長寿のパワーを引き出す クリス・マスタージョン
Unlocking the Power of Longevity

アンチエイジング・認知機能向上

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Unlocking the Power of Longevity

長寿の分野で寿命延長について主張されていることの多くは、非常に疑わしい動物モデルから得られたものです。

有名な線虫のように休眠状態に入ることで長生きするのか?

生物学的に不死であるクラゲのTurritopsis dohrniiのように、トランス分化によって不死を獲得するのか?

それとも、実験用マウスのように、化学的に定義され最適化された食事を逸脱することなく食べ、病原体のない特定のバブルの中で生活し、24時間365日オンコールの専属医を得るのでしょうか?

高齢者は老化という一般的な原理で死ぬという主張にもかかわらず、最良のデータは、すべての人間が特定の明確な原因で死ぬことを示しています。

私たちは、すべての生物に普遍的な老化の原理を見出そうとするのではなく、むしろ、現実の世界で人間が具体的な原因で死ぬ理由、その原因を予防する方法、そして寿命を延ばしながら健康を維持する方法を研究することから、長寿の探求を始めるべきなのです。

西洋社会における主要な死因の現状は、長い間、心臓病に代わってがんが主要な死因となってきましたが、産業革命によって大きく破壊され、現在ようやく回復しつつある、人間の寿命が自然な長さに収束し始めるにつれて、がんも多様な死因に取って代わられつつあります。

医療モデルは、心臓発作を救急治療室で治療することで驚異的な成果をあげ、1800年代から1900年代初頭にかけての膿だらけの未冷蔵牛乳の問題を一掃したと主流医学が主張できるのであれば、そのベルトの下には2つの大きな主張があることになります。しかし、それを除けば、それは良いことよりも悪いことの方が多いのです。

なぜわかるのでしょう?というのも、抗生物質やワクチンが登場する以前に、主要な感染症キラーを駆逐していた栄養学は、この70年近くの間、主要なキラーとしてその座を占めていた病気と闘うための、野生の低空飛行の果実の役割を果たすことができたからです。

医療モデルは、病気特異的な医薬品を開発しようとするあまり、栄養学を窮地に追いやり、その医薬品は長寿に対する他の課題に対する一般的な力を持たず、その結果、それぞれの主要な殺人鬼に対する果てしなく高価な研究開発戦争を引き起こしました。

このプレゼンテーションでは、長寿のための栄養の低空飛行の果実、栄養最適化で次のレベルにそれを取る方法、そして健康で長生きするためのあなた自身の可能性を解き放つあなた自身の非常にユニークな個人的なスーパーアンロックを見つけるための道に自分自身を置くためのDIYの家庭戦略をカバーしています。

こちらをご覧ください:

スーパーアンロックについてさらに深く知りたい方は、私の記事とビデオ「20年間の研究と2万個の遺伝子検査の結果、私はいかにして自分の健康「スーパーアンロック」を見つけたか」をご覧ください。


クリス・マスタージョン 0:00

寿命を延ばすために誰もがすべき3つのことをご紹介します。こんにちは、私はクリス博士、マスタージョンです。長寿のための大きな鍵についての私の視点です。まず、やってはいけないことをお話しします。まずやってはいけないことは、動物実験から悪い教訓を得ることです。

では、死亡率は普遍的な原理なのでしょうか?まあ、私たちが言えることは、死亡を経験する動物には根本的に異なる方法があるということです。左側を見てください。線虫というミミズで、通常顕微鏡で見ると、成虫の体長は1ミリメートルです。

さて、人間は十分な栄養がないときには休眠状態に入りません。ですから、私たちはこの虫とはまったく違うのです。それなのに、このミミズは研究しやすい。それほど長生きしないので、寿命の研究も簡単です。ですから、私たちが持っている長寿に関する中核的な理論の多くは、実はこのミミズから得たものなのです。

右側にある不老不死のクラゲ、ドーニー(Tura topaz)を見てください。これは生物学的に不老不死のクラゲで、ストレスを受けると初期段階に戻るトランス分化と呼ばれるプロセスを利用しています。クラゲを破壊して殺すこともできますし、捕食者に食べられてしまうこともありますが、クラゲに任せておけば、年を取り始めるといつでも以前のライフステージに戻ります。

このように、長寿と死亡率の原則がこれほどまでに異なる場合、特定の動物の原則を取ることは非常に難しいことがわかります。実験用マウスのように、クラゲやミミズよりもはるかに人間に近い哺乳類がいます。しかし、クラゲやミミズよりもはるかに人間に近い哺乳類でありながら、その生息環境から、人間とは根本的に異なる死に方をするのです。

研究室でマウスやラットの世話をしたことがある人ならわかると思いますが、ある部屋に入ると、その部屋で着替えをしなければなりません。足カバーをして、クリーニングしたての白衣を着て。その上、アレルゲンから人間を守るため、そして病原体から動物を守るために、施設内にはあらゆる種類の高品質の空気濾過装置が設置されています。

動物に何か問題があれば、すぐに駆けつけてくれますし、研究者が病気にさせたり、早死にさせたりしなければ、餌も与えられます。研究者が動物を殺さないのであれば、実験用マウスや実験用ラットに最適な生化学的に最適化された食事として、何十年にもわたる研究の結果が背景にあります。

そしてこれは、あらゆる種類の傷害やストレス要因や病原体にさらされている人間社会とは大きく異なり、私たちは自分にとって最適な食事から逸脱したものを選択することができるのです。その結果、もし研究者が実験を終わらせるために彼らを犠牲にせず、組織を分析して死なせたとしたら、彼らは、私たち人間の多くが経験する老衰よりも、はるかに老衰に近い状態で死ぬでしょう。

それは単なる老衰ではなく、実際に老衰で死ぬ人は何らかの原因で死んでいる可能性が高いのです。これは、人間の長寿、個人の寿命、高齢者人口の増加という研究の集大成からの引用です。死因の特定可能性については、1982年にコーン博士が85歳以上で死亡した200人以上の剖検結果を検討したところ、少なくとも30%の症例で特定の疾患の明確な症状が認められなかったと報告しています。

「したがって、死因として老化を認めるべきである」と。この議論は、超高齢者の死亡原因のほとんどを特定した後の研究では支持されませんでした。つまり、人間が老衰で死亡する場合でも、実際には原因が特定されているのです。このことは、老化という一般的な概念にどれだけ依存すべきか、疑問を投げかけるものです。

老化とは、本来、細胞の寿命が尽きるまでの自然で取り消し可能な軌跡のことです。ですから、老化というごく一般的な概念から物事を見ようとすると、「なぜ細胞には寿命があるのか?しかし、不死身のクラゲのようなものを見てみると、必ずしもそれが生物の死亡率を高めるわけではないことがわかります。

なぜなら、生きられなくなった細胞は、幹細胞が残っている限り、その寿命を保つことができるからです。そしてある種の生物では、幹細胞は時間とともに減少するため、その寿命はそれほど長くはありません。しかし、このクラゲは後戻りができるので、生物は死なないのです。

つまり、宇宙にはエントロピーがますます大きくなる軌跡が存在し、物事は消耗する傾向があり、細胞は時間の経過とともに消耗しすぎるという一般的な原理で死滅する傾向があるということです。だからといって、それが原因で死に至るわけではありません。

ですから、私たちが取りたい教訓のひとつは、実験動物が老衰で死んでしまう共通点を探すのではなく、人間が老衰で死んでしまう具体的な原因を理解すること、そして現実世界において人間が寿命の間に健康であったり不健康であったりする原因を理解することです。

そして、その原則に基づいて研究を進めたいのです。さて、ここでもうひとつやってはいけないことがあります。左がオスのマウス、右がメスのマウスで、それぞれの棒は異なる系統のマウスを表しています。棒グラフが上がれば、カロリー制限によってその系統の寿命が延びることを意味します。

バーが下がれば、カロリー制限によってその系統の寿命が短くなったことを意味します。男性でも女性でも、系統によって大きな違いがあることがわかります。そして2つ目は、どちらの場合も、カロリー制限によって寿命が延びた牛よりも、むしろ寿命が縮まった牛の方が多いということです。

このことから得られる教訓は、カロリー制限がマウスとヒトで同じように機能すると考えるべきではないということです。タンパク質の摂取に関する議論は、カロリー制限に関する議論と同じソースから取られたものです。

以前お見せした線虫は、死亡率や寿命が休眠状態にある時間の長さによって左右されます。線虫研究から生まれた仮説のひとつが、IGF1仮説、つまりインスリン成長因子、インスリン様成長因子1仮説です。しかし、実際に疫学的に調べてみると、タンパク質との関係は一貫しておらず、年齢や様々な要因に左右されます。

IGF1との相関が最も強固なのは、ヒトでは体重です。そして、太りすぎの人は減量して体組成を最適化すべきであることは、すでに分かっています。そのため、体組成を最適化すべき多くの理由に、IGF1が追加されることはありません。体組成を最適化する研究を見ると、体重1kgあたり1.2~1.5gのタンパク質摂取が1日に必要で、これはアトラスが提唱する長寿のための粛清制限よりもかなり高く、RDAよりも高いのです。

クリス・マスタージョン 9:13

ブルーゾーンでは、人々は肉をあまり食べず、長生きしているということです。それについて言えることはたくさんあります。私は民族誌の専門家ではないので、そのことには触れたくありません。しかし、ブルーゾーンの長寿には、社会的ライフスタイルや遺伝的要因など、さまざまな理由があります。

非常に興味深い仮説のひとつは、これらの社会が高齢期の人々に機能や目的を与えているのに対して、私たちの社会はそうではないということです。それで思い出したことがあります。ところで、私は歴史学の学士号を持っています。トーマス・ジェファーソンとジョン・アダムスが独立宣言50周年の日に亡くなった話を思い出しました。

アダムスの最期の言葉は「ジェファーソンは生きている」でした。しかし、ジェファーソンはその数時間前に亡くなっていたのですから。そしてこのことは、目的がいかに私たちの命を延ばすかという点を物語っています。生き続ける理由があると信じれば、生き続けることができるからです。

そして、彼らが生き続ける理由は、自分たちが作った新しい国の50周年を見るためだと信じているのです。ですから、ここから得られる教訓は、タンパク質の摂取を制限するために弱いエビデンスを用いてはいけないということです。

では、私たちは長寿のために何をすべきなのでしょうか?私が主張したいのは、誰もがすべき3つのことは、

  • その1、低いところにぶら下がっている果実を食べること。
  • その2、栄養状態を最適化すること。
  • そして3つ目は、自分独自のスーパーアンロックを見つけることです。

低いところにぶら下がっている果実が何なのかを知りたければ、人はなぜ死ぬのかという問いを立てる必要があります。

CDCによると、米国における主な死因を見ると、心臓病、がん、YouTubeでは名前を伏せますが、事故が起きるといけないので、脳卒中、慢性呼吸器疾患、アルツハイマー病、糖尿病、慢性肝疾患と肝硬変、そして最後に腎臓病があります。

COVIDによる死亡の中には呼吸器感染症に分類されるべきものもあるでしょうし、PCR検査で陽性となったオートバイ事故であれば、事故に分類されるべきものもあるでしょう。しかし、それは置いておきましょう。これ以上のコメントはありません。

さて、この件に関して理解しなければならないことは、私たちは皆、同じことで同時に死ぬわけではないということです。ある集団の死因がどのような構造になっているかは、その社会の技術進歩に大きく左右されます。つまり、ここにあるのは1990年代前半の白人のスナップショットで、基本的にはアメリカの現在の死因構成を反映しています。

このグラフはちょっと読みにくいので、すべてのデータを見たい方はスクリーンショットを撮ってください。しかし基本的には、2本の線の間の隙間は、凡例で対応する線の間の隙間に記述されているものであれば何でも表します。そして皆さんに注目していただきたいのは、基本的に2つのことです。

それは、20歳前後をピークとする0歳から40歳までの早期死亡です。これらの死因の大部分は傷害です。つまり、自殺、殺人、事故などの外的傷害です。そして、このギャップとこのギャップを合わせると、心臓病とがんが2大死因として拡大することになります。

では、他の国、つまりインドに行ってみましょう。インドでは、テクノロジーと近代化の歴史的な軌跡の中で、まったく異なる立場にあります。まず、色が似ているので読みにくいのですが、新生物と呼ばれる癌による死亡です。赤に斜めの縞模様が入っています。

斜めの縞模様の赤を探すのは大変で、だいたいこの中に埋もれています。この赤の大部分は心血管系疾患とその他の疾患です。そして、このグラフ全体では、がんはほとんどありません。つまり、あまり裕福でなく、近代化されていない州では、がんによる死亡が非常に少ないのです。

そして、下の方に大きく拡大しているのは、若い世代に起こる感染症です。このグラフで上に行くほど、若年層から高齢層へと移行していることがわかります。つまり、基本的には、感染症で死亡する若年層が非常に多いということです。そして、高齢者の死亡はより緩やかに増加しており、主に心臓病が増加しています。がんはあまり見られません。

米国の2003年(左図)から2015年(右図)を見ると、米国は現在、疫学的に死因のトップが心臓病からがんに移行し、平均寿命が延びています。このグラフを視覚的に理解するために重要なことは、赤は心臓病。青はがん、白は死亡率の低さを表しています。

2003年のアメリカは非常に赤く見えますが、右の地図は赤が少なく、青と白が赤の代わりをしているのがわかります。つまり、人々は長生きするようになり、死因のトップが心臓病からがんにシフトしているということです。さて、最後にお見せするこのグラフは、先ほどお見せしたトレンドが完成に向かって進む中で、私たちがどのように新たなトレンドの真っ只中にいるのかを見ています。

この傾向は、心血管疾患による死亡が減少する一方で、がんによる死亡が増加しているだけでなく、生殖器疾患、泌尿器疾患、精神・行動障害、神経疾患など、多様な死亡が増加していることを示しています。左のグラフは、出生時の平均余命を横軸に、死因の変化を縦軸にプロットしたものです。

つまり、社会で長生きすればするほど、多様な死因で亡くなるということです。右の図は、横軸に寿命の変化、縦軸に死因の変化をプロットしたものです。これは、死因の変動が大きくなるにつれて、左のグラフのように人々が長生きするようになり、寿命の変動が小さくなっていることを示しています。つまり、自然な長寿に収束しているということです。今起きていることは、産業革命の影響だと私は主張します。

クリス・マスタージョン 17:26

農業もそうですが、特に産業革命の影響が今、消え始めているのです。一般的な歴史的傾向を見ると、19世紀には、19世紀初頭から、ある特定の社会でのみ、質の高い死亡記録が残っています。例えばイギリスでは、1815年頃から非常に優れた死亡データがあります。

それ以前の1700年代については、平均的な家族の記録や、何人の子供が生まれ、何人の子供が亡くなったかといった記録があります。しかし、19世紀までは完全な死亡率データはありません。そこで、死因のデータが非常に良くなる、あるいは良くなり始めるのです。19世紀は結核が主要な死因でした。結核が解決されると、他の感染症が主要な死因となり、近代化された社会では結核による死亡はなくなり、心臓血管疾患と癌がその座を引き継ぎました。

最初は心血管疾患とガンが多かったのです。しかし、この2つの病気が代わってからの傾向として、救急治療室での心臓発作の治療がだんだんうまくなってきています。そして、人々がより長く生きるようになるにつれて、心臓病による死亡をなくすことができるようになり、がんによる死亡を減らすことができるようになりました。しかし、データサイエンスや診断も進歩し、死因を特定できるようになりました。

私が、産業革命の影響を最終的に解消することが本質的なことだと言う理由は、聖書をさかのぼると、詩篇に「人の年は三百歳と十歳、すなわち力の点数による」と書かれているからです。1700年代、1800年代のヨーロッパでは、乳幼児死亡率が75%という都市もありました。

狩猟採集時代、つまり聖書の時代より前の農耕時代までさかのぼると、人類はもっと分散して暮らしていました。そのため、感染症はそれほど蔓延していませんでした。感染症は普遍的なものではありませんでした。狩猟採集時代には、1700年代や1800年代ほど感染症は蔓延していませんでした。

農耕によってまず動物が家畜化され、人獣共通感染症が動物から人間に感染するようになりました。そして、農業が盛んになると、都市部では人口密度が高くなり、人間同士が感染症を蔓延させるようになったのです。しかし、産業革命が起こるまでは、何も見えていませんでした。人口密度が高まり、人が密集するようになったのです。ウイスキー蒸留所の廃棄飼料を与えられた牛から搾った膿だらけの牛乳を、冷蔵もせずに運んできて、1週間も冷蔵せずに暑い窓辺に置いていたのです。

当時を振り返ってみると、人々は野菜が乳児死亡率の主な原因ではないかと考えていたのです。なぜ野菜が乳幼児死亡の主な原因なのかと?なぜなら、夏には乳幼児の死亡率が4倍から5倍も高かったからです。夏に人々が食べていたのは野菜?夏場は気温が高く、牛乳の沸騰が早かったんです。ウイスキー蒸留所の廃液を飲ませた牛が乳房炎を起こし、牛乳に病原性細菌を混入させた結果、牛乳に含まれる膿が感染力を持って増殖し、その牛乳を飲んだ人々を死に至らしめたのです。

そこで私たちは牛乳を浄化しました。抗生物質や、これから説明するあらゆる種類のものを開発しました。しかし、その高い死亡率は自然なものではありませんでした。そして、テクノロジーの発達により、座りっぱなしの社会へと移行し、嗜好性の高い食品が開発され、肥満になりやすくなり、栄養価の高い食品から栄養価の低い食品へと移行しやすくなりました。

その結果、感染症がなくなり、心血管疾患やがんが出現したのです。そして今ようやく、こうしたプロセスの影響を克服して、より多様な原因で亡くなる人がほとんどいなくなるような、普遍的な長寿につながり始めているのです。さて、スクリーンに映し出されたのは、栄養の重要性です。しかし、19世紀に結核を駆逐したとき、私たちは1900年から1945年にかけて栄養学によってそれを成し遂げました。

第二次世界大戦後は抗生物質に移行し、栄養学は忘れ去られました。そしてワクチンに移行しました。そしてさらに栄養を忘れました。その結果、私たちの栄養状態が悪くなってしまったのです。これからお見せするのは、私たちが栄養学に集中し、栄養学に集中し続ければ、結核や感染症を取り除くのに役立った栄養学は、心血管疾患やがんが現在のような大殺害者になるのを防いだということです。

そうすれば、自然な長寿の根本的な原因を多様化させることができたはずです。これは19世紀半ばのロイヤル・ブロンプトン病院のデータで、結核の治療薬としてタラ肝油が導入される前と後のスライドです。赤がタラ肝油導入前、緑がタラ肝油導入後です。

緑はタラ肝油を治療薬として使用した後です。しかし、本当に重要なのは、左側では、悪化したり死亡したりした人の数が44%減少していることです。これは予防として一般の人々にタラ肝油を投与しているのではありません。死に瀕して入院している人々にタラ肝油を投与しているのです。

その結果、病状が悪化したり死亡したりする人が激減し、完全に快方に向かう人が激増したのです。さて、1920年代、特に1930年代には、タラ肝油が感染症を予防できるという臨床試験が数多く行われました。ここでご紹介するのはそのうちのほんの一握りです。

これはタラ肝油が風邪の罹患率を減少させたというデータです。これは、タラ肝油が風邪のために仕事を休む時間を半分に減らしたという同じ研究のデータです。そしてこれは、コレラが麻疹の死亡率を半減させたという研究データです。データを拡大してみると、その違いがよくわかります。

また、ビタミンAが麻疹の発症率を低下させ、褥瘡の発症率や死亡率を低下させたというデータもあります。そのため、ビタミンAは抗感染性ビタミンとして知られるようになり、一般的な感染症による罹患率や死亡率を減少させる手段として、タラ肝油が大量に消費されるようになったのです。

例えば、これは当時のタラ肝油の広告ですが、百日咳、はしか、おたふくかぜ、水疱瘡、猩紅熱は、多くの母親が思っている以上に害が大きいかもしれません。では、どうすればよいのでしょうか。タラ肝油を飲ませれば、子供がこれらの病気にかかることはあっても、死んだり、傷ついたりすることはないのです。そして、このルールはこれらの病気を軽度の、ほとんど些細な感染症に減らすことができます。

クリス・マスタージョン 26:42

タラ肝油の輸入量を見ると、1920年代から第二次世界大戦が始まるまでの間に、約200万ポンドから5,000万ポンドへと25倍に増加しました。そして第二次世界大戦で輸入が途絶えました。輸入量はほぼゼロになり、その後デッドキャットバウンスで減少しました。

第二次世界大戦後に何が起こったかというと、抗生物質が入ってきたのです。第二次世界大戦後に起こったことは、抗生物質が入ってきたときです。

しかし、科学は、ある世代が死ぬと次の世代に引き継がれ、進化するということわざのようなものでしょうか?まあ、これはその概念の否定的な実装ですよね?最初に抗生物質を経験した人たちは、まだタラ肝油のことを覚えていました。しかし、抗生物質が普及し、人々が子供たちにもっと簡単なことをしたがるようになると、タラ肝油のことはあまり考えなくなりました。

そして、タラ肝油は歴史から忘れ去られ、1960年代には、もちろんワクチンが主流になりました。抗生物質とワクチンが主流となり、タラ肝油はその座を追われたのです。そして、抗生物質とワクチンによって栄養学が人々の頭から消え去った後、ビタミンAとビタミンDの摂取量が激減したのです。

ビタミンAやビタミンDのことを誰も知らなかったとか、栄養学者がビタミンAやビタミンDの知識を広めていなかったとか、教科書に載っていなかったとか、学校で教えられていなかったということではありません。しかし、摂取量は大幅に減少しました。

なぜなら、こういった一般的な感染症による死傷から子供を守るために、ビタミンAとビタミンDを十分に摂取すべきだということが強調されなかったからです。歴史的な傾向を見てみると、結核による死亡率が低下し始めたころにワクチン接種が導入された英国では、ビタミンAとビタミンDの摂取量が大幅に減少していることがわかります。

コレラが治療薬として使用され始めたのは、その減少の始まりの頃です。しかし、このグラフは、治療法として一般的なルールが使われ始めたのが減少の始まりであり、脂溶性ビタミンの同定が行われたのが、抗感染薬としてのビタミンAの減少の最中であったこと、そのためザル油の摂取量が劇的に増加し、さらに減少に拍車がかかったことと一致しています。化学療法が始まったのはその後です。

アメリカでは結核の予防接種が導入されることはありませんでしたが、それでも結核は撲滅されました。1800年代には、麻疹の治療に鎖骨を使ったというデータはありませんでしたが、脂溶性ビタミンが発見されたときから、麻疹の死亡率の低下と歴史的な減少が始まったのです。

ビタミンAは抗感染作用があり、基本的には麻疹の死亡率がほとんどなくなった頃に予防接種が開始されます。麻疹の罹患率のグラフを見ると、罹患率は高いままです。つまり、脂溶性ビタミンが麻疹の罹患率や死亡率を減少させると宣伝されたとき、麻疹はほとんど致命的でない病気になり、その後ワクチンが登場し、タラ肝油のビタミンAがほとんど致命的でない病気にしていた罹患率を一掃したということです。

つまり、1945年までさかのぼると、栄養が結核やその他の感染症を駆逐したため、心血管疾患とガンが主流になったということになります。では、タラ肝油のような、感染症対策に使われていた低いぶら下がり果実が、心血管疾患やがんに役立ったかどうかを見てみましょう。

CDCによると、米国における主な死因を見ると、心臓血管疾患、腎臓疾患、がんがトップで、次に呼吸器感染症、糖尿病、肝臓疾患、腎臓疾患、事故、アルツハイマー病と続きます。外的外傷や事故を除けば、これらの死因すべてに対して、この低いぶら下がった果実がいかに重要であったかをお見せしたいと思います。

ビタミンが実際にどのような働きをするのか見てみると、主な働きのひとつは、細胞の正しいアイデンティティを維持するのを助けることで、これは細胞分化と呼ばれるプロセスです。これは細胞分化と呼ばれるプロセスで、病原体に対する免疫、自己免疫の予防、がんの予防に役立ちます。

なぜでしょう?免疫システムは、病気になると緊急骨髄造血と呼ばれる免疫細胞の大量増加を起こします。骨髄では、免疫に重要な血液細胞の生産が100倍に増加します。もしこれらのビタミンがなければ、緊急時にこれらの細胞を分化させることはできません。

ビタミンAとDは、免疫システムが適切な標的を攻撃できるように、細胞を分化させる働きもします。つまり、自己ではなく病原体を攻撃したり、がんを攻撃したりするのです。しかし、この細胞の分化に加えて、ビタミンDを使うことは、そもそも細胞ががん化しないためにも非常に重要です。

つまり、癌の場合、癌の発生を予防する因子と、免疫系を刺激して正しいものを攻撃させる因子の両方があるのです。心血管系疾患と腎臓病には軟部組織の石灰化という共通点があり、ビタミンA、D、Kは軟部組織の石灰化を予防する働きがあります。

心血管系リスクの別の要素に目を向けると、リポ蛋白質に対する酸化的損傷があります。これは、多くの人が高コレステロール血症や低脂質高リポ蛋白血症、あるいはAPB上昇と呼んでいるものに対して、より微妙な見方をしたものです。肥満や低体重、ストレス、炎症などの要因によって、甲状腺ホルモンの活性が低下し、代謝率がコントロールされ、LDLレセプターがリポ蛋白を取り込む速度がコントロールされます。

リポ蛋白が血液中に長く留まりすぎると、損傷を受ける可能性があるのです。もう一つの要因は、微量栄養素の不足です。甲状腺の微量栄養素は鉄タンパク質、ヨウ素、セレンです。また、右の図のような抗酸化栄養素もあります。しかし、肥満や低体重でストレスがあり、炎症があると、甲状腺の活動が低下し、甲状腺特有の栄養素が不足すると、さらに低下します。

抗酸化栄養素は甲状腺にとって重要ですが、リポ蛋白の酸化を防ぐためにも重要です。ですから、甲状腺の活動が低下していると、リポ蛋白の代謝が遅くなり、血液中で過ごす時間が長くなり、血管内で傷つきやすくなり、抗酸化栄養素が不足すると、傷つきやすくなります。

抗酸化栄養素はここにリストアップされています。タンパク質、ビタミンC、セレン、亜鉛、銅、鉄、硫黄、マンガンです。そして、代謝の遅いリポタンパク質が増え、傷害のリスクが高まるとどうなるかというと、酸化傷害リポタンパク質が増え、それが心血管疾患の一因となるのです。

糖尿病患者は心臓病で死亡するリスクが高いので、これらと連動しているもう一つの病気は糖尿病で、1型糖尿病は自己免疫疾患と考えることができます。2型糖尿病は、肥満と座りっぱなしの生活、そして抗酸化栄養素の欠乏、エネルギー代謝、栄養素の欠乏が主な危険因子です。

エネルギー代謝微量栄養素とは、ビタミンB群、ナトリウム、カリウム、カルシウム、炭酸水素マグネシウム、リン酸塩、鉄、銅、モリブデン、硫黄などの電解質です。これらの組み合わせがあると、2型糖尿病になりやすいのです。脂肪肝は、内臓脂肪、食事性脂肪、糖分、アルコールなどが脂肪の蓄積にプラスに働くことで発症します。

しかし、一般的に言えば、誰でも太りすぎれば、必ず内臓脂肪が増えます。というのも、内臓腹部脂肪は直接肝臓に入る門脈に入るので、肝臓に入ると自動的に100%肝臓の脂肪になり、食事性脂肪よりも脂肪の排出に大きな負担がかかるからです。同様に、内臓脂肪は砂糖やアルコールよりも肝臓で脂肪の合成に寄与する可能性があります。

クリス・マスタージョン 36:28

砂糖、アルコールの場合は、主に肝臓の酸化的損傷を通して脂肪肝の一因となるでしょう。しかし、いずれにせよ、これらは肝臓への脂肪蓄積の一因にはなりますが、100%肝脂肪になるわけではありません。このような理由から、内臓腹部脂肪は、脂肪性肝疾患の危険因子としてまず第一に調べたい、最も重要なものなのです。

これは疫学的にも裏付けられています。脂肪性肝疾患を患う人の大多数は太りすぎです。そして、脂肪分子であるトリグリセリドを肝臓から運び出すリポタンパク質の膜を作るのに必要なホスファチジルコリンを作るのに必要なコリンが不足しています。

抗酸化栄養素は、肝臓内でARBが酸化的な損傷を受けないように保護するために非常に重要です。つまり、危険因子が多すぎて、防御因子が足りないと、脂肪肝になるのです。高血圧は食生活の観点からは、塩分とカリウムの比率に大きく影響されます。

その他の危険因子としては、ストレス、アルコール、座りっぱなしのエノスなどがあります。アルツハイマー病については、右下に引用した論文の図があります。左側にある、予防可能であると考えられているポジティブな危険因子が、重要なドライバーであることを心に留めておいていただきたいのですが、アルツハイマー病の予防に役立つ修正可能な危険因子は、2型糖尿病、血圧、脂質異常症、中年期、肥満、心血管疾患です。

これらの危険因子の多くは、先ほどお話しした他の危険因子と同じものであり、アルツハイマー病は、これらの修正可能な危険因子の集合の、単なる別の現れなのです。ここに戻って、私が言いたい重要な点は、医療モデルはある面では良いことよりも悪いことの方が多かったということです。

ですから、このスライド全体における2つの最大の功績は、ウイスキー蒸留所の廃止と、膿に満たされた未冷蔵牛乳です。そしてもうひとつは、心臓発作の緊急治療です。もし1945年以降の現代において、それ以前に感染症による死亡をなくすために行っていたのと同じ栄養療法を行っていれば、心血管疾患やがんの負担が減り、糖尿病や脂肪肝、腎臓病などの負担が減り、アメリカのCDCによると、主要な死因のすべての負担が減り、多様な死因が自然に、適切な年齢で起こるようになったはずです。そうすれば、死因がより特異的であるため、より多様であることに気づくでしょう。

アメリカ人ではなく、中程度の技術で中程度の近代化を遂げたアメリカ人の文脈の中で、人類の普遍的な早期死因であったこれらのものを取り除いた後は、長寿のボトルネックとなる個人の特異性を理解することに注意を向けることができると思います。

では、どうすればこの低空飛行の果実を利用できるのでしょうか?さて、1800年代、1800年代半ばから1900年代初頭にかけて、ビタミンAとビタミンDを摂取するために使用されていたタラ肝油が非常に重要であったこれらのビタミンについてお話ししましょう。

これらの動物性ビタミンA供給源はすべて、私たちが必要とする生理的な形のビタミンAであるレチノールを供給しています。ボトルネックとなる長寿を制限する特異性のひとつに、遺伝的に植物性食品からビタミンAへの変換が苦手な人が4分の1ほどいるということがあります。

例えば、菜食主義にこだわるとして、ビタミンAを動物性食品から摂取することができるかどうかで、ビタミンAが長寿のボトルネックになるかどうかが決まります。ビタミンDはタラの肝油から摂取できますが、脂肪分の多い魚や日光からも摂取できます。

これは、ビタミンKを十分に摂取するためのいくつかの方法を示したものです。必要量を見ると、1日に1~200マイクログラムのビタミンKを摂取することが必要で、これは鶏肉6~12オンス、ハードチーズ5~9オンス、ガチョウのレバー1~2オンス、ナード1/3~2/3オンスから摂取できます。

そしてその下には、これらの食品を組み合わせて1日分の摂取量を得るためのさまざまな方法が示されています。これはChris master John phd.com/k Twoで入手できる究極のビタミンK 2リソースへのビタミンKから取られたものです。

私たちはタラ肝油の力を知っていますが、それは2つの重要なビタミンをシンプルに供給することで、過去の感染症の負担を軽減したのです。しかし、私たちは視野を広げる必要があります。というのも、他の多くの病気では、多くの栄養素に多くのルールがあることをお見せした通りだからです。

そこで、これらの食品をすべて許容する限り、あまり深く考えずに栄養を最適化しようとするために、簡単なルールを守りながら、食品から必要なほとんどのビタミンとミネラルを、食品から必要なほとんどの大栄養素を摂取するのに役立つ7つの重要な原則を紹介します。

  • まず第一に、プレーンの1/3をタンパク質で摂りましょう。タンパク質は、肉、鶏肉、魚、貝類、乳製品、卵に分散して摂りましょう。
  • その2、鼻から尻尾まで食べるか、少なくとも週に4~8オンスのレバーとボーンブロスを毎日摂るようにします。
  • その3 皿の3分の1を赤、オレンジ、黄、緑の野菜で占め、濃い緑黄色野菜も積極的に摂りましょう。
  • 4つ目は、乳製品の骨や、ケールやブロッコリーのようなアブラナ科の野菜など、カルシウムを豊富に含む食品を1日に数皿食べることです。
  • そして5つ目は、天然のマルチビタミンを作ることです。レバーを1~2オンス、牡蠣やアサリを1~2個、あるいは牡蠣とアサリを1個、強化されていない栄養酵母を大さじ1杯、ピーマンなどのビタミンC源を1個摂れば、必要な栄養素のほとんどを摂ることができます。

今、私が栄養学に注目しているのは、丸みのある栄養密度の高い食事と健康的な体組成を維持することです。このリストにある他のことは、私が長寿に貢献すると信じていることで、エビデンスがたくさんあるものもあれば、推測の域を出ないものもあります。

健康的な運動パターンを持ち、屋外でたくさん時間を過ごすアクティブなライフスタイルを送ることについては、多くのエビデンスがあります。朝は屋外で日光を浴び、夜は人工的な光を避けること。推測の域を出ませんが、火にあたることも重要です。

これは、我々は太陽の光の赤外線スペクトルを締結する過去にさらされることになる赤色光のための外国人の自然な源であり、彼女の素肌が地球に触れてみましょう。それはあなたのために良いといういくつかの証拠。長寿とまではいきませんが、自然がもたらす暑さと寒さの移り変わりを経験することは、とても理にかなっていると思います。

社会的なつながりやストレスマネジメントの核心に触れ、特にストレスの多い人は、過剰な毒素にさらされないように気をつけましょう。さて、これは簡単なことです。

その2は、栄養状態を最適化することです。これはエラーから身を守るのに役立ちます。例えば、自分はこういうものを食べているつもりでも、測ってみたら実はそうではなかったというようなことから身を守ることができます。

というのも、データベースでは、ある食品はその栄養素よりも高いということになっていても、土壌によってその数値が違っている可能性があるからです。そして3つ目、これはあなた自身のボトルネックを理解するための軌道をスタートさせるのに役立ちます。

リボフラビンをたくさん摂っていても、血中リボフラビン濃度が低かったり、リボフラビンが不足しているマーカーの濃度が高かったりします。

クロノメーターは、フィットネスパルよりも人気がないアプリですが、微量栄養素を記録するのに適しています。例えば、大栄養素であるタンパク質、脂質、炭水化物の基本的な摂取量を把握することができます。タンパク質は肉、魚、乳製品、卵、そしてある程度は卵から。

炭水化物は、穀類、塊茎類、豆類、果物、でんぷん質の多い野菜から。ビタミンB群は一般的にレバーと栄養酵母に多く含まれています。レバーだけでなく、心臓、腎臓、アーモンドにも多く含まれます。ビオチンとコリンはレバーと卵黄に多く含まれていますが、栄養酵母にはあまり含まれていません。

ビタミンAとDは、タラの肝油からです。ビタミンAは陸上の肝臓にも含まれ、ビタミンDは脂ののった魚にも含まれます。ビタミンCは牧歌的なアムラから、特に欧米のスーパーではパプリカから、ビタミンEはレッドパームオイルから、ビタミンK1は濃い緑黄色野菜から、ビタミンK2は灘やガチョウの肝臓から。

最も重要である2つの必須脂肪酸 肝臓や卵黄からオメガ6アラキドン酸 魚やタラの肝油からオメガ3DHA、肝臓から銅 スピルリナやココアから亜鉛 牡蠣からヨウ素、別の海藻、海藻、アサリから鉄、ムール貝からマンガン、肝臓やラグーンからモリブデン、ブラジルナッツよりも信頼性の高いオレゴン肉からセレン、ブラジルは、彼らが非常に高いが、彼らはまた、非常に変化していることが問題であることを知っています。

オレゴン産の肉は2倍から5倍、ブラジル産のナッツは20倍です。ブラジルのナッツは、セレンが1つのレベルだと思っていたら、全く違うレベルで毒性があったり、足りなかったりすることがあるのです。また、セレンは食品によって大きく異なるため、血漿中のセレンを測定する必要があります。

いくつかの栄養素は、食品のカテゴリーから大量に必要とされますが、特定のスーパーフード・ナトリウムはありません。加工食品を食べていなければ、ナトリウムのほとんどは添加塩から摂取しているはずです。カリウムは、動物性食品の赤身の部分に含まれ、肉汁を消費します。

スキムミルクや卵白を推奨するわけではありませんが、牛乳や卵白の赤身の部分にカリウムが含まれています。完全脂肪食や高脂肪食を摂るときは、カリウムを摂ることに重点を置く必要があります他の食品、塊茎、ラグーン、果物や野菜は、高脂肪食を丸めるのに最適な方法です。

しかし、少なくとも野菜や果物、低炭水化物野菜や果物は、高脂肪食を補うのに最適です。マグネシウムは動物性食品から摂取することもできますが、精製されていない植物性食品から摂取する方がとても簡単です。あなたのクロノメーターで調べてみてください。

私は、栄養素の産地に関する知識を駆使して、クリスが勧めるような低栄養価のものを中心に、かなり良い食生活を送っていますが、毎日、低栄養価のものや便利なツールを紹介しています。例えば、ある日カリウムが緑色ではなかったのですが、それほど低くなかったのですが、カリウムをクリックすると、どこで摂取しているかを教えてくれます。

マカダミアナッツを増やしたらどうなりますか?その日付を翌日にコピーすることができます。マカダミアナッツを増やしたらどうなるかな?カリウムは欲しい値まで上がります。でも、カロリーが高いので太ります。

いいですか?マカダミアナッツを減らして、トマトを増やしたらどうなりますか?すべての面で完璧です。この機能は、追跡している食事がかなり良いものであれば、その周辺を最適化するのに役立ちます。さらに一歩進んで、栄養マーカーをテストしてみましょう。これについては、Chris master John phd.substack.comに完全なガイドがあります。

メニューのebooksをクリックし、testing nutritional status the ultimate cheat sheetに進んでください。これは、徴候や症状、食事分析、臨床検査を用いて栄養状態を管理するための私の包括的なシステムです。

最後にすることは、自分自身のスーパーアンロックを見つけることです。この核となるテーゼは、私たち一人ひとりの遺伝学的な変異は1~6個であり、それは他の1400万個よりも100倍から1000倍も重要であり、私たちの長寿に独自の制限を与えるというものです。

このことを示す完璧な例は、ヘテロ接合性家族性高コレステロール血症の場合です。私たちがこのことを理解している唯一の理由は、心臓病が主要な殺人者であり、何十年もそうであったからです。ですから私たちは、何が心臓病のリスクに影響するかを理解するために何十年も費やしてきたのです。

だからこそ、長寿のボトルネックとなるこのたった一つの代謝異常について、私たちは多くのことを知っているのです。私の本論では、ヘテロ接合体、いわゆる保因者の状態で、長寿の限界ボトルネックに類似した、非常にユニークなものをもたらすと信じている代謝異常は他にも何百とありますが、あまり研究されていません。

ですから、ヘテロ接合体が長寿にどのような影響を与えるかを示すデータはありません。しかし、ヘテロ接合性家族性高コレステロール血症ではこのようになります。これはヘテロ接合性家族性高コレステロール血症の人たちを調べたもので、その中には真ん中に示したような中程度の変異を持つ人もいれば、通常の変異を持つ人もいます。

そして、彼らはこの下に示されており、上はその罹患していない親族です。未発症の親族は、遺伝的にはほとんど似ていますが、この突然変異を共有していません。そして、これは他の遺伝子をコントロールするものです。一般的に、心臓病は40歳代、10歳代に少しずつ現れ始め、60歳を過ぎると心臓病で亡くなる人が増えてきます。

60歳から80歳になると、心臓病が多くなります。そして80歳になると、心臓病で亡くなる人が30%前後と非常に多くなります。ヘテロ接合型家族性高コレステロール血症では、30歳になる前に死亡する人が出始めます。そして30代後半になると、さらに多くの人が亡くなり始め、40代、50代になると、心臓病で亡くなる人がたくさん出てきます。

それから80歳まで心臓病で亡くなる人が続きます。しかし、罹患していない親族と、完全なヘテロ接合型家族性高コレステロール血症の人との間のギャップを見ると、そのギャップは40代後半から50代にかけて最も大きくなります。そして、80歳に近づくにつれて、その差は縮まっていきます。

年を取れば誰でも心臓病で死に始めますから。がんでも死にますが、一般の人も心臓病で死にます。それでどうするんですか?心臓病が主要な死因である一般集団の観点から見ると、異数接合体は心臓病を30年前倒ししているのです。異型接合体は、心臓病を30年前倒しすることで、これらの人々の長寿のボトルネックになっているのです。

しかし、ホモ接合体を持つ乳幼児が、生後18ヶ月の乳児期に心臓発作で死亡する可能性があるという観点から見れば、ホモ接合体が行っていることは、その病気を時間的に遠ざけることであり、心臓病と言うことなのです。乳幼児期ではありません。しかし、私たちは20代後半から30代にかけて、そのリスクが本当に意味を持ち始めるのは30代から40代になると考えています。

クリス・マスタージョン 55:31

ですから、長寿という観点から見れば、ヘテロ接合性の遺伝的代謝異常は、その潜在的な最大効果において、30年か40年、時間を前倒しすることになるのです。また、ホモ接合体の病気の観点から見ると、幼児期から人生の半ばまで死を押し進めることになります。

いずれにせよ、この病気はあなたの長寿を制限するボトルネックになっているのです。乳児を死に至らしめる可能性のある他のどんな病気でも、その半分をとってしまえば、それもまたあなたの長寿を制限するボトルネックになってしまうのです。

まったく同じ理由で、心臓病のような主要な殺人者ではなく、非常に多様な原因によるものなのです。ですから、何百種類もの代謝異常が長寿に及ぼす影響については、まだ研究されていないのです。ここで、ヘテロ接合性家族性高コレステロール血症の人がなぜ心臓病で亡くなるのではないのか、ということに注目してください。

LDLレセプターはダイナミンと呼ばれるタンパク質を介してLDLを細胞内に取り込むのですが、ダイナミンはGTPをエネルギー源とし、ミトコンドリアと呼吸鎖で作られるATPをエネルギー源とします。ミトコンドリアが食物のエネルギーをATPに変換して作ったATPエネルギーがなければ、LDLレセプターを細胞内に取り込むことができません。

このことは、ATPを作る問題が、ヘテロ接合型家族性高コレステロール血症のような代謝異常とどのように相互作用するかを示しています。ATP産生の欠乏は、微量栄養素の欠乏の前に述べたようなエネルギー代謝の栄養素の欠乏である可能性もありますし、ATP産生を損なう何百もの代謝異常である可能性もあります。

ですから最終的には、エネルギー代謝を最大限に改善するには、まれな遺伝的ボトルネックを中心に栄養を最適化する必要があるのです。ビタミンB群、電解質、鉄、銅、硫黄、モリブデンなどの単純な欠乏が関与している可能性があります。ATPと関連燃料分子の可用性を傷つけるためにエネルギー代謝における栄養学的にアクション可能な遺伝的障害が約750あり、一人当たり1〜6の分布です。

このヘテロ接合体の代謝異常は、私たち誰もがいくつか持っているものです。長寿、心血管疾患、最適なビタミンCの状態でないものが、複雑な1つの呼吸鎖の障害と組み合わさることで、複雑な1つの問題を解決するために、低炭水化物食、グルタミン、コハク酸をサプリメントとして摂取する必要があるのです。

つまり、ビタミンCは野菜や果物が豊富な食事で摂取するのがベストで、炭水化物を制限する必要はないという例です、 癌、欠陥と高知10合成と最適以下のビタミンAの摂取量は、ビタミンAを活性化するために必要なエネルギッシュな代謝を作成するために必要であるかもしれない非常に高い量であるクッキーの時間の一日あたり3000ミリグラムまでのユニークな必要性を提供します。

高知県欠乏症のために呼吸鎖に問題があり、ビタミンAの摂取量も少ない場合、呼吸鎖の問題はビタミンAの活性化を阻害し、ビタミンAの摂取量の減少をさらに悪化させます。その結果、がんリスクはさらに悪化します。糖尿病、太りすぎは一般的な危険因子ですが、稀な危険因子としてピルビン酸脱水素酵素欠乏症があります。

ですから、誰もがやらなければならないことであり、時間やサプリメントの摂取など、その人らしいことをしなければならないのです。アルツハイマー病は、女性の老年期と地位のためのAPが主な要因であることがわかっています。しかし今、私たちはまた、かつて私が持っていた睡眠を損なうグルタチオン合成の欠陥を持っています。

私は現在、重度の睡眠障害を持つクライアントを抱えています。彼はまた、グルタチオンの合成に遺伝的欠陥があり、硫黄のためにサプリメントでグルタチオンを摂取することができない重度のマイクロバイオームの問題を抱えています。マイクロバイオームの問題がない他の人なら、グルタチオンの経口サプリメントを使うこともできたでしょう。

しかし、重要なのは、アルツハイマー病の危険因子である睡眠が、老年期のApoEの状態や女性の状態と相互作用して、その人独自の睡眠のボトルネックが何であれ、それを解決する必要があるということです。これらはすべて、共通の危険因子があることを示す例です。

このような1~6個のボトルネックに基づく非常にユニークな危険因子が、各人に組み合わされているのです。ATPや関連する燃料分子の利用可能性を損なう、栄養学的に対処可能な遺伝的障害とエネルギー代謝は750もあります。先ほど、一人当たり1~6個と言いましたが、それが何なのかを突き止める必要があります。

しかし、私はあなたが自宅で追跡することができ、あなた自身を正しい方向に向けるためにいくつかのDIYの方法を与えたいと思います。代謝のボトルネックが限られていることから予測できることは、そのボトルネックの最適化から遠ざかると、適切な体組成を維持することが難しくなるということです。

ですから、体重やウエスト周囲径を測定すれば、正常な体組成を維持しやすくなるような方法を試すことができます。体重を減らせと言っているのではありません。最適な体組成をより簡単に達成するために、食事を変えて実験してみようということです。

先ほどお話ししたように、食生活を記録したり、主観的な健康スコアを作ったり、睡眠を記録したり、睡眠は健康スコアの一部かもしれません。あるいは、あなたが達成しようとしている何かの指標になるかもしれません。例えば、仕事中に集中力を維持できる時間の長さは、ポジティブなことかもしれません。

あるいは、手がヒリヒリするのはネガティブなことかもしれませんし、自分の健康について重要なことがあれば、それについて定量的なスコアを作成し、自分自身をランク付けし、必要であれば作成し、多くのことを追跡しているのであれば、集計スコアを作成し、時間の経過とともに健康状態がどのように上下するかを追跡できるような簡単な数値を作成します。

これらは非常に強力なマーカーです。私の経験では、健康問題を解決しようとしている多くの人は、運動後ではなく、朝起きたときの乳酸値測定が最も効果的です。乳酸値は?これらの分子、ケトン体、乳酸塩は、グルコースの文脈を説明します。グルコースとケトン体では、炭水化物を燃やしているのか、それとも脂肪を燃やしているのかがわかります。乳酸塩は、グルコースで何をしているかを教えてくれます。

酸化的リン酸化に代謝しているのか?それとも、代謝のバックアップとして乳酸に変換しているのでしょうか?グルコースをコンテキストに当てはめると、さらに多くのことがわかります。スーパーアンロックに近づくためのDIYとして、自宅でできることの1つは、マクロとミクロを1つずつずらしながら、主観的測定と客観的測定の組み合わせで、それぞれのことが痛いのか、痛いのか、助かるのかを判断することです。

例えば、乳酸値が上がった、睡眠が浅くなった、今日は体調が悪い。客観的な測定と主観的な測定の組み合わせが一致すれば、自分のしていることが自分を傷つけている可能性があることがわかります。しかし、これを適切に行うには、1つずつテストする必要があります。

総合的なゲノム・生化学検査を使って、精密に自分の健康の鍵を見つける方法については、もっと詳しく書いています。20年にわたる研究と20,000の遺伝子検査を経て、私はどうやって自分の健康のスーパーアンロックを見つけたか、という記事もあります。

クリス・マスター・ジョンphd.substack.comでその記事をご覧ください。ビデオでもご覧いただけます。それだけで1時間以上のトピックになります。そして、もしあなたが本当に次のレベルに行きたいのであれば、この記事とビデオをチェックしてください。

タイトルとURLをコピーしました