リスク食品

リスク食品

歴史を無視することの危険性 ビッグ・タバコは汚い手を使って何百万人もの人を殺した。ビッグ・フードはどれほど似ているか?

The Perils of Ignoring History: Big Tobacco Played Dirty and Millions Died. How Similar Is Big Food? ケリー・D・ブラウネル、ケネス・E・ワーナー 概要 背景 1954年、たばこ産業はお金を払って「たばこを吸う人へのフラ...
リスク食品

乳糖不吸収と不耐症の最新情報:病態、診断、臨床管理

Update on lactose malabsorption and intolerance: pathogenesis, diagnosis and clinical management 要旨 乳糖は、牛乳のカロリーの主なソース、不可欠な nutriedigestion、乳児期と成人期にこの二糖類を消化する能力を維持する...
リスク食品

ステビアの葉からステビア甘味料へ その科学、利点、および将来の可能性を探る

Stevia Leaf to Stevia Sweetener: Exploring Its Science, Benefits, and Future Potential  プリシラ・サミュエル、キース・T・アヨブ、ベルナディーン・A・マグヌソン、ウルスラ・ヴェルワー・リエック、パー・ベンディックス・ジェペセン、ピ...
リスク食品

高齢者の脆弱性、サルコペニア、認知機能低下のリスクに対する牛乳およびその他の乳製品の効果 系統的レビュー

Effect of Milk and Other Dairy Products on the Risk of Frailty, Sarcopenia, and Cognitive Performance Decline in the Elderly: A Systematic Review Federico Cuesta-Tri...
リスク食品

腸内細菌叢に対する甘味料の効果 実験研究と臨床試験のレビュー

Effects of Sweeteners on the Gut Microbiota: A Review of Experimental Studies and Clinical Trials 概要 低カロリーであることや、糖分の多い製品の健康への懸念から、無糖食品の消費が増えている。ショ糖の数十万倍の甘さを持つ甘味料が...
リスク食品

異なるFAOゾーンの野生および養殖サケにおける環境汚染物質と抗生物質残留物の存在によるリスクの特徴付け

Risk characterisation from the presence of environmental contaminants and antibiotic residues in wild and farmed salmon from different FAO zones 概要 鮭の消費量は年々増加している。サケの養殖...
リスク食品

「反栄養素」なんてものは存在するのか?問題視されている植物性化合物についての考察

Is There Such a Thing as “Anti-Nutrients”? A Narrative Review of Perceived Problematic Plant Compounds 要旨 植物をベースとした食事は、生活習慣に起因する慢性疾患のリスクの低下と関連している。植物に含まれる数千種類ものフィ...
リスク食品

全粒穀物とフェノール酸:生物活性、機能性、健康上の利点とバイオアベイラビリティに関するレビュー

Whole Grains and Phenolic Acids: A Review on Bioactivity, Functionality, Health Benefits and Bioavailability 要旨 穀物は人間の主要な食糧源の一つであり、今日では世界の人口のニーズを満たすためにその生産量が増加してい...
リスク食品

レクチン除去ダイエット 次の大きな食品トレンド?

Dietary Lectin exclusion: The next big food trend? 要旨 最近まで、セリアック病を除いて、消化器内科医は消化器疾患の管理における食事の役割に特に関心を持っていなかった。しかし、患者は常に食事療法が症状の一端を担っているに違いないと感じており、医学的な関心がない場合には、しば...
リスク食品

アルコール リスクを減らす ライフエクステンション・マガジン

Alcohol: Reducing the Risks 1 概要 概要と速報 ビンジ飲酒とは、男性が5杯以上、女性が4杯以上のお酒を約2時間以内に摂取することをいう。暴飲の短期的な影響は、軽度の二日酔い症状から、生命を脅かす中枢神経系の機能障害、電解質のアンバランス、そして死に至るまで多岐にわたる。 ...