2022-11

医学哲学

第3次認知革命 | バイオメディカル研究への影響と可能性
The Third Cognitive Revolution | The consequences and possibilities for biomedical research

EMBO Rep.2019 Apr;20(4): e47647. 2019年4月3日オンライン公開 doi: 10.15252/embr.201847647 pmcid: pmc6446201 PMI
ワクチン メカニズム・耐性

感染症の免疫学的研究に対する生物学的還元主義の本質と帰結
Nature and Consequences of Biological Reductionism for the Immunological Study of Infectious Diseases

Front Immunol.2017;8: 612. 2017年5月31日オンライン公開 doi: 10.3389/fimmu.2017.00612 pmcid: pmc5449438 PMID:28
新世界秩序・多極化

プーチンの考える多極化する世界 米国の覇権主義に終止符を打つ?
Vladimir Putin’s Vision of a Multipolar World

フィリップ・ジラルディ-2022年11月29日 歴史書においても、政治においても、すべての物語は、どこから始めるかによって形作られる。今回のウクライナ紛争は、まさに「第3次世界大戦の開戦」とも言うべき
環境リスク

電子廃棄物(E-Waste)101 | 知っておくべきすべてのこと
E-Waste 101: Everything You Need to Know

By: Linnea Harris 更新日 2022年11月25日 編集:イルマ・オメルホジッチ インドのニューデリーで、中古携帯電話の山を仕分ける作業員。Kuni Takahashi/Bloombe
科学主義・啓蒙主義・合理性

ハーバート・サイモンの静かなる革命
Herbert Simon’s Silent Revolution

ハッセルト大学理学部(ベルギー)、同上 コンラート・ローレンツ進化認知研究所アルテンベルクオーストリア 要旨 サイモンの限定合理性(BR)は、意思決定者の認知的限界を真剣に考慮した最初の科学的研究プロ
疑似科学・フリンジ・偽医療

「科学の境界にて」 フリンジサイエンス(境界科学)
At The Fringes Of Science

At The Fringes Of Science マイケル・W・フリードランダー ジェシカのために 目次 序文 謝辞 1 科学とその模倣者たち 2 古いが良いもの 3 ためらいがちな革命-成功例と失
アミノ酸

健康および疾病におけるセリン代謝と条件付必須アミノ酸としてのセリン
Serine Metabolism in Health and Disease and as a Conditionally Essential Amino Acid

Serine Metabolism in Health and Disease and as a Conditionally Essential Amino Acid ニュートリエント(Nutrien
疑似科学・フリンジ・偽医療

バウンダリーワーク(境界画定作業) Wikipedia
Boundary-work

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用 科学研究において 境界画定作業とは、知識分野の境界、分界、その他の区分が作られ、主張され、攻撃され、強化されるような事例を意味する。この
アミノ酸

内因性アミノ酸であるL-セリンは、神経疾患や傷害に対する神経保護剤として期待される
L-Serine, an Endogenous Amino Acid, Is a Potential Neuroprotective Agent for Neurological Disease and Injury

L-Serine, an Endogenous Amino Acid, Is a Potential Neuroprotective Agent for Neurological Disease an
COVIDの起源

「これは何百万人もの命を奪った」 スティーブ・カーシュ 再利用薬の弾圧とワクチン発売5カ月後の死亡急増について
‘This Has Cost Millions of Lives’: Steve Kirsch on Suppression of Repurposed Drugs and a Spike in Deaths 5 Months After Vaccine Rollout

‘This Has Cost Millions of Lives’: Steve Kirsch on Suppression of Repurposed Drugs and a Spike in De
スパイクプロテイン

「突然死」の血栓の原因は何か?
SARS-CoV-2のスパイク蛋白は、短期的にも長期的にも、多くの重要な生理的過程を混乱させるのに極めて効果的である。

What is Causing the Blood Clots from "Died Suddenly?" A Midwestern Doctor中西部の医師 11月26日 私は常に薬害を理解すること
医療・製薬会社の不正・腐敗

「製薬会社の真実」マーシャ・エンジェル
The Truth About the Drug Companies

About the Drug Companies 目次 タイトルページ 目次 献辞 はじめに薬物は違う 第1章 二千億ドルの巨塔 第2章 新薬ができるまで 第3章 製薬会社は研究開発にいくら費やしてい
レジスタンス

ニール・オリバーが語る「政府こそが恐れるべきであり、それは彼らが間違っているからだ」
'The Government should be afraid because they're behaving unforgivably' | Neil Oliver

'The Government should be afraid because they're behaving unforgivably' | Neil Oliver ニール・オリバー 毎日、人々
3型 化学毒素

PFAS(有機フッ素化合物)の身体的負担を軽減する可能性のある医療介入
MEDICAL INTERVENTIONS FOR POTENTIALLY REDUCING PFAS BODY BURDEN

コレスチラミン PFASは胆汁中に分泌され、腸肝循環を起こす。したがって、研究者はPFASの体内負担を軽減するための潜在的アプローチとして、胆汁封鎖を強化する薬剤に関心を持ってきた。 コレスチラミン
3型 化学毒素

PFAS分子(有機フッ素化合物)人の健康と環境に対する重大な懸念
PFAS Molecules: A Major Concern for the Human Health and the Environment

トキシックス.2022 Feb;10(2):44. 2022年1月18日オンライン公開 概要 ペルフルオロアルキル物質(PFAS)は、両親媒性で、化学的および熱的分解に対して非常に安定な4700以上の
遺伝子ワクチン反対運動

映画「Died Suddenly」(突然死)はステュー・ピーターズの典型的なゴミである
「COVIDは蛇毒だ」というゴミで我々の信用を落としたのと同じ人物だ

"Died Suddenly" Is Typical Trash from Stew Peters The same guy who discredited us with the "COVID is
ロバート・マローン

情報戦の罪 | 反対派の罪は、自分の罪をきれいに洗ってくれるのだろうか?
Sins of Information Warfare Do the sins of our opposition wash our own sins clean?

現在、「Died Suddenly」というバイラルビデオについて、非常に活発な議論が行われている。他のコメンテーター(例えば、"The Daily Skeptic"や Josh Guetzkow)は、
医療・製薬会社の不正・腐敗

講演「製薬会社の真実」 マーシャ・エンジェル
THE TRUTH ABOUT DRUG COMPANIES

Marcia Angell, MD (邦題「ビッグ・ファーマ:製薬会社の真実」の著者) 2007年11月2日 マーシャ・エンジェル 0:16 今回は製薬業界についてお話しします。まず、この業界の重要な
新世界秩序・多極化

ビガノ大司教 | COVIDパンデミックの茶番は、新世界秩序のための試験的な風船として機能したのです
Abp. Viganò: The COVID pandemic farce served as a trial balloon for the New World Order

中立はありえません。二つの軍隊がぶつかり合うとき、戦わないことを選択した者もまた、戦いの結果に影響を与える選択をしているのですから。 カルロ・マリア・ビガノ大司教 2022年11月22日(火)-15:
甲状腺ホルモン

甲状腺毒素 植物界における両刃の剣
2007年のスペシャルレポート、新たな反省点を加えて更新

この知識は、15年経った今、いくつかのアップデートを加えるものの、十分に取り入れる価値があると思う。 いわゆる「雑穀」を原材料として使用している加工食品の多くは、プロソキビの使用であり、この議論は適用