ビタミンB

ビタミンB

限界欠乏症の菜食主義者および菜食主義者におるコバラミンの栄養状態に対する2種類のビタミンB12の舌下投与量の効果 無作為化比較試験

Effect of two different sublingual dosages of vitamin B12 on cobalamin nutritional status in vegans and vegetarians with a marginal deficiency: A randomized controlled tr...
ビタミンB

B12関連遺伝子多型を緩和する可能性のある特定のB12サプリメントのバイオアベイラビリティーと利用法の比較

Comparative Bioavailability and Utilization of Particular Forms of B12 Supplements With Potential to Mitigate B12-related Genetic Polymorphisms 要旨 文脈 ビタミンB12には、 ...
ビタミン類

ビタミンB12(認知症・アルツハイマー)

ビタミンB12 メチルコバラミン、シアノコバラミン、コバラミン、5-デオキシアデノシルコバラミン(ヒドロキシB12)、アデノシルコバラミン、コバマミド、ジベンコジド、ヒドロキソコバラミン 概要 ビタミンB12は水溶性ビタミンに分類されるコバラミンの一種であり、コバルトと結合する有機金属化合物。 DNA合成、脂肪酸の合成、エネル...
ビタミン類

「ナイアシンは効かないし、有害だ!」という見出しの主張 またしても統合医療の信頼を貶めるために大きく公表された疑わしい研究

“Niacin Doesn’t Work and Is Harmful!” Proclaim the Headlines. Yet Another Highly Publicized Questionable Study to Discredit Integrative Medicine マークヒューストン、MD、MS、MSCとジョ...
ビタミン類

心血管疾患のアウトカムの管理におけるナイアシンの役割の評価 システマティックレビューとメタアナリシス

Assessment of the Role of Niacin in Managing Cardiovascular Disease Outcomes キーポイント 質問 米国食品医薬品局(FDA)が承認した心血管疾患患者に対するナイアシンの残りの適応を裏付ける証拠は何か? 所見 35 760人の参加者を含む119の臨...
ビタミン類

中枢神経系におけるナイアシン 生物学的側面と臨床応用の最新情報

Niacin in the Central Nervous System: An Update of Biological Aspects and Clinical Applications 要旨 ナイアシン(別名「ビタミンB3」または「ビタミンPP」として知られている)は、ニコチンアミド・アデニン・ジヌクレオチド(NAD...
ビタミン類

ビタミンB群と脳 メカニズム、用量、有効性のレビュー

B Vitamins and the Brain: Mechanisms, Dose and Efficacy—A Review 要旨 ビタミンB群は、8種類の水溶性ビタミンからなるグループで、細胞機能に不可欠で密接に関連した役割を果たし、膨大な数の異化・同化酵素反応における補酵素として作用している。これらの集合的な効果は、エ...
コロナウイルス予防と治療

COVID-19 ナイアシンと酸化ストレス

ミニレビュー ビタミンB3の生体サイクルと酸化ストレスへの影響を探る。さらなる分子的・臨床的側面 Minireview Exploring the Biological Cycle of Vitamin B3 and Its Influence on Oxidative Stress: Further Molecular and Cli...
3型 (生物毒素・感染症)

葉酸・5-MTHF(認知症・アルツハイマー)

葉酸(ビタミンB9)・ 5-メチルテトラヒドロ葉酸 関連記事 MTHFRについて 検査・対処法など(認知症・アルツハイマー) 概要 葉酸は、ビタミンB9とも呼ばれる。 活性型葉酸と言われる5-メチルテトラヒドロ葉酸は、省略して5-MTHFと書かれる。 葉酸の主な役割 メチル化の寄与、核酸、アミノ酸の生...
ビタミン類

ビタミンB6(認知症・アルツハイマー)

ビタミンB6 概要 ビタミンB6は、ピリドキサール(PAL)、ピリドキシン(PIN)、ピリドキサミン(PAM)、またはそれらのリン酸化形態の酵素をまとめた総称。 体内ではそのほとんどが、PALとPAMの活性型であるPLPとPMPの形態で存在する。 体内でビタミンB6の活性型として作用するピリドキサール5リン酸(PLPま...