2023-08

デジタル社会・監視社会

狙われる私たち:政府はいかにして監視を武器に批判者を黙らせるのか?
We the Targeted: How the Government Weaponizes Surveillance to Silence Its Critics

We the Targeted: How the Government Weaponizes Surveillance to Silence Its Critics 「ひとたび政府が反対派の声を封じ込めるという原則に傾倒すれば、その行きつく先はただひとつ、ますます抑圧的な手段に走
ジェームズ・コルベット

福島への具体的な(コンクリート)解決策 – #SolutionsWatch
A Concrete Solution for Fukushima - #SolutionsWatch

A Concrete Solution for Fukushima - #SolutionsWatch 先週、東京電力は日本政府と共同で、放射性物質を含む福島の廃水を太平洋に投棄し始めました。本日は、ハワイ大学マノア校ケワロ海洋研究所所長兼教授のロバート・H・リッチモンド博士をお
ワクチン 人口管理・生殖

衝撃的なFOIA(情報公開法)の結果:mRNAワクチンの安全性について母親たちに嘘をつくよう産婦人科医を買収するために1100万ドル
Shocking FOIA Results: $11 Million to Bribe OB-GYNs to Lie to Moms About Safety of MRNA-Vaccines

Shocking FOIA Results: $11 Million to Bribe OB-GYNs to Lie to Moms About Safety of MRNA-Vaccines 死の契約 私の人生で最も衝撃的なインタビュー--ジェームズ・スコープ医師との対談:HH
ライム病

書籍:『BITTEN / 噛まれる』ライム病と生物兵器の秘史 2020
Bitten: The Secret History of Lyme Disease and Biological Weapons

Bitten: The Secret History of Lyme Disease and Biological Weapons 献辞 夫のポールへ 米国国立衛生研究所(NIH)、国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)、ロッキーマウンテン研究所、ゲイリー・ヘトリック氏提供
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

生物兵器事故の隠蔽戦略: ライム病集団感染の事例研究|クリス・ニュービー
Coverup strategies for bioweapons accidents: A case study on the Lyme disease outbreak | Kris Newby

!function(r,u,m,b,l,e){r._Rumble=b,r||(r=function(){(r._=r._||._.length==1){l=u.createElement(m),e=u.getElementsByTagName(m),l.async=1,l.src
不確実性、不確定性、ランダム性

不確実性に直面した環境意思決定
不確実性の下での意思決定に関する委員会、集団の健康と公衆衛生実践に関する委員会、医学研究所

Environmental Decisions in the Face of Uncertainty 概要 米国環境保護庁(EPA)は、人の健康および環境に対する重大なリスクから米国人を保護する責任を負う、複数の連邦機関のひとつである。その使命の一環として、EPA は、人の健康お
SARS-CoV2 治療標的・分子経路

米医学誌に初掲載のスパイク解毒プロトコル:SARS-CoV-2ベーススパイクプロテインのCOVID-19後およびワクチン後における解毒の臨床的根拠
Clinical Rationale for SARS-CoV-2 Base Spike Protein Detoxification in Post COVID-19 and Vaccine

Clinical Rationale for SARS-CoV-2 Base Spike Protein Detoxification in Post COVID-19 and Vaccine Peter A. McCullough, M.D., M.P.H. Brian C.
フェンベンダゾール

がん治療への統合的アプローチ
Integrative Approaches to the Treatment of Cancer

Integrative Approaches to the Treatment of Cancer オンライン公開 2022年11月30日. PMCID:PMC9740147 PMID:36497414 要旨 簡単なまとめ がん患者のかなりの割合が補完医療を利用している。ストレス
世界保健機関(WHO)・パンデミック条約

予防原則:公衆衛生、環境、そして子供たちの未来を守る WHO
The precautionary principle: protecting public health, the environment and the future of our children

The precautionary principle: protecting public health, the environment and the future of our children 編集 マルコ・マルトゥッツィ、ジョエル・A・ティックナー キーワード リスク
情報戦・心理戦・第5世代戦争・神経兵器・オムニウォー

脳科学は実験室から戦場へ: 神経兵器の現実とリスク|CGSRセミナー ジェームズ・ジョルダーノ
Brain Science from Bench to Battlefield: The Realities – and Risks – of Neuroweapons | CGSR Seminar

Brain Science from Bench to Battlefield: The Realities – and Risks – of Neuroweapons | CGSR Seminar 105,459 回視聴 2017/08/30 ローレンス・リバモア国立研究所のグ
AI(倫理・アライメント・リスク)

人工超知能の心理学
The Psychology of Artificial Superintelligence

The Psychology of Artificial Superintelligence ヨアヒム・ディーデリッヒ 認知システムモノグラフス リュディガー・ディルマンカールスルーエ大学(ドイツ、カールスルーエ 中村慶彦東京大学大学院情報理工学系研究科機械情報学専攻 Stefa
ピーター・マカロー

火災の概念:ラハイナ火災を解釈するための基本原則と定義
Fire Concepts Basic principles and definitions for interpreting the Lahaina Fire.

Fire Concepts: Basic principles and definitions for interpreting the Lahaina Fire. ジョン・リーク 2023/08/26 ラハイナの燃料と風の条件では、アルミニウムのエンジンブロックやホイールを溶か
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

心の軍事化: 究極の戦場における武器の評価(2019)
Militarising the Mind: Assessing the Weapons of the Ultimate Battlefield

Militarising the Mind: Assessing the Weapons of the Ultimate Battlefield ロバート・C・ブルーナー1 - フィリッパ・レンツォス1,2 要旨 行動神経科学の進歩により、人間の行動や認知を支えるメカニズムが解明
ロシア、プーチン

日本とロシアの政治:正反対か、それとも共通点があるのか?
JAPANESE AND RUSSIAN POLITICS

JAPANESE AND RUSSIAN POLITICS 今日のアジア 1820年以前、アジアは世界の国内総生産の半分以上を生み出していた。それ以来、アジアは衰退と衰退の時代を経てきた。今日、アジアは大きな変革の最中にあり、2035年には世界の国内総生産の2分の1以上を占めるよ
化学毒素

幼少期のフッ素暴露が後年の疾病の根本原因となる可能性
Fluoride Exposure in Early Life as the Possible Root Cause of Disease In Later Life

Fluoride Exposure in Early Life as the Possible Root Cause of Disease In Later Life 中本哲夫 */ H・ラルフ・ロウズ**(英語) 概要 フッ化物は、20世紀におけるう蝕予防のための最も有名な成分
トリチウム

レビュー トリチウム:その関連性、発生源、非ヒト生物相への影響
Tritium: Its relevance, sources and impacts on non-human biota

Tritium: Its relevance, sources and impacts on non-human biota ハイライト トリチウム(3H)の排出量は、原子力プロセスの拡大により、さらに増加する可能性がある。 3Hは環境と生物学的システムに速やかに統合される。 非
トリチウム

トリチウムが引き起こす健康への影響:科学的に裏付けられた証拠に基づき、国民の理解を得るには?
Health effects triggered by tritium: how do we get public understanding based on scientifically supported evidence?

Health effects triggered by tritium: how do we get public understanding based on scientifically supported evidence? J Radiat Res.2021 Jul; 6
世界保健機関(WHO)・パンデミック条約

WHOのパンデミック条約は人為的パンデミックを増加させる
The WHO’s Pandemic Treaty Will Increase Man-Made Pandemics

WHO条約に関するBrownstone版をすでに読んだ人は、これを読まないでほしい。1,000語を追加し、タイトにした ベストバージョン 重要な情報だから、同胞たちの目を覚まさせるために、できる限り良いものにしようと思っている。最後が最も重要な部分だ 注:原文の引用リンクはこの記
マルサス主義、人口管理

13の出産シナリオ
13 Fertility Scenarios

13 Fertility Scenarios ロビン・ハンソン 2023/08/24 世界人口は2050~90年頃にピークを迎え、およそ90~110億人になり~40%がアフリカに住むと予測されている。その後、世界人口は減少するだろう。しかし、いつまで、どこまで減少するのだろうか?
グローバリズム

『グローバル・ポピュレーション』 歴史、地政学、地球上の生命 (コロンビア国際史・グローバル史研究) 2016
Global Population: History, Geopolitics, and Life on Earth (Columbia Studies in International and Global History)

Global Population: History, Geopolitics, and Life on Earth (Columbia Studies in International and Global History) アリソン・バッシュフォード 世界人口 コロンビア国際