デジタル社会・監視社会

CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

ステークホルダー・ディストピア

The Stakeholder Dystopia プレプリント - 2024年3月 ダグラス・C・ユーヴァン 2024年3月23日 はじめに 「ステークホルダー・ディストピア」では、第二次世界大戦後から2020年代のデジタル時代まで、権力、プライバシー、ガバナンスの進化を旅す。こ
WEF/グレート・リセット

偽装された第三次世界大戦

Feigned WWIII プレプリント - 2024年3月 ダグラス・C・ユーヴァン 2024年3月22日 はじめに 『偽装された第三次世界大戦』では、読者は綿密に作り上げられたディストピアの現実に没入する。ここでは、古代の秘密結社にルーツを持つ影の組織『ニューバビロン』が、実
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

行政、議会、司法:WEF、イスラエル、CIA
WEF、イスラエル、CIA

Executive, Congress, and Judicial: WEF, Israel, and the CIA プレプリント - 2024年2月 ダグラス・C・ユーヴァン 1,379件の出版物 5,613件の引用 行政、議会、司法 WEF、イスラエル、CIA 要旨 前例の
ウィキリークス、ジュリアン・アサンジ

サイファーパンクス 自由とインターネットの未来
Cypherpunks: Freedom and the Future of the Internet

Cypherpunks: Freedom and the Future of the Internet © 2012 ジュリアン・アサンジ サイファーパンクとは何か? サイファーパンクは、社会的・政治的変化を達成する方法として、暗号や同様の手法の利用を提唱している1。1990年代
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

世界秩序に対する新保守主義の脅威(2015)
覇権をめぐるアメリカの危険な戦争 / ポール・クレイグ・ロバーツ著

The Neoconserative Threat to World Order ロバーツ、ポール・クレイグ 世界秩序に対する新保守主義の脅威: 覇権をめぐるアメリカの危険な戦争 / ポール・クレイグ・ロバーツ著。 目次 序文 ワシントンがウクライナを不安定化させる 2014年2
デジタル社会・監視社会

『Reality Lost』(2018) エピローグ 全体主義へのデジタル・ロード

Reality Lost Markets of Attention, Misinformation and Manipulation Epilogue: Digital Roads to Totalitarianism ヴィンセント・F・ヘンドリックス& Co. マッツ・ヴェステ
デジタル社会・監視社会

パンデミック警察権力、公衆衛生と廃絶問題(2022)
Pandemic Police Power, Public Health and the Abolition Question

Pandemic Police Power, Public Health and the Abolition Question パンデミック警察権力、 公衆衛生と廃絶問題 トリオン・P・ウッズ 人種、エスニシティ、インディジニシティと刑事司法におけるパルグレイブ研究 シリーズ編集
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

アンドリュー・ブスタマンテ:CIAスパイ|Lex Fridman Podcast #310
Andrew Bustamante: CIA Spy | Lex Fridman Podcast #310

Andrew Bustamante: CIA Spy | Lex Fridman Podcast #310 Lex Fridman 0:00 元CIA諜報部員であり、米空軍の戦闘経験者であるアンドリュー・ブスタマンテ氏との対談。 CIAのスパイとして7年以上活躍したアンドリュース
SDGs 環境主義

コントロールの通貨:CBDCの導入はいかに世界の専制政治をもたらすか アーロン・デイ
Currency of Control: How CBDC Implementation Is Leading to Global Tyranny–Aaron Day

Currency of Control: How CBDC Implementation Is Leading to Global Tyranny–Aaron Day エポックタイムズ アメリカの思想家 10-10-2023 中央銀行デジタル通貨を導入するために、暗号通貨を取り締
イーロン・マスク、ツイッター

『グレート・リセットと自由への闘い』 グローバル・アジェンダを解き明かす
The Great Reset and the Struggle for Liberty: Unraveling the Global Agenda

The Great Reset and the Struggle for Liberty: Unraveling the Global Agenda マイケル・レクテンウォルド博士(MICHAEL RECTENWALD) AI要約 本書『グレート・リセットと自由への闘い』は、グロ
ギフトエコノミー / 贈与経済

『コモンズとして考える』コモンズの生活入門(2014)
Think Like a Commoner: A Short Introduction to the Life of the Commons

Think Like a Commoner 要旨(GPT-4) 『Think Like a Commoner: A Short Introduction to the Life of the Commons』は、デビッド・ボルリエ(David Bollier)によって著された本で
デジタル社会・監視社会

子守国家の愚政:政府が最もよく知っていると考えるとき
A Nanny State Idiocracy: When the Government Thinks It Knows Best

A Nanny State Idiocracy: When the Government Thinks It Knows Best 「その仮面がファシズム、民主主義、プロレタリアート独裁のどれであろうと、われわれの偉大な敵は官僚、警察、軍隊といった組織であることに変わりはない」-
AI(倫理・アライメント・リスク)

次は社会の自動化だ デジタル革命をどう生き抜くか
The Automation of Society is Next : How to Survive the Digital Revolution

The Automation of Society is Next : How to Survive the Digital Revolution バージョン1.0 ダーク・ヘルビング 献辞 本書をディートマー・フーバーに捧げたい。彼が長年にわたって私に与えてくれた素晴らしいサポ
デジタル社会・監視社会

『魂の窓』 ハイテクノロジー時代の監視と社会(2016)
Windows into the Soul: Surveillance and Society in an Age of High Technology

魂の窓 ハイテクノロジー時代のモニタリングと社会 GARY T. MARX 目次 序論 謝辞 序論1 第1部: 概念 控えめだが持続的な分析力の必要性 1 モニタリング学の用語の定義 2 それで何が新しくなったのか?変化と継続のための手段を分類する 3 では、何が古いのか?継続と
デジタル社会・監視社会

監視資本主義の時代
The Age of Surveillance Capitalism

初回限定版 2019年1月 タイトル The age of surveillance capitalism : the fight for a human future at the new frontier of power / Shoshana Zuboff. CONTENT
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

『隠れる場所はない』 エドワード・スノーデン、NSA、そして米国の監視国家
No Place to Hide: Edward Snowden, the NSA, and the U.S. Surveillance State

No Place to Hide: Edward Snowden, the NSA, and the U.S. Surveillance State 本書は、米国政府の秘密の大量監視システムに光を当てようとするすべての人々、特に自由を賭してそれを行おうとする勇気ある内部告発者に捧
デジタル社会・監視社会

狙われる私たち:政府はいかにして監視を武器に批判者を黙らせるのか?
We the Targeted: How the Government Weaponizes Surveillance to Silence Its Critics

We the Targeted: How the Government Weaponizes Surveillance to Silence Its Critics 「ひとたび政府が反対派の声を封じ込めるという原則に傾倒すれば、その行きつく先はただひとつ、ますます抑圧的な手段に走
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

リチャード・グローブによるNSA内部告発者ウィリアム・ビニーのインタビュー|悲劇と希望
45:17 / 2:35:00 • relationship mapping Screenshot NSA Whistleblower William Binney interviewed by Richard Grove | Tragedy and Hope

1,185,672 回視聴  2015/01/28 米国情報機関に36年間勤務したベテラン、ウィリアム・ビニーは、米国家安全保障局(NSA)のグローバル通信情報(COMINT)ディレクターの職を辞し、内部告発を行いました。 ビニーと彼のチームが開発したNSAのデータ監視プログラム
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

内部告発者:NSAの目標は「総人口管理」
Whistleblower: NSA Goal Is 'Total Population Control'

Whistleblower: NSA Goal Is 'Total Population Control' パット・ロバートソン 0:00 聞いてください。黙示録にも書かれています。それは起こり得るのでしょうか?答えは、残念ながら完全な人口管理です。ビル・ビニーは、それが国家安全
デジタル社会・監視社会

エドワード・スノーデン、Web3 Summit 2019に登場
コビッド危機の間に起こる検閲に関する先見の明ある予測

Edward Snowden at Web3 Summit 2019 ロバート・W・マローン 2023/07/12 現在を理解するためには過去を知らなければならない カール・セーガン すべてのものには過去がある。人、物、言葉、すべてに。過去を知らなければ、現在を理解することも、未
alzhacker.com をフォロー