コビッド・クライシスに隠された知られざる意図

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

プロパガンダワクチン倫理・義務化医療の誤報・偽情報・検閲
Unspoken Agenda Behind the Covid Crisis

Piers Gregory Robinson(ピアーズ・グレゴリー・ロビンソン)

ロビンソンは1970年生まれ。2000年にブリストル大学で博士号を取得し、「The News Media and Intervention」と題した論文を発表した。1999年から2005年までリバプール大学で政治コミュニケーションの講師を務め、2005年から2015年までマンチェスター大学で国際政治の上級講師を務めた。 シェフィールド大学で政治、社会、政治ジャーナリズムの講座を担当。

Fabio Vighi

Fabio Vighi(ファビオ・ヴィギ)は、イギリスのカーディフ大学で批評理論とイタリア語の教授を務めている。最近の著作に、Critical Theory and the Crisis of Contemporary Capitalism (Bloomsbury 2015, with Heiko Feldner) and Crisi di valore: Lacan, Marx e il crepuscolo della società del lavoro (Mimesis 2018)などがある。


 

Chris Williamson 0:39

皆さん、こんばんは。最初にちょっとしたハプニングがあったことをお詫びします。今夜のレジスタンスTVへようこそ。今晩はピーター・ロビンソン博士にお越しいただきました。彼は政治学者であり、プロパガンダ研究機関の共同ディレクターでもあります。シェフィールド大学の元教授であり、教授職にも就いています。もう一人のゲストはファビオ・ヴィギーさんです。彼はカーディフ大学の批判的理論とイタリア語の教授です。今晩は、COVID危機が市民的自由に与える影響と、大手製薬会社と大手ハイテク企業がこのパンデミックからどのように利益を得ているかを見ていきます。まず、市民的自由の問題から考えてみましょう。ウェールズはすでにCOVIDパスポートのバージョンに合意しています。あなたの意見を聞かせてください。

Piers Robinson 1:46

COVIDパスポートの問題については、なぜCOVIDパスポートの問題が議題になっているのかなど、もう少し広い範囲で考えてみる必要があると思います。このCOVID-19というイベントが始まって1年半、2年が経過した今、市民の自由に対する制限や、今おっしゃったCOVIDパスポートなど、前例のない展開が見られますが、それだけではなく、非常に重要な政治的・経済的な意図が根底にあることが明らかになってきています。そのような状況の中で、ワクチンの問題が浮上してきたのだと思います。私たちがすべきことは、このような広範な政治的・経済的プロセスを理解することで、具体的な問題、つまりその前のワクチンの義務化をよりよく把握することができるようになるということです。

Lizzie 3:09

皆さん、お待たせしました。だから私は仲間と話しています。その困難を解決しようとしていたのに、申し訳ありません。それで、あなたはすべての原因に戻りたいと話していましたね。だから、もうちょっと教えてもらえませんか?

Piers Robinson 3:26

ワクチンパスポート、ワクチン義務化の問題を提起しました。もちろん、ウェールズでは投票が行われたばかりです。もちろん、これは複数の国で起きている問題です。私が言いたかったのは、COVIDイベントが始まって2年が経過した今の時点で重要なことは、COVID-19を隠れ蓑にして進められている政治的・経済的な裏テーマを理解しようとすることなのです。率直に言って、COVID-19は単なる健康危機ではないということがはっきりしているからです。いいですか?例えば、政府が恐怖心を誇張するためにプロパガンダを利用して、ロックダウンなどのコンプライアンスを得ようとしていることは、最初の1年でもかなり明らかになりました。私たちはそれをスパイ関連書類などで見てきましたが、これが今も続いているということは、危機が続いているということです。これは経済的な変化でもあり、これからお話しするような構造を示していますが、根底には政治的なアジェンダがあることも明らかになってきました。世界経済フォーラムのことが話題になっていますが、彼らは非常に公然と、いわばCOVIDのようなポスト世界のビジョンや、私たちがどのように生きていくべきかという非常に具体的なビジョンを最初から語っています。そして、それに関連した政治的な意図や経済的な意図が、少なくともCOVID-19を利用していることは明らかです。人々はそのことに関心を持ち、注目しています。私たちがこの問題に取り組むことは非常に重要であり、できればこの問題の詳細についてもう少し話したいと思っていますが、人々がこれらの意図にもっと気づくことが非常に重要です。そうすれば、私たちが進むべき方向性について真剣な議論を始めることができます。その中には、ワクチンの義務化とその本当の目的、ワクチンパスとその本当の目的についての真剣な議論も含まれます。

Lizzie 5:48

最初の頃、私も同僚たちも、主流メディアは最初からパンデミックの恐怖をプロパガンダしていたと感じていました。最初の頃は、パンデミックはアメリカ政府やアメリカ政府の一部が研究室で作ったものだとか、手元に送られてきたものだとか、いろいろ言われていました。それが、おそらく中国との戦いや戦争を始めようとしている戦争マシーンの政治的な地理的状況と結びついたのです。私たちは、この背後に何か意図があるのではないかと疑っていました。また、パンデミックといっても、国境を越えて広がっているので、パンデミックだということについては、誰も何も言いませんでした。しかし、人々は「病気の人を知っていますか?病気になっている人を知っていますか」と聞かれることがありますが、病気になっているのは人口のごく一部です。今ではその数字も変わってきましたが、私はまだ病気になった人を知りません。でも、そのことをもう少し詳しく話してもらえませんか?それでは。

Piers Robinson 7:20

COVID-19自体の具体的な内容についてですが、私が早い段階で見つけた指標の1つは、実際にプロパガンダが行われていたことを示す、脅威の誇張でした。これは、政府や言語使用者に、人々の恐怖感や恐怖の認識を高める方法をアドバイスするスパイBの文書で明らかになりましたが、それだけでなく、私にとって最も重要なことの1つは、かなり信頼できる科学者が初期の段階から中傷され、抑圧されている様子を見たことです。ドイツのバック・ディーヴス教授は、非常に著名な科学者で、ロックダウンについて疑問を呈していましたが、あっという間に中傷されてしまいました。オックスフォード大学のスネトラ・グプタも中傷されました。マーティンはキャリアを台無しにしました。彼はハーバードで中傷されています。そして1年半が経過した今、科学者を代表する非常に大きな組織があり、彼らはあらゆる面で疑問を呈していますが、それらはすべて弾圧されています。YouTubeやFacebookは進んで動画の検閲を行っています。イギリスでは早くから、政府やWHO(世界保健機関)から離れすぎている科学者の意見を放送に盛り込むべきではないという指針を出していました。これらの重要な指標は、本質的には科学的な議論の抑圧であると思います。つまり、「COVID-19」や「ロックダウン」、「集団予防接種」については、科学的なコンセンサスが得られていないということになります。しかし、一般の人々はこのコンセンサスを目にすることができません。というのも、クライアントが疑問を呈したり、抑圧されたりしているからです。このような状況は、異常な科学者だけではありません。ロバート・マローン博士はmRNA技術の発明者であり、COVID-19のワクチンにも使用されています。そのようなレベルの人たちが疑問を呈し、攻撃されたり中傷されたりしているのです。この1年半の間に主流メディアや政府からCOVID-19について聞かされたことと、実際のところはどうなのか、誰もがじっくりと考えなければならないと思います。私の理解では、また研究でも、あのレベルでプロパガンダが行われていたことは明らかです。繰り返しになりますが、最も寛大な解釈をすれば、政府は人々を守ろうとしていると考えられます。そして、人々を従わせるためには、脅威を誇張して伝えなければならないと考えたのです。これが最も寛大な解釈です。もっとずっと寛大でない解釈もたくさんあります。しかし、今の問題は、最初にも言いましたが、開始から2年が経とうとしていることです。ウイルスの起源について、スタッフの何人かが「これはデジタルIDにつながる」と主張しましたが、すべて陰謀論として片付けられてしまいました。しかし、もちろん、私たちは今、分離独立の出現に直面しています。確かにここドイツでは隔離が出現していますが、オーストラリアでは抑圧や隔離工場があり、カナダではワクチンを摂取しないために職を失っている人もいます。このように、私たちは非常に非民主的で強制的な手段に移行しつつあります。しかも、当初から声を上げていた科学者たちが、1年半前よりもさらに増えて、「これは間違っている」と言っている状況です。この時点で、私たちは他に何かが起こっているのではないかと考える必要があると思います。COVID-19は、911の「対テロ戦争」と同じように、少し利用されているのではないでしょうか。少なくとも、トニー・ブレアとジョージ・ブッシュは、政権交代戦争を起こすために、この戦争を利用しました。チルコット調査団の文書や他の多くの情報源がそれを証明しています。このような政治的な、つまり危機を最大限に利用して何かを行う方法です。それが今の私たちの状況だと思います。何が起きているのか、どこに連れて行かれるのかを理解するために、私たち国民は何をすべきなのかを考えました。

Lizzie 12:03

独立系メディアとして、私の同僚と私は、かなり早い段階で決断しました。通常、何かの記事を入手したら、それは普通の人々に影響を与えることになりますが、今回の事件は、事件を取り巻く構造やシステム全体において、他の誰よりも普通の人々に影響を与えています。つまり、エリートやエスタブリッシュメント、ボリス・ジョンソンの父親はまだ自由に海外に飛び出していたんですよね?秘書とドアの向こうでキスをした男のことは覚えていないのですが、Gavinとかいう人はどうですか?ええ、そうです。つまり、一部の人々は、自分が望むように自由に振る舞うことができたのです。一方、普通の人たちは抑制されていました。記事を書くたびに、この問題に詳しい科学者や知識人はどこにいるのかと考え、いつも彼らに証拠や記事の事実確認を依頼するのですが、誰も見つかりませんでした。例えばジョジー・ブラの検証記事を出しても、「彼は検証済みのリストに入っていないし、この問題の権威でもないから、出せない」と言われてしまうのです。だから、早い段階でCOVIDの件には関わらないと決めていました。唯一関わったのは、警察や法律に対する大規模な抗議活動で、彼らはまず怒りを鎮めるために持ち込もうとしました。そして、ロックダウンに抗議しているのは右翼の人たちだけだと言っていましたが、私たちは、右翼とか左翼とか関係なく、普通の人たちだと思っていました。そう、巨大なプロパガンダ作戦であることを身をもって知ることができたのです。あなたの友人であるファビオは、彼を連れてくるべきでしょうか?

Piers Robinson 14:36

これは重要なことで、クリスが指摘したワクチンパスの問題にも関連しています。だからこそ、恐怖症と

Lizzie 14:53

Fabioを呼んでください。皆さん、スクリーンにFabioが映っています、すみません、見ている皆さん、手を振っています。彼は私たちの声を聞き、私たちを見ています。

Fabio Vighi 15:08

私は参加しなければなりません。

Lizzie 15:12

なるほど、だから私はこのテーマでは聴衆の一員のようなもので、事実を確認することができなかったからです。私たちはプロパガンダを掲載することしか許されていませんでした。そのため、私はこのテーマについてほとんど何も知りません。だから、私は他の一般市民と同じように、本当に、まだ暗闇の中にいると思うので、どうか私たちを教育してください。

Fabio Vighi 15:40

私には、あなたを教育するつもりがあるのかないのか、よくわかりません。しかし、私は私のバージョンの、出来事をお話しします。というのも、私が最近発表した論文では、経済におけるCOVIDと、いわば逆の因果関係を結びつけようとしているからです。通常、COVIDは何らかの経済危機を引き起こし、多くの人々の状況を悪化させ 2020年3月の金融危機を引き起こしたと考えられています。私は、少なくとも私が見つけた証拠から、金融危機、金融暴落、経済の特定のセクターがCOVIDを引き起こしたということを、いろいろな意味でプロパガンダ活動だと主張しますよね。bsが説明していたように。だから、COVID以前の時代から考える必要があるし、参考までにいくつかの日付を教えてくれます。すでに2019年9月、覚えている人もいるかもしれませんが、金融市場、アメリカの金融市場です。基本的には、ウォール街が崩壊しようとしていたわけですが、巨大な流動性の罠、経済用語でいうところの特定のセット、ウォール街の特定のセクターでレポ市場が引き起こされたのです。レポ市場のことではありません。レポとは、repoase agreement(現先取引)の略です。これは、銀行が基本的に安価な融資を受けるために広く使われている金融ツールで、短期的に安価な流動性を得ることで、他の市場に賭けて投機を行うことができます。そうですね。レポ市場では、通常の場合、1日に約1兆ドルがやり取りされていますが、これが非常に重要です。つまり、巨大な資金のプールなのです。それによって、この巨大なねずみ講、つまりご存じのようにウォール街が実質的に行っている金融部門で賭けをしている人たちが助かるのですね。2019年9月中旬に何かが起こりました。基本的には、レポの金利が数時間のうちに2%から10.5%に上がったのです。つまり、基本的にすべてが凍りつき、大規模な流動性の罠に陥ったのです。人々は、お金がないために投機することができませんでした。その時点で私たちが危惧していたのは、ある種のドミノ効果でした。2008年を公園での散歩のように、率直に言って、巨大な金融危機を引き起こしていたでしょう。その伝染は、金融市場から、私たち全員が死を免れないリテール市場にまで広がっていたでしょう。そうなれば、文字通り内戦のような大惨事になっていたでしょう。私が考えているのは、大爆発、大炎上といった 2008年とは比べ物にならないようなものです。なぜなら、その間に11年間の量的緩和が行われていたからです。金融セクターはさらに拡大したわけですね。つまり、金融セクターで大規模なインフレが起こり、そこで何かが起きれば、基本的には全員が困ることになるわけですね。なぜなら、私たちの経済は信用ベースだからです。つまり、私たちは常に銀行からお金を調達する必要があり、銀行は金融市場に投機します。つまり、すべてがつながっているのです。すべてがつながっているから、そこで何かが起こる。だから、レポ市場は爆発しそうでした。そして、暫定的にではありますが、金融市場を救い、修復する唯一の方法は、できるだけ多くの現金を投入することでした。ところで、このような事態になることは、大手金融機関の関係者は知っていました。ウェブ上には、これらの大物たちが、大物たちへの降伏について交わしていた会話の詳細が、非常に正確に記された文書があります。つまり、このすべてにおいて、3つの大物を挙げることができます。

Fabio Vighi 20:28

そして、スイスのバーゼルに拠点を置く中央銀行の中の中央銀行である国際決済銀行も、彼らが言うところの「景気後退の到来」について警鐘を鳴らし始めたBSです。そうですね。彼らはブラックロックに、そして特に中央銀行に、「何かしなければならない」と言っていました。だからもう、これはもう2019年の夏です。そうか 2019年の夏、彼らは来るべき景気後退について話していたんです。そしてもちろん、最悪のダメージを回避する方法を提案しています。ブラックロックが提案したホワイトペーパーには、「公的資金を直接、民間に移す方法を見つけなければならない」と書かれています。この場合の公的資金とは、中央銀行、特にFRBによってどこからともなく作られたお金が、民間の銀行家の手に渡ったことを数ヶ月後に発見しました。そして、もちろん、実際に災害が起きました。2019年のレポ市場のレポ破綻、当時はそう呼ばれていましたが、起こったことはまさにブラックロックの計画通りでした。中央銀行である米国連邦準備銀行が週に何十億ドルものドルを印刷し、通常の方法で金融市場に注入し、資産や債券などを購入しました。つまり、爆発しそうな市場を維持するために、です。ここで、実に巧妙でありながら、サディスティックな展開が待っていると思うのです。なぜなら、天文学的な量のお金を刷り続けるためには、実体経済を停止させ、実体経済のエンジンを停止させる方法を見つけるしかなかったからです。なぜかというと、大量のお金が実体経済に流出すれば、大規模なハイパーインフレを引き起こし、実物資産の大幅な切り下げや通貨の切り下げを引き起こしていたからです。ワイマール20のような、ワイマール1920のような、そんな状態になるでしょう。しかし、もっと悪いことに、先ほど言ったように、私たちの経済では、すべてが相互につながっています。そのため、システムに完全なショックを与えることになったでしょう。資本主義の観点から考えると、短絡的な資本主義モデルの目で見ると、唯一の解決策は、金融部門の穴を塞ぐために大量の資金をシステムに注入することでしたが、同時に実体経済で循環しているお金の蛇口を閉めることでした。これは、家のラジエーターを修理しなければならないときに、まず水道管を閉めて水を止めるようなものです。ラジエーターを修理するためには、水の循環を止める必要があるのです。あるいは、車のエンジンをかけていたとしたら、まず車のエンジンを切る必要があります。そうしないと、問題が発生してしまいます。ですから、ある意味では、このようなことが起こったと言えるだけの証拠があると思いますよ。COVIDは非常に特殊な目的を持っていました。それは、金融部門に印刷されたばかりのお金、デジタルマネーを氾濫させることでした。私たちが話しているのは、デジタル・バイトのことで、つまり、これは単なるコンピュータ・マネーです。いくつかの数字にゼロを加えただけのものです。そして、ウォール街のコンピュータではなく、中央銀行のコンピュータで凍結されています。そこで、金融危機や流動性の低下によるファンドの破綻を防ぐために、すべてが少なくとも暫定的に整理されているのです。しかし、繰り返しになりますが、要点は、すみません。

Lizzie 25:24

私が言いたいのは、金融危機の影響はどのようなものだったかということです。なぜなら、銀行家が売らなければならなかったものは、手の込んだ家、所有している5つの家を売ったことになり、それがもっと

Fabio Vighi 25:39

それよりも。つまり、彼は伝染の話をしましたよね。伝染とは医学用語で、COVIDに関連して使われることが多いです。しかし、「伝染」は事前に使うべきものですよね。ドミノ効果のように金融市場が発展していく状況を考えると、彼は地上でもほとんどのビジネスを破壊していたでしょう。そして、キャッシュポイントに行っても、そこにはもうお金がない、という状態になっていたかもしれません。そうですね。つまり、何か巨大なもの、本当に破滅的なものについて話しているのです。ある意味では、それを阻止しなければなりませんでした。

Lizzie 26:17

しかし、デジタル的にも同様です。

Fabio Vighi 26:19

そうですね、とにかく論理が全く逆なのです。なぜなら、どうやってそのような状況になったのかというと、金融部門を非常に大きく膨らませて、何かが起こったら、それを修復するために他のすべてを止めなければならないようにしたのです。そうですね。もしCOVIDがそのように計画されていなかったとしたら、私はその証拠を持っていません。

Lizzie 26:37

はい、それはまさにあなたが言っていることですね?

Fabio Vighi 26:42

まあ、まさにそうなんだけど、計画的じゃなかったとしましょう。そして、それは奇跡的なことでした。偶然の一致、あるいはある種の神の介入、もしあなたが信じているのであれば、金融の女神のスーツのようなものでしょうか?そうです。なぜなら、彼は本当に、彼らを助けたのです。そう

Lizzie 26:59

その頃には

Fabio Vighi 27:00

はい、その通りです。この状況を長引かせるために、ウイルスに対する恐怖心がまだ流通していることを確認し、半緊急状態を維持することができます。これによって、流動性や貨幣、金融管理を実際に担当している人たちが、地上での貨幣の流通に蓋をすることができます。ある意味で、今見ているものは、まさに必然的に起こるはずだったもの、つまりインフレです。ありがたいことにハイパーインフレにはなりませんでしましたが、それでもおそらくインフレ率は上昇しています。すべてのものが上昇していることはわかっています。お金が循環し、循環し始め、実体経済の中でどんどん循環しているからです。そして、基本的には、金融部門に投入された天文学的な数字から、私たちのような小売店にお金が漏れていることを理解することが必要だと思います。

Lizzie 28:14

この国やイギリスでは、一時帰休をやめて人々を仕事に復帰させ、この閉鎖期間中に皆が生き延びるためのほんの少しのお金を与えていた給付金制度をやめようとした理由があると思いますか?

Fabio Vighi 28:37

私が思うに、彼らはすぐには再開できないことを知っていたと思います。再開できないことを知っていたのです。だからこそ、彼らは今、非常に暫定的に、ある種の正常さを取り戻そうとしているのです。しかし、ご覧のように、それは本当の意味での普通ではありません。依然として閉鎖の脅威があります。また、グリーンパスなどで経済的な問題が発生しています。しかし、これはスローダウンさせるための意図的なものだと思います。さて、大きな問題はインフレです。一時的なインフレーションと言われていますよね。私は、FRBのCEOであるPowellを一時的なインフレと呼んでいます。しかし今、彼はそれが一時的なものではなく、今後も続くものであることを知っています。少なくとも今後数年間は、徐々に上昇していくでしょう。私の考えでは、暴走したインフレやハイパーインフレになるのを防ぐ唯一の方法は、ある種の緊急事態を継続して実施することだと思っています。逆説的ですが、緊急事態ではプロパガンダを得ることができます。経済をコントロールし、人々の生活をコントロールし、デジタル化プログラムの加速としてデジタルを手に入れ、最終的には中央銀行のデジタル通貨に行き着くかもしれません。これこそが、彼らが実際に言っている「そこに到達したい」ということなのです。国際決済銀行の責任者であるオーガスティンカストン氏は、ウェブで彼のことを調べることができますが、中央銀行のデジタル通貨にたどり着きたい、なぜならば人々の支出を完全にコントロールできるからだと述べています。ええ、それが問題なのですが、もしそうなれば、もちろん、いわば貨幣的奴隷、その他すべての奴隷という代償を払って問題を解決することになります。そうですね。私たちは、ある意味では、彼らもかなり混乱しているということを知ることが唯一の利点であると思います。彼らはこの問題に対する答えを持っていません。彼らは、例えば、経済を再開することがインフレにつながることを知っています。しかし、彼らが唯一知っているのは、人々が閉鎖を受け入れ続けるとは思えないということです。経済が成長していなければ、クリスマスにロックダウンを再開する可能性もあるでしょう。今、今日の予想は1.3%です。

Lizzie 31:23

経済は何で成長するのでしょうか?何も生産していないのに?何も製造していなければ?まさに、家に閉じこもっているのか?

Fabio Vighi 31:35

はい、すみません。ええ、そうしたいですか?つまり、問題は?申し訳ありませんが、私たちの社会における富の生産には、より深い問題がありますよね。これは自動化の問題に戻ってくると思います。労働力がどんどん共有され、機械によって排除されていく、これはマルクスもずっと前に予測していたことです。そして最終的には、完全な自動化、あるいはそれに近い自動化に到達し、私たちが知っているような労働は、資本主義システムにとって不要なものになるでしょう。そうですね。しかし同時に、資本主義システムはそうすることで自らを苦しめることになります。それゆえ、金融市場に逃避しているのです。そこでは、労働ではなく、人を働かせるのではなく、お金を働かせることで利益を得ています。うん、そうですね。つまり、収益性の状況は過去40年間で完全に変わってしまったのです。そのため、1980年代から徐々に経験してきた経済の金融化が、巨大なものになってしまったのです。これが結果であり、最終的には私たちの経済システムの崩壊を物語っていると思います。経済システムはゆっくりと、しかし確実に崩壊しています。そうですね。そして、それが結局のところ、すべての問題の背後にある大きな大きな問題なのだと思います。私たちが生産しない、あるいは民間部門が十分な剰余価値を生産しなくなっているという事実です。そして、経済はますます利益を上げられなくなっています。したがって、課税の問題があります。収入によって、インフラをどのように調達するかという問題があるのです。そうですね。というわけで、現在の私たちの状況は、あっという間に要約してしまったような気がします。でも、うまくいけば要点は伝わったと思います。

Piers Robinson 33:33

というのも、COVID-19イベントの金融市場を構成する経済学的な側面を説明していただきましたが、政治的な側面では、世界経済フォーラムのような組織が、第4次産業革命を推進し、デジタルシティのより良い区分を構築することをしばらく前から推進していることがわかります。また、コーリー・モーニングスターやホイットニー・ウェブなどの調査ジャーナリストが、このような状況を長期にわたって記録しています。しかし、このようなイデオロギー的、政治的な未来像は、私たちがどのように生きていくべきかという経済的なビジョンと一致しており、潜在的に深刻な権力の集中を招いていると思います。このことは、全員にワクチンを接種してワクチンパスを発行しようという動きや、デジタルIDにも表れています。これらはすべて足がかりであり、デジタルIDは、中央銀行と中央銀行に連動した中央デジタル通貨という点にたどり着きます。これが、現時点で非常に明確になってきていることなのです。政治的には、もしデジタルIDを持つ世界に移行するのであれば、私たちが社会に参加する権利は、注射を打つことにかかっています。イスラエルでは1回や2回ではなく、6ヶ月ごとに3回まで注射をすることになっています。社会参加がそれに依存することになると、このデジタルIDにつながることになります。そして、中央銀行がデジタル通貨を持ち、取引を完全にコントロールすることになります。これが人々や個人の自律性にとってどのような意味を持つのか、少し考えてみてください。一部のコメンテーターは、これは全体主義だと言っています。これは専制政治だ。これは全体主義だとか、専制政治だとか、そういった表現が不正確だとは思いません。しかし、確かに、疑いもなく、これは権力の集中と人々からの自律性の排除を伴うものです。そして、その最も具体的な現れは、あまり大げさに聞こえないように言いたいと思います。オーストラリアでは、外に出ていただけで警察に連行されたり、カナダでは、先ほど言ったように、ワクチンや注射を打たなかっただけで解雇されたりしています。例えば、ドイツでは人種隔離が行われていますし、フランスでも同様です。これらはすべて、人々への大きな警告のサインです。このような方法で、国民全体にワクチンを接種し、基本的に強制したことはありません。私は、これらすべてのことに警鐘を鳴らすべきだと思っています。このような政治的な思惑が絡み合うことで、WTFの活動が明らかになってきました。そして、金融市場や中央銀行などのハードな経済活動が一体となって、民主主義が失われつつあると言っても不正確ではない道を歩んでいます。非常に重要なのは、あなたが言ったように、あなたのニュースのようなものが、COVIDについて書かれていたことを忘れてしまうことです。COVIDの公式見解とは異なる、領土問題には触れたくなかったのですね。人々がCOVID-19やウイルスに魅了され、悪い市民がいるのではないか、COVID-19の処理に協力していないのではないか、何かを疑うべきではないかと感じていることを、この変化をもたらした政治的なアクターが利用しているのです。そして私たちは、デジタル通貨の究極の目標である中央銀行のデジタル通貨に失敗する可能性のある、この道を急速に突き進んでいるのです。

Lizzie 38:13

これは偶然の一致と言えるのではないでしょうか?

Piers Robinson 38:17

そうですね、必ずしもそれが目的や彼の焦点のために扇動されたものでないとしたら、それはただの幸せな偶然かもしれませんし、彼らにとっても幸せな偶然かもしれません。つまり、必ずしも強い立場を取る必要はないのです。強大なアクター、つまり政治的、経済的な強大なアクターは、歴史上、そして今日に至るまで、危機や出来事を利用して、他の方法ではできないようなことをしてきたということを、少なくとも認識しておく必要があります。COVID-19がどこから来たのかはわかりませんが、今では政府が話しているからこそ、安全性を問われることなく研究所の情報漏えいのようなことを話すことが許されているのだと認識しています。しかし、そのようなことは抜きにしても、少なくとも人々はCOVID-19が、ここで述べられているような大きな変化をもたらすために利用されているのではないかということを懸念すべきだと思います。

Lizzie 39:31

独立系メディアでは、プロパガンダ路線に従わなければ、路線に従わなければ、ソーシャルメディアや、せっかく築いたネットワークから排除されてしまうことがわかりました。今でもそのようなことは許されていません。つまり、この国で右翼プロパガンダと呼ばれているトミー・ロビンソンやケイティ・ホプキンスは、全員ソーシャルメディアから排除されているのです。それは、彼らが発言したからですか?みんなにヘイトスピーチをしたから?まあ、表向きはそうですね。しかし、彼らは反隔離デモを引き起こし、人々に「問題がある」「背後に何か意図がある」と伝えようとしているのです。では、人々が情報を得るためにできることは何かあるでしょうか?真実を語っている人たちのリストを持っていますか?なぜなら、あなた以外にもいるからです。

Piers Robinson 40:51

もちろんです。そのうちわかると思います。最初からはっきりしている人もいますよ。カナダの独立系ジャーナリストであるCory Morningstarや、アメリカの独立系ジャーナリストであるWhitney Webbは、この恐怖症の政治的側面について、最初から非常に優れた見解を示していますが、量的緩和のProfessor Werner、フェイム、Catherine Austin Fitts、ウルフなど、いずれも専門家やエコノミストであり、ファビオが述べているプロセスについて非常に明確に語っている人たちがいます。つまり、私たちだけではなく、かなり多くの人がこのようなことを言っているのです。このCOVID-19については、最初に言ったように、必要に応じてロックされていますが、私たちの注射、大量の注射が正しい方法です。たくさんの科学者たちが発言していますし、イギリスではパンデータやハートを見ることができます。最近ポルトガルで開催された会議では、何千人もの科学者が嘆願書に署名しました。また、アメリカのJimmy DoreGlenn Greenwaldのような人々も、この問題についてよりオープンに話しています。ラッセル・ブランドもそうですが、彼はまだYouTubeをやっています。このように、ますます多くの人々がこの問題について話しています。ですから、私が挙げた人たちをフォローすれば、何が起こっているのかをよりよく知ることができるでしょう。

Lizzie 42:28

誰が本当のことを言っているのか、もうわかりますよね。私がよく言うのは、彼らは中傷されたり、嘘をつかれたり、黙らされたりしている人たちだからです。

Fabio Vighi 42:38

ええ、それは威嚇ではなく脅迫のようなものです。右のように検閲と脅迫が重なっているので、かなり難しいことですが、私の周りで見たところ、今はますます多くの人が話すことを許されていると思います。もちろん、それは私にとって非常に喜ばしいことですが、少なくとも人々が理解するチャンスがあると思うからです。それが真実である必要はありませんが、以前は許されなかった批判的なメッセージを伝えることができます。それが可能になったわけですが、同時に心配なのは、もしこれがメディアに伝わると、彼らが何を考えているのかということですね。次に何が来るのか?まるでCOVIDバブルが崩壊しているかのように、ある種のプロパガンダバブルが徐々に崩壊しています。実際に完全に偽装されるかどうかはわかりませんが、多くの人々がこの状況に少しうんざりしてきており、何か怪しいと感じているようです。

Lizzie 43:43

が反乱を起こしているのです。

Fabio Vighi 43:47

しかし、私は、彼らが緊急事態を必要としていることも知っています。彼らが必要としているのは、私たちを非常事態下に置くことで、その場所で特権を維持し続けることです。そして、少なくとも彼らの視点では、システムがさらに悪化して崩壊しないようにするためですね。ある意味、もしこれが崩壊してなくなったとしても、すぐに別のものに取って代わられると思います。それがエイリアンであろうと、東南アジアでのウォーゲームであろうと、あるいは大西洋での津波であろうと。

Lizzie 44:28

おそらく東に行くと、シャチになるんじゃないかな。

Fabio Vighi 44:40

は、もしかしたら別のものを見ているかもしれませんし、あるいはCOVIDを別の方法で返しているかもしれません。しかし、私にとって明らかなのは、彼らは何かに蓋をしておく必要があるということです。いや、むしろ、これまで私たちがリベラルな資本主義として知っていたものを、権威主義的なタイプの資本主義に移行させる必要があるのです。独占資本主義、それが私の考えです。

Lizzie 45:12

しかし、アリソンの質問から、私が名前を挙げた男性、彼の名前はファビオですが、彼が経済的背景を説明してくれましたか?金融界ではこの問題をどの程度認識していますか?つまり、地元の銀行の支店長や銀行の窓口担当者?彼らはこのことを知っているでしょうか?

Fabio Vighi 45:33

トップがどのレベルにいるかにもよりますが、彼らは皆、何が起きているかを十分に知っていると思います。ただ、この問題に対する解決策を持っていないのです。今のところ、先延ばしにしているだけで、次に何をすればいいのかわからないのだと思います。経済やニーズをコントロールする必要があることはわかっていても、同時に通貨創造プログラムを継続する必要があることは別です。そう、必要なのです。例えば、テーパリング、つまり金融刺激策の縮小について話していますね。しばらく前から言われていたことです。どうやら、FRBがそう言っている以上、12月から始まるようです。しかし、彼らは時間稼ぎをしているだけで、それができないことを知っているからです。お金の創造、デジタルマネーの創造を減らした瞬間に、すべてが振り出しに戻ってしまい、金融システムやその他のあらゆる場所で問題が発生します。だから

Lizzie 46:33

あなたが言っているのは、金融は金融サービスのためにあるのか、ということですが。普通の人のためではなく?

Fabio Vighi 46:43

ええ、彼らは知っていると思いますが、たぶんほとんどの一般の人々はこのことに気づいていないか、さらに悪いことに、気づきたくないのだと思います。そうでしょう?意図的に問題を否定する傾向があります。つまり、以前のように続けたいがために、問題をなかったことにして否定してしまうのです。それがある意味、最大の障害だと思うんです。人々は、表面を少しでも引っ掻くと、その下にはもっと大きなホットポテトがあることを知る必要があると思うのです。

Lizzie 47:20

まず仕事が必要です。だからこそ、人々はルールに従っているのです。この国では、国民の大多数が、プロパガンダの主流メディアや政府、誰であれ、裏ですべてを動かしている金融機関が定めたルールに従っているのではないでしょうか?なぜなら、彼らは物事が変わることを望んでいないからです。何世代も何世代もさかのぼってみると、家族の生活は昔のままで、コミュニティの生活もほとんど変わっていませんでした。

Fabio Vighi 48:01

これは非常に分裂的な問題ですよね。この問題を持ち出した途端に、陰謀論者や偏執狂だと非難され、人生が台無しになってしまうこともあります。このように、常識に反して批判的に考えるには、少し勇気が必要です。人々はその勇気をもっともっと振り絞って、共有していかなければならないと思います。すべてが順調で、与えられた命令にさえ従えば、すべてが元通りになるというふりをするのではなく、批判的な思考を通してつながる方法を見つけなければならないと思います。

Lizzie 48:43

私が思うに、人は自分よりもよく知っているということはないでしょう。私たちは、彼らが私たちよりもよく知っているかもしれないという事実に目をつぶってしまいます。彼らは盲目ではないし、そうではありません。彼らは頭の中で有益なことを考えてやっているわけではありません。

Piers Robinson 49:02

私の感覚では、西欧の民主主義国の多くの国民の中で、プロパガンダをすべて信じている人は、おそらく全体の20%程度ではないかと思います。また、プロパガンダを信じておらず、より深いレベルでの政治的・経済的変化が私たちに押し付けられていることを認識している人も約20%いると思います。このような人たちがデモに参加しているのだと思います。過小評価してはいけないのは、複数の民主主義国で、私がこれまで見てきた中で最も持続的かつ広範な抗議活動が行われているということです。つまり、国民の大部分は、プロパガンダをすべて信じているわけではないが、これは終わりを迎えるものだと考えている人たちです。政府はある日突然、「COVID-19はすべて解決したから、みんな元に戻っていいよ」と言うでしょう。しかし、私が思うに、政府が犯している過ちとは、私たちは正常な状態には戻らないということです。なぜなら、これは主に健康危機の問題ではなく、政治的・経済的な課題であり、彼らは止まることなく続けていくからです。ですから、何かがおかしいと感じている60%の人たちにとっては、とても重要なことなのです。しかし、政府が過剰反応しただけで、デルの株価は元に戻るだろうと考えている人たちは、もっと組織的な抵抗がない限り、実際には終息しないということを理解する必要があります。欧米の民主主義諸国では、組織や抗議行動、政党がこの問題に反発しているのを目の当たりにしていますが、それらは決して小さなものではありません。決して小さなものではなく、かなり大きなものです。だからこそ、人々がこれらの問題に取り組み始めることが重要だと思います。人々は、これが突然終わるわけではないということを理解し始めています。つまり、私たちはもう2年になろうとしているのです。

Lizzie 51:02

多くの人が、このウイルスと共存することを学ばなければならないと言っていますが、それだけでなく、集団免疫という政府の一般的な方針を見てもそうです。彼は、集団免疫を可能にするためにあらゆることをしています。しかし、誰も免疫を持っていないように見えるのです。誰もが注射を打ち続けなければならず、誰もが距離を置き、マスクをし、抗議をせず、大勢で集まらないようにしなければなりません。そして、人々は死に続けています。数字によれば、1日に1000人が死んでいる。彼の行動はどれもうまくいっていないのではないでしょうか?もし彼が、ある種の厳しいルールを私たちに押し付けようとしているのであれば、彼が利益を得ることができるのは、おそらく過剰な死亡者数だけでしょう。そうですね。

Fabio Vighi 52:19

しかし、それさえも私たちが実際には知らないことなので、いくつかの数字を教えてください。統計は非常に複雑です。過剰死亡があったかどうかは、実際にはわかりません。過剰死亡はないと主張する人もいます。そう、COVIDの国々ですね。これは、診断上の再分類のケースです。つまり、これらの人々は他の病気、つまりインフルエンザで死亡したのではないということです。インフルエンザが突然消えたと主張する人もいます。COVIDゲームではCOVIDが登場しました。このように、公式の正統派に反した非常に有名な科学者の視点がいくつもあります。私たちがいつも聞かされている物語のようなものです。ですから、医学レベルでさえ、見かけよりもはるかに複雑なのです。人々はそれを疑うべきです。日常生活で苦労している人たちが、このようなことをしなければならないのは理解できますが、それは難しいことです。その上で、簡単にできることではありません。しかし、ある種の目覚めが起こっていることを私は感じています。人々はこの、継続的な緊急事態にうんざりしているのです。人々は、このような継続的な緊急事態にうんざりしています。

Fabio Vighi 53:34

あるいは、彼らが言っているようなことではないという情報がどんどん入ってきているのです。

Lizzie 53:42

周りにはたくさんの情報がありますが、誰を信じればいいのか、誰を信じるのでしょうか。あなたはファウチ博士を信じますか?ヒラリーを信じますか?ヒラリー、ここにはGood morning Britainという番組に出演している医師がいます。彼は子供に予防接種を受けさせるように人々を説得しています。彼の家の前では毎日、大音量の拡声器を使って「今日は何人の子供が死んだか」と叫んでいます。ですから、もし私たちがどんな形であれ、主流の物語を信じるならば、そのうちの1%程度を信じることができるでしょう。しかし、このデータを収集している人たちには、彼ら自身の意図があるのです。

Piers Robinson 55:11

私が思うに、人々は真実が何であるかを知らないまま、このような事態に陥る可能性があるのです。COVID-19の政治経済についての話をしてきましたが、これは人々に考えてもらうためのものでもあります。これは非常に重要なことです。しかし、政府から伝えられていることに関しては、組織で起きていることに疑問を持っている科学者たちの情報がネット上にたくさん出回っています。人々がすべきことは、できるだけ自分の知性と判断力を働かせることだと思います。例えば、私が専門としている紛争とプロパガンダの分野では、政府や主流メディア、さらには学界が紛争に関する報道に関して非常に偏った見方をしていることがわかっています。しかし、COVID-19のケースでは、健康問題などにも同じことが当てはまることが明らかになっています。

Lizzie 56:10

それは、彼らがコントロールできていないナラティブに対しては、あまり意味がないということです。

Piers Robinson 56:12

そう、政治力ですね。このように、「見る」ということは、学界や主流メディアに多大な影響を与えます。もし人々がこのことを念頭に置いて、よく考え、実際に情報、代替情報、独立した情報を探し始め、自分で判断しようとするならば、それはとても大切なことです。例えば、初期の頃に一部の科学者が主張していたことを、ほとんどの人は理解できると思います。「人口全体を封じ込めれば、治療されていない別の原因で人々が死に始めるという、多くの巻き添え被害を引き起こすだろう」と。難しいことですが、自信を持って自分の知性を活用しなければなりません。彼らは、政府が正しいことを言っていないのではないか、正しいことをしていないのではないかと考えるでしょう。そして、何が行われているのかを論理的に考える。情報を判断する自分の能力に自信を持ち、単に言われたことを信じるのではなく、政府の言うことを自動的に疑うのではなく、実際に政府からの情報を精査するという考え方です。疑問を投げかける声は他にもありますか?ドイツのMACD教授のように、何の得にもならない科学者が中傷されたり、最初から疑問を呈したりしている場合は、「なるほど」と思うかもしれません。ヒラリー・テイラー・ヒラリーや、主流メディアで多くの時間を占める傾向にある科学者の中の他の学者の話を聞くのと同様に、少なくとも注意を払い、彼らの言うことに耳を傾けるべきかもしれませんね。

Lizzie 58:04

さて、あと3分しかありませんが、少し短くして申し訳ありません。Fabioさんには、どうすれば私たちがこの経済戦略に協力できるのか、もっと詳しく知ることができるのかを教えていただきたいと思っています。

Fabio Vighi 58:33

経済学の学位を持っていなくても理解することができます。これが、人々が経済学の学位を必要としないということを知るための最初のポイントだと思います。しかし、その仕組みについていくつかの基本的なことを学ぶ必要があります。まず、金融セクターは基本的に借金によるレバレッジをかけた投機のシステムであり、それに基づいて、巨大な風船が常に膨らんでいるようなものです。本当のお金は生産で作られるものです。もうひとつの質問は、あまり突っ込みたくないのですが、そうすると政治経済の話ではなくなってしまいますから、それはわかっています。時間がありませんからね。しかし、私からのアドバイスは、そう、「恐れるな」です。これは、誰もが実際に調べることができ、あらゆる疑問について学ぶことができるものなのです。

Lizzie 59:39

ありがとうございました。さて、お二人に感謝します。お二人のお時間に感謝します。そして、クリスがこのようなトラブルに見舞われたことを非常に残念に思っています。そして聴衆の皆さんには、質問をほとんど受け付けることができなかったことをお詫びしたいと思います。たくさんの質問があります。もし、お二人ともお時間があれば、YouTubeのリンクやFacebookのリンクにアクセスして、質問に答えていただければ、それは素晴らしいことです。皆さん、もしよろしければ、どうぞよろしくお願いします。10月16日と17日に開催される「Resist Festival」について皆さんにお伝えしたいと思います。チケットは入手可能です。神様が画面の下の方に糸を引いていると思います。ノッティンガムで私たちに参加してください。たくさんの人が来て、あらゆる種類のことを話してくれます。たくさんのことが起こっています。ぜひお越しください。

  • 翻訳記事では翻訳ソフトDeepLを使っています。 https://www.deepl.com/
  • 誤訳、文章省略、非リンク化の可能性があります。原文、引用先を参照してください。
  • 下線、太字強調は、管理人によるものです。(例外あり)
Alzhacker

コメント コメント欄を設置しました!