2020-11

身体活動の効果

「極端な運動仮説」 最近の知見と心血管健康への影響

The “Extreme Exercise Hypothesis”: Recent Findings and Cardiovascular Health Implications 2018年8月28日 要旨 レビューの目的 「極端な運動仮説」は、身体活動量と心血管系の健康アウトカムとの間にU字型または逆J字型の用量反応曲線があ...
微生物叢(免疫)

小腸におけるSARS-CoV-2感染のヒト蛋白質-宿主蛋白質相互作用の検討

Investigating the human protein-host protein interactome of SARS-CoV-2 infection in the small intestine 要旨 研究の目的 本研究では、小腸におけるSARS-CoV-2感染のヒト蛋白質-宿主蛋白質相互作用を明らかにし、そのメ...
コロナウイルス

COVID-19の鍵を握るTMPRSS2の発現・共発現解析

Expression and co-expression analyses of TMPRSS2, a key element in COVID-19 2020年11月27日 要旨 SARS-CoV-2侵入の宿主因子として最もよく知られているのはACE2受容体であるが、もう一つの重要な要素であるTMPRSS2プロテア...
運動方法

骨減少症の高齢女性におけるミニトランポリントレーニングプログラムのバランスと機能的な可動性、歩行性能、筋力、転倒恐怖症、骨密度に対する効果

Effectiveness of a Mini-Trampoline Training Program on Balance and Functional Mobility, Gait Performance, Strength, Fear of Falling and Bone Mineral Density in Older Wome...
コロナウイルス

微生物相とウイルス感染症の二重相互作用:COVID-19の治療法の可能性

Dual and mutual interaction between microbiota and viral infections: a possible treat for COVID-19 公開: 2020年11月26日 要旨 ヒトをはじめとする哺乳類は、細菌、古細菌、真菌や原生動物のような単細胞真核生物、蠕虫類のような...
微生物叢(免疫)

旧友に新敵あり COVID-19の罹患率と死亡率を軽減するための免疫プライミング寄生虫の役割の可能性

Old friends meet a new foe A potential role for immune-priming parasites in mitigating COVID-19 morbidity and mortality オンラインで公開2020年10月20日 COVID-19の罹患率と死亡率を軽減するため...
1型(炎症性)

神経変性疾患の病因論的リンクを探る 炎症性サイトカインと生理活性キヌレニン

Exploring the Etiological Links behind Neurodegenerative Diseases: Inflammatory Cytokines and Bioactive Kynurenines 要旨 アルツハイマー病とパーキンソン病(PD)は最も一般的な神経変性疾患(ND)であり、運動...
SDGs/地球環境

188か国における健康関連の持続可能な開発目標の測定:2015年の世界疾病負荷研究からのベースライン分析

Measuring the health-related Sustainable Development Goals in 188 countries: a baseline analysis from the Global Burden of Disease Study 2015 概要 背景 2015年9月、国連総会で「持...
コロナウイルス

世界のCOVID-19政府の介入の有効性ランキング

Ranking the effectiveness of worldwide COVID-19 government interventions 要旨 SARS-CoV-2 の拡散を緩和するための非医薬品介入(NPI)の有効性を評価することは、将来の準備対応計画を伝える上で非常に重要である。ここでは、79の地域で実施された6,...
COVID後遺症

急性期からの回復後3ヶ月後の総合的な健康評価 COVID-19

Comprehensive health assessment three months after recovery from acute COVID-19 ラドバウド大学医療センター 概要 急性COVID-19からの回復から3ヵ月後、肺実質が回復している間に、相当数の患者が疲労、機能障害、生活の質を含むいくつかの健康領域...