脂質

脂質

コレステロールセンサー肝臓X受容体(LXR) 26の活性化方法

肝臓X受容体(LXR)とアルツハイマー病研究 概要 コレステロールセンサー 核内受容体肝臓X受容体(LXR)はコレステロール恒常性を調節するコレステロールセンサーと(オキシステロール活性化核内受容体)して知られている。 コレステロール逆輸送、胆汁酸へのコレステロール変換などの腸内コレステロール吸収に関連する標的遺伝子(ABCA...
脂質

工業用種子油はいかにして私たちを病気にしているか

How Industrial Seed Oils Are Making Us Sick クリス・クレッサー著、M.S. 事実確認済み 専門家は、先進国で慢性疾患の発症率が急速に上昇している原因として、砂糖や飽和脂肪など、いくつかの食生活の原因を挙げていた。しかし、何百万人もの人々の食生活の中で一般的に消費されている食品の...
脂質

多価不飽和脂肪酸の酸化と食品の品質と健康への影響

Oxidation of Polyunsaturated Fatty Acids and its Impact on Food Quality and Human Health 概要 長年にわたり、前臨床研究と臨床研究の両方が慢性疾患の予防におけるω-3多価不飽和脂肪酸(PUFAs)特にエイコサペン-テエン酸(EPA)とドコサヘキ...
脂質

脂質とアルツハイマー病

Lipids and Alzheimer’s Disease 要旨 脂質は、細胞膜の基本成分として、脳の機能だけでなく、人間の健康にも重要な役割を果たしている。脳には脂質が非常に豊富に含まれており、脂質の恒常性の乱れは神経疾患やアルツハイマー病などの神経変性疾患と関連している。 老化は脂質組成の変化と関連している。脂質ラ...
食事・栄養素(免疫)

N-3多価不飽和脂肪酸はCOVID-19に関連する心血管合併症に対する補助療法の可能性を考慮することができるか?

Can N-3 polyunsaturated fatty acids be considered a potential adjuvant therapy for COVID-19-associated cardiovascular complications? 要旨 重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-...
身体活動の効果

有酸素運動と脂肪酸補給がグローバルおよび遺伝子特異的DNAメチル化に与える影響

Impact of aerobic exercise and fatty acid supplementation on global and gene-specific DNA methylation 概要 運動や栄養補助食品を含む生活習慣の介入は、DNAメチル化を修飾し、健康上の利点を発揮することができるが、その根底にある...
脂質

ダイエット由来の脂肪酸、脳の炎症とメンタルヘルス

Diet-Derived Fatty Acids, Brain Inflammation, and Mental Health 西洋社会は、前世紀の間に食習慣の劇的な変化を経験した。現代の栄養プロファイルは、典型的には飽和脂肪と精製された砂糖が豊富で、特に肥満や糖尿病、代謝性疾患の現在のパンデミックに、減少した身体活動と一緒に、主な...
脂質

プラズマローゲンについて調べてみた

プラズマローゲン 認知症・アルツハイマー 概要 はじめに 最近よくあちこちのサイトで目にするプラズマローゲン、なんだか名前からして怪しい(笑) しかし、調べてみるとリン脂質の一種で、特定の分子化合物を言うのではなくグリセロリン脂質の中のある分類されるビニルエーテル型リン脂質というサブクラス名でもあり、れっきとした薬理学...
脂質

n-3系多価不飽和脂肪酸(PUFA)オメガ3 EPA・DHA(認知症・アルツハイマー)

オメガ3脂肪酸/EPA・DHA/フィッシュオイル 概要 以下のオメガ3系多価不飽和脂肪酸(n-3 PUFA)には、抗炎症作用と神経保護機能があり、疫学的証拠は限られているものの、認知症の予防に役立つ可能性がある。 α-リノレン酸(ALA) エイコサペンタエン酸(EPA) ドコサヘキサエン酸(DHA) 1...
脂質

DPA/ドコサペンタエン酸の神経保護・抗炎症作用

DPA(ドコサペンタエン酸/Docosapentaenoic acid) 概要 細長いEPA DPAはEPAおよびDHAと構造的に類似する。二重結合の数は同じだが、2つの炭素鎖ユニットがある「細長いEPA」。 オメガ3脂肪酸の多くの研究はエイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサペンタエン酸(DPA)、ドコサヘキサエン酸(DH...