認知症 栄養補助食品

アーユルヴェーダハーブ

ベルベリン(認知症・アルツハイマー)

ベルベリン(黄檗)/Berberine 関連記事 ベルベリンは中国、アーユルヴェーダ医学において、3000年以上使われてきた歴史がある。 効果・作用機序 中国では抗菌剤、抗寄生虫、下痢の緩和剤として使用されてきた。(これら、ジアルジア、赤痢、サルモネラ、ランブル鞭毛虫症、マラリア) ...
ハーブ

気分障害に対するベルベリンの薬理作用

Pharmacological effects of berberine on mood disorders 要旨 天然のイソキノリン系アルカロイドであるベルベリンは、漢方薬として使用されており、最近では気分障害の治療にも効果があることがわかっていた。さらに、ベルベリンは中枢神経系の神経伝達物質とその受容体系を調節する。しかし...
ハーブ

薬物膜透過と全身前代謝を調節する天然由来の薬剤バイオアベイラビリティー向上剤(バイオエンハンサー)の開発

Drug Bioavailability Enhancing Agents of Natural Origin (Bioenhancers) that Modulate Drug Membrane Permeation and Pre-Systemic Metabolism 要旨 多くの新しい化学物質が高い治療可能性で発見...
アミノ酸

高アンモニア血症に対する薬理学的アプローチ

The Pharmabiotic Approach to Treat Hyperammonemia 要旨 アンモニアは、哺乳類ではアミノ酸の異化から代謝廃棄物として常に生成されている。有害廃棄物代謝物であるアンモニアは、遊離アンモニアを尿素サイクルが尿素に変換する肝臓で分解される。肝臓の機能不全は高アンモニア血症を引き起こ...
アミノ酸

アルツハイマー病における神経毒性因子としてのアンモニア

Ammonia as a Potential Neurotoxic Factor in Alzheimer's Disease 要旨 アンモニアは、中枢神経系に深刻な悪影響を及ぼす強力な神経毒であることが知られている。アルツハイマー病のような神経障害を持つ患者の脳内では、過剰なアンモニアレベルが検出されている。そのため、アンモ...
糖質

アルツハイマー病を引き起こす可能性のあるメカニズムとしての脳果糖代謝

Cerebral Fructose Metabolism as a Potential Mechanism Driving Alzheimer’s Disease 要旨 アルツハイマー病における認知機能の低下は、神経原線維のもつれ、アミロイド沈着、ニューロンコミュニケーションの喪失と病理学的に関連している。脳内インスリン抵抗性...
アミノ酸

アルツハイマー病脳におけるアミノ酸異化作用 友人か敵か?

Amino Acid Catabolism in Alzheimer's Disease Brain: Friend or Foe? 要旨 アルツハイマー病治療薬開発のための新たなターゲットの発見が切望されている。アルツハイマー病脳で起こる神経細胞のブドウ糖代謝の低下は、病気の進行に中心的な役割を果たす可能性がある。エネルギー...
糖質

トレハロースによる神経保護のメカニズム:オートファジー誘導をめぐる論争

Mechanism of neuroprotection by trehalose: controversy surrounding autophagy induction 要旨 トレハロースは、2つのグルコース分子がα,α-1,1-グルコシド結合で連結された非還元性二糖類である。トレハロースは、特にパーキンソン病やハンチ...
糖質

パーキンソン病の治療薬として期待されるトレハロース

Trehalose as a promising therapeutic candidate for the treatment of Parkinson's disease 要旨 パーキンソン病(PD)は、主に黒質突起のドーパミン作動性ニューロンの喪失に起因する進行性の運動障害である。パーキンソン病はタンパク質の凝集...
筋力トレーニング

食事性タンパク質とアミノ酸摂取 認知的健康の維持との関連性

Dietary Protein and Amino Acid Intake: Links to the Maintenance of Cognitive Health 要旨 高齢化社会の急速な進展に伴い、アルツハイマー病や関連する認知症(ADRD)の発症率が増加している。これらのADRDの増加に対抗するために、科学者や臨床医は...