新世界秩序・多極化

プーチンの考える多極化する世界 米国の覇権主義に終止符を打つ?
Vladimir Putin’s Vision of a Multipolar World

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

www.unz.com/pgiraldi/vladimir-putins-vision-of-a-multipolar-world/

フィリップ・ジラルディ-2022年11月29日

歴史書においても、政治においても、すべての物語は、どこから始めるかによって形作られる。今回のウクライナ紛争は、まさに「第3次世界大戦の開戦」とも言うべき展開になっている。1991年、ロシアの指導者ゴルバチョフが、米国と同盟国から西側の軍事同盟NATOを東欧に進めないことを約束させられ、ソ連邦の解体に同意したことから、紛争の種が生まれたのだろうか。その公約をクリントン大統領はあっさり無視し、旧ユーゴスラビアに軍事介入し、ワルシャワ条約機構跡からNATOに新規加盟したのである。

それ以来、NATOはロシアの国家安全保障上の利益を犠牲にして拡張を続けてきた。ウクライナは旧ソ連最大の共和国の一つとして、すぐに紛争の焦点となった。米国はウクライナの政治に公然と介入し、執拗なタカ派のジョン・マケイン上院議員や国務省のビクトリア・ヌーランドが頻繁に訪問し、50億ドルを投じて状況を不安定にさせ、親ロシア派のヴィクトル・ヤヌコーヴィチ政権を排除し、米国とヨーロッパの同盟国に友好な政権に交代させるために、政権交代を実現させたと言われている。このような事態が発生すると、必然的にウクライナにNATOへの加盟を提案することになる。この動きは、ロシア自身にとって存亡の危機となるとモスクワが繰り返し警告したものである。

最後に、モスクワは2020年から2021年にかけて、発展するウクライナ危機の解決に向けて鋭意交渉しようとしたが、米国とその同盟国は関心を示さず、ヴォロディミル・ゼレンスキーの腐敗したウクライナ政府が一切の融和を拒否することを許した。そのため、ロシア自身は、米国とその同盟国から何度も誤解され、あるいは嘘をつかれたと認識している。特に、1991年から1999年にかけての無能なボリス・エリツィン大統領の保護の下、主に欧米のオリガルヒによる天然資源の略奪に悩まされてきた。エリツィンは、米国と欧州によるロシア選挙への干渉を通じて設立され維持されてきた傀儡だった。ロシアがひざまずいたとき、おそらく意図的に、1999年に元KGBのウラジーミル・プーチンが登場し、首相として、そして後に大統領として、家屋を一掃することを進めたのである。それ以来、プーチンは自分自身と自分のしていることを非常に注意深く説明し、西側諸国の敵ではなく、むしろ自由と個性を最大化する世界経済においてすべてのプレーヤーの利益と文化を尊重する関係におけるパートナーであることを明確にしている。

ウクライナ情勢が劇的にエスカレートし、核兵器使用の条件が双方から語られる危険性を考えると、10月27日にモスクワ近郊で開催された「バルダイ国際討論会」でのプーチン大統領の演説は、この世界のジョービデンやイェンスストルテンベルグにとって必読であるべきだろう。テーマはポスト覇権主義的世界テーマは「ポスト覇権世界:みんなのための正義と安全保障」4日間にわたるセッションには、ロシアをはじめ、アフガニスタン、ブラジル、中国、エジプト、フランス、ドイツ、インド、インドネシア、イラン、カザフスタン、南アフリカ、トルコ、ウズベキスタン、アメリカなど40カ国から111名の学者、政治家、外交官、経済学者が参加した。プーチンは演説の中で、政治的に覇権的な「ルールに基づく世界秩序」という概念がなく、「ルールを国際法の代わりにする」多極化した世界というビジョンを打ち出した。そして、そのルール自体が、ある国、あるグループによって決められてきたと指摘した。プーチンは、すべての国が尊重されるべき利益と権利を持っていることを受け入れる姿勢への転換を促した。

興味深いことに、プーチンは自国の指導者となって以来、世界のすべての国に敬意を払うよう揺るぎない要求をしている。つまり、個人の自由を認め、同様に他者の利益と国民性を尊重する限り、その地域の利益と文化は正当であり、万人に受け入れられるに値すると考えるということである。

プーチンは、冒頭の挨拶で1時間以上リラックスして話し、さらに2時間半、聴衆からの質問に答えた。

中国との関係を悪化させると同時に、ロシアと戦うためにウクライナに何十億という兵器を提供する。常識や論理に完全に反しているように思える…これは単にクレイジーだ!」

ロシア大統領は、自身の見解をより詳しく説明するために、いくつかの点を強調した。まず、米国と西欧の覇権主義について、

「国や民族の主権、アイデンティティ、独自性を否定し、他国の利益を無視するものである。他のすべての人は、従わなければならないか、その結果に直面する。」

また、プーチンは、西側諸国がルールを作り、状況が変わるとそれを無視する傾向があることを非難した。また、経済制裁や「文化抹殺」が、敵対する国の文化や国民性を貶めながら、地域経済を弱体化させるために、いかに皮肉な使われ方をしているかを指摘した。例えば、ロシアの作家や作曲家が、政治的なメッセージを送り、モスクワの外交政策を罰するために禁止されていることを観察した。

プーチンは、ロシアは「独立した独自の文明」であり、「自らを西側の敵と考えたことは一度もない」と説明した。モスクワは「自由に存在し、発展する権利を守るだけだ。同時に、私たち自身は、ある種の新しい覇権国家になることを求めてはいない」そして、世界は誰も無視できないグローバルな嵐に直面していると、それが発展していることについての彼の分析を提供した。

「私たちは、第二次世界大戦後、おそらく最も危険で、予測不可能で、同時に重要な10年を前にして、歴史的な節目に立っているのである。西洋は人類を単独で管理することはできないが、必死にそれを行おうとしており、世界のほとんどの人民はもはやそれに我慢することを望んでいない」

「私たちは必然的に私たち全てを押しつぶすような問題の重荷を蓄積し続けるか、あるいは、不完全ではあるが、私たちの世界をより安全で安定したものにすることができる、機能する解決策を共に見つけようとするかを決めることができる」

つまり、プーチンは、多極化した世界へ移行するための呼びかけを行っているのである。米国とその同盟国が、強権を行使して競争相手を罰する際に、もはや「法の支配」を主張することはできなくなる。インド、中国、NATO加盟国のトルコなどの主要貿易相手国は、規制を無視してロシアのエネルギー輸出を買い続けており、米国と欧州が実施した制裁をある程度否定しているため、主にエネルギー取引における世界の基軸通貨としてのドル使用からの脱却はすでに起こっている。基軸通貨としてのドルが消滅すれば、米国財務省は何の裏付けもなくお金を印刷することが難しくなる。多くの国が、実際に借金に溺れている政府によって作られた不換紙幣と見なされつつあるものを、もはや受け入れようとしなくなるからだ。

もちろん、プーチンが間違っていることが証明され、現在の世界システムは当分の間維持されるかもしれない。しかし、もしプーチンが正しければ、多極化する世界情勢は世界の覇権国家である米国の事実上の衰退と没落を意味し、ドルの崩壊は輸入主導の米国経済と一般の米国人に壊滅的な影響を与えるだろう。米国債の一部不履行は想像に難くない。そして、プーチンの予測は正しいかもしれない。変化は訪れ、それを止めるために米国とその友人たちにできることは何もない。

いずれにせよ、ウクライナ紛争が煮え切らないまま、何らかの形で確実に訪れる政治的・経済的調整が繰り広げられることになる。悲劇は、展開が自業自得であり、完全に回避可能であり、実際の米国の利益には全く反応しないことであるが、それはまた別の話である。ウクライナが米国の直接的関与と経済的混乱を伴う開戦に発展すれば、第二次世界大戦後の現状を解体する国際的圧力が高まることは必至である。どのように展開しようとも、今起きていることは、ホワイトハウスとその周辺にいる、いつも音痴な政治家たちに、世界におけるアメリカの位置と大国としての選択肢を考え直させることになるだろう。その過程は、アメリカの二大政党が、他方の政党にのみ責任があることを主張する立場を取るので、説得力のある劇場になるだろうと誰も予想できない。その血のにじむような戦いがどこまで続くか、予断を許さない。


フィリップ・M・ジラルディ博士は、501(c)3税控除の教育基金である「国家利益評議会」(連邦ID番号52-1739023)の事務局長で、中東における米国の外交政策をより利益ベースのものにすることを目指している。ウェブサイトはcouncilforthenationalinterest.org、住所は P.O. Box 2157,Purcellville VA 20134、電子 メールはinform@cnionline.org

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました