36の発症因子

36の発症因子

脳内コレステロール排出酵素 CYP46A1

CYP46A1 当サイトの利用には 利用規約と免責事項 への同意が必要です。 概要 CYP46A1は、脳のコレステロール分解の律速酵素であり、ハンチントン病、アルツハイマー病と最も深く関わるCYP酵素。 脳のコレステロール制御 コ...
36の発症因子

アルツハイマー病・リコード法(36の発症因子)

われわれの研究所では、少なくとも36の発症因子が大多数の人のアルツハイマー病の要因として同定されている。おそらく36以上の因子がまだいくつかあるだろうが、それほど多くはないはずだ。発症因子が100に達することがないのは確かだ。 36の...
2019.10.31
36の発症因子

キヌレニン経路の恒常性を回復する13のアプローチ

キヌレニン経路と神経変性疾患・アルツハイマー病 サイト利用には 利用規約・免責事項 への同意が必要です。 概要 キヌレニン経路は必須アミノ酸であるトリプトファンの主要な経路のひとつ。 トリプトファンの代謝は非常に複雑、主な代謝経...
2019.08.07
36の発症因子

神経変性疾患におけるカルシウム恒常性の破綻

サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です 概要 カルシウム(Ca2+)の調節不全が、神経変性疾患を引き起こすという説は1980年代に、Khachaturian博士によって最初に提案された。 その後30年にわたって、様々...
2019.12.06
36の発症因子

小胞体ストレスと神経変性疾患 作成中

サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です 小胞体 概要 小胞体は、真核生物の細胞小器官のひとつ。発見された当初は細胞核で作られたたんぱく質をゴルジ体へと橋渡しする輸送のための廊下程度にしか考えられていなかったが、その後の研究...
2019.07.21
36の発症因子

タウ・アミロイドβクリアランス 脳のアクアポリンAQP4

アクアポリン4(AQP4) サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です アクアポリンとは アクアポリンとは、細胞膜への水の通過を調節するタンパク質。 水分子を高速で輸送する能力をもち、イオンチャネルの中でも最速、最大で...
2019.06.18
36の発症因子

ミトコンドリア機能を改善する55の方法

ミトコンドリア機能障害の治療 サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です ミトコンドリア関連記事 アルツハイマー病のミトコンドリア仮説 ミトコンドリア機能障害 アルツハイマー病治療標的 ミトコンド...
2019.04.19
タイトルとURLをコピーしました