2020-10-13

腸内微生物叢

微生物とモノアミン ディスビオシスの神経精神医学的影響の可能性

Microbes and Monoamines: Potential Neuropsychiatric Consequences of Dysbiosis 進化の観点から見ると、世代を超えて確実に伝達される腸内細菌の遺伝子は、私たち自身の遺伝子とほぼ同じくらい、ヒト生物の一部である。重要な「継承種」の絶滅につながるマイクロバイオ...
中長期的後遺症

非重症COVID-19を有する成人の症状発症2ヵ月後の追跡調査

Follow-up of adults with non-critical COVID-19 two months after symptoms' onset 要旨 目的 非重症COVID-19を有する成人の2ヵ月間の追跡調査中の症状持続の臨床的経過と予測因子を記述すること。 方法 トゥールズ大学病院で2020年3月17日か...
中長期的後遺症

「ロングコービッド」 なぜ回復しない人がいるのか?

'Long Covid': Why are some people not recovering? ほとんどの人にとって、COVID-19は短期間で軽い病気であるが、中には何ヶ月も続く疲労感、持続的な痛み、息苦しさなどの症状に悩まされている人もいる。 「ロング・コービッド」として知られている状態は、人々の生活に衰弱的な影響を与...
オートファジー

オートファジーを標的としたヒト疾患克服のための研究

Targeting Autophagy to Overcome Human Diseases 要旨 オートファジーは進化的に保存されてきた細胞のプロセスであり、ストレスの影響を受けた時に細胞のバランスを正しく維持するために、損傷した小器官や余分なタンパク質を分解する。 オートファジーは、オートファゴソームと呼ばれる二重膜...
ケトジェニック・ダイエット

ケトジェニックダイエットはアルツハイマー病に有望?トランスレーショナルレビュー

Are ketogenic diets promising for Alzheimer’s disease? A translational review 要旨 背景 アルツハイマー病における脳アミロイド沈着や神経原線維のもつれは、ミクログリアの活性化やサイトカイン産生などの複雑な神経炎症反応と関連している。ブドウ糖代謝は神...
断食・食事方法

飢餓状態のヒトの循環メタボローム

The circulating metabolome of human starvation 要旨 ヒトの適応的な飢餓反応は、長期的なカロリー不足時の生存を可能にする。カロリー制限による経路の活性化は長寿を促進する可能性があるが、カロリー過剰の状況では、同じ経路が肥満の原因となる可能性がある。 ここでは、ヒトにおいて10...
断食・食事方法

食事の頻度およびタイミングの人間の健康への影響 断食の役割

The Influence of Meal Frequency and Timing on Health in Humans: The Role of Fasting 要旨 食事の頻度とタイミングが健康と疾病に及ぼす影響は、長年にわたって関心の対象となっている。疫学的証拠は、高い食事頻度と疾患リスクの低下との関連性を示している...