スパイクプロテイン

アーシング、グラウンディング、ゼータ電位

身体の活力はどこから来るのか?
液晶水はいかにして身体の構造と強さを生み出すのか?

Where Does the Body's Vitality Come From? 2023/10/21 一目でわかるストーリー 水は固体、液体、気体であることに加え、液晶のような4つの相を持ち、全身にこのゲル状の状態で存在する。 液晶水は固体の強さと液体の流動性を併せ持ち、生命
COVIDワクチンの有害事象

Pfizer/BioNTech BNT162b2 mRNAワクチン臨床試験6ヵ月中間報告における被験者38名の死亡についての法医学的分析
Forensic Analysis of the 38 Subject Deaths in the 6- Month Interim Report of the Pfizer/BioNTech BNT162b2 mRNA Vaccine Clinical Trial

Corinne A. Michels, PhD. niel Perrier, BSEE; Jeyanthi Kunadhasan, MD; Ed Clark, MSE; Joseph Gehrett, MD; Barbara Gehrett, MD; Kim Kwiatek, M
ウイリアム・マキス

新しい研究:ファイザー社とモデルナ社のワクチン接種者の50%がスパイク・プロテインを永久に産生する?
Spike Protein in the Blood of the COVID-19 Vaccinated. New Study: Do 50% of Pfizer and Moderna Vaxxed Produce Spike Protein Forever?

ウィリアム・マキス博士著 グローバルリサーチ、2023年09月03日 血中のスパイクプロテインを扱った最近の研究がいくつかあるので、以下に簡単にレビューする: 2022年9月2日-Zoe Swankら(long-COVID患者の12カ月後の血中スパイク) 2022年9月12日-コ
スパイクプロテイン

スパイク病:COVID-19のスパイクタンパク質は、ウイルスおよびワクチンのmRNAの両方から病原性を持っている
‘Spikeopathy’: COVID-19 Spike Protein Is Pathogenic, from Both Virus and Vaccine mRNA

受理:2023年6月17日受理:2023年6月17日 /改訂:2023年7月17日 /受理:2023年7月24日 /掲載:2023年8月17日 要旨 COVID-19パンデミックは、多くの病気と多くの死者をもたらし、社会に大きな混乱をもたらした。安全で効果的な」ワクチンの製造は、
SARS-CoV2 治療標的・分子経路

米医学誌に初掲載のスパイク解毒プロトコル:SARS-CoV-2ベーススパイクプロテインのCOVID-19後およびワクチン後における解毒の臨床的根拠
Clinical Rationale for SARS-CoV-2 Base Spike Protein Detoxification in Post COVID-19 and Vaccine

Clinical Rationale for SARS-CoV-2 Base Spike Protein Detoxification in Post COVID-19 and Vaccine Peter A. McCullough, M.D., M.P.H. Brian C.
スパイクプロテイン

元ファイザー副社長:mRNAは身体を「スパイクタンパク工場」にする w/マイケル・イードン&ビクトリー博士 – Ask Drrew
Ex Pfizer VP: mRNA Makes Body A "Spike Protein Factory" w/ Michael Yeadon & Dr Victory – Ask Dr Drew

Ex Pfizer VP: mRNA Makes Body A "Spike Protein Factory" w/ Michael Yeadon & Dr Victory – Ask Dr Drew Dr.Drew 0:00 今日はとても興味深いゲストのマイケル・イードン博士を
ウイリアム・マキス

コビッドワクチン傷害治療:48~72時間の絶食がオートファジーを生み出す
COVID-19ワクチンで傷ついたスパイクプロテイン細胞を殺し、免疫システムを再起動させる身体のデトックス・プロセス

出典:Covid Vaccine Injury Treatment: Fasting for 48-72 Hours Creates Autophagy ウィリアム・マキス博士著 グローバルリサーチ、2023年07月04日 COVID インテル2023年7月1日 絶食とCOVID
SARS-CoV2 治療標的・分子経路

近赤外線はTLR4を介した炎症を抑制する In Vitro(スパイクタンパクの治療)
Near Infrared Light Reduces Inflammation via TLR4 In Vitro

Near Infrared Light Reduces Inflammation via TLR4 In Vitro 216,092 回視聴 2022/08/17 #COVID19 #オミクロン #コロナウイルス MedCramのRoger Seheult医学博士が、近赤外線がT
COVIDワクチンの有害事象

COVID-19ワクチンの自己免疫疾患患者、心疾患患者、健常者における安全性について
Safety of COVID-19 Vaccines in Patients with Autoimmune Diseases, in Patients with Cardiac Issues, and in the Healthy Population

オンライン公開2023年2月2日doi:10.3390/pathogens12020233 pmcid:pmc9964607 PMID:36839505 Loredana Frasca、*Giuseppe Ocone、Raffaella Palazzo。 ロベルト・パガネリ学術担
COVIDワクチンの有害事象

危険なmRNAワクチン汚染物質が発見される
生産品質管理、細菌の進化、スパイクプロテインと抗生物質についての考察

Dangerous mRNA Vaccine Contaminants Were Just Discovered A Discussion on Production Quality Control, Bacterial Evolution, Spike Proteins and
サイード・ハイダー

がんを予防する リスクファクターとデトックス
いくつかの簡単な介入で、ほとんどのがんを予防することができる

Preventing Cancer: Risk Factors & Detox A few simple interventions can prevent most cancers 2人に1人ががんにかかると言われている。 特に、COVIDワクチンを受けた50-60億の人々は、
COVIDワクチンの有害事象

神経変性疾患におけるスパイクプロテインの役割の可能性 ナラティブレビュー
A Potential Role of the Spike Protein in Neurodegenerative Diseases: A Narrative Review

A Potential Role of the Spike Protein in Neurodegenerative Diseases: A Narrative Review オンライン公開 2023 Feb 11. doi:10.7759/cureus.34872 pmcid:
スパイクプロテイン

ナットウキナーゼによるスパイクタンパク質の溶解
COVID-19ワクチン無毒化の聖杯

Dissolution of Spike Protein by Nattokinase Holy Grail of COVID-19 Vaccine Detoxification Peter A. McCullough, MD, MPH著 COVID-19を接種した人からの質問で
COVID 中枢神経系

重症急性呼吸器症候群新型コロナウイルス型(SARS-CoV-2)スパイクプロテインの神経毒性を特徴づけるMAPK活性化、p53、オートファジー阻害機構について
Mitogen Activated Protein Kinase (MAPK) Activation, p53, and Autophagy Inhibition Characterize the Severe Acute Respiratory Syndrome Coronavirus 2 (SARS-CoV-2) Spike Protein Induced Neurotoxicity

Mitogen Activated Protein Kinase (MAPK) Activation, p53, and Autophagy Inhibition Characterize the Severe Acute Respiratory Syndrome Coronav
COVIDワクチンの有害事象

証拠書類_COVID19 国家レベルの被害 22年11月22日
EvidentiaryDocument_COVID19NationalLevelHarm_01122022

EvidentiaryDocument_COVID19NationalLevelHarm_01122022 注:原文での太字強調は訳に反映されていません。 目次 1  COVID-19ワクチンの効果なし、害と毒性 1.1 政府のCOVID-19監視データの分析では、ワクチンの有効
スパイクプロテイン

検閲の時代におけるクリティカル・シンキング パート2
ファクトチェッカーへの対応

Critical Thinking in The Age of Censorship Pt. 2 A Midwestern Doctor 中西部の医師 このシリーズの第一回目では、私がこの社会で観察している批判的思考における一般的な誤りのうち、学術界が是正せず、代わりに強化してき
イベルメクチン

SARS-CoV-2スパイクプロテインは血球凝集を誘発する | COVID-19の病態と治療法およびワクチンの副作用への影響
SARS-CoV-2 Spike Protein Induces Hemagglutination: Implications for COVID-19 Morbidities and Therapeutics and for Vaccine Adverse Effects

SARS-CoV-2 Spike Protein Induces Hemagglutination: Implications for COVID-19 Morbidities and Therapeutics and for Vaccine Adverse Effects Ce
スパイクプロテイン

「突然死」の血栓の原因は何か?
SARS-CoV-2のスパイク蛋白は、短期的にも長期的にも、多くの重要な生理的過程を混乱させるのに極めて効果的である。

What is Causing the Blood Clots from "Died Suddenly?" A Midwestern Doctor中西部の医師 11月26日 私は常に薬害を理解することに惹かれており、何年もの間、様々な毒性のある医薬品(例えばルプロンやシプロフロキ
スパイクプロテイン

COVID-19 mRNAワクチンの薬理学的理解 スパイクを使ったサイコロ遊び?
Understanding the Pharmacology of COVID-19 mRNA Vaccines: Playing Dice with the Spike?

ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC9502275/ Int J Mol Sci.2022 Sep;23(18):10881. 2022年9月17日オンライン公開 Marco Cosentino*、 Franca Marino Chang Won C
スパイクプロテイン

スパイクプロテインからのデトックスとマスト細胞活性化症候群(MCAS)の役割
テス、ティナ・ピアーズ博士と語る

11月20日 Tess Lawrie 博士(MBBCh,PhD) ティナ・ピアーズ博士は、避妊とリプロダクティブヘルスのコンサルタントで、更年期障害、最近ではMCASとヒスタミン不耐症に特別な関心を持っています。 コビッド中、ティナはLong-COVIDの治療の権威となり、202
alzhacker.com をフォロー