『細菌』生物兵器とアメリカの秘密戦争
Germs Biological Weapons and America’s Secret War

合成生物学・生物兵器

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Germs : Biological Weapons and America’s Secret War

サイモン&シュスター

ニューヨークロンドントロントシドニー シンガポール

ロックフェラー・センター1230アベニュー・オブ・ジ・アメリカズ

細菌: 生物兵器とアメリカの秘密戦争 / Judith Miller, Stephen Engelberg, William Broad, p. cm.

 

ターニャ、ガブリエル、ジェイソンのために

…その弦を解こう、

そして、耳を澄ませば、どんな不協和音が続くのだろう!

ウイリアム・シェイクスピア トロイラスとクレシダ

ペルシャ湾戦争から6年後の1997年12月、国防総省は240万人の兵士と予備兵に炭疽菌のワクチンを接種することを決定したと発表した。奇妙な動きだった。サダム・フセインの生物兵器計画は、その2年以上前に暴露されていた。では、何が変わったのだろうか?細菌兵器がもたらす新たな、さらに恐ろしい危険によって、この決断が下されたのだろうか?クリントン政権は、タフに見える国際問題を探していたのだろうか?

私たちはニューヨーク・ティニーズのために、何がこの決断の動機となったのかを探ることにした。兵器に詳しい科学ライター、国際テロを追ってきたベテランの海外特派員、そして情報機関と国防総省を調査した編集者というチームである。私たちは懐疑的であったが、連邦政府機関がしばしばその存在と予算を正当化するために、このような危険を誇張することをよく知っていた。

私たちはすぐに、炭疽菌の決定は、細菌兵器による危険の増大に対抗するための、より大規模な政府の取り組みの一環であることを知った。それから3年間、私たちはワシントンからカザフスタン、日本、ロシアに至るまで、この物語を追いかけ、最終的にこの本を書くことにした。この問題は、科学、情報、外交にまたがり、これまで私たちが調査したどの問題よりも複雑で知的挑戦的であった。私たちは、そのような問題意識から、この本を執筆するに至ったのである。

1 攻撃

1984年9月9日、日曜日の正午だった。オレゴン州ダレスにあるシェーキーズ・ピザには、セント・メリーズの教会員たちが流れ込んでいた。1977年に木製テーブルとリノリウムの床の簡素な食堂を購入したデイブ・ラトゲンズと妻のサンディは、ワスコ郡の土地利用計画委員会の委員を務めていた友人のダン・エリクセンとピザをシェアしていた。雪を頂くフッド山からほど近い、壮大なコロンビア川渓谷に位置する1万人ほどの安定したこのコミュニティで、彼らはほぼ全員が関心を寄せるようになった話題について話し合っていた。

1981年、バグワン・シュリー(サンスクリット語で「サー・ゴッド」の意)・ラジニーシの信者たちは、郡庁所在地のダレスから車で2時間のワスコ郡にある6万4,000エーカーの人里離れた牧場に575万ドルを支払った。彼らの計画は「ブッダフィールド」と呼ばれる農業コミューンを建設し、そこで「悟りを開いたマスター」の信条である美、愛、罪のないセックスを謳歌することだった。瞑想ではなくセックスこそが、何千人もの信奉者(その多くは裕福な西洋人)を、最初はコミューンの本家本元であるインドのプーナに、次にはオレゴンに引き寄せたのだと、反対者たちは言った。グループは、指導者たちが信者からだけでなく、麻薬やその他の不正な活動からも金儲けをしているという報道から生じた政治的圧力の高まりの下で、プーナを去った。しかし、この教祖は1990年代、細菌兵器についてどうすべきかをめぐる、禿げ上がったベイツである。

その歴史は科学に縁取られている。20世紀後半の生物学的進歩は病気を克服し、人間の寿命を延ばした。しかし、これらの発見は同時に、細菌を使って破壊しようとする者たちにかつてない力を与えた。米国とソ連は25年以上にわたり、生物兵器の開発競争を繰り広げてきた。1972年、世界各国が生物兵器を禁止する条約に調印し、その脅威は消滅したかに見えた。しかし、細菌兵器は消滅しなかった。条約が調印されるやいなや、ソ連は秘密裏に、その計画を膨大な産業規模で拡大することを決定したのである。必然的に、科学的知識が広まるにつれ、他の国々、テロリスト集団、カルト集団、そして個人までもが、独自の生物爆弾の入手を夢見るようになった。

私たちは、少数の専門家グループがクリントン政権に細菌兵器の脅威をもっと真剣に受け止めるよう働きかけたことを知った。彼らのキャンペーンは、一連の大惨事と、イラクやロシアなどからの驚くべき情報報告によって勢いを増した。

私たちの物語は、当時はほとんど気づかれなかった恐ろしい事件から始まる。

宗教偽医者のような笑みを絶やさない髭面のインド人が、金持ちになることは祝福されることだと説いた。彼はダイヤモンドをちりばめた時計のコレクションと90台のロールスロイスを所有していた。

彼の熱心な信奉者である「サニヤシン」たちは、毎日10時間から12時間、牧場で働きながら歌った。わずか3年で、彼らはこの不毛の土地に小さな都市を築き上げた。今では、何十ものモジュラー・ビルや移動式住居、2.2エーカーの集会場、160室のホテル、2ブロックに分かれたショッピング・モール、カジノとディスコ、ダムと湖、新しい道路網、洗練された上下水道と交通システム、宗派が所有する5機のジェット機とヘリコプターのための谷底の滑走路、そして4000人の繁栄しているように見えるコミュニティがある。毎年恒例の夏祭りのチケットを販売すると、その数は1万4千人に膨れ上がった。地元住民の中には、カルト集団の「偶像崇拝的乱交」を止めようとする者もいたが、州の伝統である寛容さが勝った。

多くの郡役人と同様、ダン・エリクセンもこのグループを嫌っていた。彼らを疑う理由はたくさんあった。ラジニーシたちは、主に農業用地に自分たちのコミュニティを建設した。彼らは、自分たちの拡大計画に反対する地元住民に嫌がらせをし、最初は歓迎していた近隣住民を脅したが、グループの攻撃性に警戒するようになった。

1982年、サニヤシンは隣町のアンテロープに移り住んだ。選挙で町議会の主導権を握った彼らは、町議会の会議はすべてジョークで始まり、ジョークで終わるように定め、地元の学校を引き継ぐことを主張して住民を激怒させた。彼らは町をラジニーシと改名し、アンテロープス唯一の商店、レストラン、ガソリンスタンドをゾルバ・ザ・ブッダというベジタリアン向けの健康食品カフェに変えた。地元の人々は、「Better DeAD than red」と「Antelope’s heritage(アンテロープの遺産はお金では買えない)」と書かれたバンパーステッカーで応戦した。

バグワンの信奉者たちはまた、牧場の境界線内にラジニーシュプラムと呼ばれる別の都市を作り、そこでも区画整理を管理した。彼らは独自の市警察、つまり60人からなる「平和部隊」を創設し、多くの武器や軍事機器を装備した。ラジニーシの敷地内の郡の公道を車で走ったオレゴン州民は、バグワンの警察に止められ、虐待されたと訴えた。

法人化によって、ラジニーシ警察は州が運営する法執行訓練プログラムとオレゴン州の犯罪データネットワークにアクセスできるようになった。しかし、郡に住む数人の住民からグループに対する公民権侵害の苦情を調査していたFBIは、全米犯罪情報センターのデータベースにある機密情報へのアクセスを拒否した。

そして今、このコミューンは、ニューヨークをはじめとする全米の都市から、シェア・ア・ホーム・プログラムのもと、3000人ほどのホームレスを牧場に招き入れ、またもやゾーニングや法的規制に違反して、さらに拡大しようとしていた。オレゴン州のリベラルな有権者登録法を利用し、ラジニーシたちは1984年11月の選挙でホームレスの投票登録を行うことで、郡委員会などの選挙権を獲得しようとした。ラジニーズがいったんワスコ郡を支配すれば、エリクセンや他の地元の人々は、彼らを止めることはできないだろうと恐れていた。

ラジニーズはエリクセンの計画委員会と郡委員会に、要求、請願、訴訟で殺到した。郡委員会が彼らの要求に異議を唱えると、彼らは辛辣な攻撃と不特定多数の悲惨な脅迫で応戦した。

ルトゲンズは、自分の一族のルーツをオレゴン州のフルトラッピングの創始者まで遡るが、この地域には新しい血が必要だと感じていた。ラジニーズは懸命に働き、高学歴で有能な信者、弁護士、医者、エンジニアを集めた。そして彼らは金を使った。彼らは到着以来、牧場に3,500万ドル以上を投資した。このことは、2年前に主要産業であったアルミニウム製錬所が閉鎖されたダレスにとっては幸運であった。ラトゲンズはまた、多くのビールがこの牧場に運ばれていることも知っていた。スイートチェリーや農産物を栽培する地元の農家や、その他のビジネスマンたちも、コミューンの設備や物資を売っていた。

奇妙な人たちかもしれないが、ラジニーズは自分たちの砂漠に花を咲かせようと決意しているようだった。2本の小川が流れ、岩の崖となだらかな丘陵に囲まれた急斜面の谷間に位置するこの牧場は、夏は猛暑でカラカラに乾き、冬は火山性の土壌を一瞬にしてベトベトの粘土に変えてしまう豪雨に見舞われることもあった。それでも宗派は、過放牧の土地を菜園や果樹園で埋め尽くしていた。

サニヤシンは時々、デーブ・ルトゲンズのレストランで食事をした。新鮮な野菜、ミックスサラダ、数種類のレタス、付け合わせ、ドレッシングが常に豊富に揃っていた。ルトゲンもそれが気に入り、バーに行って自分と妻のためにマカロニを大盛りにし、ダンのためにサラダを買ってきた。

胃痙攣はその日のうちに始まった。最初は軽いものだった。ルトゲンスはレジに座って午後の売上を数えながら、吐き気とともに胃痙攣を感じた。夕方になると、その症状は無視できないほどひどくなった。めまいがして意識がもうろうとし、寝室を横切ってトイレに行くのがやっとだった。悪寒、発熱、激しい下痢と嘔吐で、彼は衰弱し脱水症状を起こした。

その2日後、彼の妻が体調を崩し始め、ダン・エリクセンは彼ら以上に具合が悪くなった。彼は町で唯一の病院であるミッドコロンビア・メディカル・センターに運ばれた。その週の終わりまでに、28人の従業員のうち13人が病気になった。また、何十人もの客が彼のレストランで食事をした後、激しく体調を崩したと苦情の電話をかけてきた。訴えると脅す者もいた。

9月17日、ワスコ・シャーマン公衆衛生局は、ダレスの別のレストランで食事をした後、胃腸炎を訴えた人から電話を受けた。それから数日後、同署にはさらに2つのレストランを含む少なくとも20件の苦情が寄せられた。集団発生が始まってから48時間も経たないうちに、ミッドコロンビア・メディカル・センターの病理学者が患者の便から、人々を病気にしている細菌がサルモネラ菌であることを突き止めた。最初の報告から4日後の9月21日、ポートランドにあるオレゴン州立公衆衛生研究所の科学者たちが便のサンプルをさらに分析し、食中毒の原因菌としてよく知られているサルモネラ・チフス菌であることを突き止めた。この場合、ほとんどの抗生物質で治療可能な非常に珍しい菌株であることがわかった。サルモネラにはおよそ2500種類の菌株が知られていたので、これは迅速な科学的調査であった。しかし、9月下旬になると、新たな感染者の報告は少なくなっていた。

郡保健所の責任者であるカーラ・チェンバレン看護師は、1980年から1983年の間に同署が報告したサルモネラの分離株はわずか16株で、そのうち8株はサルモネラ・チフスムリウムであったことを知っていた。この菌株とは似ても似つかないものだった。波が押し寄せたとき、チェンバレンは集団感染は終わったと思った。

実際、ダレス市民は生物学的な包囲網にさらされていた。棒状の細菌はいったん被害者の体内に入ると、数時間から数日の間に大繁殖し、組織を傷つけ、ライバルの細菌を圧倒した。彼らの主な武器は毒素と細胞壁にある粘着性の毛であり、これによって結腸や小腸の粘膜を捕らえ、無理やり内部に侵入した。毒素によって腸は水のような液体を噴出した。通常、感染後12時間から48時間後に腹痛が始まり、下痢、悪寒、発熱、時には嘔吐が続いた。サルモネラ症は最大4日間続き、若者や高齢者、抵抗力が弱っている患者では重症化する可能性がある。下痢は、脱水症状を積極的に輸液で治療しなければ、生命を脅かす可能性がある。

9月21日、オレゴン州の研究所が最初の集団感染の原因となったサルモネラ菌を特定した翌日、チェンバレン氏の事務所には、ダレス市内の10軒のレストランで発病した人々に関する第二の報告が寄せられ始めた。東西の主要幹線道路である州間高速道路84号線に面しているため、この町には不釣り合いなほど多くのレストランがあり、全部で35軒あった。

ミッド・コロンビア病院の病理医アーサー・バン・イートンと彼の小さなスタッフは、患者と仕事に追われていた。開院してまだ1年しか経っていない新しい検査室には、ポートランドにある州の研究所に送られる検体が山のように積まれていた。通常、この研究所では、どんな細菌が増殖するかを調べるために検体を培養するブロスである培地は、2,3週間ごとに1回出荷され、それを使い切っていた。しかし、アウトブレイクの第二波では、週に3回の出荷があった。通常の週にはシャーレ20枚分の検査が1日おきに200枚に増えた。報告書のピーク時には、研究所の培地がまったく足りなくなった。

ミッドコロンビア病院の125のベッドは初めてすべて埋まった。患者の多くは怒りっぽく、敵対的で、非常に怯えていた。暴力的な患者とその家族は検査結果を要求し、中には病院の医師や技師に便や尿のサンプルを投げつける者さえいた。

集団発生が終わるまでに、1000人近くが医師や病院に症状を訴え、751人がサルモネラ菌に感染していることが確認され、オレゴン州史上最大の集団発生となった。奇跡的に死者は出なかった。しかし、妊婦が早産し、赤ん坊が毒の影響で苦しんでいた。

一方、チェンバレンと彼女の小さなスタッフは奮闘していた。同僚がレストランを視察し、オーナーや従業員から話を聞き、チェンバレンは患者から話を聞き、共通点を探っていた。

アトランタに本部を置く米国疾病予防管理センターとその伝染病情報サービスには、70人の若い医師が所属しており、彼らは全米で発生した不審な病気の調査を通じて疫学を直接学んでいた。冷戦の初期に設立されたEISの当初の任務は、米国に対する細菌攻撃を探知することだった。

ユージーンで医学研修を受けていたEISの新任職員トーマス・トーロクがオレゴンに到着した時には、すでに60例のサルモネラ菌が確認されていた。チェンバレンのオフィスは、患者の中にあるつながりを発見した。その日、地元の保健衛生担当者はレストランに対し、サラダバーのサービスを自主的に中止するよう勧告した。全員がそうした。

チェンバレンの事務所の支援を受け、地元の衛生学者、州保健当局者、トーロック、その他3人のEIS担当官を含む20人以上の地元公衆衛生局員が、この集団感染の徹底的な疫学調査を開始した。郡保健所にはメインフレームコンピューターはなかった。EISの医師が原始的なポータブルコンピューターを設置するまで、聞き取り調査や収集したデータはすべて手作業で記録され、照合された。

調査員は何百人もの患者、その家族、友人から話を聞いた。クレジットカードで食事代を支払った州外からの訪問者を探し出し、彼らがどう感じたか、何を食べたかを尋ねた。そのうちの約100人が感染しており、その多くは客より先に発病していた。彼らはサラダバーの温度を測定し、食品取り扱い方法を検査した。近隣のワシントン州にある未認証の酪農場を訪れ、牛、牛の糞、生乳、そして農場の池の水までサルモネラ菌を検査した。サルモネラ菌は検出されなかった。

ダレスに供給している地元の2つの水道とレストランの水も検査した。あるレストランにキュウリとトマトを販売していた農場を訪ねたところ、近くのトレーラーコートが9月初旬に浄化槽の故障に見舞われていたことがわかった。しかし、検査の結果、隣接する野菜畑は汚染されていなかった。

別の農園では、カンタロープをレストランに提供したところ、そのレストランの客が病気になったという。しかし、検査官はすべてのメロンが収穫され、販売されていることを発見した。検査するものは残っていなかった。

影響を受けたレストランで提供されたいくつかの疑わしい食品をサンプリングし、検査した。ここでも陰性であった。宅配を注文した120人に聞いたところ、病気になった人はいなかった。宴会で出された料理を食べた人も同様だった。病気になったのは、サラダバーで食べた人、あるいはマカロニサラダやポテトサラダなどのミックスサラダのサイドディッシュを注文した人だった。

共通のソースがあったわけではない。レタスは別々の業者から、他の野菜も同様だった。サラダのドレッシングは別の卸売業者のものだった。それぞれの品目について、出所を突き止めた。あるレストランがバーの装飾に使っていたケールに汚染がないかどうかまで調べた。何も見つからなかった。あるレストランではコーヒークリーマーのミルクから、別のレストランではブルーチーズドレッシングからサルモネラ菌が検出された。このことから、ドレッシングは調理中あるいは調理後に汚染されたことが示唆された。しかし、どのようにして、なぜ、誰が?

ザ・ダレスのある人物は、この大発生が自然発生ではないと確信していた。ウィリアム・ハルス判事は、係争中の土地使用問題などを裁定する3人の委員からなる郡委員会の長であったが、前年、彼ともう一人の委員がコミューンを訪れた翌日にサルモネラ菌に感染したため、ラジニーシたちが仲間を毒殺したのではないかと心配した。

病院の記録によると、ハルスは死にかけたという。サルモネラ菌の検査をしていなかったのだ。牧場への旅は不愉快なものだったが、彼はそれを予期していた。毎年恒例の夏祭りを前に、委員会は牧場の強制検査を行っていたのだ。バグワンの個人秘書で、コミューンの事実上のリーダーであるマー・アナンド・シーラは、彼ともう一人の委員に、アシュラムを一周するバンの後ろに乗るように指示した。

彼らが車に戻ると、片方のタイヤがパンクしていた。ラジニーシたちはタイヤを交換する間、委員たちに紙コップに入った水を差し出した。その8時間後、彼らはデーブ・ルトゲンズとほとんど同じ症状で激しく体調を崩した。ハルスともう一人の委員は、ラジニーズ夫妻が彼らの水に何かを入れたに違いないと疑ったが、確証はなかった。しかし、証拠もなく、苦情を申し立てたり、調査を要請したり、さらに行動を起こしたのは、1年後、隣人や友人たちが病気になり始めてからだった。

ハルスは同僚のカーラ・チェンバレンに疑念を打ち明けた。彼女は郡の健康報告要件について話し合うために牧場を訪れたことがあり、ラジニーシの医学検査室が郡よりも設備が整っていることを知っていた。町の多くの人々は、自分たちもカルト教団に遭遇した経験があるため、不審に思っていた。しかし、ハルスとチェンバレンは、トム・トーロクや連邦政府の疾病調査チーム、あるいはポートランドやセーラムの州保健当局者でさえ、教団と直接取引をしていない人々に、この集団感染が意図的なものであることを納得させるのは難しいだろうと考えていた。最も懐疑的だったのは、トーロックの師匠であり、州疫学者の最高幹部で医学界でも広く尊敬されているローレンス・R・フォスターであった。この地方出身の自由民権主義者であるフォスターは、ラジニーズ教団が不当な嫌がらせを受けているのは、彼らの奇妙な宗教的信条のせいだと熱烈に信じていた。

教団と郡との関係は1984年秋までに劇的に悪化した。ラジニーシーの幹部たちは、批判者たちを公然と損傷し、馬鹿者、偏屈者、田舎者、嘘つき呼ばわりするようになっていた。シェエラや他のコミューンの指導者たちが武器を持ち、サニヤシンが傷つけられたり、コミューンの計画が阻止されたりしたら、「侵略の合衆国」に復讐すると脅す姿がテレビに映し出された。

郡の役人たちは、脅迫状を郵便で受け取ったり、公的な会合で脅迫されたりしていた。サニヤシンは自宅や事務所を監視し、訪問者の名前やナンバープレートをメモしていた。カルト教団は州の著名な弁護士を多数雇い入れ、訴訟を殺到させていた。郡事務官代理のカレン・レブレトンは、彼女の仕事の60%以上がカルト教団の訴訟や請願への対応であると推定していた。地元住民の恐怖は、自分たちが不寛容な田舎者だと多くの部外者が信じていることを知ることによるフラストレーションにまみれていた。

1984年秋から1985年初めにかけて、州の公衆衛生当局とCDCは、ラジニーシたちが集団感染の原因ではないという認識を強めた。1984年11月に書かれた予備報告書の中で、州の副疫疫学者フォスターは、集団発生が意図的な汚染の結果であるという仮説を支持する「証拠はない」と結論づけた。フォスター氏は、食品取扱者や客に共通の感染源は見つからなかったとしながらも、汚染は「食品取扱者が排便後に十分に手を洗わず、生ものに触れた場合に発生した可能性がある」と結論づけた。

フォスターの所見は2カ月後、トム・トーロクも同じことを述べた。1985年1月に発表された予備報告書の中で、トーロックの連邦科学者チームは、やはり発生源を突き止めることはできず、食品取扱者の責任であろうと述べた。この報告書では、被害を受けたレストランで調理をしていた従業員が、ほとんどの客より先に発病していたこと、また、いくつかのレストランでわずかな衛生管理違反が検出されたことから、食品取扱者がサラダバーを「汚染した可能性がある」と結論づけた。トロクの連邦チームは、意図的な汚染を示唆する「疫学的証拠はない」と主張した。この報告書は、カルト教団が集団感染に関与していると確信していた地元住民を激怒させただけでなく、警察当局も、カルト教団に対する犯罪捜査を開始するのに必要な「正当な理由」を欠くことになった。

オレゴン州民がラジニーズが町に毒を盛ったことを知るまで、発生から1年以上が経過した。

発生から1年後の1985年9月16日、4年間の沈黙を破ったばかりのバグワンは、牧場で記者会見を開いた。彼は、2日前に職を辞してヨーロッパに飛んだシェーラとその仲間たちを、信仰を裏切ったとして非難した。牧場に「ファシスト政権」を作り上げたシェーラとその「ファシスト一味」は、自分の権威に挑戦する仲間のサニヤシンを殺そうとしただけでなく、金を盗み、コミューンの運営を誤り、5500万ドルの借金を残したと発表した。また、シェーラは主治医と歯科医、近隣のジェファーソン郡の地方検事を毒殺し、ザ・ダレスの水道を汚染しようとしたという。さらに彼女は、発見されずにゆっくりと人を殺すことができる毒物を実験するために、秘密の研究所で白ネズミを使った実験を行っていたという。彼は政府の調査を求めた。

教祖の告発後、連邦警察と州警察は、オレゴン州司法長官デイブ・フローンマイヤーの下、FBI捜査官、地元警察、州警察、保安官事務所、移民帰化局、州兵を含む合同捜査本部を結成した。

司法当局と警察は牧場に本部を構えたが、それはバグワンの招待によるものであり、それゆえ彼の苦しみでもあった。その結果、彼らは入ろうとする建物の各部屋の隅々まで交渉しなければならなかった。その後数週間、バグワンの祝福は何度も与えられたり取り消されたりを繰り返したため、捜査官たちは、法廷で通用する証拠を集めるには、より大きな権限が必要だと結論づけた。サニヤシンは牧場の仮設事務所に盗聴器を仕掛け、ワシントンD.C.や州都セーラムの同僚との電話での会話を密かに監視していたのだ。教団員たちはまた、医学的証拠も含め、自分たちの犯罪の証拠を隠滅していた。

10月2日、捜索令状で武装した50人ほどの捜査員が、サニヤシンに対する100通の召喚状と、ピタゴラス・メディカル・クリニック、ラジニーシ・メディカル・コーポレーション、そしてシェーラの家の地下にある秘密の部屋(道路近くに開口するトンネルがあった)を捜索する権限を持って牧場に入った。クリニックの研究室で、州公衆衛生研究所のマイケル・スキールズ所長は、看護婦のマ・アナンド・プジャがシアトルの医療用品会社VWRサイエンティフィック社に注文したサルモネラ菌の「バクトロール・ディスク」が入ったガラス瓶を発見した。このディスクには通常診断検査に使われる細菌が入っていた。ワシントンの細菌兵器専門家が見守る中、慎重にディスクを取り出し、スキールズはアトランタのCDCに発送した。分析の結果、円盤に含まれていたサルモネラ菌は、前年ダレスで人々を病気にしたサルモネラ菌と同一であることが判明した。スキールズは生物学的に決定的な証拠を発見したのである。サルモネラ菌の謎は明らかに解けた。

ダレスでの病気が細菌テロと認識されなかったことは驚くべきことではなかった。この伝染病を調査したCDCの科学者ロバート・V・タウゼによれば、細菌探偵団はフォスター博士の偏見に対する懸念に振り回され、結論を急がないことを決意して調査を始めたという。この病気は、サルモネラ菌の自然発生によるものである可能性が高いと彼は言う。サルモネラ菌は驚くほど複雑な細菌であり、これまでにももっと大規模で病原性の強い集団発生を引き起こしてきた。1986年にシカゴの牛乳加工工場で発生したサルモネラ菌感染事件では、1万7千人もの患者が確認された。科学者たちは、この微生物の「物事に入り込む」能力を尊敬するようになっていた。サルモネラは研究者に教訓を与え続けた。「通常は不運と愚かさが原因であるのに、悪意を呼び起こさなければならなかったのは珍しいことです」とタウゼは言う。しかも、サラダバーを閉店させるという、病気を食い止めるための研究者たちの最初の処方箋は、理由は間違っていたとはいえ、正しかったのである。

経験豊富な科学者や医師は、不可解な病気の原因として最も可能性の高いものを考え、病気を分析する訓練を受けている。「馬のように見えたら、シマウマのことは考えるな」と教えられる。1984年当時のアメリカの科学者にとって、バイオテロは事実上シマウマだった。なぜオレゴンの人里離れた小さな町で、罪のない人々に危害を加えようとするのか?

「世間知らずと言われようが、人々がそんなことをするとは想像もしていなかった。楽園でバイオテロが起こるとは思ってもみなかった」

犯罪捜査が展開されるにつれ、オレゴン州でこのような捜査を監督していたFBI捜査官のリン・エニアートと、対策本部をコーディネートした州弁護士のロバート・ハミルトンは、カルト集団の犯罪範囲の広さに唖然とした。

捜査官たちは、アメリカ史上最大かつ最も巧妙な違法電子盗聴システムを発見したのである。サルモネラ中毒事件が起こる1年前の1983年から、ラジニーシーのセキュリティ・チームはホテルの全フロア、多くの弟子たちの家、牧場の公衆電話、ゾルバ・ザ・ブッダのカフェ、そしてバグワンの寝室にまで盗聴器を仕掛けていた。

彼らはまた、1984年と1985年に、11人の敵リストに載っている人々、そのうちの1人であるチャールズ・ターナー連邦検事、数人の郡当局者、教団を相手取った訴訟で勝訴した元弟子、オレゴニアン紙のジャーナリストを殺害したり病気にさせたりする一連の計画を発見した。

牧場の主要幹部2人は、刑期短縮の約束と引き換えに警察に協力し始め、シェーラとその仲間たちが教団内のライバルや反体制派をいかに狙い、毒殺したかを捜査官に語った。

捜査は最終的に、教団が1984年と1985年に毒物、化学薬品、バクテリアの実験を行っていたことを立証した。コミューンの細菌兵器のチーフは、フィリピン出身の38歳のアメリカ人看護師で、インドのプーナにいた頃からシーラの盟友だった。マ・アナンド・プジャは本名をディアーヌ・イヴォンヌ・オナンといい、コミューンの医療を監督していた。コミューンの3人の女性リーダーとして知られる「ビッグ・マム」の一人で、プジャは絶大な権力を握っていた。

彼女は毒、病原菌、病気に取り憑かれていた。

クリシュナ・デヴァ(K.D.)として知られるラジニーシュプラム市長のデビッド・ベリー・ナップは、後に連邦証人保護プログラムに入った後、検察側の証言をした。彼は、プジャが郡選挙に勝つために教団が牧場に連れてきた暴力的で精神障害のあるホームレスの多くに、強力な精神安定剤であるハルドールを与えていたと語った。プジャとシェーラの命令で、サニヤシンは処方薬を入れた皮下注射器をビール樽に注入し、ホームレスが飲むお茶に薬を入れた。また、ホームレスのマッシュポテトにも混ぜていた。

もう一人の重要な証人は、検察当局によると、州の医療当局がプジャにハルドールの大量購入の説明を求めたとき、彼女はアシスタントたちにハルドールの実際の使用量をごまかすために記録を捏造するよう命じたという。何人かは法を犯すくらいならコミューンを去った。

プジャは、ラジニーシ医療公社がピタゴラス薬局に保管する処方薬と市販薬、そして医療用品の購入責任者であった。彼女は医療法人を率いていたため、VWRサイエンティフィックのような営利目的の医療用品会社からそのような製品を購入する権利があったし、最初はメリーランド州に、後にはバージニア州にある巨大な民間細菌バンクであるアメリカン・タイプ・カルチャー・コレクションから危険な病原体を入手する権利さえあった。

ATCCからの請求書を見ると、教団がこのような病原体を注文し、受け取っていたことがわかる。その中には、腸チフスの原因菌であるサルモネラ・チフスも含まれている。もしこの細菌がサルモネラ・チフス菌の代わりにサラダバーに使われていたら、人々はほぼ間違いなく集団感染で死亡していただろう、とスキールズ氏は言う。

請求書には、サルモネラ・パラティフィも記載されていた。この菌は、それほど重篤ではないが、同様の病気を引き起こす。また、最も驚くべきことに、フランシゼラ・ツラレンシスも記載されていた。

年代にアメリカ陸軍の科学者がF.ツラレンシスを兵器に転用したことがあり、今でも敵が生物兵器攻撃で使う可能性のある細菌として国のリストに載っている。

最後にプジャは、エンテロバクター・クロアカ、淋菌、赤痢菌を入手した。赤痢菌は100個以下であれば、ひどい下痢、血便、けいれんなどを引き起こし、それまで健康であった人でも10%から20%の割合で死に至る。

ATCCの請求書の日付は1984年9月25日であり、サルモネラ発生の2つの波の間に病原体が納品されたことを示している。

細菌バンクから注文された病原体は牧場では発見されず、この注文はほとんど注目されなかった。捜査は毒殺事件から1年以上経ってから始まったので、当局が捜査令状を取る前に証拠隠滅する時間があったのだ。捜査で請求書が押収されても、その重要性を理解しているはずの公衆衛生当局者には見せられなかった。しかし、数年後にこの命令書を知った関係者たちは、その薬剤と牧場に到着したタイミングの両方を不吉なものと考えた。スキールズによれば、フランシゼラ・ツラレンシス、サルモネラ・タイファイ、サルモネラ・パラティファイ、赤痢菌はプジャのような規模の臨床検査室では不要なものであり、これらの細菌はすべてバイオテロに使われる可能性があったという。

プジャはまた、当時まだほとんど知られていなかったエイズ・ウイルスに特に魅了されていた。バグワンは、このウイルスが世界の人口の3分の2を破壊すると予言していた。プジャにとって、それは支配と脅迫の手段だった。彼女は、カルトの増え続ける敵に対する細菌兵器として使用するため、繰り返しウイルスを培養しようとした。彼女が失敗したのは、努力が足りなかったからではない。例えば、彼女は牧場の技術者から、彼女の研究室にはウイルスを安定させ乾燥させるのに必要な設備がないと言われた後、会社は1984年9月に「急速凍結乾燥機」を即座に購入した。

専門家たちは、プジャがエイズウイルスやその他の危険な病原体を培養するのに必要な技術、専門知識、備品を持っているかどうか疑っていた。しかし、複数のサニヤシンが警察に語ったところによると、プジャは少なくとも一度、エイズ抗体陽性と判定されたホームレスの男性から採血した血液を、カルトのライバルの血管に注射したことがあるという。その男の運命は不明である。

ステイトと連邦捜査官は、結局、ダレス市の人々を生物学的製剤で毒殺しようという計画は、カルトと郡との法廷闘争と、11月の選挙で郡政府の支配権を勝ち取ろうという決意から発展したものである、と結論づけた。

宣誓供述書や1985年と1986年の法廷証言によると、1984年の春のある時期から、コミューンの側近たちは、コミューンの4千人ほどのメンバーが、2万人ほどのワスコ郡の住民を打ち負かすにはどうしたらいいか、ブレインストーミングを始めた。ある会議で、シーラはラジニーズでない人たちを病気で投票できないようにするというアイデアに行き着いた。彼女とプジャは一緒に『殺し方』のような本を読み始めた: 『第1巻から第4巻まで』や『毒物ハンドブック』などの本を読みあさり、人を殺さずに病気にするさまざまな細菌を探そうとした。また、プジャのクリニックの泌尿器科医に、追跡が困難な毒やバクテリアについて尋ねた。泌尿器科医は、彼女たちはラジニーシープラムの多数の敵による細菌攻撃からコミューンを守ろうとしているのだと聞かされていたので、どうやら無警戒だったようだが、可能性としてサルモネラ菌を挙げた。

ラジニーシュプラムの市長K.D.は、プジャが肝炎ウイルスの実験を行い、当初はそれを使って地域住民を病気にすることを考えていたと、別の教団メンバーに話した。プジャはまた、腸チフスの原因菌であるサルモネラ菌を使うことも提案した。しかし、ラジニーシ・メディカル・コーポレーションの検査技師は、腸チフス菌の培養を注文すると、もし集団感染が起こった場合に追跡が容易であると彼女に警告した。K.D.が知る限り、この計画は実行されなかった。

K.D.はまた、プジャがネズミやハツカネズミの死骸を水道に入れることで人々を病気にすることを考えていたと証言した。ビーバーの死体には下痢を引き起こす天然病原体(ランブル鞭毛虫)が潜んでいるため、特に効果的だとプジャは考えていた。K.D.は、他の計画者たちが郡の貯水池が網で覆われていることに不満を漏らしたとき、誰かが「冗談で」ビーバーをミキサーにかけて液状にすることを提案したと回想した。

シーラとプジャは最終的に、アメリカン・タイプ・カルチャー・コレクション(American Type Culture Collection)の14028号で知られるサルモネラ・チフィムリウム(Salmonella typhimurium)を細菌兵器として選択することにした。1984年の春に計画を練り始める前に、教団はシアトルにあるVWRサイエンティフィック社にバクテリアディスクを注文した。プジャはそのディスクの中のバクテリアを使って、「チャイニーズ・ランドリー」として知られる研究室の一角でバクテリアを培養し、大量に生産した。マ・アバとして知られるアバ・ケイ・アバロスは、部分的な免責を与えられたもう一人の検察側有力証人であるが、その研究室は後に別の技術者の強い要望で、エイズ患者やその他の感染症患者が保管されていた場所に近い複合施設、つまり牧場のより隔離された場所に移されたという。

A棟の2つの部屋には、手袋、マスク、白衣、錠剤、注射器、容器、大型の冷凍乾燥機、そしてプジャがサルモネラのコロニーを入れたポリ皿を保管する緑色の小さな「アパート型冷蔵庫」があった。

K.D.とアバは、カルトの最初の細菌戦士の一人であったことを宣誓供述書で告白した。プジャとシェーラは、1984年の夏と秋に、細菌がその年の後半に有権者を無力化することを確実にするために、製品をテストする必要があった。

二人の司令官のうち、エヴァの方が才能があることが証明された。前年、プジャとシェーラは彼女に腐敗臭のする薄茶色の「濁った水」の小瓶を渡し、アンテロープのカフェ「ゾルバ・ザ・ブッダ」に行かせ、そこで食事をしていたハルス判事を毒殺した。彼女は当初、ハルスに出した水の色合いや悪臭にハルスが警戒するのではないかと心配したが、ハルスは何も疑わず、グラスをくれたことに感謝した。彼は牧場を訪れた際にタイヤがパンクしたため、2回目のサルモネラ菌カクテルを飲まされた。

検察は1984年秋、汚染された10軒のレストランのうち4軒と、ダレス西部のスーパーマーケットでの毒殺を証明することができたが、サニヤシンがセーラム、ポートランド、その他のオレアンThr

1985年秋、K.D.とアバは大陪審に、前年のグループの外出について生々しく語った。グループはアルバートソンの食料品店に入り、青果売り場のレタスに自分たちが「サルサ」と呼ぶものを振りかけた。プジャは牛乳パックに細菌を注入しようとしたが、K.D.によると、買い物客には牛乳パックが改ざんされていることがわかるので思いとどまらせたという。

K.D.とアバによると、ほぼ同時期に、他のサニヤシンたちも、その多くがカツラをかぶり、中間色の街着に身を包んで、レストランのコーヒークリーマーやブルーチーズのドレッシングにサルモネラ菌を入れ、いくつかのサラダバーで野菜や果物にサルモネラ菌をまいたという。

上師が毒殺を祝福するのではないかと疑う人々を安心させるために、シェーラはその秋の会合で、弟子たちにテープに録音されたバグワンとの会話の一部を聞かせた。弟子たちは、シェーラが「悟りを開いたマスター」に、彼のビジョンに反対する人々にどう対処すべきかを尋ねているのを聞いた。その会合に出席していたK.D.は、バグワンがヒトラーも新しい人間を創造しようとしたときに誤解されたと答えたのを聞いたと証言した。ヒトラーは天才だった、

「ヒトラーは天才であり、唯一の過ちはロシアを攻撃し、私は2つの戦線を開いたことだ。」

「バグワンのビジョンを守るために必要なことなら、そうしなさい」シーラはこれを、グルの名において人を殺しても構わないという意味に解釈した。バグワンのメッセージを広めるために数人が死ななければならないとしても、弟子たちは「心配することはない」と、シーラは集会で疑念を抱く人々に言った。もしコミューンが、千人の悟りを開いていない人々を救うか、一人の悟りを開いたマスターを救うか、どちらかを選ばなければならないとしたら、「あなたは常に、悟りを開いたマスターを選ぶべきです」と彼女は付け加えた。必要であれば、「千人を殺さなければならない」とシェーラが言ったのをアバは覚えていた。

結局、シェイラとプジャは選挙を有利に進めるために大量殺人は必要ないと判断した。1984年秋に少なくとも751人を病気にさせることに成功し、これは選挙に行くためのテストであった。

しかし、ワスコ郡当局は彼らを出し抜いた。登録期間が終了する直前、郡当局は不審な登録証が大量に出回ったことを理由に、新規投票希望者全員を武器庫で特別委員会に尋問するよう主張した。ホームレスがそのような精査をパスできるはずがないと悟った教団は、毒殺も登録計画も放棄した。ほとんどの教団員は登録さえしなかった。

対照的に、ワスコ郡の住民は、自分たちの町が危機に瀕していることを察知し、記録的な数の登録と投票を行った。1984年11月の選挙の投票率は、オレゴン州史上最大となった。ラジニーシーの支持する候補者は敗北した。

1985年10月27日(日)、デーブ・フローンマイヤーは、その年にシェーラとその一味が標的にし、殺されかけたポートランドの連邦検事チャールズ・ターナーから自宅に電話を受けた。「バグワンがいなくなった。「彼は叫んだ。

教祖が移民法逃れの共謀罪で起訴されようとしていることを知っていたバグワンの弁護士は、連邦政府高官と依頼人の自首条件について話し合っていた。一方、地元FBIの責任者は、万が一その協議が不調に終わった場合、バグワンを牧場から「拉致」するための緊急対策案を作成していた。

FBIがこの計画を進めていたら、流血は避けられなかっただろう、とフローマイヤーらは感じていた。ラジニーシュプラムの60人の重武装した。「平和部隊」に加え、ウジとカラシニコフの機関銃を振り回す個人的な警備部隊が教祖を守っていた。

教祖は、警察が彼の飛行機を追跡していることにまるで気づかず、ジェット機がノースカロライナ州シャーロットに着陸するとすぐに逮捕された。弟子たちは彼の玉座も飛行機に積み込んでいた。

バグワンが逮捕されたその日、西ドイツ警察はシーラ、プージャ、そしてもう一人の教団指導者を高級リゾートホテルに拘束した。引き渡し手続きが始まった。その後数ヶ月の間に、州や連邦の大陪審によって次々と起訴状が出された。当時はテロ対策法がなかったため、連邦捜査官はカルト教団を移民法違反と、タイレノール・カプセル中毒事件を受けて1982年に議会が可決した消費者製品改ざん法違反で起訴した。

1986年夏、ドイツから送還されたシーラとプジャは、殺人未遂、違法盗聴、ハルス判事への毒物混入、ダレスでのサルモネラ菌集団感染などの罪を認め、ノーコンテストを主張した。2人とも最高で20年の刑を受けた。シーラには約40万ドルの罰金と、ワスコ郡に6万9353ドル31セントの賠償金が命じられた。しかし、抜け目のない交渉のおかげで、両女性はカリフォルニア州プレザントンの連邦刑務所(非暴力ホワイトカラー犯罪者用の刑務所)で4年弱の服役を終えた。オレゴン州は、連邦刑務所での刑期が終了した時点で、彼女たちに対する追加的な救済を求めるつもりでいたが、シェーラとプジャは、司法省が州に通知する前に、善行によって早期釈放され、ヨーロッパに逃亡した。

バグワン夫妻は10年の執行猶予付き実刑判決を受け、罰金40万ドルを支払い、永遠に米国を去った。

汚染されたレストランのほとんどは、毒殺事件から回復することはなかった。デーブ・ルットガンは、ほとんどすべての事業を失った後、店名を変えた。デイブズ・ホームタウン・ピザは、テロ事件後、元の場所、元のオーナーのもとで長く生き残った唯一のレストランである。

ラジニーズ夫妻の襲撃はあまり注目されなかった。それは、24時間のケーブルニュース番組が競い合う時代になる前の出来事だった。視聴者を釘付けにするような『オレゴンでの大発生』もなければ、被害者がよろめきながら病院に駆け込む映像がノンストップで流されることもなかった。カルト教団メンバーの訴追は、各国のメディアセンターから遠く離れた太平洋岸北西部で展開された。オレゴン州検事総長のデーブ・フローンマイヤーは、司法省やホワイトハウスの高官の友人たちにこの事件に関心を持たせることができなかった。公衆衛生当局は、ラジニーシたちがいかに簡単に病気を広めたかを把握したとき、この事件に関する研究を発表しないことに決めた。誰も模倣を奨励したくなかったからだ。

しかし、それでもこの攻撃は重要だった。テロリストによるアメリカ国内での最初の大規模な細菌使用であり、近代的現象と古くからの破壊手段の結合であった。この異例の事件は、数多くの欠点を露呈した。その一つは、病原菌を細菌バンクから簡単に取り寄せることができたことである。ラジニーシー・ラボはその規模の小ささから、国に登録する必要がなかった。医療法人というステイタスだけで合法的に病原体を購入できたのである。このカルトの毒殺事件によって、州や連邦の規則が変更されることはなかったし、細菌バンクの手続きも変更されることはなかったと当局者は言う。

この事件はもう一つの問題を明らかにした。警察当局と科学者たちとの協力関係は険悪で、文化の衝突であった。情報は共有されず、チャンスは逃された。犯罪の立証は困難であった。訓練された目から見ても、自然発生と細菌攻撃はほとんど同じに見える。この調査は、内部関係者からの情報の重要性を強調した。捜査当局が事件を解明したのは、カルト集団のメンバーが名乗り出、犯行を告白した後であった。

細菌兵器の威力を理解していた少数の専門家や連邦政府関係者は、オレゴン州でのテロが異常なのか、それとも前兆なのか、静かに考え始めた。

2 戦士

ラジニーシたちが実験を始める何十年も前から、アメリカとソ連はすでに細菌を兵器に変えるベテランであり、何百万人もの人々を麻痺させたり殺したりする兵器を製造していた。課題もあった。アメリカ側の主な問題解決者はビル・パトリックだった。彼は20年間、メリーランド州フォートデトリックという、細菌兵器を設計するための米陸軍の広大な基地で生物学的研究を行っていた。彼は5つの特許を取得し、製品開発部門と呼ばれる部門のチーフにまで上り詰めた。1969年、ニクソン大統領がこの計画を突然打ち切ったとき、彼はデトリックに残り、防御の仕事をしていた。

連邦捜査局がラジニーズ教団の襲撃を研究し、教団の施設を調査するために最高の専門家を必要としたとき、パトリックに白羽の矢が立った。1985年末にデトリックからオレゴンに飛んだパトリックは、カルト教団が集団感染の原因であることを察知した。ひとつには、保健所には珍しい細菌培養器を見つけたことである。パトリックはサルモネラ菌をよく知っていた。デトリックの科学者たちは、サルモネラ菌を兵器として研究していた。

証拠が増えるにつれて、パトリックはダレスの人々が粗雑なバイオテロの犠牲者であることが分かってきた。ラジニーシの群衆は、最も穏やかな病原体の一つを選び、生物学的製剤の空中運搬を無視したのである。細菌を育てるのは簡単で、ビールを醸造するようなものだった。病原菌を乾燥させ、特殊なコーティング剤でカプセル化し、エアゾール噴霧器で広範囲に散布できるほど丈夫で安定したものにし、保存期間を延ばす方法を学ぶ。

パトリックたちは1950年代から、小さな生物学的時限爆弾を考案していた。それは塵のように何時間も目に見えない形で空中を漂い、風に乗って遠くまで飛んでいく。粒子が小さいため、ひとたび人と出会えば、肺の奥深くまで入り込むことができた。鼻毛から気管に沿った繊毛に至るまで、人間の呼吸器の自然な防御機能は、大きな粒子を簡単にブロックする。しかし、小さな粒子は素通りしてしまう。肺の中で、湿った組織の中で増殖し、1匹の侵入者が何百万もの子孫を残すことができるのである。パトリックと彼の同僚たちは、この小さな粒子を集中させ、広範囲に破壊する方法も学んでいた。咳、高熱、呼吸困難、胸痛、多量の発汗、酸素不足による皮膚の青っぽい変色など、通常は致命的な病気である炭疽菌の毒性を高めることに成功したのである。さらに大きな問題は、毒のほとんどが風に乗って散逸してしまうため、毒を散布することだった。アメリカの科学者たちは何十年もかけて、致死量をできるだけ効率よく拡散させる方法を研究してきた。

このような進歩にはもちろん代償があった。フォートデトリックの細菌開発プログラムは、密閉された部屋やユタ砂漠の荒野で、1000人近いアメリカ兵を対象に細菌兵器のテストを行った。軍の枠を超えて、オハイオ州立刑務所の囚人にも実験が行われ、志願者は注意深く監視された。また、致命的な病原体の影響を調査するため、アメリカの都市に軽い細菌を密かに散布した。

進歩の代償として、パトリックを含む実験者がうっかりモルモットになってしまう事故も多発した。2人の女性が重度の先天性欠損症の子供を出産した後、女性たちはこの仕事からほとんど追放された。二人とも死亡した。科学者たちは全部で456回、自分たちが病原体の犠牲になるほどのミスを犯した。人以外は生き残った。2人は炭疽菌にやられた。一人はボリビア出血熱に蝕まれた。この病気は体の内臓を蝕み、鼻、口、肛門、その他の粘膜から大量の出血を引き起こすエキゾチックな病気である。パトリック自身もQ熱にかかった。この比較的軽い病気は、悪寒、咳、頭痛、幻覚、104度までの発熱で敵を動けなくするものだった。

パトリックに後悔はなかった。何十年もの間、重苦しい秘密保持規則の中で生きてきた彼は、70代前半になって、実験や自分自身の病気、そして死について自由に語った。それはすべて、共産主義者への恐怖に駆られて、職務のために行ったことだった、と彼は言った。モスクワの細菌プログラムが実際に行っていたことは、パトリックや彼の同僚たちが想像していたものよりはるかに悪いことが判明した。

パトリックは、細菌兵器は実用的ではなく、使用するには危険すぎると主張する批評家たちに反論したかった。彼は、外国からの脅威の深刻さだけでなく、アメリカの手に渡ったブラックアートがどれほど進歩しているかを示したかったのだ。さらに彼は、ラジニーシーの攻撃は来るべき事態の前触れに過ぎないと警告したかった。テロリズムは増加の一途をたどり、その標的はますますアメリカ人になっていた。人生の後半、彼は多くの連邦政府機関と協力し、アメリカ人だけでなく自分の家族も脅かされることを憂慮しながら、よりよい防衛を奨励するために懸命に働いた。

彼の過去には、ビル・パトリックが細菌戦士になることを示唆するものは何もなかった。生物兵器開発に携わった驚くほど多くの同業者たちと同様、彼は人命を救い、医学を芸術から科学へと変えつつある革命を助けたいと熱望してキャリアをスタートさせた。どう見ても、彼は普通の男だった。

ウィルリアム・ケイパース・パトリック3世は1926年7月24日、スコッチ=アイルランド系の家系を持つ南部の夫婦の一人子として生まれた。ミドルネームはメソジスト派の司教だった親戚の名前からとった。彼の故郷であるサウスカロライナ州ファーマンは、サバンナ川近くのロー・カントリーにある小さな文明のかけらだった。人口100人ほどの田舎町だが、町とその周辺は少年の夢だった。

パトリックがペニシリンと出会ったのは、第二次世界大戦中に従軍していたときだった。その開発に魅了された彼は、病気を治し、抗生物質医学という新しい分野を援助する覚悟で学校に戻った。

1948年にサウスカロライナ大学で生物学の学士号を取得し、1年後にはノックスビルのテネシー大学で微生物学の修士号を取得した。1949年の卒業と同時に、彼はインディアナ州にある、抗生物質医薬の新しい不思議な薬を製造する会社で働き始めた。研究微生物学者として、ペニシリンともうひとつの抗生物質であるバシトラシンを大量生産する方法の開拓に貢献した。彼の研究の中心は、微生物を増殖させ、抗生物質を抽出する最善の方法を学ぶことであった。最も基本的なことは、バクテリアのコロニーを維持し、繁殖させる方法を見つけることである。

パトリックは抗生物質の研究において、人類の革命の中でも最も偉大で最も目立たないもののひとつを助けたのである。古代の人々の平均寿命は20~30年だった。パトリックの時代には、その図は60年以上に伸びていた。世紀末には、工業国ではおよそ80年になっていた。人類の寿命が延びたのは、感染症の減少によるところが大きい。ペスト、コレラ、結核、天然痘、チフス、ハンセン病、ジフテリア、ポリオ、インフルエンザ、赤痢、肺炎、百日咳、その他十数種類の災厄など、歴史上の大殺戮者や廃人たちが次々と退治され、飼いならされていったのだ。

ある日、パトリックはテネシー州の元教師から電話をもらった。その恩師が打ち明けたところによると、彼の仕事の中心は、戦争を抑止し勝利に導くために、高病原性生物をどのように配備するかということだった。そのような話は禁じられていた。しかし、その研究は魅力的だった。彼は生物学者に、祖国愛と科学的冒険心をアピールして、入隊するよう勧めた。

若い科学者はチャレンジ精神旺盛で、元教師に気に入られた。1951年、パトリックは半年以上かかった身元調査の末、最高機密の許可を得て、当時キャンプ・デトリックと呼ばれていた連邦政府の細菌戦研究の中心地で働く許可を得た。

細菌と戦争は古くからの同盟関係である。2千年以上前、スキタイの弓兵は武器の殺傷力を高めるため、矢じりを糞尿や腐った死体に浸した。14世紀のタタール人は、ペストで汚れた死体を敵の都市の城壁に投げつけた。フレンチ・インディアン戦争中のイギリス兵は、天然痘をまいた毛布を非友好的な部族に与えた。第一次世界大戦のドイツ軍は、馬の病気である鼻疽を敵対する騎兵隊の馬の間にばらまいた。第二次世界大戦の日本軍は、ペストに感染したノミを中国の都市に投下し、数百人、おそらく数千人を殺害した。

細菌兵器は時折成功するものの、戦争やテロにおいて決定的な役割を果たしたことはない。意図しない感染はまた別の問題である。天然痘、はしか、インフルエンザ、チフス、ペストなど、侵略者の風土病に対する免疫が先住民になかったために、ヨーロッパ人の世界征服はしばしば可能になった。しかし、細菌兵器を使った意図的な戦争は、特に近代においては比較的まれであり、非倫理的、非人道的として広く非難されてきた。それでも20世紀初頭には、カナダ、フランス、ドイツ、日本、ソビエト連邦、イギリスなどが、生物兵器による戦争の方法を研究していた。

どの国も、開発中の兵器が爆弾や銃弾、手榴弾やミサイルとは根本的に異なることを理解していた。これらの兵器は生きていた。指数関数的に増殖し、伝染力が強ければ野火のように燃え広がる。そして何よりも奇妙なのは、戦争が静かに進行していたことである。

原子爆弾以前の時代には、細菌兵器は理想的な大量破壊の手段と考えられていた。その最大の欠点は、予測不可能なことだった。狭い戦場では、兵器は軍の指揮官ではなく、自然の命令に従った。敵を殺すかもしれないし、跳ね返されて攻撃者とその味方の隊列を壊滅させるかもしれない。兵器は遠くの敵に対して使うのが最も効果的で、病気がブーメランになる可能性を減らすことができる。

情報機関が東京とベルリンが生物兵器を保有していると警告したため、ワシントンは1942年に細菌攻撃に対する動員を開始した。フランクリン・D・ルーズベルト大統領は、アメリカの敵の異国の武器は「恐ろしい非人道的なもの」であると公然と非難し、報復の準備を進めていた。アメリカの極秘計画のリーダーに選ばれたのは、製薬会社社長のジョージ・W・メルクだったメルクは有名な製薬会社であり、何世代もの医師たちが、病気の診断と治療のための信頼できるガイドとして『メルク・マニュアル』を頼りにしていた。しかし、この新しい取り組みは、アメリカの原子爆弾製造プロジェクトに匹敵するほどの秘密主義を貫き、ほとんど人目につかないように設計されていた。

この細菌計画は、メリーランド州の田舎にある古い陸軍基地、キャンプ・デトリックに本部が置かれた。キャンプ・デトリックはワシントンに近く、迅速な対応が可能であったが、遠く離れていたため、隔離された安全性が確保されていた。作業は1943年に開始され、急速に拡大した。農村の前哨基地だった基地は、一夜にして250の建物と5000人の居住区からなる密集した大都市に成長した。

基地はフェンス、タワー、投光器で囲まれていた。警備兵は、「まず撃って、質問はあと」という命令の下、機関銃に弾を込めたままだった。科学者たちにはピストルが支給され、脇に置いたり、近くの作業台に置いたりしていた。研究所の中心部にある本部ビルには、武装した警備員が24時間態勢で待機していた。職員は全員、顔写真入りの身分証明書を持っていた。赴任者は写真入りのパスを警備員に渡した。

科学者たちは、敵の軍隊を殺すための炭疽菌や、日本の米やドイツのジャガイモを破壊するための農業疫病の研究に勤しんだ。簡単な仕事ではなかった。例えば、彼らは炭疽菌をその最良の形になだめなければならなかった。例えば、炭疽菌は成長サイクルの終盤に、熱や化学的なショックで棒状の細菌を強制的に胞子(休眠状態)に変化させる。このプロセスが適切に機能すれば、芽胞は非常に丈夫で、熱、消毒剤、日光、その他の環境要因に耐える。炭疽菌の芽胞は何十年も生存し続けることが知られていた。科学者たちは芽胞を採取し、兵器に使用した。胞子を吸い込むと、桿菌に戻り感染する。

デトリックの科学者たちはまた、ある種の細菌が排泄する毒を刈り取る方法も学んだ。それは感染の必要性を回避する戦術であり、代わりに敵に直接噴霧できる致死性の毒素を生み出すものであった。そのひとつがボツリヌス毒素である。ボツリヌス毒素は横隔膜などの筋肉を麻痺させ、それなしでは肺が機能しなくなる。やがて科学者たちは、ボツリヌス毒素を非常に濃縮して作る方法を学び、適切に散布すれば、理論的には1ポンドで10億人を殺すことができるようになった。

米国が開発した生物兵器は、戦争中に戦場で使用されることはなく、その後、その努力は著しく減速し、規模も縮小した。しかし、その努力は続いた。その理由のひとつは、第二次世界大戦中に日本が帝国陸軍の細菌兵器プログラムを記録した何千もの記録をアメリカ側が入手したからである日本は満州の町や都市を炭疽菌、腸チフス、ペストで広範囲に攻撃し、何千人もの中国人を殺したと欧米の学者は言う。陸軍の悪名高い731部隊の医師たちも、中国人やアメリカ人を含む他の捕虜に対して、ぞっとするような実験を行っていた。医師たちは健康な捕虜を病原体に感染させ、どのように病気が広がっていくかを学んでいた。日本軍が「丸太」と呼んでいた多くの犠牲者は、意図的に餓死させられ、凍死させられた。生きたまま解剖された者もいた。戦後、9人の日本人医師と看護婦が、捕虜となった8人のアメリカ人飛行士を生体解剖した罪で有罪判決を受けたが、生物兵器を使った罪で裁かれた日本の高官はいなかった。アメリカ政府は、日本の細菌プログラムの膨大な記録とその解読への協力と引き換えに、731部隊長の石井四郎とその仲間数名に訴追免除を与えた。科学的なデータは貴重なものとされ、慎重に研究された。

アメリカ軍は、化学兵器や最近発明された原子爆弾に比べ、コストが非常に低い大量破壊兵器に魅了された。連邦政府は、ソビエトだけでなく、同じような比較をしている他の敵国が、戦争用の病原菌を開発する誘惑に駆られるのではないかと心配した。細菌兵器の殺傷力は、核兵器に匹敵する可能性があると考えられていた。

年7月の秘密報告書では、連邦と民間の上級専門家十数人からなる委員会が、細菌兵器は計画と開発においてもっと注目されるべきだと国防長官に述べた。このような戦争は「黎明期」にあり、予見可能な進歩は兵器の有効性を「非常に大きなファクターで」高めるだろうとパネルは述べた。細菌兵器は静かだが殺傷力があり、秘密攻撃に理想的である。「このような破壊工作の結果が自然現象に似ていることから、秘密裏に使用することができる。同委員会は、米国への細菌攻撃は「悲惨な結果を招くかもしれない」と警告し、「連邦、州、民間の各機関が協力して取り組む家庭防衛」プログラムを緊急にクラッシュさせるよう勧告した。

戦時中デトリックの微生物学者だったテオドール・ローズベリーは、1949年の著書『平和か疫病か』で細菌兵器を非難した。彼は、この分野の約束は幻想であり、細菌攻撃の結果は常に予測することも制御することも不可能であるため、その軍需品には真の軍事的価値はないと警告した。彼は、その専門知識を感染症の攻撃に向けるべきだと主張した。彼の訴えは直ちに影響を与えることはなかった。

1951年4月、パトリックはメリーランド州フレデリック郊外のデトリック陸軍基地に到着した。彼は25歳だった。

フェンスの上には有刺鉄線が張り巡らされ、正面ゲートには「CAmerA. e UnAUthorizeD」と書かれていた。

入り口には武装した警備員が立っていた。

パトリックは他の新入社員と同様、デトリックで発症した病気が原因で死亡した場合、その遺体に対する合衆国政府の権利を認める権利放棄書にサインした。新入社員が病原菌の蔓延する。「ホットゾーン」に入る前に義務づけられていたものだ。

抗生物質の摂取、手洗い、病原菌を殺すのに最も適した波長である紫外線を人や研究室に浴びることなどである。用心深さゆえに、防護頭巾やマスク、ゴム手袋や長靴も必要だった。男たちは汗をかき、かゆくなるような防護服をよく着た。彼らは浄化された空気を吸った。「ホットボックス」(ゴム手袋をはめたガラス製の箱)の前に何時間も立ち、微生物がうようよいるガラス器具を扱ったり、生物爆弾の内蔵を組み立てたりした。危険にもかかわらず、パトリックは1952年に家族を赴任させた。赴任先には、宿舎、劇場、レストラン、託児所があった。社会生活は将校クラブを中心に回っていた。

パトリックがデトリックに加わったのは、ちょうどデトリックが活気を取り戻し始めた頃だった。冷戦と朝鮮戦争が勃発し、ワシントンは細菌戦の計画に新たな重点を置くようになった。ソ連とアメリカの核実験場での核兵器の試作実験は、すでに世界を揺るがしていた。

デトリックでは、建設作業員が4階建ての中空の金属球を作った。従業員はそれをエイトボールと呼んだ。内部では細菌兵器が爆発し、感染性のエアロゾルの霧を発生させ、動物や新人を使った実験が行われる予定だった。炭疽菌製造のための窓のない試作工場である。低層ビルの中の超高層ビルである。

軍の命令で、デトリックの専門家たちは、しばしば秘密裏に、国の破壊工作に対する脆弱性を探るために、あちこちに出かけた。科学者たちは、サンフランシスコに穏やかな細菌を散布し、ニューヨークの地下鉄で細菌の入った電球を粉々にした。細菌は無害であるはずだった。しかし数年後、批評家たちは、特に老人や病弱な人々の間で隠れた伝染病が発生したと非難した。軍がサンフランシスコ一帯にセラチア菌を散布した後、スタンフォード大学の病院で11人の患者がこの種の感染症にかかった。そのうち1人が死亡した。医師たちはこの感染症発生を非常に不思議に思い、医学雑誌に書き記した。その後、政府はこの死亡事故や他の感染症の責任を否定し、その細菌が原因ではないという証拠を法廷に提出した。

科学的論争は決着がつかなかった。

陸軍はまた、民族兵器と呼ばれる、特定の民族を選択的に標的にする細菌を振り回す敵の脅威についても研究した。この真菌は発熱、咳、悪寒を引き起こし、放置すると白人よりも黒人の方がはるかに多く死亡する。軍部は、黒人が肉体労働をすることが多い基地にこの菌が使われることを恐れた。1951年、ペンシルベニア州メカニクスバーグとバージニア州ノーフォークの海軍補給廠で、デトリックの科学者たちは、致死性のない変種の菌による模擬攻撃を行った。この行動に関する報告書によれば、これらの基地では「多くの黒人が働いており、彼らの無力化は供給システムの運営に深刻な影響を与えるだろう」という。

アメリカの科学者たちは、ソ連の都市を炭疽菌で攻撃する屋外実験も行った。セントルイス、ミネアポリス、ウィニペグの3都市で、気候も規模もソ連の標的都市に似ていると判断された。この計画はコードネーム「セイントジョー計画」と呼ばれた。非伝染性のエアロゾルを173回放出するこの秘密実験は、キエフ、レニングラード、モスクワの住民を殺すにはどれだけの量の薬剤を降らせなければならないかを決めるためのものだった。計画された攻撃のクラスター爆弾には、それぞれ536個の爆弾粒が含まれていた。地上に落ちると、1個の爆弾から1オンス強の炭疽菌ミストが放出される。この病気は、治療しなければ、感染者全員を死に至らしめる。ペストや他の病原体と比較しても、非常に高い死亡率である。

ミネアポリス郊外の住宅、軽工業、樹木、松の葉が生い茂る場所に、特別な車に乗った実験者たちがテスト用のミストを放出するために車を走らせたとき、雪は深く、空は晴れ渡っていた。風はほとんどなく、冬の夜は強い逆転気温だった。頭上では、暖かい空気のドームが冷たい空気を下に閉じ込めていた。空気サンプラーによると、放出されたミストは1マイル近くを移動した。実験者たちは、「放出域」は 「異常に広かった」と書いている。

パトリックが到着するまでは、アメリカ大陸の生物兵器探しは、炭疽菌、ペスト、野兎病(20人に1人が死亡し、残りは重病となる)など、主に細菌性の病気に焦点を当てていた。野兎病は通常の感染症の悪寒、発熱、咳だけでなく、天然痘よりも大きな皮膚病変を引き起こす。

しかし、兵器としてのバクテリアの欠点は明らかになりつつあった。都市や戦場での攻撃で発症した感染症は、抗生物質を大量に投与することで治療できるようになった。この医学界の新たな事実が、殺人者や戦争犠牲者としてのバクテリアの役割を減少させた。

ウイルスは魅力的な選択肢だった。バクテリアに比べ、ウイルスは複雑でなく、しばしば致命的であった。デトリックの科学者たちにとって、ウイルスの顕微鏡的な大きさは、軍事的にさまざまな利点をもたらす可能性があった。

人間の卵は肉眼で見える程度で、幅は100ミクロン、つまり100万分の1メートルである。人間の髪の毛は75ミクロンから100ミクロンの幅で、長いので見やすい。普通の人間の細胞の幅は約10ミクロンで、定義上見えない。ほとんどのバクテリアの幅は1ミクロンか2ミクロンである。細菌とその同類であるマイコバクテリアなどは、ミクロの世界の完全な生物の中で最も小さいと考えられている。

対照的に、ウイルスは数百倍、時には1000倍も小さい。細菌が車やミニバンの大きさだとすれば、ウイルスは携帯電話の大きさである。もっと小さいもののひとつである黄熱ウイルスは、幅が100分の2ミクロンしかない。口蹄疫ウイルスはもっと小さい。ウイルスが小さいのは、代謝や呼吸といった生命の通常の部分やプロセスがほとんどないからである。科学者たちは、ウイルスをかろうじて生きていると考え、生物というよりはロボットとみなしている。ウイルスが増殖し、繁殖するためには、細胞に侵入し、その生化学的装置を乗っ取る。

長い年月をかけて、この生物学的な親密さが、ウイルスを人類の敵の中でも最も危険な存在にしてきた。インフルエンザや天然痘の原因物質であるウイルス、そして犠牲者を血祭りに上げるアフリカの災厄、エボラ出血熱などである。

人間はウイルスに対しては無力である。ウイルスは細胞の中に入り込むことができるほど小さく、人間の免疫システムの攻撃から逃れることができる。それとは対照的に、炭疽菌は幅4ミクロンもある巨大なもので、体内に侵入するためには何千個もの菌と戦わなければならない。

さらに、ウイルスは人間の宿主とほとんど見分けがつかないため、抗生物質やその他の科学兵器による攻撃にはほとんど無敵である。ある陸軍の細菌戦に関する参考書によれば、ウイルスは「特に魅力的」である。

デトリックの科学者たちは、このような問題を調査する中で、ウイルスに対して有効な治療法、つまり免疫療法を知っていた。ほとんどのワクチンは、死んだウイルス、弱毒化したウイルス、無害だが生物学的には有害なウイルスに似たウイルスでできている。ワクチンを注射したり、場合によっては飲み込んだりすると、攻撃待ちの誤情報が体内の免疫系に送られ、免疫系は特定の種類の侵入者と戦うための抗体を形成する。防御力の増強には時間がかかる。そのため、侵略者を効果的に撃退するためには、多くの場合、数週間から数カ月前にワクチンを接種しなければならない。すぐに効くことはめったにない。

軍は当初から、ワクチンの防御作用を逆手にとって、ウイルスをより戦争に適したものにできることを知っていた。侵略者は自分の軍隊を守るために予防接種を使うことができ、一方ワクチン接種を受けていない敵は無防備になる。

パトリックがデトリックに落ち着いた頃、ウイルスの大量殺戮の威力は、害虫駆除に関する2つの劇的なエピソードによって思い知らされた。標的はウサギだった。ウサギはオーストラリアを蹂躙し、その数は羊や牛の牧草地を激しく奪い合い、家畜の生産量は減少し始めた。1950年、科学者たちは、ウサギを失明させ、痙攣させたまま死に至らしめることの多い病気、粘液腫症の原因となるウイルスを開発した。この病気は急速に広がり、感染した動物の99%以上が死んだ。戦後のヨーロッパでは、農家の灌木を食べるウサギが爆発的に増えた。1952年、フランスの専門家はヴェルサイユ宮殿からほど近いウール=エ=ロワールで、ウイルスに感染した数頭を放した。翌年までに、この病気はフランス国内だけでなく、ベルギー、オランダ、スイス、ドイツにまで広がり、ウサギの90%が死んだ。農家は大喜びだった。やがて、この駆除は戦後のヨーロッパ農業の復興に不可欠なものと見なされるようになった。

というのも、天然痘ウイルスは天然痘の仲間だからである。ウサギのドラマは、天然痘ウイルスがワクチン接種を受けていない人間の集団の中でどのように広がっていくかを研究するのに役立つと考えられていたのだ。

パトリックの資格は、デトリックの拡大する事業で主導的な役割を果たすことになった。彼は科学者たちが開発中のウイルス剤を評価し、微生物が簡単に大量生産でき、なおかつ病原性を維持できるかどうかの実験を行った。彼は生産技術者であったが、1950年代初頭のこの時期、メリーランド大学で微生物学の博士号取得を目指していた。

陸軍は期限切れをテストするため、そしていざとなれば爆弾製造のために大量のウイルスを必要としていた。パトリックは産業界での経験から、微生物の大量生産と品質管理について多くのことを知っていた。彼は急速に進歩し、やがてデトリックのウイルス工場試作のマネージャーとなった。

彼の一番の武器は鶏卵だった。安価で調達が簡単な鶏卵は、ウイルスの増殖と繁殖に必要なタンパク質と栄養素を豊富に含み、硬い殻に包まれているため取り扱いが容易である。製薬会社はワクチン用のウイルスを卵の中で培養することが多い。デトリックでも同じように、受精鶏卵がウイルスの大量生産に最適であることがわかった。

パトリックの研究者たちは注射器を使い、卵にウイルスを注入し、暖かいオーブンで培養するために密封した。病原菌は成長中の胚に感染して増殖し、何兆もの子孫を残すことになる。数日後、細菌とその瀕死の宿主は収穫され、得られた化合物はしばしばピンク色になる。

このウイルス剤はその後、マウス、モルモット、ウサギ、アカゲザル、そしてやがてアメリカ兵でテストされることになる。予備的なテストと分析から導き出された一つの洞察は、驚くべきものであり、直感に反するものであった。軍は早い段階で、敵兵を殺す必要はないと結論づけた。実際、ウイルスによる不具合は、死よりも望ましいと考えられるようになった。なぜなら、病気になった兵士は、より多くの敵の輸送手段、医師、看護師、病院、薬品、官僚を拘束するからである。戦争、特に民主主義国家では、国民の不支持が軍事計画や作戦をすぐに終わらせることになりかねない。

ウイルスは、このような微妙な範囲の衰弱に適していることが判明した。ヒトに感染したウイルスのほとんどは致命的ではなかった。実際、一般的な風邪やインフルエンザのように、一般的には衰弱させ、時折死に至ることがあるにせよ、ほとんどは単に煩わしいだけのものだった。進化の過程で、微生物は宿主であるヒトを生かしておくことが得策であることに気づいたのである。

パトリックたちが武器として開発したウイルスの中には、発熱、痙攣、昏睡、場合によっては死に至る脳疾患である脳炎を引き起こすものがあった。もう一つは黄熱ウイルスで、悪寒、胃出血、肝不全と胆汁蓄積による黄色い皮膚を引き起こす。科学者たちはリケッチアについても調査した。リケッチアはウイルスとバクテリアの中間の大きさである。ウイルスと同様、多くは細胞の中に潜り込んで繁殖する。ウイルスとは異なり、抗生物質が効かないものもある。パトリックが研究したリケッチア菌のひとつにQ熱菌がある。Q熱菌は非常に丈夫な細菌で、発熱、悪寒、ズキズキする頭痛を引き起こし、通常は目の奥に潜む。

やがてパトリックと彼の後継者たちは、細菌戦の候補となる約50種類のウイルスとリケッチアを特定した。これは適切なバクテリアの数の3倍近くであった。この進歩は、細菌攻撃から人々を守るには抗生物質だけでは不十分であることを意味していた。

Q熱微生物であるコクシエラバーネティーの有効性を評価しようと躍起になっていた軍は、人体実験を承認した。モルモットやアカゲザルのような代用動物を使ったテストでは、科学者たちは人間への影響について確信が持てなかった。被験者となったのは、セブンスデー・アドベンチストと呼ばれる良心的兵役拒否者で、旧約聖書の「殺すな」という命令に従い、国のために武器を持つことを拒否したが、細菌兵器研究のために自分の体を提供するよう説得された。

デトリックでは、パトリックと彼のチームは、ウイルス・パイロット・プラント(434号棟)と呼ばれる真新しい黄色いレンガ造りの建物で働きながら、コクシエラ・バーネティーのバッチを作り上げた。従業員は34人で、1日に約1000個の卵を処理し、何兆個もの細菌が群がるテスト剤を作った。

パトリックはQ熱菌のスラリーを慎重に実験場へ運ばせた。最初はデトリックのエイトボールである。1955年初めから、アドベンティストたちはボールの周囲に集まり、フェイスマスクをして深呼吸をし、ボール内部につながったゴムホースから細菌の霧を吸い込んだ。陸軍の実験担当者は、さまざまな量と飛沫の大きさの菌を投与した。

いったん感染すると、アドベンティストたちは注意深く監視された。症状が出た場合は、抗生物質が投与された。多くの場合、インフルエンザほどひどくはないが、Q熱を放置しておくと、激しい悪寒、震え、目のくらむような頭痛、筋肉痛、関節痛、下痢、体重減少、幻視・幻聴、顔面痛、言語障害、心臓の炎症、うっ血性心不全へと進行することがある。感染者の約100人に1人が死亡する。アドベンティストたちは注意深く監督された。全員が生き残った。

検査で驚きの結果が出た。コクシエラ(Coxiella burnetii)のたった1つの微生物が、この病気を引き起こすのに十分であることが判明したのである。この発見は医学的に初めてのことであった。このような人体感染力は疑われていたが、実証されたことはなかった。

何年もの間、パトリックはしばしば実地試験が行われる現場に立ち会った。ユタ州の砂漠にあるダグウェイ実験場では、1955年の夏、30人のアドベンティストが集められ、アメリカ初の細菌兵器による人体への実地試験が行われた。この実験では、細菌がどれだけ拡散するかを測定した。円形の試験用グリッドの中央に5つの噴霧器が置かれ、それぞれに5オンスのパトリックスQフィーバー・スラリーが入っていた。月12日の夜、ほぼ1週間にわたる誤噴霧の後、噴霧器から細かい霧が出て、そよ風に乗って飛んでいった。被験者たちは半マイル以上離れた場所で、夕暮れ時の冷え込みが厳しくなるのを神経質に待ちながら、通常の呼吸をするよう指示に従っていた。

効果はあった。アドベンチストの感染パターンは、コクシエラバーネティがエアロゾル拡散に理想的であることを示していた。

次の難関は、この病原菌を戦争で広める方法を見つけ出すことであった。重要なテストの中心は、国の最新ジェット戦闘機、F-100スーパーセイバーであった。このジェット機は核爆弾と通常爆弾を搭載するために作られた。そして今回、細菌を撒き散らすためのテストモデルが用意された。

メカニックは飛行機の腹部にタンクを括り付け、それを特殊なノズルに接続し、細菌を風に乗せて排出した。問題は、乱気流によって噴霧が十分に破壊され、人間の肺に浸透するのに理想的な幅1~5ミクロンの粒子になるかどうかだった。ジェット機はユタ州の砂漠上空で雷鳴を上げ、この方法は驚くほど効果的であることが判明した。

この一連のテストでは、動物だけが意図的に被爆させられた。しかし、あるF-100のパイロットは、除染される前に飛行機から降りて体調を崩した。パトリックは、その男は新婚旅行に来ていて、彼の妻はマリリン・モンローのようだったと回想した。また、3人の兵士が演習場の端にある道路のバリケードを守っていたときに倒れた。彼らの仕事は、風が急に変わった場合に交通を止めることだった。細菌は50マイルも航行したのだ。「私たちは大喜びでした」とパトリックは振り返る。この事故は、細菌が拡散するという科学者たちの数学的モデルが正しいことを示した。さらに重要なことは、彼のチームが「非常に、非常に優れた液体製品」を製造し始めていることを証明したことだと彼は言った。事故が報道されなかったにもかかわらず、この発見は称賛された。

アメリカ政府関係者は、モスクワが同様の実験を行っているのではないかと疑っていた。1956年、ソ連のゲオルギー・ジューコフ国防相が共産党大会で「現代の戦争には必ず生物兵器の使用が含まれる」と発言したことで、その確信はさらに強まった。

やがてワシントンは動かぬ証拠を突き止めた。アラル海の荒涼とした島の上空を飛んでいたアメリカのU-2偵察機が、密集した建物や奇妙な幾何学模様の格子の写真を次々と撮影したのである。米中央情報局(CIA)のアナリストたちは、生物兵器との関連を見抜いた。

ある日、パトリックをはじめとするデトリックの管理職数十人が特別会議に呼ばれた。警備は厳重だった。会議室のドアの前にいた警備員は、到着した職員のセキュリティバッジとリストの名前を照合した。簡単な自己紹介の後、中央情報局(CIA)の職員がスパイ写真を回した。

ソビエトの島の構造物は、ユタ州の砂漠にあるリングの目の玉パターンにまぎれもなく似ていた。そこには、道路、センサー、電柱、被験者などが、細菌散布機から距離をおいて並んでいた。

長い間疑われていたことが確認されたことで、科学者たちは、自分たちの仕事は正当なものであるばかりでなく、ソビエトに報復の脅しをかけるためでなければ、極めて重要なものであるとの確信を強めた。彼らが写真を調べて目にしたものは、アメリカの取り組みよりずっと以前からあった大規模な事業の片鱗であることが判明した。ソ連の細菌戦計画は1920年代から30年代にかけて始まり、炭疽菌、チフス、その他の病気を人々に感染させる兵器を開発し、現代で最も早く、最も大規模なもののひとつに成長した。当時、アメリカには細菌兵器はなかった。スターリンの全体主義的な支配は、その努力に莫大な資源を注ぎ込んだが、やがて彼の粛清によって多くの指導的な微生物学者が殺されたり投獄されたりした。

モスクワの転機は第二次世界大戦だった。日本の細菌部隊が捕獲され、その技術が研究され、戦時中に何百万人ものロシア人が虐殺された後、ソ連軍を強化する決意を固めたことで、細菌兵器への関心が再び高まった。1946年、スベルドロフスクに炭疽菌の専門工場が建設された。1947年、ソ連軍はザゴルスク郊外に天然痘を含むウイルス兵器の製造施設を建設した。U-2がソ連上空を飛び始めた1956年までには、モスクワは細菌兵器を開発・製造するための秘密基地を各地に建設していた。

ソ連の計画を心配し、ウイルスやリケッチア菌の麻痺させたり殺したりする力に感銘を受けた米国は、1950年代後半、戦争に必要なだけの病原体や生物毒素を生産できる工場の建設を準備した。当時のアメリカの公式方針は、先制使用はしないというものであった。生物兵器は敵の細菌攻撃に対してのみ発射されることになっていた。

1956年、30歳になったパトリックは昇進を勝ち取り、すぐにデトリックで完成された製造方法を大規模に再現し、ウイルスを1オンス単位だけでなく、ガロン単位やドラム缶単位でも製造できるような遠方の工場を設計する責任者となった。場所は、アーカンソー州中部の森を切り開いた陸軍基地、パインブラフ造兵廠である。アーカンソー州は卵の一大産地だった。

陸軍はすでにパインブラフを使って、野兎病を引き起こすバクテリアなどから兵器を作っていた。パトリックの下で、パインブラフはウイルスの分野にも進出した。パトリックは請負業者や技術者とともに、X1002と呼ばれるパインブラフ・ウイルス工場の設計に取り組んだ。その主な機能は、何千もの卵を素早く感染させ、収穫することであった。パインブラフでは、パトリックが機械化した。パインブラフでは、パトリックはベルトコンベヤーで作業を機械化した。

試行錯誤の結果、パトリックは、卵のトレイが1分間に15センチというゆっくりとしたスピードで作業場を通過すると、作業者の集中力が途切れてしまうことを発見した。「しかし、1分間に22,23インチで動かすと、彼らはそのスピードを受け入れられず、手を上げてやめてしまうのです」と彼は回想した。「毎分20インチがちょうどいいことがわかったんだ」

やがて、パトリックの製造ラインはうなり声を上げ、Q熱の原因菌を生産し始めた。XI002の従業員は1週間に約12万個の卵を感染させ、処理することができた。

ベネズエラウマ脳炎(VEE)を引き起こすウイルスの生産ペースはさらに速かった。機械化されたラインで働く労働者たちは、1週間に約30万個の卵を感染させ、収穫することができた。パトリックはVEEの症状を熟知していた。かつてデトリックで発生した偶発的な感染で、彼のクルー15人が罹患したことがあったからだ。「致死性はない。死にたいと思うだけだ。目が飛び出そうになる。」

VEEはフロリダ、トリニダード、メキシコ、中南米など、蚊がウイルスを媒介する場所に生息している。この病気は突然襲ってきて、倦怠感、激しい頭痛、高熱、痛みを伴う光線過敏症、吐き気、嘔吐、咳、下痢を引き起こす。致死率は成人で1%未満であるが、老人、若年者、病弱者では高い。流行時には、25人に1人の子供が中枢神経系感染の徴候を呈し、痙攣、昏睡、麻痺を伴う。重篤な脳炎を発症した小児の致死率は20%にも達する。生存者は永続的な神経障害を負う可能性がある。

ドワイト・アイゼンハワー大統領は、ホワイトハウスを去る直前に、フォート・デトリックの進展について説明を受けた。1960年2月18日、国家安全保障会議が開かれた。副大統領のリチャード・ニクソン(Richard M. Nixon)は大統領選への出馬を控えており、欠席していた。

アイゼンハワーは、軍縮が進み国防予算が減少する中、超大国間の信頼が高まるという遺産を残そうとしていた。しかし、民主党は国防費の大幅な増額を求めており、アイゼンハワーは、アメリカがミサイル戦力で遅れをとったという民主党の主張に深く反発していた。アイゼンハワーは、この攻撃を党派的なものだと考えていた。

この会議で、国防総省の主任科学者でナンバー3の官僚に任命されたばかりの核兵器設計者、ハーバート・F・ヨークはアイゼンハワーに、制御された無能力化という分野は「戦争の新しい次元を切り開く」ことを約束すると語った。その兵器は非致死的だと彼は言った。殺す代わりに、無気力、苛立ち、失神、麻痺、病気、戦意喪失を引き起こす。その影響は一時的なものだが、些細な影響は「永久に続くかもしれない」とヨークは言った。Q熱やVEEのような病原体はより濃縮されつつあり、科学者たちは保存期間を1年から3年に延ばす方法を見つけつつあると彼は言った。将来、陸軍の科学者たちは、リフトバレー熱(悪寒、出血、ほとんどの犠牲者が死亡するのではなく、昏睡状態に陥る出血性疾患)を引き起こすアフリカのウイルスという新しい病原体や、他の病原体の「調整された亜種」を作り出すだろう、と彼は言った。新兵器は軍事的優位を約束するものであった。対照的に、ソ連の生物製剤のほとんどは致死的であったとヨークは指摘した。

陸軍参謀総長のライマン・レムニッツァー将軍は、この兵器がどのように使われるかを説明した。建物や財産を破壊することなく、広範囲を覆い尽くし、多くの死傷者を出すことができる。レムニッツァー陸軍参謀総長は、「敵軍が占領している地域に友好的な民間人がいるような場合」、フィリピンやインドシナで起こりうる事態を想定して、この兵器の可能性は特に大きいと述べた。レムニッツァーは仮定の例を挙げた。共産主義勢力が重要な地域を占領した場合、アメリカは脳炎ウイルスの攻撃で対応することができる。もし共産主義勢力が重要な地域を占領した場合、アメリカは脳炎ウイルスの攻撃で対抗できる。飛行機は紛争地域に爆弾や散布剤を投下することができる。中型爆撃機2機で十分かもしれない、と彼は言った。日後、薬剤が効き始めたら、飛行機はアメリカ軍か同盟軍のパラシュート部隊を送り込み、領土を奪還する。

ヨークは、このような兵器は革命的である可能性があると言った。病気はインフルエンザのように軽度のものから、原爆のように致命的なものまである。今後5年間で、国防総省は研究と兵器製造により多くの資金を投じたいと彼は付け加えた。ジョージ・B.

大統領科学顧問のジョージ・B・キスティアコフスキーは、この分野の「見通しは間違いなく明るい」と述べ、予算増額を支持した。

アイゼンハワーもこれに同意した。

トーマス・S・ゲーツ・ジュニア国防長官は、このような兵器の使用について世界はどう考えるか、核兵器と同等に考えるべきかと質問した。大統領の国家安全保障顧問であるゴードン・グレイは、現在のアメリカの政策では、化学兵器と生物兵器のどちらを使用するにも大統領の承認が必要であると指摘した。

その場にいた誰よりも戦闘経験のあるアイゼンハワーは、無能力化剤は「素晴らしいアイデア」だが、それにもかかわらず「一つの大きな難点」があると言った。敵はその使用を本格的な細菌戦とみなし、致死量の薬剤で報復してくるかもしれない。

統合参謀本部議長のネイサン・F・トワイニング大将もこれに同意した。彼は、もし米国がこのような無力化剤を使用することがあれば、「可能な限りその非致死的効果を公表すべきだ」と述べた。

数年後のインタビューでヨークは、アイゼンハワーが指摘した問題のため、やがて彼自身は非致死性兵器への熱意から深い懐疑に変わったと語っている。攻撃側が人道的と称しながら、無力化剤を使った攻撃は、恐ろしい復讐を招くに違いないと彼は言った。

1961年1月にジョン・F・ケネディが大統領に就任した後、生物兵器への支出は劇的に増加した。新国防長官のロバート・S・マクナマラは、生物兵器を含む軍事計画を徹底的に見直した。統合参謀本部は、生物兵器には独特の利点があり、特に殺すというより無力化する能力があることを発見した。彼らは、細菌を戦争に備えるための突貫プログラムを強く支持した。

すでに優先順位の高かったウイルスの研究は倍加され、ゼネラル・エレクトリック社、ブーズ・アレン社、ロッキード社、ランド社、モンサント社、グッドイヤー社、ゼネラル・ダイナミクス社、エアロジェット・ジェネラル社、ノース・アメリカン・アビエーション社、リットン・システムズ社、そしてチェリオスやウィーティーズのメーカーであるゼネラル・ミルズ社までもが細菌プログラムに参加した。乾燥シリアルを製造するゼネラル・ミルズは、ひっそりと「ラインソース散布装置」を製造した。これは、飛行機から病原菌を連続的に散布し、感染性の霧を広範囲に拡散させるための装置である。

戦士

国防総省の計画者たちは、柔軟性と射程距離の拡大を求め、パーシング、レグルス、軍曹など6種類の生物兵器用ミサイルを準備した。軍曹のペイロードは720個のボムレットで構成され、それぞれの幅は3インチ、7オンスの病原体が入っていた。上空10マイル、大気圏の縁に放たれた爆弾は、下降中に飛散して60平方マイル以上をカバーし、薬剤を細かいしぶきのように空中にまき散らした。

軍首脳はまた、実地試験をユタ州の砂漠からより典型的な標的地帯に広げるよう指示した。東南アジアでの有用性を判断するため、沖縄、パナマ、中部太平洋で試験が行われた。ロシアの多くの地域は寒冷であったため、細菌はアラスカでテストされた。

軍拡は新たな軍官僚機構を生み出した。1962年5月に設立されたこの部隊は、ソルトレイクシティ近郊のフォートダグラスに本部を置いた。数百人の職員が、船、ジェット機、人、装備、微生物の移動を監督した。

1959年にフィデル・カストロがキューバで権力を掌握した後、アメリカの軍当局者は島国に侵攻して独裁者を打倒するための有事計画を立案した。フォートデトリックは、その中でも最も極秘のものを、第二次世界大戦後のヨーロッパを再建するためのアメリカの努力を皮肉った「マーシャル・プラン」と呼んでいた。この計画は、キューバの兵士と市民に対する生物学的攻撃から始まるアメリカ軍による大規模な攻撃を想定していた。

戦争計画は、想像しうるあらゆるシナリオをカバーするために書かれる。しかし、準備に携わった複数のアメリカ政府関係者によれば、マーシャル・プランは重大な選択肢だった。何年にもわたり、フォートデトリックの細菌専門家との緊密な共同作業だけでなく、薬剤の選定、死傷者の予測、キューバ上空の気象パターンの研究などが行われた。必要な細菌をどれだけ早く生産できるかを確認する訓練さえ行われた。

計画の具体的な内容は、新しい薬剤が入手可能になり、ケネディ政権が軍事生物学への投資を増やし、その成果が出始めるにつれて進展していった。当初、デトリックは主に炭疽菌のような致死性の薬剤を提供することができた。しかし、1960年代初頭、パインブラフの新工場で生産が増加するにつれて、デトリックは、標的住民の大部分を生存させることを目的とした、ますます幅広い種類の無力化剤を提供できるようになった。軍の生物学者やプランナーは、大統領が侵攻を命じれば、このような病原体や生物学的毒素を使うべきだと主張した。無能力化剤はキューバの防衛を無力化し、予測されるアメリカ軍の戦闘犠牲者を大幅に減らすことができる。

デトリックが生物兵器による攻撃計画を練り上げると同時に、国防総省は、国民の怒りを買い、キューバ侵攻を支持させるような偽の事件をどのように起こすかも調査した。飛行機のハイジャック、キューバ難民を乗せたボートの沈没、マイアミやワシントンD.C.のテロ、さらにはキューバ領海内でのアメリカ船の爆破など、アメリカの秘密行為の責任をカストロになすりつけるのである。口実戦略の立役者はレムニッツァー将軍で、アイゼンハワー大統領に無力化細菌兵器の軍事利用について語った人物である。ケネディ政権下では、彼は統合参謀本部議長だった。レムニッツァーは1962年3月、マクナマラに「キューバへのアメリカの軍事介入を正当化できる」と書いた。ケネディは最終的にレムニッツァーの考えを拒否し、彼は後に解任された。

1962年10月、キューバ・ミサイル危機が勃発し、ワシントンとモスクワは核戦争の瀬戸際に立たされた。ケネディ大統領は、侵攻の可能性に備えて大規模な部隊を編成するよう命じた。国防総省は100万人以上を動員した。通常の攻撃では、最初の10日間の戦闘で負傷したり死亡したりするアメリカ人の数は18,500人に達し、18万人の侵攻軍のおよそ10パーセントに達すると見積もった。

ケネディ政権はキューバ危機の際、対キューバの軍事的選択肢を幅広く検討した。しかし、ソビエト連邦のミサイル基地をいかにして追い払うかというハイレベルの議論に、細菌を使った攻撃が登場した形跡はない。ケネディの国防長官だったマクナマラは、マーシャル・プランについて聞いたことがないとインタビューで答えている。さらに、自分もケネディ大統領も、危機の最中にキューバに対して病原体や生物学的毒素を使用する「意図はなかった」と付け加えた。フィリップ・D・ゼリコウは、機密扱いの許可を得て、キューバとの対決に関する秘密記録を調査した学者であるが、彼は、大統領とその上級顧問に送られたテープレコーダーや文書で、細菌兵器について言及したものは知らないと述べた。

しかし、アメリカ軍の一部、特にフォート・デトリックに勤務する者たちは、キューバ・ミサイル危機を、細菌兵器がいつの日か何千人ものアメリカ人の命を救うことになるかもしれないことを示唆する教訓としてとらえていた。そして、パインブラフに新しい工場が完成したことで、キューバ全土を無力化剤で攻撃することが可能になった。

軍の公文書館にアクセスできる国防総省の高官によれば、キューバ侵攻の可能性の選択肢には、最終的に生物兵器による攻撃も含まれていたという。彼は、統合参謀本部で働く幕僚長がそれを承認したと述べた。この関係者によれば、この計画には使用可能な細菌の組み合わせが指定されており、生物学的攻撃は数百万人のキューバ人に影響を与えると推定していた。このオプションがどれほど真剣に検討されたかは不明である。幕僚将校の権限は数十年後に比べて弱く、陸軍や他の軍や司令部が進める計画を承認するのは日常的なことだった。

当時、フォートデトリックの科学部長であったライリー・D・ハウスライトは、計画は国防総省の役人によって指示され、細菌科学者たちは、このような攻撃が具体的にどのように機能するのかを練り上げるよう奨励されたと回想している。キューバにおけるロシア軍と兵器の位置を示した「私の机の半分の大きさの地図が送られてきた」とハウスライトは語った。軍関係者は「私たちに情報を与えてくれるのがとても上手だった」と彼は付け加えた。一方、彼と彼の同僚は、今度は将校たちが「成功の可能性」を判断する手助けをした。ハウスライトによれば、1960年代初頭、彼の部下たちは、多数のキューバ人を無力化あるいは殺害できる薬剤を準備したという。敵軍にボツリヌス毒素を散布するという致死的な選択肢も検討されたという。ハウスライトは、キューバ侵攻の際にアメリカ人の命を救うことができたのだから、マーシャル・プランは「良いことだった」と考えている。

連邦政府高官や細菌の専門家たちは、そのほとんどが匿名を条件に、マーシャル・プランの詳細とその破壊的目標の範囲について語った。パトリックは何も語ろうとしなかったが、他の関係者によれば、この計画は時間をかけて修正され、デトリックでの無能力化剤に関する彼の研究を大いに利用したものであったという。しかし、パトリックは1999年に軍将校を前にした講演で、キューバ攻撃計画が立案され、それは2つの無能力化細菌に依存しており、その細菌は順次作用して障害時間を長くするものであったと語った。「もし銃撃戦になったら、これらの細菌を同時に散布するというコンセプトだった」「キューバの住民を3日から2週間強無力化する。インフラは破壊しない。」「多くの人々を病気にするだけだ。死ぬ人はほとんどいない。病原菌は「私のような年寄り」を襲い、人口の2パーセント以下しか死なないだろう、と彼は付け加えた。「私たちは軍隊を移動させ、国を占領することができる。」

インタビューの中で、パトリックは最終的に、他の専門家がマーシャル・プランの訓練だと言ったことについて説明した。それは1960年代初頭に、デトリックと国防総省の陸軍ヒエラルキーからの秘密指令のもとに行われたという。その目的は、米国が細菌による紛争に迅速に動員できるかどうかをテストすることであった。

アメリカの細菌兵器科学者たちは、2種類の細菌と1種類の生物学的毒素からなる特別なカクテルを開発した。動物実験では、このカクテルが強力であることが示唆されていた。パトリックは今、これまでの努力を凌駕する量を準備するのを手伝っている。パインブラフのチームは、プール一杯に相当する何千ガロンものカクテルを作った。

このカクテルの毒素は、黄色ブドウ球菌が排泄する毒で、食中毒の主な原因であるブドウ球菌性エンテロトキシンB、通称SEBであった。細菌戦士たちは、この細菌を何兆個も培養し、毒を濃縮して兵器にした。その蒸気を吸った人は、3時間から12時間後に体調を崩した。症状としては、悪寒、頭痛、筋肉痛、咳、106度までの突然の発熱(昏睡、痙攣、死に至る症状に近い)、そして頻度は少ないが吐き気、嘔吐、下痢があった。発熱は数日続き、咳は数週間続いた。

混合ウイルスがベネズエラウマ脳炎を引き起こした。潜伏期間は1~5日で、その後、重篤な感染症によく見られる吐き気と下痢が突然発症し、105度までの高熱が出る。急性期は1~3日続き、その後数週間は衰弱と無気力が続く。

最後の要素はQ熱を引き起こす虫である。潜伏期間は10日から20日で、その後一般的に頭痛、悪寒、幻覚、顔面痛、104度までの発熱など、衰弱した症状が2週間ほど続く。米陸軍が発見した慢性Q熱はまれであったが、病気がその段階まで進行するとしばしば致命的であった。

パインブラフで行われたマーシャル・プランの訓練では、SEB、VEE、Q熱の3種類のカクテルを大量生産する方法を完成させたパトリックの仕事が不可欠とされた。「さまざまな薬剤を用意するようにした」とハウスライトは回想した。無能力化剤は、「状況全体に人道的な側面があることを示した」と彼は付け加えた。「原爆をのどにぶち込むのとはわけが違う。人道的な行為だったのだ」

薬剤を浴びるとキューバ人は数時間で衰弱し、その状態は最長で3週間続いた。ジェット機はパインブラフの飛行場で燃料を補給し、キューバへ飛び、主要な町や港、軍事基地の上空に薬剤を散布し、貿易風に乗って東から西へ移動した。西のハバナは特別な注意を払うことになった。カリブ海に浮かぶ孤島キューバは、生物兵器にとって理想的な標的だと考えられていた。細菌はアメリカ軍には何の脅威にもならない。どの病気も伝染性ではなかったし、予測によれば、カクテルの霧は侵攻前にすべて消滅していた。

当時のキューバの人口は約700万人だった。計画では、カクテルにさらされたすべての人が発病した場合、人口の約1%、つまり7万人が死亡すると見積もっていた。

マーシャル・プランが実行に移されることはなかったが、新たな戦争が可能になることは、キューバ以外にも潜在的な影響を及ぼす可能性があった。例えば、軍事計画者たちは、ラオスでも無力化剤の使用可能性を見出していた。ワシントンは、中国共産党が南下してラオスを占領しようとするかもしれないと恐れていた。限定的な軍事作戦のために1962年にアメリカと同盟国の能力を検討した、かつての極秘報告書によれば、ラオスでの生物兵器の使用には明らかな欠点があった。「国民に病気を蔓延させることで、友好的な行為とみなす国民はほとんどいないだろう。しかし、ラオスでの生物兵器攻撃によって、「わずかな人的犠牲で平和化に成功」した場合、そのような行動は「別の見方をされるようになるかもしれない」と述べている。

1963年、ケネディ政権は夏の間、軍備管理について助言を与えるため、多くの学識経験者をワシントンに招いた。その中には、最近DNAがどのようにコピーされるかについて先駆的な研究をしていたハーバード大学の生物学者マシュー・S・メセルソンもいた。軍備管理軍縮局でメセルソン氏は、生物学的な問題を調べてくれないかと頼んだ。モスクワとの核実験禁止条約の交渉に忙殺されていた軍備管理軍縮局の高官たちは、メセルソンにどうぞと言った。メセルソン氏は、極秘の許可証を手に出発した。

デトリック核実験場では、核兵器がいかに多くの犠牲者を出すかを説明された。政府はすでに核兵器を持っていたが、その根拠は何だったのか?細菌兵器の方が安上がりだという答えが返ってきた。メセルソンはCIAに、他の国は生物兵器を開発しているのかと尋ねた。ソ連については疑惑があったが、確たる証拠はなかった。メセルソンはこのことを数日間考えた。地球上で最も裕福な国家がすべき最善のことは、戦争を高価なものに保つことだと彼は考えた。独裁者や未開発国にとって、戦争を十分に安くすることは悪い考えだった。さらに、生物学は日々強力になっており、細菌兵器はますます危険になっていた。

メセルソンは、数年前にハーバード大学の学部長として彼を雇ったマクジョージ・バンディに会いに行った。彼は現在、ワシントンで大統領の国家安全保障顧問を務めていた。ホワイトハウスでバンディは生物学者に心配するなと言った。

「戦争計画からは除外する。しかし、他にやるべきことがたくさんあるので、それを取り除くことはできない」実際、細菌は戦争計画の中に残り続けたと元高官は語った。この時期の生物兵器に関する予算はかなり大きく、この事業が無用であると宣言することはあり得なかった。

ベトナム戦争が激化するにつれ、フォートデトリックの科学者たちは天然痘の研究を倍加させた。このウイルスは単なる無能力者ではなかった。天然痘は古くから存在し、感染力が強く、犠牲者の約3分の1が死亡した。主な原因は失血、心肺機能の低下、膿疱が全身に広がることによる二次感染であった。生存者の多くは傷跡を残し、失明した。保健当局は、他のどの感染症よりも多くの犠牲者を出したと推定している。20世紀だけで5億人が死亡したと推定され、これは1918年から19年にかけて大流行したインフルエンザを含む、すべての戦争と伝染病の合計よりも多い。

アメリカ軍は一般的に、伝染病は予測不可能であるとして避けてきた。しかし、このルールにも例外はあった。ワシントンは天然痘ウイルスを特殊な軍事行動や中央情報局(CIA)の秘密戦争のための武器として手元に置き、独自に供給していた。天然痘の秘密研究は、世界とアメリカの保健当局がこの恐ろしい病気を根絶するための世界的な努力を始めた1960年代に行われた。

この伝染力の強いウイルスは、パトリックと彼の同僚たちによってデトリックで研究されていたが、SEB、VEE、コクシエラバーネティとは異なり、生物学的プログラムが終了してから数年、数十年経っても、政府が公式に兵器庫の一部として公表することはなかった。その代わりに、天然痘は兵器として不適当であるとされ、放棄されたことを示唆することが多かった。

天然痘ウイルスは10分の4ミクロンと大きく、光学顕微鏡で簡単に見ることができる大きさである。また、頑丈でもある。天然痘はヒトの宿主の外で何日も生き延びることができる。その大きさと丈夫さにより、なぜこれほど簡単に広がるのかが説明できる。通常、感染者は、しばしば咳によって、3,4人の他人にウイルスを感染させる。しかし、ウイルスは汚染されたベッドシーツ、衣服、毛布、ハンカチなどによっても感染する。その伝染力の強さと致死率の高さが、ウイルスの破壊力を高め、恐れさせているのである。

デトリックの専門家たちは、鶏卵やヒトの組織培養でこの病原菌を増殖させる方法を学び、アカゲザルで広範囲にテストした。「被曝したサル3912は顔面痙攣と右腕の麻痺を起こし、被曝後6日目に死亡した。

デトリックの生物学者たちは、天然痘ウイルスをさらに耐久性のあるものに変える方法も発見した。それは仮死状態であった。

人間と微生物との戦いにおいて、冷却は細菌の繁殖と代謝を遅らせる。通常、冷却は微生物の寿命を延ばす。微生物が適切な方法で凍結されると(糖とタンパク質に囲まれ、急速に冷却され、昇華として知られるプロセスで氷を除去するために高真空下に置かれる)、植物性の胞子のように振る舞う休眠状態に入ることができる。このプロセスは凍結乾燥として知られている。一度休眠状態になると、室温に戻しても菌は眠ったままであり、何年も何十年もその状態を保つ。産業界では、製パン用のドライイーストの製造にこのトリックが使われている。このような冬眠状態の生物は、水をかけることで復活し、増殖する。

1950年代、アメリカの兵器開発者たちは、この新しい技術を戦争用の微生物剤に応用した。その結果、このプロセスは非常に効率的であるがゆえに、薬剤を強力にしすぎる場合があることがわかった。一つの解決策は、乾燥させた薬剤を不活性物質で希釈することであった。

デトリックでは、乾燥工程でいくつかの微生物が死滅することを発見した。しかし天然痘は違った。このウイルスは容易に凍結乾燥に耐えた。ある天然痘研究では、乾燥によって「ウイルスの生存率に有意な損失はなかった」とし、試験した株は「人に対する高い致死率」を示したと述べている。

こうして、冷蔵なしで数ヶ月から数年間ウイルスを保存することができ、古くからある災いを現代の戦争に理想的なものにしたのである。ある研究では、3年後の乾燥天然痘はその強さの4分の1を保っていた。さらに、乾燥させたウイルスを微粉末にする方法が開発され、「容易に散布できる」ことが判明した。

科学者たちは、密かに病気を広める手段を考案した。日用品に隠せる小さなエアロゾル発生器(噴霧器)が開発されたのである。1965年5月、デトリックの特殊作戦部隊の専門家たちは、首都郊外のワシントン・ナショナル空港で、男性のブリーフケースを使って天然痘菌を噴霧する模擬実験を行った。敵の天然痘攻撃に対するアメリカの脆弱性を測定するために行われたこの極秘テストに関する長大な報告書は、旅行者の12人に1人が感染し、瞬く間に流行病が国中に蔓延したと結論づけている。

天然痘はテロリズムに最適である、と報告書は述べている。なぜなら、とりわけ「潜伏期間が長く、比較的一定しているため、最初の感染者が診断される前に、攻撃を担当する工作員が出国することができる」からである。天然痘の潜伏期間は平均12日で、その時点で倦怠感、発熱、頭痛、嘔吐などの最初の症状が現れる。

当時、一般の人々は秘密の検査について知らなかった。しかし、大衆文化は細菌兵器に対する恐怖の高まりを反映していた。リチャード・ベースハートとアン・フランシス主演の1965年の映画『サタン・バグ』は、世界征服のために政府の秘密研究所から致死性のウイルスを盗み出した狂人の物語であった。自分の本気度を示すため、彼はまずフロリダの小さな町の住民を殺し、次にロサンゼルスを破壊すると脅した。

1960年代半ば、アメリカ軍が北ベトナムを空爆し始めると、軍はフォート・デトリックに、最も厄介な問題のひとつであるホーチミン・トレイルについて助けを求めに来た。北ベトナムとベトコンが、南に対する戦争の生命線としてジャングルの道を利用していたのだ。待ち伏せも、ブービートラップも、ハイテクセンサーも、重砲も、B52の攻撃も、武器の移動を止めることはできないようだった。アメリカ軍の司令官たちは、フォートデトリックの同僚たちに、生物兵器がこの流れを食い止められるのではないかと尋ねた。

計画は天然痘の評価に変わった。絶望的ではあったが、論理的な行動であった。アメリカ軍は日常的に天然痘の予防接種を受けていたため、ブーメラン効果はなさそうだった。北ベトナム軍は脆弱に見えた。ある意味、理想的な環境だった。ベトナムでは1959年以来天然痘の流行はなかったが、天然痘はまだ近隣諸国に潜んでいた。秘密作戦の専門用語では、この攻撃はもっともらしく否定できるものでなければならない。

しかし、このような壊滅的な病気で攻撃することは、莫大な潜在的欠点があった。その痕跡は3つの国を横切っていた。病気や死が無秩序に広がり、同盟国や民間人を感染させる可能性があった。また、北ベトナムは他の細菌剤で報復する可能性もあった。共産党政府には中国とソ連という強力な同盟国があり、どちらも生物兵器を保有していた。

この案は棚上げされた。その後数年間、アメリカ政府は天然痘撲滅のための世界的な取り組みにおいて主導的な役割を果たした。断固とした予防接種プログラムにより、医師と公衆衛生関係者は、歴史上最悪の殺人者をわずか数年で一掃した。

一方、天然痘攻撃に関するアメリカ軍の検討は秘密裏に進められた。

ベトナム戦争に反対する世論が高まる中、抗議者たちは連邦政府の生物兵器プログラムに狙いを定めた。その概要は、ニュース記事やテオドール・ローズベリー著『平和か疫病か』などで知られていた。1967年、何千人もの科学者たちが、軍の取り組みに疑問を呈する請願書に署名した。その中にはハーバード大学の生物学者メセルソンも含まれていた。メセルソンは秘密情報を持つ一流の科学者であったため、彼の声は重みがあった。もう一人の批判者は、1968年に『アメリカの隠された兵器庫』という副題の暴露記事を書いた調査ジャーナリスト、シーモア・M・ハーシュだった。小説も批判の高まりに呼応した。マイケル・クライトンのデビュー作『アンドロメダ・ストレイン』では、細菌兵器用の病原体を収集するために軍が宇宙へ飛び立つ姿が描かれた。この物語では、人工衛星が地球に墜落し、人類の絶滅を脅かす致命的なアウトブレイクが始まる。『サタン・バグ』との対比が物語るように、軍は今や悪役になっていた。

フォートデトリックでは、反戦デモの群衆が武装した警備員と有刺鉄線をくぐり抜け、門の外を行進した。アメリカ国民は、内部で何が行われているのか詳しくは知らないが、フォート・デトリックが細菌戦争の拠点であることは理解していた。「パトリックは抗議に参加した人々についてこう言った。「でも、私たちは愛国的なことをしていると思っていた。

リスクは実際にあった。1968年末、試験管を回転させていた高速遠心分離機が突然故障し、ガラス瓶が粉々になった。この衰弱性の細菌は高熱と激しい咳を伴う肺炎を引き起こす。クリスマスの直前、この病気で5人の労働者が基地の病院に収容された。

反対運動は拡大し、新たな出口を見つけた。空港でメセルソンは、ハーバード大学の昔の同僚で、新大統領リチャード・M・ニクソンが国家安全保障顧問に指名したばかりの歴史学教授ヘンリー・キッシンジャーとばったり会った。二人はハーバード大学で隣同士で働いており、何度も話をしたことがあった。キッシンジャーは生物学者が細菌兵器に不安を抱いていることを知っていた。「我々はどうしたらいいのだろうか?」とキッシンジャーは尋ねたとメセルソンは回想した。私は『考えさせてくれ。考えさせてくれ。』

1969年9月付けのメセルソンの研究の一つは、この兵器は非常に破壊的ではあるが、不必要であると主張していた。軽飛行機であれば、数千平方マイルに及ぶ住民を殺傷するのに十分な量を投下することができるが、病気が標的地域をはるかに超えて広がったり、長期的な伝染病の危険性が生じたりする可能性がある、と彼は書いている。同じ気まぐれさが無能力化する細菌にも当てはまるとメセルソンは主張した。攻撃された場合、敵の兵士と混在する民間人の両方に多数の死者を出すかもしれないし、無力化の程度が小さすぎて軍事的効果が得られないかもしれない。

メセルソン氏は、国家の戦略核戦力は攻撃を抑止するのに十分であると主張した。「致死的な細菌兵器に頼る必要はないし、その選択肢を放棄しても失うものは何もない。「われわれの大きな関心は、他国が細菌兵器を獲得しないようにすることである。「大都市を脅かす細菌兵器は、対応する核兵器よりもはるかに簡単で、安価に入手できる」

メセルソンの議論は肥沃な土地に落ちた。国が細菌兵器を研究してきたにもかかわらず、軍の最高責任者や国防長官は、細菌兵器がアメリカの軍事力増強にはほとんど役に立たないと考えていた。そしてニクソン大統領は、ベトナム戦争への不満が高まる中、劇的なジェスチャーを必要としていた。

1969年11月25日、ニクソンは実験、事故、戦争準備のすべてに終止符を打った。「米国は、致死性の生物学的製剤と兵器の使用、および生物学的戦争の他のすべての方法を放棄する。米国は生物学的研究を防衛手段に限定する。人類はすでに、自らを破滅に導く種を、あまりにも多く手にしている」と付け加えた。ニクソンが大統領に就任して10カ月が過ぎた。彼はフォートデトリックで、笑顔で明らかに平和構築者としての役割を喜びながら発表を行った。

パトリックは大統領のすぐそばにいた。彼は後に、この日が人生で最も暗い日のひとつだったと認めた。彼は、外国からの細菌攻撃に対して現実に対応するという脅威は、可能な限り最高の抑止力であり、それを捨てる大統領は愚かだと感じていた。

ブドウ球菌性エンテロトキシンBのようなバクテリアから抽出された生物毒素は、禁止令の対象から外され、新しい政策を逃れるために化学兵器として再分類された。1970年1月、メセルソンはホワイトハウスに別の論文を提出し、ニクソン大統領もそれを読んだという。その論文は、細菌が作り出す毒素を化学兵器として分類することは、技術的な区別であり、政権の政策目標や大統領の信頼性を損なうものであると主張した。「われわれが新たに決定した政策がもたらす軍備管理上の利益は、秘密の作業が行われる生物学的研究所を維持することによって減少することになる」とメセルソンは書いている。米国の毒素兵器プログラムが活発であれば、フォートデトリックの生物学研究所やパインブラフの細菌兵器製造施設を非武装化し、機密指定を解除することができなくなる」と彼は主張した。

翌月、ニクソンは細菌兵器の放棄を生物毒素にまで拡大した。デトリックは3分の1世紀以上を経て、攻撃事業から撤退した。ホワイトハウスは、軍に細菌防御に集中するよう指示した。今や主な目標は、ウイルス、細菌、毒素で米国を攻撃するかもしれない敵を阻止することである。ニクソン政権は、細菌戦を禁止する条約の世界的な提唱者となったが、今ではワシントンはこれを不道徳で忌まわしいものとして非難している。1972年、アメリカ、ソ連、そして100カ国以上の国々が生物兵器禁止条約に調印した。この条約は、ワクチン、検出器、防護具などの防御手段の研究を除き、致死性の生物学的製剤の所持を禁止するものであった。

64種類の生物兵器

しかし、それは公約にすぎず、条約は抜け穴だらけだった研究に使用できる細菌の量に制限は設けられなかった。防御的な研究と攻撃的な研究を区別する基準も示されなかった。協議の形式も定められていない。強制のメカニズムも確立されていない。

彼らの論理は単純だった。戦争に費用がかかり、軍事行動には何トンもの高度な装備や核兵器が必要だった時代には、裕福な国だけがゲームをすることができた。そしてそれは、ワシントンが避けたいことだと専門家たちは同意した。この点は、メセルソンらが早くから指摘し、何年も公私にわたって主張してきたことだった。

しかし、パトリックと彼の同僚たちは、多くの国が細菌兵器を放棄するという誓約を守りそうにないと感じていた。さらに、彼と同僚たちは、そのような兵器がいずれアメリカに対して使われるのではないかと心配していた。パイロット・プラント部門のチーフや軍需品部門のチーフなど、一緒に働いていた人たちのほとんどは、『なんてこった、この兵器はいずれわれわれに噛み付いてくるぞ』と考えていた」と彼は振り返る。

不安はあったが、パトリックはフォートデトリックを「黒から白」に変える手助けをした。パトリックは、3年間にわたる攻撃兵器庫の破壊作業を支援し、その後、新設された米国陸軍感染症医学研究所で細菌防御の開発に取り組み始めた。この研究所は、政府の新しい防衛努力の中心であった。研究所はフォートデトリックにあり、前身の影に隠れていた。防御的な研究は、攻撃的なプログラムに比べ、専門家も建物もはるかに少なく、予算もはるかに少なかった。やがて陸軍研究所は、広大なフォートデトリック基地の数あるテナントのひとつに過ぎなくなった。

しかし、パトリックは不安だった。パトリックは、国家が行おうとしているギャンブルを嫌っただけでなく、この新しい仕事が、彼が何十年もかけて培ってきた感性と相反するものであることに気づいたのだ。パトリックは細菌攻撃を鈍らせる方法を見つけることについて、「それは違う世界だ。防衛研究はとても複雑だ。兵器レベルの薬剤を開発するのに18カ月、それに対する優れたワクチンを開発するのに10年かかる。」

パトリックは細菌戦士としての日々を楽しんでいたことを率直に語り、動物を殺し、人々を感染させ、死を生み出す新しい方法を見つけた思い出が心地よかったと語った。それはすべて、軍の即応態勢の一部であり、敵を抑止するためであり、国家を強く保つためだった。「当時は、問題を解決することが目的であり、自分たちがしていることの哲学的な影響については考えていなかった。毎週金曜日、私たちは座ってたわごとを言うとき、「我々はこれを抑制する道徳的義務がある!」とは言わなかった。どうすれば集中力を高められるか?それを人につなげることはなかった。それは悪いことかもしれない。しかし、ここには危険が潜んでいた

「私たちは中国やロシアのことを考えていた。そして、もし彼らが本当に何をしているのか知っていたら、私たちはもっと努力しただろう。」

啓示

世界が細菌兵器を放棄する一方で、科学は人間と自然の間の障壁を打ち砕きつつあった。生物学者は初めて、すべての生物の内部に存在する生命の教本を操作する方法を学んだ。それは生物兵器戦争に新たな可能性を与えるブレイクスルー出来事だった。

自然は長い年月をかけてルールブックを書いてきた。科学が初めてそれを垣間見たのは1953年、DNA(デオキシリボ核酸)が遺伝を支配していることを発見した時だった。遺伝暗号通貨は二重らせん状にロックされていることが判明し、その構造は微生物からマナティーまであらゆる生物に共有されていた。驚くべきことに、多様なルールブックは同じアルファベットだけでなく、同じ言語も共有していた。

1970年代初頭、科学者たちはこの共通性を利用して、バイオエンジニアリングや遺伝子スプライシングとしても知られる遺伝子工学の分野を創設した。今や科学者たちは、生命の脚本を編集し、書き直し、並べ替えることができるようになり、ある生物から別の生物へと、1行あるいは1章全体を移動させることができるようになった。生物学的なカット・アンド・ペーストである。遺伝子の組み替えや再配置はますます容易になった。

初期のテストはホタルを中心に行われた。ホタルの発光遺伝子をニンジンに加えると、暗闇で光る新品種のニンジンができた。1970年代半ば、より実用的な傾向の科学者たちは、ヒトのインスリン遺伝子をバクテリアに継ぎ足し、そのハイブリッドをタンクで培養した。やがて、ほとんどの糖尿病患者はこの大量生産されたインスリンに頼るようになり、それは数十億ドル規模の産業となった最初の製品であった。何千もの遺伝子組み換えプロジェクトが、病気を治し、命を救い、人々の健康を改善しようとした。

その結果は、世界の軍隊にとっても重大なものであった。新しい生物学は、現代医学では未知の、治療法のない病気を生み出すかもしれない。より強力で、危険で、巧妙なスーパーバグが生まれるかもしれない。細菌は究極の武器になるかもしれない。

遺伝学革命の最前線にいた科学者たちは、その悪の可能性をいち早く理解した。その一世代前、原子爆弾を発明した物理学者たちは核軍備管理に力を注いだ。そして今、新しい科学を最も身近に知る生物学者が、自分たちの発見が持つ破壊力を封じ込める方法を模索し始めた。

ジョシュア・レダーバーグは正統派ラビの長男としてニューヨークで育った。1958年、33歳のとき、20歳で始めた研究でノーベル賞を受賞した。彼の研究は、バクテリア同士が性行為のように遺伝子を伝達し合うことを実証した。やがて彼の発見は、遺伝子工学という新しい科学の中心となった。レダーバーグは、発展途上のこの分野を世に訴えるようになったが、同時に、細菌戦争をより危険なものにする可能性も感じていた。「その技術を強化することは、長い目で見れば自殺行為だと思った」と彼はインタビューに答えている。

バクテリアの遺伝子交換を発見したことで、彼は抗生物質耐性の危険性について、この問題が世間で注目される何十年も前から警告を発していた。レダーバーグは、実用的な問題としてクローニングについて語った最初の科学者の一人である。彼は微生物遺伝学だけでなく、コンピュータの人工知能や地球外生命体の可能性を研究する分野の創設にも貢献した。

彼が生涯をかけて取り組んだ生物兵器との闘いは、軍とその感染症との闘いについての個人的な知識によってもたらされた。1943年、まだ10代だった彼は、将来の医官を目指すコロンビア大学の海軍学部課程への入学を勝ち取った。1944年、彼はコロンビア大学医学部の医学生となった。学業のかたわら、ロングアイランドのセント・オルバンズにある米海軍病院に勤務した。そこの臨床病理学研究室で、レダーバーグは顕微鏡を覗き込み、便の検体から寄生虫の卵を調べたり、血液塗抹標本からマラリアの有無を調べたりした。この病気はガダルカナル作戦から帰還した海兵隊員を病気にした。

エール大学で博士号を取得した後、彼はウィスコンシン大学で教鞭をとった。ウィスコンシン大学は、フォートデトリックが細菌兵器を製造する国の中心地として設立される際に大きな役割を果たした。ウィスコンシン大学の微生物学者エドウィン・B・フレッドは、ルーズベルト陸軍長官にその必要性を進言し、同大学のもう一人の微生物学者アイラ・L・ボールドウィンは、デトリックの地を選び、初代科学部長に就任した。

レダーバーグはウィスコンシン大学在学中に、レオ・シラードと知り合った。彼は第二次世界大戦で原子爆弾の製造に貢献し、その後シカゴ大学で生物学を学んだ。シラード、エンリコ・フェルミ、エドワード・テラーといったマンハッタン計画のベテランたちが、自分たちが解き放った破壊的な力をどうするかについて議論していた。シラードは核兵器を制限する条約を支持した。彼とレダーバーグは意気投合し、最初は生物学のセミナーで、その後は非公式に会っていた。シラードは、公共政策の科学者として「私の最初の模範」となった、とレダーバーグは言う。

1967年、レダーバーグはそれまでの研究を基に、遺伝子のスプライシングを試みた。実験は成功しなかったが、レダーバーグはその可能性を見出した。近い将来、実験室で新しい形の生命を創造することが可能になるかもしれないと彼は考えたのだ。彼は、ウィスコンシン大学からスタンフォード大学に移ってから実験を行った。スタンフォード大学は、数年後に遺伝学革命の中心となるカリフォルニアの大学である。

ベトナム時代、生物兵器に対する国民的反乱が勢いを増していた頃、レダーバーグは『ワシントン・ポスト』紙のコラムニストとなり、1968年8月の記事で、合成遺伝子の創造は、新しい病原体の「組織的構築」と 「最も危険な大量殺戮実験」によって人類を脅かしていると書いた。彼は、「時間がない」と言って、細菌戦争の抑制を呼びかけた。

レダーバーグはまた、政府のプログラムを終わらせるために個人的にキャンペーンを行い、彼が予見した危険性を政府の指導者たちに伝えた。1969年3月、彼はフォートデトリックの科学責任者ライリー・ハウスライトに手紙を書き、今後の討論のための問題を提案した。「どこに行き着くのか?レダーバーグは生物兵器について尋ねた。「生物兵器の拡散は制御できるのか?生物兵器はゲリラ戦術として採用されるのだろうか?これは、やがて細菌テロリズムとして知られるようになるものについての初期の言及であった。「私はこのことを非常に心配している」と彼は書いた。

その後1969年、彼は下院外交委員会で、細菌兵器の新たな進歩を許すことは、「水素爆弾をスーパーマーケットで買えるようにする手配をするようなものだ」と語った。その年の暮れにニクソンの禁止令が発効し、ワシントンが世界的な条約を求めるロビー活動を始めた後、レダーバーグは政権から国連への助言を求められた。1970年8月、彼はジュネーブの国連軍縮委員会でスピーチを行った。最近の科学の進歩は軍拡競争を約束するものであり、その目的は地球上から人間を除去するための最も効率的な手段となりうる」と彼は警告した。アメリカのクリやヨーロッパのブドウの木は害虫によって絶滅させられた。今、人類は同じような危険に直面している。この危機は、「私自身のキャリアが、人類にとって祝福となるのか、それとも呪いとなるのかという道徳的なこだわり」を刺激したと彼は言った。このジレンマは、「今この瞬間にも、私の世代の生物学研究科学者全体と若い学生たちが直面している」と彼は付け加えた。

1972年、生物毒素兵器禁止条約がロンドン、モスクワ、ワシントンで署名のために開かれた。やがて100カ国以上が、生物兵器の廃絶という条約の目標を受け入れ、細菌戦は「人類の良心に反する」と宣言した。

ちょうどその頃、民間科学者たちは遺伝子革命を本格的に始めていた。

A

それは真夜中のスナック菓子から始まった。1972年末、スタンフォード大学医学部でレダーバーグの若い同僚だったスタンリーN.コーエンとカリフォルニア大学サンフランシスコ校の生化学者ハーバートW.ボイヤーは、ハワイで開かれた会議に出席していた。ある夜遅く、デリカテッセンで科学者たちが話しているうちに、彼らはチームを組めば、これまでになかったことができるかもしれない、つまり、ある生物から別の生物にDNAを移動させ、新しい生命体を作り出すことができるかもしれない、と気づいた。彼らは、まったく関係のない生物の遺伝子を結合させようとしたのだ。たとえば、異種の細菌、あるいは動植物の遺伝子を結合させようとしたのである。

科学者たちはすでに、DNAの鎖から個々の遺伝子を切り離す方法を発見していた。ある生物から別の生物へ遺伝子を移動させることは、より大きな課題であった。コーエンとボイヤーは、虫たちが自然界でどのように遺伝子を移動させるかを示す初期の実験に将来性を見出した。遺伝子は、バクテリアの間を自由に行き来するDNAの小さな輪の上を移動することがわかった。レダーバーグはこれをプラスミドと名付けた。研究者たちは最近、DNAの断片を接着剤でくっつける方法も発見した。おそらく、ある生物から切り取った遺伝子が、別の生物に移動する際にプラスミドに乗ることができるのだろう。コーエンとボイヤーは、理論的には遺伝子工学は簡単であることに気づいた。二人の科学者は、ある生物からDNAを切り取り、それをプラスミドに貼り付け、関係のない生物に移動させることができるのだ。

カリフォルニアに戻り、2人の科学者とその同僚は仕事に取り掛かった。数ヵ月後、彼らは最初の組換え生命体を作り出すことに成功した。彼らは基本的な技術を発明したわけではなかったが、それを応用した斬新な方法によって、新たな分野が急速に発展したのである。

本格的な研究は1973年初めに始まった。ボイヤーとコーエンの最初の実験の中心は大腸菌であった。大腸菌は通常、ヒトの腸管に存在する良性の微生物である。彼らは無関係の微生物からペニシリンに対する耐性を与える遺伝子を取り出し、大腸菌にスプライシングした。その後の検査で、その効果は確認された。この新しい微生物はペニシリンに対する免疫を獲得したのである。1973年7月、彼らはさらに大きな一歩を踏み出し、南アフリカのツメガエルの遺伝子を大腸菌にスプライシングした。新しい細菌は繁殖に成功した。そしてその子孫はヒキガエルの遺伝子を持っていた。科学は限られた範囲で細菌と両生類を融合させたのである。実験によって、プラスミドだけでなくウイルスも外来遺伝子を注入する目的で改変できること、そして微生物だけでなく植物や動物の細胞も標的にできることが示された。

1973年の成功まで、ある生物の遺伝子が他の生物で機能するかどうか、あるいは生き残るかどうかさえ、誰も知らなかった。コーエンとボイヤーは、それが可能であることを示した。さらに彼らは、古くからある種の垣根を越えること、やがては植物と動物の垣根を越えることさえ、比較的容易であることを示したのである。

多くの反響の中で、非常に実用的なものがあった。細菌がカスタマイズされ、増殖するにつれて、科学者たちはその創造物が、インスリンやその他の生物学的化合物など、さまざまな種類の製品を作るようにプログラムできることを発見したのである。このプロセスは遺伝子発現として知られている。細菌は30分ごとに分裂する。つまり、1日に1匹の微小な親が何十億もの同じ子孫を残すことができるのだ。細菌は、さまざまな製品を生産する巨大な工場と化す可能性がある。

この偉業が公表されるにつれ、科学者たちは、新しい生物学が誤って環境に新種の生物を放出して大惨事を引き起こすのではないかと心配し始めた。コーエンとボイヤーは、その危険性を認識していたため、天然のバクテリアの集団にすでに存在する遺伝子や、無害な遺伝子を挿入するよう注意していた。しかし不安は広がり、科学者たちはこのような作業を一時的に世界的にモラトリアム(一時停止)するよう求めた。

1975年2月、太平洋を見下ろす古い礼拝堂に、一流の生物学者たちが集まり、始まったばかりのこの分野における研究のガイドラインをまとめた。アシロマーの会議場には、若手の指導者たちだけでなく、平和的研究の制限を警戒し、遺伝子研究の進展を遅らせることを恐れていたレダーバーグをはじめとする長老たちも出席していた。総勢90人のアメリカ人科学者と50人の外国人科学者、その中にはソ連からの科学者も含まれていた。

ある科学者グループは、米国防総省が遺伝子操作を使って生物兵器用の新種細菌を作るかもしれないと警告し、兵器製造を目的とした遺伝子スプライシングを禁止する国際条約の締結を求めた。この提案はどこにも通らなかった。しかし、組織委員会はかなりの議論の末、最も厳格な安全予防措置の合意を勝ち取った。ボツリヌス毒素を作る遺伝子など、人体に有害な遺伝子を移植する実験である。結局、5人の科学者が反対票を投じたものの、このような実験を全面的に禁止する動議が可決された。

翌月、1975年3月、生物毒素兵器禁止条約が発効した。

条約が発効したのである。しかし、この禁止条約は、アシロマで提起された中心的な問題、つまり新しい生物学が軍事的にどのような意味を持つのかについては沈黙を守っていた。この条約では、防衛目的であれば、どのような研究でも許されるとされていた。しかし、防衛的な研究は、攻撃的な研究と同じように見えるかもしれない。コーエンとボイヤーが開発した遺伝子スプライシングには、さらに厄介な複雑さが加わっていた。もし敵が古いワクチンや解毒剤を新しいバグで打ち負かすことができれば、軍事科学者は想像しうる限り最も致命的な実験を試みる理由があった。それ以外にどうやって、自国に対する新たな脅威を評価し、対抗することができるだろうか?この研究は、防弾チョッキのメーカーが、古い生地を評価するために新しい種類のピストルを入手するようなものだった。

その後数ヵ月から数年の間に、潜在的に危険な実験に対するモラトリアムは終わりを告げ、各国政府は提案された研究が安全かどうかを評価する審査委員会を設置した。遺伝子工学は、まず大学のキャンパスで、次いで産業界で始まった。スタンフォード大学の同僚であるレダーバーグとコーエンは、カリフォルニア州バークレーにあるシータス社のコンサルタントとなった。間もなく、シータス社とその姉妹会社は、ヒト・インスリン、インターフェロン、成長ホルモンを産生するデザイナー細菌を作り出した。レダーバーグは1975年の論文で、「抗生物質の発見と普及以来、公衆衛生に最も広範な利益をもたらすことが期待されている」と書いている。

ニクソンは1974年8月に大統領を辞任した。その直後、民主党の指導者たちは、新たに闘争的なムードになり、上院をしっかりと掌握していたため、政府が最近放棄した病原体を戦争に利用しようとする取り組みについて調査を開始した。アイダホ州のフランク・チャーチ上院議員が中心となって、1975年の秋に長時間の公聴会が開かれた。キューバやベトナムに対する生物兵器による攻撃計画については何も語られなかった。しかし、公聴会と報告書は、フォート・デトリックと中央情報局が暗殺を計画し、外国の指導者を無力化したり殺害したりするための細菌を備蓄していたという、アメリカの歴史の新しい章を明らかにした。この協力関係は1952年から1970年まで続いたが、成功した例はない。調査の結果、一連の素人的な計画、失敗したヒット、恥ずべきミスが明らかになった。

例えば、アイゼンハワー政権は、独立したばかりのコンゴでモスクワに傾くことを恐れ、1960年に首相に選出された元郵便局員のパトリス・ルムンバの殺害を計画していた。CIAは天然痘の原因となるウイルスを含め、多くの病原菌の候補を検討した。ボツリヌス毒素に決定した。ボツリヌス毒素は即効性があり、信頼性が高く、肺と筋肉を麻痺させ、犠牲者を素早く死に至らしめた。毒素はアフリカに輸送された。しかし、厳重な警備にCIA諜報員は苛立ち、反乱軍が政権を掌握しルムンバを殺害したため、計画は失敗に終わった。

もう一つの暴露は、キューバ・ミサイル危機の後、まだカストロを失脚させようと躍起になっていたケネディ政権が中心だった。ケネディ政権は、ダイビング愛好家であったカストロを麻痺させるため、2つの病原体をまぶした潜水服を与えるという奇妙な計画を立てた。ウエットスーツには有毒なカビを、呼吸器には結核を引き起こす細菌を混入する予定だった。アメリカ人弁護士がカストロにCIAの毒が処理されていないウェットスーツを渡したとき、この計画は失敗に終わった。

議会の調査官がさらに調査を進めると、CIAはニクソンが禁止した後も、何百万人もの人々を病気にしたり殺したりするのに十分な病原体、細菌毒素、生物毒の小さな兵器庫を保管していたことがわかった。ほとんどの薬剤はデトリックに保管されていたが、その在庫は驚くほど多岐にわたっていた。その中には比較的大量の炭疽菌だけでなく、ラジニーズがレストラン襲撃に使った2種類のサルモネラ菌も含まれていた:

バチルス・アンスラシス(炭疽菌)、100グラム

パスツレラ・ツラレンシス(野兎病)、20グラム

ベネズエラ馬脳脊髄炎ウイルス(脳炎)20グラム

Coccidioides immitis(谷熱)、20グラム Brucella suis(ブルセラ症)、2~3グラム Brucella melitensis(ブルセラ症)、2~3グラム Mycobacterium tuberculosis(結核)、3グラム Salmonella typhimurium(食中毒)、10グラム Salmonella typhimurium(塩素耐性食中毒)、3グラム天然痘ウイルス(天然痘)、 ブドウ球菌性エンテロトキシン(食中毒)50グラム、A型ボツリヌス菌(致死性食中毒)10グラム、麻痺性貝毒5グラム、カンディダス毒(致死性蛇毒)5グラム、緑膿菌毒素(腸炎)2グラム、トキシフェリン(麻痺剤)25ミリグラム、100ミリグラム。

上院議員たちは、大統領の命令を無視したスパイ機関と陸軍の生物学者を非難した。チャーチ上院議員は、「われわれは、これらの機関が法律の範囲内で厳格に運営されるよう主張しなければならない」と述べた。

ビル・パトリックは、証言に呼ばれることはなかったが、兵器庫については無表情だった。インタビューの中で、彼はCIAに協力はしたが、具体的なことはほとんど知らなかったと語った。「ある特徴を持った製品を用意するように頼まれたら、それが何のためかよくわかるだろう。でも、『誰かを暗殺したいから、これが欲しいんだ』なんて言われたことはない」

公聴会で公開されたCIAの文書によれば、備蓄されている細菌の特徴には、「衣服や枕などのほこりを払うのに適した」形状が含まれており、独裁者がベッドで殺される光景が思い浮かんだという。

個人を傷つけたり殺したりする薬剤を開発していたのは、パトリックだけではないことがわかった。そのような研究は、彼がフォートデトリックに到着するずっと前から行われていた。

アメリカで唯一知られている生物学的攻撃の話は、公聴会で断片的に明らかにされただけで、教会委員会の他の情報開示とは異なり、見出しにはならなかった。最初のヒントは、1975年9月16日、当時の中央情報局長官ウィリアム・E・コルビーが上院議員たちに語った。実際、OSSは「ナチスの指導者を一時的に無力化するために生物兵器を使った作戦を成功させた」と彼は言った。詳細は語らなかった。少なくとも公の場では、上院議員たちは何も要求しなかった。

マサチューセッツのエドワード・M・ケネディ上院議員は、1977年5月に行われた長時間の公聴会の最後に、CIAの文書が「数分前に」届いたと報告した。その文書には、スパイが「戦時中の主要な経済会議に出席するのを阻止するために」、まだ正体不明のナチスのトップを攻撃したことが明らかにされていた。彼らは食中毒を使い、それは成功した。

しかし、ケネディ上院議員は毒物について言及せず、被害者も特定しなかった。CIAの文書が、公聴会の記録の奥に埋もれ、公にされなくなっていたのだ。しかし、この報告書でさえ、恥ずかしい真実を避けていた。

秘密攻撃の標的は、第三帝国の財務頭脳であったヒヤルマール・シャハトであった。1933年にヒトラーが権力を握った後、シャハトは帝国銀行総裁に任命された。1940年代初頭のある時期、OSSの諜報員が必要な毒物を入手し、シャハトに投与した。

技術的には、この攻撃は成功したと言われている。選ばれた毒素はブドウ球菌のもので、対キューバ攻撃用に選ばれた毒と同じものだった。シャハトが経験した症状には、悪寒、頭痛、筋肉痛、咳、高熱などがあったようだ。おそらく最も重要なことは、この攻撃が秘密裏に行われたことである。

問題は、シャハトが反ハイダーの陰謀家であることが判明したこと、少なくともそう見えたことだった。1944年7月、ハイダーの暗殺に失敗したシャハトは強制収容所に入れられた。アメリカ軍は1945年4月にダッハウで彼を発見し、釈放した。ニュルンベルク裁判では、すべての戦争犯罪について無罪が言い渡された。

議会調査団がアメリカの細菌プログラムを調査する中、アメリカの情報機関は、ソ連が秘密裏に生物兵器の開発を進めていたかどうかについて意見が対立した。この論争は、細菌条約が発効した1975年に始まった。(世界の細菌兵器の廃棄に割り当てられた時間は3年で、これは米国が自国の生物兵器を廃棄するのに要した時間と同じであった)。数人の政府高官が、ソ連が攻撃プログラムを違法に継続していると主張する秘密論文を書いた。彼らの結論は推測に過ぎないとして却下された。同じ頃、国務省のある高官が、ソ連の新型大陸間ミサイルSS-11は生物兵器の弾頭を搭載するように設計されていると主張した。彼の上司は、この考えは馬鹿げていると言った。国連に駐在していたソ連の上級外交官は1978年にアメリカに亡命し、自国の軍隊が秘密の生物学的プログラムに着手したと警告した。

ゲーリー・クロッカーは信じていた。国務省の情報部門の下級分析官だったクロッカーは、1974年の入省直後からソ連の生物学的意図に疑問を抱いていた。彼は、多くの同僚と同じように、ソ連の核開発計画を研究することからキャリアをスタートさせた。しかし、クロッカーはすぐに難解な生物化学兵器の専門に傾倒し、政府内部では口語で「バグとガス」と呼ばれていた。米国は、モスクワの戦略プログラムの紆余曲折を追うために数千人を雇用した。専門家のファランクスが新しいミサイルや弾頭を追跡した。このような華やかな仕事は男性に多い。

バグ・アンド・ガスの集団はもっと小規模で、異常に多くの女性が含まれていた。1970年代の大半、世界の生物化学兵器の評価を担当するグループは、小さな部屋にゆったりと収まることができた。つまり、男女を問わず一人の分析官が政策を変えることができたのである。クロッカーはそのキャリアのほとんどを、国務省を代表して月例会議に出席することになる。「私たちはみんな顔見知りで、一緒に仕事をしていた。「私たちは、核兵器の大国と戦う小さな徒党のようなものだった。私たちは小さな集団で、『気をつけろ、化学兵器や生物兵器もあるんだぞ』と言っていた」と彼は振り返る。

1979年10月、西ドイツのフランクフルトにあるロシア語新聞は、定期的にソ連移民のニュースを伝えていたが、大規模な細菌事故と称する大雑把なレポートを掲載した。死者は数千人に上った。大惨事は前年の4月に起きていた。ソ連の都市スヴェルドロフスク近郊の秘密軍事基地(ウラル山脈にある、戦車やロケットなどの兵器を製造する工業団地)で爆発が起こり、致命的な微生物の雲が近くの村の上空を漂った。この炭疽菌は、治療しなければ通常2週間で死に至る病気である。同紙によれば、ソ連軍はこの地域を掌握し、汚染された地面を新しい表土で覆ったという。

この記事は2月に国際的に注目された。

ロンドンの『デイリー・テレグラフ』紙とハンブルクの『ビルト・ツァイトゥング』紙が、苦悶の死、火葬された遺体、広範囲に及ぶ除染作業などの惨状を紹介したためである。

アメリカの情報アナリストたちは、その前の4月には何も異常がないことに気づいていた。そして今、彼らはスパイ衛星写真や傍受された通信のアーカイブを調べ始めた。スベルドロフスクの軍事地区であるコンパウンド19周辺の写真には、道路封鎖、新しく舗装された道路、除染トラックらしきものが写っており、不審に思われた。事件が起きたとされる直後にソ連の国防相がスベルドロフスクを訪れていたことを示す報告書が発見された。兆候は軍事事故を示唆していた。

その見立てはもっともであった。炭疽菌は理想的な生物兵器であり、1950年代から1960年代にかけて、ソ連とアメリカの細菌戦士たちはその丈夫さと致死性の高さを珍重した。レダーバーグはこれを「プロの病原体」と呼んでいる。この微生物のライフサイクルは、家畜が胞子を含んだ牧草地で草を食むことから始まる。炭疽菌は複数の経路で人体に侵入する。動物の皮に付着した胞子を吸い込むと肺を攻撃し、汚染された肉を食べると消化管に潜り込み、擦り傷やできものに触れると皮膚に感染する。

炭疽菌は現代社会では非常にまれな病気で、羊毛を扱う一握りの労働者や、大量の動物の皮革に接触する人々が罹患する。この病気は攻撃的な経過をたどる。肺で発芽した芽胞の細菌が数種類の毒素を産生し、ヒトの細胞を攻撃する。初期症状は咳と倦怠感という良性のものである。免疫系が勇敢に病気と闘うため、患者は短期間の回復、いわゆる炭疽ハネムーンを経験することが多い。しかし、それは一時的なもので、呼吸器系が崩壊し死に至る。この病気は、汚染された肉を食べた人においても同様のパターンをたどる。

スベルドロフスクに関する報道は、超大国間の緊張が深まっている時になされた。前年の12月にソ連がアフガニスタンに侵攻したことで、10年にわたる緊張緩和は突然終わりを告げ、ジミー・カーター大統領はモスクワに対して強硬な態度を取るようになっていた。1980年3月、カーター政権はスヴェルドロフスク事件についてモスクワに内々に問い合わせた。翌日、ソ連が返答する前に、国務省は生物兵器が放出された「不穏な兆候」があると発表した。この問題はプロパガンダ戦争の棍棒となった。モスクワはこの疑惑を「反ソヒステリーの流行」と非難した。スベルドロフスクで発生した集団感染は、汚染された食肉が原因というだけで、それ以上の悪意はないという。

政権が招集した情報アナリストと外部専門家のグループは、ソ連の説明を否定した。スベルドロフスクの施設での事故により、致命的な炭疽菌の胞子が風に乗って放出された。そのグループは、流行が7週間も続いたので、2つの病因が必要だと考えた。この病気はまず吸入によって発症し、次に感染した肉を食べたことによって発症したと結論づけた。

CIAはマシュー・メゼルソンを呼んだ。ハーバード大学の生物学者であり、ニクソン大統領禁止令の支持者であった彼は、極秘情報を知りたがった。彼はCIA関係者の家に10日間滞在した。「私はこれに夢中になった。「そして、彼らの説明に懐疑的になった」もしCIAの仮説が正しければ、炭疽菌による死亡は汚染された空気と汚染された肉の両方が原因であるはずだ、とメセルソンは推論した。しかし、CIAによれば、炭疽菌の発生に関する医学的証拠としては、ソ連人医師からの伝聞によれば、吸入による死亡例しか報告されていないという。メセルソン氏は、腸内炭疽菌の証拠がないことは、情報源の信憑性、ひいてはCIAの理論展開に疑問を投げかけるものであると考えた。おそらくCIAの情報提供者は素人であったのであろう。そのため、自然発生と細菌兵器によるものを「確実に区別」できなかったのであろう。

この頃、情報分析官たちは、世界の遠く離れた場所で起こっている、人間の苦しみに関するさらに不穏な物語をつなぎ合わせ始めた。ラオスのモン族難民が、ソ連に支援された政府軍が飛ばしたヘリコプターから、皮膚に恐ろしい火傷と病変を残す謎の物質を散布されたと報告してきたのだ。難民たちはそれを「黄色い雨」と呼んだ。調査のため軍は医療チームを派遣し、1979年10月に38人のモン族に聞き取り調査を行った。その結果、内出血を起こすものも含め、3種類もの毒物による攻撃を示唆するような症状や証言が得られたという。

ロナルド・レーガンは1981年1月に大統領に就任し、やがて彼が「悪の帝国」と呼ぶことになるものと対決する決意を固めた。その数週間後、政権はカンボジア国境付近でタイ軍が採取した黄色い雨に汚染された植物のサンプルを手渡された。アメリカの民間研究所がワシントンのためにこのサンプルを分析し、葉と茎が不自然なほど高濃度のマイコトキシンに汚染されていると報告した。政権のアナリストたちは、このサンプルはソビエトが生物兵器を使用しているという論拠になると考えた。それでも、クロッカーやバグ・アンド・ガスの専門家の何人かは注意を促した。結果は未確認であり、他のサンプルや血液も分析待ちであった。タイのサンプルは重要だが、決定的な証拠にはならない、とクロッカーは警告した。

レーガンの新国務長官、アレクサンダー・M・ヘイグ・ジュニアは、これを推し進めた。1981年9月13日、彼は西ベルリンで開かれた会議で、東南アジアのモスクワの代理人が生物兵器に猛毒を使用している「物的証拠」を米国が持っていると発表した。もし事実なら、その告発は驚くべきもので、スベルドロフスクで偶然起こったかもしれないことをはるかに超えた、露骨な細菌条約違反を示唆していた。ヘーグの疑惑は、科学者、政府高官、そしてアメリカの同盟国さえも二分する論争を引き起こし、この10年の間に大きな反響を呼んだ。

批判者の筆頭は、細菌条約の擁護者であったメセルソンであった。メセルソンは、陸軍のコンサルタントとして高度な安全保障資格を持ち、科学者としての名声もあった。メセルソンとその仲間たちは、数年にわたり、多くの専門家や政府高官たちがもっともらしいと考える別の説を展開した。東南アジアからの黄色っぽいサンプルは、実は生物学的攻撃の残滓ではなく、乾燥した蜂の糞であった。そして、カビ毒の存在は錯覚であり、実験室のミスであった。

メセルソンは、スベルドロフスクに関する政府の主張にも穴を開け始めた。彼は、1979年4月には何も異常はなかったという、情報機関が見過ごした目撃者、交換留学でスベルドロフスクに住んでいたアメリカ人教授を発見した。議論は厳しさを増した。一部の民主党議員は、レーガン政権が対モスクワ姿勢と1兆ドル規模の軍備増強への支持を得るために情報操作を行ったと主張した。

レダーバーグは当初から、スベルドロフスクと黄色い雨をめぐる連邦政府の衝突に招集されていた。1978年、彼はニューヨークのロックフェラー大学の学長に就任した。しかし、学問の枠を超え、ワシントンでの役割を果たすことを熱望していた彼は、1979年に国防科学委員会(軍に助言を与える一流の科学者や実業家からなるグループ)に加わった。諜報当局はノーベル賞受賞者のスベルドロフスクに対する評価を聞きたがった。「しかし、彼は不可知論者であった。「とても、とても怪しく思えたし、ロシア側はそれを明らかにするような情報へのアクセスに協力的ではなかった」

レダーバーグは、たとえモスクワの感染肉の話が嘘であったとしても、良性の説明がつくかもしれないと考えた。偶発的に炭疽菌の胞子がばらまかれたのは、防御装置のテストに起因する可能性がある、と彼は言った。この条約は、そのような研究に対して広い自由を与えている。「炭疽菌のエアロゾル実験は、小規模であればやってはいけないということはない。「エアロゾルによる炭疽菌に対するワクチンをテストするのであれば、実験動物を使った実験が必要かもしれない。

レダーバーグは、諜報機関の世界に足を踏み入れたが、印象は薄かったという。「レーガン政権時代のアナリストについて、彼はこう語った。

ソ連の細菌プログラムをめぐる論争は、生物学者と情報分析官との文化の衝突に根ざしていた。

科学者は経験的証拠、できれば直接観察し記録できる実験から得られたものだけを基に仕事をするように訓練されている。それ以外はほとんどすべて疑わしい。「私たちは懐疑的であることが仕事です」とメセルソンは科学者について語った。「もし答えが必要で、40パーセントの確率で間違っていてもいいのなら、他の人に聞くべきだ。」

情報分析は科学であると同時に芸術でもある。スパイからの報告、耳にした会話の断片、何百マイルも上空にある衛星からの写真など、証拠は必然的に不完全であり、時には矛盾し、常にさまざまな解釈が可能である。最高のアナリストは、矛盾する報告から首尾一貫した物語を紡ぎ出し、証明されていることと疑われていることを注意深く区別する。状況証拠に基づく議論もある。たとえばクロッカーは、ラオス、カンボジア、アフガニスタン、イエメンの目撃証言の類似性に大きな重きを置いている。何千キロも離れた原始部族が、ソビエトとその同盟国による同じような攻撃を証言しているのだ。ソビエトが生物兵器プログラムを継続していたというケースはモザイク画であり、黄色い雨はその一部に過ぎないと彼は主張した。

情報アナリストの結論は、大陪審の起訴状に匹敵する。それは、論争に決着をつけるよりも、論争に火をつけることの方が多い。論争が何年も続くこともあるが、情報将校がスパイや亡命者をリクルートし、その人物が内部事情を話したときに初めて決着がつく。ヒューマン・インテリジェンス、いわゆるHUMINTの必要性は、生物兵器プログラムの研究において特に顕著である。外から見れば、細菌に対する防御の研究は細菌兵器の開発と大差ないように見える。

炭疽菌のような昔ながらの細菌兵器の製造と、生物工学的な病原体の未来型研究である。スベルドロフスクは、もっと巨大な何かの片鱗に過ぎないと、彼らは確信していた。彼らの告発は、情報アナリストと科学者の間に、またしても激しい衝突を引き起こした。

遺伝子組換え兵器の恐怖は、レダーバーグらによって開拓された科学的ブレークスルーの実用化によってさらに深まった。理論的には、遺伝子革命はどんな研究者にも悪い病原体をより悪くする手段を与えた。しかしこの時期までに、いくつかの企業が利益と公衆衛生のためにDN Aを操作した製品を製造していた。これらの企業が平和のために行ったように、ソビエトが戦争のために行うかもしれないと、政府のアナリストたちは恐れていた。

適切な設備があれば、軍事科学者は病原体をより丈夫に、あるいはより致死性の高いものにすることができる。研究者たちは新しい技術を使って、無害な病原菌を殺人鬼に変えるかもしれない。全体として、この進歩は攻撃と防御のバランスを決定的に攻撃側に傾ける恐れがある。遺伝子操作によって、炭疽菌のような虫を設計し直すことが可能になり、生物兵器に対する最善の防御手段の一つであるワクチンを回避できるようになった。

ユタ州にある陸軍のダグウェイ・センターが1981年に発表した論文「組み換えDNAと生物兵器の脅威」は、デザイナー・バイ菌が高濃度の毒を作るのに使われる可能性があると警告している。1983年の陸軍の研究によれば、炭疽菌の胞子を日光や自然腐敗に非常に弱くすることによって、生物工学的に戦場用のよりよい兵器に変えることができるという。(炭疽菌で敵を攻撃する場合の欠点の一つは、胞子が何十年も持続することである)。敵がこのようなスーパーバグを作るかもしれないという懸念の高まりから、レーガン政権は1984年、ペンタゴンの細菌予算を増額し、軍が脅威をよりよく評価できるようにした。遺伝子のブレイクスルー進歩は、「新しい生物学的病原体の創造や、特定の病原体(タンパク質毒素など)を自然レベルをはるかに超える量で生産することに応用できる」と当局者は判断した。

年4月、レーガン政権はその懸念を公表した。モスクワの脅威に関する年次評価『ソビエトの軍事力』によれば、ソ連は新兵器開発を目的とした遺伝子工学を行なっているという。その数日後、『ウォールストリート・ジャーナル』紙の社説は9回にわたる連載を開始し、より大胆な非難を展開した。主にソ連移民へのインタビューに基づき、組換え技術の危険性についてレダーバーグを引用しながら、モスクワが新種の悪を開拓していると告発した。その科学者たちは、コブラのヘビの遺伝子を何の罪もないバクテリアやウイルスに組み込み、被害者の体内で致命的な毒を作り出したという。組換えDNAのブレイクスルー技術は、「新世代の細菌兵器を作り出すために」歪曲されている、と『ジャーナル』紙は伝えた。

CIAのスパイはこの話を追及し、同じような疑惑の多くを耳にした。しかし、CIAの上級ソ連専門家は、モスクワが生物兵器に巨額の資金を投じているとは信じがたいと考えていた。1984年3月から1989年3月までCIAのソ連分析室長を務めたダグラス・J・マシーチン氏は、最も断固とした懐疑論者の一人であった。元海兵隊将校のマシーチンは、細菌兵器の概念はあり得ないと考えていた。彼の戦争観はライフル、大砲、銃剣であった。核兵器や戦略ミサイルの現実は受け入れたが、細菌兵器の脅威は彼にとってSFだった。マシーチンは、虫とガスに群がる人々が熱狂的で、乏しい証拠から確固たる結論を引き出していることに気づいた。彼らが強く主張すればするほど、彼は彼らを信じられなくなった。レーガンの時代を通じて、マシーチンは、ミハイル・S・ゴルバチョフによって始められた改革が真の変化をもたらすことはないと信じるアナリストたち、彼が「邪悪な経験主義者」と呼ぶ者たちに対して後方支援活動を行った。スベルドロフスクが細菌兵器の偶発的な放出に起因するという見解に異論はなかった。問題は、ソ連の計画が1980年代まで続いていたかどうかであった。メセルソンとレダーバーグは、政府のバグ・アンド・ガス・アナリストの信用を失墜させるのに重要な役割を果たした。「尊敬すべき科学者たちがブリーフィングをしてくれた」とマシーチンは回想する。一方にはハルマゲドンの伝道師たちがいて、もう一方にはマットとジョシュがいて、彼らは『これはすべてでっち上げだ』と言っていた。”

密室での疑念がどうであれ、レーガン政権はこの10年間、細菌兵器をめぐって公的にも私的にもソビエトを叩きのめした。プロパガンダ戦争にはうってつけのネタだった。大統領委員会は1985年6月、モスクワが「防衛軍に突然のパニックや眠気を引き起こす」可能性のある外来兵器を研究していると告発した。1986年、国防情報局は機密扱いのない28ページの報告書を発表し、ソビエトが「バイオテクノロジーの開発を攻撃的なBWプログラムに急速に組み込んでいる」と非難した。

国防総省の高官ダグラス・J・ファイスは、1986年8月の下院情報委員会で、ソ連の科学者たちは「生物戦争の新しい手段」を開発するために、細菌を並べ替え始めたと語った。バイオテクノロジーの分野での「驚くべき進歩」は、ワクチンのような解毒剤には何年もかかるかもしれないが、デザイナー病原体は数時間で作れるという新しい時代の幕開けである、と彼は付け加えた。米国は、1984年10月、1985年2月、1985年12月、1986年8月、1988年7月、1988年12月に、モスクワの細菌活動に対して正式な外交抗議を行った。

1986年、1988年7月、1988年12月である。スヴェルドロフスク近郊の高セキュリティ施設や、修道院、宗教的イコン、青と金の玉ねぎドームのあるおとぎ話のような教会で有名なモスクワ郊外の旧市街、ザゴルスクもそのひとつであった。

1980年代は、アメリカ史上最も急速な軍備増強が行われた時期である。国防総省は、スターウォーズ対ミサイル兵器の開発に数十億ドルを投じるなど、新兵器システムのための資金で潤沢だった。少額の予算で大きな効果がある分野では、生物防衛の科学研究費が倍増し、年間9100万ドルという最高額に達した。中堅官僚たちは、米国がソ連との無申告の生物兵器軍拡競争に突入しつつあると考え、戦争用の新種の病原体の脅威を理解するのに役立つ新技術を見つけようと、米国の優秀な研究者たちにバイオテクノロジーの最前線を探求するよう働きかけた。

スタンフォード大学の生物学者で米国科学アカデミーの会員、後に米国微生物学会の会長に選ばれたスタンリー・ファルコウをはじめ、何人かの主要なアメリカ人科学者がこの研究に貢献した。ファルカウと同僚は、契約に基づいて、危険な遺伝子をヒトの腸の一般的な微生物である大腸菌に移し、ヒトの細胞を攻撃するスーパーバグを作り出した。この病原体は、ペストを引き起こし、14世紀には黒死病でヨーロッパの人口を壊滅させたエルシニア・ペスティスの病原性の低いいとこである。ファルコウと彼の共同研究者であるラルフ・R・イズバーグは、1985年9月、未分類の科学文献に慎重な姿勢で寄稿し、Y. pseudotuberculosisの病原性を生み出す遺伝子セクションを、侵略を意味するI NVと命名したと述べた。この細菌の攻撃性は「うまく模倣できる」と彼らは主張した。 彼らは武器や戦争については何も言わなかった。その代わり、彼らは自分たちの研究が、感染症がどのように発症し、どのようにそれを阻止するかを科学が理解するのに役立つと主張した。

あまり公然とではないが、軍の科学者たちは良性の細菌を危険なものに変える方法を改良した。ワシントンD.C.にある陸軍の研究所では、大腸菌のような通常は無害な細菌の遺伝子を改変し、任意の「病原性レベル」を作り出す方法を開発したと研究者たちが報告した。

レーガン政権は、1972年の生物兵器禁止条約を、平和目的である限り、致死性の病原体を使った研究はすべて許可されていると解釈していた。「我々は、何が可能かを理解するために、遺伝子工学や関連分野の研究を行っている。「しかし、それは防衛の方法を理解するためであって、攻撃の設計のためではない」1980年から1986年にかけての国防総省の研究を分析すると、この2つの間に影のような境界線があることがわかる。兵士や市民を守るという名目で、アメリカ政府は新種の病原体を作ることを目的とした51のプロジェクト、毒素の生産を高めることを目的とした32のプロジェクト、ワクチンを打ち負かすことを目的とした23のプロジェクト、診断を阻害することを目的とした14のプロジェクト、防御薬を出し抜くことを目的とした3つのプロジェクトに資金を提供していた。

この研究によって、組み換え細菌兵器の製造が可能かどうかについての疑問は解消された。というのも、アシロマーの専門家たちが恐れていたようなスーパーバグを大量生産するのではなく、学界や産業界の科学者たちが、自分たちが開発した人工細菌を生かすのに苦労していることに気づいたからである。人工的に作られた虫のほとんどは、天然のライバルよりも弱いことが判明した。その結果、1980年代半ばまでに、規制当局はDNA研究に対するほとんどの規制を解除し、いくつかのバイオエンジニアリング生物の環境への放出を承認した。しかし、軍の研究は、偶然には稀であったものが、設計次第では実現可能であることを示した。スーパーバグを偶然に作るのが難しいのであれば、意図的に作ることは可能である。それは単に持続的な努力の問題であり、大部分が秘密にされていた。

特に遺伝学のフロンティアを広げるような研究であればなおさらである。しかし原則として、一流の科学者たちは、ワクチンや治療薬、戦場での探知機の調達といった、細菌防衛のためのありふれた準備に取り組むことには興味を示さなかった。レーガン政権は国防総省に潤沢な資金を提供していた。しかし、生物学的防御に対する支出は限られていた。そして軍は、たとえ資金があったとしても、科学的魅力に欠ける分野の人材を買収するのは難しいと考えていた。

1984年のクリスマス・イブ、米国陸軍感染症医学研究所のデビッド・ハクソールとフォート・デトリックの細菌専門家リチャード・スペルツェルは、国防総省が細菌防御に必要な物資を緊急に知りたがっていたため、夜遅くまで働いた。二人は炭疽菌とボツリヌス菌のワクチンを200万人の兵士に接種できるように備蓄することを推奨する論文を発表した。

彼らの評価は、陸軍副参謀長のマックスウェル・R・サーマン大将が主導した生物学的防御に関する広範な研究の一部であった。バッサリカットで短気な、ひょろひょろした強烈な男で、サーマンは親しみを込めて「マッドマックス」と呼ばれていた。彼は人気があり、兵士の兵士だった。1985年、彼は軍が細菌防衛の「機能領域評価」と呼ぶものを行い、数十人のトップ将官と民間人を一室に集め、訓練、ドクトリン、装備を批評した。サーマンの報告書は、この3つすべてに欠陥があることを発見した。軍は深刻な準備不足だった。米軍は炭疽菌のような通常兵器に攻撃されたら、要するに丸裸になってしまう。国防総省の民間人で、化学・生物学的防衛に数十年の経験を持つビル・リチャードソンは、サーマンの意欲を賞賛したが、彼の対決戦術は失敗する運命にあると感じた。「サーマンは極端に、あまりにも極端に突き進んだ」とリチャードソンは回想する。「体制は関係なくすり減り、副チーフは行ったり来たりする。サーマンの報告書はほとんど無視された。

この文書が出回るにつれ、陸軍の医務官は製薬メーカーに、シュペルツェルとハクソルが推奨する備蓄を構築するのにかかる費用の入札を依頼した。ある会社は、炭疽菌、ボツリヌス菌、その他の病原体に対するワクチンを数百万回分製造する新工場の開設を申し出た。しかし、数億ドルという高額であったため、陸軍の医療関係者は国防総省を説得することができなかった。

フォートデトリックの臆病さと無為無策に嫌気がさしたビル・パトリックは、1986年、オレゴン州でのラジニーシー襲撃事件のFBI捜査に協力した直後、陸軍の職を辞した。彼は59歳だったが、細菌兵器に固執する「古い化石」だと自称していた。脅威が高まっていることを確信したパトリックは、細菌兵器のコンサルティング会社を設立し、連邦政府機関や個人顧客をターゲットにした。彼の名刺にはドクロと十字架が描かれていた。彼の文房具の上には死神が描かれ、BioLoGiCAL wArfAreと書かれた黒い鎌と、伸ばした腕が細菌の雨を降らせている。

サーマンが指摘した軍備の重要な欠陥のひとつは、パトリックが「古いカビ」と呼ぶ、伝統的な病原体に対するワクチンの欠如だった。ハクソル、シュペルツェル、パトリックの3人はフォートデトリックでこの問題に取り組んでいたが、効果はなかった。

1980年代後半、ロバート・エングという若い陸軍少佐がこの問題を何とかしようと決意した。エングは、NBC(核兵器、生物兵器、化学兵器)の医療防衛担当官として陸軍軍医総監部に勤務していた。着任して間もなく、彼は、軍には溶媒を守るためのワクチンがほとんど備蓄されていないことを知った。エングは、ソ連や他の国々の生物兵器計画に関する情報報告書を読み、戦争になれば、軍の指揮官は両方のワクチンの十分な備蓄を望むだろうと認識していた。そこで彼は、16万人の兵士に6回接種シリーズの最初の3回分を接種するのに十分な量のワクチン50万回分の購入手配に取りかかった。

エングは微生物学の博士号を持つ陸軍の文官アンナ・ジョンソン=ウィネガーに助けを求めた。ジョンソン=ウィネガーは炭疽菌の破壊力を身をもって理解していた。彼女はフォート・デトリックで研究者として働いていたとき、この病原体を専門に研究していた。ジョンソン・ウィネガーは、1950年代に開発され、1970年に食品医薬品局によって認可された炭疽菌ワクチンの接種を受けた数少ないアメリカ政府関係者の一人である。このワクチンは18カ月の間隔をあけて6回接種された。医師たちはこのワクチンについてほとんど経験がなかった。このワクチンは20年近く、フォートデトリックの少数の技術者や研究者、毛織物工場の数百人の労働者にしか投与されていなかった。注射を受けた人の中には、注射後に腫れやその他の局所的な反応を訴えた人もいた。長期にわたる害の報告はなかった。

軍は炭疽菌ワクチンの欠点を理解していた。

その数年前の1985年、軍は製薬メーカーに改良型ワクチンの開発を要請した。既存の製剤は「反応性が高い」、つまり反応を起こす可能性が高く、「炭疽菌の全菌種を防御できない可能性がある」という。この契約には大手製薬メーカーは入札しなかった。この病気はまれなものであり、軍が大量に購入するかどうかは不明であった。

アメリカの大手製薬メーカーは、低収益と訴訟の増加でワクチン事業から撤退しつつあった。子供たちへの普遍的な予防接種によって、百日咳などの病気は克服された。しかし、一握りの患者が予防接種後に脳障害や死亡を含む重篤な反応に苦しんでいた。このようなケースと予防接種を結びつける科学的証拠は争われていたが、陪審員は若い被害者に同情的であり、製薬メーカーに対して驚異的な判決を下していた。1980年代半ばには、ワクチン不足が顕在化していた。

ランシングの公衆衛生局には、炭疽菌ワクチンの認可を受けた製造業者が1社あった。この研究所は1925年に設立され、最初のジフテリア・破傷風・百日咳ワクチンを開発した。大恐慌時代に建てられた建物もあれば、第二次世界大戦中に軍によって建てられた建物もあった。

ミシガン州の研究所の職員はジョンソン-ワインガーに、エングの目標を達成することは不可能だと言った。その施設では4年に1度、1万5千から1万7千回分の炭疽ワクチンを製造していた。年9月29日、陸軍は初めて炭疽ワクチンを大量に購入する契約を結んだ。

この契約では、陸軍はワクチン製造のために細菌を培養する発酵槽を大きくする費用を負担することに同意した。研究所の設備の多くは20年以上前のもので、ある陸軍の文書によれば、「確かに最新式ではなかった」製造のスピードアップの難しさを認識した軍は、ミシガンに30万人分のワクチンを供給するために1993年9月までの5年間を与えた。

レーガン政権時代、バグとガスに取り組むアナリストの数は急増し、情報機関は細菌兵器に関する新たな情報を収集し、第三世界諸国への拡散に関する報告書を発表し始めた。1988年6月、彼らはイラクが合法的な科学研究を装って「細菌兵器庫」を建設する道を順調に進んでいると述べた。この機密研究は、フォートデトリックの軍医療情報センターで行われた。

このセンターは、1980年代初頭に、世界の生物学的プログラムを監視する一人のアナリストから、遺伝子工学の高度な訓練を受けた微生物学者を含む多くの異なる専門家を擁するスタッフへと成長した。同センターのイラクに関する1988年の報告書は、古いカビに焦点を当てたものであった。バグダッドの科学者たちはすでにボツリヌス菌から兵器を製造しており、このボツリヌス菌は神経ガスの1万倍の致死量の毒素を出すという。また、イラクは炭疽菌やその他の致死性の微生物から「研究開発用」の兵器を製造しようとしているとのことである。

情報報告書にはしばしば注意書きが添えられるが、この報告書にはいくつかの憂慮すべき主張が含まれていた。イラクの科学者たちは暗殺用の細菌を開発しているという。また、サダム・フセイン大統領の娘婿であり、バグダッドの強力な情報機関のトップであるフセイン・カメルが、個人的に生物学的研究を監督しているとの報告もあった。これらの詳細は、このプログラムがイラク独裁政権の最も重要な要素によってサポートされていることを示唆するものであったが、アメリカの高官たちの目を引くべき事実が含まれていた。イラクの科学者たちは、生物兵器プログラムの基礎となるスターター細菌をアメリカの会社から購入していたのである。「イラク人は非常に優れた組織人であり、その意図を効果的に偽装する手順を用いて、必要な攻撃物資を購入することに長けている。彼らは現在、アメリカン・タイプ・カルチャー・コレクションから細菌株を購入している。」

当時、ワシントン郊外のメリーランド州にあったアメリカン・タイプ・カルチャー・コレクション社は、オレゴン州のラジニーシー教団が細菌を購入したのと同じ会社であり、イラクの秘密活動の中心的存在であった。このコレクションには、アメリカの細菌戦争計画の一環として1950年代半ばに発見された炭疽菌やボツリヌス菌の特に病原性の高い亜種を含む、世界最大の細菌株のコレクションがあった。このコレクションは、微生物学の分野で独自の研究を始める科学者のための世界的な貸し出し図書館として機能し、世界の健康を改善するための戦いにおける重要なツールと考えられていた。海外の顧客が最も病原性の高い菌株を輸出するには、商務省からライセンスを取得する必要があったが、1988年当時、これはほとんど形式的なものであった。イラクであろうとどこであろうと、申請が却下されることはめったになかった。その2年前の1986年5月、同社はバグダッド大学に3種類の炭疽菌、5種類のボツリヌス菌、3種類のブルセラ菌(動物の病気であるブルセラ症を引き起こす。さらなる命令が計画されていた。

それを止める理由はほとんどないように思われた。1980年代後半、アメリカの政府高官たちはイラクを敵というより同盟国とみなしていた。この10年の大半、アメリカの政策は、イランとの長い戦争においてバグダッドに「傾斜」することであり、アメリカはイラク軍に、イラン軍の編隊を撮影したスパイ衛星写真を提供さえしていた。アメリカ軍のペルシャ湾有事計画では、ソ連のイラン侵攻からこの地域の油田を防衛するためにアメリカ軍の出動が要請され、イラク軍と協力してソ連軍と戦うことが想定されていた。イラクが少数民族のクルド人に対して神経ガスを使用したことで、アメリカ政府高官は不穏な動きを見せていた。それでも関係は続いた。

イラクの生物兵器への取り組みに関する情報報告書は、国務省、CIA、そして中東におけるアメリカの作戦を計画・指揮する中央軍司令部を含む軍のさまざまな部署に送られた。しかし、何の行動も起こさなかった。アメリカン・タイプ・カルチャー・コレクションに電話して、バグダッドにこれ以上細菌を売らないように警告する者はいなかった。商務省にイラク向け細菌輸出の許可を保留するよう提案する者もいなかった。

報告書が完成して3カ月後の1988年9月29日、4種類の炭疽菌を含む11種類の病原菌がメリーランド州からイラクに送られた。注文したのはイラク貿易省の技術・科学資材輸入部(TSMID)であり、アメリカの情報当局はすでにバグダッドが細菌兵器材料を購入する隠れ蓑であることを突き止めていた。その微生物の一つ11966株は1951年にフォートデトリックで開発された細菌兵器用の炭疽菌であった。

遅ればせながら、イラクに関する情報は、アメリカ政府関係者にバグダッドへのさらなる細菌の移送を禁止するよう促した。年2月23日、商務省はイラクだけでなく、イラン、リビア、シリアへの炭疽菌をはじめとする数十種類の病原菌の販売を禁止した。この禁止令は、生物学的脅威に対する「懸念の高まり」から生まれたと発表された。

虫とガスの専門家たちが外国の新たな脅威を心配する中、レダーバーグは国内の新たな微生物の危険に目を向けた。兵器は脅威の最も劇的な部分に過ぎないと彼は宣言した。実際、人類は感染症との戦いに敗れ始めていた。エイズや薬剤耐性結核の増加、危険な、あるいは殺傷能力のある大腸菌の新種などである。かつて撲滅されたと考えられていた古い病気が新たな勢力を見せ、当局はこうした新種の感染症を予測する能力も管理する能力も不十分であることに気づいたのである。1988年、レダーバーグとウイルス学者、熱帯医学の専門家からなる小グループは戦略を練った。そして1989年5月、彼らは行動を起こした。

レダーバーグは、ホワイトハウスのすぐ近くにあるホテル・ワシントンで3日間にわたって開かれた会議で、科学者たちにこう語った。「人類の種の存続は、あらかじめ決められた進化プログラムではない。」

レダーバーグの警告は、知識のある医師や科学者の間で広く支持された。感染症で死亡するアメリカ人の数は急増していた。エイズだけでも猛威をふるっていた。この会議は連邦政府の国立衛生研究所が一部後援し、医学研究所の報告書では、この危険は現実のものであると結論づけられた。

しかし、感染症の増加と闘うための新たな資金はなかなか集まらなかった。細菌戦争の恐怖が頂点に達しようとしていた1951年には、何千人もの伝染病専門家を養成する伝染病情報局(Epidemic Intelligence Service)を設立することは容易であった。しかし今では、抗生物質が勝利したと見なされている。公衆衛生学と微生物学は僻地と化し、生物学に費やされた何十億ドルもの連邦予算は、ガンや心臓病などの高齢者の病気を対象とした研究に回される傾向にあった。公衆衛生学は厄介で古臭かった。公衆衛生は有権者層が弱く、公的な課題としては存在感が薄かった。兵器には何兆ドルも費やされた。そのわずかな不足のために、毎年、世界中の何百万人もの子どもたちが感染症で命を落としていた。

ルダーベルグはほとんど前進しなかった。レーガン政権末期からジョージ・ブッシュ大統領就任初期にかけて、ワシントンでは、自然からのものであれ人間からのものであれ、あらゆる種類の細菌による脅威に対抗しようという熱意は限られていた。冷戦は終わりを告げ、モスクワに対する宣伝戦も終わりを告げようとしていた。独立した専門家たちは、誰かが本当に致命的な生物兵器を作っているのだろうかと疑問を呈するようになっていた。条約は機能している、と彼らは言った。

その疑念は、もともと細菌兵器を好んでいなかった国の軍将校たちにも及んだ。その多くは禁止を承認した。年代後半には、細菌戦はアメリカの軍事戦略の片隅にあった。そして遺伝子革命は、ワクチンを凌駕するような恐ろしい病原体の出現によって、事態をさらに悪化させた。アメリカの国家安全保障当局は、ソビエトとの軍事的バランスを考慮する際、通常兵器、核ミサイル、モスクワの巨大な化学兵器庫を心配した。生物兵器による攻撃に対するソ連の大規模な民間防衛準備(特別に設計された空気フィルターを備えたシェルターなど)は、モスクワのパラノイアの一例に過ぎないと見なされた。結局のところ、ソ連軍は細菌兵器の使用訓練は行っていない。生物兵器による攻撃から生じる問題は、想像を絶するものであった。ヨーロッパを防衛するNATO軍が炭疽菌やその他の細菌に冒されたら、果たして何ができるだろうか?飛行機、飛行場、装備はすべて汚染されるだろう。兵士たちはみな死ぬか、息も絶え絶えになるだろう。アメリカ軍の戦士文化には、戦闘を医学的な競争と考えるような習慣はなかった。

退役空軍将校で、フォード大統領とブッシュ大統領の国家安全保障顧問を務めたブレント・スコウクロフト将軍は、数年後のインタビューで、一般的な態度を要約した。「私には偏見がある。「私にとって、生物兵器は実用的でも軍事的でもない。テロ兵器としては問題ない。しかし、戦争という文脈では、あまりにも不正確で、反応が遅すぎる。「使用されることはないだろう」

米軍は、細菌による脅威からどのように身を守るかについて、実際の計画を立てていなかった。ある将校はこう回想している。「私たちは細菌を脅威として見ていたが、それに対処し、戦争計画をまとめようとはしなかった。難しすぎたのだ。」核の脅威に対する軍の対応にも、同じような「難しすぎる」論理が見られた。核兵器は非常に迅速で破壊的であるため、レーガン大統領がスターウォーズの盾を夢見たにもかかわらず、数十年にわたる懸命な研究と調査の結果、当局者は防御が不可能であることを発見した。むしろ、細菌防御の問題はもっと複雑だった。敵は細菌兵器を表向きは民間の工場の中に隠すことができるため、防衛側が現実的な脅威評価を下すのは困難だった。

米国には、民間人を生物学的攻撃から守る計画はなかった。ビル・パトリックやジョシュ・レダーバーグなど数人の専門家は、テロリストが細菌兵器を試すかもしれないと警告し始めていた。しかし、オレゴン州のサラダバー攻撃は忘れ去られ、この問題を少しでも考えていた政府高官のほとんどは、細菌兵器は軍の問題だと考えていた。爆発物なら攻撃者を危険にさらすことなく同じようなことができるのに、なぜ伝染病を撒き散らそうとする集団がいるのだろうか?

1980年代後半、生物学的防御の名目で軍が組み換え実験に資金を提供していることに対して、民間の専門家たちが反論するにつれ、細菌兵器の脅威に対する懐疑論が高まった。それは無意味である、と彼らは訴えた。調査報道ジャーナリストのチャールズ・ピラーとカリフォルニア大学サンフランシスコ校の分子生物学者であるキース・R・ヤマモトは、情報公開法(フリーダム・オブ・インフォメーション・アクト)を通じて、この研究を記述した文書の束を入手し、1988年に『ジーン・ウォーズ:新しい遺伝子技術をめぐる軍事統制』を出版した。著者は、急成長しているこの研究を、無駄で幻想的なものだと非難した。自然な状態の細菌はすでに十分に恐ろしいものであった。さらに、スーパーバグを開発する国は秘密裏に進めなければならず、適切なテストができないため、実行可能な兵器にはなり得ないと彼らは主張した。脅威は誇張されすぎている、とピラーと山本は書いた。「想像が暴走したのだ。」

彼らの主張は政治的に広まった。年5月17日、上院政府委員会は国防総省が資金提供した研究についての公聴会を開いた。山本は、ワクチンを回避できるボツリヌス菌の開発など、軍の組み換えDNA研究の新たな証拠を挙げて証言した。ソビエトによる生物兵器開発の可能性に言及し、「私はBWバイオテクノロジー研究競争の証拠はないと思う。しかし、もしあるとすれば、アメリカははるかに先を行っている。」

オハイオ州選出の民主党上院議員で同委員会の委員長を務めるジョン・グレン上院議員は、議会の調査機関である会計検査院に国防総省の細菌研究を調査させた。年12月に発表された調査官の報告書は、軍のプロジェクト選択に疑問を投げかけた。アメリカの情報機関には、世界中で兵器として開発されていると思われる病原体のリストである「有効脅威リスト」を作成する正式なプロセスがあった。GAOの調査官は、政府資金によるプロジェクトのうち49件(総額4700万ドル)が、リストに載っていない外来細菌に関するものであることを発見した。「陸軍は、有効な脅威に対処していない研究開発に不必要に資金を費やした」と報告書は結論づけた。

遺伝学の修士号と毒性学の博士号を持つグレン補佐官のアイリーン・R・チョフェスは、1989年の公聴会とその後の軍事研究の新潮流に対する抑制を組織するのに貢献した。「山本とピラーは正しかった。」フォートデトリックにある陸軍の医療研究開発司令部のフィリップ・K・ラッセルは、GAOの報告書とグレン公聴会に愕然とした。ラッセルは、ソビエトが積極的にエキゾチック・ウイルスを研究しているという情報報告を読み、その研究を命じたのである。新しいエージェントを脅威リストに載せるのは、時間のかかる官僚的な作業である。ラッセルはそれを待つ必要はないと考えた。「ロシアがエボラウイルスとマールブルグウイルスを収集するためにアフリカに人を送ったことは知っていた。それで十分だった」

グレン上院議員は、軍が攻撃的研究に危険なほど近づいていると考えていた。退役海兵隊将校であるグレンは、国防支出の敵ではなかった。ただ、アメリカ政府がその研究所でスーパーバグを弄ぶ筋合いはないと考えていた。たとえ弁護士的な条約解釈のもとで許可されていたとしても、それは忌まわしいことだった。グレンは資金を制限するよう迫った。ラッセルは苛立った。彼は、ソビエトがウイルス兵器の開発を進めているのは確かだと感じていた。しかし、上院は防衛に役立つ研究を妨害したのだ。「それは悲しい出来事であり、悲劇だった。我々のウイルス計画は大きく後退した。」

世間では、モスクワが生物兵器を製造しているという事実は、かつてないほど不確かなものに思えた。メセルソンとイエール大学のトーマス・D・シーリーのような協力者は、イエローレインに関する政府の主張を覆し、数年にわたり入念に文書化した一連の論文でその論拠を示した。そのひとつは、ハチの花粉と黄色い雨のサンプルを電子顕微鏡で並べて比較したものである。両者は同じように見えた。『フォーリン・ポリシー』誌の1987年の記事「東南アジアの黄色い雨: 1987年の『フォーリン・ポリシー』誌の記事「東南アジアの黄色い雨:物語は崩壊した」は、イギリスとアメリカの政府研究所が100以上のサンプルからマイコトキシンを探したが、見つからなかったと述べている。情報公開法を通じて入手した文書を引用し、この記事は、アメリカのチームが告発を裏付ける証拠を見つけるために2年間東南アジアを探し回ったが、失敗に終わったことを明らかにした。その文書によると、チームは最初の目撃者に再インタビューを行ったが、そのうちの何人かは証言を撤回し、彼らの証言は実は又聞きであったと語ったという。

イエローレインをめぐる論争は、ソビエトが東南アジアで非通常兵器を使っていたと信じるアメリカ政府関係者がいるにもかかわらず、風化していった。レダーバーグは疑念を抱き続けた。マイコトキシンに関する証拠が弱いことは否定できない。政府は、その欠陥のある科学で自らを嘲笑の対象にしていたのだ。しかし、彼はソビエトとその同盟国が細菌兵器や化学兵器を使用したという根強い報告に悩まされていた。レダーバーグは、この件はまだ未解決だと感じていた。

スベルドロフスクについても疑問が残った。ソ連は、独立調査団がスベルドロフスク市を訪れ、その発生を調査するよう、メセルソンらから何度も要請されたが、何度も拒否した。しかし、モスクワは結局、死因が汚染肉であることを示す新たな調査結果を得たと発表した。1988年4月、メセルソンは2人のソ連人科学者を米国に呼び、ケンブリッジ、ボルチモア、ワシントンで開かれた公聴会で自分たちの主張を述べた。会議は礼儀正しく、不良肉の主張に対する鋭い反論はなかった。メセルソン氏は、ソ連の説明は「まったくもっともであり、文献や動物や人間の炭疽菌に関する他の記録から知っていることと一致している」と述べた。しかし、ソ連国内ではもっと調査が必要であると彼は考えた。

ラッセルは納得せず、ソ連が重要な証拠を隠していると考えた。空気中の胞子から感染した炭疽菌は腸内感染と区別できる。肺から感染した患者は通常、胸骨のすぐ下の肺と肺の間にある縦隔に深刻で特徴的な損傷を受ける。ソ連はスベルドロフスクで死亡した数人の剖検スライドを提出した。しかし、肝心の組織が写っているものはなかった。

数ヵ月後、軍備管理専門誌に寄稿したメセルソン記者は、スベルドロフスクでの細菌戦事故に関するアメリカの告発は、明らかに「慎重かつ客観的な再検討が必要だ」と述べた。ソビエトからさらに詳細な情報を得ることで、「自然発生であったという合理的な疑いを払拭することができる」と彼は書いた。1989年5月の上院公聴会で、メセルソン氏は、より影響力のある聴衆の前で自分の見解を述べた。「炭疽菌の発生は、ソ連が主張しているように、炭疽菌に感染した家畜を民間の食肉市場に出回らせなかった結果であり、米国が以前主張していたような生物兵器工場の爆発によるものではないということである。

メセルソン氏は、細菌条約は世界中で成功したと信じていると上院議員たちに語った: 「今日、私の知る限り、生物兵器や毒素兵器を備蓄している国はない」

数ヵ月後の1989年10月、ソ連の生物学者トップが英国に亡命し、全く異なる話をした。ウラジーミル・パセシュニクは、何万人もの専門家が細菌兵器を完成させ、配備するために労働している極秘の世界を尋問官に語った。そう、ソ連は細菌を運搬する長距離ミサイルを製造していたのだ。彼はレニングラードにある超高純度生物製剤研究所の所長を務めていた。彼の研究所は400人の科学者で構成され、細菌をばらまくために巡航ミサイルを改造する研究をしていたという。この低空飛行のロボットは、早期警戒システムを出し抜くことができ、無防備な敵にエアロゾル化した病原体の雲を噴霧するように改造された。

西側の専門家がソ連の細菌プログラムにこれほど深く入り込んだことはかつてなく、彼らが発見したことは、虫とガスの専門家の最もタカ派的な見解を超えているように思われた。アメリカの諜報アナリストは、ソ連がペストの研究をしているかもしれないと推測していた。しかし、パトリックや他の専門家は、アメリカは実験室の外で生存できるエアゾール化したペスト菌を製造したことがないと指摘し、その考えを否定していた。パセシュニックは、自分の研究所はアメリカ人が失敗したところに成功したのだ、とイギリスの担当者に言った。パセシュニク研究所は、アメリカ人が失敗したところを成功させたのだ、と言った。

パセシュニクと彼の同僚が作り出したスーパーバグは、暑さにも寒さにも抗生物質にも強いという。ソ連はコーエンとボイヤーの発見を致命的に利用した。アメリカ人の初期の実験では、大腸菌のペニシリン耐性株が作られた。ソ連は同じ技術を使ってペスト兵器を完成させたのである。プラスミドとは、遺伝子操作に不可欠なDNAの小さな輪のことで、微生物の敵に対する細菌の自然な防御機能も制御している。ソビエトはペストのプラスミドに手を加え、新型株を既存のワクチンや抗生物質が効かないようにした。それは不穏な出来事であった。

パセシュニクの発表は、古典的な病原体と人工病原体に関するモスクワの研究に新たな重要性を与えた。ソビエトの科学者たちは、新旧のアプローチを融合させ、まったく新しい殺戮兵器を開発したのだ、とパセシュニクは主張した。パセシュニクは、スーパーペストは単なる実験室での好奇心ではなかったと説明した。ソ連は、爆弾、ロケット弾頭、砲弾の中に、乾燥した粉末状の病原菌を詰め込んでいたのであり、それはソ連が開発した多くの改良型薬剤の一つに過ぎなかった。

諜報部員は亡命者を疑いの目で見る。そのような人物は、新しい主人が聞きたいことを言う傾向があるからだ。しかし、パセシュニクは、彼をデブリーフィングした2人の英国人専門家に、即座に好印象を与えた。そのうちの一人、微生物学者で細菌兵器の英国最高の専門家であるデビッド・ケリーは、パセシュニクは綿密な目撃者であり、個人的な経験から得た知識と他の人から聞いた話とを区別するのに注意深かった、と結論づけた。ケリー氏は言う。「知らないときはそう言った。」

この時点で、懐疑的なCIA分析官ダグラス・マシーチンは、ソ連の細菌プログラムをめぐるブッシュ政権の外交工作をサポートすることになっていた。年初頭、彼はCIAの秘密部局である作戦本部の友人から、英国諜報機関がソ連の細菌計画からの高位の亡命者をデブリーフィングしていることを知った。名前は伏せられていた。私は『わかった』と答えた。「これは大きな問題になると思った」と彼は振り返った。彼はスタッフの技術専門家に、衛星写真や通信傍受だけでなく、ソ連のプログラムに関する以前の研究を見直すよう依頼した。謎の亡命者が言ったことは、ほとんどすべて独自に裏付けが取れた。政府関係者によれば、パセシュニクに報告するために、政府はジョシュ・レダーバーグをロンドンに派遣したという。新しい生物学について最も早く警告を発した生物学者は、この亡命者は本物であると報告した。

マシーチンは、この10年半の間、バグ・アンド・ガス分析家たちが告発してきたように、ソ連が膨大な細菌兵器プログラムを秘密裏に維持していた可能性を信じる準備ができた。年2月、マシーチンはブッシュ政権の軍備管理に関する秘密委員会であるUNGROUPにブリーフィングを行った。彼は、「我々は、極めて信頼できる情報源から極めて信頼できる情報を得た」と言い、「大量の裏付けを得た」と付け加えた。同グループは直ちにソ連に疑惑を突きつけることにした。容疑は荒唐無稽なものに思えた。しかし、グループは解決しなければならないことに同意した。

ヶ月以内に、英国はソ連の国防相ドミトリー・ヤゾフにこの問題を提起した。彼はこう答えた。「パセシュニクからだ」その1カ月後、ベーカー3世国務長官はソ連のエドゥアルド・シェバルドナゼと会談するためにロシアを訪れた。代表団の一員であったマシーチンは、ベーカーがシェバルドナゼに渡したいと思っていた罪状の要約を、観光しながら下書きした。彼はベーカーの側近の一人に、一行が午後どこで過ごすのか尋ねた。ザゴルスクの修道院を訪れている、と彼は聞いた。皮肉なものだ。ザゴルスクの郊外、高い塀と有刺鉄線の向こうに、ソ連が極秘に設置していた細菌施設があったのだ。

マシーチンは、パセシュニクの暴露が、彼に長年の証拠を新たな視点で見るよう促したことを認めた。狂信者たちは、最近のインタビューで、一理あったことを率直に認めている。「彼らは正しかった。」そして、ソビエトが「それに投資していた」ことも判明した。

アメリカの情報当局は、外国の細菌に関する取り組み、特に新しい生物学に関わる取り組みを注意深く観察し始めた。年6月、アナリストたちはバグダッド近郊のアル・トゥワイサにあるイラクの研究センターに目をつけた。この施設ではイラクの優秀な軍事科学者が働いており、1981年には核兵器用の燃料を製造していると疑ったイスラエルによって先制爆撃されていた。国防情報局のアメリカ人専門家たちは、アル・トゥワイサが新種の生物兵器のための「分子生物学と遺伝子工学」を行っているのではないかと疑い始めた。分析官たちは報告書の中で、アル・トゥワイタが「これらの分野での出版物を出していない」ことから、これはもっともなことだと書いた。もちろん、購入には何の罪もない説明もあった。しかし、アル・トゥワイタの歴史とその厳重な警備態勢は、アナリストたちを心配させた。イラクはソ連のように、致命的なエッジを開発しようとしていたのだろうか?

管理

結論

細菌兵器の脅威は本当なのか、誇張されているのか?我々の答えはその両方である。近年の要所要所で、高官たちは生物学的攻撃の危険を誇張し、大げさな表現で自分たちの大義名分を傷つけてきた。同様に、政治指導者たちは、米国に対する生物学的攻撃は今後数年のうちに避けられない、つまり「もし」ではなく、「いつ」の問題であると主張し、自分たちの信頼性を損なった。

そのような確実性は存在しない。科学者たちが原爆からガス室まで、工業的規模で新たな殺戮手段を発明した20世紀の戦争とテロにおいて、細菌兵器は小さな役割を果たした。しかし、ほとんどの国は、戦争に突入しても細菌兵器を使用しないことを選択した。テロリストたちは過去30年間、ビルを爆破し、何十機もの飛行機をハイジャックし、無差別殺人を繰り返してきた。生物学的攻撃を試みたグループはほんの一握りで、成功したグループはさらに少ない。これまでのところ、1984年にオレゴン州ダレス市民を襲ったラジニーシーの細菌攻撃は異常であることが証明されている。

それにもかかわらず、我々は、細菌兵器の脅威は現実に存在し、世界中で科学的発見と政治的激変によって高まっていると結論づける。オウム真理教の失敗が示唆するように、生物兵器による攻撃を成功させるために不可欠なのは、高度な実験設備や病原性微生物だけではなく、知識である。そのような専門知識はますます入手しやすくなっている。ソビエト連邦の崩壊によって、生物兵器に長けた何千人もの科学者が失業したり、無一文になったりした。南アフリカのアパルトヘイト体制が崩壊し、イラクが湾岸戦争で敗北したことも、兵器科学者を採用できる人材プールに拍車をかけた。

医薬品やワクチンは世界中で製造されるようになり、多くの国が細菌兵器を製造できるようになった。1950年代にアメリカとソ連がその秘密をマスターするのに10年以上の試行錯誤を要した。それから30年後、イラクの科学者たちは、わずか数年で何千ガロンもの炭疽菌とボツリヌス菌を作る方法を学んだ。

核兵器との対比は、多くの人々が細菌兵器を「貧者の原子爆弾」と呼ぶ理由を示している。粗悪な核兵器の設計図を入手した国は、鉱山、工場、原子炉への、容易に検出可能な、途方もない投資を必要とする複雑な技術的挑戦の始まりにいる。しかし、ビル・パトリックやケン・アリベックのような科学者たちは、ほんの一握りの裏庭の土と広く手に入る実験器具から、壊滅的な細菌兵器を作る方法をテロリスト・グループに教えることができると言う。

アメリカが世界最強の国家として台頭してきたことで、生物兵器による攻撃の可能性が高まっている。アメリカの世界的支配に憤り、その富を妬み、その圧倒的な軍事力を恐れる敵対勢力は、非通常兵器で最も効果的に反撃することができる。2000年10月、近代的な軍艦が、自爆テロによって爆薬を詰め込んで爆発させたディンギーによって航行不能にされ、ほぼ沈没させられたU.S.S.コールへの攻撃は、一見無力に見える相手でも、軍事的に壊滅的な打撃を与えることができることを示した。今後数年のうちに、大義のために死ぬことを厭わない人々が、天然痘保菌者やマールブルグ殉教者になることを選ぶかもしれない。

科学の進歩もまた、細菌の脅威を強めている。四半世紀前のコーエンとボイヤーの先駆的研究により、科学者たちは農作物を改良し、病気を治療する新たな手段を手に入れた。しかし、遺伝子操作もまた、混乱させ、傷つけ、殺すために悪用される可能性がある。遺伝子組み換えの未来は誰にも予測できない。しかし今のところ、遺伝子革命によって『コブラ・イベント』に見られるような殺人鬼や、脳痘瘡のような病原体はほとんど生まれないかもしれない。現実の世界で最も危険なのは、古典的な病原体、いわゆる旧型のカビが、薬や解毒剤、ワクチンを打ち負かすカスタム病原体に変わることである。科学交流や商取引を通じて組み換え知識が広まることで、そこそこの技術を持った科学者でも大混乱を引き起こす手段を手に入れることができる。あと10年か20年もすれば、テロリストはもはや細菌学の専門家を雇う必要はなくなるかもしれない。

この脅威は、細菌兵器特有の特徴である不確実性によって拡大する。爆発性爆弾は、その犠牲者についてほとんど疑問を残さない。しかし、生物兵器による攻撃の場合、市当局は発生源や性質、本当の犠牲者数を直ちに知ることはできない。当局は最悪の事態を想定せざるを得なくなり、可能な限り多くの人々を守ろうと努力し、パニックが深まるのは避けられないとジョシュ・レダーバーグは主張している。

細菌兵器の危険性の高まりに対する世界の対応は、必要なものには程遠いものであった。1972年の条約は有益な一歩であり、この種の兵器は道徳的に極悪であるという国際的なコンセンサスを固めた。条約に調印したソ連、イラク、南アフリカがその後、条約に明白に違反したことは、条約に内在する弱点を浮き彫りにしている。私たちは、何らかの強制手段を設けることで条約を強化しようとする最近の努力を追求すべきだと考える。合法的な研究を保護する必要性と、不正の疑いのある者を調査する必要性との間でバランスを取ることができる。イラクに関する世界の経験は、国際査察の限界を明確に示している。しかし、細菌兵器にまつわる道徳的タブーを強化し、生物爆弾製造の実際的・政治的コストを高めることには、メリットがある。イラクは、サダム・フセインによるクルド人市民への化学兵器攻撃を世界が見過ごした直後から、細菌兵器への取り組みを本格化させた。

主要な科学者たちは、遺伝子工学者や他の新しい生物学の実践者たちが、ヒポクラテスの誓いの自分たちバージョンを採用すべきかどうか、議論を始めている。このような一歩は、象徴的なものではあるが、研究者たちが自分たちの仕事がもたらす倫理的影響に対してより敏感になる助けになるだろう。

近年、世界各国は戦争犯罪を訴追するための国際法廷を設立した。私たちは、マシュー・メセルソンや他の人々が提案しているように、生物兵器を売買する者たちに対して国際法の重圧をかけるべきだと考えている。細菌バンクによる致命的な病原体の販売を制限するためにも、より緊密な国際協力が必要である。米国は1996年、右翼のサバイバリストが、1980年代後半に炭疽菌をイラクに販売したアメリカン・タイプ・カルチャー・コレクション社からペスト菌を購入しようとした後、賢明にもこのような販売に関する規制を強化した。感染症との世界的な闘いのためには、科学者の間で危険な細菌を自由に交換することが必要であることは認識している。しかし、今一度、バランスを取る必要がある。

米国がそうであったように、各国もより厳しい法律を制定すべきである。オレゴン州で暴行、殺人未遂、放火、数百人への毒殺の罪で有罪判決を受けたラジニーシー教団の指導者マ・アナンド・シーラは、わずか29カ月の服役で1988年に釈放された。(その後、シーラはスイスに移住し、老人ホームの運営者として新たなキャリアをスタートさせた)。今日、議会が通過させた懲罰的措置は、このような犯罪がもっと長い刑期を得る可能性が高いことを意味している。

クリントン政権は、細菌の脅威に立ち向かうために真の努力をした。そのいくつかの取り組みは称賛に値する。ベクターやステプノゴルスクのような施設を訪問した結果、旧ソ連との協力プログラムがもたらす恩恵は、潜在的な危険性をはるかに上回ると結論づけられた。もちろん、このようなプログラムにはリスクもある。アメリカ政府関係者の中には、ロシア軍はいまだに部外者には閉鎖されたままの研究所で細菌兵器を製造していると考えている者もいる。そしてモスクワは、反論の余地のない証拠を前にしても、過去の生物兵器開発について嘘をつき続けている。

しかし、協力によって得られたものは大きい。諜報機関関係者は、旧ソ連のプログラムについて学んだことの多くは、アンディ・ウェーバーや他の当局者が手配したオープンな科学交流から得られたものだと認めている。2001年4月、ウェーバーと彼の同僚たちは、西洋人として初めてタタールスタンの首都カザンにある科学研究所を訪問した。カザンはソビエト細菌帝国の一角で、科学者たちは家畜を感染させる生物兵器を開発していた。

このような科学交流は国境を越えた関係を築き、権威主義的な政府にも制約を与える。フォートデトリックで細菌防衛の責任者を務めたデイブ・フランツ氏が指摘するように、主要な科学者たちが西側諸国と電子メールで定期的に連絡を取り合うようなロシアでは、秘密の細菌兵器プログラムを維持することは難しくなるだろう。

クリントン政権が遅ればせながら行った公衆衛生、基礎研究、疾病監視、解毒剤の備蓄への投資は理にかなっている。たとえ米国が細菌攻撃に直面することがなかったとしても、これらの投資は人命を救う可能性が高い。それでも、アメリカはある意味で、半世紀前よりも致命的な病気の発生に対する備えが不十分である。オレゴン州ダレスで一番大きな病院は、1984年のラジニーズ襲来時には125床あった。現在は49床である。コンピューターやインターネットへのアクセスはおろか、顕微鏡もない公衆衛生クリニックもある。ニューヨークの西ナイル・ウイルスの経験は、どのような原因であれ、病原菌の発生を検知し、それに対処する上で公衆衛生システムが極めて重要な役割を果たすことを示した。疫学者が新種の感染症を追跡するのに役立つコンピュータ化されたシステムの開発は、前向きな一歩であろう。

クリントン政権時代には大きな無駄があった。生物学的防御は、連邦政府機関、民間請負業者、政府コンサルタントのための権利プログラムになってしまった。多くのプロジェクトは善意によるものであったが、重複を排除し、規律を徹底させ、最も効果のあるところに資金を誘導する権限を一人の役人に与えることができなかった。州兵の苦難はその一例である。

大統領は、生物兵器による戦争の危険性について2回にわたって大演説を行ったが、政権は、細菌条約の強化や生物防衛の首尾一貫したプログラムの推進に資源を結集することはなかった。弾劾に気を取られ、これらの問題に対する政権の関心は、集中的ではあったが単発的であり、複雑な問題を米国民に説明するには不向きであった。リチャード・ダンツィグが、細菌脅威への対応を強化するよう、異常に情報通の国防総省の司令官たちを説得するのに1年以上かかった。議会や国民がこれほど簡単に動かされるとは誰も思っていないはずだ。炭疽菌ワクチンの強制接種のようなプログラムは、詳しく率直に説明されなければならない。

細菌兵器に対抗するための情報機関の努力についても同様である。1972年の条約では、防衛の名の下にほとんどあらゆる種類の研究が許可されている。このような研究の中には、疑いなく正当化できるものもある。その一方で、境界線があいまいな研究もある。例えば、既存のワクチンの脆弱性を探る実験などである。しかし、アメリカの政府関係者は、可能な限りそのような研究の存在と大まかな概要を公表すべきである。民主主義国家において、秘密が永久に守られることはほとんどない。スーパーバグの研究や細菌爆弾の製造が明らかになれば、必然的に疑念が深まる。米国は、自国の防衛活動の最も重要な側面を秘密で覆い隠すと、その創設に貢献した条約と自国の道徳的権威を損なうことになる。

年にクリントン大統領と会談した専門家たちは、この秘密工作について独立した評価を行う専門家パネルを作るようクリントン大統領に求めた。クリントン政権時代のCIAはそのような委員会を作ったが、頻繁に開かれるわけではなく、政府全体に広がっているプログラムを見直すだけの影響力もアクセス権も権限もなかった。われわれは、専門家たちが正しかったと信じている。実質的な監視権限を持つこのような委員会は、アメリカの生物学的アジェンダに対する国内外の信頼を築くだろう。

半世紀前、著名な市民からなるグループが、ジェームズ・フォレスタル初代国防長官に、米国は細菌攻撃に対して無防備であると警告した。しかし、より良い情報、より多くの研究、薬剤の備蓄、医療監視システムなどについての提言は、ほとんど無視された。その後50年間、アメリカの歴代大統領はこの問題に直面し、さまざまな解決策を検討し、この問題を「難しすぎる」という枠に押し込めた。このような否定は理解できる。生物防衛は、ワシントンには政治的な支持層がない。兵器システムを支える軍産複合体は、ワクチンや公衆衛生にはほとんど関心がない。

フォレスタル委員会は1949年に、「敵の攻撃による危険が差し迫った場合に備えて、適切な実験施設とワクチン製造施設を設置し、必要不可欠な基礎医薬品を備蓄するための計画を準備すべきである。民間防衛プログラムを確立するために迅速な行動をとるべきである。」

この言葉は昨日書かれたかもしれない。問題は、米国がこの言葉に基づいて行動するのを、あと50年待てるかどうかである。もし私たち国民が、細菌の脅威はデマだと信じているのであれば、私たちはそれにお金を使いすぎている。しかし、われわれがそう結論づけるように、もし危険が本当だとしたら、その投資はあまりにも無計画で、拡散している。私たちは、この国が経験したことのないような災難に対する備えをひどく怠っているのである。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
error: コンテンツは保護されています !
タイトルとURLをコピーしました