睡眠と睡眠時間をめぐる不健康な食生活 食べるか断食するか?

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

認知症 食事と栄養 断食・食事方法

Unhealthy eating habits around sleep and sleep duration: To eat or fast?

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6242722/

要旨

伝統的に、「朝食抜き」(BS)や最近では深夜に夕食を摂る(LNDE)は、肥満や2型糖尿病などの心血管疾患の素因となる可能性があるため、公衆衛生上の注目を集めている。

興味深いことに、それは睡眠の短い期間が同様の健康リスクを誘発することが明らかになっている。「深夜食」、「朝食抜き」、および短い睡眠は密接に関連しており、お互いに悪化させる可能性があるため、これらの3つを別々に考えるべきではない。

この文脈では、「深夜食」(またはそれに相当する、夕食後の間食や大量のアルコール摂取)と「朝食抜き」は、睡眠に関する代表的な不健康な食習慣(UEHAS)である可能性がある。

身体活動や知的活動のために早朝にエネルギーを摂取することは重要であるが、絶食状態を達成することは代謝恒常性のために不可欠である。私たちのこれまでのUEHAS研究では、「深夜食」なしの「朝食抜き」、すなわち「朝食抜き」単独では、肥満や糖尿病とは関連していないことが示されており、「朝食抜き」またはしばらくの間、絶食をもたらす可能性のある非常に低いエネルギーの朝食を取ることは、避けられない「深夜食」を持つ人々の肥満や糖尿病を防ぐことができる可能性を示唆している。UEHASと短い睡眠を同時に考慮した更なる研究は、これらの不健康なライフスタイルの心血管疾患への影響を解明するために必要である。

キーワード

朝食スキップ、深夜夕食食、睡眠、絶食、空腹感

核心提示

朝食の抜き食い(「朝食抜き」)深夜の夕食を食べる(「深夜食」)および短時間の睡眠は、同様の健康リスクを引き起こすために注目されている。肥満と2型糖尿病である。しかし、これまでこれらの健康リスクについては、個別に検討されていた。

「深夜食」と「朝食抜き」は、代表的な睡眠時の不健康な食習慣(UEHAS)かもしれない。早朝にエネルギーを摂取することが重要であるのに対し、絶食状態を達成することは代謝の恒常性に不可欠である。

そのため、「朝食抜き」や非常にエネルギーの少ない朝食をとることで、「深夜食」の人の肥満や糖尿病を予防できる可能性がある。UEHASと短い睡眠の考慮は、さらなる研究に値する。

メインコンテンツ

従来から、朝食抜き(BS)は、小児・青年のみならず、高齢者を含む成人においても、肥満や2型糖尿病を含む様々な心血管疾患に寄与すると考えられてきた[1-5]。しかし、朝食と「朝食抜き」の定義が確立されていないためか、相反する結果が報告されている[6-8]。また、年齢、性別、病的疾患、食文化などの複数の交絡因子も転帰に影響を及ぼす可能性があるが、これらの交絡因子は通常統計的に調整されている。さらに、過去10年間、本症は深夜夕食時の摂食(LNDE)夕食後の間食、就寝直前までの飲酒など、前夜の状態が原因である可能性が議論されていた[11-15]。

同時に、睡眠の質と量は、通常は睡眠時間の短さや長さとして現れるが、朝食の食事に対する食欲など、早朝の状態に影響を及ぼすことがある[16-19]。睡眠時間が短いと、肥満、糖尿病、メタボリックシンドロームなどの「朝食抜き」や「深夜食」と同様の心血管疾患や死亡率の増加との関連性が強く指摘されている[20-23]。合わせて考えると、上記の健康リスクに対する短時間睡眠の効果は、「朝食抜き」の効果を含む可能性があり、またその逆もあり得る。しかし、短い睡眠(あるいはおそらくは長い睡眠)と本症が一緒に考えられていることはほとんどない。概日リズムのずれは、「深夜食」、「朝食抜き」、および短い睡眠を持つ人にパンデミックしている可能性がある。「深夜食」、「朝食抜き」、および短時間睡眠は密接に関連しており、互いに悪化させる可能性があるため[9,11,13,15]、これら3つの因子を健康状態および心血管疾患の観点から別々に考慮すべきではない。この文脈では、「深夜食」と「朝食抜き」は、睡眠周辺の代表的な不健康な食習慣(UEHAS)である可能性がある(図(図1).1)。睡眠とUEHASが十分に独立しており、良質な睡眠と睡眠周りの健康的な食習慣(SHEHAS)を持つ個人では、睡眠とUEHASは十分に独立しているのに対し、それらの関係性のためにUEHASと短い睡眠(UEHAS)が組み合わされたときに、特定の特徴が形成され得る。

図1 睡眠・短時間睡眠時の不健康な食生活と睡眠時の健康な食生活の比較

睡眠時には十分な時間帯が存在し、睡眠時の健康的な食習慣(SHEHAS)では朝食前に十分な絶食が行われているが、睡眠時の不健康的な食習慣(UEHAS)では行われていない。深夜夕食食(「深夜食」)の人が、睡眠前の一定時間を確保するために就寝時間を遅らせたり、睡眠時間を延長したりすると、起床時間の遅れにより朝食をとる機会が失われる可能性がある。DIT:食事誘発性熱発育;GERD。胃食道逆流症。


本症は絶食状態を延長させ、朝のエネルギー不足をもたらし、その結果、身体活動や知的活動が妨げられ、日中の食事消費量が増える可能性があると仮定するのが妥当である[9,24]。しかし、この理論は「深夜食」のない健康な人、すなわち深夜に夕食を摂らない人にのみ適用される可能性がある。注目すべきは、「深夜食」は早朝まで残る高血糖[12,29-31]と関連している可能性があることである。「深夜食」から短い睡眠の終わりまでの6時間未満の時間期間は、一晩絶食の定義は明確に確立されていないが、一般的に一晩絶食のために使用される8~10時間の基準には満たない[32,33]。理論的には、したがって、就寝後2時間以内の「深夜食」は、短い(< 6時間)睡眠と組み合わせて早朝に絶食状態をもたらすことはない。「深夜食」を持つ人々が通常の長さの時間睡眠をとっている場合、朝食の食事を取るのに十分な時間がないため、朝食を消費する機会を逃してしまう可能性がある(図(図11))。

多くの専門家が述べているように、健康的な身体活動のためには早朝にエネルギーを摂取することが重要であるのに対し、睡眠中は安静時のエネルギー消費と同等かそれ以下のエネルギー消費を伴うため、通常は睡眠中の一定期間の絶食状態を維持することが代謝の恒常性のために不可欠である[34,35]。特に睡眠中の十分な絶食は、血漿グルコースを食前レベルに戻し、血漿インスリンをベースラインレベルまで低下させることができ、インスリンの過剰分泌を防ぎ、膵臓のβ細胞機能を保護する作用がある。食欲、すなわち空腹感を持って朝食をとることは、体が絶食状態にない場合には不適切である(語源的には、事前に断食をしないで朝食をとることは、断食をしていないことになる)。十分な断食をせずに朝食を摂取すると、一日中断食状態がないため、高血糖が持続し、インスリン分泌が亢進する可能性がある。

一方、時間経過を考慮すると、「深夜食」は翌朝の睡眠の量と質に影響を与える可能性がある[36,37]が、その結果、翌朝の状態、すなわち朝食を食べることに影響を与える可能性がある。睡眠に対する「深夜食」の効果に関する研究は限られており、その基礎となるメカニズムはまだ十分に理解されていない。「深夜食」は概日リズムを悪化させ、レプチン、ペプチド-YY、メラトニン、オレキシン、およびグレリンの分泌を悪化させる可能性がある[38-41]。満腹状態での睡眠をもたらす「深夜食」は、胃食道逆流症[42,43]や食事誘発性熱発育の低下[38,44]を引き起こす可能性があり、いずれも睡眠の質を低下させる。さらに、大量の水分と高濃度のナトリウムとグルコースからなる体幹循環量の増加は、心臓、血管、腎臓に負担をかけ、我々の先行研究[11,45]で観察されたように、不整脈や蛋白尿の発生を引き起こす可能性がある。

夕食から睡眠までの時間帯、睡眠から朝食までの時間帯を短くすることで、「深夜食」後の食後の状態が睡眠に与える影響と朝食に与える睡眠不足の影響がそれぞれ強くなる可能性がある(図1).1)。また、「深夜食」は、特に睡眠時間が短い場合には、起床後の早朝の状態に影響を与える可能性がある。したがって、健康的な睡眠と早朝の最適な状態を得るためには、「深夜食」を控えることが最善である。ただし、強制的なシフト勤務や家族・個人の都合で「深夜食」を防ぐことが不可能な場合は、夕食はエネルギー量が少なく、消化しやすい食材を少量使用して構成することが望ましい。あるいは、朝食を完全に抜くのではなく、水、最低限のミネラル、ビタミンを含む200kcal未満の非常に低カロリーな食事を摂取すること[46,47]は、低血糖や脱水などの潜在的な絶食や副作用を回避するための効果的な選択肢であるかもしれない。同時に、翌朝の状態には健康的な睡眠習慣が必要であろう。

私たちの以前のUEHAS横断的研究[11,12]は、「深夜食」なしで「朝食抜き」、すなわち、「朝食抜き」単独では、肥満や糖尿病と関連していないことを示している。したがって、これらの結果は、「朝食抜き」または非常に低いエネルギーの朝食を取ることが習慣的な「深夜食」を持つ人々の肥満や糖尿病を防ぐかもしれないという逆説的な可能性を示唆している。そうでなければ、空腹は、絶食ではなく、「深夜食」を持つ個人で一日中発生する。それは、「朝食抜き」または「深夜食」を持つ子供たちで小さな朝食を取ること[13]は、「深夜食」によって引き起こされる高血糖などの持続的な代謝異常を回避するために管理する自然な生理的反応である可能性がある。

重要なことに、食事のタイミングは、肝臓、副腎、胃、腸、膵臓、腎臓、心臓、肺などの複数の臓器に存在する末梢時計に実質的に影響を与える[48-50]。したがって、UEHASは、コルチゾール、グレリン、レプチン、インスリン、グルカゴン、グルカゴン様ペプチド-1などのホルモンの不規則な分泌を介して、視床下部前部の視床上核に存在するマスターサーカディアンクロックによって制御されている中枢サーカディアンリズムに影響を与える可能性がある[48]。この代謝フィードバックは、いわゆる概日内分泌クロストークを介して媒介されうる[49]。特に、「深夜食」は、インクレチンの分泌に対する「深夜食」の好ましくない効果に加えて、おそらく睡眠時間の短縮によって、末梢と中枢の概日リズムの間の非同期性を高める可能性がある。興味深いことに、血漿インスリンは膵臓の自律的サーカディアン振動子によって根本的に制御されており、視交叉上核とは独立していることが報告されている[51]。しかし、この点では、食事の構成、例えば炭水化物としてのエネルギーの割合は、通常、炭水化物を多く含む食事の後にインスリンがより多く分泌されるため、末梢の概日リズムにも影響を与える可能性がある。したがって、この問題はさらなる研究が必要である。

結論として、朝食を取ることは、主に「深夜食」のない人が朝に知的および身体活動のための十分なエネルギーを取るために推奨されている(図(図1).1)。対照的に、朝食を取ることは、習慣的な「深夜食」の人が1日に一定期間の絶食状態を達成するために、特に十分な量の朝食を取ることは推奨されない場合がある。しかしながら、深夜の夕食または朝食のための十分に考慮された食事は、自律的な概日内分泌系と調和して、「深夜食」および/または「朝食抜き」の人の上記の状態および代謝異常を改善することができる。医師や栄養士などの健康専門家は、個人の背景やクロノニュートリション、UEHASを慎重に考慮すべきである。摂食行動と睡眠が健康や心血管疾患に及ぼす影響を科学的・公共的利益の観点から解明するためには、さらなる統合的な研究が必要である。