痛み・疼痛

DIYリポソーム

DIY:関節痛用カプサイシン・クリームの作り方

Capsaicin Cream for Joint Pain 著:カティー・デ・ファッラ(薬剤師) カプサイシンクリームは人気のある局所鎮痛剤で、市販されているものもあれば、家庭で作ることもできる。カプサイシンは、市販品も自家製品も、関節炎やその他の痛みを伴う筋骨格系の症状による
アーシング、グラウンディング、ゼータ電位

技術先進社会におけるアース(接地)不足による病気

Illnesses in technologically advanced societies due to lack of grounding (earthing) オンライン公開 2022年11月3日. ジェームズ・L・オッシュマン 要旨 ここに要約したグラウンディングやアー
アーシング、グラウンディング、ゼータ電位

書籍:健康をサポートするグラウンディングの実践的応用

Practical applications of grounding to support health オンライン公開 2022年12月5日 . ローラ・コニバー 要旨 過去数十年にわたる研究により、グラウンディングとして知られる大地に直接触れる行為は、身体を癒しの状態に導く
パーキンソン病

書籍:『The LDN Book – Volume Two』 低用量ナルトレキソンの本 第2巻
低用量ナルトレキソンがPTSD、疼痛、IBD、ライム病、皮膚疾患などの治療に革命をもたらす可能性に関する最新研究

The LDN Book, Volume Two: The Latest Research on How Low Dose Naltrexone Could Revolutionize Treatment for PTSD, Pain, IBD, Lyme Disease, De
低用量ナルトレキソン(LDN)

慢性疼痛に対する低用量ナルトレキソン:最新情報と系統的レビュー
Low-Dose Naltrexone for Chronic Pain: Update and Systemic Review

Low-Dose Naltrexone for Chronic Pain: Update and Systemic Review フィリップ・S・キム1 - マイケル・A・フィッシュマン1 AI 解説 この記事は、「慢性疼痛に対する低用量ナルトレキソン:最新情報と系統的レビュー」
PBMT LLLT /光生物調節

筋骨格系の痛みに対する低レベルレーザー治療(LLLT)の使用
The Use of Low Level Laser Therapy (LLLT) For Musculoskeletal Pain

The Use of Low Level Laser Therapy (LLLT) For Musculoskeletal Pain 2015年6月9日オンライン公開 要旨 痛みは、米国で医師の診察を受ける最も一般的な理由である。アメリカ人の3人に1人は毎年慢性疼痛に悩まされてい
心理学

デヴィッド・スピーゲル – トランスフォーメーション – 脳と身体の催眠術
David Spiegel - Tranceformation - Hypnosis in Brain and Body

IHMC チャンネル登録者数 7.09 万人 この講義はIHMC Evening Lecture seriesの一部です。 は、解離、暗示への開放性、知覚を調節する能力の向上と相まって、高度に集中した注意を伴う脳活動の特定の形態です。催眠の基礎となる神経活動について、事象関連電位
痛み・疼痛

米国における疼痛管理のための補完的医療アプローチのエビデンスに基づく評価

Evidence-based Evaluation of Complementary Health Approaches for Pain Management in the United States  2016 Sep 概要 多くの痛みは数日から数週間で消失する急性のものであ
メチレンブルー

慢性的な痛みからの解放:メチレンブルー

Relief From Chronic Pain: Methylene Blue アナ・マリア 0:01 こちらはDr.アナ・マリア・ミ・ヒハです。私はAM Medical LLCの代表をしています。今日は、メチレンブルーによる慢性痛の緩和についてお話したいと思います。 メチレン
痛み・疼痛

腓腹筋神経麻痺 評価と管理

Peroneal Nerve Palsy: Evaluation and Management 概要 腓骨神経麻痺は、下肢の最も一般的な閉塞性神経障害である。数多くの原因が同定されているが、圧迫が最も一般的な原因である。神経の損傷は、坐骨から足や足首の末端までの経路のどこでも起こ
オフラベル、再利用薬

慢性疼痛に対する新たな抗炎症治療法としての低用量ナルトレキソン(LDN)の使用について
The use of low-dose naltrexone (LDN) as a novel anti-inflammatory treatment for chronic pain

要旨 低用量ナルトレキソン(LDN)は,線維筋痛症,クローン病,多発性硬化症,複合性局所疼痛症候群などの症状の重症度を軽減することが実証されている。 本研究では、LDNがミクログリア細胞への作用を介して、中枢神経系において新たな抗炎症剤として作用する可能性を示す証拠を検討した。こ
ハーブ

漢方薬「抑肝散」とその有効成分の神経薬理学的効果

Neuropharmacological efficacy of the traditional Japanese Kampo medicine yokukansan and its active ingredients  2016年7月1日 要旨 認知症は、認知機能障害を伴う進
イベルメクチン

イベルメクチンは創傷治癒時の末梢神経再生を促進する

Ivermectin Promotes Peripheral Nerve Regeneration during Wound Healing オンラインで公開2018年10月1日 Dana M. Cairns,† Jodie E. Giordano,† Sylvia Conte,
アルツハッカー その他

利他的行動は身体の痛みを和らげる

Altruistic behaviors relieve physical pain 意義 何世紀にもわたって、科学者たちは、なぜ人が他人を助けるために個人的なコストをかけるのか、そしてそのコストが実行者自身に与える影響について熟考してきた。これまでの研究では、利他的な行動をとっ
COVID 中枢神経系

COVID-19 症状・後遺障害 / 筋肉痛・骨格筋損傷・疼痛

筋痛・筋炎 有病率 筋肉痛は、患者の35~50%で報告されている最も一般的な症状の一つである(Xu et al. 2020a; Huang et al. 2020; Ding et al. 2020; Li et al. 2020b)。 横紋筋融解症は晩期合併症として発生し、生命
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました