ロバート・マローン博士による英国議会議員への演説(2023年12月4日)
私は医師であり、科学者であり、偶然にもこの技術の創世記に一役買っていたのですが......この技術にまつわる毒性を克服することができなかったのです

強調オフ

ゲノム編集・遺伝子工学・生物兵器・バイオテロ・生物防衛ロバート・マローンワクチン倫理・義務化・犯罪・スティグマ

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

IMPORTANT – Dr. Robert Malone’s address to the Members of UK Parliament (4th December 2023)

ピエールさん、ありがとうございました。それでは、ロバート・マローン博士に証拠を提出していただきます。

ロバート・マローンです。私は医師であり科学者です。私のミドルネームがウォレスであることをお断りしておきます。アンドリューは、私がこれから話す内容によって、引きずりおろされ、四つ裂きにされることはないと保証してくれました。

まず最初に、スライドではなく即興でお話ししたいと思います。新興感染症や人工病原体のリスクを軽減するためのグローバルな能力を可能にする、迅速な対応能力に対する満たされていないニーズがあります。これは妥当な懸念です。生物学の学士号を取得した人であれば、ほとんど誰でも病原体を武器化できるところまで技術は発達しています。米国では、国防総省の生物防衛産業複合体のセキュリティ・クリアランスを持つ者が、ロシアの戦車の脅威への対抗策として米軍が開発したバイナリー兵器を、事実上、どんな生物学者でも自宅のガレージで簡単に再現できることを知っています。つまり、脅威は存在するのです。満たされていないニーズがあるのです。

表向きには、mRNAや修飾メッセンジャー・リボ核酸をベースとした遺伝子治療ワクチン接種技術が急遽開発されたのは、迅速な対応能力を可能にするプラットフォーム技術に対するアンメット・ニーズがあったからです。それが正当な理由です。

さらに、英国インペリアル・カレッジのモデリングに基づく病原体の致死率が3.4%であることも正当化の理由でした。集団墓地や路上で死んでいく人々、病院の外にある遺体でいっぱいのバンなどを目にする可能性があったのです。

それはすべて嘘でした。しかし、スタンフォード大学のように、実際にデータを集めて真実を語った人たちは、私たちの致死率は約0.02%であることを証明したのです。3.4%ではありません。そのような知識があり、2020年の第1四半期には入手可能であったにもかかわらず、このウイルスに関連する症例致死率が3.4%であるという論文に基づいて、この技術を急速に導入することを正当化しようとする協調的な努力がありました。

そのような慌ただしさの中で起こったことは、何十年にもわたって培われてきた倫理と規制の規範の両方に対する根本的な違反でした。私たちは皆、このことをよく知っています。第二次世界大戦のニュルンベルク事件以来、人間にはインフォームド・コンセントの権利がある、という方針は周知の通りです。ワクチンの安全性を保証するためにも、患者のインフォームド・コンセントを保証するためにも、何十年もかけて築き上げてきた規範を否定し、ゴミ箱に捨てなければならない、というのが表向きの正当化であり、そのために、3.4%の症例致死率の脅威と、通常行われるはずのデュー・プロセスなしに、潜在的な対抗策を前進させる必要性から、すべてを急遽破棄してしまったのです。

それが今回の出来事です。陰謀論者など、私たちがよく知っている蔑称で極右のレッテルを貼られていますが、私は医師であり科学者であり、1987年から1990年にかけての若かりし頃、偶然にもこの技術の発端に携わったことがあるだけです。私はこの技術に非常に精通しており、学者としてこの技術の発展に努めましたが、この技術に関連する毒性を克服できないと判断し、この技術を放棄して他の技術プラットフォームを開発しました。

しかしこの場合、私が異議を唱えたのは、臨床研究と薬事に関する十分な訓練を受けた医師であり科学者である私たちが、私の、私の専門分野を衰退させたということです。私自身が、そして私の仲間や同僚たちが何十年にもわたって貢献してきた知識を、私たちは否定してしまったのです。

とてもシンプルなことです。さらに、私たちは、人間の尊厳を尊重し、人間が人間として扱われることを保証するために、第二次世界大戦以来発展してきた規範を拒否してきたのです。彼らの自主性、主権が尊重され、インフォームド・コンセントが提供されるのです。しかし、私たちは、これらの製品の真実とその未熟な発達状態についてのインフォームド・コンセントの代わりに、一連の嘘を教えられました。

その嘘の中には、これらの製品が安全で効果的であるというものも含まれていました。安全で効果的というのは、どういう意味なのかを明示することなく、何度も何度も繰り返されたのです。それが神経言語プログラミングです。心理作戦。プロパガンダです。私たちはまた、これらの製品は注射部位と排出リンパ節に残るという宣伝も受けました。

それが虚偽であることは、これらの製品がヒトに投与される前からわかっていました。さらに、そのことは、現在開示されている日本やオーストラリアの非臨床データパッケージによって明らかになっています。ですから、私たちはこれらの製品が体内をくまなく拡散することを知っていたのです。注射した場所に留まらないことも。また、これらの製品は、その分子である修飾リボ核酸が体内で短時間しか持続しないというデマも伝えられていました。現在では、これらの製品は体内に残り、少なくとも数週間、おそらく数ヶ月間、生物学的に活性なままであることがわかっています。

私たちはまた、これらの製品は、私たち全員が安全になるまで、誰も安全でないことが必要だとも言われました。これは、私たち全員がこれらの製品を受け入れるよう主張するプロパガンダ・キャンペーンの一環でした。そしてそれは、確立された規範に反して行われたのです。強制、強要、誘惑。注射やハンバーガーを誘惑するために、子どもたちにアイスクリームを食べさせることは違法です。標準的な、確立された生命倫理のもとでは許されることではありません。このような一連の嘘は、ワクチン・プラットフォーム技術の安全性と有効性を実証することを目的とした、本当に利益率の高い、間違いなく実験的な製品の展開を正当化するために使われたのです。 2021年、これがプラットフォームとなり、将来必要なのは新しいRNA配列を入れ替えることだけであることが確立されました。

今、私たちが解決しなければならないのは、これに関連する毒性に関する論争です。私たちは当時、ファイザー社も知っていましたが、これらの製品は感染を防ぐことはできません。ウイルスの複製や拡散を防ぐことはできないのです。今、データが示唆しているのは、これらの製品はウイルスを増強するものでもなく、死亡を防ぐものでもなく、死亡や病気を予防するものでもないということです。それは周知の事実です。しかし、それは当時主張されていたことであり、これらの製品に渦巻く論争や最新のデータ開示が何であれ、それを解決するために必要なのは、政府がオープンで透明性のあるものになることです。

それが私の核心的なメッセージです。私が求めているのは、NHSや世界中の医療機関が取得したデータに、オープンで透明性のある形でアクセスすることを許可し、それらのデータを分析できるようにしてほしいということです。そうすれば、このデータがいいとか、あのデータがいいとか、あのデータにはこんな欠点があるとか、そんなことでもめる必要がなくなるのです。これらの製品の安全性に関して、査読を受けた700から1000の研究データから、一連の有害事象が明らかに証明されています。

ここに挙げられているのは、心筋炎を含む頻脈、生殖健康への損傷、女性たちが経験している月経周期の損傷であり、これらはすべて広く認識され、査読され、数百の研究があります。生殖健康、凝固異常を含む脳卒中、つまり異常な血液凝固、末梢、眼および中枢神経系への損傷を含む脳卒中、免疫学的および癌学的な害悪、コールが話すことになるでしょう、そして最も大きな副作用である死。

したがって、結論として、ここには急いで作られた製品、急いで作られた技術、情報に基づいた同意(インフォームド・コンセント)を得られなかったことへの人間への敬意の欠如があります。さらに、最も大規模なプロパガンダキャンペーンを積極的に展開して、一般大衆が副作用のリスクを知る権利すら得られないように抑制しています。私はあなた方に一つの要求を持ってくる、資料を開示しましょう、データを見せよう、そしてそれらのデータを検証できるようにしましょう。そうすれば、もはやこれらの小さな詳細についての小競り合いを持たなくてもよくなり、現在世界が直面している最も重要な質問の一つ、これらの製品は実際に安全で効果的だったのか、という問題の底に到達できます。

ありがとうございました。