認知症研究・試験

1型(炎症性)

神経変性疾患の病因論的リンクを探る 炎症性サイトカインと生理活性キヌレニン

Exploring the Etiological Links behind Neurodegenerative Diseases: Inflammatory Cytokines and Bioactive Kynurenines 要旨 アルツハイマー病とパーキンソン病(PD)は最も一般的な神経変性疾患(ND)であり、運動...
医療倫理・製薬業界・規制機関

進歩の代償 アルツハイマー病の薬剤開発の資金調達

The price of progress: Funding and financing Alzheimer's disease drug development オンラインで公開2018年6月13日 要旨 序論 アルツハイマー病の研究と治療を進め、効果的な治療法を模索するためには、連邦政府、州、産業界、アドボカシー、ベン...
研究方法・科学全般

高額な新しいアルツハイマー病治療薬の地平線上でのメディケアのための資金調達の代替手段

Costly New Alzheimer Disease Medications on the Horizon—Financing Alternatives for Medicare William K. Fleming, PharmD1; Courtney R. Brown, PharmD, BCPS1; William H. S...
研究方法・科学全般

アルツハイマー病から得た教訓 否定的な結果が得られた臨床試験

Lessons Learned from Alzheimer Disease: Clinical Trials with Negative Outcomes Published online 2017 Aug 2 Jeffrey Cummingscorresponding author 1 はじめに アルツハイマー病(AD...
研究方法・科学全般

アルツハイマー病協会は、バイオジェン薬を承認するためにFDAを促して利益相反を明らかにする必要があると、アルツハイマー病Germ QuestのCEOレスリー・ノリンス博士は述べている

Alzheimer's Association Should Reveal Financial Conflict of Interest in Urging FDA to Approve Biogen Drug, Says Dr. Leslie Norins, CEO of Alzheimer's Germ Quest 2020...
多因子介入研究

アルツハイマー病の併用療法の進展

Advancing combination therapy for Alzheimer's disease オンラインで公開2020年10月7日 要旨 アルツハイマー病の研究は、この疾患の複数の病態や経路についての理解を深めることにつながっている。そのため、アルツハイマー病とその様々なステージは単一療法ではなく、コン...
認知症 食事と栄養

パースペクティブ 栄養学研究における無作為化対照試験法の根本的限界 プロバイオティクスの例

Perspective: Fundamental Limitations of the Randomized Controlled Trial Method in Nutritional Research: The Example of Probiotics 要旨 健康と栄養の関係についての研究は、多くの場合、結論が出ていない...
研究方法・科学全般

「方法崇拝」(Methodolatry)、RCT、そして還元主義の限界 第2部

‘Methodolatry’, RCTs, and the Limits of Reductionism: Part 2 100%確実性の証明が存在しない限り、「証明」という言葉が意味するのは、実際には、与えられた結論に到達することを裏付ける十分なデータである。「証拠」とは、私たちが結論を出すための情報やデータにすぎない。そ...
研究方法・科学全般

アルツハイマー病臨床試験 救済の道へのハードル

Clinical Trials in Alzheimer's Disease: A Hurdle in the Path of Remedy 要旨 ヒト臨床試験は、臨床基準ではまだほとんど治療不可能な疾患の病状や症状の進行を改善することを目的としている。理想的な臨床試験は、「疾患修飾薬」、すなわち、疾患の病理学的特徴や分子基盤...