新世界秩序・多極化

ビガノ大司教 | COVIDパンデミックの茶番は、新世界秩序のための試験的な風船として機能したのです
Abp. Viganò: The COVID pandemic farce served as a trial balloon for the New World Order

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

www.lifesitenews.com/opinion/abp-vigano-the-covid-pandemic-farce-served-as-a-trial-balloon-for-the-new-world-order/

中立はありえません。二つの軍隊がぶつかり合うとき、戦わないことを選択した者もまた、戦いの結果に影響を与える選択をしているのですから。

Featured Imageカルロ・マリア・ビガノ大司教

カルロ・マリア・ビガノ(イタリア語: Carlo Maria Viganò、1941年1月16日 – )は、2011年10月19日から2016年4月12日まで駐米教皇大使を務めたカトリック教会の大司教。2009年7月16日から2011年9月3日までバチカン市国行政局次官を務めた。

編集部注:以下は、カルロ・マリア・ヴィガノ大司教のMedical Doctors for Covid Ethics International(MD4CE International)での講演です。


親愛なる、著名な友人のみなさん。

まず最初に、スティーブン・フロスト博士が私に講演の招待をしてくださったことに感謝します。フロスト博士とともに、私は皆さんに感謝します。サイコパンデミック・プロパガンダと闘う皆さんの献身は賞賛に値します。私は、皆さんが自分の主義主張を貫くために直面した困難な状況をよく理解していますし、皆さんを差別し、仕事と給料を奪い、危険なノーバクサーというレッテルを貼った人たちが、皆さんが受けた損害を十分に修復できることを望んでいます。

このたび、現在の世界的な危機について、私の考えをお話しできることをうれしく思います。この危機は、パンデミックという緊急事態から始まったと考えることができますが、著名な人物によって非常に具体的な目的を持って何十年にもわたって計画されてきたことが分かっています。

パンデミックだけにこだわるは重大な誤りです。というのも、このような事象を完全に首尾一貫して、また相互に関連させて考えることができないため、事象を理解することができず、とりわけその背後にある犯罪目的を特定することができなくなるからです。

皆さんも、医学、科学、法律、その他の分野でそれぞれの専門性をお持ちだと思いますが、場合によっては極めて特殊な自分の専門分野に限定してしまうと、政府、国際機関、製薬会社が行った特定の選択の根拠を十分に説明できないことに同意していただけると思います。

例えば、実験用血清の接種を受けた人の血液から「グラフェン様」物質が見つかったとしても、ウイルス学者にとっては意味がありません。しかし、グラフェンの用途を理解しているナノマテリアルとナノテクノロジーの専門家にとっては意味があります。

また、医療特許の専門家であれば、発明の内容を即座に把握し、他の類似特許との関連付けを行うことも可能です。また、強化人間(英国国防省の文書では、トランスヒューマン用語で「オーグメンテッドマン」)の研究を知っていて、軍人の戦闘能力を増強する技術をグラフェン・ナノストラクチャーに見出すことができる戦争技術の専門家にとっても意味のあることです。

また、遠隔医療の専門家は、患者管理サーバーに生体パラメータを送信し、またそこから特定の信号を受信する不可欠なデバイスを、このナノ構造の中に認識することができるでしょう。

もう一度言いますが、医学的見地からの事象の評価は、市民の基本的権利を侵害する形で行われたマスクの装着や、さらに悪いことに集団での「ワクチン接種」など、ある種の選択の法的意味を考慮する必要があるのです。そして、健康管理の分野では、病気や治療法の分類コードの操作も出てくると思います。

これは、集中治療室で人工呼吸器をつけることから監視プロトコルまで、COVID-19に対してとられた措置の有害な影響を追跡できないようにするためのもので、ご存知のように、健康分野では欧州議会からの代表団もなく、公的機関ではなく、むしろ民間の企業連合である欧州委員会による不祥事の規制違反は言うまでもないことです。

つい数日前、G20バリ・サミットで、クラウス・シュワブは各国首脳(ほとんどが世界経済フォーラムの「明日の世界の若いリーダー」プログラム出身者)に対し、世界政府の樹立を視野に入れた将来のステップについて指示したばかりです。

巨大な経済力を持つ非常に強力な民間組織の会長が、世界各国政府に対して不当な権力を行使し、エリートの権力妄想に国を従わせる民意のない政治指導者から服従を得るのです。この事実は、前例のない重大さです。

クラウス・シュワブはこう言っています。「第四次産業革命では、勝者がすべてを手にする。だから、もしあなたが世界経済フォーラムの先発者であれば、あなたは勝者だ」。

この極めて重大な発言には二つの意味があります。第一は、「勝者がすべてを手に入れる」、「勝者」になるということです–どのような立場で、誰の許可を得てかは不明です。

もうひとつは、この「第四次産業革命」に適応しない者は、気がつけば追放され、失うことになる–自由を含めてすべてを失うことになる、ということです。

つまり、クラウス・シュワブは、世界の先進20カ国の政府首脳に対して、「グレート・リセット」のプログラム上のポイントを自国内で実行するように脅しているのです。

これは、パンデミックの域をはるかに超えています。世界的なクーデターであり、これに対して人々が立ち上がり、まだ健全な国家機関が国際的な法的プロセスを開始することが不可欠です。

世界経済フォーラムは破壊的なプロジェクトを実行することができ、国々を統治する人々は皆、この国際マフィアの奴隷になるか、脅迫されるかのどちらかであるため、脅威は差し迫った、深刻なものです。

これらの発言、そしてシュワブのアドバイザーであるユヴァル・ノア・ハラリに劣らず妄想的な他の人々の発言を考慮すると、パンデミックの茶番が、統制や強制的な措置、個人の自由の縮小、失業や貧困の増加のための試運転としていかに機能したかが理解できるでしょう。

次のステップは、経済危機やエネルギー危機によって実行されなければなりません。それは、グローバリストのエリートの手中にある統率された政府の確立に役立つものです。

そしてここで、親愛なる友人のみなさん、私が司教として話すことをお許しください。なぜなら、私たちが目撃し、これからも目撃し続けるこの一連の出来事において、その本質的な霊的な性質を見ることができないという事実によって、皆さんの献身が妨げられたり、制限されたりする危険性があるからです。

私は、2世紀にわたる啓蒙思想、革命、無神論的唯物論、反宗教的自由主義によって、信仰を個人の問題として考えること、あるいは、私たち全員が適合しなければならない客観的真理が存在しないと考えることに慣らされてきたことを知っています。

18世紀の秘密結社やメーソンを動かしていた反キリスト教のイデオロギーが、今日のKlaus Schwab、ジョージ・ソロス、ビル・ゲイツのような人々を動かしている反キリスト教のイデオロギーと何の関係もないと信じるのは愚かなことです。神への反逆、教会と人類への憎悪、そして創造物、特に神に似せて創造された人間に対する破壊的な怒りです。

この証拠から出発すれば、目の前で起こっていることが、利益追求や権力欲だけの結果であるかのように装うことは不可能であることが理解できるはずです。

確かに、世界経済フォーラムにどれだけの人が協力してきたかを考えると、経済的な部分を無視することはできません。しかし、利益を超えて、「神学的」ビジョンに由来する、つまり、キリストの側と反キリストの側という二つの対立する側を見るビジョンがあることは事実ですが、それでも神学的であることに変わりはないのです。

なぜなら、二つの軍隊が衝突するとき、戦わないことを選択する者もまた、戦いの結果に影響を与える選択をすることになるからです。

一方、創造主が自然の中に置かれた立派な秩序(星座から原子の粒子に至るまで)を高貴で高度な職業として認めながら、人間もまた、その道徳観、法律、文化、発見とともにこの秩序の一部であることを否定することがどうしてできるでしょうか?神の被造物である人間が、どうして永遠で完璧な法則に従わないことができようか?

私たちの戦いは、肉と血でできた生物に対するものではなく、公権力、闇の世の支配者、天に住む悪の霊に対するものです(エペソ6:12)。

一方には、聖アウグスティヌスの書きました「神の都」があり、他方には「悪魔の都」があります。この時代、悪魔の都は、新マルサス主義のグローバリズム、新世界秩序、国連、世界経済フォーラム、欧州連合、世界銀行、国際通貨基金、そして死と病気と破壊と専制政治のイデオロギーに従ういわゆる「慈善財団」に明確に見出すことができます。そして、深層国家や深層教会と呼ばれる組織に入り込んでいる勢力にもあります。

他方で、「神の都」の特定はより困難であることを認識しなければなりません。宗教の権威者たちでさえ、信徒に指針を与えるという役割を裏切り、権力に仕え、嘘を広めることを好んでいるように見えます。

魂を保護し、神聖化すべき人々が、善良なキリスト教徒を厳格な原理主義者と呼んで、魂を散らし、スキャンダルに陥れているのです。このように、攻撃はいくつかの前線に及んでいるため、肉体と魂の両方を襲う、人類にとって致命的な脅威となっているのです。

しかし、宗教的な面でも時間的な面でも、権威ある基準を見出すことが困難な時代だからこそ、事件の背後にある犯罪心理を理解し、目を開き、認識する人々がますます増えています。陰謀論者と呼ぶまでもなく、すべてがつながっていることは明らかです。

陰謀はすでにそこにあります。私たちはそれを発明しているのではなく、単にそれを非難しているのです。人々がこの自殺的な麻薬中毒から目覚め、誰かが世界的なクーデターを終わらせるよう要求することを望んでいるのです。

社会工学と大衆操作の操作は、この犯罪が計画的なものであること、そしてそれが現在展開されている紛争の「精神的」ビジョンといかに一致しているかを、疑いの余地なく実証しています。

神の属性である真理は誤りによって取り消されることはなく、生命は死によって打ち負かされることはありません。「私は道であり、真理であり、生命です」とご自身で言われた主がすでにサタンを打ち負かしたことを思い出してください。残りの戦いは、正しい選択をする機会、キリストの旗の下に、善の側に立つ行動を選ぶ機会を与えるだけのものなのです。

あなたがたの行っているこの偉大な仕事が、やがて期待通りの実を結び、私たちがキリストに立ち返らず、悪や嘘や自己崇拝と共存できると思い続けるなら、世界がどのようになるかを見る試練の時に終止符を打つことを、私は信じています。結局、神の都は、神の愛に生き、自制し、世を侮る者のモデルであり、悪魔の都は、自己愛に生き、世に合わせ、神を侮る者のモデルなのです。

 

皆さんに感謝し、祝福します。+カルロ・マリア・ビガノ大司教

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました