SARS-CoV2 治療標的・分子経路

コロナウイルス

健康と疾患における腸管バリア機能とSARS-CoV-2の役割とは?

Intestinal Barrier Function in Health and Disease—Any Role of SARS-CoV-2? 要旨 腸管バリアの構造と機能の変化は、多数の疾患の発症に役割を果たしている。 最近の継続中のコロナウイルス病(COVID-19)パンデミックでは、重症急性呼吸器症候群コロナウ...
コロナウイルス

SARS-CoV-2感染、ドーパミン、COVID-19合併症との関連性の決定

Determining the relationship between SARS-CoV-2 infection, dopamine, and COVID-19 complications 要旨 目的 高齢者、免疫抑制症、慢性疾患患者は、新型重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)に感染すると死亡率が上...
SARS-CoV2 治療標的・分子経路

概日時計とウイルス感染症

The Circadian Clock and Viral Infections 要旨 概日時計は哺乳類の生理学のいくつかの側面を制御し、生物学的プロセスと行動の毎日の振動を調整している。私たちの概日リズムは、脳内の内因性の中枢時計によって駆動され、末梢組織の時計と同期し、それによって私たちの免疫系と感染症の重症度を調節してい...
SARS-CoV2 治療標的・分子経路

血栓、脳卒中、発疹 COVID-19は血管の病気か?

Clots, Strokes And Rashes. Is COVID-19 A Disease Of The Blood Vessels? 足の指にできた奇妙な発疹であれ、脳内の血栓であれ、COVID-19の蔓延により、研究者たちは新型コロナウイルスがどのようにして体内の血管を破壊するのかに注目するようになってきた。 科...
コロナウイルス

ウイルス感染における分子シャペロンの役割とCOVID-19の理解と治療への示唆

The Role of Molecular Chaperones in Virus Infection and Implications for Understanding and Treating COVID-19 要旨 COVID-19パンデミックは、その原因であるコロナウイルスSARS-CoV-2の増殖と拡散を支えるメカニズムの...
SARS-CoV2 治療標的・分子経路

COVID-19感染症に有効なメカニズムを考慮した薬剤の分類

Classification of the present pharmaceutical agents based on the possible effective mechanism on the COVID-19 infection 要旨 目的 COVID-19の研究はいくつかの種類がある。パンデミックを克服するには、...
SARS-CoV2 治療標的・分子経路

細胞内レニン・アンジオテンシン系、敵か味方か ドーパミン作動性ニューロンからの光

The intracellular renin-angiotensin system: Friend or foe. Some light from the dopaminergic neurons 要旨 レニン-アンジオテンシン系(RAS)は、脊椎動物の系統において最も古いホルモン系の一つである。RASは当初、血圧の調節...
SARS-CoV2 治療標的・分子経路

免疫不全と炎症ストーム COVID-19感染症の骨病変に注意

Dysimmunity and inflammatory storm: Watch out for bone lesions in COVID-19 infection 要旨 2019年末、SARS-CoV-2と名付けられた新規コロナウイルスに支えられていることが証明された新しい種類の肺炎が出現し、その臨床経過や管理がより複雑...
SARS-CoV2 治療標的・分子経路

マスト細胞活性化疾患 薬理学的治療の選択肢

Pharmacological treatment options for mast cell activation disease 要旨 マスト細胞活性化疾患(MCAD)は、マスト細胞(MC)メディエーターの可変サブセットの異常放出と、MC増殖による形態学的に変化した変異MC(全身性肥満細胞症およびMC白血病)またはアポトー...
SARS-CoV2 治療標的・分子経路

細胞危険応答(CDR)の代謝的特徴

Metabolic features of the cell danger response ハイライト 細胞危険応答(CDR)は、脅威に対する古代の代謝反応の観点から定義されている。 CDRは炎症、自然免疫、酸化ストレス、ERストレス反応を網羅している。 CDRは細胞外ヌクレオチド(プリン作動...