栄養素・サプリメント(認知症・他)

ビタミンB・メチレーション

神経学におけるナイアシンの有望性
The Promise of Niacin in Neurology

The Promise of Niacin in Neurology 要旨 ナイアシン (ビタミンB3)はペラグラを治療する必須栄養素であり、スタチンが登場する以前は、ナイアシンは脂質異常症によく使わ
ビタミンD・紫外線・日光浴(総合)

メラニン:パーキンソン病、アルツハイマー病、レビー小体型認知症に代表される疾患の統一理論
Melanin: a unifying theory of disease as exemplified by Parkinson’s, Alzheimer’s, and Lewy body dementia

オンライン公開 2023年9月29日 . PMCID: PMC10570809 PMID:37841274 Stacie Z. Bergcorresponding author * and Jonat
ミネラル

病態におけるセレンの役割: 最新のレビュー(2022)
The Role of Selenium in Pathologies: An Updated Review

The Role of Selenium in Pathologies: An Updated Review オンライン公開:2022年1月27日. PMCID: PMC8868242 PMID: 3
栄養素・栄養学

栄養素の相乗効果:定義、証拠、今後の方向性

Nutrient synergy: definition, evidence, and future directions オンライン公開2023年10月12日 PMCID: PMC10600480
ミネラル

疾患におけるゲルマニウムの役割:その重要な生物学的効果を探る

The role of germanium in diseases: exploring its important biological effects オンライン公開 2023年11月8日 PMC
ジオエンジニアリング・気候改変・ケムトレイル

航空機の飛跡は環境と健康を脅かすのか?
Are persistent aircraft trails a threat to the environment and health?

2021年7月7日、 デ・グリュイター社より出版。 ファビアン・デルエル 学術誌『Reviews on Environmental Health』より Are persistent aircraft
アーユルヴェーダハーブ

アライメント頭、心、腹
私たちは身体化された認知の存在である 認知、感情、直感が一致しているとき、私たちは最も効果的で最高の状態になる

Alignment: Head, Heart, and Gut 2023/12/19 ある種の左脳的な科学者タイプは、次のようなことに反発する。彼は、そうでなければ単純で古くからある区別、つまり人間の

アルツハイマー病における鉄:生理学から疾病障害まで
Iron in Alzheimer’s Disease: From Physiology to Disease Disabilities

Iron in Alzheimer’s Disease: From Physiology to Disease Disabilities オンライン公開 2022年9月6 日 PMCID: PMC94
ホメオスタシス・ホルミシス

人間の健康を最適化する栄養学-生理学的裏付けを得るには?
Nutrition to Optimise Human Health—How to Obtain Physiological Substantiation?

Nutrition to Optimise Human Health—How to Obtain Physiological Substantiation? オンライン公開 2021年6月23日 do
ビタミンC

『原始の万能薬』 ビタミンC 
PRIMAL PANACEA

PRIMAL PANACEA プリマル・パナセア トーマス・E・レヴィ医学博士著 序文 ギャリー・ゴードン医学博士著 私は長年にわたり、ビタミンCの奇跡的な治癒力に関するトム・レヴィ博士の科学的貢献を
サイード・ハイダー

高用量ビタミンCは原始の万能薬(パナセア)か?
短い答え:イエス、少なくともそれに最も近いものだ。長い答え:読み続けてみよう。

サイード・ハイダー博士 2023/11/10 時々、人生を変えるような出来事に出くわすことがある。 そして、何十年も前からすでに多くの人がこのことを知っていて、それを広めようとしてきたが、何十億ドルも
栄養素・栄養学

塩の必要性は調査が必要
Salt need needs investigation

オンライン公開 : 2020年1月21日. PMCID: PMC7512146 PMID:31959267 マイカ・レシェム * 概要 Naの過剰摂取の疫学とその病理学については、40年以上にわたって
PBMT LLLT /光生物調節

ヒトの無毛は、200万年前に自然な光生物調節を可能にし、今日の光生物調節治療を可能にしたのだろうか?
このことは、ヒト属の脳が急速に拡大したことを説明することができる

Did human hairlessness allow natural photobiomodulation 2 million years ago and enable photobiomodul
食品由来ハーブ

アルツハイマー病の漢方薬、ノビレチンを豊富に含むCitrus reticulataの皮: ケースシリーズ
Nobiletin-rich Citrus reticulata peels, a kampo medicine for Alzheimer's disease: A case series

Nobiletin-rich Citrus reticulata peels, a kampo medicine for Alzheimer's disease: A case series アルツハ
栄養素・栄養学

『栄養と身体の退化』 原始的な食事と現代的な食事の比較とその効果
Nutrition and Physical Degeneration

Nutrition and Physical Degeneration ウエストン・A・プライス、医学博士、医学博士 米国歯科医師会研究委員会委員 米国人類物理学者協会会員 著書に 「Dental I
ビタミンC

ビタミンCとがんに関する新たな知見 – Springer-Verlag New York (2014)
New Insights on Vitamin C & Cancer-Springer-Verlag New York (2014)

New Insights on Vitamin C & Cancer-Springer-Verlag New York (2014) (SpringerBriefs in Cancer Researc
ビタミンC

災害を生き抜くためのプレッパー抗生物質ガイド
Prepper Antibiotics Guide To Surviving Disaster

メレディス・イェーガー2018年8月5日 私の「プレッパー抗生物質」ガイドは、人々が長期・短期の災害サバイバルに備えるのに役立つはずだ。 独身であろうと家族持ちであろうと、地震やEMP攻撃(自然災害ま
アミノ酸

アルギニンサプリメントとしてのシトルリンの治療可能性:臨床薬理学的レビュー
Therapeutic potential of citrulline as an arginine supplement: a clinical pharmacology review

Therapeutic potential of citrulline as an arginine supplement: a clinical pharmacology review 要旨 アルギ
PBMT LLLT /光生物調節

近赤外線はTLR4を介した炎症を抑制する In Vitro(スパイクタンパクの治療)
Near Infrared Light Reduces Inflammation via TLR4 In Vitro

Near Infrared Light Reduces Inflammation via TLR4 In Vitro 216,092 回視聴 2022/08/17 #COVID19 #オミクロン #コ
ジョセフ・マコーラ

リノール酸 – 食事の中で最も破壊的な成分
野菜や種子油に含まれるリノール酸が、欧米の慢性疾患の最大の原因になっている可能性がある 衝撃的な調査結果はこちら

Linoleic Acid — The Most Destructive Ingredient in Your Diet ジョセフ・マコーラ博士 2023/05/08 この記事の要旨 脂肪は、細胞膜の
alzhacker.com をフォロー