生命倫理・医療倫理

アグノトロジー・犯罪心理学・悪

『カニバリズムの秩序』 ジャック・アタリ 著 1979
L'ordre cannibale

L'ordre cannibale 目次 生命の兆し 第一章 神々の気配 食人の秩序 生贄の秩序 キリスト教的翻訳 神々の危機 第二章 身体の徴候 犯罪の身体 権力の身体 肉体の危機 第三章 機械の気配 機械の誕生 医療交換:無害な自由主義の夢 機械の秩序の光景 機械の危機 第四
利益相反

書籍:『サイエンス・マート:アメリカ科学の民営化』2011

アメリカ科学の民営化 フィリップ・ミロウスキー 目次 1.ヴィリディアナ・ジョーンズとマモンの神殿;あるいはネオリベラル科学研究の冒険 I なぜ既存の「科学の経済学」の内容に頼ってはならないのか? 2.常習犯としての「科学の経済学」 II A 科学組織の近代経済史 3. アメリカ
生命倫理・医療倫理

BMJ:公衆衛生倫理 ナッジング、インフォームド・コンセント、でたらめ

Nudging, informed consent and bullshit FREE 要旨 哲学者の中には、インフォームド・コンセントを得る過程において、医師は患者が医師が最善と考える選択肢に同意するような後押しをすべきだと主張する者もいる。ナッジングの支持者の中には、ナッジン
政治・思想

汚れた手(ダーティハンド)の50年 | 概要
50 Years of Dirty Hands: An Overview

50 Years of Dirty Hands: An Overview 発行:2023年10月17日 クリスティーナ・ニック スティーブン・デ・ワイズ ChatGPTによる要約 この記事は、マイケル・ウォルツァーの「政治行動:汚れた手の問題」の出版以来の重要な議論を概観し、特別
政治・思想

汚れた手の問題(ダーティハンド問題) スタンフォード哲学百科事典
The Problem of Dirty Hands

The Problem of Dirty Hands 初出:2009年4月29日(水)、実質改訂:2023年8月7日(月) ChatGPTの要約 スタンフォード哲学百科事典の「汚れた手の問題」に関するエントリは、政治的リーダーがコミュニティの大きな利益を得るためや災害を避けるため
中西部の医師

なぜ医師はイノベーションを起こそうとしないのか?
既成概念にとらわれず、あなたを助けてくれる医師を見つけるためのヒントとコツ

Why Won't Doctors Innovate? 中西部の医師 2023/11/02 一目でわかるストーリー 医学は特定の問題(例えば、生命を脅かすような怪我)に対処するのは非常に得意だが、他の多くの問題(例えば、慢性疾患)には苦戦している。 難病の患者は、医師が自分の枠に
LGBTQ、ジェンダー、リベラリズム

神経倫理学における科学的・哲学的視点
Scientific and Philosophical Perspectives in Neuroethics.

Scientific and Philosophical Perspectives in Neuroethics. 神経倫理学における科学的・哲学的視点 神経科学は神経系の構造と機能についての洞察を提供してきたが、意識、心、自己の本質については難しい問題が残っている。おそらく最も
EBM・RCT

医学哲学ハンドブック(2017)
Thomas Schramme, Steven Edwards (eds.) - Handbook of the Philosophy of Medicine (2017, Springer)

Thomas Schramme, Steven Edwards (eds.) - Handbook of the Philosophy of Medicine (2017, Springer) トーマス・シュランメスティーブン・エドワーズ編集 編集部 医学哲学ハンドブック 編者 
合成生物学・生物兵器

合成生物学のメタファー、世界観、倫理と法
Synthetic Biology Metaphors, Worldviews, Ethics & Law-VS Verlag für Sozialwisse

Synthetic Biology Metaphors, Worldviews, Ethics & Law-VS Verlag für Sozialwisse 技術・科学・社会の未来 編集:A. グルンバルト、カールスルーエ、ドイツ R. ハイル(ドイツ・カールスルーエ) C.
RFK Jr.、子どもの健康防衛(CHD)、JFK

「自己拡散」するワクチンは社会に複数のリスクをもたらす-インフォームド・コンセントの終焉を含めて
‘Self-Spreading’ Vaccines Pose Multiple Risks to Society — Including the End of Informed Consent

‘Self-Spreading’ Vaccines Pose Multiple Risks to Society — Including the End of Informed Consent 2021/06/02 推進派は、自己免疫型ワクチンを使用すれば、複雑な集団予防接種プロ
中西部の医師

強制接種に反対する新たな訴訟は、医療倫理について何を教えてくれるのだろうか?
医療倫理は、医療を実践する上で最も重要でありながら、軽視されている側面の1つである

What Can a New Lawsuit Against Forced Vaccination Teach Us About Medical Ethics? 中西部の医師 2023/04/15 注:この記事は当初、Mercola.comに掲載された。掲載後、最近の出来事から、
生命倫理・医療倫理

道徳ポルノにご注意
Beware Morality Porn

Beware Morality Porn 「ポルノ」は、現実の価値あるセックスにおいて、そのような欲求や満足を伴う多くの文脈的特徴から切り離された形で、強い性的欲求や満足を刺激する。批評家たちは、この切り離しがしばしば悪い、あるいは不健全であると訴える。 このポルノ概念の比喩的な
介護・介護者

哲学・生物学・政治経済における介護のあり方
Caregiving in Philosophy, Biology & Political Economy

2023年2月28日 Caregiving in Philosophy, Biology & Political Economy  GPT-4+Alzhacker まとめ 愛とケアは関係性であるとされ、両者は同じものである。 世話をすることが愛着と愛の関係を生み出し、私たちは世話
ロバート・マローン

ヘルシンキ宣言 ロバート・マローン
実際に何が書かれていて、COVID-19では守られたのだろうか?

The Declaration of Helsinki What does it actually say and was it followed during COVID-19? Robert W Malone MD, MSロバート・W・マローン医学博士、MS 「ヘルシンキ宣言
アグノトロジー・犯罪心理学・悪

根源悪の凡庸さか?凡庸な悪が根源悪なのか?
Is radical evil banal? Is banal evil radical?

Is radical evil banal? Is banal evil radical? 1. はじめに 最近、ハンナ・アーレントが提唱した「根源悪」(radical evil )と「悪の凡庸さ」(banality of evil)という概念が、どのように「調和」するのかについ
アグノトロジー・犯罪心理学・悪

悪の凡庸さ カリン・フライ
Banality of Evil - KARIN FRY

カリン・フライ ウィスコンシン大学スティーブンス・ポイント校(米国) ハンナ・アーレントは、雑誌「ニューヨーカー」で1961年にエルサレムで行われたアドルフ・アイヒマン裁判を取材した際に、「悪の陳腐さ」という概念を打ち立てた。アーレントは、悪を怪物的で悪魔的なものとして描くのでは

功利主義 ごく簡単な紹介
Utilitarianism: A Very Short Introduction

目次 ハーフタイトルページ シリーズページ タイトルページ 著作権ページ 献辞のページ 目次 序文 謝辞 *図版のリスト 1 起源 古代の先駆者 初期の功利主義者 創始者ベンサム 提唱者ジョン・スチュアート・ミル 学問的哲学者:ヘンリー・シドウィック 2 正当化 功利主義を正当化
昆虫食

なぜ昆虫に関心をもつ必要があるのか?【昆虫倫理】
Why should I care about insects?

byJamieGittins 2022年5月19日 この記事では、昆虫に対して思いやりの輪を広げることが合理的であり、かつ重要であると考える理由を述べる。 *エビや腹足類(ナメクジやカタツムリ)など、他の無脊椎動物にも当てはまる議論だと思うが、今回はわかりやすくするために、昆虫に
テクノクラシー

テクノクラート・ガバナンスの道具としての倫理専門家EUの医療バイオテクノロジー政策からのエビデンス
Ethics Experts as an Instrument of Technocratic Governance: Evidence from EU Medical Biotechnology Policy.

Littoz-Monnet, Annabelle (2015). Ethics Experts as an Instrument of Technocratic Governance: Evidence from EU Medical Biotechnology Policy.
集団心理・大衆形成・グループシンク

心の物理的コントロール ホセ・M・デルガド
精神文明社会へ向けて

Physical Control of the Mind -- Toward a Psychocivilized Society ホセ・M・デルガド著 第1部 心の進化心の物理的コントロール 第1章 自然の運命と人間の支配:生態系の解放と支配の過程 第2部 機能的主体としての脳と
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました