PANDA,,PROPAGANDA IN FOCUSプロパガンダ・全体主義医療の偽情報・検閲・汚職

Covid-19は政府によって別のアジェンダを追求するために利用され、悪用された | Piers Robinson博士
Covid-19 was used and abused by Governments to pursue another agenda with Dr Piers Robinson

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

Mike Ryan 0:05

ピエール・ロビンソン博士は、コミュニケーションメディアと世界政治の専門家であり、特に紛争と戦争、そしてプロパガンダの役割に焦点を当てています。ロビンソン博士は、プロパガンダ研究のための組織の共同ディレクターであり、シリア、プロパガンダ、メディアに関するワーキンググループのコンビーナーであり、プロパガンダと「911 Global War on Terror」に関するワーキンググループの関連研究者でもあります。また、いくつかの学術雑誌の役員も務めています。ピアス・ロビンソン博士、ご協力ありがとうございました。911とコロナウイルスは、政府にとって、他の方法では不可能な政策を実施するための素晴らしい機会を提供したのでしょうか?

Piers Robinson 0:52

この質問に対する答えは「イエス」です。もちろん事件そのものは議論の余地がありますが、世界的な対テロ戦争を可能にした事件としての911については、20年経った今日、他では追求できなかった政策を追求することを可能にしたものとして理解するのが非常に正確だと思います。

この点を明確にするために、数分かけて説明します。911は「対テロ戦争」のきっかけとなり、20年間にわたる「政権交代戦争」の幕開けとなりました。そして、これらの体制転換戦争のほとんどは、イスラム原理主義者のテロとの戦いという概念とは、ほんの少ししか関係していません。

911事件は、アメリカ国民にとって心理的に大きなトラウマとなる出来事であり、ショックを受けたアメリカ政府は、それを利用して、例えば2003年のイラク侵攻やアフガニスタン、そして今日のリビアやシリアのような紛争へと発展させました。911や「テロとの戦い」を経て明らかになったのは、政権交代戦争は基本的に、プロパガンダとしての911を利用して行われたということです。

2006年にウェスリー・クラーク将軍が、アメリカは5年間で7つの国を攻撃する計画があると知らされていたことを明らかにしたとき、これはかなり早い段階で明らかになりました。これは、911事件の直後のことです。さらに最近では、イギリスのチルコット調査で、ブッシュ大統領とトニー・ブレアが911の直後に政権交代戦争を計画していたことを示す文書が明らかになりました。チルコット調査で公開されたある外交公電では、国際システム上の別の問題を解決するために、世界的な対テロ戦争を利用しようとしているアメリカ国内の指導者たちについて言及しています。

これこそが私たちが経験したことであり、911は、関係者や責任者について今日まで続いている、あの事件をめぐる論争とはまったく別のところにあったのです。911をプロパガンダとして利用することで、国内の支持者を増やし、国際システムから排除したい政府を倒すための政権交代戦争への政治的支援を得ることができました。

ピーター・デール・スコットは深い出来事について語っていますが、その意味で911は深い出来事となり、米国内でも愛国者法による市民の自由の大幅な制限を可能にし、また、米国による拷問の使用が長い年月を経て明らかになり、いくつかの内部告発も可能にしました。イスラム原理主義者のテロの脅威に対する恐怖を利用して、実際には関係のない国際システムの中で戦争を始めるために利用され、プロパガンダされた出来事として存在していたのです。

イラクへの侵攻は非常に明確でした。アメリカ政府は、実質的なつながりがないにもかかわらず、サダム・フセインとアルカイダを結びつけ、少なくともアメリカ国民の間では、イラク侵攻への支持を高めるために利用したのです。911は確かにそうでした。

コロナパンデミックと似ているのは、似たようなダイナミズムを持っているということです。イベント、つまり、ピーター・デール・スコットが深いイベント用語で表現できるイベントを共有していて、このコロナウイルスと世界中の人々の間に生じた恐怖は、911の後に起こったことに関連して見られた恐怖と非常に似たダイナミズムを持っています。恐怖は明らかに強力な動員力となり、ウイルスに怯えた人々は非常に変わりやすく、それが世界レベルで展開されています。また、911が政権交代戦争の時代の先駆けとなったように、この出来事が何に使われるかという点では、パラレルレイヤーが明らかです。

コロナウイルスは、政治や経済に大きな変化をもたらす力を持っています。これらの出来事は、政治的なアクターが課題を追求するために利用したり、悪用したりすることが可能な出来事であることは明らかだと思います。

Mike Ryan 5:52

では、どのような政治的、経済的課題が追求される可能性があるのでしょうか。

Piers Robinson 5:58

コロナパンデミックが始まってから明らかになったことがあります。私は非常に早い段階でこのことについて書きましたが、つまり、これは911が利用されたのと同じように利用される可能性がある出来事だと警告したのです。しかし、最初の頃は、政府がウイルスに過剰反応しているのではないか、誤算があるのではないか、ロックダウンなどは起こっていることに対する理解できる過剰反応ではないか、と考えてもおかしくありませんでした。危機の初期には、このようなことが起こっていたのではないかと心の中で思っていました。

しかし、その後、明らかになってきました。コロナウイルスのイベントに関連した大量のプロパガンダがあり、恐怖心を煽っていました。それが意図的なものだったことを示す文書が出てきました。その結果、人々の認識は明らかに歪められ、人々はロックダウンに用心するようになりました。そのことはよく知られています。

さて、政府がロックダウンなどの政策を支持してもらうためにプロパガンダを利用してきたことは、合理的な人であれば誰もが明らかに異論がないと思います。しかし、1年半が経過した今、危機の内容、あるいは危機が継続しており、これまで以上に強硬な政策が追求されています。今、私たちは、ロックダウンに代わって、全国民にワクチン接種を義務付けるという脅しをかける段階に来ています。

これは1年半前のことです。この間、科学者が検閲されているのを見てきましたが、これについては後ほどインタビューで少しお話ししますが、1年半経った今、私たちが抱いている疑問は、これが単なる公衆衛生上の危機ではなく、私たちが目の当たりにしていること、政府の対応や様々なグローバルアクターの対応が、実際には国民の保護や人々の健康、ウイルスへの対処とは何の関係もないということです。

これは、あなたの質問に対する答えであり、経済的・政治的な推進要因は何かということです。これこそが、ウイルスに注目が集まり、何をすべきか、どのように行動すべきかなどの懸念が生じている今、人々が実際に取り組み始めるべき中心的な問題です。しかし、私たちは根本的な政治的・経済的要因に注意を払う必要があります。

これらを見極めるのはそれほど難しいことではありません。世界経済フォーラムやビルドバック、グレートリセット、第4次産業革命など、WTFをはじめとする世界的な組織が発表してきたこれらのアイデアは、すべて最初から見られていたものですし、まったく異なる未来について語っています。これは明らかに政治的なアジェンダであり、私たちを巻き込んだ特定の未来像を持っています。

おそらく、ハイテク、ハイテク経済、ハイテク社会を巻き込んだ未来像ではないでしょう。つまり、WTFは非常に明確なものなのです。彼らが未来に向けて何を思い描いているのかが、はっきりと表れているのです。コロナウイルスは、クラウス・シュワブが著書の中で語っているような新しい世界や未来の新しいビジョンを発展させるための機会と考えられていることも明らかになっています。

しかし、非常に明確になってきたのは、このプロジェクトの経済的側面であり、これはWTFから得られるものと関連しています。しかし、この背景にある経済的な要因を理解することは、コロナウイルスを、大きな変化をもたらすために利用されたプロパガンダされたイベントとして理解するための中心となると思います。

そして、確かにここ数ヶ月で明らかになってきたことは、多くの専門家や経済学者が発言を始め、一部の人々、人々がおそらく時間をかけて見るべきであるエルンスト・ウォルフ、量的緩和で有名なバーンアウト教授、キャサリン・オースティン・フィッツ・ジョン・ティタスも 2019年に勃発していた市場の金融危機について語っていることです。

Piers Robinson 10:52

そしてその危機は 2007年に見た危機よりもはるかに大きく、はるかに深刻なものでした。それが生み出したのは犯罪、金融システムの危機、金融システムの危機です。このようなエコノミストや専門家が展開している議論、あるいは公にしている議論は、例えば、ウルフは2019年に市場や中央銀行がハイパーインフレと銀行システムの崩壊に直面し、基本的に新しい金融システムを構築しようとする一方で、古い経済の残骸を略奪しようとしていると主張しています。これが、あの時の議論であり、今回の狼の議論でもあります。

Piers Robinson 11:42

ファビオ・VG教授は 2019年から 2020年にかけて起こる新たなクラッシュに備えて、金融システムの再構築を助けるために、実際に経済を停止させる必要があると話しています。彼らの主張は、複雑な経済学や議論などであったとしても、かなり明確であり、金融危機に対処するためのドライブであるという点では、全員がほぼ同じことを言っています。

コロナパンデミックは、プロパガンダ的な出来事のメカニズムであり、それによって彼らは世間の注目を浴びることなく、このリストラに着手することができたのです。これがどこに影響を与えているかというと、例えば、ワクチン・義務化に関連していると思います。これがデジタルIDと関連していて、多くのエコノミストが提唱している論点の1つは、ワクチンの義務化がIDと関連しているというものです。

これはデジタル通貨への足がかりであり、さらには中央銀行にリンクしたデジタル通貨への足がかりでもあります。私たちが話している経済的・政治的な力が向かっている一つの方向性であると考えられ始めています。

これが何を意味するのか、人々は正確には理解していないかもしれませんが、潜在的には、中央銀行に連動したデジタル通貨への動きは、中央銀行や国際システムにおけるその他の強力な政治的・経済的主体への、巨大な権力の集中を可能にします。デジタル通貨とデジタルIDは、人々が何をどのように使うかについて、政府による巨大なコントロールを可能にします。

現時点では非常に現実的だと思いますが、懸念されていることの1つに、エンドポイント2として、中国で導入されている社会的信用スタイルのシステムがあります。これにより、政府は人々を罰して行動を改めさせたり、反対意見を防いだりすることができます。何が起こっているのかを理解するという意味では、これが私たちが進む道だとすれば、予防接種の義務化であり、全員に予防接種を受けさせようとする動きを説明しています。

デジタルIDを導入し、すべての情報、個人情報に政府がアクセスできるようにすることで、デジタル通貨の導入につながります。政府に委ねられているコントロールのレベルは非常に大きく、極めて非民主的です。これこそが、経済学者やコメンテーターの中に、権威主義、全体主義、専制政治への崩壊について語る人がいる理由です。もしこれが起きれば、西欧諸国、西欧民主主義諸国の民主主義が大きく損なわれることになりますが、これは確かに私たちが向かっている方向のようです。

私たちが直面しているのは、金融危機です。世界経済フォーラムを見てみると、未来に対して特別な政治的ビジョンを持った人々がいます。コロナウイルスは健康危機であり、皆の注目を集めていますが、これは本質的に、ウェブや中央銀行などによる実質的に深いレベルでの政治的・経済的な再編や、ビッグテクノロジーから目をそらすための誤った方向性であり、私が言ったように、民主主義の完全な喪失につながる可能性があります。

いわばメインストリームでは誰も話題にしていませんが、何が起こっているのか疑問に思っている人たちの中にも、そのことに対する認識が欠けています。しかし、それはそれとして、今の時点で我々が向かっている場所のようです。

長くなってしまいましたが、健康危機としてのコロナウイルスは、プロパガンダで誇張されたものであり、絶対的に重大で根本的な変化から注意をそらしているのだと思います。私たちは、これ以上権威主義的な脳卒中や全体主義的な社会への道を歩む前に、この変化を把握し、理解し、起こっていることに抵抗し始める必要があるのです。

Mike Ryan 16:22

オーストラリアでの経験から言うと、抵抗するのは難しいですね。モニカ・スミスのことですが、彼女は私が駆け出しの政党を立ち上げようとしていました。とにかく、長い話になりますが、警察は彼女を逮捕し、抗議や不安を煽ることを選択すべきだとしました。しかし、あきらめればバイオで釈放されます。政党は閉鎖されました。

「二度とメンバーに連絡しないこと。そして、ロックダウンや今日だけのことで政府を批判するのはやめるんだ。」シドニーの某エコノミスト。彼はシドニーでビジネスをしていました。彼はもちろん政府に反対していますが、2人の警察官が彼の家にやってきて、彼の妻に居場所を尋ねました。

そして、彼がデモに参加していないかどうかを確かめようとしたのですが、彼はビジネスで街に出ていたので参加していませんでした。そして、恐怖の部分と3つ目のことは、ジョンが今、投げかけようとしていることです。これは明日の話です。明日は抗議活動が行われる、あるいは抗議活動の計画があったということです。ビクトリア政府はすべての公共交通機関を停止しました。

街の真ん中にレッドゾーンを作ったのです。そのレッドゾーンに入った者は、5000ドル以上の罰金と懲役を科せられることになりました。その規模はまさにステロイドのようなものです。しかし、プロパガンダ活動の規模や広さについてはどうでしょうか?両者は比較可能なのでしょうか。

Piers Robinson 18:14

911と比較して?911は、主に政権交代のために利用された事件で、それに関連したプロパガンダは、いわばコロナウイルスのようなレベルのものだったのではないでしょうか。これは、完全にグローバルなプロパガンダ活動です。ですから、規模ははるかに大きく、世界規模です。

WTFや世界保健機関など、世界レベルで活動しているアクターが関わっています。これらは、アジェンダを推進するグローバリストの力です。つまり、はるかに大きな問題なのです。そして、より広範囲に広がっています。あなたが説明してくれた例のように、コロナウイルスの恐怖レベルを上げるためにメッセージを送るだけではなく、適切なものではないのです。

それだけではありません。コロナウイルスに関連して、動員や行動を指示するための活動がいかに広範囲に及ぶかを示す、非常に強制的な側面も出てきています。これは、その規模から言って、人類史上最大のプロパガンダイベントと言っても過言ではありません。また、その強さにおいても、抗議活動を禁止したり、科学者を脅したりするなど、強制的な方向にシフトしています。そして、20年間にわたって何百万人もの人々を殺し、何百万人もの人々を傷つけた戦争の20年の先駆けとなりました。これはとても大きなことです。

コロナウイルスが始まると同時に、ステロイド上の911が動き出します。そして、私たちはそれを目の当たりにしています。その結果、あなたが今説明したようなことが毎日のように起こっています。それだけでなく、主流メディアでは、この材料やワクチンを使って全人口を拒絶するという異常な状況に移行しようとしています。だから、彼らはそれを目指しているのです。もちろん、経済的側面を取り入れることで、なぜこのようなことが起こるのかを理解することができます。

コロナパンデミックの目的は、デジタルIDによるワクチン接種の義務化やデジタルIDの導入などを実現することにあります。それがこのプロジェクトの原動力なのです。しかし、先ほどの話に戻ると、そう、つまり、これはとても大きなことなのです。これは非常に大きなもので、広範囲にわたっています。今までに見たことのない、このような規模のものは見たことがありません。プロパガンダの研究者として、私たちはこの科学面でのプロパガンダを見ているだけなのです。つまり、彼女はずっと前に見るべきものを使い果たしてしまったのですが、あまりにも多くの資料が入ってきています。何に焦点を当てればいいのかを知るのは難しいですね。そして

Mike Ryan 21:38

また、一般の人々にとっても興味深いものです。つまり、新聞や大手製薬会社と政府のメディア部門は素晴らしい仕事をしているのです。

昨夜、友人とイベルメクチンの話をしていました。彼女が言うには、まずロシア人が「イワンではない」と言っていました。とにかく、彼女は「でも、これは馬の虫下しだよね?実際にはそうではありません。彼らが信じさせようとしているのは、「ああ、人間にも使えるのか」ということです。私は「もちろん使えますよ」と答えました。彼女はそれを知らなかったんです。そして、彼女は、いや、愚かな人間ではありません。彼女は、新聞やメディアが言っていることを信じていたんです。だから、実際の住民や仲間たちは、ワクチンが出口であり、政府がすることは素晴らしいことだと信じている人たちが非常に多いのです。それは私たちに嘘をつくことになります。メディアは私たちに真実を伝えていますが、全く逆ではありませんか?そうですね。

Piers Robinson 22:40

つまり、プロパガンダはその点では桁違いなのです。その点、プロパガンダは桁外れです。そしてもちろん、多くの反発がありますが、それについてはインタビューの後半で触れることにしましょう。しかし、そうなんです。非常に、つまり、プロパガンダは単純明快なんです。何が起こっているのかを理解すれば、非常にわかりやすいものです。そしてそれは極端です。

私自身もそうですが、私の周りには、主流メディアに掲載されている、明らかにプロパガンダであり、極端に偏っている資料の例がたくさんあります。これらはすべて、コロナに関連したアジェンダを推進し、強化するためのものです。

前にも言いましたが、コロナウイルスは議論の対象にはなりませんし、簡単に手に入ります。この件に関して主流メディアが流してきたプロパガンダの量は、簡単に記録することができます。多くの主流派コメンテーターが、主流派メディアについて、この用語を使っています。ピーター・ヒッチンスは、サンデー・メール・オン・サンデーと付き合っているコラムニストで、定期的にプロパガンダについて言及しています。

Laura Dodsworthが書いた『state of fear』は、英国政府のプロパガンダキャンペーンの心理的側面をわかりやすく説明した素晴らしい本です。このようなことは、今の時点で十分に確立されており、文書化されているのです。

Mike Ryan 24:10

コロナウイルスの活動には、州や連邦レベルの政府、重要な民間部門、ビッグテック、ビッグファーマ、企業医療などの支援が含まれており、対テロ戦争に関わる多くのアクターが存在します。

Piers Robinson 24:24

先ほどの質問でお答えしたコロナウイルスは、もっと広い範囲をカバーしています。つまり、世界的なテロとの戦いです。これは主に、ネオコンにまで遡ることができるような外交政策上のアジェンダに基づいていました。そして、多くのシナリオを動かしていたのは、NATO西側諸国の政府、つまり私たちでした。

もちろん、私の記憶が正しければ、NATOは米国を防衛するというNATO憲章に基づいてアフガニスタンへの軍事行動を許可していましたが、世間のマガンダ・ハンクの多くはリンクトインによるものでした。

2003年のイラク侵攻では、アメリカ政府はスーダンとアルカイダの関係を主張し続けましたが、イギリスがそれを認めなかったことを、他の国々はあまり認めませんでした。アルカイダとサダム・フセインを結びつける証拠はないから、大量破壊兵器の話をしておこう。そして、国連はもちろん 2003年にイラクを攻撃するための国連決議を得られませんでした。しかし、いずれにしても攻撃に踏み切りました。

コロナウイルスでは、あなたの質問にあったように、より広範囲のアクターに目を向けなければなりません世界経済フォーラム、世界保健機関、大手製薬会社、ハイテク企業など、先ほどお話したような政治的・経済的な課題の解決に向けて、Usherを支援する上で重要な役割を果たしてきましたし、今後もそうであると考えています。このことは、911よりもはるかに大きなスケールであると言えます。

しかし、何が起こっているのかを理解したいのであれば、これらのアクターに注目すべきです。多くの人が大手製薬会社との利害関係を指摘しています。例えば、連邦機関や政府機関などです。

繰り返しになりますが、あまりにも多くの事例について情報が寄せられているため、すべてをリストアップしようとすると見失ってしまいます。

しかし、これらは大きなプレーヤーであり、彼らは明らかに、そして国連も巻き込んで、ある意味、国連がこの活動の一部になりつつあることに気づいたのです。

コーリー・モーニングスターの研究を見る価値はあると思います。彼女は、NGO複合体だけでなく、これらのグローバルアクターや、プロパガンダやメッセージング、広報を使った方法についても非常によく記録しています。

しかし、これらは明らかに主要な要素であり、おそらく個々の政府や国家から発信されるものの方がより大きく、より重要な要素でしょう。もちろん、このことは、コロナウイルスに関連して政府が特に主権を持っているようには見えないという、ある種の広範な議論を示唆しているとも言えます。

彼らは、世界レベルで必要とされているグローバルアクターなどからのアジェンダに従っているように見えるのです。これは、この事件が911よりも大きく、広く、深いものであることを示す良い指標となるでしょう。

Mike Ryan 28:14

このようなプロパガンダ活動のターゲットについてはどうですか?

Piers Robinson 28:18

最初からはっきりしていたという意味では、これは本当に興味深い質問ですね。私は以前、インタビューでコロナウイルスに関連した多くのプロパガンダがあったことを話しました。私は、ウイルスに対する過剰反応ではないかと思うことがあります。なぜすべてをロックしているのでしょうか?いったいなぜこのような極端な政策がとられているのか、というようなことです。

なるほど。プロパガンダの要素の1つが明らかになり、私はちょっと待って、これは何か他のことが起こっているのではないかと疑問を持ち始めました。この裏には何か意図があるように思えます。それは、「コロナウイルス」に関連して科学者が標的にされていたことです

科学者たちは、その対応について完全に合理的な疑問を呈していましたが、それが閉鎖的なものであれ、最近ではワクチン接種の問題であれ、それらの科学者はすぐに中傷され、中傷キャンペーンを受け、検閲されました。

私たちは、「コロナウイルス」が、根本的な政治的・経済的課題から目をそらすために利用されている出来事であると考えています。そして、もしこのような動きが、道徳的な要請、ワクチンの義務化の要求などを生み出したとしたら、それはすべて、私が『コロナウイルス』をどのように扱うかという特定の読みに基づいています。それは、ここで起こっていることと同じです。このような図式が浮かび上がってきたように思います。

今の時点では、もちろん、科学者たちの発言を封じ込めることは非常に重要なことでした。ロックダウンは、金融システムを整理するために経済を閉鎖し、デジタルIDやデジタル通貨への道を歩むためにワクチンパスポートを発行し、コロナウイルスのプロパガンダを維持しなければなりませんでした。そして、これらの政策が科学的に見ても実際に意味があるという考えを持っています

もちろん、非常に多くの著名な科学者が疑問を呈していますが、検閲されたり、YouTubeから追い出されたりしています。私たちはその具体的な例を目にしています。また、科学者を中傷し、信用を失墜させようとしています。

mRNA技術の発明者であるロバート・マローン博士は、大量のワクチン接種は意味がなく、ワクチンには注意を払うべきで、使いすぎると状況が悪化する可能性があると、公にはっきりと主張していますが、彼は最近、アトランティック誌に粗雑な記事を書かれました。

誰がプロパガンダのターゲットになったかというと、一般の人々や世界の人口がターゲットになるのは明らかです。しかし、「コロナウイルス」の特徴は、このドライブにあると思います。合理的な解決策を提案したり、根本的に何が起こっているのかを問うている科学者たちを、実際に閉鎖しなければならなかった理由を説明してきました。中傷キャンペーンや検閲に多くのエネルギーが注がれているように思います。個人的な経験ですが、シリアで活動していて、中傷キャンペーンや検閲にさらされたことがあります。

Piers Robinson 31:58

ここ数年、シリアに関連して経験したこと、911についても話しますが、主にシリアについてです。全く同じことが起こっているのを見ましたが、今は疫学者や一流の科学者などに起こっています。そして、私にははっきりと分かりました。「なるほど、同じメカニズムが働いているんだ」と。

これはプロパガンダの一環で、人々がこの件について話すのを止めるためのものです。科学者は疑問を投げかける専門家であり、最も粗雑な方法で、効果的な方法で、中傷や信用失墜を行うのですが、これはプロパガンダ活動の重要なツールの一種です。

例えば、オックスフォード大学の疫学者であるスネトラ・グプタは非常に著名な人物です。彼女の主張は、「封鎖は効果がない、害が大きい」「リスクの高い人にはワクチンを接種するが、それ以外の人には接種しない」「自然免疫に頼るしかない」というものでした。彼女は 2020年後半に吊るされた陰謀論者として中傷されています。

そして、コロナパンデミックの根底にある経済的・政治的な原動力についての質問にはどこにも近づこうとしません。これは異常としか言いようがありません。非常に粗雑ですが、コロナパンデミックの大きなストーリーは、科学者を積極的に弾圧していることだと思います。

ロフトンはアメリカでは冷遇されていましたが、他にも多くの科学者や専門家が、パンデータやイギリスのハートなどの組織で、専門家や専門家、科学者の大規模な集まりやグループを見て、「いいか、これは意味がない。これは理にかなっていません。彼らは皆、中傷キャンペーンの対象となっており、彼らを黙らせ、信用を失墜させ、話をさせないようにしています。これが重要なポイントだと思います。

今日のように、みんなが熱線遮断や大量のワクチン接種、繰り返しのワクチン接種などに直面するようになったのは、このようなことが行われなければならなかったからだと思うのです。科学的な議論を打ち砕き、私の知る限り、何が起こっているかについて完全に合理的な分析をしているにもかかわらず、私たちが実施しているような強硬な手段を支持しない科学者たちを打ち砕くことによってのみ、私たちはこの状況に至ったのです。

Mike Ryan 34:35

プロパガンダ作戦は成功したと言えるのでしょうか、それともコロナにはまだ早すぎるのでしょうか?

Piers Robinson 34:42

私は、911のプロパガンダは、適切な大規模プロパガンダイベントであり、彼が政権交代のための戦争を始めたという意味で成功したと思います。

彼らが望んだコロナパンデミックは違います。コロナパンデミックは、確かに西洋の民主主義国全体に、反発と抵抗を広めたと思います。しかし、世界の他の地域でも、非常に多くの人々が街頭に出て、何かが間違っていることを理解し、コロナへの対応に同意しないことを望んでいるのです。

しかし、これらの問題には政治的、経済的な要素が絡んでいることを十分に理解しているわけではありません。このことをもっと理解してもらう必要があります。それが先ほどのインタビューの目的でもあります。

しかし、このレベルの抵抗は、主流のメディアにまで忍び込んでいると思います。英国ではこの問題に関する反対派のメディアがありますし、ドイツでも、一部の主流メディアが難しい質問をするようになっています。

世界的なテロとの戦いや911のように、国民がこれらの政策に賛同したり、単に実行を許可したりするという意味では、確かに完全には成功していないと思います。ですから、完全に成功したとは言えないと思います。私たちが目にする抵抗はその一例です。

また、ワクチンを摂取しない人への制裁という点で、当局の対応が非常に厳しくなっています。例えば、このリーグのニュースで見たのですが、仕事に行く人はワクチンやパスポートなどを持っていなければならないそうです。当局はますます高圧的にならざるを得ず、それは多くの人々が何かに抵抗していることを認識していることを示しています。

大まかな数字ですが、西欧諸国の20%の人々はコロナパンデミックの対応に同意しておらず、街に出て抵抗しようとしていると思います。20%は、いわば物語を信じているようなものです。そして、おそらく60%の人々は、追求されているすべての政策に満足していありませんが、政府が正気に戻り、このような極端な手段はもう追求されなくなるだろうと考えているでしょう。

もし、この数字が正確であれば、それは一種の推測ですが、この結果が確実なものではないことは明らかです。我々の力、権力者がデジタルIDデジタル通貨の方向に我々を押しやり、社会的信用の抵抗がそれを脱線させるのに十分であるとは思えません。

世界の歴史の中で、特に国際システムの中の西洋や民主主義国の歴史の中で、重要な鍵となる瞬間としか言いようがないのは、明らかにNEO封建的な形態の新しい封建制度と表現している人たちがいるように、私たちを追い込もうとする動きがあるからだと思います。新封建主義、資本主義、あるいは、権力の集中と民主主義の喪失が深刻なある種のシステム、つまり、力が明らかにその方向に向かっており、彼はWTFをしなければならなかった、というように、私たちは偉大なるリセット、その周辺のイデオロギーを持っています。

Piers Robinson 38:39

街頭に出ようとする人々の数という点では、前例のないレベルで人々が押し戻されています。イギリスやドイツでは、政党を結成する団体の数が増え、新しい政党が結成されていますが、これには反発がありました。そして、私たちはこの真っ只中にいて、戦いの真っ只中にいるのだと思います。だから、はっきりしないのです。

誰が誰に勝ったのでしょうか。現時点では、真の政治的闘争の真っ只中にあり、多くの人々がどのように抵抗し、組織化するかにかかっています。だからこそ、私は人々にErnst WolffやFabio VG、その他の経済学者の研究に目を向けることを勧めています。

ファビオ・VGやその他の経済学者、ヴァーナー教授などの研究に加えて、コーリー・モーニングスターのような新しいウェブの研究にも目を向けることが大切です。「コロナウイルス」に焦点を当てた議論から抜け出すことができれば、今起こっていることはウイルスとは関係ないということがわかると思います。

その結果、60%の人々は、もう1回注射を打てばすべてが終わり、すべてが再開されると期待していますが、彼らの心を集中させ、実際には、西欧の民主主義諸国で見られる、本質的に非常に深遠な権威主義的、あるいは全体主義的な動きに対する、より大きな戦いがあることに気づかせることができるでしょう。

このような意識が高まれば、デジタルIDやデジタル通貨を持ち、購買活動をコントロールして、これらの団体が達成しようとしていることをはるかに困難にするような、このようなアジェンダを推進している団体や、彼らの特定の未来像を推進している団体にとっては、非常に厳しいものになると思います。

現在の状況については、この程度のことしか言えません。私が言いたいのは、現在の状況は単なる健康危機への対応ではなく、政治的・経済的な課題があるという証拠が収束しつつあるということです。そして、これはプロパガンダされた出来事なのです。

人々の恐怖のレベルは非常に変化しやすく、一般の人々や気が散っている人々にも影響を与えます。絶対的に巨大で、大規模で、深遠で、反民主主義的な変化が押し進められ、展開されています。国民の大部分が意味のある注意を払わずにです。

今は、人々が目を覚まし、情報を得て、そして行動しなければならない重要な時期です。確かに。

Mike Ryan 41:51

気が散るというのはその通りですね。私が頭を剃ったばかりの頃、例えばニューサウスウェールズ州では、首相が「自由の一部を返します」と言いました。ある数字を達成したら、自由の一部を返します」。私が生きている間にそんなことを聞くとは思いませんでした。つまり、彼らの生意気さを表しているのです。

「私の自由の一部を返す」とはどういうことなのでしょうか?私にも他の人にも、そんなことを言う権利があるのでしょうか?それは彼らの権利でもなければ、彼らが決めることでもない。私にどんな自由が戻ってくるのでしょうか。

以前にもお聞きしましたが、もう一度お聞きしたいと思います。あれは私たちに向かってくる列車ですか?近づいてきていますか?それともトンネルの先にある光なのでしょうか?そして、そのパート2は?今回は2つの質問だったので、もう1つのパートを追加します。良くなる前に悪くなる?まあね。

Piers Robinson 42:55

私たちは列車が向かってきているのではないかと思いますが、そうではありません。我々にぶつかる前に脱線してしまうかもしれません。あなたの例えを少し変えてみましょう。そうですね、すべてがかかっていますね。先に述べたように、世界が狂ってしまったように、このままでは絶望的だ、何もできないと考えている人のためのものだと思います。

仕事に就いて頭を低くしていたほうがいいかもしれません。こんなに多くの人がプロパガンダや主流メディアの偏向に目覚めたのは初めてのことです。これほど多くの人々がプロパガンダに目覚め、メディアの偏向報道に目覚め、さまざまな人々が街頭に出て動員されるのを見たことがありません。

迫り来る列車を脱線させる可能性は明らかにあります。だからこそ、未来に向けて前向きに考えることができるのです。良くなる前に悪くなるのではないか? 現時点では、先ほどお話したエコノミストによる分析が正確であれば、そのように思います。彼らは、私たちをデジタル通貨、中央集権、新封建制、資本主義、資本主義、その他どんなレッテルでも貼ることができる方向に向かわせるために、全力を尽くしています。

そして、私はそれに見切りをつけるつもりです。問題は、彼らがどれだけ強圧的になれるかということです。あなたが説明したオーストラリアの状況は恐ろしいものです。ヨーロッパのいくつかの国で起こっていることは、アメリカやカナダでも非常に憂慮すべきことです。

もちろん、「ワクチンを打とう」「2歳児にワクチンを試そう」という動きもあります。これまで検閲を受けてきた多くの疫学者や医師の視点から、次のように述べています。 悪化するかもしれない、次に何ができるかというと、もっと多くの兵士を街に出すことができる。人を処罰したり、仕事を脅かしたり、解雇したり、罰金を科したりして、人をおだてて追い込むこともできますが、そうすれば必ず抵抗が生まれます。そして、おそらく今後数ヶ月の間にさらに厳しくなると思います。

しかし、厳しい状況になればなるほど、今の状況を好ましく思っていない私たち20%、あるいはそれ以上の人たちにとっては、厳しい状況になると思います。厳しい状況になればなるほど、人々はより強く、より抵抗するようになると思います。そういう意味では、私は人々を信じています。

しかし、それはそれとして、私たちは厳しい時期を迎える可能性があると思います。しかし、私たちは抵抗することができるし、抵抗する人々はこの件に関して成功することができると思います。しかし、もっと悪くなるかもしれないし、もっと厄介なことになるかもしれません。抵抗のために動員されようとしている人々は、常に平和的で威厳のある状態を維持し、戦略を用いなければならないと思います。

しかし、十分な数の人々が行動し、政党や組織に参加して街に出て市民的不服従の抗議をする人々はいません。例えば、CJホプキンスは、1年前から「ニューノーマル」について書いていますが、アメリカの黒人公民権運動の手法などを参考にして、草の根の抵抗や市民的不服従など、あらゆることがうまくいく可能性があると述べています。そして、当局はより悪質になるでしょう。

しかし、ある時点では……現在の状況は非常に極端で、警察や軍隊に所属する多くの人々は、どの時点で「これは私が契約したものではない……これは私の子供たちに生きてほしい世界ではない」と考え始めるのだろうと思いました。そのような例がいくつかあることはご存知でしょうか?

警察官がデモ隊に参加したり、支持を表明したりする映像がありました。彼らはもっと悪質になるでしょう。しかし、それは抵抗する人々をより強くするだけだと思います。しかし、私は、今後数ヶ月間は厳しい状況になると思います。何が起こるか見守らなければなりません。何が起こるかを正確に予測することはできませんし、誰にもできません。

Piers Robinson 47:43

しかし、当局やこのアジェンダを推進する人々が物事を推し進めるのには限界があると思います。多くの人々が多くの科学者に疑問を投げかけていますよね?先日、ロバート・マローンがジミー・ドーアの番組に出演しましたが、ワクチンに関する問題を冷静に話していました。

アメリカの進歩的な左派の主要な声であるジミー・ドーアの番組では、明らかに大量のワクチン接種に関する公式のシナリオを完全に打ち破っています。彼らが永遠にそれを続けることはできないのはわかっています。政治的・経済的な思惑の面で何か他のことが起こっていることに気づく人が増えれば増えるほど、そういう人たちが一晩で突然やめることはないでしょう。

もしも20%の人が抵抗しているとしたら、それは非常に大きな数の人々です。彼らが目標を達成するのは非常に難しいでしょう。この数が変わらないか増えれば、たとえ当局が本当に厄介なことになったとしても、と私は思います。当局が意地悪になっても、それ以上に意地悪になっても、彼らができることは限られていて、システムは完全に崩壊し始めると思いますよ。

Mike Ryan 49:11

まだわかりません、私にとっては審査が終わっていないのです。しかし、私はビーチであなたの桟橋とヨットが私を迎えに来てくれるのを待っていることはわかっています。私をオーストラリアから連れ出してください。さて、それは

Piers Robinson 49:25

ヨットではないので、「ジョーズ」で言われたように、もっと大きなボートを手に入れる必要があります。

Mike Ryan 49:29

ガッカリです。

Piers Robinson 49:32

助けに来る

Mike Ryan 49:35

しかし、私たちは一緒に粗悪品やシャルドネ、あるいはおいしいピノを共有することができました。…..素晴らしいおしゃべりは、もっと頻繁にしたいものです……話すことはたくさんあります。いや、私はまだ訓練を受けていないので、少し脱線するかもしれませんが、まず第一に、例えばオーストラリアでは、国民が実際にもう少し声を上げる必要があると思っています。これは彼らにとって公平に見て、とても怖いことなんです。

この国の警察は政治家に代わってよく仕事をしていますし、誰もが5000ドルの罰金や刑務所に入れられることを望んでいないからです。しかし、あなたがおっしゃったように、私たちは実際に立ち上がって、背骨にコンクリートを入れなければならないところまで来ています。ピアス・ロビンソン博士、どうもありがとうございました。ありがとうございました。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました