瀉血療法(フレボトミー)の現在の応用

Current applications of therapeutic phlebotomy はじめに 瀉血や静脈切除としても知られる瀉血術は、古代から現在に至るまで様々な文明の中で医師によって行われてきた主要な治療法です1,2。過去には、カッピング、ランセット、またはヒル2のアプリケーションを使用して実践され...

瀉血治療の臨床応用

Clinical applications of therapeutic phlebotomy 要旨 瀉血は体内の血液を除去することであり、赤血球や血清鉄を除去することが症状や合併症を管理する上で最も効率的な方法である血液疾患に対しては、治療的瀉血が好ましい治療法とされている。現在、治療用瀉血治療は、ヘモクロマトーシス、多...

鉄とアルツハイマー病 発症から治療への示唆

Iron and Alzheimer’s Disease: From Pathogenesis to Therapeutic Implications 要旨 加齢に伴い、脳の様々な部位に鉄が沈着することで、正常な認知機能や行動が損なわれる可能性がある。鉄代謝異常は、フェントン反応によりヒドロキシルラジカルを発生させ、酸化ストレ...
3型(有害金属)

重金属曝露とアルツハイマー病および関連認知症

Heavy Metals Exposure and Alzheimer’s Disease and Related Dementias 要旨 アルツハイマー病と関連する認知症は、効果的な治療法や治療法がなく、公衆衛生上の大きな課題となっている。アルツハイマー病や関連する認知症のリスクは、部分的には環境要因に起因している。重...
コロナウイルス

COVID-19  鉄・クロロキン・鉄キレート

 クロロキン/ヒドロキシクロロキンと鉄代謝 Sar-Cov-2感染に鉄の役割はあるのか? 鉄はすべての生物にとって必須の元素である。これは、その酸化還元電位に起因しており、エネルギー生産、DNA複製、転写などの重要な細胞機能に関与するいくつかのタンパク質や酵素の必須補酵素となっている。 ほとんどのウイルスでさえ、ゲノムを複製...
コロナウイルス

COVID-19 ラクトフェリン

ウイルスや細菌から身を守る鉄結合タンパク質、ラクトフェリンの生物学 要旨 ラクトフェリンは、古典的に哺乳類の乳に含まれる栄養素である。ラクトフェリンは鉄と結合し、様々な受容体を介して細胞、血清、胆汁、脳脊髄液へと移動する。免疫学的に重要な性質を持ち、抗菌・抗ウイルス作用がある。 特に、コロナウイルスが使用する受容体の少なくと...
コロナウイルス

COVID-19 フェリチン

コロナウイルス 高フェリチン血症症候群 高フェリチン血症症候群 悪化したCOVID-19は、高フェリチン血症症候群スペクトルの新しい仲間? COVID-19感染症は「高フェリチン血症症候群」と臨床的/研究的特徴を共有している。 COVID-19は高フェリチン血症症候群のメンバーと少なくともいくつかの段階で類似してい...
微生物叢(免疫)

腸と鉄と神経変性疾患

鉄の調節不全と微生物の再活性サイクルによる細胞死そしてアルツハイマー病リスク 鉄代謝を中心とする脳腸相関 宿主と微生物の鉄をめぐる争い 鉄は宿主である人間と、宿主に住む微生物の両方にとって非常に重要な金属である。 人間にとっては、主にヘモグロビンなどのタンパク質、酸素を運ぶ機構として、ミトコンドリアの呼吸、中間代謝、生体異...
ミネラル

鉄欠乏 10の潜在的リスク(認知症・神経変性疾患)

はじめに 鉄は地球上のすべての生物にとって不可欠な元素。鉄過剰、鉄欠乏のいずれも疾患に関与しており鉄はヒトにとっても「諸刃の剣」の金属元素として知られている。 そして、様々な神経変性疾患関連研究が、脳内の鉄過剰によって疾患リスクが上昇することを示している。正確には鉄代謝の恒常性に問題があると言うべきかもしれないが、これまでの治...
ミネラル

鉄代謝関連用語(覚書)

アルツハイマー病と鉄 用語 関連記事 鉄分がアルツハイマー病を引き起こす? 鉄代謝関連用語(覚書) アルツハイマー病患者の鉄代謝障害 鉄代謝異常への54のアプローチ 参考までに正確に知りたい方は他の専門サイトをあたってください。 鉄代謝関連用語(覚書) 二価鉄 危険な鉄 不安定で毒性が強い。 ...