アミノ酸

アミノ酸

高アンモニア血症に対する薬理学的アプローチ

The Pharmabiotic Approach to Treat Hyperammonemia 要旨 アンモニアは、哺乳類ではアミノ酸の異化から代謝廃棄物として常に生成されている。有害廃棄物代謝物であるアンモニアは、遊離アンモニアを尿素サイクルが尿素に変換する肝臓で分解される。肝臓の機能不全は高アンモニア血症を引き起こ...
アミノ酸

アルツハイマー病における神経毒性因子としてのアンモニア

Ammonia as a Potential Neurotoxic Factor in Alzheimer's Disease 要旨 アンモニアは、中枢神経系に深刻な悪影響を及ぼす強力な神経毒であることが知られている。アルツハイマー病のような神経障害を持つ患者の脳内では、過剰なアンモニアレベルが検出されている。そのため、アンモ...
アミノ酸

アルツハイマー病脳におけるアミノ酸異化作用 友人か敵か?

Amino Acid Catabolism in Alzheimer's Disease Brain: Friend or Foe? 要旨 アルツハイマー病治療薬開発のための新たなターゲットの発見が切望されている。アルツハイマー病脳で起こる神経細胞のブドウ糖代謝の低下は、病気の進行に中心的な役割を果たす可能性がある。エネルギー...
筋力トレーニング

食事性タンパク質とアミノ酸摂取 認知的健康の維持との関連性

Dietary Protein and Amino Acid Intake: Links to the Maintenance of Cognitive Health 要旨 高齢化社会の急速な進展に伴い、アルツハイマー病や関連する認知症(ADRD)の発症率が増加している。これらのADRDの増加に対抗するために、科学者や臨床医は...
アミノ酸

アルツハイマー病における神経保護剤としてのグルタミンの可能性

Glutamine as a Potential Neuroprotectant in Alzheimer’s Disease 略語リスト GlnまたはQ グルタミン 序論 グルタミン(GlnまたはQ)は、血液中に最も豊富に存在するアミノ酸である。健康なヒトでは、筋肉中のグルタミン濃度は約15~20mMであるが、血漿中の濃...
アミノ酸

認知機能強化剤としてのd-セリンの臨床使用の可能性と課題

Potential and Challenges for the Clinical Use of d-Serine As a Cognitive Enhancer 要旨 ラット脳での発見から25年を経て、d-セリンはNMDA-グルタミン酸受容体への作用を介して、シナプス可塑性と認知過程の調節因子として認識されている。 ...
睡眠

グリシン(認知症・アルツハイマー)

グリシン 関連記事 概要 グリシンはタンパク質を構成するアミノ酸のひとつ。アミノ酸の中でもっとも単純な形であり、立体異性(D体、L体)がない。 グリシンは、脳内で活性と抑制作用の両方の役割を果たすことができる。 グリシンの供給源 グリシンは半必須栄養素と呼ばれることがあり、体内での合成と食物からの両方か供給され...
アミノ酸

ヒト神経系におけるグリシン作動性シグナル伝達 治療薬ターゲットと臨床効果の概要

Glycinergic signaling in the human nervous system: An overview of therapeutic drug targets and clinical effects 要旨 グリシンおよび関連する内因性化合物(d-セリン、d-アラニン、サルコシン)は、興奮性および抑制性の...
認知症 栄養補助食品

グルタミン 代謝と免疫機能 サプリメントと臨床翻訳

Glutamine: Metabolism and Immune Function, Supplementation and Clinical Translation 要旨 グルタミンは、体内で最も豊富で汎用性の高いアミノ酸である。健康と疾患において、免疫細胞によるグルタミンの消費率は、グルコースと同等かそれ以上である。例えば...
3型(有害金属)

N-アセチル-L-システイン/NAC(認知症・アルツハイマー)

N-アセチル-L-システイン(NAC) 概要 N-アセチル-L-システインとは N-アセチル-L-システイン(NAC)は、アミノ酸 L-システインをアセチル化したもので、数十年にわたって医療用途への探求が行われてきた栄養補助食品。 N-アセチル-L-システインは、最強の抗酸化物質と言われるグルタチオンの前駆体であり、体内で...