2020-10-25

レシピ

料理医学 慢性疾患の管理と予防を改善するために、より健康的な食事のためのフレームワークを進める

Culinary Medicine: Advancing a Framework for Healthier Eating to Improve Chronic Disease Management and Prevention 概要 米国における慢性疾患の有病率とコストの持続不可能な増加は、人々の日常生活に容易に取り入れるこ...
NAD+

アルツハイマー病におけるサーチュイン SIRT2関連遺伝子型と薬理遺伝学への示唆

Sirtuins in Alzheimer’s Disease: SIRT2-Related GenoPhenotypes and Implications for PharmacoEpiGenetics 要旨 サーチュイン(SIRT1-7)は、クロマチンサイレンシング、細胞周期制御、細胞分化、細胞ストレス応答、代謝、老化に重...
BDNF

神経可塑性のモジュレーターとしての植物 BDNFに注目

Botanicals as Modulators of Neuroplasticity: Focus on BDNF 要旨 脳由来の神経栄養因子(BDNF)が様々な中枢神経系(中枢神経系)疾患に関与していることは、この神経栄養因子が興味深い治療標的となる可能性を示唆している。そのため、BDNFを調節することができる天然由来の新規化合物...
社会的交流

アルツハイマー型認知症の記憶障害に対する社会的関係の影響:メカニズム論的研究

Impact of social relationships on Alzheimer’s memory impairment: mechanistic studies 要旨 アルツハイマー病の特徴は、記憶力や神経細胞の喪失が進行して認知機能が低下し、生活能力に影響を与えるだけでなく、社会や家族の経済的負担となることである...
ストレス・マネジメント

海馬におけるストレスの影響:批判的レビュー

Stress effects on the hippocampus: a critical review 要旨 制御不能なストレスは、様々な解析レベルで海馬に影響を与えることが認められている。行動学的には、ヒトと動物の研究では、ストレスは一般的に海馬に依存した様々な記憶課題に障害を与えることがわかっている。 神経学的には...
3型(有害金属)

パラケルスス再訪 複雑な世界における用量概念

Paracelsus Revisited: The Dose Concept in a Complex World 要旨 パラケルススが「毒のないものは何か」という有名な独白を作った時に、「毒のないものは何もない。すべてのものは毒であり、毒のないものはない。毒でないものは用量だけで決まる」という言葉を残した。当時の胎児毒性学は...