抗老化

フェロセネセンス:神経変性の鉄の時代?

Title: Ferrosenescence: the iron age of neurodegeneration? 受理した日 15-11-2017 著者。アドニス-スフェラ、ケルシー-ブロック、エイミー-プライス、ルズミン-インデリアス、カロリナ-オソリオ ケルシー Bullock、MD -所属。ロマ リンダ大学、ロマ ...
抗老化

寿命を延ばす化合物は神経変性疾患を保護し、これらの壊滅的な疾患の新しい治療戦略を提供する

Compounds that extend longevity are protective in neurodegenerative diseases and provide a novel treatment strategy for these devastating disorders ハイライト 老化は神経変...
有酸素運動・HIIT

中等度または高強度の運動プロトコルに従うように指示された高齢者の運動パターン-ジェネレーション100研究

Exercise patterns in older adults instructed to follow moderate- or high-intensity exercise protocol – the generation 100 study オンラインで公開2018年9月10日 要旨 背景 高齢者に運...
身体活動・アドヒアランス

高齢者における運動プログラムのアドヒアランス 情報提供報告書

Adherence to Exercise Programs in Older Adults: Informative Report オンラインで公開2019年1月22日 要旨 この有益な報告書は、高齢者(OA)のヘルスケア分野における身体活動と運動のアドヒアランスに関する情報のギャップを埋めることと、高齢者に対する身体...
適応外薬

ラパマイシンとアルツハイマー病 臨床試験の時期か?

Rapamycin and Alzheimer’s disease: Time for a clinical trial? 要旨 ラパマイシンは、アルツハイマー病のマウスモデルを含む多くの神経変性や老化の動物モデルにおいて有益な効果を示する。しかし、前臨床試験の記録にもかかわらず、アルツハイマー病患者を対象としたラパマイシンや...