PANDA,,PROPAGANDA IN FOCUSWEF/グレート・リセットプロパガンダ・全体主義医療の偽情報・検閲・汚職

Trusted News Initiative(TNI)とは

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

911のプロパガンダ

Covid-19は政府によって別のアジェンダを追求するために利用され、悪用された | Piers Rob...
Piers Robinson

イラクへの侵攻は非常に明確でした。アメリカ政府は、実質的なつながりがないにもかかわらず、サダム・フセインとアルカイダを結びつけ、少なくともアメリカ国民の間では、イラク侵攻への支持を高めるために利用したのです。911は確かにそうでした。

COVID-19と似ているのは、似たようなダイナミズムを持っているということです。COVID-19は、政治や経済に大きな変化をもたらす力を持っています。これらの出来事は、政治的なアクターが課題を追求するために利用したり、悪用したりすることが可能な出来事であることは明らかだと思います。

政府がロックダウンなどの政策を支持してもらうためにプロパガンダを利用してきたことは、合理的な人であれば誰もが明らかに異論がないと思います。しかし、1年半が経過した今、危機の内容、あるいは危機が継続しており、これまで以上に強硬な政策が追求されています。今、私たちは、ロックダウンに代わって、全国民にワクチン接種を義務付けるという脅しをかける段階に来ています。

COVID-19は、プロパガンダ的な出来事のメカニズムであり、それによって彼らは世間の注目を浴びることなく、このリストラに着手することができたのです。これがどこに影響を与えているかというと、例えば、ワクチン・義務化に関連していると思います。これがデジタルIDと関連していて、多くのエコノミストが提唱している論点の1つは、ワクチンの義務化がIDと関連しているというものです。

現時点では非常に現実的だと思いますが、懸念されていることの1つに、エンドポイント2として、中国で導入されている社会的信用スタイルのシステムがあります。これにより、政府は人々を罰して行動を改めさせたり、反対意見を防いだりすることができます。

非常に、つまり、プロパガンダは単純明快なんです。何が起こっているのかを理解すれば、非常にわかりやすいものです。そしてそれは極端です。

私自身もそうですが、私の周りには、主流メディアに掲載されている、明らかにプロパガンダであり、極端に偏っている資料の例がたくさんあります。これらはすべて、COVID-19に関連したアジェンダを推進し、強化するためのものです。

COVID-19では、あなたの質問にあったように、より広範囲のアクターに目を向けなければなりません。世界経済フォーラム、世界保健機関、大手製薬会社、ハイテク企業など、先ほどお話したような政治的・経済的な課題の解決に向けて、Usherを支援する上で重要な役割を果たしてきましたし、今後もそうであると考えています。このことは、911よりもはるかに大きなスケールであると言えます。

しかし、何が起こっているのかを理解したいのであれば、これらのアクターに注目すべきです。多くの人が大手製薬会社との利害関係を指摘しています。例えば、連邦機関や政府機関などです。

繰り返しになりますが、あまりにも多くの事例について情報が寄せられているため、すべてをリストアップしようとすると見失ってしまいます。

しかし、これらは大きなプレーヤーであり、彼らは明らかに、そして国連も巻き込んで、ある意味、国連がこの活動の一部になりつつあることに気づいたのです。

なぜすべてをロックダウンしているのでしょうか?いったいなぜこのような極端な政策がとられているのか、というようなことです。

なるほど。プロパガンダの要素の1つが明らかになり、私はちょっと待って、これは何か他のことが起こっているのではないかと疑問を持ち始めました。この裏には何か意図があるように思えます。それは、「COVID-19」に関連して科学者が標的にされていたことです。

科学者たちは、その対応について完全に合理的な疑問を呈していましたが、それが閉鎖的なものであれ、最近ではワクチン接種の問題であれ、それらの科学者はすぐに中傷され、中傷キャンペーンを受け、検閲されます。

今の時点では、もちろん、科学者たちの発言を封じ込めることは非常に重要なことでした。ロックダウンは、金融システムを整理するために経済を閉鎖し、デジタルIDやデジタル通貨への道を歩むためにワクチンパスポートを発行し、COVID-19のプロパガンダを維持しなければなりませんでした。そして、これらの政策が科学的に見ても実際に意味があるという考えを持っています。

誰がプロパガンダのターゲットになったかというと、一般の人々や世界の人口がターゲットになるのは明らかです。しかし、「COVID-19」の特徴は、このドライブにあると思います。合理的な解決策を提案したり、根本的に何が起こっているのかを問うている科学者たちを、実際に閉鎖しなければならなかった理由を説明してきました。中傷キャンペーンや検閲に多くのエネルギーが注がれているように思います。個人的な経験ですが、シリアで活動していて、中傷キャンペーンや検閲にさらされたことがあります。

大まかな数字ですが、西欧諸国の20%の人々はCOVID-19の対応に同意しておらず、街に出て抵抗しようとしていると思います。20%は、いわば物語を信じているようなものです。そして、おそらく60%の人々は、追求されているすべての政策に満足していありませんが、政府が正気に戻り、このような極端な手段はもう追求されなくなるだろうと考えているでしょう。

今は、人々が目を覚まし、情報を得て、そして行動しなければならない重要な時期です。確かに。

しかし、それはそれとして、私たちは厳しい時期を迎える可能性があると思います。しかし、私たちは抵抗することができるし、抵抗する人々はこの件に関して成功することができると思います。しかし、もっと悪くなるかもしれないし、もっと厄介なことになるかもしれません。抵抗のために動員されようとしている人々は、常に平和的で威厳のある状態を維持し、戦略を用いなければならないと思います。

Trusted News Initiative

Robert W Malone, MD

私が言いたいのは、今回行われたことは、基本的に非常に甘く、急いで行われたものであり、方針や手続き、規則、法律、連邦法、私がこれまでのキャリアで運用しなければならなかった一般的なルール、そして私が関わってきた何百もの臨床試験で遵守しなければならなかったものとは全く一致していないということです。彼らは基本的にそのルールブックを捨ててしまったのです。より穏やかな言い方をするならばです。

私が最初に知ったのは、BBCが、Trusted News Initiativeを、テロや選挙操作に焦点を当てたものから、基本的には今回の感染症に関するプロパガンダへと移行させたことの先頭にたっていたことです。

Trusted News Initiativeとは?

政府も腐敗しており、調整されています。何年も前から、製薬業界が議会へのアクセスを買収していたことで、このようなことが起きていることはわかっていました。複数の機関で見られる規制の取り込みについては、リスナーの皆さんもご存知の通り、737MAXと米連邦航空局(FAA)がその最たる例です。

ワクチンだけに焦点を当てて解決しようとするのは、ファウチ博士の個人的な偏見と、ゲイツ氏などとの交流に影響されたものだと言えます。このようなウォーゲームを通じて、10年以上にわたって戦略を練り上げてきたのです。これは事実です。

スパーズ・パンデミック 2025 - 2028(仮想シナリオ 2017年 ジョンズ・ホプキンス大学)

彼らは、再利用可能な薬がないことを前提とし、病原体の影響やリスクについて様々な仮定をして、メディア操作を含む一連の政策や戦略を練り上げました。現在、私たちが観察しているのは、ジョンズ・ホプキンス大学を中心とした少数の幹部と、世界経済フォーラムのビル&メリンダ・ゲイツが資金提供した個人が、複数のウォーゲームで先駆的に行った、台本通りの対応だということです。彼らは、世界を席巻すると思われる高病原性感染症への一連の戦略的対応をゲーム化したのです。そして、効果的なワクチンを想定しています。

私たちが観察しているのは、戦闘管理やリーダーシップの経験があまりない人たちのグループだということです。彼らはD型の訓練や(感染症)戦争の訓練を受けたわけではありません。しかし、彼らはこのようなウォーゲームを経験し、対応策を練ってきました。彼らは、この病原体に対する変化や戦場の変化に適応することなく、そのスクリプトを適用するというマンネリに陥っているように見えます。

私の視点では、官僚たちが台本や戦争計画を与えられているように見えます。そして、この状況の責任者は、トニー・ファウチです。歴史的に見てトニーの問題点は、彼が絶対に引き下がらないこと、そして自分が何か間違ったことをしたとは絶対に認めないことです。

私には何の問題もありませんし、科学者として配属された私たちの多くは、「ああ、これは間違っていた」と言っても問題ないでしょう。それが科学の本質であり、変えていかなければなりません。それが仮説の本質であり、私たちが生きている世界の仮説駆動型の世界なのです。私たちは常に不安を抱え、常にデータを見て、戦場の指揮官のように適応しようとしています。

しかし、問題はそれをしない指揮官がいることです。個人的な意見をデータベースの意思決定に置き換えても良いと考える指揮官がいるのです。それが、今の私たちの状況だと思います。

特別番組 ロバート・マローン博士のmRNA作成について

エボラ出血熱の時でさえ存在しなかった、驚くほど強力な情報コントロールのための水平統合された能力が交差しているのですから。Trusted News Initiativeを調べてみると、これは陰謀ではありません。これはBBCが発表したものです。英国放送協会(BBC)は、フェイスブック、マイクロソフト、グーグルなどのハイテク企業の主要ニュースメディアが統合され、システムとして構築されています。選挙中の外国の偽情報キャンペーンに対抗する目的で、現在のコンソーシアムが統合されています。

そして、昨年秋のワクチンの展開とともに、この組織が転じて、既成のシナリオに反する情報を弾圧するという崇高な嘘のこの目的のために利用されるという決定がなされました。だから、あなたのYouTubeは削除されるのです。イベルメクチンやワクチンの安全性など、世界保健機関(WHO)やCDCの公式見解と一致しない情報について、概念や議論をした場合です。

Dr. Robert Malone Inventor of using RNA as a drug and core mRNA and DNA vaccine technologies.

COVID-19と 「Trusted News Initiative」(TNI)の影

大企業の水平統合

Robert W Malone, MD

システム全体が水平統合されていて、FDAでは規制の取り込みや回転ドア人事が行われているという十分な証拠があることは間違いありません。一例を挙げると、ワクチン研究部門の元責任者であるノーム・ベイラー氏は、退職後すぐに生物製剤コンサルティンググループの責任者となり、現在はすべての主要なワクチン企業のコンサルティングを行っています。

“INJECTIONS & INJUNCTIONS” PART 1: PARADOX | A CONVERSATION WITH DR. ROBERT MALONE

ところで、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団のFacebookザッカーバーグ・チャン・イニシアチブが資金提供しているファクト・チェッカーが、なぜこのように調整されて登場しているのでしょうか?

 

このように変化していく中で、私たちは様々なものを目にし、頭をかきむしって、「ファイザーは別会社だし、どうなっているんだろう」と言います。

正直なところ、これらの企業はすべて、実際には1つの大企業の部門のようなものです。世界には4つの主要な投資会社があり、彼らは文字通りすべての資本を支配し、基本的に米国財務省に何をすべきかを指示しています。これはおかしな話ではなく、陰謀でもなく、真実です。

これはおかしな話ではなく、実際に起こっていることなんです。それが今日の世界なのです。フェイスブックとグーグルの連携や、ファイザーが報道機関であることなどを目にすると、どうしてそんなことができるのかと思うでしょう。

実際には、これらはすべて同じ人が所有しているのですが、だからこそ、すべての人が言われた通りのことをしているのだと思います。

THGエピソード43「権力の真実を語る」ロバート・マローン博士との対話
Piers Robinson

私は、これが単なる健康上の緊急事態であり、過剰反応であり、いつかは終息するだろうと期待してきました。しかし、そうではなくなってきています。政府や欧米の政府の行動を見ていると、かなり心配な領域に入ってきているように思います。

これは何も新しいことではありません。抗議運動や抗議運動のメディア報道の歴史を振り返ると、参政権運動、公民権運動、ゲイ運動、ベトナム反戦運動など、抗議者を嘲笑したり、悪者にしたり、誹謗中傷したりすることが毎回起きています。疑問を呈する人々を封じ込める方法は、あなたが言うように、ナチスだとか、陰謀論者だとか、変人だとか言うことなのです。

コロナ危機の裏にある知られざる意図

Covidはグローバルプロパガンダ作戦である Piers Robinson 博士

「Unspoken Agenda Behind the Covid Crisis」

Piers Robinson

繰り返しになりますが、最も寛大な解釈をすれば、政府は人々を守ろうとしていると考えられます。そして、人々を従わせるためには、脅威を誇張して伝えなければならないと考えたのです。これが最も寛大な解釈です。もっとずっと寛大でない解釈もたくさんあります。しかし、今の問題は、最初にも言いましたが、開始から2年が経とうとしていることです。

当初から声を上げていた科学者たちが、1年半前よりもさらに増えて、「これは間違っている」と言っている状況です。この時点で、私たちは他に何かが起こっているのではないかと考える必要があると思います。COVID-19は、911の「対テロ戦争」と同じように、少し利用されているのではないでしょうか。

少なくとも、トニー・ブレアとジョージ・ブッシュは、政権交代戦争を起こすために、この戦争を利用しました。チルコット調査団の文書や他の多くの情報源がそれを証明しています。このような政治的な、つまり危機を最大限に利用して何かを行う方法です。それが今の私たちの状況だと思います。

バイオディフェンス

注目すべきは、9.11以降、基礎研究の成果を精査し、安全保障上の意味合いから制限を加える必要があるのではないかという指摘がなされていることだ。例えば 2001年末、スミスクライン・ビーチャム社の元研究責任者、ジョージ・ポス氏は、米国防総省のバイオテロ対策委員会の委員長として、生物学に対し、安全保障上のセンシティビティに関して「無邪気さをなくす」ことを求めた(7)。彼にとってそれは、研究の内容を吟味したり、分類したり、その他の方法で研究の内容や発表を制限するための手続きを制定することを意味していた。

バイオディフェンス研究の資金の多くは、米国国立衛生研究所(NIH)の国立アレルギー・感染症研究所(National Institute of Allergy and Infectious Diseases)が提供している。

この研究によって、遺伝子兵器と、より一般的な哺乳類間の空気感染との間に偶然の関連性がある可能性が明らかになった。

10年以上前から、生命科学研究で得られた知識が破壊的に応用される可能性に注目が集まっており、その実現を阻止するために必要なガバナンス対策があるとすれば、それはどのようなものなのかが注目されている。

Why has Not There been More Research of Concern?」

COVID-19-Spartacus Letter /スパルタカスの手紙
パンデミックが科学の常識を変える
コビッド・クライシスに隠された知られざる意図
この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました