エクササイズ 運動

血流制限トレーニング・加圧

【ユーザーマニュアル】血流制限 エアーカフ (メンバー用)

エクササイズ 運動

運動と脳: 認知機能の健康に運動が不可欠な理由
Exercise and the Brain: Why Physical Exercise is Essential to Peak Cognitive Health

Exercise and the Brain: Why Physical Exercise is Essential to Peak Cognitive Health ロバート・W・バロー 運動と脳 なぜ運動は認知機能の健康に不可欠なのか? ロバート・W・バロー 神経学 カリフォ
PBMT LLLT /光生物調節

ミトコンドリア機能障害:診断と治療への機能的医学的アプローチ
脂肪、疲労、脳霧を取り除く

MITOCHONDRIAL DYSFUNCTION: A FUNCTIONAL MEDICINE APPROACH TO DIAGNOSIS AND TREATMENT 初版 2019年8月 目次 著作権について イントロダクション 私の健康への旅 第一章 ミトコンドリアの構造と
KD論文

がんに対する認知度の低い補助療法のレビュー
Review of Under-Recognized Adjunctive Therapies for Cancer

Review of Under-Recognized Adjunctive Therapies for Cancer オンライン公開 2022年9月29 日 PMCID: PMC9563303 PMID:36230703 要旨 簡単なまとめ 本総説は、がん医療およびプライマリ・ケ
運動方法

ナチュラルムーブメントの実践パワー
実践 パワー、健康、そして自由を取り戻す

The Practice of Natural Movement: Reclaim Power, Health, and Freedom 目次 序文 1 マニフェスト 第1章 進化論 第2章 本能的なもの 第3章 普遍的なもの 第4章 実践的 第5章 生命力 第6章 特殊でない
アドヒアランス(実行力を高める)

ライフスタイル・ウェルネス・コーチング – ジェームズ・ギャバン
Lifestyle Wellness Coaching - James Gavin

ライフスタイル・ウェルネス・コーチング 目次 序文 1 ライフスタイル・ウエルネス・コーチング入門 現代の健康問題 コーチング ライフスタイル・ウェルネス・コーチング 解説 2 コーチングの背景と背景について コーチングの進化 援助と学習のモデル 効果的なコーチングの核となる要素
有酸素運動・HIIT

階段運動で健康づくり
Health promotion with stair exercise

Health promotion with stair exercise 要旨 健康な成人の心肺機能、筋骨格系、神経運動系のフィットネスを開発・維持するためには、1回の運動につき中強度の身体活動30分以上、または強度の身体活動20分以上が推奨されている。しかし、時間や施設の不足、
医療・感染症の歴史

人類の進化における栄養と健康-過去から現在へ
Nutrition and Health in Human Evolution–Past to Present

ニュートリエント(Nutrients)2022 2022年8月31日オンライン公開 doi:10.3390/nu14173594 pmcid: pmc9460423 PMID:36079850 Kurt W. Alt,1,2,*Ali Al-Ahmad,3andJohan Pet
運動方法

骨粗鬆症とサルコペニアに対する運動と栄養の影響 – オステオサルコペニアの発生率 ナラティブレビュー
Exercise and Nutrition Impact on Osteoporosis and Sarcopenia—The Incidence of Osteosarcopenia: A Narrative Review

Exercise and Nutrition Impact on Osteoporosis and Sarcopenia—The Incidence of Osteosarcopenia: A Narrative Review ニュートリエント(Nutrients)2021 De
全身振動(WBV)・深部微小振動(DMV)

MCIおよび軽度認知症の認知機能に及ぼす深部微小振動触覚刺激の影響について
The Effect of Deep Micro Vibrotactile Stimulation on Cognitive Function of Mild Cognitive Impairment and Mild Dementia

2022年3月23日オンライン公開 概要 背景本研究の目的は、軽度認知障害または軽度認知症の高齢者において、Deep Micro Vibrotactile(DMV)刺激が認知機能に及ぼす影響を明らかにすることである。方法3つの老人ホームから、15-40HzのDMV刺激(以下、15
運動方法

座ったまま何時間も代謝を促進するブドウ糖と脂肪の燃焼を促す筋肉を研究者が発見
Researcher discovers a muscle that can promote glucose and fat burning to fuel metabolism for hours while sitting

by Laurie Fickman ,ヒューストン大学 ヒューストン大学健康・ヒューマンパフォーマンス学部のマーク・ハミルトン教授は、体重の1%しかないふくらはぎの筋肉を、正しく活性化すれば、体の他の部分の代謝を健全化できる「ヒラメ筋プッシュアップ」を開拓している。出典:ヒュース
アドヒアランス(実行力を高める)

座りがちな成人におけるフィットネス技術による行動変容 | 身体活動増加のためのエビデンスのレビュー
Behavior Change with Fitness Technology in Sedentary Adults: A Review of the Evidence for Increasing Physical Activity

Front Public Health.2016; 4: 289. オンライン公開 2017年1月11 日doi: 10.3389/fpubh.2016.00289 概要 身体活動は健康や幸福と密接な関係があるが、多くのアメリカ人は定期的な運動をしていない。特に、高齢者や社会経済
アドヒアランス(実行力を高める)

イマジナブル | 未来が見えてきて、どんなことにも対応できるようになる方法 – 今日不可能と思われることでさえも -1
Imaginable: How to See the Future Coming and Feel Ready for Anything―Even Things That Seem Impossible Today

目次 はじめに 第1部 あなたの心を解き放つ 第1章 10年の旅に出よう 第2章 タイムトラベルを覚えよう 第3章 未来のシナリオで遊ぼう 第4章 最初はバカにすること 第5章 世界をひっくり返してみよう 第2部 想像を絶することを考える 第6章 手がかりを探せ 第7章 将来の戦
散歩・ウォーキング

総説 足底の感覚的役割 臨床的観点からのレビューと最新情報
The sensory role of the sole of the foot: Review and update on clinical perspectives

臨床神経生理学/臨床神経生理学(2020) 50, 55-68 2020年1月29日オンライン公開 キーワード 皮膚からのフィードバック 足底 姿勢制御 感覚構造 足指 概要 足は姿勢制御のメカニズムにおいて重要な感覚構造を構成している。足裏は身体と地面の間の直接的かつ唯一のイン
アドヒアランス(実行力を高める)

「No Sweat」モチベーションのシンプルな科学が、あなたにフィットネスライフをもたらす方法 1~3
No Sweat: How the Simple Science of Motivation Can Bring You a Lifetime of Fitness

ノー・スウェット モチベーションのシンプルな科学 一生モノのフィットネスを手に入れることができる 「なんて素晴らしい本なんだ!」。No Sweatは、インスピレーションと直接的な応用に満ちている。最新の研究成果を用いて、ミシェル・セガーは、活動的であり続けるための鍵は、私たちが考
有酸素運動・HIIT

運動と健康寿命の分子メカニズム

Molecular Mechanisms of Exercise and Healthspan 2022年3月3日オンライン公開 運動と健康寿命の分子メカニズム 要旨 健康寿命とは、我々が生きている間に大きな疾病に罹患することなく過ごすことができる期間のことだ。不健康なライフスタ
有酸素運動・HIIT

高強度インターバルトレーニングの運動能力と健康に対するエビデンスに基づく効果。歴史的な視点を交えたレビュー

Evidence-Based Effects of High-Intensity Interval Training on Exercise Capacity and Health: A Review with Historical Perspective 2021年7月5日オン
血流制限トレーニング・加圧

血流制限トレーニングの全身への効果 システマティックレビュー
The Systemic Effects of Blood Flow Restriction Training: A Systematic Review

オンラインで2021年8月2日に公開 要旨 背景 血流制限(BFR)トレーニングは,低い抵抗で運動しながら局所の筋肉量,筋力,持久力を増加させるなど,局所の骨格筋に大きな効果があることが報告されている。そのため、従来のレジスタンストレーニングができない患者にも有効であると考えられ
血流制限トレーニング・加圧

シンポジウム:リハビリテーションにおける血流制限運動

Symposium Blood flow restricted exercise in rehabilitation Jeremy Loenneke 0:09 血流制限は、特にアメリカでは非常に人気があります。日本ではかなり前から研究が行われていましたが、最近ではクリニックや多く
血流制限トレーニング・加圧

ジム・ストレイ・ガンダーセン – 血流制限トレーニング 忙しい団塊の世代のためのアンチエイジング医学

Jim Stray-Gundersen - Blood Flow Restriction Training Anti-aging medicine for the busy baby boomer 0:13 この講演会は、スポンサーの皆さんの寛大なご支援によって実現しています。こ
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました