アミノ酸

アミノ酸

アルギニンサプリメントとしてのシトルリンの治療可能性:臨床薬理学的レビュー
Therapeutic potential of citrulline as an arginine supplement: a clinical pharmacology review

Therapeutic potential of citrulline as an arginine supplement: a clinical pharmacology review 要旨 アルギ
アミノ酸

食餌性タンパク質と加工が腸内細菌叢に及ぼす影響-システマティックレビュー
Effect of Dietary Protein and Processing on Gut Microbiota—A Systematic Review

ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8840478/ ニュートリエント.2022 Feb; 14(3):453. 2022年1月20日オンライン公開 doi:10.339
アミノ酸

タウリンの治療薬としての効果とメカニズム
Effects and Mechanisms of Taurine as a Therapeutic Agent

Effects and Mechanisms of Taurine as a Therapeutic Agent 2018年4月10日オンライン公開 doi:10.4062/biomolther.20
アミノ酸

軽度認知障害に対するウリジン/コリン強化多栄養素食介入による神経再生および神経保護効果の可能性 ナラティブレビュー
Potential Neuroregenerative and Neuroprotective Effects of Uridine/Choline-Enriched Multinutrient Dietary Intervention for Mild Cognitive Impairment: A Narrative Review

Potential Neuroregenerative and Neuroprotective Effects of Uridine/Choline-Enriched Multinutrient Di
アミノ酸

健康および疾病におけるセリン代謝と条件付必須アミノ酸としてのセリン
Serine Metabolism in Health and Disease and as a Conditionally Essential Amino Acid

Serine Metabolism in Health and Disease and as a Conditionally Essential Amino Acid ニュートリエント(Nutrien
アミノ酸

内因性アミノ酸であるL-セリンは、神経疾患や傷害に対する神経保護剤として期待される
L-Serine, an Endogenous Amino Acid, Is a Potential Neuroprotective Agent for Neurological Disease and Injury

L-Serine, an Endogenous Amino Acid, Is a Potential Neuroprotective Agent for Neurological Disease an
アミノ酸

メタボリックシンドロームと糖尿病における脳機能障害時の神経保護戦略としてのタウリンサプリメント
Taurine Supplementation as a Neuroprotective Strategy upon Brain Dysfunction in Metabolic Syndrome and Diabetes

Nutrients. 2022 Mar; 14(6): 1292. 2022年3月18日オンライン公開 要旨 肥満、2型糖尿病およびそれらに関連する併存疾患は、脳の代謝および機能に影響を与え、認知機能
アミノ酸

クレアチン補給に関するよくある質問と誤解:科学的根拠は実際何を示しているか?

Common questions and misconceptions about creatine supplementation: what does the scientific evidenc
アミノ酸

健康と病気におけるd-アミノ酸 癌を中心に

d-amino Acids in Health and Disease: A Focus on Cancer オンラインで2019年9月12日公開 Jacco J.A.J. Bastings,1,2
アミノ酸

神経学研究におけるD-アミノ酸の進歩

Advances in D-Amino Acids in Neurological Research オンラインで2020年10月3日に公開 James M. Seckler1,* and Steph
アミノ酸

グリシン / Examine.com

Glycine グリシンはアミノ酸の一種で、神経伝達物質である。脳内で刺激的な役割と抑うつ的な役割の両方を果たすことができる。サプリメントは睡眠の質を向上させる。 グリシンに関するエビデンスに基づく分
アミノ酸

非必須アミノ酸「グリシン」の多面的な有用性:レビュー

Multifarious Beneficial Effect of Nonessential Amino Acid, Glycine: A Review オンラインで2017年3月1日公開 Meerz
アミノ酸

プロテインサプリメント メリットとデメリット

Protein Supplements: Pros and Cons オーストラリア・カトリック大学 2017年9月22日 1 概要 プロテインサプリメントの長所と短所を検討した文献の包括的な分析を提
アミノ酸

タンパク質-アミノ酸代謝の乱れ 慢性的な加齢関連疾患の隠れた敵

Protein-Amino Acid Metabolism Disarrangements: The Hidden Enemy of Chronic Age-Related Conditions 要旨
アミノ酸

高アンモニア血症に対する薬理学的アプローチ

The Pharmabiotic Approach to Treat Hyperammonemia 要旨 アンモニアは、哺乳類ではアミノ酸の異化から代謝廃棄物として常に生成されている。有害廃棄物代謝物
アミノ酸

アルツハイマー病における神経毒性因子としてのアンモニア

Ammonia as a Potential Neurotoxic Factor in Alzheimer's Disease 要旨 アンモニアは、中枢神経系に深刻な悪影響を及ぼす強力な神経毒であるこ
アミノ酸

アルツハイマー病脳におけるアミノ酸異化作用 友人か敵か?

Amino Acid Catabolism in Alzheimer's Disease Brain: Friend or Foe? 要旨 アルツハイマー病治療薬開発のための新たなターゲットの発見が切
アミノ酸

食事性タンパク質とアミノ酸摂取 認知的健康の維持との関連性

Dietary Protein and Amino Acid Intake: Links to the Maintenance of Cognitive Health 要旨 高齢化社会の急速な進展に伴
アミノ酸

アルツハイマー病における神経保護剤としてのグルタミンの可能性

Glutamine as a Potential Neuroprotectant in Alzheimer’s Disease 略語リスト GlnまたはQ グルタミン 序論 グルタミン(GlnまたはQ
アミノ酸

認知機能強化剤としてのd-セリンの臨床使用の可能性と課題

Potential and Challenges for the Clinical Use of d-Serine As a Cognitive Enhancer 要旨 ラット脳での発見から25年を経
alzhacker.com をフォロー