36の発症因子

36の発症因子

マトリックスメタロプロテアーゼと血液脳関門 MMP9を阻害する26の天然化合物

マトリックスメタロプロテアーゼ (Matrix metalloproteinase,MMP) 概要 血液脳関門とMMP マトリックスメタロプロテアーゼ(MMP)は、コラーゲンや、プロテオグリカン、エラスチンなどの細胞外マトリックスの成分を分解できる酵素のファミリーであり
2020.03.18
36の発症因子

アミロイドβの分解を促進するホルモン ソマトスタチン

ソマトスタチン(アルツハイマー病・認知症) 概要 ソマトスタチンは、視床下部、膵臓、消化管で産生され分泌し、その他多くのホルモンの分泌を抑制し身体の広範囲に作用するペプチドホルモン。 ソマトスタチン受容体を介して、神経伝達、細胞増殖などに影響を与え、ガストリン、セク
2020.03.20
36の発症因子

ADNP/活動依存性神経保護ホメオボックスタンパク質とアルツハイマー病

Activity-dependent neuroprotector homeobox protein・ダブネチド ADNP ADNP:Activity-dependent neuroprotector homeobox protein 活動依存性神経保護因子ホメオボ
36の発症因子

脳内コレステロール排出酵素 CYP46A1

CYP46A1 は   概要 CYP46A1は、脳のコレステロール分解の律速酵素であり、ハンチントン病、アルツハイマー病と最も深く関わるCYP酵素。 脳のコレステロール制御 コレステロールは、脳以外の場所では細胞内の合成と食事由来の供給によって制御されている。しかし、リ
2020.02.01
36の発症因子

アルツハイマー病・リコード法(36の発症因子)

われわれの研究所では、少なくとも36の発症因子が大多数の人のアルツハイマー病の要因として同定されている。おそらく36以上の因子がまだいくつかあるだろうが、それほど多くはないはずだ。発症因子が100に達することがないのは確かだ。 36の発症因子をどのように理解し対処していくべ
2020.02.10
36の発症因子

キヌレニン経路の恒常性を回復する13のアプローチ

キヌレニン経路と神経変性疾患・アルツハイマー病 概要 キヌレニン経路は必須アミノ酸であるトリプトファンの主要な経路のひとつ。 トリプトファンの代謝は非常に複雑、主な代謝経路は4つ存在する。 ヒドロキシル化 → セロトニン、メラトニン 脱カルボキシル化 →
2020.06.07
36の発症因子

神経変性疾患におけるカルシウム恒常性の破綻

概要 カルシウム(Ca2+)の調節不全が、神経変性疾患を引き起こすという説は1980年代に、Khachaturian博士によって最初に提案された。 その後30年にわたって、様々な種類のカルシウム恒常性メカニズムの破綻が報告されてきたが、アミロイド、タウ仮説が主流となる
2019.12.06
36の発症因子

小胞体ストレスと神経変性疾患 作成中

小胞体 概要 小胞体は、真核生物の細胞小器官のひとつ。発見された当初は細胞核で作られたたんぱく質をゴルジ体へと橋渡しする輸送のための廊下程度にしか考えられていなかったが、その後の研究で多くの細胞機能に関わっていることがわかってきた。 小胞体の主な役割 タンパク質
2020.02.06
36の発症因子

タウ・アミロイドβクリアランス 脳のアクアポリンAQP4

アクアポリン4(AQP4) アクアポリンとは アクアポリンとは、細胞膜への水の通過を調節するタンパク質。 水分子を高速で輸送する能力をもち、イオンチャネルの中でも最速、最大で秒間10億以上の水分子を輸送する。 H20は通過させるが、水素イオン(H+)は通さない
2019.06.18
36の発症因子

ミトコンドリア機能を改善する55の方法

ミトコンドリア機能障害の治療 ミトコンドリア関連記事 アルツハイマー病のミトコンドリア仮説 ミトコンドリア機能障害 アルツハイマー病治療標的 ミトコンドリア・ホルミシスの活性 ミトコンドリア機能を改善する55の方法 マイトファジーを
2019.04.19
タイトルとURLをコピーしました