認知症研究・試験

認知症研究・試験

神経疾患における生理学的な治療介入のための疾患指向のエンジニアリング

Disease-directed engineering for physiology-driven treatment interventions in neurological disorders 2019年10月23日オンライン ...
認知症研究・試験
研究方法・科学全般

高額な新しいアルツハイマー病治療薬の地平線上でのメディケアのための資金調達の代替手段

Costly New Alzheimer Disease Medications on the Horizon—Financing Alternatives for Medicare William K. Fleming, Pharm ...
研究方法・科学全般認知症研究・試験
研究方法・科学全般

アルツハイマー病から得た教訓 否定的な結果が得られた臨床試験

Lessons Learned from Alzheimer Disease: Clinical Trials with Negative Outcomes Published online 2017 Aug 2 Jeffrey ...
研究方法・科学全般認知症研究・試験
研究方法・科学全般

アルツハイマー病協会は、バイオジェン薬を承認するためにFDAを促して利益相反を明らかにする必要があると、アルツハイマー病Germ QuestのCEOレスリー・ノリンス博士は述べている

Alzheimer's Association Should Reveal Financial Conflict of Interest in Urging FDA to Approve Biogen Drug, Says Dr. Lesl ...
研究方法・科学全般認知症研究・試験
多因子介入研究

アルツハイマー病の併用療法の進展

Advancing combination therapy for Alzheimer's disease オンラインで公開2020年10月7日 要旨 アルツハイマー病の研究は、この疾患の複数の病態や経路についての理解 ...
多因子介入研究研究方法・科学全般認知症研究・試験
EBM・RCT

パースペクティブ 栄養学研究における無作為化対照試験法の根本的限界 プロバイオティクスの例
Perspective: Fundamental Limitations of the Randomized Controlled Trial Method in Nutritional Research: The Example of Probiotics

要旨 健康と栄養の関係についての研究は、多くの場合、結論が出ていない。多くの研究結果の妥当性が懸念されており、栄養学の研究者は無作為化比較試験(RCT)法など、質の高いエビデンスを提供できる方法を採用してきた。 残念ながら、 ...
EBM・RCT研究方法・科学全般認知症 食事と栄養認知症研究・試験
EBM・RCT

「方法崇拝」(Methodolatry)、RCT、そして還元主義の限界 第2部

‘Methodolatry’, RCTs, and the Limits of Reductionism: Part 2 100%確実性の証明が存在しない限り、「証明」という言葉が意味するのは、実際には、与えられた結論に到達す ...
EBM・RCT研究方法・科学全般認知症研究・試験
研究方法・科学全般

アルツハイマー病臨床試験 救済の道へのハードル

Clinical Trials in Alzheimer's Disease: A Hurdle in the Path of Remedy 要旨 ヒト臨床試験は、臨床基準ではまだほとんど治療不可能な疾患の病状や症状の進行を改善 ...
研究方法・科学全般認知症研究・試験
EBM・RCT

アルツハイマー病に関する無作為化対照試験の外部妥当性 虚弱性と生物学的老化のバイアス

External Validity of Randomized Controlled Trials on Alzheimer’s Disease: The Biases of Frailty and Biological Aging ...
EBM・RCT研究方法・科学全般認知症研究・試験
研究方法・科学全般

神経変性疾患の再現性から翻訳へ

From Reproducibility to Translation in Neurodegenerative Disease  要旨 神経変性疾患に対する莫大な投資と前臨床試験の成功にもかかわらず、患者に対する効果的な疾患改 ...
研究方法・科学全般認知症研究・試験
多因子介入研究

アルツハイマー病 実験モデルと現実

Alzheimer’s Disease: Experimental Models and Reality 要旨 アルツハイマー病の実験モデルは、病因のより良い理解を得るために、また、新しい治療法の可能性を評価するために重要である。最 ...
多因子介入研究研究方法・科学全般認知症研究・試験
EBM・RCT

アルツハイマー病臨床試験デザインにおける隠れ変数問題

The hidden variables problem in Alzheimer's disease clinical trial design 要旨 アルツハイマー病は世界的な認知症の原因の第一位であり、学術的にも臨床的にも大き ...
EBM・RCT多因子介入研究研究方法・科学全般認知症研究・試験
タイトルとURLをコピーしました