パーキンソン病

パーキンソン病

「パーキンソン病に終止符を打つ」行動への処方箋
Ending Parkinson's Disease: A Prescription for Action

目次 タイトルページ 著作権について 献辞 読者のみんなへ 用語解説 略語集 はじめに 第1部: 恐ろしい病気 1.ロンドンの6人の男たち 新病の発見とその原因 2 ...
パーキンソン病
3型 化学毒素

産業毒性物質とパーキンソン病

Neurotoxicology. 2012年3月; 33(2): 178-188. 2012年1月30日オンライン公開 要旨 環境汚染物質へのヒトの曝露は、パーキンソン病(PD)およびその他のパーキンソニズムの発症 ...
3型 化学毒素パーキンソン病有害金属
パーキンソン病

低用量ナルトレキソン療法の可能性ー神経変性疾患におけるLDN
The Promise of Low Dose Naltrexone Therapy

目次 謝辞 序文:ヤシュ・パル・アグラワル医学博士 序文 はじめに 1. 薬物との戦い-Naltrexoneの歴史 2. 自己免疫疾患におけるLDN 3. 多発性硬化症におけるLDN ...
パーキンソン病低用量ナルトレキソン(LDN)
オフラベル薬

パーキンソン病のための薬剤再利用 国際的なリンクされた臨床試験の経験

Drug Repurposing for Parkinson’s Disease: The International Linked Clinical Trials experience Published online 2021 ...
オフラベル薬パーキンソン病
オフラベル薬

パーキンソン病における非可逆的MAO-B阻害剤セレギリンおよびラサギリンの神経保護効果の薬理学的考察

Pharmacological aspects of the neuroprotective effects of irreversible MAO‑B inhibitors, selegiline and rasagiline, in P ...
オフラベル薬ヌートロピック・ブレインハックパーキンソン病
パーキンソン病

パーキンソン病の管理における栄養補助食品の役割
Role of Dietary Supplements in the Management of Parkinson’s Disease

要旨 食品サプリメントまたは機能性食品の使用は、過去数十年の間に著しく増加しており、特に現代のライフスタイルと先進国の食糧不足の両方を補うために使用されている。 食品サプリメントは、習慣的に栄養不足を是正したり、特定の生 ...
パーキンソン病
オートファジー

パーキンソン病の治療薬として期待されるトレハロース

Trehalose as a promising therapeutic candidate for the treatment of Parkinson's disease 要旨 パーキンソン病(PD)は、主に黒質突起 ...
オートファジーパーキンソン病糖質・甘味料
オートファジー

温熱療法はアルツハイマー病やパーキンソン病に効果的な治療法となりうるか?ナラティブレビュー

Could Heat Therapy Be an Effective Treatment for Alzheimer’s and Parkinson’s Diseases? A Narrative Review 要旨 神経変性疾患は ...
4. 認知症 予防と治療オートファジーパーキンソン病温熱療法・寒冷曝露・発熱
パーキンソン病

パーキンソン病の進行における食事と栄養補助食品の役割

Role of Diet and Nutritional Supplements in Parkinson's Disease Progression 要旨 目的 本研究の目的は、パーキンソン病(パーキンソン病)の進行率の低下と関 ...
パーキンソン病
36の発症因子

キヌレニン経路の恒常性を回復する13のアプローチ

キヌレニン経路と神経変性疾患・アルツハイマー病 概要 キヌレニン経路は必須アミノ酸であるトリプトファンの主要な経路のひとつ。 トリプトファンの代謝は非常に複雑、主な代謝経路は4つ存在する。 ヒドロキシル化 → セロトニン ...
36の発症因子トリプトファン代謝パーキンソン病筋萎縮性側索硬化症(ALS)
キヌレニン経路トリプトファン
36の発症因子

小胞体ストレスと神経変性疾患 作成中

小胞体 概要 小胞体は、真核生物の細胞小器官のひとつ。発見された当初は細胞核で作られたたんぱく質をゴルジ体へと橋渡しする輸送のための廊下程度にしか考えられていなかったが、その後の研究で多くの細胞機能に関わっていることがわかってきた。 ...
36の発症因子パーキンソン病レビー小体型認知症前頭側頭葉変性症筋萎縮性側索硬化症(ALS)
パーキンソン病

パーキンソン病(覚書) 作成中

「より早い診断と治療がこの病気の進行を防ぐだろう、というのが私の洞察だ。」 ジェームズ・パーキンソン 概要 パーキンソン病の多様な症状 パーキンソン病は患者によって著しく異なる多様性のある疾患であることが知られている。発症年 ...
パーキンソン病
パーキンソン病
パーキンソン病

鉄欠乏 10の潜在的リスク(認知症・神経変性疾患)

はじめに 鉄は地球上のすべての生物にとって不可欠な元素。鉄過剰、鉄欠乏のいずれも疾患に関与しており鉄はヒトにとっても「諸刃の剣」の金属元素として知られている。 そして、様々な神経変性疾患関連研究が、脳内の鉄過剰によって疾患リスク ...
パーキンソン病ミネラル
パーキンソン病

SIBO・硫化水素SIBO・SIFOを改善する28の方法

SIBO(小腸内細菌増殖症)情報/腸内の健康 概要 SIBOとは SIBO(シーボ)とは、Small Intestinal Bacterial Overgrowthの頭文字をとったもので、日本語で小腸内細菌増殖症と呼ぶ。本来は大腸 ...
パーキンソン病腸内微生物叢
SIBOSIFOパーキンソン病
パーキンソン病

αシヌクレインの機能・凝集阻害剤

レビー小体型認知症・パーキンソン病・多系統萎縮症 関連記事 レビー小体型認知症について調べてみた レビー小体型認知症 15のアプローチと65の治療方法 αシヌクレインの機能・凝集阻害剤 概要 脳に必要なαシヌクレイン ...
パーキンソン病レビー小体型認知症
LATEパーキンソン病レビー小体型認知症多系統萎縮症
36の発症因子

アルツハイマー病 グルタチオンの脳保護効果メカニズム

還元型グルタチオン・認知症 概要 グルタチオンとはグルタミン酸、システイン、グリシンの3つのアミノ酸からなるペプチドで細胞を保護する抗酸化物質。 グルタチオンの感受性が高い脳 ヒトの脳は、体重比で2%だが酸素消費は20%と大量の ...
36の発症因子グルタチオンパーキンソン病
グルタチオン
パーキンソン病

フェルラ酸(神経変性疾患・認知症)

フェルラ酸 概要 フェルラ酸 食物に含まれるフェルラ酸 フェルラ酸は多くの植物に含有し、特にポップコーンやタケノコ、コーヒーなどに高濃度に含まれている。穀物では玄米などのふすまにも含まれている。 小麦や大麦にも含ま ...
パーキンソン病食品由来ハーブ
パーキンソン病

レビー小体型認知症・パーキンソン病 治療標的と実行可能なアプローチ
調べたことをざっくりとまとめています。

レビー小体型認知症とパーキンソン病の違い 両者とも、皮質および皮質下の広範なα-シヌクレイン/レビー小体に加え、β-アミロイドやタウの病理が形態学的に特徴的である。DLBコンソーシアムの第4次コンセンサスレポートなど、最近の発表に ...
パーキンソン病レビー小体型認知症
パーキンソン病多系統萎縮症
36の発症因子

グルタチオンを増やす8つの戦略

グルタチオン研究・治療(認知症・アルツハイマー) 他のすべての抗酸化物質は、グルタチオンがなければ十分な役割を果たせません。 そのため科学者はグルタチオンを「すべての抗酸化物質の母」と呼びます。 Jimmy Gutman博士 ...
36の発症因子グルタチオンパーキンソン病
グルタチオン
Alzhacker.com をフォローする
タイトルとURLをコピーしました