合成生物学・生物兵器

合成生物学・生物兵器

合成生物学のメタファー、世界観、倫理と法
Synthetic Biology Metaphors, Worldviews, Ethics & Law-VS Verlag für Sozialwisse

Synthetic Biology Metaphors, Worldviews, Ethics & Law-VS Verlag für Sozialwisse 技術・科学・社会の未来 編集:A. グルンバルト、カールスルーエ、ドイツ R. ハイル(ドイツ・カールスルーエ) C.
合成生物学・生物兵器

731部隊のマルタ
Marutas of Unit 731: Human Experimentation of the Forgotten Asian Auschwitz (Uncovering Unit 731, Band 2)

Marutas of Unit 731: Human Experimentation of the Forgotten Asian Auschwitz (Uncovering Unit 731, Band 2) 731部隊の人体実験 忘れられたアジアのアウシュヴィッツ ジェニー・
サーシャ・ラティポワ

民族標的の生物兵器?
政治的動機に基づくクソ嵐がネット上を襲う

Ethnically Targeted Bioweapons? サーシャ・ラティポワ 2023/07/19 ロバート・ケネディ・ジュニアは最近」進歩的」なメディアを大いに騒がせた(妹のケリーはNBCに対し、「彼の嘆かわしい、真実味のない発言を強く非難する」と述べた)。彼の罪とは、
トランスヒューマニズム、人間強化、BMI

CRISPR-Casとその広範な応用:ヒトゲノム編集から環境への影響、技術的限界、危険性、生命倫理的問題まで
CRISPR-Cas and Its Wide-Ranging Applications: From Human Genome Editing to Environmental Implications, Technical Limitations, Hazards and Bioethical Issues

オンライン公開 2021年4月21 日 . PMCID: PMC8143109 PMID:33919194 Roberto Piergentili、1 Alessandro Del Rio、2,* Fabrizio Signore、3 Federica Umani Ronchi、
合成生物学・生物兵器

神経生物学的破壊: 可能性のある方法とその社会的影響
Neurobiological Disruption: Potential Methods and Their Societal Impact

ジェームズ・ジョルダーノ博士が神経兵器に関して米軍がすでに持っている能力について語るので、注意深く聞いてほしい。心が吹き飛ばされる準備をしよう。 彼はジョージタウン大学の神経内科および生化学部門の教授であり、神経倫理研究プログラムの責任者であり、他にも数え切れないほど多くの役割を
合成生物学・生物兵器

遺伝子治療の展望:科学を前進させ、不確実性を克服し、研究を公共の価値観に合わせる
4. 人間の価値観

Gene Drives on the Horizon: Advancing Science, Navigating Uncertainty, and Aligning Research with Public Values. なぜ遺伝子組み換え生物の開発と環境中への放出を検討しな
合成生物学・生物兵器

化学・生物兵器用薬剤ハンドブック 第2巻
Handbook of Chemical and Biological Warfare Agents, Volume 2

化学・生物兵器用薬剤ハンドブック第1巻 非致死性化学剤と生物兵器剤 第3版 D. ハンク・エリソン 目次 序文 謝辞 説明のためのメモ 著者について xxiii 泪と暴動鎮圧剤 第12章 精神安定剤 一般情報 毒性学 特性 その他の危険性 保護 医療 致命傷の管理 書誌情報 第1
合成生物学・生物兵器

生物兵器:感染症およびバイオテロリズム
Biological Warfare: Infectious Disease and Bioterrorism

オンライン公開 2015/07/24 デイビッド・P・クラーク 米国イリノイ州カーボンデール、南イリノイ大学微生物学科 ナネット J. パズデルニク ワシントン大学医学部米国ミズーリ州セントルイス市 要旨 生物兵器というと、中世の戦士が死んだ家畜を城壁に投げ込んだり、政府の秘密工
GMO、農薬

食品を介したバイオ戦争
Biowarfare Through the Food Supply

ジョセフ・マコーラ博士著 グローバルリサーチ、2023年5月18日 公益科学センター(CSPI)会長のピーター・ルーリー博士と、バイオテクノロジー革新機構(BIO)の農業・環境担当副社長のベス・エリキディスは、食品の遺伝子操作について主張している。両者とも、すべての自然食品を特許
合成生物学・生物兵器

『昆虫』進化の成功、比類なき多様性、そして世界征服
Evolutionary Success, Unrivaled Diversity, and World Domination

Evolutionary Success, Unrivaled Diversity, and World Domination 目次 前書き 1. 昆虫の入門書: 神話、嘘、都市伝説を打ち砕く 2. 昆虫学の歴史 死の上に築かれた学問 3. 昆虫は悪いものばかりではない: 昆虫と
合成生物学・生物兵器

グローバルヘルスの生物医学的な安全保障化(セキュリタイゼーション)
The biomedical securitization of global health

The biomedical securitization of global health オンライン公開2023年3月4日 要旨 背景 COVID-19の発生は、世界保健の議論をさらに健康の安全保障と生物医学的問題に向かわせました。世界保健が国際政策議題でますます重要な役割を
合成生物学・生物兵器

合成生物学時代のバイオディフェンス-4
4病原体に関する懸念事項の評価

Biodefense in the Age of Synthetic Biology. 病気を武器として使用したのは、少なくとも中世にさかのぼると考えられており、タルタル人がカタパルトを使ってペストの犠牲者をカファの街の防護壁を越えて投げつけた時である(Wheelis. 2002
マイクロバイオーム

合成生物学時代のバイオディフェンス | ヒト宿主を変化させる生物兵器に関する懸念の評価
Biodefense in the Age of Synthetic Biology.

6 Assessment of Concerns Related to Bioweapons that Alter the Human Host バイオディフェンスについては、通常、病原体(第4章)または生化学物質(第5章)の観点から考えるが、技術の進歩により、人体そのものに密接
合成生物学・生物兵器

アメリカン・バイオディフェンス
生物兵器に関する危険な思想が国家安全保障をどう形成しているか

米国の生物防御の歴史は不可解であり、一部の例外を除き、ほとんど語られていない。したがって、これらの謎が本書の中心的な問いを提起している。米国における生物防御の研究、開発、取得、およびドクトリンを最もよく説明する要因は何か?
COVIDの起源

COVID-19 バイオディフェンス・マフィア
COVID-19: The Biodefense Mafia

COVID-19: The Biodefense Mafia この数週間、私はあるドキュメンタリーを作っていた。過去数十年にわたる、当局によるバイオディフェンス(生物防衛)の大嘘と、私たちの税金を投入してきた怪しげな人物たちを回顧する内容となっている。現在、完成したものをランブル
COVIDの起源

「実験室で作られた変異したウイルス」が飼育されているサルに使用されると…
勝手に判断しない!科学は難しい

When "Mutated Lab Made Viruses" Are Used on Captive Monkeys... Don't judge! Science is hard. サーシャ・ラティポワ ある日、ウォーカー博士から、ファイザーが実験室でウイルスを変異させ、「動
サーシャ・ラティポワ

アメリカの国内バイオテロ – キャサリン・ワットとのディスカッション
American Domestic Bioterrorism - Discussion with Katherine Watt

American Domestic Bioterrorism - Discussion with Katherine Watt DEC 9, 2022 これは、先日キャサリン・ワットと話したときの音声です。彼の「Substack Bailiwick News」は、米国および世界中
グローバリズム

アメリカ国内バイオテロ計画
連邦議会議員、大統領、HHSおよびDODの長官、連邦裁判官を合衆国法典第18編2381条に基づく反逆罪で訴追するためのケースを構築すること

キャサリン・ワット 2022年4月29日 調査・整理ツールは2022年4月28日初掲載、新しい情報が入り次第、継続的に改訂される。最終更新日:2023年01月09日 その他の形式2022年9月小紙PDF (67ページ)、2022年9月大紙PDF (101ページ)、2022年11月
COVIDの起源

次世代生物兵器:規模は小さくても、性質はセンセーショナル?
Next-Generation Biowarfare: Small in Scale, Sensational in Nature?

ヘルスセキュア 2022年3・4月号; 20(2):182-186. 2022年4月22日オンライン公開doi:10.1089/hs.2021.0165. pmcid:pmc9080995 PMID:35021880 デイヴィッド・ギセルソン 概要 生物学的戦争の性格は、現在、大
スパルタカス

バイオテクノロジーの兵器化
バイオテクノロジーの無秩序な進歩は、新たな軍拡競争を引き起こし、私たちの個人的な自律性を脅かしている

Spartacusスパルタカス 2022年6月28日 パンドラの箱 前回この話題を取り上げた後、私はある人から、バイオテクノロジーが悪用される可能性がある、あるいは軍事や諜報の秘密道具として有用な具体例を挙げるようにと頼まれた。それはもっともな批判であった。私は、そのような用途に