ApoE4・リスク遺伝子

1型(炎症性)

ApoE4対立遺伝子のリスクと治療アプローチ

ApoE4関連情報(MCI・認知症・アルツハイマー) 概要 ApoE4の機能 ApoEは末梢コレステロール代謝を調節するために、カイロミクロンおよび中密度リポタンパク質と結合するアポリポタンパクの一種。 他のリポタンパク質は主に肝臓で産生されるが、ApoE
2019.11.10
36の発症因子

アミロイドβクリアランスを増加させる(覚書き)

タウとアミロイドのクリアランスシステム 関連記事 アミロイドβクリアランス 脳のアクアポリンAQP4 雑記 ・脳からの老廃物の除去は、血液脳関門(BBB)からが優勢という見解。 ・タウもアミロイドβもBBBをそのままでは透過しないため輸送体が
2020.02.06
36の発症因子

ミクログリア クリアランス・活性化を調節する32の因子

アミロイドβのミクログリア-クリアランスを増加させる 関連記事 アミロイドβクリアランス 脳のアクアポリンAQP4 概要 アミロイドβは脳内において平衡バランスを保っており、アミロイドβの恒常性バランスが崩壊することによってアルツハイマー病を発症するという仮説が存在す
2020.06.02
36の発症因子

PPARガンマを活性させる82の方法

PPARγを活性化させる 関連記事 PPARとアルツハイマー病 PPARガンマを活性する30の方法 PPARγ活性 栄養化合物 EPA・DHA PPARγのアップレギュレーション リノレン酸 セージ抽出のリノレン酸。12-O-メチルカルノシン酸、α
2019.07.03
1型(炎症性)

PPARとアルツハイマー病

ペンパイナッポーアッポーペン♪ ピコ太郎 ヾ(- -;)「それはPPAP」 関連記事 PPARとアルツハイマー病 PPARガンマを活性する30の方法 PPARアルファを活性化させる コレステロールセンサー肝X受容体(LXR) 20の活性方法
2019.11.13
36の発症因子

脂質過酸化物の種類と治療アプローチ(認知症・アルツハイマー)

脂質過酸化反応とその酸化物 (LPO) 活性酸素関連記事 活性酸素(神経変性疾患・アルツハイマー病発症因子) 活性酸素の種類と治療アプローチ(認知症・アルツハイマー) 脂質過酸化物の種類と治療アプローチ(認知症・アルツハイマー) 抗酸化酵素 スー
2019.05.01
アミノ酸

アセチル-L-カルニチン(認知症・アルツハイマー)

アセチル-L-カルニチンの効果と研究 概要 カルニチン(アセチル-L-カルニチン)は、ミトコンドリアの脂肪を燃焼を助ける化合物。 肉やミルクなどに含まれる天然のアミノ酸、牛乳も飲まない厳格なベジタリアン(ビーガン)には不足傾向がある。 必須アミノ酸であるリジン
2019.05.19
1型(炎症性)

sd-LDL/超悪玉コレステロール

sd-LDL/超悪玉コレステロール キーワード:small dense LDL,酸化LDL(MDA-LDL),LDL-p, 概要 これまで、悪玉コレステロールとされていたLDLが基準値内であっても、動脈硬化に進みやすい人が一定数存在しており、近年の研究でLDLの粒子
2019.04.19
36の発症因子

炎症因子NF-κBを阻害する37の因子(認知症・アルツハイマー病)

炎症因子NF-κBの学習効果 概要 炎症の中心にある転写因子 NF-κBは炎症、ストレス応答、感染応答、免疫応答、細胞分化、増殖、細胞死などにおいて中心的役割を果たす転写因子のひとつ 複雑なシグナル伝達経路のネットワークによって、非常に多様な因子からの刺激を集約的
2020.03.21
神経伝達物質・シグナル伝達

プラズマローゲン、脂質代謝関連の研究

プラズマローゲン、脂質代謝関連の研究(認知症・アルツハイマー) 興味を持ったものを適当にピックアップしています。 プラズマローゲン関連 プラズマローゲン前駆体 アルキルグリセロールを摂取すると赤血球中のプラズマローゲン濃度が高くなることがわかっている。しかしFAR
2020.03.04
タイトルとURLをコピーしました