36の発症因子

36の発症因子

ミトコンドリア・ホルミシス(ミトホルミシス)の効果と活性方法

ミトホルミシスの健康効果   お前を殺さないものはお前を強くする。 ニーチェ 概要 ミトホルミシス 過去の研究において「活性酸素」は酸化ストレスを引き起こし、多くの病気につながる悪者とみなされてきた。 一方で、スーパーオキシド、過酸化水素などの活性酸素(ROS)は単なる悪者ではなく、多くの慢性疾患の予防や発症を遅らせる...
4型(血管性)

アルツハイマー病リスク ホモシステインが上昇する8つの要因と8つの改善方法

ホモシステインと認知症 概要 ホモシステインは、メチオニン代謝サイクルでアミノ酸メチオニンからシステインを生合成する際に必須の中間代謝物(含硫アミノ酸)。ホモシステインは毒性作用をもち、血中の高いホモシステイン濃度は、心血管疾患の危険因子として知られている。 血管内皮細胞へも影響があるため、血管と関与する血管性認知症の危険因子と...
36の発症因子

キヌレニン経路の恒常性を回復する13のアプローチ

キヌレニン経路と神経変性疾患・アルツハイマー病 概要 キヌレニン経路は必須アミノ酸であるトリプトファンの主要な経路のひとつ。 トリプトファンの代謝は非常に複雑、主な代謝経路は4つ存在する。 ヒドロキシル化 → セロトニン、メラトニン 脱カルボキシル化 → トリプタミン 脱アミノ → インドールピルビン酸 ...
36の発症因子

アルツハイマー病 グルタチオンの脳保護効果メカニズム

還元型グルタチオン・認知症 概要 グルタチオンとはグルタミン酸、システイン、グリシンの3つのアミノ酸からなるペプチドで細胞を保護する抗酸化物質。 グルタチオンの感受性が高い脳 ヒトの脳は、体重比で2%だが酸素消費は20%と大量の酸素を消費する。 そのため、他の組織よりも高い濃度で活性酸素種が発生し、それらを中和するための...
5型(外傷性)

ミクログリア クリアランス・活性化を調節する32の因子

アミロイドβのミクログリア-クリアランスを増加させる 関連記事 アミロイドβクリアランス 脳のアクアポリンAQP4 概要 アミロイドβは脳内において平衡バランスを保っており、アミロイドβの恒常性バランスが崩壊することによってアルツハイマー病を発症するという仮説が存在する。 アミロイドβのクリアランスメカニズムは複雑で複数...
1型(炎症性)

炎症因子NF-κBを阻害する37の因子(認知症・アルツハイマー病)

炎症因子NF-κBの学習効果 概要 炎症の中心にある転写因子 NF-κBは炎症、ストレス応答、感染応答、免疫応答、細胞分化、増殖、細胞死などにおいて中心的役割を果たす転写因子のひとつ 複雑なシグナル伝達経路のネットワークによって、非常に多様な因子からの刺激を集約的に受ける。 外因的には、ストレスや、重金属、紫外線、酸...
36の発症因子

アミロイドβの分解を促進するホルモン ソマトスタチン

ソマトスタチン(アルツハイマー病・認知症) 概要 ソマトスタチンは、視床下部、膵臓、消化管で産生され分泌し、その他多くのホルモンの分泌を抑制し身体の広範囲に作用するペプチドホルモン。 ソマトスタチン受容体を介して、神経伝達、細胞増殖などに影響を与え、ガストリン、セクレチン、インスリン、グルカゴンなどの分泌を抑制する。 ...
36の発症因子

コリン作動性神経伝達・アセチルコリン 12の役割・効果

認知機能だけではないコリン作動性の作用と機能 関連記事 アセチルコリンを増強する26の方法(ハーブ・薬剤・ライフスタイル) アセチルコリン受容体(ムスカリン性・ニコチン性)サブタイプの機能 抗認知症薬による概日リズム・睡眠の混乱(AChE阻害薬、ドネペジル) 概要 コリン作動性とは 受容体が神経伝達物質としてアセ...
2型(萎縮性)

レプチン抵抗性を改善する7つのアプローチ

アルツハイマー病患者のレプチン抵抗性   概要 食べすぎないための食欲抑制ホルモン? レプチンは、全身の脂肪細胞で作られ、視床下部内で作用することで食欲を抑制し、体脂肪を減少させる脂肪蓄積の調節ホルモンとして知られている。そのためレプチン研究初期の頃は「満腹ホルモン」「痩せホルモン」などと呼ばれてきた。 しかし、レプチンの作...
1型(炎症性)

認知機能と恒常性のリスク指標 アルブミン/グロブリン比(認知症・アルツハイマー病)

アルブミン・グロブリンを悪化させる原因 概要 アルブミンとグロブリン アルブミンは、ヒトの血液に含まれるもっとも豊富なタンパク質。全タンパク質の50~60%を占める。肝臓で作られるため肝臓に異常や障害があるとアルブミン値は下がる。 グロブリンは免疫システムと関わり、感染症と闘うための栄養素をサポートする。感染症、外...