パーキンソン病

糖質

パーキンソン病の治療薬として期待されるトレハロース

Trehalose as a promising therapeutic candidate for the treatment of Parkinson's disease 要旨 パーキンソン病(PD)は、主に黒質突起のドーパミン作動性ニューロンの喪失に起因する進行性の運動障害である。パーキンソン病はタンパク質の凝集...
認知症 予防と治療

温熱療法はアルツハイマー病やパーキンソン病に効果的な治療法となりうるか?ナラティブレビュー

Could Heat Therapy Be an Effective Treatment for Alzheimer’s and Parkinson’s Diseases? A Narrative Review 要旨 神経変性疾患は、運動制御、認知、自律神経機能を司る中枢神経系内の構造の進行性の悪化を伴う。アルツハイマー病やパーキ...
パーキンソン病

パーキンソン病の進行における食事と栄養補助食品の役割

Role of Diet and Nutritional Supplements in Parkinson's Disease Progression Laurie K. Mischley、 corresponding author 1 Richard C. Lau、 2 and Rachel D. Bennett 1 要旨 ...
36の発症因子

キヌレニン経路の恒常性を回復する13のアプローチ

キヌレニン経路と神経変性疾患・アルツハイマー病 概要 キヌレニン経路は必須アミノ酸であるトリプトファンの主要な経路のひとつ。 トリプトファンの代謝は非常に複雑、主な代謝経路は4つ存在する。 ヒドロキシル化 → セロトニン、メラトニン 脱カルボキシル化 → トリプタミン 脱アミノ → インドールピルビン酸 ...
36の発症因子

アルツハイマー病 グルタチオンの脳保護効果メカニズム

還元型グルタチオン・認知症 概要 グルタチオンとはグルタミン酸、システイン、グリシンの3つのアミノ酸からなるペプチドで細胞を保護する抗酸化物質。 グルタチオンの感受性が高い脳 ヒトの脳は、体重比で2%だが酸素消費は20%と大量の酸素を消費する。 そのため、他の組織よりも高い濃度で活性酸素種が発生し、それらを中和するための...
パーキンソン病

レビー・パーキンソン 19の治療アプローチと88の改善方法

レビー小体型認知症・パーキンソン病 多標的治療戦略 関連記事 レビー小体型認知症について調べてみた レビー小体型認知症 15のアプローチと65の治療方法 αシヌクレインの機能・凝集阻害剤 1. αシヌクレインの凝集を防ぐ αシヌクレインの機能・凝集阻害剤 2. オートファジーの活性 オートファジーの活性 オー...
36の発症因子

グルタチオンを増やす8つの戦略

グルタチオン研究・治療(認知症・アルツハイマー) 他のすべての抗酸化物質は、グルタチオンがなければ十分な役割を果たせません。 そのため科学者はグルタチオンを「すべての抗酸化物質の母」と呼びます。 Jimmy Gutman博士 1. グルタチオンを枯渇させる物質を避ける グルタチオンレベルを高める努力の前に、まず可能な...
パーキンソン病

αシヌクレインの機能・凝集阻害剤

レビー小体型認知症・パーキンソン病・多系統萎縮症 関連記事 レビー小体型認知症について調べてみた レビー小体型認知症 15のアプローチと65の治療方法 αシヌクレインの機能・凝集阻害剤 概要 脳に必要なαシヌクレイン αシヌクレインは脳が正常に機能するために重要な役割をもつタンパク質。その機能はよく理解されていな...
食品由来ハーブ

フェルラ酸(神経変性疾患・認知症)

フェルラ酸 概要 フェルラ酸 食物に含まれるフェルラ酸 フェルラ酸は多くの植物に含有し、特にポップコーンやタケノコ、コーヒーなどに高濃度に含まれている。穀物では玄米などのふすまにも含まれている。 小麦や大麦にも含まれており、フェノール化合物は小麦の真菌病に対する抵抗性にもつながっている。 フェルラ酸の医学的証拠...
36の発症因子

小胞体ストレスと神経変性疾患 作成中

小胞体 概要 小胞体は、真核生物の細胞小器官のひとつ。発見された当初は細胞核で作られたたんぱく質をゴルジ体へと橋渡しする輸送のための廊下程度にしか考えられていなかったが、その後の研究で多くの細胞機能に関わっていることがわかってきた。 小胞体の主な役割 タンパク質の折り畳み、切断、糖鎖の付加など たんぱく質の品質管理...