Covidはグローバルプロパガンダ作戦である Piers Robinson 博士

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

プロパガンダ医療の誤報・偽情報・検閲

Covid is a Global Propaganda Operation

Covid is a Global Propaganda Operation
Dr Piers Robinson is an expert on communication, media and world politics, focusing on conflict and war and especially the role of propaganda. He is presently C...

Mike Ryan 0:05

Rumble – Piers Robinson 博士は、コミュニケーション、メディア、世界政治の専門家であり、紛争や戦争、特にプロパガンダの役割に焦点を当てています。

現在、Organisation for Propaganda Studies(プロパガンダ研究機構)の共同ディレクター、Working Group on Syria, Propaganda and Media(シリア、プロパガンダ、メディアに関するワーキンググループ)の招集者、Working Group on Propaganda and the 9/11 ‘War on Terror’(プロパガンダと9/11「テロとの戦い」に関するワーキンググループ)の連携研究者を務めました。2016年から2019年まで、シェフィールド大学の政治・社会・政治的ジャーナリズムの教授兼講座を務めました。

ロビンソン博士は、いくつかの学術雑誌の役員を務めています。また、ローマのNATO防衛大学で講義を行い、英国の上級軍司令官や外交官にブリーフィングを行ってきました。研究テーマは「組織的説得力のあるコミュニケーション」と「現代のプロパガンダ」で、現在のプロジェクトには「プロパガンダとシリア紛争」「プロパガンダと9.11世界テロ戦争」「Covid19」などがあります。

ロビンソン博士の著書には、『Routledge Handbook of Media, Conflict and Security』(2016年)、『Pockets of Resistance: The CNN Effect: the myth of news, foreign policy and intervention」(2002年)などがあります。

Piers Robinson 博士、ご参加いただきありがとうございます。朝早いですが、眠たい人はいませんよね?私は違います。コービッド19のパンデミックを形成するために、各国政府はどの程度プロパガンダを利用してきたのでしょうか?

Piers Robinson 1:53

端的に言うと、「ある程度、あるいは非常に大きな範囲で、プロパガンダはCOVID-19に対応するための政策の一部となっていた」ということです。今回の作戦は、そのグローバルな性質と投入された資源から、おそらく歴史上最大のプロパガンダ作戦の一つであると言っても過言ではないでしょうが、非常に大規模なものでした。

これを荒唐無稽な憶測だと思う人がいるかもしれませんが、当初からプロパガンダが行われていたことは明らかでした。英国では、スパイ(行動心理学者諮問委員会)が政府に助言するために作成した文書が発表されました。メディアを使って国民の恐怖心を高めることについて書かれています。メディアを使って市民の恐怖心を煽り、人々にロックダウンを支持させようとする様々な動機付けや強制的な手段についても書かれていました。他にもプロパガンダが行われていることを示す非常に明確な指標として、Facebook、Twitter、YouTubeなどの大手テクノロジー企業が、ロックダウンに反対する様々な議論や、COVID-19に疑問を持つ人々を検閲することに早くから同意していたことが挙げられます。

これは、ある意味では公然と行われたことなのです。英国では、放送規制機関であるOfcomが、放送メディアは政府からの助言に従うべきだと実際に指定していました。これはパンデミックのかなり早い段階で明らかになったことです。政府の立場からすると、少なくともあるレベルでは、重大な危機、あるいは重大な危機と思われるものが発生した場合には、このように見られることもありました。そして、それに対処するためには、このようなプロパガンダ的な方法を追求しなければならないのです。最初はそれが正当化されていたのでしょうが、時が経つにつれ、プロパガンダが、何が起こっているのかについて非常に歪んだ理解を示していることが、多くの人に明らかになってきました。そして、社会全体を長期間にわたって封鎖するという、非常に異常な措置としか言いようのないことを可能にしています。弱い立場の人だけでなく、すべての人にワクチンを接種しようという動きがあり、明らかに子供まで含めてワクチン接種を義務付けるという脅しがあります。

数年前には、季節性の呼吸器系ウイルスがパンデミックしていたにもかかわらず、このような状況下でワクチン接種が推進されていることは異常なことでした。これはとても明確なことです。つまり、そのうちもっと多くの証拠が出てくるでしょう。しかし、プロパガンダが人々の心を形成し、ウイルスやその裏付けについての理解を深める上で重要な役割を果たしたことに、今では異論はないと思います。基本的には、これまで見てきた非常に強硬で極端な対応は、現在も続いており、さらに過激になっているようですが、これは妥当なことだと思います。

Mike Ryan 5:47

トレバー・フィッツギボン氏は、イラクで起こったことに言及しています。彼は、イラクで起こったことに言及し、これは基本的に国やコミュニティの意見を変える情報作戦であると述べています。これは、特定の理由で態度を変えるための、政府や情報機関、その他の業者による情報操作だと思いますか?そして問題は、その理由が何であるかということです。

Piers Robinson 6:21

つまり、先ほど申し上げたように、操作や行動は心理学的な操作で行動を修正するものではないという考えなのです。これは明らかに行われてきたことであり、そのことに異論はありません。ある意味では、政府もそれを否定しておらず、このような手段を採用しています。あなたが提起した疑問は、ではこの運転は何のために運転しているのかということです。表面的には、公衆衛生上の目的を達成するためにプロパガンダを行っていると考えられています。これは単に科学者や政府がパンデミックに対処しようとしているだけだ。それがすべてなのです。

私が思うに、だんだんと明らかになってきているのは、これは明らかに健康危機が原因ではないということです。デジタル通貨、ワクチン、パスポートなど、私たちの社会に大きな変化と再編が起こり、市民的自由が継続的に停止されている中で、ここにいるのは、政治的な目的のために状況を利用している政治的なアクター、あるいは彼をそう表現したいのであれば、政治的、経済的、社会的な目的のために状況を利用している政治的なアクターだということです。

何が起こっているのかについての特定の理論に触れることなく、例えば、この点に焦点を当てると、世界経済フォーラムのような組織は、COVID-19にどのように対応すべきかについて、最初から非常に具体的なビジョンを持っていたことが明らかになります。また、第4次産業革命やスマートシティなど、未来についての具体的なビジョンを語っているのを聞きました。そして、そのような要因がCOVIDを利用して、政治的、社会的、経済的に大きな変革をもたらしているということです。もちろん、ここでプロパガンダが絡んでくるのですが、もしこれが事実であれば、そしてこれが事実である可能性は極めて高くなっています。

これらのことは、現実的な、あるいは民主的な精査もなく、一般市民の認識もないままに行われてきました。つまり、世界経済フォーラムのような組織が押し進めようとしているこれらの変化は、一般市民の注目や民主的なモニタリングを受けずに行われているのです。これが最も恐ろしいことなのです。推測の域を出ませんが、私たちは今、絶対的に大きな変化を経験しているように見えます。そして誰もが、ウイルスに対するパニックに陥っていないかのように、本当に重要なことを見逃しているのです。

民主党員なら誰もが言うように、これは非常に危険なことであり、人々を恐怖に陥れ、強力な組織に大きなチャンスを与えています。大企業の政府など、あるいは思惑を持った人たちにとって大きなチャンスとなります。私は、これが単なる健康上の緊急事態であり、過剰反応であり、いつかは終息するだろうと期待してきました。しかし、そうではなくなってきています。政府や欧米の政府の行動を見ていると、かなり心配な領域に入ってきているように思います。

Mike Ryan 10:31

マスクというのは、プロパガンダの一部であり、効果がないことを知っているからこその視覚的なものなのです。私たちがインタビューした、マスクの効果についてデモを行った人々のビデオを人々に見せましたが、効果はありませんでした。しかし、それは単に、恐怖を思い出させるための、全体の仕事の一部なのでしょうか?

Piers Robinson 10:51

イギリスのメカニズムですが、Laura Dodsworth氏が書いた「恐怖の状態」というとても良い本があります。彼女は、政府のために働いていた行動心理学の大学に通う何人もの人々にインタビューすることができました。彼女は、政治学者でもなく、鼻息の荒い攻撃的な調査ジャーナリストでもなく、何が起こっているのかを知りたがっている人だと思われていたので、このような人々へのアクセスはできませんでした。私の理解では、特に議論の余地はないと思いますが、マスクは主に人々の恐怖心を煽るためのもので、あなたが言うように、マスクの効果については、これを見ても、Pが何らかの意味でウイルスを止めることを示唆する研究はほとんどありませんでした。それよりも、ウイルスのことを人々の頭の片隅に置いておくことの方が重要なのです。そうですね、まさにあなたがおっしゃる通りで、私の理解では、これはもう特に議論の余地はありません。積極的な行動科学者が口を開いて、「そうですね、それが主な目的ですね」と言っています。私の娘たちが学校に行って、一日中マスクをしなければならないというのは、本当に憂慮すべきことだと思います。このような理由から、これは非常に心配なことなのです。このような状況で、多くの人がマスクをしなければならないと考えているのは、本当はウイルスから人々を守るためではなく、単に認識を管理し、ウイルスへの恐怖や不安が常に存在するようにするためです。多くの人が、これはいわば心理学的な側面の一部であると主張していると思います。

Mike Ryan 12:58

というのも、マスクの話に戻ると、これは本当に驚くべきことなんです。近所の人や誰かがマスクをしていないことを当局に告げることを、私たちは「dobbing」と呼んでいます。マスクをしていない人を通報するのはトリプルゼロコールですが、これが何をもたらすかというと、実際にコミュニティを分断してしまうのです。ええ、マスクは素晴らしいですよ。政府は素晴らしいことをしています。私たちが言っていること以外には、国の見解などありません。これはプロパガンダのメカニズムの一部です。

Piers Robinson 13:50

コントロールを分割するという考え方は、より明らかになってきていると思います。つまり、マスクの中ではそうでもなかったかもしれませんが、私たちが見始めていること、そして実際にここ数週間で見られたことは、ワクチン接種の義務化に関連しています。この7,8日の間に、影響力のある著名人がソーシャルメディアを使って、ワクチンを受けていない人を非難したり、制限を続けることについて話しているのを見て、心配になりました。これは、歴史の基本的な知識を持っている人であれば、誰もが警鐘を鳴らすべきことだと思います。つまり、清潔な人、不健康な人、予防接種を受けていない人、予防接種を受けている人を分けて考えるということです。オックスフォード大学のスネトラ・グプタ氏のような頭脳明晰な疫学者の話を聞いた限りでは、ワクチンを受けていない人が拡散したり、問題を起こしたりするという考えは、科学的には正確ではないということがはっきりしています。しかし、最初からアジェンダを推進してきた人たちは、このようなメッセージを伝えてきました。そして、それが分裂を生むのです。私たちは歴史上、このような場所に身を置いてきましたが、人々を隔離したり、そのような言葉を使い始めると、非常に悪い結果になります。しかし、非常に恐ろしいことに、この言葉は、この2年間、厳格なワクチン規制を推進してきた知人たちが使っている言葉です。トミーの名前を挙げると、イギリスの放送局のピアーズ・モーガンは、ほんの2,3日前にツイッターで彼がワクチンを接種したことについて非常に積極的に話していました。これはディビジョン博士のように見えますが、それが計算されたものなのか、あるいは、より広範なアジェンダと、人々を操作して変化を促す方法としてのCOVIDの使用の表れなのか。確信はありませんが、この結果、歴史的に見ても、非常に暗い場所に移動することになるでしょう。隔離されていた時代、ワクチンを打った人と打たれていない人、ホロ経過トの生存者を比較した人はたくさんいます。例えば、アメリカ人のVeera、名前は忘れましたが、彼は、現在見られることは、1930年代に見られたことと類似していると言っています。ドイツでは、明らかに全く同じではありませんが、そこには類似点があります。私たちは、使われている言語に非常に警戒しなければなりません。私たちが目にしているものです。

Mike Ryan 16:47

世界中で行われているように、メルボルン、アデレード、ブリスベン、パースなどでフリーダム・デーのデモ行進が行われました。これは、国のためにならない変人の集まりだと言って、反対派を否定し、正当化するための下手な戦略だったのでしょうか。ただ、背中を叩かれたり、リコリスをもらったりするために。

Piers Robinson 17:23

これは何も新しいことではありません。抗議運動や抗議運動のメディア報道の歴史を振り返ると、参政権運動、公民権運動、ゲイ運動、ベトナム反戦運動など、抗議者を嘲笑したり、悪者にしたり、誹謗中傷したりすることが毎回起きています。疑問を呈する人々を封じ込める方法は、あなたが言うように、ナチスだとか、陰謀論者だとか、変人だとか言うことなのです。イギリスには「ハート」と呼ばれる学者や科学者のグループがありますが、彼らは当初から疑問を持っていました。今や。実際に、非常に著名な学者たちが、ソーシャルメディア上で中傷されていることを語っていますが、テイムズでも 例えば、スネトラ・グプタのような主流の学者は、ロックダウンへの挑戦を理由に、陰謀論者として中傷されました。このような中傷は、何年も前から様々な分野で行われているカジュアルな中傷ですが、これが今回の事件の大部分を占めていることは確かです。これは、すべてがうまくいっていると思っている人への警告でもあります。これは、すべてが順調だと思っている人たちへの警告です。

なぜ、最初から著名な科学者が中傷され、検閲され、議論の場から締め出されているのか、自問すべきです。それは、これが合理的な反応ではないということを物語っています。これはプロパガンダ的な反応なのです。そしてそれは、人々を辱め、中傷することで、人々を黙らせることで貫かれています。私のように、戦争やプロパガンダの分野で経験を積んだ者は、戦争に反対したり、政府の政策に疑問を投げかけたりすると、中傷されます。

彼は自分に反対しているのと同じです。彼はただのメッセンジャーだったのです。つまり、これも情報操作やプロパガンダの一環なのですが、ここでメディアの話になります。メディアは、ミス・トゥルース(間違った真実)から私たちを守る門番のような役割を担っています。では、どのようにして主流メディアやメディアを、このプロパガンダ活動やCOVID-19の活動に参加させるのでしょうか?

英国の場合、これはおそらく他の民主主義国でも同じだと思いますが、先ほど言ったように構造的な制約がありますが、すぐにcommが放送局に公式のガイダンスのパラメータ内に留まることを要求しました。つまり、緊急事態が宣言されているのに、Ofcomが放送局を規制して、彼らを従わせているわけです。つまり、Z、Zは破壊されてしまったのです。しかし、主流メディアの問題は、これは私の全領域に関わることですが、学者として、主流メディアに関する政治的コミュニケーションの文献が何十年にもわたって存在し、主流メディアが政治的・経済的権力と非常に密接に関係しているという事実を証明してきました。これは最も極端な例で、外交政策にも見られますが、全体的に当てはまります。

現実には、主流メディアは、強力なグループや政府と同じサークルなどで活動しています。そして、彼らは大部分において同じ考え方を共有し、お互いに情報を頼りにしています。トランプ氏のプロパガンダモデルは、その典型的な例ですが、これにはいくつかの理由が絡んでいます。ジャーナリストは必要なだけ批判的ではありませんでした。また、ジャーナリストは本来あるべき独立性を備えていません。政府の主張に逆らおうとしないのは、ある意味当然のことなのです。確かに、構造的な制約が導入され、大規模なプロパガンダキャンペーンが行われている場合は、そうなります。ジャーナリストが脅かされるのは当然のことです。同じことが学界にも当てはまりますよね。私は20年間学術界で働いてきたのでよくわかりますが、学術界の自己検閲はどの程度なのでしょうか?

ロックダウンに疑問を呈してきた科学者たちのコメントによると、例えば、大量のワクチン接種に疑問を呈してきた科学者たちは、機関内でプログラムの継続を求める圧力に直面していると言います。そして、その流れに逆らうことは非常に難しくなります。これはメディアでも大学でも見られることです。率直に言うと、私は最初にこう言いましたが、これはおそらく歴史上最大のプロパガンダ作戦の1つです。議員たちは信じられないほど臆病で、本来すべき精査や質問に関与していないのです。英国では先週、介護施設で働く人にワクチン接種を義務付ける政策が可決されました。議会では政府が法案を提出しましたが、直前になっても議論の時間が取れず、貴族院が可決してしまいました。これでは、民主的な精査とは言えません。このように、社会のあらゆる機関がこのプロパガンダキャンペーンに屈し、本来あるべき抵抗や疑問を提供することができず、一瞬で終わってしまうのを目の当たりにしていると思います。だからこそ、今のように多くの人々が街に繰り出しているのだと思います。政党もできています。イギリスやドイツ、オランダでは、「COVID」の対応に異議を唱えるために、かなり広範な基盤を持つ新しい政党が結成されています。しかし、ドイツでは、「我々は実際に民主的な制度のほとんどを失い、空洞化している」と言うことで資産を形成しています。そして、私たちの組織や社会のほとんどが空洞化しています。私たちは民主主義を取り戻さなければなりません。ですから、COVID-19のプロパガンダに直面して失敗したことが、人々を街頭に向かわせ、また政党を崩壊させることにつながっていると思うのです。これは今後も続くでしょう。

Mike Ryan 25:05

メッセージを発信するには、私のような人間もいるし、アメリカのケーブルテレビにはタッカー・カールソンのような人もいる。アメリカのケーブルテレビには、タッカー・カールソンのような人もいますが、グレン・グリーンウォルドのような人もいます。しかし、ヒステリーを起こさずに一貫したメッセージを発信している人は、ほとんどいないように思います。私の考えでは、ヒステリーを起こしてしまうと、人はヒステリーを起こしているところに行ってしまうので、何も起こらなくなってしまうからです。もし、私たちがメッセージを発信するために、非常に小さな窓、あるいはいくつかのデバイスしか持っていないとしたら、Googleの検索エンジン、世界最大の視聴者数を誇るビデオホスティングプログラムであるYouTube、政府による絶え間ない広告、ウイルス感染に対する恐怖などがあります。私たちには小さな窓しかありませんから、どうやってメッセージを発信すればいいのでしょうか。私たちは、この偉大なスチームローラーの小さな断片のようなもので、ただひたすら進み続け、私たちはそこで「やめろ、やめろ、やめろ」と言っているのです。そして、それは進み続けるのです。では、どのようにしてそのメッセージを発信し、インパクトを与えることができるのでしょうか?

Piers Robinson 26:28

今の時点では、このような状況になっていると思いますが、私はこれまでの人生や経験の中で、ここまで心配するようなことを経験したことがありません。今見ているものほど極端なものはありません。地元の政治家や主要なメディアが突然この問題を取り上げることはないでしょう。今、私たちは、いわば人々が動員されるべき段階にいるのだと思います。それが今、私たちが目にしていることだと思います。つまり、もはや主流メディアに頼る必要はなく、まったく頼らないということです。既存の政党に頼るのではなく、人々が外に出て組織化し、コミュニケーションをとる必要があるということです。私がここで言いたいのは、確かに主流メディアは一定の路線を大々的に押し出していますが、それは完全に一様なものではありません。このように変化し始めています。しかし、このような状況では、人々が動員され、政党を結成し、独自のコミュニケーションネットワークを形成していると思います。そして、それがどうなるかを見守る必要があるでしょう。そして、今後の展開を見守っていかなければならない問題は、街頭に出てくるような人々の組織や、そのような意見を代表する政党が出現することで、現在の状況を本当に変えられるほど重要で強力なものになるのかどうかということです。私は過度に楽観的でもなく、過度に悲観的でもありませんが、過小評価してはいけません。たとえ大多数の人が反対していても、街に出て抗議する非常に多くの人々がいるのですから、何かが間違っていることに気づくはずです。あまりにも極端な提案がなされているような気がします。隔離、脅迫、隔離、市民的自由の停止、事実上の子供へのワクチン接種など、誰が見ても、ある子供は2人の少女を抱えていましたが、ワクチン接種を強制されるというのは、あまりにも極端です。でも、見てみないとわかりません。しかし、このような状況が続くと、押し付けられたものを受け入れず、抵抗する人が非常に多くなる可能性がありますが、それではいつまでも続けられません。全員が参加する必要はありませんが、ある一定の数の人々が変化を起こそうとし始める必要があるのです。

Mike Ryan 29:33

ダーウィンだったと思いますが、すみません、ピート・ピーターズだったと思いますが、スターリンだったと思いますが、彼は鶏の羽を抜いて鶏に食べさせたのではなく、鶏が後からついてきて、こうなったのだと言いました。餌を与え、生きていることを確認した後、多くの拷問を受けさせることができるという人口に対して、あなたは好きなことをすることができます。それと同じことでしょうか?今のところは。

Piers Robinson 29:59

そうでないことを願っています。何が起こるのか、はっきりとは言えないと思います。現時点での私の推測では、この問題、つまりCOVID-19をめぐるプロパガンダは、非常に脆弱なプロパガンダバブルだと思います。ある意味では、これを推進してきた人たちは、自分たちが噛み切れる以上のものを噛んでしまったのかもしれません。食事を与えるだけで十分な人数を乗せることができ、自由が制限されても人々は動揺せず、不必要な予防接種を強制されても動揺しない、などという考えです。そのような、「何が起こるかわからない」ということに対する怒りは、十分な数の人には再現されないのではないかと思います。

つまり、1年半前には、政府が予防接種を義務化するという話になるとは誰が想像できたでしょうか。これは自由民主主義国では異質なことなのです。まともな感覚を持っている人なら、「これは本当に良いアイデアなのだろうか」と思うでしょう。

全員にワクチンを接種するというアイデアは、十分にテストされていないワクチンであり、しかもそれを子供たちに行うのです。また、COVID-19のIFRはインフルエンザのような、中程度のインフルエンザのようなウイルスに接種することになります。その日のうちに、そのような数字が出ました。ですから、これは非常に極端で、異常なことなのです。私が思うに、抵抗力が高まり、様々な環境で抵抗力が見られ、新しいパーティが形成されていることから、おそらくこの状況は続くでしょう。しかし、抵抗する人々と、当局や議題を押し通そうとする勢力との間の対立は、ますます大きくなり、心配になるかもしれません。そして、それがどこにつながっていくのか、私は心配しています。

しかし、私の予想では、人々は十分に物事が正しくないことに気付き続けることはないでしょう。そして、それは起こりつつあると思います。そして、これがどうなっていくのかを見ていかなければなりません。どこに行き着くかは誰にでもわかることです。あるイギリス人のコメンテーターが言っていたのですが、私たちはただ、到来する変化がある種の民主的なコントロールを持ち、公平で公正なものであることを確認する必要があると。しかし、私たちはある種の民主的コントロールを取り戻す必要があるのです。それが私が何よりも強調したことです。西洋諸国では、民主主義の長い歴史があると思います。そして、人々は、いわばその文化が持続すると思います。そして、私は戦争や紛争などを取材し、研究してきました。イラク戦争で大きな反戦運動があったことは知っていますが、今回ほど大規模なものではありませんでした。

私は長年、研究機関で主流メディアの偏向やプロパガンダについて教えてきましたが、今日のように、プロパガンダや大規模な操作があるという事実に目覚めている人たちにこれほど多く出会ったことはありませんでした。ですから、これらのことは、あなたの、あなたの参考文献、スタイル、例、日付などが、物事がそれ程暗いものではないというサインだと思います。あります。でも、私はそう思います。そうは言っても、私たちは参加しています。カメラに映る前にも言いましたが、つまり、すべての警鐘が鳴っているのです。歴史を知り、プロパガンダを知り、政府が常に国民の利益のために行動するとは限らないことを知っている人であれば、すべての警鐘が鳴っている。すべての警鐘が鳴っており、私たちは今、非常に危険な時代にいると思います。残念ながら、将来が非常に心配です。

Mike Ryan 34:42

興味深いのは、あなたが歴史の前に言及したように、歴史に言及していることです。私たちは、今、キャンセルされた文化が何をしているかを知っています。実際に歴史を書き換えたり、歴史を再解釈したりしていて、教室で教えられたり、一般の人々が年を取ってから教えられたりしています。例えば、第二次世界大戦を見てみると、そのことを教えてくれる人が減ってきていて、本を読んだり、特定のビデオを見たり、誰かが教えてくれたりするだけになってきています。そして、もしそれがすべての相談であるならば、批判的人種理論もまた、世界全体が逆さまになったり裏返しになったりしているようなものです。彼らの最終目的は何だと思いますか?というのも、私が好きだったもの、例えば1年半前の世界には問題がありましたよね。問題があることは誰もが知っていますが、希望があり、その問題を回避できることを知っていました。それは、人類の進化の一部だったのです。それ以来、このような形に変化してきました。1984年と呼ばれることもあります。そこで起こっていることに比べれば、おとぎ話のようなものだと思います。さて。それで、最終的な目的は何ですか?彼女に知ってほしいことは何だと思いますか?操り人形の主人たち?彼らは何を達成したいと思っているのでしょうか?

Piers Robinson 36:03

インタビューの中で、何が推進されているのか、誰が何を推進しているのかについての正確な知識が不明確であることを述べましたが、世界経済フォーラムでの例を挙げました。来年、陰謀論などの疑惑が持ち上がったときには、常に念頭に置いておくとよいと思いますが、私たちが話しているのは、資源や権力、影響力を持つ政治的アクターが、特定の目的を達成するために出来事を利用しているということです。

ホイットニー・ウェッブ、コーリー・モーニングスター、コーリー・モーニングスターなど、素晴らしい独立系調査ジャーナリストがいます。コーリー・モーニングスターは、世界経済フォーラムについてのスパークリング・リサーチを広範囲に語っています。また、資本主義の問題に対処するための、一種のリセットのようだと指摘する人もいます。現在、私たちは膨大な富の移転を目の当たりにしているわけです。そして、そこから生まれる潜在的な不平等の監査に対処するためには、人々をより強くコントロールする必要はないのです。ウイルスは、ある人々が主張するように、この種の予防接種、パスポート、デジタルIDへのアクセスを与えます。もちろん、社会的信用がこれらすべての目的であると主張する人もいます。つまり、中国と同じシステムを持っているということです。これは、一部の人々の願いから出てきた議論でもあります。私は、これらすべてが非常に現実的な可能性であると考えています。

しかし、私が見る限り、これらはすべて、社会の大規模な再構築、富の大規模な再分配、はるかに多くの支配、はるかに少ない民主主義を中心に展開しているように見えます。そして、それは私が何が起こっているのかを知る限りにおいてです。他にもいろいろな理論や考え方があるでしょう。しかし、あるイギリス人コメンテーターのニール・クラーク氏は、最初から「これは明らかにウイルスの問題ではなく、「他の何かの問題だ」と言っていたのは確かです。ウイルスとは関係なく、他のことが起こっているのは明らかで、呼吸器系のウイルスなどに対処するすべての方法によって、この問題は容易に処理できたはずです。しかし、最終的な目的が何なのか、私にははっきりとは言えないのです。世の中にはさまざまな説があります。しかし、はっきりしているのは、一部の要素が社会の大規模な再構築を求めているということです。そして、その推進力の一部は、適切な自由を本当に終わらせることのようです。ワクチン接種用のパスポートを持っていて、それがスーパーマーケットに入るために必要だとしたら、実際には自由ではなく、コントロールされていることになります。そしてもちろん、この種のテクノロジーは、中国の社会的信用システムに見られるように、国家に巨大な力を与えます。デジタル通貨はもちろん、デジタル通貨が登場したことで、国家や政府に巨大な力が移ることになります。これはかなり反民主的なことです。私たちが直面しているのは、民主主義と自由が根本的に失われていることだと思います。民主主義と自由は、一般的に言えば良いことだと考えている私たちにとって、これは非常に心配なことです。

Mike Ryan 39:59

クイーンズランド州の著者は、全員がQRコードを手に入れました。西オーストラリアでも、2つのことが頭に浮かびました。1つは、そこの首相です。きっと見事に当てはまるでしょう。しかし、私が始めたのは、その情報を人々の権利を侵害するために使用しないというもので、警察は警察の仕事をしていたということです。そして、警察は警察らしいことをしていて、利用可能なデータを使って、西オーストラリアに入ってくる人たちを捕まえていたのです。クイーンズランド州でもです。ジムでおかしなことが起こりました。私はそこでお寺の世話をしていたのですが、これは使えないのでお金を返してもらうべきでしょうね。でも、とにかく、主要メディアでは、この速報が一度だけ流れて、他の誰にも流れなかったんです。それを読んだ少女はきっと叩かれたことでしょう。それを書いた人は、このQRコードがILOに違反していると言い、違反しているのは警察だから心配ないと言っていました。私は、なるほどと思いました。だから、その特定のアプリを使っていない人が、今はたくさんいるのです。だから、私たちはスーパーマーケットの前で手を挙げて食べ物を買おうとしているでしょう。それは電車ですか?それともトンネルの終わりの光でしょうか?

Piers Robinson 41:31

今のところはわかりません。私たちは今、極めて重要な瞬間にいると思います。ここでは、欧米の自分たちに焦点を当ててみましょう。そして、オーストラリアやニュージーランドもです。自由民主主義国は今、極めて重要な瞬間を迎えていると思います。そして何が起こるかは、人々がどのように抵抗するか、そして当局がどれほどの強制力を行使するかにかかっています。どちらに転んでもおかしくないのです。ですから、今の状況が蒸気機関車のようなものなのか、それともトンネルの先にある光なのか、私にはわかりません。これまでもそうでしたが、彼らの答えのほとんどは「わかりません」です。だからこそ、人々がCOVID-19を超えて何かが間違っていることに気付き、いわば自らを教育し、関与し始める必要があるのです。また、エドワード・スノーデンをはじめとする政府は、911事件の後に行ったように、大規模なモニタリングを行い、すべての人の通信をモニタリングし、デジタル通信を事実上、政府のアクセスに供しています。だから、政府はそうするだろうというのが本音です。しかし、これは自由主義リベラリズムの基本ルールです。自由主義や民主主義とは、政府が力を持ちすぎないようにする必要があるということなのです。そして、政府が権力を持ちすぎるのをモニタリングすることです。We end and very date, we’ll go to very dark places.

Mike Ryan 43:17

テレビで「デブリ」という番組を見ていると、悪人が革の服を着て、調査やモニタリングができないようにしているんですが、もしかしたら有機ELの服が未来の方法かもしれません。これは問題ですね。

Piers Robinson 43:40

これは非常に大きな問題です。これが続けば、人々が外でコミュニティを形成し始める可能性も否定できません。すでに、この話をしている人たちは、コミュニティを形成する土地を見つけようと話していますが、私たちが望んでいるグリッドから抜け出すことはできません。Dolores Cahillもその一つですね。ああ、そうですか。そう、彼女は

Mike Ryan 44:05

足のために、大義のために戦っている素敵な女性です。Piers Robinson 博士、どうもありがとうございました。お時間をいただきありがとうございました。もう寝てもいいですよ。どうもありがとうございました。お話しできてよかったです。

  • 翻訳記事では翻訳ソフトDeepLを使っています。 https://www.deepl.com/
  • 誤訳、文章省略、非リンク化の可能性があります。原文、引用先を参照してください。
  • 下線、太字強調は、管理人によるものです。(例外あり)
Alzhacker