素早くキャッチして、それをより頻繁に起こせるようにする方法かもしれません。

ところで 2020年には結果が出るはずですが、パンデミックの影響で少し遅れています。パンデミックの影響で少し遅れていますが、今年中には結果を出したいと思っています。

2つ目の研究は、環境暴露です。これは、National ALS registryとの共同研究です。National ALS registryに参加したことのある方ならご存知だと思いますが、彼らが行っていることの1つに、危険因子調査というものがあります。ALS患者の生活について、今まで経験したことのある仕事についてなど、たくさんの質問をするのです。

そこで私たちは、これとまったく同じアンケートをALS患者にも行い、その回答を比較することにしました。このスライドにあるのは、最初の19人のALS患者さんの結果です。そして、すべての質問の中で、唯一、ALS患者さんと異なる質問がありました。

ALS患者には、一般的なALS患者に比べて、大工や家具職人といった木工職人である人が非常に多く見られました。これが何を意味するのかはまだわかりませんが、いくつかの説がありますので、後でお話しします。

 

次のスター研究は、神経イメージングです。これは深部神経放射線学者との共同研究です。ALSの逆転劇の多くは、そもそもALSと診断されるまでの間に、脳や脊髄の写真をたくさん撮っています。そして、その写真をすべて虱潰しに調べているのです。そして、ALS患者さんに見られるような典型的な所見が、このALS逆転症患者さんの中にどれだけあったかを調べています。

どういうことかというと ここに典型的な進行性ALSの人のMRIスキャンがあります。なぜか、いつもこのように見えるわけではありません。しかし、もしMRIで何か見えるとしたら、皮質脊髄路と呼ばれる細胞群の異常が見られることが多いのです。

これは上位の運動ニューロンです。この写真では、矢印の先に、このような白い部分が見えますが、この患者の皮質脊髄路は、白色ではなく、他のものと同じように灰色であるべきです。つまり、この患者の皮質脊髄路には何か問題があるのです。

そこで、これらの画像を注意深く見て、ALSの典型的な変化が見られるかどうかを確認することにします。それとも、なぜこの人たちが良くなったのかを示す重要な手がかりが、この画像にあるのでしょうか。私たちは現在、国立衛生研究所のブレインバンクと共同研究を行っています。

これにより、ALS患者が死亡した際に、その遺体を提供することができるようになりました。願わくば、このようなことは何年も起こらないようにしたいものです。しかし、このような逆転症患者がいつか老衰で死んだら、その脳と脊髄を注意深く観察したいのです。

ALS患者の脳や脊髄には、かなり独特なものが見られるのです。ここにそのいくつかを写真でご紹介します。これらの写真の左側は、ALSで亡くなった人の脳と脊髄の断面です。右側は、自然死した健康な人の脳と脊髄の断面です。運動神経細胞の中に、おかしな塊があるのがお分かりになると思います。

これはタンパク質の塊で、本来は存在しないはずのものです。私たちが知りたいのは、このような変化が、アルプス山脈の逆転に見られるのかどうかということです。それとも、組織学的に何か重要な手がかりがあり、それがなぜ彼らが良くなったのかを教えてくれるのでしょうか。

リチャード・ベドラック博士 33:47

私たちは今度、とても楽しみな共同研究を行います。それは、デューク大学のマイクロバイオームセンターとの共同研究です。これは、ALSが回復した人のマイクロバイオームを研究するものです。マイクロバイオームとは、胃や小腸、大腸などの消化管に生息する細菌やウイルス、真菌の総称で、このことを知らない人はいないでしょう。

そして、この微生物群が潰瘍性大腸炎やクローン病などの腸の病気に関与していることは、何年も前から知られていました。しかし驚くべきことに、ここ数年、この細菌がパーキンソン病やALSなどの神経変性疾患にも関与しているという証拠が出始めているのです。

なぜそう考えるのでしょうか?まず第一に、私たちが発見した細菌の中には、神経保護作用のある物質、例えば酪酸を分泌するものがあるからです。一方、マイクロバイオームには、神経細胞を破壊するような物質、たとえば神経炎症を促進するような物質を分泌する細菌も存在します。

私たちの腸内細菌にも、ベータメチルアミノアラニン(BMA)と呼ばれる毒素を分泌するものがいます。ALS患者を対象に、マイクロバイオームを健常対照者と比較した小規模な研究が3件あります。そして、その3つの研究はすべて違いを示しています。

参考記事
シアノバクテリアおよびシアノバクテリア由来の食品サプリメントに含まれる神経毒BMAAとその異性体アミノ酸
著者 Korina Manolidi, Theodoros M. Triantis, Triantafyllos Kaloudis, Anastasia Hiskia 受信日 2018年4月 主な内容 BMAA ...

問題は、その違いが異なっていたことです。現時点では、マイクロバイオームが異なっている可能性があると言うのが妥当だと思いますが、どのように異なっているのかは正確にはわかっていません。しかし、この2,3年で最も驚くべきことは、3つの異なるグループが、異なるALSの動物モデルの一部を調べたことです。

そして、これらのモデルに対して行ったことは、マイクロバイオームを操作することでした。例えば、酪酸のような健康によい化学物質を分泌する特定の細菌を入れると、病気の進行を劇的に遅らせることができます。一方、炎症を悪化させたり、脳に有害な毒素を分泌したりする細菌を入れると、病気の進行を劇的に早めることができるのです。

ですから、ALSの進行にマイクロバイオームが関与している可能性があることは、私にとって非常に明白になってきています。そして、典型的なALS患者と比べて、ALS患者にはどのような違いがあるのでしょうか、興味深く見ています。このほかにも、共同研究者や資金提供者を探しているアイデアがあります。

ですから、世界中のALS患者を訪ね、血液サンプルを採取することができればと思います。そうすれば、RNAやタンパク質、サイトカインなどの免疫系の指標を調べることができ、通常の進行性のALS患者と比較して、何が違うのかを知ることができます。

もし、血液や皮膚を採取できれば、これらのALS患者から3つの幹細胞候補を作り出すことができます。そうすれば、運動ニューロンやグリア細胞の挙動を、培養皿の中で実際に調べることができます。また、ALSの逆転劇の食事について調べてはどうかという意見もあります。

その方法を考えているのですが、2つの理由から、これは驚くほど難しいことです。1つは、食事を測定するための普遍的な合意された方法がないことです。そのため、ALS患者が時々試しているさまざまな変わった食事内容をすべて把握できるような方法を考え出さなければなりません。

もうひとつの問題は、ALSの患者さんの中には、20年、30年前にALSが再発した人もいることです。ですから、20年前、30年前の食生活を思い出してもらうことになりますが、それは難しいかもしれません。最後に、ALS患者さんの考え方を研究してはどうかという意見もあります。

その可能性はありますが、研究するのは難しいことです。私は、何かを研究する方法を考えるときはいつも、「どうしたらそれを変えられるか」ということも考えるようにしています。

もし、態度に違いがあることがわかったら、どうしたら人に良い態度を取れるようになるのでしょうか。つまり、考えることはたくさんあるのですが、今取り組んでいることなのです。

リチャード・ベドラック博士 38:22

私が行っているもう一つの大きなプログラムでは、このような逆転現象について研究しています。もしかしたら、彼らが良くなったのは、受けることにした治療法のおかげかもしれません。信じられないかもしれませんが、研究者が思いもよらないような薬効を患者が発見したという例は、歴史上たくさんあるのです。

このスライドに載せている論文も、その一例です。それは、「創薬におけるセレンディピティの役割」と呼ばれるものです。最も有名な例は、バイアグラです。ファイザー社は、バイアグラが心臓病の患者さんに効くかどうか研究していましたが、何も起こりませんでした。

そして、その薬をゴミ箱に捨てようとしていたのです。この研究に参加した男性が名乗り出て、「私はこの薬を飲み続けたいのです」と言ったのです。その理由がこれです。研究者たちは、この薬が勃起不全に使われるとは思ってもみなかったことをやってのけたのです。

そこで研究者たちは、自分たちが使っているものを完全に変えて、それを試験的に使ってみたところ、うまくいったのです。その問題に対する初の大衆薬になったのです。10億ドルの超大型薬となり、患者によって発見されました。デクスタもその一つです。

デクスタは、病気の進行を遅らせることができるかどうかが研究されていました。しかし、その研究に参加した患者が、「私は以前、笑ったり泣いたりするのをコントロールするのに苦労していたんです。デクスターがそれを解決してくれたようです。

そうなるとは思ってもみませんでした。しかし、私たちは初心に戻ってこの問題に対する研究を行い、効果があることを確認しました。そして今、その問題に対してFDAの認可が下りたのです。これもまた、私たちが思いつかなかったことで、患者さんが発見したのです。

そこで私は、ALSの劇的な回復に関連するいくつかの治療法の小規模なパイロット試験を行うために、この「ROARプログラム」(ALSの逆転現象の再現)を作りました。そして、これらのほとんどは食品サプリメントなので、FDAによって安全であるとみなされています。

私たちは大きなシグナルを求め、進行が10%遅くなることを求めているのではなく、逆転を求め、失われた機能が劇的に回復することを求めているのです。まず、このような試験には非常に入り込みやすいのですが、なぜ試験には難しい規則があるのでしょうか、なぜ狭い対象基準を設けているのでしょうか。

それは小さなシグナルを探すために、非常にノイズの多い疾患を均質化しようとしているからです。先ほども言いましたが、私たちは小さなシグナルを探しているのではありません。ですから、誰にでも実施することができます。プラセボは必要ありません。

なぜプラセボが必要なのですか?もう一度言いますが、プラセボは必要です。小さな効果を求めるならともかく、車椅子から降りて再び歩けるような大きな効果を求めるなら、プラセボは必要ありませんし、人々はそれをプラセボ効果だとは決して言いません。このような試験で歴史的対照を使用することができます。おそらく直接の訪問は必要なく、ビデオ訪問によってこの種の巨大な効果を探すことができます。

では、どのようにすればよいのでしょうか?私のような患者と提携しています。彼らは素晴らしいウェブサイトを持っています。無料で登録でき、自分のことをみんなに知らせるプロフィールを作成できます。自分が誰なのでしょうか、自分のALSはどんな感じなのかがわかります。自分がどんな人間か、どんなALSを持っているかもわかります。

そして、ALS FRSARを含む、さまざまなアウトカムを追跡することができます。ですから、この試験では、人々にこの使い方を教え、登録させ、ALSFRSRの測定方法を教え、実際にやってもらうのです。その利点は何でしょうか?まず第一に、その方法だとかなり安く済みます。

第二に、このデータベースは一般に公開されています。これらの臨床試験で何が起こっているかを知るために、何年も待つ必要はありません。私のような患者にもいつでもアクセスでき、これらの世界規模の臨床試験で何が起こっているかを見ることができるのです。

そして最後に、このプログラムのプロトコルをAlsreversALS.orgというウェブサイトで公開する予定です。IRBが承認し次第、公開するつもりですが、「なぜそんなことをするのか」と聞かれるかもしれません。と聞かれるかもしれませんが、私は、世界中の人々が自己流で実験しようとしていることを知っているからです。

そして、彼らはガイダンスを求めているのです。ですから、私はこれをロードマップとして公開し、彼らが自分の担当医のところに持って行き、「この人がこの試験でやっているように、私もやってみようか」と言うことができるようにします。私たちが臨床試験の外で行っていることと同じようなことを、医師も行っているのです。

リチャード・ベドラック博士 43:17

私はすでにロード・トライアルを1つ行いました。最初に取り組むことにしたのは、ルナシンというサプリメントの試験です。これは大豆由来のペプチドです。このサプリメントを最初に選んだ理由は、細胞内でさまざまな働きをし、そのメカニズムが非常によく理解できたからです。

そして、ルナシンを飲んでいた人が、非常に劇的な逆転劇を起こしたという記録があり、また、非常に安全であると思われたからです。そこで、私はこの “Roar “試験の一つを行いましたが、その結果、良いニュースと悪いニュースがありました。

まず、悪いニュースですが、ルナシンは私が思っていたほど安全ではありませんでした。ルナシンはGi系の副作用が多く、ひどい便秘になると、入院させなければならないほどでした。

この試験に参加しました50人のうち、ルナシンが進行を遅らせたという証拠はありませんでしたし、1年間の治療期間中に誰かのALSを逆転させたという証拠もなかったのです。良いニュースは、この珍しいデザインが非常にうまくいったということです。

ご存知のように、ほとんどのALS試験には1カ所につき1〜2人の患者が登録されますが、この試験には1カ所につき9人の患者が登録されました。ほとんどの試験で、組み入れ基準は非常に狭いものです。そのため、ALS患者のごく一部でしか薬を試さないことになりがちです。

そのため、たとえ何かを見つけたとしても、それが他のALS患者にも効くのでしょうか、それともこの一部分だけにしか効かないのでしょうか、はっきりしないのです。また、これらの試験では、非常に多様な研究対象者を得ています。20年来の患者さんもいます。

ほとんど障害がない人もいます。人工呼吸器をつけている四肢麻痺の人もいます。このような臨床試験の効果を、クリニック全体で一般化することができるのが、素晴らしい点だと思います。ですから、もし私が効果のあるものを見つけたら、それは誰にでも効果があると思います。

このデザインは、従来の試験よりもずっと忍耐力を持続させることができます。私たちは、ALSFのRSRを自分で測定する方法を人々に教えることができることを示しました。そして、トレーニングをすれば、私や私のコーディネーターと同じように、毎月のようにウェブサイトを訪れてくれるようになったのです。

そして、プロトコルを公開することで、世界中の何百人もの人々が、ALSにとって合理的だと思われることを試してみる力を得たのです。そして、私たちはさらにロードトライアルを行う予定です。

 

そして、これから始めるのは、クルクミンというサプリメントです。クルクミンは、ご覧のような化学物質です。オレンジ色の粉末で、スライドの左下隅にあるような化学構造を持っています。クルクミンがALS患者を助けるメカニズムとしては、少なくとも5つの説があります。抗炎症作用、抗酸化作用。タンパク質の凝集を阻害します。

そして、最も興味深いのは、少なくとも動物においては、マイクロバイオームを変化させるということです。前臨床試験やALSの細胞モデルで、クルクミンが細胞に作用することが示され、非常に有望視されています。さらに、他国で行われた完璧とはいえない2つの臨床試験で、ALS患者の方々に効果があることが示されました。私が発見しました40のALS患者のうち6人は、何らかのクルクミンを摂取しており、これは非常に安全であるように見えます。そして、少なくとも経口摂取の場合は、非常に安価です。

リチャード・ベドラック博士 47:04

この轟音クルクミン試験のデザインは、ALS患者を50人集め、その人たちに同じ家庭から健康な対照者を1人連れてくるよう依頼するんです。患者さんにクルクミンを6ヶ月間投与し、AFS機能評価スケールや体重の測り方、知覚的有効性と副作用の測り方などを教えてもらうつもりです。

私のような患者について、毎月そのデータを入力させるつもりです。そして、ルナシンの試験で行ったのと同じ方法で作成した過去の対照群と、これらの測定値の経過を比較するつもりです。また、患者さんと健常対照者の両方に、研究期間中、3つの異なる時点で便と唾液を採取してもらうつもりです。

この研究で、マイクロバイオームについてまだ分かっていない多くの疑問に答えることができるでしょうし、マイクロバイオームは本当に違うのでしょうか、という疑問にも答えることができるはずです。これは、これまでに行われた最大の研究となるでしょう。

ALSと健常者では本当に違うのでしょうか?進行が速い人と遅い人では本当に違うのでしょうか?ALSは嵩上げされたものなのでしょうか、それとも四肢のものなのでしょうか?ALSなのでしょうか?これらの答えは誰にもわかりません。セラ・ケルマンでマイクロバイオームを変えることができるのでしょうか?もし変えることができたとしても、それに反応するのは一部の人だけです。

これは完全にバーチャルな臨床試験で、直接の面会はなく、すべてビデオ会議で行われます。また、結果はリアルタイムで見ることができ、プロトコルは公開されます。IRBが完全に承認し次第、非常に参加しやすい研究になります。右側にある、参加除外のルールをご覧ください。

しかし、ここではALSになってからの期間や、機能についてのルールはありません。気管切開をしていても、人工呼吸器に触れていても、完全に麻痺していても。それでもこの研究の候補者です。最後に、ALS患者にも同じように当てはまる言葉を紹介します。

それは、「変な人間なんていません」ということです。ただ、ある人は他の人よりも理解を必要とするということです。ALSの逆転現象は珍しいが 重要な現象です。病気に対する抵抗力をつける内生的なメカニズムや、患者によって発見された新しい治療法を知る手がかりになるかもしれないのです。

良いニュースは、私が納得のいく定義ができたことです。検証可能な仮説がいくつかあります。このような逆転現象を注意深く研究するための資金と協力者を世界中に見つけることができました。この点についても申し上げておきたいと思います。

この48人のうち、どの人がなぜ良くなったのでしょうか、私たちにはわからないのです。彼らが受けていた治療法は、彼らの改善と関連しています。しかし、その治療が原因で改善したわけではありません。これらの症例のどれかを見て、この治療がこの逆転を引き起こしたと言うことはできないのです。

このような疑問に答える唯一の方法は、臨床試験を通じてであり、私はそのロード・トライアルを行おうとしています。デューク大学のALSクリニックでは、ツイッターでALSの逆転劇を配信しています。

今日からIRBの認可がおりました。そして、clinical triALS.govに掲載され次第、その研究を開始する予定です。この研究は来週にも開始される予定です。そして、試したい人がいれば、私たちのウェブサイトでプロトコルを公開する予定です。

リチャード・ベドラック博士 50:57

そして、多くの人に感謝したいと思います。つまり、何よりもまず、そこで話を聞いているすべての患者と介護者にです。あなた方のおかげで、私は毎日ベッドから起き上がり、仕事に来るのがとても楽しみになりました。あなた方はとても刺激的で、取り組むべきクールなアイデアをたくさん与えてくれます。

そして、あなたは研究に参加し、研究資金に参加し、このALSリバーサル研究に貢献してくれた素晴らしい家族がたくさんいます。それは、審査員が非常に保守的な人たちであることと、この件に関してまだ多くの論争があることが理由です。

しかし、この写真のご家族や、ラリー・バンス、アメリカのALS財団のような方々が、この研究に資金を提供してくださいました。また、私の同僚たちからの多くの協力なしには、この仕事はできません。ここ数年、ダン・ハリソンとジェシー・クレールという2人の素晴らしい医学生がいます。

彼らは多くの足跡を残してくれました。ALSリバーサルを1つ確認するだけでも何時間もかかりますし、電話やメール、記録のファックスでのやり取りもたくさんあります。ですから、そういう人たちがいてくれるのはありがたいことです。そして最後に、デューク大学のALSケアチームにも賛辞を贈ります。

彼らのおかげで、私はデューク大学での患者ケアの素晴らしい基礎を築くことができました。そして、その強固な基盤の上に、私のすべての研究が成り立っているのです。では、質問をお受けしています。では、私の姿がよく見えるように、画面共有をオフにします。

インドゥ・ナヴァル 52:32

ベドラック博士さん、ありがとうございました。どうもありがとうございました。素晴らしいです。つまり、あなたは、人々が通常私たちに抱いている多くの疑問を解決してくれたということです。

次のセッションは、あなたもよくご存知のマクファーソンです。彼のことは人間としてだけでなく、記録もご存じでしょう。サラ・ディアスと一緒に、患者さんからの質問を受け、司会進行します。そして、サラとあなたが知っているように、彼からそれを取り上げるようにします。

McFinn Lovere 53:09

完璧です。では、先生、おつかれさまでした。まず最初に、どのプロトコルが最も多くの逆転をもたらしたかということから始めたいと思います。

リチャード・ベドラック博士 53:19

素晴らしい質問ですね、MC Fanaさん。残念ながら、全く同じプロトコルを使ったALSの逆転劇は2つとしてないのですが、最も多くの異なるALSの逆転劇に関連する単一の治療法、私が関連すると思う単一のものはクルクミンです。この48の逆転劇のうち6つに関連しています。ありがとうございました。

サラ・ディアス 53:44

うわー、それは本当に、そうです。クルクミンの質問に基づいて、私は知っています、あなたの研究は、プロトコルで出てくるでしょう。

患者さんがチャットで聞いていたのですが、そのプロトコルの中には、ブランドの用量が含まれているのでしょうか?プロトコルに記載されている用法・用量は、患者さんが自分で調べなければならないのでしょうか?

リチャード・ベドラック博士 54:00

いいえ。だからこそ、プロトコルを公開することが重要だと思うのです。特にサプリメントに関してはね。クルクミンは何十種類もあり、言うまでもなく、何十、何百というメーカーがあります。私が選んだのは、integrative therapeuticsという会社のセラクルミンと呼ばれるもので、彼らが行った多くの研究があるからです。

彼らは、マイクロバイオームと動物実験を変えた会社の製剤をそのまま使っているんです。その製剤は、血中やおそらく脳への移行を示します、実に優れた薬物動態学的研究を行ったものなのです。これらはすべて、本当に重要なことなのです。そして、大変なことです。

他の国から来た人たちがよく私にメールを送ってきて、「あの薬が手に入らないんですが、こっちで手に入るのはどう?」問題は、これらの多くが研究されていないことです。さらに問題なのは、さまざまなメーカーのサプリメントを研究した結果、かなり衝撃的な事実が判明したことです。

ボトルの中身は実にさまざまなのです。FDAのような団体に厳しく規制されていないことが、品質管理の問題を引き起こしているのです。ですから、来週あたりに発表する予定のプロトコルには、その辺のことをすべて書いておきたいと思っています。

サラ・ディアス 55:26

素晴らしいです。ありがとうございます。

マクフィン・ラブリー 55:28

本当にありがとうございます。家族性ALSでは、逆転が約10%、遺伝性、90%が散発性であることが分かっていますが、よく見られる変異は何でしょうか?

リチャード・ベドラック博士 55:45

私にとって、これは最も興味深い質問の一つなのですが、それに答えるための遺伝学的データはまだありません。家族歴のある4人の患者さんがいて、その4人がALSの原因となっている変異を持っているに違いないと信じるしかないのです。そこで問題は、彼らが他に何を持っているかということです。

その突然変異を打ち消すものは何なのでしょうか?ALSの家族歴がある人が、ALSにそっくりな病気にかかったと考えるのは、あまりにも偶然の一致に過ぎます。2020年末までには、この疑問に答えられるといいのですが、この疑問は、ここでの本当の重要な疑問の一つだと思います。

サラ・ディアス 56:29

ありがとうございます。ブラッド先生のプレゼンテーションの中で、ポリオで見られるような副次的な成長についてお話がありましたね。そして、神経根、神経再生として、クルクミン以外のサプリメントがその再生に役割を果たすとお考えでしょうか?また、ALSやFRSのスコアの改善度合いと、再生の度合いを比較することはできますか?

リチャード・ベドラック博士 57:00

ええ、どちらも素晴らしい質問ですね。どのようなサプリメントが神経支配を再形成するのでしょうか、それを研究するのは実に難しいことがわかります。先ほどお話したように、筋電図では再神経支配の程度を非常に大まかにしか測定できませんから、再神経支配の程度を測定するのはあまり良い方法ではありません。

理論や細胞培養で見られるようなことですが、発芽や再神経支配を促進するのは、通常、栄養因子T arrow pH, AICと呼ばれるもので、成長因子としても知られています。例えば、ALSを解明するために、私たちがレビューしたものをすべて見てみると、アイプラークと呼ばれるものがあり、これはインスリン様成長因子の一種です。

これはおそらく、皿の中のニューロンの発芽を促進するものでしょう。そのため、人間の再創造を促進するものであると考えることができるでしょう。しかし、実際にそれを証明する方法については、私は知りません。

2つ目の質問もいい質問ですね。しかし、私が言ったことに戻りますが、神経支配の正確な量を定量化して、それをALSの機能評価スケールと関連付ける良い方法はないのです。つまり、私が言えることは、ALSの回復コホートにおいて、多くの人が元気なときに筋電図検査を受けたのですが、筋肉がもう革新的でないという証拠を示すことはなかったということです。つまり、脱神経が起こっていないことを示すものではありませんでした。神経支配が回復したことを示すだけでした。発芽は大量で、完全に、筋肉全体が再びつながったのです。これが、私が言えることです。

McFinn Lovere 58:45

そうですか。なぜ、女性よりも男性の方が、より多くの逆転があるのでしょうか、何か理論がありますか?男性が職場で産業環境や毒素にさらされることが多いことと関係があるのでしょうか。また、軍隊に所属する人はALSの発症率が高いことが分かっています。このような逆転現象は、軍関係者にもあるのでしょうか?

リチャード・ベドラック博士 59:06

そうですね。何人かははっきり覚えていませんが、少なくとも1人は軍人でしたね。男性・女性の問題に関しては、どれも興味深い説です。もう1つ、私たちが考えなければならないのは、アル中は男性の約1.5倍、女性の約1.5倍の割合で発症するという説です。

そして、その逆転現象はほぼ同じ分布です。男性の逆転現象は、女性の逆転現象の約1.5倍です。ですから、48人中38人が男性だと言ったと思います。48人中1.5人は36人ということですね。ということで、非常に近い数字になります。

ですから、本当に大きな差があるのかどうかはわかりません。ただ、一般的にアル中は女性よりも男性に多いということでしょう。ですから、逆転もそのように分布していると予想されますし、同じように分布していると思います。

サラ・ディアス 1:00:05

ありがとうございます。もちろんです。次の質問は、サプリメントの話から、医薬品の話になります。多くの患者が、そして私の父も含めて、根絶しようと試み、解決してきました。他の薬で効果があったことはありますか?もしかしたら、FDAに承認されました、必ずしもALSのためだけではありません、オフラベルの研究があったのかもしれませんね?

リチャード・ベドラック博士 1:00:30

ええ、とてもいい質問ですね。答えるのが難しい質問です。というのも、これらのALS患者さんの多くは、処方箋薬を服用していました。確か、48人中30人が、少なくとも1種類の処方箋を服用していました。高血圧やコレステロールなど、他の病気のために、少なくとも1種類の処方箋薬を服用していることが多いんです。

しかし、もしALSに関連する処方箋薬について知りたいのなら、明らかにALSに関連するものです。そうですね。それで、そのうちの6人が彼と一緒に持ち帰っていたんだと思います。あと数人は新しいデクスタを飲んでいました。しかし、このリストを見る限り、1つのサプリメントや1つの処方薬が圧倒的に多いというわけではなさそうです。

McFinn Lovere 1:01:29

手足の発症は?

リチャード・ベドラック博士 1:01:31

ええ、それはも素晴らしい質問です。確かなことは誰も知りません。性ホルモンが関与しているという説もありますが、誰にもわかりません。

サラ・ディアス 1:01:46

そうですか、ありがとうございます。将来的に調べたいですか?2018年のあなたの研究の一つは、魚の油とオメガ3に関するものでした。私たちの患者のために、なぜオメガ3がパルにとって重要なのでしょうか、また、魚油やオキアミ油のようなものの違いについて説明してもらえますか?DHAやEPAを含む必要があるのでしょうか?また、オメガ3系とALSのFRSスコアの間には何か関係があるのでしょうか?

リチャード・ベドラック博士 1:02:12

ええ、たくさんの素晴らしい質問がありますね。単純に言えば、オメガ3脂肪酸とALSFのRSRスコアに関連性は見られません。しかし、これはProActを見れば答えられるかもしれない質問です。オメガ3脂肪酸は、心臓を保護し、脂質プロファイルを最適化するために、かなり一般的に使用されています。

ですから、ProActでは、オメガ3脂肪酸を摂取している人が相当数いると思いますが、問題は、どこまで詳しく調べられるか、ということです。実は、私のデータベースにもまだないのですが、魚油に何が含まれているのでしょうか、それが本当に魚油なのでしょうか、それともオキアミ油なのでしょうか、どれだけ詳しく調べられるかです。

オキアミオイルは非常によく似ています。オキアミ油もまた、小さな海の生き物、この場合は南極オキアミと呼ばれる甲殻類に由来しています。そして、その違いは、まさにそこに何が含まれているかということです。つまり、オキアミ油にはより多くの抗酸化物質が含まれているのです。

そのため、魚油とは見た目が異なり、通常、色が薄くなっています。例えば、キサンタンとしてアステックと呼ばれる抗酸化物質とオキアミオイルがあります。酸化ストレスとALSの話はよく出てきますが、なぜある製剤が優れているのでしょうか、その理由を考えてみてください。

酸化ストレスとALSの話はよく出てきますが、酸化ストレスには抗酸化物質が必要であり、抗酸化物質が多い方が良いのかもしれません。問題は、私たちは様々な抗酸化物質について多くの研究を行ってきましたが、そのほとんどが、あまり印象的なものではありませんでした。

私は、酸化ストレスは脳と脊髄で起こっていると考えています。しかし、物事の流れの中で、あまりに下流で起こっているため、それを攻撃しようとし始める頃には、他の経路があまりにも多くなってしまっているのではないでしょうか。そのため、たとえその経路をノックアウトする効果的な方法を見つけたとしても、他の経路があまりにも多く狂っているため、運動ニューロンが同じ速度で死に続けることになるかもしれません。

要するに、非常に興味深い問題だということです。答えはわかりません。魚油を摂取することを勧めるだけの十分な証拠があるとは思えません。しかし、もっと研究を進めるべき問題であることは間違いないと思います。

McFinn Lovere 1:04:34

それは興味深いです。バルバル発症の人に効果的なプロトコルやサプリメントはありますか?

リチャード・ベドラック博士 1:04:43

いいえ、私が見た限りではありません。つまり、このような特殊な逆転現象を調べても、明らかなものは何も出てこないのです。今ひとつ言えることは、あなたが効果的とおっしゃるのは、ALSを逆転させるという意味だと思いますが、リファットのもう一つの定義は、症状をコントロールすることです。つまり、New dextaの話に戻ります。

以前、病気の進行を抑えるために研究していたところ、効果がなかったという話をしましたが、その研究をしていた人たちが、笑いながら、泣きながら、「これは効いた」と名乗り出てきたのです。それで、仮性球脊髄炎が承認されたのです。

それ以来、私たちは仮性球脊髄炎の患者さんにこの薬を使用しています。そして、もう一つ驚くべきことに気づきました。それは、この薬を投与した人が戻ってくると、会話や嚥下、よだれ、その3つがずっと良くなっていることがあるのです。なぜ全員にそうならないのかは不明です。

しかし、この製品を開発したリチャード・スミスという人物が、小規模な臨床試験を行ったところ、十分な情報が得られました。そして、新しいDEXAで、顎関節の機能を客観的に測定し、改善することを証明したのです。

現在、私のクリニックで口蓋垂機能障害の患者さんと話すとき、私はたいていこの話をし、「これは試すことができます。しかし、それ以外にも、前庭機能の他の部分に何らかの変化が見られるかもしれません、と期待することもできます。私の経験では、最初の2週間ほどで、かなり早く改善されます。

私のクリニックで新しいデッキを使用しても、前庭の機能が改善されず、何の助けにもなっていないようであれば、通常は使用を中止するようアドバイスします。しかし、それは余談に過ぎません。この質問には、私が考えもしなかった別のレベルがあるかもしれませんね。ありがとうございました。

サラ・ディアス 1:06:46

私は巨大な存在だったでしょう。私の父はバルバル型ALSでした。ですから、私たちはそのような症状でたくさん苦労してきました。今、私たちのグループには、唾液の問題についての質問が多く寄せられています。唾液の問題についての質問も多いので、それを解決するのも面白いかもしれませんね。

あなたが研究された逆転現象のひとつに、NRF2を活性化するホリスティックな方法がありますね。その意味するところを、患者さんに正確に伝えていただければと思います。あなたの患者さんの中に、それを服用している人はいますか?また、そのような患者さんが、選択肢として神経科医に相談することは可能でしょうか?

リチャード・ベドラック博士 1:07:24

NRF2は、細胞内のスイッチを切り替えるような分子経路で、細胞がより多くの抗酸化物質や抗炎症物質を産生するようにします。ですから、ALSのような病気において、この経路を操作することを考えるのはとても素晴らしいことです

参考記事
神経変性疾患の創薬標的としてのNRF2制御過程の解明
オンラインで公開2020年6月14日 要旨 NRF2は、遺伝子の発現を制御することで作用し、第II相抗酸化応答のマスターレギュレーターであり、神経炎症の制御の鍵を握っている。NRF2の活性は、プロテアソームによるタンパク質分解、転写 ...
神経変性疾患の治療標的としてのNRF2
オンラインで公開2020年1月21日 要旨 活性酸素種の増加と酸化ストレスは、アルツハイマー病、パーキンソン病、ハンチントン病、フリードリッヒ失調症、多発性硬化症、脳卒中など、多くの神経変性疾患の発症に関与している。 内因 ...

例えば、多発性硬化症の治療薬としてFDAに認可された「テクフィデラ」という処方箋薬があります。この経路を活性化することで効果を発揮します。

多発性硬化症の患者さんにとって、免疫系が脳や脊髄の一部を攻撃する攻撃の回数や頻度を減らし、時間の経過とともに、障害の蓄積を少なくしてくれるのです。もちろん、ALS患者の脳や脊髄の状況は、Ms.Childrenのようなものではありません。

これらは仮説です。しかし、NRF2を活性化するプロタンディムという製品を飲んで、一人逆転した人がいるんです。プロタンディムを使い始めて間もなく、自分の身の回りのことができるようになり、着替えや食事ができなくなっていたのが、数ヵ月後には回復したのです。

私の経験では、このような変化を遂げる人は非常に稀です。そして今では、ALSの逆転劇と呼ぶに十分なほどです。さて、「テクフィデラが承認されたからには、私も手に入れることができるのでは?」という質問があるかもしれませんが、どんな医師でもALS患者のためにテクフィデラの処方箋を書くことができます。

まず第一に、テクフィデラは私の集団の中で慎重に研究され、多くの潜在的に深刻な副作用があることが知られています。また、進行性多巣性白質脳症(PML)と呼ばれる、生命を脅かす脳感染症を引き起こす可能性もあります

もうひとつは、テクフィデラが非常に高価であるということです。私は非常に多くの保険がそれを介してスライドさせるでしょう、あなたは知っています、MS の診断なしを疑います。もし保険会社が、医師がテクフィデラの処方箋を書いたことを知ったら、診断コードは何かと聞かれるでしょうし、ALSの診断がついたら、ノーと言うでしょう。ですから、もしポケットマネーで支払うとしたら、1カ月に3,000ドルくらいでしょうか。これは、MSと同じような用量で服用することです。

マクフィン・ラブリー 1:10:04

ああ、ALSのための大麻の研究が行われているように、例えば、唾液分泌の減少、私たちのストレスのためです。

リチャード・ベドラック博士 1:10:15

ええ、それで。つまり、簡単に言うと、大麻製品がALSやPLSの患者にとって非常に有用であることを示唆する多くの逸話的データがあるのです。ですから、私は過去20年間、何らかの形で大麻を使用している患者を何百人も見てきました。

そして、これらの人々の多くが、食欲、筋肉の痙攣、不安、睡眠に改善がみられたと確信しています。これらはすべて、ALSの患者さんにとって困難な症状です。そして、私たちはいつも素晴らしいものを提供できるわけではありません。しかし、私たちは提供できるものがあるんです。

しかし、その薬に副作用が出ることもあるんです。例えば、激しい痛みには麻薬が使われることがありますが、麻薬にはたくさんの副作用があることが分かっています。大麻のように、私たちが使っているものよりもずっと安全だと思われる選択肢があってもいいのではないでしょうか?ALS患者を対象とした臨床試験を実施し、逸話的なデータだけでなく、他の疾患の患者を対象とした試験も実施しなければ、それを手に入れることはできないでしょう。

アメリカでは、法律の関係で、どのような大麻製品も臨床試験を行うことは非常に困難なのです。意外なことに、大麻が非常に合法で入手しやすい州でも 全米の麻薬取締局は、いまだに大麻を違法とみなしています。そのような州で開業している同僚に、「あなたの州では大麻が簡単に手に入るようになったから、臨床試験をしてくれないですか」と言ったところ、「できません」と言われました。

なぜなら、患者さんに何かを処方するには、DEA番号を使わなければならないからです。もしDEAが大麻を売っていることを知ったら、違法とみなされ、DEA番号を取り上げられ、ライセンスを失うかもしれません。ですから、全体的に私の意見とは違うんです。

良いニュースとしては、他の国々では、ようやくALS試験が行われ始めていることです。オーストラリアやカナダで行われています。私の計画は、これらの試験で症状が改善されたり、病気の進行が遅くなったりする証拠が得られたら、ALS患者のためにこの薬が合法化されるよう、請願書や大規模な支援活動を行いたいと考えています。

良い知らせは、これを行うのは私たちが初めてではないことです。実は、子供に起こる別の病気があるんです。ダービーズ症候群と呼ばれるものです。一部の子供がかかる本当にひどい発作性疾患で、ほら、そういうデータに関連する人たちがいるでしょ。

そして、アメリカ全土で、ダーベス症候群の子供たちに非常に強力な大麻製品を合法的に処方することができるのです。ですから、データが取れれば、前例があるのです。ALSの人たちにもこの例外を適用できると思いますが、データを待つ必要があります。

McFinn Lovere 1:13:16

さて、私はALSの間、毎日大麻を使用しています。そして、医者は私に鎮痛剤と抗うつ剤と睡眠薬を与えました。そして翌日、医者に電話して、あのですね、昨日の夜、それを飲んだんですが、気分が悪かったんです、と言いました。大麻オイルや大麻を使ってもいいでしょうか、と言ったら、医師は、そんなに心からそう思うのなら、どうぞ、と言ってくれました。

それで、もう一つ面白いことを言っておきたいんですが、セイ。私は21年間、おもちゃ屋をやっていたんです。大人になったらサンタクロースになりたくて、木工所をやっていたんです。それでおもちゃ屋を始めたんですが、木工をしているとおがくずがたくさん出てきて、ある日ついに、もうやめよう、木のおもちゃを与える代わりに、人々に歌を歌おうと思ったんです。というわけで、とにかく、そのことをお伝えしたかったのです。

リチャード・ベドラック博士 1:14:10

そうですね、失敗をすることです。あなたの最初のコメントが、この研究を正しく始めることが非常に重要である理由の1つを提示していますね。しかし、もっと知りたいのは、最適な大麻の種類は何か、最適な経路は何か、最適な投与方法は何か、などです。そして、大麻が病気の進行に影響を与えるかどうか。その答えは、試験を通してのみ知ることができるのです。

サラ・ディアス 1:14:44

では、ジョン、あなたの最初の患者支援団体がそれを行うには、つまり、MC致命的な100%を実行し、彼はそれを行うためにすべてのALSを使用します。あなたがそれを得た。すごいな OK。 それで、それは最も可能性の高いALS untangledを通じてされるので、私たちはいくつかのより多くのALS untangled研究、グルタチオンとのあなたの2018研究の一つについて話をします。

ええと、逆転に見える特定の送達方法はありましたか?また、神経細胞に対して特に推奨するものはありますか?同様に、そのIVグルタチオンとの間に違いはあるのでしょうか?NRF?2つの提唱者?

リチャード・ベドラック博士 1:15:26

ええ、つまり、素晴らしい質問ですね。グルタチオンは、私たちのすべての細胞に存在する主要な抗酸化物質です。そして、グルタチオンを静脈内投与することで、細胞内のグルタチオンの量を増やすことができるかもしれません。しかし、グルタチオンの経口投与では、それができないことは明らかです。

さて、他の方法、他の経口製品でグルタチオンの量を増やすことができるかもしれません。例えば、細胞内にはグルタチオン前駆体があり、それを摂取することができるかもしれません。しかし、ここで問題なのは、これらすべての問題です。ALS患者を対象に、グルタチオンとその前駆体の静脈内投与がすでに臨床試験で行われていますが、何の効果もありませんでした。

もし、細胞内のグルタチオンの量を増加させる非常に強力な方法が、臨床試験で利益を生まないのであれば、私は、患者に提供することに、それほど興奮することはないでしょう。つまり、私たちは、もっともらしいメカニズムや逸話的なデータがあって、安全そうなものから始めるような気がするんです。

しかし、すでに治験が行われていて、それがうまくいかなかった場合は、リストから外して、他のものに移ろうということにしています。試験で効果がないとされたものでなくても、試せるものは他にたくさんあるのです。

McFinn Lovere 1:16:45

グンター、あなたの44の逆転劇はありましたか?あなたは、彼が使用したプロトコルの一部を見直す機会がありましたか。もしそうなら、どの部分に有効な臨床的メカニズムがあるのでしょうか、教えていただけますか?

リチャード・ベドラック博士 1:17:03

それでは、ALSの逆転劇の44番を紹介します。参加者全員の名前を紹介する許可を得ていませんが、44番目のALSの逆転劇では、フロリダのクリニックから入手したペプチド療法、ミオスタチン阻害剤、ニコチンアミドヌクレオチド、NAD、そして霊能者で実験していました。

これらの中で、NADは最も妥当なメカニズムを持っています。ALSアンタングルのレビューで、basisという製品について書きました。このレジメンの他のものは、メカニズムが非常に薄いと思います。つまり、私たちが実際にこれらの製品のレビューを行う際には、おそらくあまり良い評価を得ることはできないでしょう。

つまり、ペプチドを注射したり、経口摂取することで、ALSの患者さんにどのような効果があるのでしょうか、私にはよくわからないのです。ペプチドというのはアミノ酸の組み合わせです。何種類かのアミノ酸がALSですでに研究されていますが、何の効果もないようです。

そして、ミオスタチンインヒビターは、ミオスタチンは筋肉に関与するものです。ですから、筋肉の病気であれば、効果が期待できるかもしれません。しかし、運動ニューロンが死滅している場合は、なぜそれが効くのかわかりません。ですから、私にとっては、このレジメンの中で、NADが最もメカニズム的に妥当なものなのです。

サラ・ディアス 1:18:33

ありがとうございます。さて、そこで次の疑問が浮かびました。ビタミンCとNADは、あなたが言ったように、公式にはレビューされていませんが、この旅が初めての人のために、NADとは何か、そして新しい前駆体です301と呼ばれる前駆体について説明していただけますか?ALS患者にとって何が有益なのでしょうか、なぜそれが関心を集めているのでしょうか、その理由を教えてください。

リチャード・ベドラック博士 1:18:58

そうですね、まずは簡単な方から、ビタミンCから始めましょう。多くの人が、風邪などを予防するために摂取しています。しかし、これをALSに使おうという考えは新しいものではありません。何年も前に、ケースシリーズで実験が行われました。

しかし残念ながら、その論文では、ビタミンCを投与された人たちが投与前と同じスピードで進行していくという、何の効果も示さなかったのです。ですから、これもまた、私の個人的なリストでは、上位には入っていません。それから、EH301という製品ですが、これはベースと呼ばれるサプリメントに関連したものです。

EH301は、ブルーベリーに含まれるレスベラトロールの類似物質であるプテロスチルベン(PT)と、補酵素であるニコチンアミド・アデニン・ジヌクレオチド(NAD+)の前駆体であるニコチンアミド・リボシド(NR)を配合した製品だ。NAD+は、細胞を活性化するミトコンドリアの酸化的代謝に重要な役割を果たすとともに、サーチュインの活性を促進する。ヒトゲノムには7つのサーチュインがコードされている。これらのサーチュインは、転写因子やヒストンなどの脱アセチル化など複数の機能を持ち、エネルギー代謝、炎症、DNA修復など、老化や神経変性疾患において異常が生じることが知られているプロセスに関与している。

www.alzforum.org/news/research-news/small-trial-eh301-appears-halt-progression-als

関連性があると言っても、この2つには同じ成分が含まれています。問題は、それらが同じ量だけ含まれているかということです。という疑問があるのですが、これにはまだ答えがありません。この2つの製品を所有しているエリシウムという会社は、非常に静かです。

臨床試験で使用されたEH301とbasisの違いについて、正確に公表していません。EH301は臨床試験で研究されたわけです。非常に奇妙な試験ですが、少なくとも試験であり、少なくとも医学雑誌に掲載されたものです。奇妙な理由はいくつかある。

まず第一に、サンプルサイズが非常に小さく、15人がこの301番を投与され、17人がプラセボを投与されました。そして、無作為化され、盲検化されています。残念ながら、無作為化試験で時々起こることですが、治療を始める前のグループの状態を見ると、全く同じではありません。

バランスが悪いのです。ですから、これらのグループがどのように治療を受けても同じ結果になったかどうかは明らかではありません。そして、本当に小規模な試験であれば、無作為化は、残念ながら、そのような結果になることもあるのです。何か意図的に行われたわけではないのです。

少人数の患者を無作為化した結果なのです。この試験で最も難しいのは、期間です。これほど短い、たった4ヶ月のALS治験は他に見たことがありません。ほとんどの臨床試験は、最低でも6ヵ月、多くて12ヵ月と言われています。薬物治療群では15人中5人が最初の4ヶ月で脱落し、プラセボ群では17人中7人が脱落したのです。

そして、脱落者は有害事象が原因ではないと言われましたが、実際には何の説明もありませんでした。脱落者の1人は肝炎と言われ、1人は重度の精神的うつ病と言われています。なぜ、そのような病気になったのでしょうか、その理由は不明です。

つまり、彼らは研究前からそのような状態にあったのでしょうか?研究中に発症したのでしょうか?製品との関連がないとは言い切れないのでしょうか?そして最後に、脱落者が出た場合、その人たちのことを説明することになっています。intention to treat(治療意図)分析と呼ばれる方法でデータを分析する場合、試験を終えてうまくいった患者さんだけを分析してはいけないんです。

これは楽観的すぎる分析だと考えられています。しかし、肝心なことは、この試験で有益性が示されたことです。つまり、多くの異なる結果指標において、この薬を投与された少数のグループ、EH301は安定しているか、試験開始時よりもさらに良くなっているようです。

プラセボ投与群では、全員が悪化していました。この研究には多くの欠点がありますが、非常に興味深い結果です。かなり刺激的です。誰かがもっと良いデザインでこれを再現してくれることを期待しています。というのも、肯定的な臨床試験があればいつでも、私たちはそれに飛びついて、それが本当なのかどうかを本当に見極めなければならないのです。

McFinn Lovere 1:22:48

もちろんです。あなたはマイクロバイオームについて言及しましたが、仲間にプレバイオティクスとプロバイオティクスの摂取を勧めますか?また、腸内でどのような善玉菌が不足しているのかを調べるには、どのような方法が良いでしょうか?

リチャード・ベドラック博士 1:23:04

ええ、Mike Finnさん?素晴らしい質問ですね。私は、その質問に答えられるようになりたいと思っています。しかし、それを理解するには、少し時間がかかりそうです。先ほど申し上げたように、3つの研究があります。非常に小規模な研究ですが、いずれも健常対照者と比較してALS患者のマイクロバイオームが異なることを示しましたが、その違いは一貫しておらず、明確ではありませんでした。

ただ、数が少ないだけなのかもしれません。つまり、人それぞれマイクロバイオームが異なるということです。ですから、私はThera Kermitの研究に参加し、この疑問に答える手助けをしたいと思っています。

私の仮説では、アケルマンシアという細菌があり、フィリアと呼ばれ、神経保護作用のある酪酸を生成します。

ALSの動物モデルに挿入すると、進行が遅くなるんです。他にも、ルミノコッカスやバクテロイデスという細菌がありますが、これらは神経の炎症を促進すると予想される物質を産生します。それらを動物に注入し、私がマイクロバイオームに入れたところ、劇的に進行が早まりました。

そこで私が考えたのは、ALSの患者さんのうち、経過の良い人はアッカーマンが多く、進行の速い人は他の種類の細菌が多く、そのバランスをアッカーマンのようなものが変えてくれるのではないですか、ということです。しかし、より多くのデータが得られて初めて、合理的なプロバイオティクス・レジメンはどのようなものでしょうか、考え始めることができるのではないでしょうか。何を含むのでしょうか?何を入れようとしているのでしょうか?何を排除するのでしょうか?もっとデータが必要です。ありがとうございました。

サラ・ディアス 1:24:49

ALSアンタングルドの塩化ナトリウムを研究しています。 そして、私たちはいくつかの逆転がそれを使用したことを知っています。塩化ナトリウムの背後にある一般的なものについて、そして、それらの逆転がどのように行われているかについてのフォローアップがあったかどうか、また、将来的に再び調べるべきものであるかどうかについて、ちょっと話していただけますか。

リチャード・ベドラック博士 1:25:08

塩化ナトリウムは、マクロファージとミクログリアの活性化をブロックすることができる分子で、これらは神経の炎症の一部となっています。そして、私たちがクルクミンについて話していたように、それは1つのものだけではありません。ですから、さまざまな製品があり、さまざまな静脈注射の形があります。

そして、経口剤もあります。私たちがレビューを書いたとき、ALSの患者さんが経口剤を試したところ、何らかの効果があったと報告したことが話題になりました。しかし、残念ながら、それは一過性の改善であったため、その患者さんはALSの逆転現象には含まれませんでした。

彼らは48人のうちの1人ではありません。ですから、私のプログラムでは、48人のALS患者さんのうち、誰一人としてこの薬を使用していません。この研究が最初に発表されたとき、もしかしたら、何かが起こっていて、その恩恵を受けている人がいるかもしれないと示唆されたのです。

すぐに、多くの人がネット上で塩化ナトリウムの経口摂取について話し始めました。しかし、この研究では、非常に特殊な点滴を使用したことがわかりました。塩化ナトリウムの経口摂取で何が起こるかというと、その分子は口の中の唾液によってすぐに変化します。そして、実際に有毒なものに変化してしまうのです。

ですから、最初にこの薬を開発した人たちは、すぐに経口剤から静脈注射に切り替えたのです。この薬を開発した人物に話を聞いたところ、経口剤を投与した最初の数人は、倒れて意識を失ってしまったそうです。

それで、もうたくさんだ、となったそうです。その理由は後に判明しました。しかし、これはとても重要なことで、薬の開発は大変なんです。同じ名前だからといって、同じものであるとは限りません。しかし、質問の最後の部分は、これはどうなったのでしょうか、ということです。

ご存知のように、この会社はさらに大規模な試験を行いましたが、なぜか同じような効果は見られませんでした。私が思うに、非常に小さな数字を見ているときには、もう一度、非常に小さな数字の危険性があるということです。この病気は直線的に進行するものではないということもお話ししました。

小さな試験で、長いプラトーがある患者さんが、どちらかのグループに入るだけで、試験結果が全く変わってしまうのです。もっと大規模な試験を行えば、そのようなことはなくなるはずです。しかし、その大規模な試験でも効果は見られませんでした。この分子について、これ以上何かする計画があるかどうか、私は知りません。

McFinn Lovere 1:27:54

そうですね。最近の公聴会で、Fortenberry下院議員は、臨床試験へのアクセス拡大に対するあなたの支持について述べました。この電話の参加者のために、それを支持する理由を概説していただけませんか?また、パルに対する安全性に懸念がないのはなぜですか?

リチャード・ベドラック博士 1:28:15

多くの人が知っているように、今は素晴らしい時期です。アドボカシーに関しては、ここ数年、ALS患者やその家族が法律を改正するために、非常に多くの素晴らしいことを行ってきました。今、議会で法案が提出されていますが、これは、ALSのような希少疾患や恐ろしい病気を持つ人たちのために、アクセス拡大プログラムのための連邦資金を提供するものです。

そこで私は、議員に手紙を書いて、この法案への支持を表明し、私の考え方を理解してもらう必要があると思ったのです。20年間、約3000人の患者を診てきた経験から言うと、この病気の患者はほとんど皆、いろいろなことを試したがり、病気と闘いたがる。

もちろん、もし私がこの病気になったら、病気と闘いたいし、いろいろなことを試したいと思うでしょう。では、どんなことを試したいと思うのでしょうか?多くの場合、臨床試験中のものを試したいと思うものです。前臨床試験の証拠が最も多く、初期段階のデータもあり、それが有益であることを示唆しているかもしれません。

それなら、なぜ臨床試験に参加しないのでしょうか、と思われるかもしれません。この問題は多面的です。まず第一に、これらの試験には十分な数の被験者がいません。ALSの臨床試験をすべて合わせても 2000人分の枠がありますが、米国には2万人のALS患者がいるため、その大半は枠を得ることができません。

第二に、多くの場合、患者は治験の参加資格を得られない。スポンサーが私のクリニックに持ち込む他の治験と同様、私のクリニックにいる患者のうち、治験の対象となるような患者は全体の5%程度しかいません。第三に、多くの場合、患者は治験が要求するすべてのことを我慢したくないのです。

多くの臨床試験には、たくさんの訪問があり、多くの臨床試験にはプラセボがありますよね。多くの場合、患者さんは、そんなことに我慢したくありません、ただ何かを飲んで、それが役に立つかどうかを確かめたい、とおっしゃいます。

ですから、このようなことを可能にする唯一の方法は、アクセスを拡大することです。開発中の製品を手に入れるには、いろいろなことが必要です。患者がそれを求め、医師がそれを与え、治療を監督し、製品を所有する会社がそれを患者に与えることを望まなければならないのです。

そして最後に、FDAがすべてを承認しなければならないのです。ここ数年、治験実施権法を作ろうという大きな動きがあったのを覚えていらっしゃるでしょうか。その結果、ほぼすべての州で可決されただけでなく、連邦政府でも可決されたことは、すべての人々の努力の証です。つまり、連邦政府には「裁判を受ける権利」という法律があるのです。

この法律が成立すると、治療を希望するすべての患者が治療を受けられるようになるのですか?

残念ながら、ほとんど誰も試せませんでした。その理由は、この法律が、この4つのステップの問題のうち、間違った部分を攻撃したからです。試用権法は、基本的にFDAは私たちとは無関係であるべきだと言っています。しかし、FDAはそもそも問題ではありませんでした。

多くの人々が製品にアクセスできないのは、FDAのせいではないのです。HIVの初期から、映画『ダラス・バイヤーズクラブ』を観れば、FDAが立ち上がり、拡大アクセスプログラムというものを作って、患者の安全を守るために、ある種のプロトコルやモニタリング・監督の計画がある限り、人々が何かを試すことができるようにしたことがわかります。

FDAは20年以上前からこのプログラムを導入しており、これまでに申請された拡張アクセスはほぼ100%承認されています。また、通常は非常に迅速に承認され、医師から要請があれば24時間以内に承認されます。つまり、試行権法は、このような間違った部分を攻撃しているのです。

患者はそれを望み、FDAはそれを許可します。この2つのステップに問題があるのです。その理由を説明しましょう。臨床医の立場から見た問題は、患者さんにこれらのものを提供するのは途方もなく大変な作業だということです。

現在400人の患者を診ているとして、明日、250人の患者が250種類の製品を試したいというメッセージを受け取ったらどうしますか?つまり250の異なる書類に記入しなければなりません。FDAのアプリとIRBのために 250の異なる製品の出荷を 受け取り患者に配布する方法を考えなければなりません。

そのための資金もなく、夜8時から朝6時までの間、通常は食事をして休息をとる時間帯にすべて行わなければなりません。つまり、臨床医に負担を強いているのです。また、企業も、このような製品を人々に提供するインセンティブはあるのでしょうか。

企業は、何か悪いことが起きて、薬の承認が下りなくなることを恐れるかもしれません。企業は実際に十分な量の製品を保有していないかもしれませんし、治験を行うのに十分な量の製品しか保有していないかもしれません。この法律が素晴らしいのは、この真ん中の2つのステップを最終的にターゲットにしていることです。

この2つのステップは、人々が医薬品へのアクセスを拡大できない理由になっています。ですから、この法律は、最終的にこの問題を解決し、より多くの患者さんが開発中の医薬品にアクセスできるようになる可能性が非常に高いと思っています。ですから、私は手紙を書いて、これを支持したいと思ったのです。

サラ・ディアス 1:34:32

フォーテンベリー下院議員やクイグリー下院議員との対話をご覧になった方は、ぜひベドラック博士を支持して、ご自身で手紙を書くことをお勧めします。私たちは、患者や家族としてのサポートを示すことができるように、その情報を再度送信します。

ブラッド・ベッカー博士が話していたような、この真ん中の2つのステップを支援するために、これはスペクトルの反対側の種類ですが、クレンブテロールについてのあなたの研究です。この薬がなぜ有益で、おそらく私たちの給料を上げることになるとお考えなのでしょうか、ちょっとお話しいただけないでしょうか。

リチャード・ベドラック博士 1:35:00

ええ、つまり、この薬には実に興味深い作用機序があるのです。つまり、これは実際に成長因子を刺激する薬なのです。インスリン様成長因子を刺激し、筋肉でそれを測定することができます。前臨床試験で、筋肉をより大きく、より強くすることが証明されています。

米国以外では、喘息への使用が承認されています。米国では何の承認もされていません。しかし、もしあなたがスポーツファンなら、この薬のことを耳にしたことがあるかもしれません。もしクレンブテロールの陽性反応が出たら、それは性能向上剤とみなされ、そのスポーツから一定期間追放されます。

クレンと呼ばれる物質で禁止された有名な例がいくつもあります。CL eenは俗語のようなものです。つまり、これは興味深いメカニズムなのです。しかし、私が本当に注目したのは、もう10年以上も前にイタリアで行われました、非常に小規模で、また欠陥のある試験があったことです。

その試験で、ALS患者の小グループが6ヶ月間この薬を服用したところ、呼吸や強制生命維持能力、筋力など、さまざまな点で改善がみられました。腕や脚の筋力を測定したところ、改善されていたのです。私のこれまでの経験では、6ヵ月間追跡して、平均して改善が見られ、単に進行が遅くなっただけでなく、6ヵ月後には研究開始時よりも良くなっている臨床試験をあまり見た記憶がありません。

ですから、クレンブテロールの試験には19人が登録されています。パンデミック(世界的大流行)の影響で、新規登録が少し滞っていましたが、登録が再開され、全員のスケジュールが決まり、25人を6ヶ月間研究する予定です。そして、今からおよそ7ヵ月後には、この薬が本当に効くのかどうか、イタリアの臨床試験の結果を再現できたかどうかを、地域社会に発表することができるはずです。

McFinn Lovere 1:37:20

ありがとうございます。では、ここで本当に基本的なことをお話ししましょう。さて、リックさん、毎日のライフスタイルとALSの回復との間に相関関係はあるのでしょうか?ライフスタイルのプロトコルの中で、運動は重要な役割を果たすのでしょうか?

リチャード・ベドラック博士 1:37:37

ええ、つまり、大ファンですか?それはいい質問ですね。というのも、過去1年以内にALSから回復した人は、おそらく食事や運動量、ストレスなど、自分がしていたことをよく覚えているはずだからです。しかし、30年前のことを思い出せと言われたら、その2年間にどんな食事をしていたか、どんな生活をしていたか、全部を思い出すのはかなり難しいでしょう。

しかし、今の自分にはわかりません。しかし、慎重に研究したわけではありません。そして、そして、その理由は、私はまだそれを研究する方法をよく知らないからです。しかし、私はアイデアを歓迎します。もし、他の分野で行われた研究で、このようなことを注意深く研究しているものがあれば、それを見て、ALSの逆転現象に応用できないですか、喜んで研究したいと思います。勉強したいのですが、まだどうすればいいかわからないのです。

マクフィン ラブレ 1:38:36

体操している人を見かけますか?あなたはそれを推進していますか?

リチャード・ベドラック博士 1:38:42

では、私はすべての患者にそれを推進しているのですか?それはもう明らかです。私が研修医だったころに教わったことのひとつに、運動は良くないというものがありました。しかし、現在では多くの研究が行われ、ALS患者さんが運動をすると気分がよくなり、運動をしない人に比べて進行が遅くなることが明らかにされています。

しかし、どのような運動がよいのでしょうか、どれくらいの運動をすればよいのか、といった疑問に対する答えはまだ得られていません。どの程度の運動が必要なのでしょうか?運動のしすぎはよくないのでしょうか?ですから、私が普段患者さんに言っているのは、「毎日運動するようにしましょう、あなたが楽しめること、安全にできることを見つける必要があります」ということです。

そして、最初はごく少しずつ、段階的に増やしていく必要があります。もし、次の日に痛みが出たり、疲れてしまったりするようなら、それはやりすぎでしょうから、次のレベルまで下げる必要があります。しかし、私はすべての患者さんに毎日運動するように心がけています。

しかし、典型的なALS患者や他のデータベースと比較して、注意深く研究したことはありません。どのような機器を使えばいいのでしょうか、まだわからないのです。

マクフィン・ラブリー 1:40:09

そうですか、ありがとうございます。だって、14年前は、運動するなと言われたんですよ。14年前、運動するなと言われました。私はそのことを悲しんでいました。ですから、状況が変わってよかったと思います。そうですね。ありがとうございます。

サラ・ディアス 1:40:23

では、もう1つ質問があります。クレンブテロールのフォローアップですが、チャットで何人かの患者さんが、クレンブテロールの試験に登録できる可能性はあるかと尋ねています。

リチャード・ベドラック博士 1:40:34

そうですね、メールをいただければ、待機者リストを作成することができます。今現在、私たちは、この研究を行うための資金があり、25人を6ヶ月間受け入れただけなのです。今現在は、19人が参加済みで、残りの6人は予定されています。

この6人のうち1人が気が変わったり、資格を得られなかったりした場合に備えて、キャンセル待ちをしている人がいることも知っています。しかし、私はいつでも喜んでウェイティングリストに載せています。つまり、どんな研究でもウェイティングリストに入れることに何の問題もないんです。

サラ・ディアス 1:41:04

素晴らしいです。最後の質問は、チャットから直接お願いします。患者さんの何人かが、診断を受けても完全な障害に進行しない場合、どうしたらよいかと考えていました。そのような患者さんは、逆転というより、安定化とみなされるのでしょうか?あるいは、逆転と安定をどのように分類するのでしょうか?

リチャード・ベドラック博士 1:41:22

そうですね、ALS患者には進行が止まったプラトー(停滞期)というものがあると思います。ProActのデータでお見せしたように、ほとんどの場合、それは短期間に起こることです。しかし、何年も続くプラトーがある人も確かにいるのです。私はホーキング博士に会ったことはありませんが、彼の人生についてたくさん読みましたし、彼の人生を描いた映画も手に入る限りすべて見ました。

最初の5年か10年くらいはすごく進歩したように見えるんです。そして、次の30年から40年の間は、まったくと言っていいほど変わっていないように思えます。プラトー(停滞期)を迎えたような感じです。個人的には、進歩が止まってしまうような停滞期はもっとたくさんあると思います。

そして、失われた機能が回復するような、劇的な逆転現象が起こるのです。そのプラトー(停滞期)について、ぜひ研究してみたいと思っています。しかし、今は逆転現象に全力を注いでいます。もし、逆転から何かを学べたら、うまくいけば、プラトーで何を探すべきかを教えてくれるかもしれません。

サラ・ディアス 1:42:30

そのとおりです。さて、まず最初に、お時間をいただきありがとうございました。これはまさに、圧倒的にエキサイティングな情報でした。そして、私たちが受け取った多くの質問に答えるのに役立ち、また、患者が自分の進歩や旅の次のステップについて知りたがっているのをネット上で見ることができたと思います。

ブラドック先生、私たちはあなたがここにいることを歓迎しますが、あなたの時間を尊重したいと思います。でも私たちは あなたの時間を尊重したいので あなたが帰りたいなら 私たちは完全に理解しています。でも、本当にありがとうございました。

そして、8月は「ケア月間」です。これまで、メリット先生、ロススタイン先生、ブラック先生のお話で、治療に関する情報が満載でしたが、8月からは、私たちのミッションのもう一つの側面です、ケアや言語療法などに関するお話に切り替わります。ですから、皆さん、ぜひ続けてお越しください。2週間後の水曜日には、日々の生活の中でどのように自分をケアしていけばよいのでしょうか、いくつかの情報を得ることができます。

本当にありがとうございました。そして、これからもこの素晴らしい作品を見続け、48がどんどん上がっていくことを願っています。

リチャード・ベドラック博士 1:43:43

さて、お招きいただきありがとうございました。サラ、そろそろ声が出なくなりそうなので、これで終わります。しかし、他に質問があったら、遠慮なくメールしてください。そして、あのですね、もし私がまた、将来あなたのために、できれば、1年かそこらで、これらの逆転についてもっと多くの答えが得られるといいんですけどね。

インドゥ・ナヴァル 1:44:00

先生、どうもありがとうございます、不運でしたね。そしてですね、今日はおそらく過去最高の約400人の方があなたの話を聞くために参加されたんですよ。ですから、私たちは本当に興奮しています。また、オフラインであなたとお話したいのは、この資金調達について、どうすればいいのでしょうか、あなたが何かをとても信じているのなら、そのボトルネックについて、私たちはあなたと一緒に仕事ができるようになりたいと考えています。それでは、おやすみなさい。今夜は本当にありがとうございました。

リチャード・ベドラック博士 1:44:29

どういたしまして、アンディ。お招きいただきありがとうございました。皆さん、お元気で。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました