免疫

免疫

胸腺の老化が高齢者のCOVID-19の病態生理と関連しているかもしれない

Thymic Aging May Be Associated with COVID-19 Pathophysiology in the Elderly 1 細胞生物学・免疫学・微生物学大学院プログラム、北テキサス大学ヘルスサイエンスセンター、フォートワース、テキサス州76107,米国 2 テキサス大学サウスウエスタン・メディカ...
免疫

COVID-19パンデミックのコメットテール(彗星の尾っぽ)としての自己免疫

Autoimmunity as the comet tail of COVID-19 pandemic オンラインで公開2020年9月6日 要旨 重症急性呼吸器症候群新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染は、ウイルス組織の損傷に直接関連する、または抗ウイルス免疫応答によって間接的に誘導される様々な臨床症状を生じさせる。感...
コロナウイルス

COVID-19感染症における回復シナリオと免疫 再感染の可能性を予測する新しい戦略

Recovery scenario and immunity in COVID-19 disease: A new strategy to predict the potential of reinfection 2021年1月5日 Zahra Khoshkam,a Younes Aftabi,b,g,⁎ Peter Sten...
SARS-CoV2 治療標的・分子経路

SARS-CoV-2による細胞シグナル伝達の障害

Dysregulation of Cell Signaling by SARS-CoV-2 2020年12月19日 ハイライト 重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)タンパク質は、宿主のシグナル伝達を調節して寛容な環境を作り出す。 SARS-CoV-2タンパク質は、細胞生理学、代謝、免疫活...
免疫

CD4+ T細胞の損失を共有する:COVID-19とHIVが免疫系で衝突するとき

Sharing CD4+ T Cell Loss: When COVID-19 and HIV Collide on Immune System オンラインで公開2020年12月15日 要旨 COVID-19は、ヒト間感染の増加を特徴とする特徴的な感染症であり、症状がない状態から重篤なサイトカインストームを呈し、予後不良に陥...
免疫

SARS-CoV-2感染は長期的な保護免疫や殺菌免疫を引き出すか?ワクチン戦略への示唆(2020年

Will SARS-CoV-2 Infection Elicit Long-Lasting Protective or Sterilising Immunity? Implications for Vaccine Strategies (2020) オンラインで公開2020年12月9日 David S. Kim, 1 Sarah ...
コロナウイルス

インターフェロン誘導性抗ウイルス薬 COVID-19との戦いのための潜在的な候補

Interferon-inducer antivirals: Potential candidates to combat COVID-19 オンラインで公開2020年12月1日 ハイライト 薬物の再利用はCOVID-19の治療法を迅速に見つけるのに役立つかもしれない。 I型インターフェ...
コロナウイルス

COVID-19における高炎症と免疫応答の生成

Hyperinflammation and Immune Response Generation in COVID-19 2020年12月18日 要旨 コロナウイルス病2019(COVID-19)パンデミックを引き起こす重症急性呼吸器症候群コロナウイルス-2(SARS-CoV-2)は、世界中で何百万人もの人々に影響を与えている。...
コロナウイルス

COVID-19 回復と死を分かつ新たな免疫病理学的決定要因

COVID-19: The Emerging Immunopathological Determinants for Recovery or Death オンラインで公開2020年12月1日 Tanveer Ahmad,1,* Rituparna Chaudhuri,2 Mohan C. Joshi,1 Ahmad Almat...
免疫

COVID-19 ワクチンの安全性に関する考慮事項

COVID-19 Vaccine Safety Considerations COVID-19 VACCINEの安全性に関する考察 ジョージア工科大学公共政策学部研究員 ロナルド・N・コストフ博士 ゲインズビル、バージニア州、20155 ダルヤ・カンデュク博士、東京大学生物科学・バイオテクノロジー・バイオファー...