合成生物学・生物兵器

COVIDの起源

世界的パンデミックはエリートのマルサス的アジェンダと米国のバイオ戦争の産物か?

Is the Global Pandemic a Product of the Elite’s Malthusian Agenda and U.S. Bio-warfare? by マックス・パリー / 2020年3月21日 3月11日、世界保健機関(WHO)は、2009年の新型
ダグラス・ユーヴァン

フェルミ・パラドックス、ウイルスパス、人口削減

Fermi Paradox, Viropaths, and Depopulation プレプリント - 2022年2月 ダグラス・C・ユーヴァン、チャールズ・ジュヴォン 2022年2月18日 アンソニー・S・ファウチ 2012年 「この分野で働く科学者たちは、私が実際にそう言って
GMO、農薬

国家安全保障に対する軍事的脅威のシステムにおけるハイブリッド戦争 教科書(部分翻訳)

Гибридная война в системе военных угроз национальной безопасности Terrorist warfare Extremism as the basis of terrorism 書籍詳細 本稿は、ハイブリッド戦争という
グローバルリサーチ

なぜゲイツと国防総省はフロリダキーズに遺伝子組み換え蚊を放したのか?

Why Did Gates and the Pentagon Release “Gene Edited” (GMO) Mosquitoes in Florida Keys? ウィリアム・エングダール グローバルリサーチ、2024年3月01日 蚊の兵器化: WHOとゲイツ社はアフリ
LLM - LaMDA, ChatGPT, Claude3

人工知能と生物学的誤用: 言語モデルと生物学的設計ツールのリスクを区別する
Artificial intelligence and biological misuse: Differentiating risks of language models and biological design tools

ヨナス・B・サンドブリンク1*1 1 イギリス、オックスフォード大学、ナフィールド医学部 * 要旨 人工知能(AI)の進歩が生命科学の進歩を推進する一方で、生物製剤の兵器化や悪用を可能にする可能性もある。本稿では、このようなバイオセキュリティリスクをもたらす可能性のある2種類のA
医療・感染症の歴史

アジアの戦争犯罪裁判における協力と加担の議論 1945-1956年

Debating Collaboration and Complicity in War Crimes Trials in Asia, 1945–1956 犯罪・文化・暴力の世界史 シリーズ編集者マリアンナ・ムラヴィエワタンペレ大学(フィンランド) ライサ・マリア・トイヴォタンペ
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

毒素兵器と生物調節兵器 化学・生命科学の悪用を防ぐ
毒素兵器と生物調節兵器 化学・生命科学の悪用を防ぐ

Toxin and Bioregulator Weapons Preventing the Misuse of the Chemical and Life Sciences Michael Crowley Malcolm R. Dando シリーズ編集者 ジム・ホイットマンウェイ
RFK Jr.、子どもの健康防衛(CHD)、JFK

独占インタビュー:RFK Jr.が『武漢の隠蔽工作』を書いた理由とは?
Exclusive Interview With RFK Jr. on Why He Wrote ‘The Wuhan Cover-Up’

Exclusive Interview With RFK Jr. on Why He Wrote ‘The Wuhan Cover-Up’ 23/11/30 CHD.TVの独占インタビューで、休職中のチルドレンズ・ヘルス・ディフェンス(CHD)会長ロバート・F・ケネディ・ジュニア
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

武漢の隠蔽工作
The Wuhan Cover-Up

目次 献辞 謝辞 はじめに 第1章 予言者たち 第1部 武漢への道武漢への道 第2章 生物兵器とアメリカの価値観 第3章 生物兵器の歴史 日本の731部隊 健康な被験者 第4章 破片を拾う: 米国の生物兵器プログラムの誕生 大学 第5章 石井とその子分をダウンロードする。日本のペ
ロバート・マローン

ロバート・マローン博士による英国議会議員への演説(2023年12月4日)
私は医師であり、科学者であり、偶然にもこの技術の創世記に一役買っていたのですが......この技術にまつわる毒性を克服することができなかったのです

IMPORTANT - Dr. Robert Malone's address to the Members of UK Parliament (4th December 2023) ピエールさん、ありがとうございました。それでは、ロバート・マローン博士に証拠を提出していただきま
合成生物学・生物兵器

農場を動かす遺伝子:誰が決定し、誰が所有し、誰が利益を得るのか?
Gene driving the farm: who decides, who owns, and who benefits?

Gene driving the farm: who decides, who owns, and who benefits? 農場を動かす遺伝子:誰が決定し、誰が所有し、誰が利益を得るのか? メイワ・モンテネグロ・デ・ウィット 人間生態学、カリフォルニア大学デイビス校、デイビス
ケビン・マッカーナン、SV40、DNA混入

科学は語らせる – サーシャ・ラティポワ&キャサリン・ワット、2023年10月4日
Let the Science Speak - Sasha Latypova & Katherine Watt, 4 Oct 2023

Let the Science Speak - Sasha Latypova & Katherine Watt, 4 Oct 2023 サーシャ・ラティポワ 主催者には素晴らしいおもてなしに感謝いたします。皆さんがここに参加できて、とても感動し、幸せです。私は自分のバックグラウン
合成生物学・生物兵器

生物兵器を阻むもの
Barriers to Bioweapons

一般大衆の間でも、法律家や国家安全保障の専門家の間でも、十分な動機と物質的資源があれば、国家やテロリスト集団は生物兵器を簡単に、安価に、そして成功裏に製造できるという考えがある。ソニア・ベン・ウアグラム=ゴームリーは、『生物兵器の障壁』の中で、生物兵器の開発は困難で長期にわたる高
合成生物学・生物兵器

『細菌』生物兵器とアメリカの秘密戦争
Germs Biological Weapons and America’s Secret War

Germs : Biological Weapons and America’s Secret War サイモン&シュスター ニューヨークロンドントロントシドニー シンガポール ロックフェラー・センター1230アベニュー・オブ・ジ・アメリカズ 細菌: 生物兵器とアメリカの秘密戦争
ライム病

書籍:『BITTEN / 噛まれる』ライム病と生物兵器の秘史 2020
Bitten: The Secret History of Lyme Disease and Biological Weapons

Bitten: The Secret History of Lyme Disease and Biological Weapons 献辞 夫のポールへ 米国国立衛生研究所(NIH)、国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)、ロッキーマウンテン研究所、ゲイリー・ヘトリック氏提供
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

生物兵器事故の隠蔽戦略: ライム病集団感染の事例研究|クリス・ニュービー
Coverup strategies for bioweapons accidents: A case study on the Lyme disease outbreak | Kris Newby

!function(r,u,m,b,l,e){r._Rumble=b,r||(r=function(){(r._=r._||._.length==1){l=u.createElement(m),e=u.getElementsByTagName(m),l.async=1,l.src
世界保健機関(WHO)・パンデミック条約

WHOのパンデミック条約は人為的パンデミックを増加させる
The WHO’s Pandemic Treaty Will Increase Man-Made Pandemics

WHO条約に関するBrownstone版をすでに読んだ人は、これを読まないでほしい。1,000語を追加し、タイトにした ベストバージョン 重要な情報だから、同胞たちの目を覚まさせるために、できる限り良いものにしようと思っている。最後が最も重要な部分だ 注:原文の引用リンクはこの記
合成生物学・生物兵器

合成生物学のメタファー、世界観、倫理と法
Synthetic Biology Metaphors, Worldviews, Ethics & Law-VS Verlag für Sozialwisse

Synthetic Biology Metaphors, Worldviews, Ethics & Law-VS Verlag für Sozialwisse 技術・科学・社会の未来 編集:A. グルンバルト、カールスルーエ、ドイツ R. ハイル(ドイツ・カールスルーエ) C.
合成生物学・生物兵器

731部隊のマルタ
Marutas of Unit 731: Human Experimentation of the Forgotten Asian Auschwitz (Uncovering Unit 731, Band 2)

Marutas of Unit 731: Human Experimentation of the Forgotten Asian Auschwitz (Uncovering Unit 731, Band 2) 731部隊の人体実験 忘れられたアジアのアウシュヴィッツ ジェニー・
サーシャ・ラティポワ

民族標的の生物兵器?
政治的動機に基づくクソ嵐がネット上を襲う

Ethnically Targeted Bioweapons? サーシャ・ラティポワ 2023/07/19 ロバート・ケネディ・ジュニアは最近」進歩的」なメディアを大いに騒がせた(妹のケリーはNBCに対し、「彼の嘆かわしい、真実味のない発言を強く非難する」と述べた)。彼の罪とは、
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました