「自己拡散」するワクチンは社会に複数のリスクをもたらす-インフォームド・コンセントの終焉を含めて
‘Self-Spreading’ Vaccines Pose Multiple Risks to Society — Including the End of Informed Consent

RFK Jr.、子どもの健康防衛(CHD)、JFKワクチンワクチン シェディング、レプリコン生命倫理・医療倫理生物兵器ワクチン

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

childrenshealthdefense.org/defender/self-spreading-vaccines-risks-to-society-informed-consent/

‘Self-Spreading’ Vaccines Pose Multiple Risks to Society — Including the End of Informed Consent

2021/06/02

推進派は、自己免疫型ワクチンを使用すれば、複雑な集団予防接種プログラムを実施する必要がなくなると主張している。しかし、このワクチンは多くの健康被害をもたらし、またインフォームド・コンセントの終焉を意味すると批判している。

2019年10月、ジョンズ・ホプキンス大学健康安全保障センターは「パンデミック演習」Event 201を共同開催した。

それから1年余り、イベント201のシナリオが「仮説」から「具体的」に変化したとき、イベントのスポンサーが世界の大半の人々にCOVID-19を接種することを意図していることが明らかになったのである。

しかし、この目標を達成することは「記念碑的な挑戦」である。米国では、ニンジン(現金支給のチャンスからフライドポテトの無料注文まで)と棒(「個人的に」「未接種者を避けろ」という意地悪な呼びかけなど)の両方を含むマーケティングが行われているにもかかわらず、成人の3分の1以上(38%から45%)が、緊急使用許可を取得していない注射を拒否し続けている。

米国政府は90億ドル以上のワクチン研究に資金を提供し、220億ドルをワクチン流通の支援に使い、さらに100億ドルをアクセス拡大のために支出し、30億ドルをワクチンへの躊躇に対抗するための広告キャンペーンに費やしたのです。#TheDefender

未接種者の中には、いずれはワクチンを接種するつもりだと話す人もいるが、絶対に接種しないと決めている人も少なからずいる。このパターンは世界的にも同じようだ:全世界の成人の約3分の1COVIDの予防接種を受けないと回答している。

社会科学や行動科学の研究者が、ワクチンの信頼性をより強固なものにするために「ソフトサイエンス」の手法を用いる一方で、ベンチサイエンティストには、「伝染病と同じように集団を移動し」、「宿主から宿主へ」自ら広がっていく遺伝子組み換えワクチンという別のオプションが潜在している。

主流ではない(まだ)

理論的には、自己拡散型ワクチン(自己散布型や自律型とも呼ばれる)は、伝達可能(「1回の伝達に制限される」)または伝達可能(「無期限に伝達できる」)のいずれかに設計することができる。

ワクチン研究者たちは、伝播型ワクチンは「まだ主流ではないが、ゲノム工学の革命により、主流になる可能性がある」と認めている。

自己免疫型ワクチンの製造者は、組換えベクター技術を使用して、「良性」「無害」「悪性」とみなされるウイルスベクターの「シャーシ」に標的病原体の遺伝物質を組み込んでいる。これは、ジョンソン&ジョンソンやアストラゼネカのコロナワクチンの製造に使用されたウイルスベクターのアプローチに似ている。

ジョンズ・ホプキンスにとって、自己消滅するように意図的に操作されたワクチンの魅力は明らかなようだ。同大学の健康安全保障センターは、2018年の報告書「Technologies to Address Global Catastrophic Biological Risks 」(地球規模の壊滅的な生物学的リスクに対処する技術)で、その事例を明示した。報告書には「これらのワクチンは、各個人に接種する必要がなく、人間の…集団におけるワクチン接種率を劇的に高めることができる」と記されている。

さらに、自己免疫型ワクチンの実用的な意味について、報告書の著者は次のように述べている。「より多くの感受性集団に予防を与えるためには、わずかな数のワクチン接種者が必要であり、したがって集団接種の必要性を排除することができる」

プログラム的には、この戦略は「手作業で全員にワクチンを接種するよりも安く済む」という利点がある。しかし、それ以上に重要なのは、大量接種プログラムが日常的に抱えている「倫理的な茨の道」のひとつ、インフォームド・コンセント覆すことができることだろう。

同大学の健康安全保障センターが報告書で簡単に認めたように、自己消化型ワクチンは、基本的に「その後にワクチンが普及する人たち」がインフォームドコンセントを行うことが全く不可能になる。

動物のせいにする

2020年にNature Ecology & Evolution誌に寄稿した研究者たちは、ウイルス性人獣共通感染症(動物から人間に飛び移るという説のある病気)が「グローバルマインドセット」の一部として定着し、パンデミックにとらわれた世界の健康風潮の中心要素になっていると観測した。

SARS-CoV-2の人獣共通感染症としての起源は証明されていないにもかかわらず(疾病管理予防センターの前所長であるロバート・レッドフィールドのような人物によって疑われている)、この1年間のコロナウイルス騒動によって、野生動物の集団はウイルスの脅威が潜在する恐ろしい大鍋であるとの一般認識が強まり、人間を危険にさらす行動を起こすには適切な状況が必要であるとされた。

SARS-Cov-2パンデミックの阻止に失敗した」とされることから、自己免疫型ワクチンの普及を加速させる根拠となると、COVIDの瞬間を都合のよい科学的チャンスに見立てて、研究者たちは提案している。野生動物が持つさまざまな病気に対してワクチンを接種し、その微生物が人間に感染する機会をなくすことができれば、素晴らしいことだと思わないか」というのが、ジャーナリストたちの質問ある。

また、国防高等研究計画局(DARPA)や国立衛生研究所(NIH)などの政府機関や、ゲイツ財団などの寄付者にとっても、感染症ワクチンの研究は優先順位の高い研究課題となっていると言われている。

少なくとも公式には、自己増殖型ワクチン研究の主な焦点は、これまでのところ野生動物の個体群であった。野生動物への直接的なワクチン接種(例えば狂犬病など)は1960年代から行われていたが、野生動物の不妊化ワクチン(婉曲的に「免疫避妊」と呼ばれる)の開発という長年の努力と、遺伝子工学の最近の進歩が「伝播性ワクチン研究の基礎を提供した」のである。

研究者は、野生動物の貯水池をターゲットにすることの意図を説明している:

「この考え方は、基本的には、野生動物集団のごく一部に直接ワクチンを接種することである。そして、この『創始者』と呼ばれる人たちが、接触、性交渉、授乳、同じ空気を吸うなどして出会った他の動物に受動的にワクチンを広める。このような相互作用によって、徐々に集団レベルの免疫が構築されていく」

スペインの研究者がウサギを使った限定的な野外試験で検証したところ、注射または経口で伝染性ワクチンを接種したウサギと一緒に飼育したところ、ワクチン未接種のウサギの約50%が抗体を発症した。二次感染(ワクチンを接種していない最初のウサギと一緒に移された別のウサギの抗体の発現)を評価したところ、感染率ははるかに低かった(24羽中2羽)。

何が悪いのか?

2018年にジョンズ・ホプキンスの報告書が明らかにしたように、自己増殖型のアプローチを人間に適用できない技術的理由はない。ただし、著者らは「いくつかの大きな課題」を認めており、その中には、(前述のように)自己拡散型ワクチンではインフォームドコンセントが無意味になり、アレルギーなどの禁忌について個人をスクリーニングすることが不可能になることも含まれている。

ジョンズ・ホプキンス大学などによると、もう一つの大きな課題は、「ワクチンウイルスが野生型の病原性に戻るリスクが小さくない」ことで、ワクチンが病気を予防するのではなく、病気を増殖させる機会を作ってしまうことだという。

実は、この現象は経口ポリオワクチンという形で、すでに世界的に知られている。「意図的にそのように設計されている」わけではないが、経口ポリオワクチンは「少しは感染する」とされ、ポリオを引き起こすことが認められている。

ホプキンスの研究者たちは、「医学的リスクと社会的認知のリスクの両方がある」と指摘している。また、同大学の報告書では、ワクチンをより「弱い伝達力」になるように設計することで、復帰のリスクを軽減できるかもしれないが、それではワクチンが自ら「行く」ようになるという目的を達成できないかもしれない、というキャッチーな表現がされている。

一方、伝播性ワクチンを最も強く推進している2人の科学者は、「たとえ…復帰が頻繁に起こる場合でも、(その)性能は従来の直接投与型ワクチンの性能を大幅に上回ることが多い」と主張している。

また、同じ著者らは、新生児への直接のワクチン接種から感染ボールを転がし始めることが、特にインパクトがあることを示唆するモデルを開発している。

2020年9月、Bulletin of the Atomic Scientists誌に寄稿した2人の研究者は、自己拡散型ワクチンには重大な欠点があり、特に科学者が一度作ったものを放出するとコントロールできなくなることを考えると、「深刻なリスクを伴う」可能性があることに同意した。

科学者たちは、病気のように広がるワクチンの開発に取り組んでいる。何が間違っているのか?
Scientists are working on vaccines that spread like a disease. What could possibly go wrong? フィリッパ・レンツォス、ガイ・リーブス著|2020年9月18日 2014年にリベリアでエボラ出

彼らは、「自己増殖型ウイルスで新興感染症と戦うことは技術的に可能であり、その利点は大きいかもしれないが、その利点とさらに大きなリスクをどのように比較検討するのか」と指摘した。彼らはいくつかの追加的な質問を概説した:

  • ワクチンの「いつ、どこで」発売するのか、誰が決定するのだろうか。
  • 突然変異、種の飛び越し、国境越えなど、「予期せぬ結果」「意図しない結果」があった場合、どうなるのだろうか。意図しない結果について、2人の著者は、「必ずある」と付け加えている。
  • 生物兵器と「二重使用」のリスク、つまり病気の予防ではなく「意図的に害を与える」ために技術を使用することについてはどうだろうか。薬理ゲノミクス、医薬品開発、個別化医療の進歩は、「超標的生物兵器」を可能にする可能性があると2人は指摘している。

後者については、動物における免疫避妊の取り組みや、アパルトヘイト時代の南アフリカで「不妊ワクチン」の開発を目指し、失敗したとされる「プロジェクト・コースト」と呼ばれる人間に対する「武器化生物学」の悪名高い例も紹介されている。

他の科学者たちは、伝播性ワクチンに対してさらに直接的な反論を行い、ワクチンが自律的に拡散することのリスクは、実際、「潜在的な利益をはるかに上回る」と主張している。彼らの見解では、リスクとは、「ウイルスの突然変異の予測不可能性、大規模なテストを安全に行うことができないこと、バイオセキュリティに対する重大な潜在的脅威」である。

ワクチン科学:多くの未知数

数年前、COVIDではなく麻疹が大きな見出しを飾っていたとき、ワクチン未接種の人々が、明らかに発生した集団のスケープゴートにされていた。このようなエビデンスに基づかない指弾は、「MMR(麻疹・おたふく・風疹の生ワクチン)によって麻疹感染が広がるという現象が何十年も前から知られており」、「接種者の大多数で検出可能な麻疹感染」という十分に証明されていることを無視したものであった。

ファイザーとモデルナのコロナワクチンは、MMRのような従来の生ワクチンではなく、新しいメッセンジャーRNA(mRNA)技術を使用しているため、同じような「脱落」を起こすことはないと言われている。

しかし、多くのワクチン未接種者が、コロナワクチン接種者の近くで過ごした後、異常な症状や病気を報告している。ファイザー社のプロトコルでは、ワクチン接種者との吸入や皮膚接触による曝露の可能性を認めているため、心配した医療関係者は、何らかの新しい形のシェディング(排出)が起きているのではないかという疑問を投げかけている。

こうした疑問を呈する人々の中には、「What could possibly go wrong? 」というサブタイトルのついた、Bulletin of the Atomic Scientistsの2020年9月の記事を指摘する人もいる。2021年5月までに、Bulletinの編集者は、9月の記事が注目されたことを不快に思っているようで、Bulletinの内容が「非常に有効で安全なCOVID-19ワクチン」に関する陰謀論を助長するために悪用されていると述べ、距離を置こうとしていた。

科学者たちは、病気のように広がるワクチンの開発に取り組んでいる。何が間違っているのか?
Scientists are working on vaccines that spread like a disease. What could possibly go wrong? フィリッパ・レンツォス、ガイ・リーブス著|2020年9月18日 2014年にリベリアでエボラ出

COVIDワクチンが何らかの意味で「自己拡散」しているかどうかは、現在のところ答えの出ない問題である。しかし、観察されたワクチン接種者から非接種者への「シェディング」効果を説明できる、少なくとも1つのもっともらしい分子メカニズムが存在する。

GreenMedInfoのSayer Jiは、「生物系内の水平情報伝達は(中略)細胞外小胞によって媒介され、これにはマイクロベシクルの脱落として知られるウイルス様現象および/またはエクソソームによる核酸の伝達が含まれる」と説明している。「排出されたマイクロベシクルの生物学と生合成」に関する2017年の査読付き研究を引用して、Jiは次のように述べている:

(mRNAワクチンが)実際に、マイクロベシクルの脱落に寄与している可能性がある。ワクチン接種者がワクチン未接種者に与える持続的な生物学的影響に関しては、生細胞ワクチンの脱落よりもさらに大きく、より持続的な脅威を示すものである。

さらに確かなことは、科学者自身がすべての答えを持っているわけではない、ということである。ある人は、ワクチンを遺伝子工学的に操作することで、「厄介なものに進化する能力を阻止することができる」と信じたいと思うかもしれない。しかし、「(感染性ワクチンが)自己複製し、感染の連鎖を拡大する能力から生じる進化の必然性」を指摘する人もいる。

テクノスリラー作家のマイケル・クライトンは 2002年、ナノテクノロジーやその他の技術革新の出現により、進化のペースは「極めて急速」になる可能性が高いと予測した。クライトンは、「人類は、新しい技術が登場したときに、その危険性に対処した実績が乏しい」と警告している。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました