2020-10-12

断食・食事方法

睡眠と睡眠時間をめぐる不健康な食生活 食べるか断食するか?

Unhealthy eating habits around sleep and sleep duration: To eat or fast? 要旨 伝統的に、「朝食抜き」(BS)や最近では深夜に夕食を摂る(LNDE)は、肥満や2型糖尿病などの心血管疾患の素因となる可能性があるため、公衆衛生上の注目を集めている。 興味...
パンデミック・ポストコロナ

継続的なロックダウンは、コービッドを制御するための答えではない

Continual lockdowns are not the answer to bringing Covid under control ベトナムやニュージーランドなどの国は、強固な戦略のために開き直っている。私たちはいつになったら彼らから学ぶのだろうか。 4月、賑わいと活気に満ちたベトナムにカフェやレストランがオープ...
3型(有害金属)

神経細胞におけるメタロチオネイン-3の機能。金属イオンはMT3の発現レベルを変化させるか?

Function of Metallothionein-3 in Neuronal Cells: Do Metal Ions Alter Expression Levels of MT3? 要旨 メタロチオネイン-3(MT3)の機能に影響を与えると考えられる因子の研究を行い、MT3がヒトのメタロニューロ化学において果たす不透明...
オートファジー

神経変性におけるインスリンとオートファジー

Insulin and Autophagy in Neurodegeneration 要旨 代謝性疾患と神経変性疾患の病態生理過程におけるクロストークは、インスリンシグナル伝達とオートファジー障害が両疾患の共通因子であることが示されており、広範な研究が行われてきた。 これらの経路を制御する薬理学的・遺伝学的戦略は、タ...
アミノ酸

認知機能強化剤としてのd-セリンの臨床使用の可能性と課題

Potential and Challenges for the Clinical Use of d-Serine As a Cognitive Enhancer 要旨 ラット脳での発見から25年を経て、d-セリンはNMDA-グルタミン酸受容体への作用を介して、シナプス可塑性と認知過程の調節因子として認識されている。 ...
抗酸化剤

健康と病気のグルタチオンシステムと酸化ストレス

Neurodegenerative Diseases: Potential Effect of Glutathione 要旨 神経変性疾患は、中枢神経系や末梢神経系の神経細胞の機能が徐々に低下し、最終的には神経細胞が死滅することを特徴としている。酸化ストレスは、神経変性過程に関与する重要なメディエーターであり、様々な形態の細胞死を...
アミノ酸

アルツハイマー病における神経保護剤としてのグルタミンの可能性

Glutamine as a Potential Neuroprotectant in Alzheimer’s Disease 略語リスト GlnまたはQ グルタミン 序論 グルタミン(GlnまたはQ)は、血液中に最も豊富に存在するアミノ酸である。健康なヒトでは、筋肉中のグルタミン濃度は約15~20mMであるが、血漿中の濃...
食事・栄養素(免疫)

N-3多価不飽和脂肪酸はCOVID-19に関連する心血管合併症に対する補助療法の可能性を考慮することができるか?

Can N-3 polyunsaturated fatty acids be considered a potential adjuvant therapy for COVID-19-associated cardiovascular complications? 要旨 重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-...