神経変性疾患・その他

糖質

パーキンソン病の治療薬として期待されるトレハロース

Trehalose as a promising therapeutic candidate for the treatment of Parkinson's disease 要旨 パーキンソン病(PD)は、主に黒質突起のドーパミン作動性ニューロンの喪失に起因する進行性の運動障害である。パーキンソン病はタンパク質の凝集...
ストレス・マネジメント

ストレスが神経細胞構造に及ぼす影響 海馬、扁桃体、前頭前皮質

Stress Effects on Neuronal Structure: Hippocampus, Amygdala, and Prefrontal Cortex 要旨 海馬は、ストレスや脳の構造的・機能的可塑性について私たちが学んだことの多くへの入り口となった。副腎ステロイド、そして後に海馬形成におけるエストロゲン受容体の...
睡眠

生活習慣の介入と自殺予防

Lifestyle Interventions and Prevention of Suicide 要旨 ここ数年、生活習慣の心理社会的介入と重度の精神疾患と自殺リスクとの関連性に関心が高まっている。重度の精神疾患を有する患者は、一般集団と比較して死亡率が高く、健康状態が悪く、自殺リスクが高い。ライフスタイル行動は、特定の...
自殺

自殺の寿命モデルとその神経生物学的基盤

The Life Span Model of Suicide and Its Neurobiological Foundation 要旨 自殺行為の不可解さは、長い間、研究者や医療関係者の頭を悩ませてきた。自殺については、前世紀の初めからいくつかの理論が提唱されており、その病態生理を解明するために、過去20年の間に無数の神経生...
自殺

自殺行動に関する意思決定神経科学の視点 エビデンスと仮説

The decision neuroscience perspective on suicidal behavior: evidence and hypotheses 要旨 レビューの目的 自殺未遂は、生き残った人が後悔するのが普通である。さらに、自殺未遂者や自殺で死亡する人の中には、依存症やギャンブル依存症が多く含まれてお...
慢性疲労・ME/CFS

老化の原因としての不完全治癒 ミトコンドリアの役割と細胞の危険反応

Incomplete Healing as a Cause of Aging: The Role of Mitochondria and the Cell Danger Response ロバート・K・ナヴィオー 要旨 生物学的老化の速度は、環境条件の変化と、それらの変化を感知して対応する発生制御された生物学的システムに応答して...
治療標的・分子経路

マスト細胞活性化疾患 薬理学的治療の選択肢

Pharmacological treatment options for mast cell activation disease 要旨 マスト細胞活性化疾患(MCAD)は、マスト細胞(MC)メディエーターの可変サブセットの異常放出と、MC増殖による形態学的に変化した変異MC(全身性肥満細胞症およびMC白血病)またはアポトー...
治療標的・分子経路

細胞危険応答(CDR)の代謝的特徴

Metabolic features of the cell danger response ハイライト 細胞危険応答(CDR)は、脅威に対する古代の代謝反応の観点から定義されている。 CDRは炎症、自然免疫、酸化ストレス、ERストレス反応を網羅している。 CDRは細胞外ヌクレオチド(プリン作動...
治療標的・分子経路

慢性疲労症候群、ウイルス、自然免疫システム

Chronic Fatigue Syndrome, Viruses, and the Innate Immune System CFS/MEの患者は、怠け者であることを理由に軽蔑されたり、単なる心身症患者として見下されたりすることが多い。 慢性疲労症候群/髄膜性脳脊髄炎(CFS/ME)は、著しい疲労、労 働...
治療標的・分子経路

肥満細胞活性化の理解における最近の進歩 あるいはマスト細胞メディエーター障害であるべきか?

Recent advances in our understanding of mast cell activation – or should it be mast cell mediator disorders? 要旨 はじめに マスト細胞が放出する複数のメディエーターが原因で、脳を含む多くの臓器に影響を及ぼす複数の...