認知症 栄養補助食品

ミネラル

経皮吸収型マグネシウムの「神話」か「現実」か?

Myth or Reality—Transdermal Magnesium? Uwe Gröber,1,* Tanja Werner,2 Jürgen Vormann,2 and Klaus Kisters1,3 要旨 以下の総説では、経皮吸収型マグネシウム塗布に関する現行の文献およびエビデンスに基づくデータを評価し...
ビタミン類

中枢神経系におけるナイアシン 生物学的側面と臨床応用の最新情報

Niacin in the Central Nervous System: An Update of Biological Aspects and Clinical Applications オンラインで2019年2月23日に公開。 要旨 ナイアシン(別名「ビタミンB3」または「ビタミンPP」として知られている)は、ニコチン...
コロナウイルス

COVID-19重症患者における補助療法としてのチアミン(ビタミンB1)の評価 多施設共同傾向スコアマッチドスタディ

Evaluation of Thiamine as Adjunctive Therapy in COVID-19 Critically Ill Patients: A Multicenter Propensity Score Matched Study 投稿日: 2021年4月13日 概要 背景 チアミンは、グルコース...
ビタミンB

第14章 ナイアシンと高脂血症

CHAPTER 14 Niacin and hyperlipidemia Maria C. Naranjo1,Maria C. Millan-Linares2,Sergio Montserrat-de la Paz3 キーファクト 本章では、高脂血症に関連する疾患におけるナイアシン(ビタミンB3)の効果に焦点を当てる。 ...
ミネラル

オーストラリアの高齢者における循環銅濃度と銅/亜鉛比の増加は精神的苦痛の減少と関連しているが、認知能力は低下していない

Greater Circulating Copper Concentrations and Copper/Zinc Ratios are Associated with Lower Psychological Distress, But Not Cognitive Performance, in a Sample of Australia...
ビタミン類

ピロロキノリンキノンの摂取が骨格筋のミトコンドリア生合成を促進するメカニズムについて 運動との相乗効果の可能性

Mechanisms Behind Pyrroloquinoline Quinone Supplementation on Skeletal Muscle Mitochondrial Biogenesis: Possible Synergistic Effects with Exercise オンライン公開:2018年05月01日 ...
ミネラル

マグネシウムはアルツハイマー病の中枢神経変性を抑制できるか?基礎的なエビデンスと研究の必要性

Can magnesium reduce central neurodegeneration in Alzheimer's disease? Basic evidences and research needs 2019年3月22日 ハイライト 生理学的には、マグネシウムは興奮性、細胞内の代謝、細胞の生存に主要な役割を...
睡眠

メラトニン:神経変性における臨床的展望

Melatonin: Clinical Perspectives in Neurodegeneration オンラインで公開2019年7月16日 概要 神経変性疾患の予防は、現在、我々の学会の主要な目標であり、すべての好気性生物に存在する系統発生的に保存された珍しい分子であるメラトニンは、この点で検討に値する。メラトニンは、時間...
認知症 食事と栄養

ビールに含まれるホップ由来の苦味酸が認知機能に与える影響を改善する。迷走神経刺激の新たな戦略

Improving Effects of Hop-Derived Bitter Acids in Beer on Cognitive Functions: A New Strategy for Vagus Nerve Stimulation オンラインで公開2020年1月13日 概要 認知症および認知機能の低下は...
ミネラル

亜鉛と認知症 キレート加工亜鉛サプリメントの概説

関連記事 亜鉛とアルツハイマー病 リコード法 推定では20億人つまり世界人口の4人に1人が亜鉛欠乏状態にある。特に高齢者の亜鉛不足は深刻で、アルツハイマー病の発症につながっている。 アルツハイマー病患者の多くは血清亜鉛が低く銅が高い。亜鉛:銅の比率で銅が高すぎる。 亜鉛と銅の正常な比率は1:1...