『コモンズとして考える』コモンズの生活入門(2014)
Think Like a Commoner: A Short Introduction to the Life of the Commons

ギフトエコノミー / 贈与経済デジタル社会・監視社会マルサス主義、人口管理レジスタンス・抵抗運動ローカリゼーション・脱中央集権・分散化

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Think Like a Commoner

要旨(GPT-4)

『Think Like a Commoner: A Short Introduction to the Life of the Commons』は、デビッド・ボルリエ(David Bollier)によって著された本で、共有資源(コモンズ)についての入門書である。この本は、共有資源の概念を現代社会に適用し、持続可能な経済と社会を構築するためのアプローチを探求している。

主要な内容とテーマ
  • コモンズの定義: コモンズとは、共同体によって管理され、共有される資源や文化財のことを指す。これには自然資源、知識、文化的遺産などが含まれる。
  • コモンズの重要性: ボルリエは、コモンズが地域コミュニティの自立と持続可能性に不可欠であると主張している。コモンズは、市場や国家による管理から独立した形で資源を管理し、利用するアプローチである。
  • 歴史的背景: 著者は、コモンズの歴史的な変遷と、産業革命以降、市場経済や国家によってコモンズがどのように圧迫されてきたかを検討している。
  • 現代におけるコモンズ: ボルリエは、インターネットやデジタル技術が新たな形のコモンズを生み出し、知識や文化の共有を促進していると指摘する。オープンソースソフトウェアやクリエイティブ・コモンズライセンスなどがその例だ。
  • コモンズに基づいた経済: 本書では、コモンズに基づいた経済モデルが、より公正で持続可能な社会を実現するための可能性を持っていると論じている。このアプローチは、資源の効率的な利用、地域コミュニティの強化、環境保護などを重視している。
結論

『Think Like a Commoner』は、コモンズという 古いが重要な概念を現代的な文脈で再解釈し、新しい経済的および社会的可能性を探求している。ボルリエは、コモンズが個人、コミュニティ、そして地球全体の福祉にどのように貢献できるかを探る。彼は、共有資源の管理と利用が、市場経済や国家統制の代替としてどのように機能するかを明らかにし、持続可能な未来への道を示唆している。

この本は、コモンズに関する理解を深めるだけでなく、経済、政治、環境問題に関心がある読者にとっても新たな視点を提供する。コモンズの理念を通じて、より公平で持続可能な社会を築くための具体的なアイデアや戦略が提示されている。

『コモンズとして考えよう』への称賛

コモンズは現代において最も重要で希望に満ちた概念であり、本書を読めばその理由がわかるだろう!

-ビル・マッキベン(『ディープ・エコノミー』著者

Think Like a Commoner(コモンズとして考える)』は、素晴らしく、親しみやすく、実践的で、ブレイクスルー知的力作である。ニューエコノミー運動への決定的な貢献であり、人類の未来に関心を持つすべての人にとって必読の書である。今後何年にもわたって、基本的な参考文献として読み返すことになるだろう。

-デヴィッド・コルテン(『アジェンダ・フォア・ニューエコノミー』著者、YES!マガジン理事長、ニュー・エコノミー・ワーキンググループ共同議長

コモンズはまさに新しいパラダイムであり、文明の改革に欠けている第3のリンクである。しかし、コモンズはモノではなく、何よりも文化革命と主観的変化の表現なのだ。デイヴィッド・ボリアーは、この偉大な文化的転換の重要性を見事に説明してくれた。

-ミシェル・バウウェンス、ピア・ツー・ピア・オルタナティブ財団創設者

私たちの世界が生き残るためには、古代の知恵を復活させる必要がある。デビッド・ボリアーは、私たちのコモンズの未来について、美しく、大胆で、しかし実践的なビジョンを示し、その前途を照らしている。私はこの本が大好きだ!

-モード・バーロウ、カナダ人評議会全国議長、国際的な水活動家

私たちがコモンズとしてともに所有する富は、私たちや企業が個別に所有する富よりもはるかに価値が高いということを知ったら、おそらく驚くだろう。企業はこのことを知っていて、私たち国民が所有するもの、例えば公共の電波、公共の土地、私たちの遺伝子、納税者が負担する何兆ドルもの知識(研究開発など)を商業化したり、支配したりしている。この他にも、多種多様なコモンズについて、また、私たち、私たちの子孫、そして地球のために経済を変革するために、私たちが所有するものをどのようにコントロールできるのかについて、ボリアーの見事な文章を読む必要がある。この本を手に取れば、正規の教育を受けてきた私たちが、どういうわけか気づかなかったコモンズという形で、私たち全員が所有しているものへの興奮に震えることだろう。

–ラルフ・ネーダー、消費者擁護者、『Unstoppable』著者: 企業国家を解体するための新たな左翼と右翼の同盟』の著者である。

2014年1月初版

目次

  • はじめに
  • 1. コモンズの再発見
  • 2. 悲劇神話の暴虐
  • 3. 囲い込みとコモンズ
  • 4. 公共空間とインフラの囲い込み
  • 5. 知識と文化の囲い込み
  • 6. コモンズの消された歴史
  • 7. 私有財産の帝国
  • 8. デジタル・コモンズの台頭
  • 9. コモンズの銀河系
  • 10. 異なる見方と在り方としてのコモンズ
  • 11. コモンズの未来
  • コモンズ
  • 市場とコモンズの論理
  • コモンズに関する参考文献
  • コモンズに関する主要なウェブサイト
  • 謝辞
  • 索引
  • 著者について

はじめに

飛行機の座席に座っていた同僚が、突然私に向かって「それで、あなたは何をなさっているのですか」と尋ねた。私は「コモンズを研究し、それを守るための活動家として働いている」と答えた。

と答えた。「何を言っているんだ?」それが初めてではなかった。そこで私は、ボストン・コモンや中世の牧草地といったおなじみの例を挙げ、いわゆるコモンズの悲劇、つまり学部生の世代を洗脳したミームの話に移った。

興味がわいたようなので、オープンソースソフトウェア、ウィキペディア、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの話をした。私は囚われの身である同席者を圧倒する危険を冒しながら、コモンズとしてほとんど目にすることのない、鉱物や森林を含む広大な公有地、テレビ局が無料で使用する放送電波、都市空間、ヒトゲノムといったコモンズのリストを列挙した。私は、私の故郷の素晴らしい地域の祭り、献血システムの「贈与経済」、そして言語そのもののコモンズ(誰でも自由に使える資源だが、その文字や言葉は急速に所有権のある商標になりつつある)について言及した。そして、世界中の推定20億人が日常の必要を満たすためにコモンズとして管理している漁場、農地、水もある。

私は、新しい友人が本に戻るか、窓の外に広がるグレートプレーンズの雲を眺めるだろうと思っていた。代わりに彼女は明るくなった。「ああ、わかったよ!コモンズ(共有地)とは、誰のものでもなく、みんなで共有するものなんだ」

いい言葉だ

彼女が犬を散歩させ、見知らぬ人たちと交流する公園もコモンズであり、彼女が所属する子育てに関するオンライン・リストサーブもコモンズであると彼女はつぶやいた。彼女は自宅近くの湖や、さまざまな公共イベントが開催されるダウンタウンの広場を引き合いに出した。

現代の先進国では、コモンズは不可解で異質な概念になりがちだ。コモンズという言葉は、古き良きイギリス(「コックスウェイン・コモンズ・アパートメント」)を彷彿とさせるエセ風流人を連想させるために使われることはあるが、そうでなければほとんど通用しない。私たちにはコモンズ(本当のコモンズ)を名付けるための言語がないため、コモンズは目に見えず、当然のものとされがちなのだ。コモンズは文化的なカテゴリーとしては馴染みが薄い。価値のあるものは通常、「自由市場」や政府と結びついている。人々が自分たちの資源を管理するための耐久性のある取り決めを実際に自己組織化し、このような社会統治のパラダイムが莫大な価値を生み出すという考えは、ユートピア的か共産主義的か、少なくとも非現実的なものに思える。一部のコモンズ擁護論者が主張するように、コモンズが社会的・政治的解放や社会変革の手段になり得るという考えは、明らかに馬鹿げている。

本書のポイントは、そのような偏見をやさしく払拭し、コモンズについて簡単に紹介することである。長年にわたってコモンズについて多くの混乱に遭遇し、コモンズ志向の豊かな学術的体系がいかに一般読者にはアクセスしにくいか、コモンズを基盤とした活動やプロジェクトがいかに散在し、無視され、誤解されているかを目の当たりにしてきた私は、そろそろこのトピックについて短くわかりやすくまとめたものを書くべきだと考えた。「(コモンズ」は単数形でも複数形でもあり、「コモンズ」の代わりに「コモン」という言葉を使うことで、事態をさらに混乱させている人もいる)。

読者の皆さんには、短いフライトを始めるにあたり、訝しげな私の同席者になったつもりでいてもらいたい。あなたはコモンズや社会的協力の必要性について直感的に理解している。企業資本主義や政府の惨憺たる業績についてもご存知だろう。数え切れないほどの公的資源が民営化され、日常生活の隅々にまで広告が蔓延し、頑固な環境問題が増え続けていることに懸念を抱いているかもしれない。

私としては、革新的かつ社会的な方法でこのような問題に取り組むコモンズの力について、多くの話をしたい。コモンズの数え切れないほどの「囲い込み」-企業利益団体が私たちの共有する富を横取りし、高価な私的商品に変えてしまう-について調査し、執筆してきた結果、私はコモンズに対する私たちの無知がいかに危険であるかを知った。コモンズに関する私の最初の著書『Silent Theft(静かなる窃盗)』の副題にあるように、コモンズは私的な共有財産の略奪を可能にするだけなのだ。

私たちは、市場の病理と、コモンズに基づく実現可能な代替案を挙げる言葉をあまり持っていない。コモンズに名前をつけることで、私たちはそれを取り戻す方法を学ぶことができる。私たちは市場の限界について健全な視点を持ち始め、他者と共有する行為に参加する方法を学ぶことができる。そして、経済的、社会的、政治的、市民的、物理的、美的、さらには精神的なものまで、店で買うことのできない多くの利益を得ることができる。

コモンズを取り巻く多くの誤解が私を悩ませている。そこで私は、コモンズの歴史とコモンズが掲げる政治的ビジョンが、なぜ楽観的であるのかを説明したい。従来の経済学よりも豊かな価値理論を提唱することで、コモンズがいかに経済的問題を改善できるかを説明したい。というのも、世界の経済的・政治的生活のあまりに多くが、貪欲な市場と、それが生み出す生態系へのダメージや歪んだ人間関係を中心に回っているからである。

天然資源、オンライン情報、市民生活など、現実に存在する数え切れないほどのコモンズが、重要な反面教師となっている。これらのコモンは、経済的生産、社会的協力、個人的参加、倫理的理想主義をひとつのパッケージに統合している。自助努力と集団的利益の実践的パラダイムを象徴している。コモンズは本質的にパラレルエコノミーであり、社会秩序である。そしてさらに、私たちは今、自分たちでそれを築くことができるのだ。

以下のページで述べるように、コモンズは機能不全に陥った政府を刷新し、略奪的な市場を改革する大きな可能性を秘めている。コモンズは、過度に商業化された消費文化を抑制するのに役立つだろう。コモンズは、環境を保護するための新しい形の「グリーン・ガバナンス」の到来を告げることができる。代議制民主主義が大金と遠隔地の官僚機構による派手な見せかけのものとなっている今、コモンズは人々の生活に真の変化をもたらすことができる、新しい形の現場参加と責任を提供する。

強調しておきたいのは、コモンズは選挙広報担当者が好むような「メッセージ戦略」でもなければ、イデオロギーや教義でもないということだ。コモンズとは、「公益」の新しい呼び名でもない。具体的な政策アプローチを伴う一種の政治哲学であるが、私たちを完全に人間的で複雑な生き物として巻き込むものであるため、より深い意味を持つ。

パラダイムとしてのコモンズは、経済的なものと社会的なもの、集団的なものと個人的なものを組み合わせた、自己供給とスチュワードシップの発展的なモデルで構成されている。コモンズを尊重することは、市場と国家の二重権力との不愉快な出会いを招く危険性があるからだ。

かつては道徳と政治という別々の領域だった市場と国家は、今や技術進歩、企業支配、拡大し続ける経済成長と消費というビジョンを共有する緊密な同盟関係で結ばれている。庶民は、これが道徳的に欠落し、精神的に満足できない人類のビジョンであるだけでなく、狂気のユートピア幻想であることに気づいている。また、生態学的にも持続不可能であり、崩れかけた偶像であるため、かつては当然とされていた敬意をもはや払えない。

これに対してコモンズは、人間の充足と倫理についてまったく異なるビジョンを提示し、人々がボトムアップで、自分たちでできる解放のスタイルを達成するよう呼びかける。閉ざされた政党政治や硬直したイデオロギー、遠隔地にある中央集権的な制度にはほとんど関心がない。R・バックミンスター・フラーの言葉を借りれば、「何かを変え、既存のモデルを時代遅れにするような新しいモデルを構築する」のである。

世界各地で活発なコモンズ運動が行われているのは、そういうことなのだ。新しい生産形態、よりオープンで説明責任のある統治形態、革新的な技術や文化、健康的で魅力的な生き方などを開拓している。それは静かな革命であり、自己組織化され、多様化し、社会的な配慮がなされている。現実的でありながら理想主義的であり、今のところ、主流の政治や公共政策に時折関与する程度である。しかし、ほとんどの場合、主流メディアや政治体制の目に触れることなく、着実に成長を続けている。国境を越えた市民のさまざまな部族が互いを見つけ始めているからだ。彼らは仕事や思考を調整し、市場/国家の機能不全と反民主主義的パラノイアが拡大する中で、共通の大義を作る方法を開発しつつある。

この先、コモンズが多くの文脈で展開されているように、その論理と社会的力学を爽やかに説明できればと思う。その一方で、さらなる注意を喚起する豊かな複雑性と未解決の問題をできるだけ指摘することを約束する。私たちは、コモンズの消された歴史の一部を辿り、「コモンズの悲劇」として知られる中傷を再検討し、社会科学者や活動家たちが過去数世代にわたってどのようにコモンズを再発見してきたかを見ていく。

また、コモンズが、所有権、市場、価値に関する標準的な市場の物語に深遠な疑問を投げかけ、新しい政治経済学のためのまったく異なる基礎的前提をどのように提唱しているのかを探る。コモンズは、経済学や公共政策、政治学の枠を大きく超えている。第10章で述べるように、コモンズは、私たちが慣れ親しんできた人間存在(存在論)や人間知識(認識論)とはまったく異なるあり方を指し示している。コモンズは、人間の道徳、行動、願望について、経済学101で教えられるような温厚なモデルを超えた新しいモデルを示唆している。

コミュニティを奪い、環境と文化を劣化させているさまざまな囲い込みの概観を抜きにして、コモンズの調査は完全ではないだろう。水、土地、森林、漁業、生物多様性、創造的作品、情報、公共空間、先住民文化など、私たちの共有財産の多様な領域はすべて包囲されている。勇気づけられるニュースは、市場の囲い込みが横行しているにもかかわらず、市民たちが驚くほど幅広い、たくましく革新的なモデルで対応しているということだ。フリーソフトウェアやフリーカルチャーの「コピーレフト」ライセンス、共同ウェブサイトやその他のピアプロダクションの形態、種子や土地、水、その他の天然資源を共有する自給自足のコモンズ、大規模な共有資産を管理するためのステークホルダー信託、コミュニティへの参加と市場への供給を融合させた再ローカル化されたフードシステム、その他多くのものである。

広角的な視点に引き戻せば、歴史、政治、コモンズの多様な立場が、首尾一貫した新しいパラダイムへと結晶していくのがわかるだろう。コモンズ・ルネッサンスを想像する勇気もある。私がシルケ・ヘルフリッチと共編した近著『コモンズの富』は、市場と国家を超えた世界について記録している: The Wealth of Commons: A World Beyond Market and State(コモンズの富:市場と国家を超えた世界)』は、コモンズの活動やアドボカシーが驚くほど国際的に広がり、活力を帯びていることを記録している。ドイツのエコビレッジやチリのフィッシャー・コモンズ、何千ものオープンアクセス科学ジャーナル、地域コミュニティによって利用される爆発的な代替通貨、食料と社会的つながりを育むアーバン・ガーデンなど、コモンズは現在、さまざまな場所で目にすることができる。

こうした動きは 2008年の金融危機によって明らかになった、市場個人主義、私有財産権、新自由主義経済学といった一般的なドグマでは、私たちが必要とするような変化をもたらすことはできないし、もたらすこともないという現実を物語っている。しかし、伝統的な改革論者であるリベラル派や社会民主主義者たちは、市場の濫用や政府の不正を懸念する一方で、新たな道筋を想像するにはあまりに疲弊している。彼らは、市場・国家という考え方や文化的展望に縛られすぎており、金融資本を前にしてはあまりにナイーブ、あるいは無気力であるため、新しい統治形態や制度的革新を受け入れることができないのだ。現代のリベラルや社会民主主義者は、野心的な社会的・政治的変革(「Change We Can Believe In」など)を望んでいるように装っているかもしれないが、厳しい政治的真実は、彼らが権力という罪深いものにしがみつき、お茶を濁すことに満足しているということだ。

私たちの飛行が順調に進むことを願っている。降下する前に、新自由主義イデオロギーの老朽化したドグマに立ち向かうコモンズパラダイムの未来について考えてみたい。約束を果たすことができず、代替案を真剣に検討することも許さない「自由市場」神学を、どうすれば打ち崩すことができるのだろうか。国家や国際機関の古臭いシステムは、深刻な危機に瀕している地球の生態系に知的に対処するために、自らを動員することができない。社会正義と公正な分配を改善するための真剣な対策にも抵抗している。

新自由主義的なガバナンスの機能不全に直面し、インドやイタリア、ドイツやブラジル、アメリカやイギリスなど世界の多くの地域から庶民の運動が高まり、グローバルなインターネット文化を通じて猛烈に連携している。これはイデオロギー的な夢物語やユートピア幻想ではない。迫り来る多くの大災害に直面しながらも、生きた機能的な代替案を構築しようと決意した、経験豊富で現実的な夢想家たちによる断片的な革命なのだ。

この先、波乱が起こるかもしれない。しかし今は、腰を落ち着けてリラックスし、フライトを楽しもう。コモンズについて話そう。

1. コモンズの再発見

インドのハイデラバードから西へ2時間のところにある小さな村、エラクラパリーの女性たちは、埃っぽい地面に毛布を敷き、色鮮やかで刺激的な香りのする種子の入った袋を、彼女たちの宝物である30個の山に丁寧に流し込んでいった。彼女たち(全員インドの最貧困層であり社会的カーストの最下層に位置するダリット)にとって、種子は単なる種子ではない。彼女たちの解放と地域の生態系回復の象徴なのだ。自家採種された種子のおかげで、インドのアンドラ・プラデシュ地方の小さな村に住む何千人もの女性たちが、低賃金の保税労働者としての運命から逃れ、自立した誇り高き農民として生まれ変わることができたのだ。

私がデカン開発協会の支援でエラクラパリーを訪れた2010年当時、インドの食料価格は年間18%も高騰し、国のあちこちに社会不安と飢餓をもたらしていた。しかし、アンドラ・プラデシュ州の75の村に住む5,000人の女性とその家族は、以前は1日1食だったのが2食になっただけでなく、遺伝子組み換え種子や単一栽培作物、農薬、外部の専門家、政府の補助金、気まぐれな市場などに頼ることなく、必要なだけの食料を確保していた。女性であり、社会的に敬遠される「不可触民」であり、貧しい農村の村民である。

1960年代から1970年代にかけての「緑の革命」において、西側諸国の政府や財団は、いわゆる発展途上国に大規模な商業用米や小麦の生産を導入しようと大々的に推進した。これは短期的には飢餓の緩和に役立ったが、インドの多くの生態系にとって異質で、有害で高価な農薬を必要とする作物を導入することにもなった。また、新しい作物は干ばつや不安定な市場価格に対してより脆弱である。悲劇的なことに、緑の革命は、かつて何世代にもわたって村々で栽培されてきた伝統的な雑穀を駆逐してしまった。市場ベースの単一栽培作物の費用と予測不可能性、そしてその結果しばしば起こる農業と財政の失敗が、過去10年間で20万人にのぼる農民の自殺の蔓延の原因だと広く非難されている。

エラクラパリーの女性たちは、伝統的な作物の方が、西洋から輸入された種子よりも、アンドラ・プラデシュ州の半乾燥地帯やその雨のパターン、土壌のタイプにはるかに生態学的に適していることを発見した。しかし、昔ながらの生物多様性に富んだ農法を取り戻すためには、彼女たちは母親や祖母に頼んで、ほとんど忘れ去られたような古い種を何十個も探してもらわなければならなかった。やがて屋根裏部屋や家族の金庫から、植え付けに必要なだけの種が見つかり、さらに何度も栽培を繰り返した末に、伝統的な「混作」農法が復活した。これは同じ畑に6,7種類の種を植えるというもので、一種の 「エコ保険」の役割を果たしている。雨が多すぎても少なすぎても、あるいは雨が早すぎても遅すぎても、種の一部は育つ。そして、高価な遺伝子組み換え種子や化学合成農薬や化学肥料を買う必要もない。

伝統的農業の回復は、「技術移転」や政府主導の農業研究によってもたらされたのではない。「人々の知識」を取り戻し、社会的協力と種子の共有を意図的に奨励するという、自分でできるプロセスによってもたらされたのだ。種子を共有する村では、今やすべての農民が使用するすべての種子について完全な知識を持ち、各家庭には独自の「遺伝子バンク」、つまり種子のコレクションがある。

「私たちの種、私たちの知識」というのが女性たちの言い分で、すべての種は彼女たちの知識のカプセルなのだ。種子を売買することは許されておらず、共有したり、借りたり、取引したりすることしかできない。種子は「経済的な投入物」とはみなされない。村人たちは種子と「社会的」、ほとんど神秘的な関係を持っており、これが女性たちが自らを解放できた微妙だが重要な理由である。デカン開発協会のP.V.サティーシュは、「女性の人生には、すべての作物に意味がある。種は尊厳の源なのだ」

アンドラ・プラデシュ州の種子を育てるコモンズは、コモンズの重要な特徴をよく表している。コモンズには基本的な目録はない。コモンズは、コミュニティが公平なアクセスと利用、そして持続可能性に特別な配慮を払いながら、集団的な方法で資源を管理したいと決定すれば、いつでも発生する可能性がある。

本章のタイトルである「コモンズの再発見」には、ある種の皮肉が込められている。というのも、世界中の何億という人々にとって、コモンズは決して無くなったわけではないからだ。コモンズは何世紀もの間、人々の日常生活の一部であった。食料、薪、灌漑用水、魚、野生の果実、ベリー類、野生の狩猟獲物など、コモンズは毎日彼らを養ってきた。しかし、これらのコモンズは、ネイティブ・アメリカンやその他の先住民のものと同様、今日でもしばしば目に見えない、あるいは些細なものと見なされてきた。ほとんどの経済学者が言うように、市場だけが私たちの本質的なニーズを満たす力を持っている。最近のコモンズの「再発見」は、そうではないことを示唆している。市場に取り憑かれた工業化社会は、社会や資源を管理する唯一の方法は市場と国家だけではないことに気づきつつある。

しかし、コモンズを理解するためには、特殊な視点から考え、社会的関係の創造的な可能性を見極め、抽象的な普遍性や予測可能な確実性を求めることを放棄する姿勢が必要である。コモンズが機能するのは、人々が資源の管理をそのユニークな側面から知り、経験するようになるからである。人々は互いに依存し合い、この森や湖や農地を愛するようになる。人々と資源の関係は重要である。

歴史も重要だ。コモンズの成功には、その時々の歴史的状況、指導者、文化的規範、その他の要因が重要である。コモンズが存続し、発展していくのは、一定の集団が、その資源を管理するための独自の社会的慣行や知識体系を発展させていくからである。それぞれのコモンズが特別なのは、特定の資源、景観、地域の歴史、伝統との関係において発展してきたからである。

GNU/Linuxとして知られるコモンズ、歴史上最も成功し、広く使われているソフトウェア・プログラムのひとつを生み出したあり得ない状況を考えてみよう。

LINUS TORVALDSは1991年、フィンランドに住む21歳の学部生で、自分のコンピュータ・オペレーティング・システムを書こうと決心した。というのも、オペレーティング・システムは恐ろしく広大で複雑なものであり、大企業にしか作成・配布する余裕がないものだったからだ。しかし、トーバルズはメインフレームの代表的なプログラムであるUnixのコストと複雑さにうんざりしていたため、自分のパソコンで動くUnixライクなオペレーティング・システムの構築に乗り出した。運が良かったのは、ちょうどインターネットが電子メールやファイル転送のための一般的なメディアとして流行り始めた頃だった(ワールド・ワイド・ウェブはまだ発明されていなかった)。

トーバルズは自分のプログラムの初期バージョンをオンライン・グループに公開し、数ヶ月のうちに何百人もの人々が有益な提案やコードの断片をボランティアで提供してくれた。数年のうちに、数百人のハッカーからなる共同コミュニティができ、新しいプログラムに取り組むようになった。彼はこれをLinuxと呼んだ。「Unix」と彼のファーストネームである。「Linus」を組み合わせた言葉遊びである。数年後、いわゆるLinuxカーネルが、フリーソフトウェアファウンデーションの創設者であるリチャード・ストールマンが開発したGNUとして知られるプログラム群と組み合わされ、パーソナルコンピュータ上で動作する完全なオペレーティングシステムが誕生した: GNU/Linux、しばしば単に 「Linux」として知られる。

これは驚くべき、そして予想外の成果だった。これは、素人でも非常に複雑なソフトウェア・プログラムを作成できることを示しただけでなく、インターネットが社会的コラボレーションのための非常に生産的なホスティング・インフラであることを示した。自ら選んだハッカーたちのバーチャル・コミュニティは、給与も企業組織も持たず、激しく創造的で革新的な、メリット主導のコモンズとして組織されたのだ。驚くべきことに、それはうまくいった!

Linuxの実験は、しばしば「コモンズベースのピアプロダクション」として知られる、オープン・ネットワーク・プラットフォームを通じて膨大な数の人々を参加させるタイプのオンライン・コラボレーションの基礎モデルであることを証明した。GNU/Linuxのコモンズ・モデルは、後にウィキペディアやオープンアクセス学術ジャーナルのような共同プロジェクトにインスピレーションを与える社会的パターンであった。Linuxはまた、ソーシャルネットワーキング、情報や資金調達のクラウドソーシング、オープンソースの原則を使用して製造された50種類の手頃な価格の農機具のコレクションであるGlobal Village Construction Setのようなオープンな設計や製造プロジェクトのような最近の技術革新を可能にした。

第8章で述べるように、Linuxの実験は、経済学の一見不可侵な原則を覆した。それは、市場における合理的で利己的な個人の駆け引きが、富を生み出す唯一の方法ではないことを示した。実際、「富」そのものが、株式や債券、現金といった途方もない金額以上のものであることを示した。真の富とは、コミュニティの資産であり、コミュニティを可能にする豊かな社会的関係の集合でもありうるのだ。リナックスのストーリーは、コモンズが非常に生成的で現代的であると同時に、完全に実用的で効果的でありうることを見事に証明している。

コモンズを創設するための標準的な公式や青写真は存在しない。また、コモンズは万能薬やユートピアでもない。コモンズでは、コモンズ同士の意見が食い違うことも多い。性格の不一致もあれば、何が最も効果的で何が公平かという内部的な議論もある。構造的なガバナンスの問題や外部からの政治的干渉もありうる。しかし市民は、水が不足しているときに40エーカーの土地を灌漑する最善の方法は何か、この沿岸の湾で減少しつつある漁業へのアクセス権を公平に配分する方法は何か、といった現実的な難問に取り組むことに熱心である。コモンズはまた、不法侵入者、破壊者、フリーライダー(相応の責任を負うことなく利益を求める個人)の問題にも恐れず取り組む。

重要なのは、コモンズは自治、資源管理、そして、「よく生きる」ための実践的なパラダイムだということだ。コモンズは、市場や政府の官僚機構を巻き込むことなく、共通の目的を達成するために満足のいく解決策を交渉できることが多い。彼らは、集団的資源を管理するための最良の構造、ルール作りの手順、機能する運営規範を見つけ出すのに苦労する。森林や湖、農地の乱獲を防ぐために、効果的な慣行を確立する必要性を理解している。彼らは義務と権利の公正な配分を交渉することができる。彼らは儀式を好み、集団の習慣やスチュワードシップの倫理を内面化し、やがて美しい文化へと熟成させていく。

常に課題となるのは、一部の人々が共通の合意から「離反」し、そうでなければ全員に利益をもたらすはずの潜在的な計画を台無しにする傾向があることだ。これは、集団的資源から私利私欲を得ることにつながりかねないし、さらに悪いことに、資源を破壊する無秩序な自由競争につながることもある。これは 「集団行動問題」として知られている。社会科学者は、集団行動問題がなぜこれほどまでに難解になるのか、そしてどのようにすれば克服できるのかを研究することに多くの時間を費やしている。この問題については、第2章でさらに掘り下げていく。

コモンズが単なる物や資源ではないことを理解するのに役立つ。コモンズ研究の門外漢はこのような間違いを犯しがちであるが、それは彼らが経済学者であり、あらゆるものを客観視する傾向があるためか、あるいはある資源をコモンズとして管理すべきであると宣言する市民であるためである(私が「願望的コモンズ」と呼ぶもの)。コモンズには確かにあらゆる種類の物理的・無形的資源が含まれるが、より正確には、ある資源を管理するために用いられる一連の社会的慣行、価値観、規範と、明確なコミュニティを組み合わせたパラダイムとして定義される。別の言い方をすれば、コモンズとは、資源+コミュニティ+一連の社会的規範である。この3つは統合された相互依存的な全体である。

この観点から見ると、セネガルのピンク色の湖やインターネット上のゲノムデータベースがコモンズであるかどうかが問題なのではなく、特定のコミュニティがそのような資源をコモンズとして管理する意欲があるかどうかが問題なのである。このように考えると、コモンズとして管理することが可能な、ありえないタイプの共有資源を考えることは興味深い。

ハワイのオアフ島ノースショアに住む筋肉隆々のサーファー集団は、バンザイ・パイプライン・ビーチでビッグウェーブをキャッチすることに情熱を注いでいる。パイプラインはサーフィンのエベレストとも例えられ、一流のサーファーがその実力と才能を証明するために訪れる場所だ。当然のことながら、誰がどの波に乗る権利を持つかをめぐって熾烈な競争が繰り広げられ、地元の人々が築き上げたサーフィンのプロトコルを尊重しない部外者への恨みが渦巻いている。バンズ・トリプルクラウン・オブ・サーフィン大会のエグゼクティブ・ディレクターであるランディ・ラリックは、『ニューヨーク・タイムズ』紙の記者にこう語った。別のサーファーは、「誰かにドロップインして怪我をしたり、ワイプアウトして怪我をしたりすれば、深刻な結果になる」と指摘した。

このような問題に対処するため、ウルフパックとして知られる自己組織化された社会的集団が、愛されているが希少な地元の資源である巨大な波を人々がどのように利用するかを管理するために集まった。ウルフパックのメンバーは、秩序ある安全で公正な波の利用、そして自分たちのコミュニティを維持するための独自のルールを発展させてきた。誰がどの波をキャッチできるかを決め、サーフィンのエチケットに関する社会規範に違反した者を罰するのだ。ノースショアのサーフィン文化について書いたことのある歴史学の教授、アイザイア・ヘレクニヒ・ウォーカーは、「ハワイアンにとって、特に海に入るとき、敬意は重要な概念だ」と指摘する。オーストラリアや南アフリカからサーファーが自分たちの腕前を自慢してビーチにやってきたとき、パイプラインの地元の人たちはそれをあまりよく受け止めなかった。

サーファー同士、特に地元とよそ者との間で衝突が起こることもあった。そこで興味深い疑問が生じる: 地元のサーファーファンと、ビーチを管理する法的権限を持つ州当局とでは、どちらがパイプラインの正当な管理者なのだろうか?地元のサーファーたちの懸念は、部外者の懸念よりも優先されるべきなのだろうか?それはいったい誰の共有物なのか?そして、それを保護するための最も公平で効果的な手段は何なのか?

ウルフパックのコモンズは、ボストンのある地域と似ている。その地域は、雪の多い冬の間、路上駐車を管理する独自のルールを設けている。ボストンが大雪に見舞われると、路上に車を停める場所を見つけるのが難しくなる。車庫のある一戸建て住宅に住んでいない人にとっては、苦労を強いられることになる。そのため、近隣の住民の間では、数フィートの雪かきをして駐車スペースを確保した場合、雪が溶けるまでそこに駐車する権利があるという共通認識が形成されているところもある。人々は、空いている駐車スペースに錆びた古い折りたたみ椅子やボロボロになった日用品を置くことで、そのスペースに駐車する権利を示す。

近隣の部外者が折りたたみ椅子を外してそこに駐車しようとすることは珍しくない。あるいは、近隣の住民が他人の場所に忍び込もうとすることもある。これは典型的なフリーライダー問題であり、いざこざや紛争の引き金になることで知られている。近隣住民は、自分たちの非公式な非法定ルールを施行したいと願っている。

エリナー・オストロム教授はかつて私に、これはコモンズだと言った。私は当惑した。どうして?なぜなのか?彼女は、雪が降っている間の駐車に関する近隣住民の自主的なルールは、「希少な使用権の配分に関する共有された理解」を表していると説明した。ウルフパックのビッグウェーブへのアクセス配分と同様、ボストン近隣の「駐車場コモンズ」は、自治が成功した事例である。

しかし、行政から見れば、近隣の駐車場コモンズは 「自分のことは自分でやる」ケースである。政府は自分たちの権限に嫉妬し、公式な政策を決定し実施する能力を少しでも侵害されると敵対する傾向がある。一方、ウォルフパックや駐車場コモンズから得られる教訓は、政府の官僚組織や正式な法律ではできないような管理や秩序を、地域のコモンズが提供できるということだ。ボストンの除雪車は確実に道路を除雪してくれるとは限らないし、市政府による駐車規則の施行は信頼性に欠けるか、費用がかかるかもしれない。ハワイ当局は、バンザイ・パイプライン・ビーチをパトロールする警察官やライフガードを雇いたくないかもしれないし(ガバナンスの空白が残る?)、そのような仕事は、大きな官僚機構が取り組むには非現実的、あるいは「小さい」と見なされるかもしれない。

しかし市民はどうだろう?彼らは多くの場合、知識、想像力、機知に富み、献身的である。彼らのインフォーマル・ガバナンスは、実際、公的な政府形態を凌駕するかもしれない。

実際、市民の間で明文化された交渉が習慣として定着すると、慣習は目に見えない。「慣習法」のようなものになる。慣習法は、喫茶店、学校、浜辺、「通り」といった社会の非公式な社会的ゾーンで生まれ、それ自体が効果的な秩序と道徳的正当性の源となる。行列に並ぶ(そして列に割り込む者を罰する)とか、食事のマナー(最後の一皿を決して取らない)といった社会規範は、一種の受動的コモニングであり、私たちのほとんどが、「物事の進め方」として内面化している。これらは、限られた資源へのアクセスを管理するための暗黙のコモン・モードを構成している。

上記のコモンズはいずれも、中央集権的な制度や政府の指示や監督を受けることなく、自然発生的に生まれたものである。各コモンズは、より大きな集団的目的にコミットすると同時に、個人にも利益をもたらしている。どのコモンズも、少なくとも直接的には、金銭や個人的な富の追求を原動力としていない。実際、ほとんどのコモンズでは、市場はむしろ周辺的な存在である。しかし、市場や国家が直接関与しなくても、深刻な生産と統治が行われている。

「再発見」されたパラダイムとしてのコモンズの素晴らしさは、その一般性と特殊性にある。民主的な参加、透明性、公平性、個人的な利用のためのアクセスなど、ある種の広範な原則を体現しているが、非常に特異な方法でそれ自身を現してもいる。こうした理由から、私はコモンズをDNAに例えたい。科学者に言わせれば、DNAは生命のコードがその土地の状況に適応できるように、巧妙に過小に規定されているのだという。DNAは固定的で決定論的なものではない。部分的で適応可能なものなのだ。DNAは成長し、変化する。コモンズは、環境や文脈と共進化するという点で、生物のようなものである。地域の偶発的な状況に適応するのである。バーモント州の森林コモンズと、ネパールやドイツの森林コモンズとでは、生態系、樹木の種類、経済、文化的歴史、その他多くのことが異なるからだ。とはいえ、いずれの場所のコモンズも、コモンズであることに変わりはない。参加する共有者の利益のために、共有資源を公正な方法で管理するための安定したレジームなのである。コモンズが体現する「統一性の中の多様性」という原則が、コモンズパラダイムをこれほど多用途で強力なものにしているのであり、従来の経済学者や政策立案者を混乱させているのである。

前述したように、コモンズの創設において重要なのは、コミュニティが、みんなの利益のために資源を管理するという社会的実践を行いたいと決定することである。これをコモンズと呼ぶこともある。コモンズの偉大な歴史家であるピーター・リネボーは、「コモニングなくしてコモンズは存在しない」と述べている。コモンズとは共有資源だけの問題ではなく、それを管理するために私たちが考案する社会的慣行や価値観の問題であることを強調しているからだ。

コモンズは一種の道徳的、社会的、政治的なジャイロスコープとして機能する。それは安定と集中をもたらす。人々が集まり、同じ経験や慣習を共有し、実践的な知識や伝統を蓄積するとき、一連の生産的な社会的回路が現れる。社会的エネルギーの永続的なパターンを生み出し、重大な仕事を成し遂げることができる。コモンズはコミュニティに継続的な利益をもたらす。この意味で、コモンズは社会的・道徳的エネルギーの磁場に似ている。その磁場は素人目には見えず、その効果は少し魔法のようにさえ見えるかもしれない。コモンズは、生産的で創造的な社会エネルギーの確実な流れを組織化するための万能なシステムなのである。

2. 「悲劇」神話の圧制

「万人に開かれた牧場を描こう」

少なくとも1世代にわたって、コモンズという考え方そのものが疎外され、資源を管理するための誤った方法、いわゆる「コモンズの悲劇」として退けられてきた。1968年に『サイエンス』誌に掲載された、短いが影響力のあるエッセイの中で、生態学者のギャレット・ハーディンは、この話に新たな定式を与え、印象的なキャッチフレーズをつけた。

「コモンズの悲劇はこのように展開する」とハーディンは書き、読者に広々とした牧草地を思い描くよう提案した:

各牧場主は、できるだけ多くの牛をコモンズで飼おうとすることが予想される。部族間の抗争、密猟、疫病などによって、人畜の数は土地の収容力をはるかに下回っているため、このような取り決めは何世紀にもわたってそれなりに満足に機能してきた。しかし、ついに清算の日がやってくる。つまり、社会の安定という悲願が現実のものとなる日がやってくるのだ。このとき、コモンズ固有の論理が容赦なく悲劇を生み出す。合理的な存在である牧畜業者は、自分の利益を最大化しようとする。明示的であれ暗黙的であれ、多かれ少なかれ意識的であれ、彼はこう問う。「自分の群れにもう一頭動物を加えることは、自分にとって何の役に立つのか?」と。

理性的な牧夫は、自分の群れにもう1頭動物を加えることが、自分にとって唯一賢明な道だと結論づける。そしてもう1頭。. . . しかし、この結論は、コモンズを共有するすべての理性的な牧夫が下す結論である。そこに悲劇がある。それぞれの人間は、制限のある世界で、際限なく自分の群れを増やすことを強いるシステムに閉じ込められているのだ。コモンズの自由を信奉する社会の中で、それぞれが自分の最善の利益を追求する。コモンズにおける自由は、すべての人に破滅をもたらす。

コモンズの悲劇は、少なくとも経済学の授業では、すべての学部生の頭に叩き込まれる基本概念のひとつである。この考え方は経済学の基本原則とされており、集団行動の不可能性を警告する教訓である。授業が一通り儀式的な戦慄に包まれた後、教授は彼らを主役である私有財産と自由市場の美徳へと駆り立てる。ここでようやく、経済学者はコモンズの悲惨な悲劇を乗り越えられるかもしれないことを明らかにする。開放的な市場で私有財産を所有し取引する個人の自由こそが、永続的な個人の満足と社会の繁栄を生み出す唯一の方法なのだ。

ハーディンはこの論理をこう説明する。「影響を受ける人々の大多数が相互に合意する相互強制」のシステムによって、コモンズの悲劇を克服することができる。ハーディンにとって最良の方法は、「法的相続と結びついた私有財産の制度」である。彼は、これが完全に公正な選択肢でないことは認めるが、ダーウィンの自然淘汰が最終的には最良の選択肢であると主張する。私たちがこの不完全な法秩序を我慢しているのは、「今のところ、誰かがより良いシステムを発明したという確信が持てないからだ。コモンズという選択肢は、あまりに恐ろしくて考えられない。不公平は完全な破滅よりも好ましい。

リバタリアン志向の科学者によるこのような考察は、保守的なイデオローグや経済学者(彼らはしばしば一心同体である)にとっては格好の材料である。彼らはハーディンのエッセイを、新自由主義経済イデオロギーの核となる原理を肯定する福音のたとえ話と見ている。「自由市場」の重要性を肯定し、富裕層の財産権を正当化する。個人の権利と私有財産へのコミットメントを、経済思想と政策の礎石として強化する。私的所有権と自由市場へのアクセスが保証されれば、人々は資源に責任を持つ意欲を持つようになるはずだ。それによって、悲劇的な結果-「完全な破滅」-を避けることができるのである。コモンズの失敗が政府そのものと混同されるのは、集団的利益を促進するための数少ない手段として認められている政府もまた、「悲劇」のパラダイムに屈することを示唆するためである。(これは公共選択理論の要点であり、標準的な経済論理を政治学の問題に適用したものである)。

過去数十年の間に、コモンズの悲劇は経済学の定説として定着した。ハーディンのエッセイは、経済学だけでなく政治学や社会学などでも教えられ、アメリカでは学部教育の定番となっている。多くの人々がコモンズを口先だけの見下しで考えているのも不思議ではない。コモンズ=混沌、破滅、失敗なのだ。

悲劇のたとえ話には、ひとつだけ重大な欠陥がある。それは、コモンズを正確に描写していないことだ。ハーディンの架空のシナリオは、牧草地の周囲に境界線もなく、牧草地を管理するルールもなく、使い過ぎに対する罰則もなく、利用者の明確なコミュニティもないシステムを提示している。しかし、それはコモンズではない。それはオープンアクセス体制、つまりフリーフォーオールである。コモンズには境界があり、ルールがあり、社会規範があり、フリーライダーに対する制裁がある。コモンズには、資源の良心的な管理者として行動するコミュニティが必要なのだ。ハーディンはコモンズと 「無人の土地」を混同し、その過程でコモンズを資源管理のための失敗したパラダイムとして中傷したのだ。

公平を期すために言えば、ハーディンは、市場個人主義への未検証のコミットメントを世界に投影した長い極論家たちの流れを汲んでいた。後述するように、哲学者ジョン・ロックの理論は、新大陸をテラ・ヌリウス(開かれた所有権のない土地)として扱うことを正当化するために広く使われてきた。たとえそこに何百万ものネイティブ・アメリカンが住んでいたとしても、彼らは不文律ではあるが非常に洗練されたルールで、愛すべきコモンズとして天然資源を管理していたのである。

ハーディンのエッセイは、ハーディンと同様、土地の囲い込みが激しかった時代の人口過剰を憂慮していたイギリスの講演家、ウィリアム・フォスター・ロイドの1832年の講演を読んだことに端を発している。ロイドの講演が注目に値するのは、同じ論旨を繰り返し、同じ空想的な誤りを犯しているからである。ロイドの比喩は、共有の牧草地の代わりに、すべての出資者が利用できる共同資金プールだった。ロイドは、各個人が自分の取り分以上の資金をすぐに使い果たしてしまう一方で、私的な資金の財布は倹約的に管理されると主張した。

ロイドのエッセイを取り上げたのは、「悲劇」の力学に関する誤解がいかに馬鹿げていながら根強いかを説明するためである。コモンズ研究者のルイス・ハイドは、「ハーディンが、理性が共通善を包含できない牧夫を提案しているように、ロイドもまた、互いに話し合うことも共同決定を下すこともできない人々を想定している」と辛辣に指摘する。どちらの作家も、古い農耕民族の村に自由放任の個人主義を注入し、コモンズは死んだと重々しく宣言している。このような村から見れば、ロイドの仮定は、「ある男が、左手と右手が自由に使える財布を持っていると仮定し、それぞれがもう一方の手に気づかないと仮定する」のと同じくらい馬鹿げている。

この不条理は、残念ながら、限られた資源をどのように配分するかといった「社会的ジレンマ」に直面したときに「合理的な個人」がどのように行動するかを示すと称する「囚人のジレンマ」実験の膨大な文献の根拠となっている。「囚人」は他の潜在的な権利主張者と協力し、限られた報酬を分け合うべきか。それとも、できるだけ多くのものを独り占めして離反すべきか?

言うまでもなく、複雑な問題は尽きない。しかし、このような社会科学実験の大前提は、最初から不正なものである。個人の利己主義、合理的な計算、文脈の欠如(被験者は社会的な歴史や文化を共有していない)などに関するある種の前提が、「ゲーム」の設計そのものに組み込まれているのだ。被験者たちは互いにコミュニケーションをとることも、信頼や共有知識の絆を深めることも許されない。被験者には、協力することを学ぶ限られた時間と機会しか与えられない。彼らはたった一度の実験のために実験室に隔離され、歴史も未来も共有されない。経済研究者たちの前時代的な論理に愕然としたルイス・ハイドは、この 「悲劇」の論文を、代わりに 「非管理、自由放任、コモンプールリソースの悲劇、非コミュニケーション、利己的な個人への容易なアクセス」と呼ぶことを提案した。

多くの囚人のジレンマ実験には、「合理的な」個人による市場文化をさりげなく前提としているという、小さな秘密がある。ほとんどの実験では、人々が資源を管理するために協力し、共有するようになる現実の方法についてはほとんど考慮されていない。行動経済学や複雑性理論、進化科学の考え方を取り入れたゲーム理論実験が増えつつある現在、その状況は変わりつつある。

しかし、経済理論や経済政策の多くが、人間という存在についてかなり粗雑で古風なモデルを前提としていることに変わりはない。明らかに非現実的であるにもかかわらず、ホモ・エコノミクスは、合理的な計算によって個人的な「効用関数」を積極的に最大化する架空の抽象的個人であり、我々が、「経済」と呼ぶ文化的実体における人間の主体性の理想化されたモデルとして君臨し続けている。サミュエルソンとノードハウス(2004)とスティグリッツとウォルシュ(2006)による、米国で広く使われている2冊の経済学入門教科書は、コモンズについて触れていないほど、協力行動は取るに足らないものだと考えている。もし経済学者がコモンズについて議論する気になれば、「悲劇」という言葉がすぐ近くに潜んでいることは間違いない。

逆説的ではあるが、利己的な利得の追求(もちろん「合理的」に追求されるが、集団的利益には無関心である)は、コモンズよりも従来の市場経済をよく表している。2008年の金融危機に至るまで、このような考え方がウォール街の魔術師たちを突き動かし、システミック・リスクや地域的な影響を顧みることなく、私的利益の最大化を図った。「合理的な」個人主義が招いた真の悲劇は、コモンズの悲劇ではなく、市場の悲劇である。

幸いなことに、現代の学問は、主流派経済学によって記憶の穴に追いやられたコモンズを救うために多くのことを行っている。インディアナ大学の政治学者、故エリノア(リン)・オストロムは、経済活動の分析枠を広げたという点で、特別な評価を受けるに値する。1970年代、経済学の専門家は一種の宗教的原理主義に陥った。合理的個人主義、私有財産権、自由市場に基づく高度に抽象的で定量的な経済モデルがもてはやされた。大恐慌時代の子どもだったオストロムは、市場の外で働く協同組合制度に常に関心を持っていた。1960年代、若い政治学者であった彼女は、経済学の核となる仮定、特に人々が安定した持続可能な方法で協力することは不可能であるという考え方に疑問を持ち始めた。時には夫である政治学者のヴィンセント・オストロームと協力しながら、彼女は「共通プール資源」(CPR)を管理する制度システムに関する新しい学際的研究を開始した。

CPRとは、漁業、放牧地、地下水など、誰も私有財産権や排他的支配権を持たない集団的資源のことである。これらの資源はすべて、人々の利用を止めることが難しいため、乱獲に対して非常に脆弱である。私たちはこれを 「オープンアクセスの悲劇」と呼んでいる。(ハーディン自身、自分のエッセイのタイトルを「管理されないコモンズの悲劇」とすべきだったと後に認めている)

オストロムの学問が多くのアカデミックな経済学者のそれと一線を画していたのは、彼女の丹念な実証的フィールドワークであった。彼女はエチオピアの共同体土地所有者、アマゾンのゴム栽培農家、フィリピンの漁師を訪ねた。彼らがどのように協同スキームを交渉し、どのように社会システムと地域の生態系を融合させているかを調査したのである。マサチューセッツ大学アマースト校の経済学者、ナンシー・フォルブレはこう説明する。「彼女は実際にインドネシアの漁師やメイン州のロブスターマンと話をし、『どうやって漁獲量に制限を設けるようになったのか?人々がそれを回避しようとするかもしれないという事実にどう対処したのですか?

このような経験的な知見から、オストロムはコモンズを成功させる要因を探ろうとした。コミュニティはどのようにして集団行動の問題を克服するのだろうか?オストロムは、相互依存の状況にある主体的な集団が繰り返し直面する課題は、「全員がただ乗りやサボりなどの誘惑に直面したとき、あるいは日和見主義的な行動をとったときに、継続的な共同利益を得るためにどのように組織化し、自分たちを統治するか」を考えることだと書いている。平行する問題は、(1)最初に自己組織化の可能性を高めるような変数の組み合わせ、(2)長期にわたって自己組織化の努力を継続する個人の能力を高めるような変数の組み合わせ、(3)何らかの形の永遠の援助なしにCPR(共通プール資源)の問題を解決する自己組織化の能力を超えるような変数の組み合わせである。

オストロムの答えは、1990年に出版されたブレイクスルー著書『コモンズの統治』であり、効果的で耐久性のあるコモンズの基本的な「設計原則」のいくつかを提示した。これらの原則は後世の学者たちによって翻案され、精緻化されてきたが、オストロムの分析は、天然資源コモンズを評価するための既定の枠組みであり続けている。オストロムの研究の焦点は、そして現在コモンズを研究する多くの学者たちの焦点も、資源を利用する共同体が、有限な資源を長期にわたって持続的に利用するための社会規範を、時には正式な法的ルールを、どのように構築していくかに置かれている。標準的な経済学は、結局のところ、人間は利己的な個人であり、その欲求は無限であると宣言している。人々の利他主義や協力に依存できるという考えは、ナイーブで非現実的だと経済学者たちは異議を唱える。また、コモンズが利用制限を設定し、強制できるという考え方も、人間が際限のない欲望を持つという考えを否定しているため、あり得ないと思われる。

それにもかかわらず、オストロムは何百もの事例において、コモンズが実際に集団的、協同的な方法で自分たちのニーズや利益を満たしていることを示した。スイスのテルベルの村人たちは、1224年以来、高山の森林、牧草地、灌漑用水を管理してきた。スペイン人は何世紀にもわたり、フエルタという社会制度を通じて灌漑用水を共有してきた。また最近では、ロサンゼルスの多様な水道当局が、希少な地下水供給の管理方法を学んだ。多くのコモンズは、干ばつや危機的状況にあっても、数百年にわたって繁栄してきた。コモンズの成功は、スチュワードシップ、アクセスと利用の監視、ルール違反者への効果的な罰則など、コミュニティが柔軟で発展的なルールを独自に策定できたことに起因している。

オストロムは、コモンズには明確に定義された境界線が必要であり、誰が資源を利用する権利を持っているのかを共有者が把握できるようにしなければならないことを発見した。コモンズに貢献しない部外者には、コモン・プールの資源にアクセスする権利も利用する権利もない。彼女は、資源を利用するためのルールは、その土地の状況を考慮したものでなければならず、何をどのように取るかについての制限を含んでいなければならないことを発見した。例えば、野生のベリーは一定期間しか収穫できないとか、森林の木材は地面からしか採取できず、市場で売らずに家庭用としてのみ使用しなければならないなどである。

オストロムは、共有者はコモンズを管理するルールを作ることも、影響を及ぼすこともできなければならないと指摘する。「もし外部の政府関係者が、自分たちだけがルールを決める権限を持っていると思い込んでいるのなら、地域の処分者が長期にわたってルールに支配されたCPRを維持することは非常に難しくなる」とオストロムは指摘する。市民は、自分たちの資源がどのように使われているか(あるいは乱用されているか)を監視する意志を持たなければならないし、ルールに違反した者を罰する制裁システムを考案しなければならない。紛争が発生した場合、共有者は紛争解決メカニズムに容易にアクセスできなければならない。

最後に、オストロムは、より大きな統治システムの一部であるコモンズは、「入れ子のように何層にも組織された企業」でなければならないと宣言した。オストロムはこれを「ポリセントリック・ガバナンス(多中心的統治)」と呼んでいる。つまり、資源を利用し、その利用を監視し、強制し、紛争を解決し、その他の統治活動を行う権限は、地方から地域、国家、国際的なレベルまで、さまざまなレベルで共有されなければならないということである。

オストロムは8つの設計原則を、コモンズを成功させるための厳密な青写真とみなしていたわけではなく、むしろ一般的なガイドラインとみなしていたことを強調しておかなければならない。また、彼女が主に小規模な天然資源コモンズに焦点を当てていたことも重要である。彼女はそのキャリアの後半において、大規模な地域コモンズやグローバルコモンズ、デジタルコモンズ(大規模化が容易なコモンズ)の問題を探求した。しかし、これらは彼女の現役生活の大半において、二次的な関心事であった。

コモンズがどのように構成され、管理されるべきかに影響を与える要因について、別の角度から見てみよう:

資源の性質は、それをどのように管理すべきかに影響する。鉱山のような有限で枯渇しやすい資源は、漁業や森林のような自己増殖する資源とは性格が異なる。知識の伝統やインターネット資源(事実上無料で複製可能)のように「無限」であるコモンは、破壊者や妨害者ほどフリーライダーを心配する必要はない。

資源の地理的な位置や規模によって、特定の種類の管理が必要になる。村の井戸は、地域の河川や海洋のような地球規模の資源とは異なる管理ルールを必要とする。小規模なコモンは、大気のような大規模な、あるいは惑星規模の共通プール資源よりも管理が容易である。

市民の経験と参加は重要である。何世紀にもわたる文化的伝統と慣習を持つ先住民コミュニティは、部外者よりも自分たちの資源についてはるかに詳しいだろう。フリーソフトウェア・ネットワークの古くからのメンバーは、新参者よりもプログラムの設計やバグ修正の専門家であろう。

歴史的、文化的、自然的条件は、コモンズの活動に影響を与えうる。市民社会がほとんど機能しておらず、不信感が蔓延している国よりも、強固な市民文化を持つ国の方が、健全なコモンズ制度を持つ可能性が高い。

透明性が高く、市民がアクセスできる信頼できる制度が重要である。最も応答性の高い制度は、小規模で非公式な自己組織化されたコモンズである傾向があるが、国家が認可したコモンズ制度が、市民のための良心的な管理人として機能することも想像できる。

オストロムはその素晴らしい業績により 2009年にオリバー・ウィリアムソンとともにノーベル経済学賞を受賞した。私は、ノーベル賞委員会が2008年の金融危機に怯え、市場に代わる、生産的で安定的かつ持続可能な非市場的な供給や資源管理の形態に光を当てたいと願ったのだと考えたい。

コモンズをより厳密に研究するための強力な分析基盤を提供したことに加え、オストロムの最も永続的な功績は、コモンズ研究者の世界的ネットワークを構築する役割を果たしたことであろう。世界中の何百人もの学者が、アジア、ラテンアメリカ、アフリカの天然資源コモンズを中心に、膨大な社会科学文献を生み出してきた。コモンズに関する重要な学術的思考の多くは、オストロムが1973年に夫と共同で設立したインディアナ大学の政治理論・政策分析ワークショップで生まれ、議論され、洗練されたものである。エリナー・オストロムはまた、コモンズ電子図書館と、何百人もの学者や実務家が参加する学術ネットワークである国際コモンプールリソース研究協会(後に「コモンズ」は「コモンプールリソース」に置き換えられた)を設立した。

オストロムが経済活動を研究する上で大きな強みを発揮したのは、経済学の専門家から距離を置いていたことである。ギルドの部外者である彼女は、自由市場の理論では経済的に重要な多くの事柄を説明できないことを容易に理解することができた。オストロムはまた、男性優位の分野(学術界で性差別が蔓延していた1960年代と1970年代)に身を置く女性として、経済活動の関係的側面、つまり人々が相互に作用し、ルールや社会的理解を形成するために交渉する方法にも、より注意を払っていた。そうしてオストロムは、新古典派経済学の前提の中で活動しながらも、この分野の数字重視の権威たちが軽蔑した多くの人間的・社会的ダイナミクスを含むよう、分析範囲を拡大する手助けをしたのである。

興味深いことに、彼女がこの分野で脚光を浴びるようになったのは 2009年にノーベル賞を受賞してからである。それまでの数十年間、CPRや共有財産の研究は、「まじめな」経済学者の関心の範囲外であった。実際、彼女がノーベル賞を受賞したとき、著名な経済学者の中には彼女が誰なのか知らなかった者もいた。部外者や市場志向の経済学者にとって、コモンズは「生計維持」に焦点を当てているように見えるため、おそらく関心が薄かったのだろう。しかし、自給自足とは必ずしも生存だけを意味するわけではない。市場利益を最大化し、金銭を蓄えることが目的なのではなく、家族が十分な生活を送れるようにすることが目的なのだ。コモンズを正しく理解することは、充足の実践と倫理に関わることなのだ。

2012年6月に亡くなる前、私は幸運にもリン・オストロムに何度か会うことができた。最も印象に残っているのは、彼女がとても気品があり、オープンで実直だったことだ。彼女はオープンマインドで、経済理論の深い偏見に邪魔されることなく、人々や現象に自分の言葉で積極的に関わろうとした。とはいえ、オストロムは標準的な経済学の枠組みと、コモンズの構築における「合理的な行為者」と「合理的なデザイン」という前提の中で活動していた。彼女はマクロ経済の力学をちらっと扱っただけで、政治や権力についてはほとんど扱わなかった。また、オストロムはコモンズに対して機能主義的、行動主義的にアプローチする傾向があり、コモンズを活性化させるかもしれない間主観的、心理的な力学にはあまり関心がなかった。それでも、「ブルーミントン学派」のコモンズ研究は、コモンズを「悲劇」神話の圧政から救ったという点で、大きな称賛に値する。

魅力的なのは、アカデミズムの外側で、コモンズを社会変革キャンペーンの組織原理として採用する活動家やプロジェクト・リーダーたちが、国境を越えて並行して発展していることである。このことが、今日の政治、経済、文化においてコモンズを重要な力にしていることは間違いない。世界中の人々の新しい動きが、コモンズのパラダイムが自分たちの生活や他の人々や資源との関係をどのように説明するかを理解し始めている。ソフトウェア・プログラマー、都市園芸家、先住民、学術研究者、パーマカルチャリスト、インドの織物職人、ゲジ公園を守るイスタンブールの住民、公共図書館や公園の利用者、スローフード活動家など、コモンズに対するこれらのグループの親和性は、必ずしも知的で科学的なものではなく、個人的で情熱的なものである。これらの市民の多くにとって、コモンズは「管理システム」や「統治体制」ではなく、文化的アイデンティティであり、個人の生計手段であり、生き方なのだ。民主主義を復活させる方法なのだ。より満足した人生を送るための方法なのだ。

このような庶民たちとの出会いは、これからの章でさらに増えていくだろう。今のところ、ほとんどの市民は、私有財産と市場が世界規模でますます支配的になっている世界で、保護された非市場的な空間を切り開こうとしているというだけで十分である。コモナーにはさまざまな目標やアプローチがあるが、その多くは、コモンズを独立したセクターとして構築するか、コモンズと市場をより人道的で説明責任のある方法で融合させることで、これまでとは異なる供給秩序を構築することを目指している。あるコモンズは、それが協同組合銀行であれ、コミュニティ・フォレストであれ、オンライン・ウィキであれ、特定のコモンズに焦点を絞っている。また、法律や公共政策によってコモンズが形成され、維持されるにはどうすればよいのか、国家はどのような役割を果たせばよいのか、ということに焦点を当てる人もいる。さらに、コモンズを反資本主義的な経済・社会分析を進め、新自由主義国家に挑戦するための魅力的な手段だと考える人もいる。

要するに、コモンズへの関心は、かつてはほとんど学界に限定されていた不定期なトピックであったが、今やさまざまな分野で爆発的に高まっているのである。より正確には、無自覚で無名な形で常に存在してきたものを説明するための言語や学問が、文化的に可視化されつつあるのだ。コモンズは、アクティヴィズム、プロジェクト、理論化など、国境を越えた生態系として繁栄しつつある。コモンズの物語が様々な実践共同体と関わるにつれ、コモンズそのものに対する新たな理解だけでなく、アイデアやパートナーシップの刺激的な相互肥沃化が引き起こされている。

私はこれを、政治的運動やイデオロギー的視点というよりも、むしろヴァナキュラーな運動と考えたい。「ヴァナキュラー」という用語は、象徴的な社会批評家イヴァン・イリイチが1981年に出版した『シャドウ・ワーク』で特別な意味を与えられた。制度の非人間的傾向を批判したイリッチは、ヴァナキュラーな空間とは、人々が自然に自らの道徳的判断に至り、自らの主権的人間性から行動する非公式の文化的ゾーンであると考えた。ヴァナキュラーは、家事と生計の領域、家族生活と子育ての領域で花開く。それは、人々が集団としての道徳的価値と政治的利益を、国家や企業などの制度的権力を超えて主張する共同体の共有空間の中で生きるものである。イリッヒの弟子の一人であるトレント・シュロイエが言うように、ヴァナキュラーな領域は、「歴史の大半を通じて、そして今日でも、自給自足や共同体主義を志向する共同体のかなりの割合において、地域生活が営まれてきた感性と根源性」を呼び起こす。ヴァナキュラーは、「経済的グローバリゼーションの力に対して、人々が再生と社会的回復を達成しようと奮闘している場所や空間」で構成されている。

ヴァナキュラーには、ある種の時代性と神秘性があり、お察しの通り、それはコモンズと大いに関係がある。コモンズとは、まるで生命力に突き動かされているかのように、ヴァナキュラー文化から自然に生まれる脆弱な社会制度であり、感性である。コモンズは常に、他の優先事項や利益を持つ強力な組織の前で、自己を主張し維持しようとする。時には、市民がそうした組織との和解交渉に成功し、市民のための保護区域を切り開くこともある。例えば、ニューヨークの都市部の庭園は、開発圧力の前に自らを維持するために奮闘しなければならなかった。沿岸漁業のコモンズは、しばしば、地元で消費するためではなく、世界市場向けに漁獲するために海域を急襲する大規模な産業トロール船と闘わなければならない。デジタル・コモンズは、共有することを犯罪行為(「海賊行為」)と同一視する著作権法や企業のデマゴギーと闘わなければならない。

歴史が示すように、市場囲い込みの力は残酷で容赦なくコモンズを解体し破壊する。成功したコモンズは「悪い見本」であり、それはより良い現実的な選択肢の証人となるからだ。また、共有は私有財産権のイデオロギーに対する冒涜であるため、好ましくない(ただし、グーグルやフェイスブックのようなハイテク企業は例外で、そのビジネスモデルはソーシャル共有の収益化に依存している)。政府や官僚機構は、コモンズを独立した脅威となりうる権力基盤として警戒し、市場を基盤とする盟友の確実性と報酬を好むことが多い。政府は一般的に、厳格な標準化された管理システムによって資源を管理することを好む。彼らにとってコモンズは、あまりにも非公式で、不定期で、信頼性に欠けるものに見えるのだ。

コモンズについての基本的な理解を深めるには、囲い込みの力学と意味を考慮しなければならない。次に、このトピックに話を移そう。

3. 自然の囲い込み

市場が自然の生態系を破壊するほど強力になり、人々の生活様式を再編成し、生命体の所有権を主張するようになると、何が起こるのだろうか。私たちの文化から一歩外に出て、市場の実際の力や広範囲に及ぶ影響を把握することは、時として難しい。しかし、ひとたびコモンズを特定し、その力学を理解することを学べば、私たちが共有する富の私有化と商品化が、現代の知られざる大スキャンダルのひとつであることは明らかだ。その悪影響は至るところに及んでいる。

このプロセスはしばしば「コモンズの囲い込み」と呼ばれる。企業が自然の文脈から貴重な資源を抜き取り、多くの場合、政府の支援と認可を得て、市場価格によって評価することを宣言するプロセスである。要は、多くの人が共有し利用している資源を、私有し管理するものに変え、取引可能な商品として扱うということだ。

囲い込みについて語ることは、標準的な経済学ではほとんど扱われない話を切り開くことである。市場の力が共有資源を掌握し、しばしば政府の積極的な共謀によって市民が土地を奪われることである。「民営化対政府所有」というお馴染みの議論は、このプロセスを正当に評価するものではない。なぜなら、民営化の解毒剤とされる政府所有は、実際には解決策ではないからだ。多くの場合、国家は産業界と共謀して「私的」(つまり企業)搾取のために共有資源を掌握しようと躍起になっているに過ぎない。規制は、市場の乱用を根絶するというよりも、合法化するための見せかけであることがあまりにも多い。

囲い込みについて語ることは、コモンズを指し示し、議論を再構築することである。囲い込みという言葉は、「自由市場」の反社会的、反環境的な影響を可視化し、コモンズが適切で、しばしば効果的な代替手段であることを証明する。

数年前、私は中世の土地囲い込みのパターンを不気味なほど再現した、現代の囲い込みについて知った。オーストラリア、ニュー・サウス・ウェールズ州の肥沃なハンター・バレー地域にあるカンバーウェル村では、100年以上にわたって、グレニーズ・クリーク周辺の開けた氾濫原の一部をコモンズとして使用していた。そこは住民が馬や乳牛を飼い、子供たちに魚釣りや水泳、乗馬をさせる場所だった。2005年4月、『シドニー・モーニング・ヘラルド』紙によると、「国土省から2人組の役人がやってきて、(キャンバーウェル)コモン・トラストのメンバーを呼び集め、国有地は直ちに再開され、クリークの対岸に丘のようにくぼんだ形でアッパー・ハンター村にそびえ立っているアシュトン鉱山に引き渡される」と告げた。

この措置は、政府が企業目的のために共有地を差し押さえる権限を行使した、もうひとつの例に過ぎない。カンバーウェル・コモン・トラストの事務局長は記者にこう語った。「鉱山のあるコミュニティーの会合に行くと、彼らはいつも『承認が得られたら』何をするか話している。承認が下りたら”とは決して言わない。鉱山会社も政府も、囲い込みによって利益を得ている。鉱山会社は鉱物を安く手に入れることができ、環境監視も緩い。オーストラリア政府は、カンバーウェルの囲い込みの際に約15億ドルのロイヤルティと手数料を得た。

一般的に市民はそれほど幸運ではない。キャンバーウェルでは、採掘による爆風が村の周りの丘をくぼませた。モーニング・ヘラルド紙によれば、コモンズの一部がひび割れた。村民の3分の2近くが鉱山会社との戦いをあきらめ、別の場所に移り住んだという。

カンバーウェルの経験は、国家による市場囲い込みの典型的な例である。アメリカでは、1872年に制定された鉱業法に基づき、政府が鉱業関係者に公有地での鉱物資源の採掘を許可している。この法律は140年以上変わっておらず、鉱山会社は金、銀、鉄鉱石を1エーカー5ドルで採掘できる。この法律により、アメリカ人は長年にわたり2450億ドル相当の収入を失ってきたと推定されている。その一方で、鉱滓やその他の廃棄物で美しい山や川を台無しにしてきた。

木材会社が公有林を強奪し、石油会社が手付かずの原生地域で掘削し、工業用トロール船が沿岸漁業を壊滅させ、多国籍の水ボトラーが地下水を吸い上げるなど、似たような話は世界中にある。

ラテンアメリカでは、多国籍企業が新自由主義政府と協力して、積極的な「新搾取主義」政策を押し付けている。アルゼンチン人のマリステラ・スバンパ教授が説明するように、このアイデアは、大陸の鉱物、金属、炭化水素、トウモロコシ、大豆、その他の原材料を効率的に採掘し、工業国に輸出できるメガプロジェクトを建設することである。進歩や「開発」に向けた唯一の現実的な道として、何十ものダム、鉱山、高速道路、その他の新抽出主義的プロジェクトが、生態系全体、地域社会、先住民族の文化を破壊している。悪名高い囲い込みの例としては、ペルーのコンガ巨大採掘プロジェクト、ブラジルのベロモンテ水力発電ダム、ボリビアのティプニス先住民の領土を貫く道路建設などがある。

囲い込みは特殊な形態の窃盗であり、その正当化において政府が重要な役割を果たしていることもあって、あまり注目されていない。しかし、どのような場合でも、私たち全員のもの、あるいは明確なコミュニティーのものである資源が、企業所有の土地や無料の廃棄物置き場へと姿を変えている。土地、水、人体組織、公共空間、大気など、すべてが市場利用のための原料である。これらの資源が収益化された後に残る廃棄物は、再びコモンズに投棄され、政府と市民にさらなるリスクとコストを課すことになる。

囲い込みは、進歩、効率、開発という美辞麗句で覆い隠されがちだが、実際には残忍な横領行為であり、しばしば暴力的な強制力を必要とする未加工の権力奪取である。囲い込みに依存する大企業の欲望は無限であるように見える。海の底から鉱物を押収し、世界の南半球に生息するエキゾチックな植物の遺伝子の秘密を利用し、音符の短い断片を著作権で保護することで、共有者を「海賊行為」と非難できるようにしているのだ。

囲い込みは単なる資源の横取りではないことに注意することが重要だ。共同体やその慣習に対する攻撃でもある。囲い込みの第一の目的は資源の収奪かもしれないが、それだけではなく、人々に「体制転換」を押し付けようとするものでもある。囲い込みは、集団管理と社会的相互性のシステムを、私的所有、価格、市場関係、消費主義を優遇する市場秩序に変える。その目的は、人々を長期的で非市場的な利益を共有する共同体としてではなく、個人や消費者として扱うことである。

多くの囲い込みの最終的な結果は、グローバル市場にしか忠誠を示さないビジネス・アウトサイダーへの絶望的な依存である。マイクロソフト製品のユーザーは、コンピュータを正常に作動させ続けるために、常に次のソフトウェア・アップグレードを購入しなければならない。遺伝子組み換え作物に依存する農家は、毎年新しい種を購入し、契約上の制限に従わなければならない。伝統的な生活様式を守る人々は、金持ちになり、「開発」という西洋の理想を追い求める人々との争いに巻き込まれる。「コモンズ研究者のマッシモ・デ・アンジェリスは、「私たちが欲求を満たし、欲望を満たすためにお金や市場に依存すればするほど、生計を互いに対立させる依存の悪循環にさらされる」と書いている。

当然のことながら、囲い込みは、人々が自己組織化し、自分たちの統治をコントロールし、自分たちのニーズを満たし、自分たちの文化や生活様式を守る能力を妨げる傾向がある。不在の投資家や企業の言いなりになった町は、たちまち市民主権を失い、「企業の町」になってしまう。

囲い込みはまた、愛着のある景観や歴史的建造物、文化的作品と結びついた伝統やアイデンティティをも損なう。オーストラリアのアボリジニのデザイン、マダガスカル人が栽培する特別な植物など、宝物が歴史的あるいは自然的な背景から切り離され、値段に換算されるとき、それは良心的なスチュワードとして行動し、そこに意味と目的を植え付けてきた市民への攻撃となる。囲い込みによって、宝物は、その土地の特色や感情的な重要性をもたらす特質を剥奪される。良くも悪くも、それらは不活性な商品に過ぎなくなる。

英国の囲い込み運動の略史

一般に「囲い込み」という言葉は、中世から19世紀にかけてさまざまな時期に起こったイギリスの囲い込み運動と結びついている。わかりやすく言えば、国王や貴族、地主たちが、市民が使っていた牧草地や森林、野生の鳥獣や水を盗み、私有地としたのである。囲い込みは、議会の正式な許可を得て土地を押収することもあれば、ただ力ずくで奪うこともあった。市民を立ち入らせないために、土地から立ち退かせ、フェンスや垣根を立てるのが通例だった。保安官や暴漢の一団は、市民が王の土地から獲物を密猟しないようにした。

中世イングランドの1パーセントの人々にとって、囲い込みは抵抗しがたいものであった。苦労している男爵や上昇志向の強い属領が政治力を強化し、土地、水、狩猟の所有地を増やすのに役立った。18世紀に書かれた匿名の抗議詩はこう言っている:

法は男女を監禁する

平地からガチョウを盗んだ者は投獄する

しかし大悪党は野放しにしておく

ガチョウからコモン(共有地)を盗んだ者は釈放する。

法は我々に償いを要求する

所有物でないものを盗んでも

しかし、領主や淑女は罰金だ

汝のもの、汝のもの、汝のもの、汝のもの、汝のもの、汝のもの、汝のもの

貧しく惨めな者は逃れられない。

法を犯すことを謀るからだ;

そうでなければならないが、彼らは耐える。

法を作ろうと共謀する者たちだ。

法は男女を監禁する。

雁を庶民から盗んだ者を投獄する。

そしてガチョウは、まだ共通に欠けている。

彼らが行って盗み返すまで。

イングランドの村々が囲い込まれ、市民たちは深刻な苦難に見舞われた。薪や屋根の藁は森に頼り、豚の餌はドングリに頼っていた。野菜を育てるには共有の畑に頼り、野生の果物やベリーを食べるには開けた牧草地に頼っていた。農村経済全体が、共有地へのアクセスに基づいていたのだ。コモンズの利用を禁じられた村人たちは都市に移住し、そこで勃興した産業革命によって、運がよければ賃金奴隷に、運が悪ければ乞食や貧民になってしまった。チャールズ・ディケンズは、『オリバー・ツイスト』や『大いなる期待』など、ロンドンの問題を抱えた下層階級を描いた小説を書くにあたって、囲い込みによる社会的混乱と不公正を利用した。

イギリスの囲い込みの重要な目的のひとつは、集団的利益を持つ市民を個人的な消費者や従業員に変えることだった。つまり、市場の生き物ということだ。産業革命の悪魔的な工場は、従順で絶望的な賃金奴隷を必要としていた。囲い込みのあまり知られていない側面のひとつに、生産と統治の分離がある。コモンズでは、両者は同じプロセスの一部であり、すべての市民が両者に参加できた。囲い込みの後、市場が生産を、国家が統治を担当するようになった。近代自由主義国家の誕生である。新しい秩序は物質的生産に大きな改善をもたらしたが、その一方で、共同体の解体、深刻な経済的不平等、自治の侵食、社会的連帯とアイデンティティの喪失など、大きな代償を払うことになった。統治は政府の問題となり、プロの政治家、弁護士、官僚、金で動く特別利益団体の管轄となった。民主主義への参加は、ほとんどが投票という、男性(そして最初は財産所有者)に限定された権利となった。囲い込みはまた、人々を自然界との直接的な出会いから隔離し、社会生活や精神生活を疎外した。

1600年代後半から1800年代半ばまでの150年間に、イギリスの共有地の約7分の1が切り開かれ、私有化された。その結果、社会には深い不平等が根付き、都市の貧困は急増した。近代的な市場秩序の基礎が築かれ、この新世界の支配者はコモンズを必要としなかった。新しい秩序の特徴は、個人主義、私有財産、そして、「自由市場」である。

カール・ポランニーは経済史家であり、コモンズの終焉と市場と囲い込みの台頭という、人類史におけるこの特異な変遷を研究した。ポランニーは1944年に発表した古典『大転換』の中で、何千年もの間、人々は共同体、宗教、親族関係、その他さまざまな社会的・道徳的結びつきによって結びついてきたと述べている。すべての経済システムは、互酬性、再分配、世帯のシステムに基づいており、人々は 「慣習や法律、魔法や宗教」によって物事を生産するように誘導されていた。

その後、17世紀から19世紀にかけて囲い込みが進むと、生産と利潤が社会の中心的な組織原理となった。安定した社会的文脈の中で家庭での使用に焦点を当てる代わりに、生産は私的な利益と蓄積へと方向転換した。このため、多くの資源、特に土地、労働力、貨幣が商品として再定義される必要があった。ポランニーはこれらを「架空の商品」と呼んだ。なぜなら、人間の生命や自然の生態系は、実際にはカビ付け可能で代替可能な単位に分けることができないからである。しかし市場は、自然の恵み、労働力、貨幣に価格をつけ、取引や投機に適するようにするには、それらを商品として扱う必要がある。

こうした商品の虚構は瞬く間に他の領域にも拡大し、事実上あらゆるものが売買の対象となった。食料、水、燃料、薪、その他の生活必需品は、かつてはコモンズ(共有地)を通じて当然の権利として入手できたが、今では市場を通じてのみ、価格をつけて手に入れることができる。

ポランニーは、囲い込みの歴史を「金持ちの貧乏人に対する革命」と呼んだ。「領主や貴族は社会秩序を破壊し、古くからの法律や慣習を、時には暴力によって、時には圧力や脅迫によって破壊した。市場経済が優位に立つと、自然、労働、社会生活などあらゆるものに商品の論理を押し付け、あらゆるものに価格を与えた。

もちろんカール・マルクスは、資本蓄積の力学と、それがいかに職場を形成し、社会生活を植民地化し、公的資源を搾取するかについて、多くのことを語っている。彼の政治・経済批判の多くは、コモンズの熾烈な私的囲い込みについてである。しかし、マルクスは、抵抗の場としての、あるいは生産と社会的再生産の生成的源泉としてのコモンズそのものについては、比較的多くを語らなかった。それは、彼の時代の最も重要な発展が、資本主義の近代化の圧倒的な力であったからに違いない。彼は、近代的な労働者集団が、新しい形態のコモンズを生み出す最も有望な手段であると考えたのである。

大規模な国際的土地収奪

多くの人々は、囲い込みは過去の遺物であり、中世に起こったことであって、今はそうではないと考えている。しかし、そうではない。現在、アフリカ、アジア、ラテンアメリカの広大な地域が、国際的な土地争奪戦に巻き込まれている。投資家や各国政府は、伝統的な人々が何世代にもわたって利用してきた何百万エーカーもの土地を買い占めている。これらの市民が正式な所有権を持つことは稀であり、弁護士に言わせれば、「慣習的使用権」しか持っていない。強制力のある財産権は政府に属し、政府は理論上、人々のための管財人として機能する。しかし現実には、独裁的な国家や問題を抱えた国家の多くは、公的信託の義務を無視して、広大な「所有権のない」土地を外国人に売却することで利益を得ている。取引を仲介し、土地の所有権を合法化することで、政府は新たな税収を得ることができる。コネのある役人は、高額の賄賂を静かに手にすることができる。理論的には、「開発」と繁栄は後からついてくる。

しかし、実際にはそうではない。投資家の中には、その土地を使ってバイオ燃料や商業作物を生産し、世界市場に輸出する者もいる。また、土地の価格が上昇すれば現金化しようと、土地を放置している投機家もいる。サウジアラビアは10億ドルを投じてアフリカの70万ヘクタールを購入した。インドは農地を買い上げるために投資プールを設立している。韓国や中国も積極的なプレーヤーだ。

慣習的な土地の囲い込みは大規模であり、市民の移住も進んでいる。サハラ以南のアフリカに住む人々の推定90%、約5億人が土地の法的所有権を持たず、立ち退きの危機にさらされている。コンゴ民主共和国、スーダン北部、エチオピア、マダガスカルの市民は特に弱い立場にある。世界では、約80億4,000万ヘクタール(約211億エーカー)の土地に対して、約20億人が慣習的な使用権しか持っていない。ひとたび土地を接収されると、市民はもはや自分たちの食料を栽培・収穫したり、水を汲んだり、野生の狩猟をしたりすることができなくなる。囲い込みは彼らのコミュニティと文化を破壊している。

自由市場経済学に照らせば、土地を私有財産にして市場で取引すれば、その生産性は向上する。このプロセスは、所有者がより多くの食料を生産し、土地の価値を高めるよう開発することを促すと言われている。これとは対照的に、所有権のない集団利用地は歴史的に 「荒れ地」と呼ばれてきた。法律上、誰もその土地を所有しておらず、手入れもしていないからだ。

しかし、自由市場の寓話の幕の裏を覗いてみると、何百万人もの人々に基本的な生活を提供している、安定した持続可能なコモンズが何千もある。驚くなかれ、土地の収奪は、生態系の破壊、コミュニティの崩壊、飢餓、不平等、仕事と食料を求めての都市への移住といった、囲い込みに伴うおなじみの病理を生み出している。立ち退きを余儀なくされた市民たちは、居場所を失い、土地を奪われ、派手な近代消費主義と掘っ立て小屋の貧困の世界に突き落とされる。

「土地所有権の専門家であるリズ・オールデン・ウィリーは、「投資家への割り当てのほとんどが、最長99年の更新可能な中期リースであるという事実を考慮すると、共有地の喪失は、少なくとも1世代、最大で4世代にわたって、これらの土地へのアクセス、使用、生計の利益を意味あるものから取り除くことになると予想される」と書いている。

これは、数十年にわたる飢饉、貧困、政治的混乱のもととなる。かつて帝国国家は、人々や資源を搾取するために直接的な軍事支配を主張した。新植民地支配のプロセスはより洗練されたものになった。外国人投資家や投機家は、法の制裁を受けながら、先住民の土地の略奪を歓迎する友好的で自己欺瞞的な政府と取引を交渉するだけだ。国民の株式資産をバーゲン価格で私的に売却することほど、有利なことがあろうか。

水の民営化

水もまた、多くの多国籍企業が囲い込みの対象としている資源である。多くの人々は、飲料水は政府が提供する公共サービスか、少なくとも地域社会が管理するものだと考えている。しかし、多くの多国籍企業は、水を豊かな利益の源泉となる貴重な私的商品とみなしている。そのため、多くの企業や投資家が地下水の帯水層を買い占め、公有地から大量の淡水を最小限の支払い、あるいは支払いなしで採取し、自治体の水道システムを民営化しようとしている。

間接的に水を囲い込むこともある。例えば、保全や予防的規制の方がより安価で、より確実な結果をもたらす可能性があるにもかかわらず、企業は高価な浄水システムや処理システム、脱塩システムの建設を選択することがある(ただし、残念ながら個人投資家には投資に対する見返りはない)。現在進行中の熾烈な国際的土地収奪は、しばしば「水収奪」の別名にすぎない。

現在進行中の一連の 「水戦争」の口火を切ったのは 2000年に世界銀行が、多国籍エンジニアリング・建設企業ベクテルが率いる国際コンソーシアムと協力して、当時ボリビア第3の都市だったコチャバンバに水道の民営化を迫ったときだった。公式な政策的根拠は、民間企業にインセンティブを与えて水道インフラを改善させ、人々の水へのアクセスを向上させるというものだった。しかし、このような 「市場解決策」は、水へのアクセスを提供することよりも、利益を上げることに主眼が置かれている。コチャバンバの水供給を掌握した後、ベクテル社は価格を50%以上引き上げ、屋根からの雨水の収集さえ禁止した。コチャバンバの水は、ベクテル社の私有財産として厳格に管理されていたのだ。

一夜にして草の根の抗議運動が起こった。何千人もの一般市民が、「水は命だ!」という戦いの叫びとともに街頭に繰り出した。「水と生命を守る会」は政府に対し、ベクテル社との40年にわたる契約を破棄し、水を自治体の管理下に戻すよう求めた。抗議行動はまた、「富の社会的再横領」、つまり、水システムの主権的管理と水利用者による集団管理を求めた。1999年のシアトル反グローバリズム抗議行動からわずか数カ月後、コチャバンバの反乱は、商業のグローバリゼーションが、人間や環境の基本的なニーズを公正かつ持続的に満たすことよりも、企業の利益を煽ることに大きく関わっていることを鮮明にした。

抗議者たちは最終的にコチャバンバで勝利を収め、ベクテル社との契約解除を余儀なくされ、ラテンアメリカ全土で自決とコモンズを基盤とした管理を求める新たな声が沸き起こった。10年以上経った今でも、コチャバンバの抗議行動は、水の民営化に反対する最初の大きな勝利のひとつとして記憶されている。この戦争はすぐには終わらないだろう。億万長者のT・ブーン・ピケンズは、テキサス州ハイプレインズで1億ドル以上を費やして地下水の帯水層を買収した。国際的な水企業は、地下水をボトリングするために、世界中の地下水供給を利用し続けている。たとえ、公共水道がブランド水1本と同じ値段で1,000ガロンの水道水を提供できるとしても。

食の企業化

囲い込みには、自然の生物多様性のように、共同体が道徳的にのみ所有するものや、受け継ぐものが関係することもある。これらはコモンプール資源であり、実際のコモンズではない(なぜなら、それらを管理する社会システムは、実際のものではなく、願望的なものにとどまるからである)。CPRは囲い込みに対して特に脆弱である。というのも、囲い込みに抵抗する組織化されたコミュニティが存在しないため、CPRは 「自由に利用できる」とみなされるからである。市場は自然を再設計する構造的な力となる。

その好例が、アメリカにおけるリンゴの囲い込みである。100年前、アメリカ人は6.5千種類以上のリンゴを食べていた。人々は、スコロップ・ギリーフラワー、レッド・ウィンター・ペアメイン、カンザス・キーパーといった名前のエキゾチックな品種の中から選ぶことができた。料理や食事に関しては、誰もが自分のお気に入りを持ち、たいていは地元のものだった。人々はパイやサイダー、アップルソースを作るために様々な品種を使った。

そのすべてが劇的に変化した。20世紀にアメリカの食品会社が全国的な市場を築き、地元での生産と流通を駆逐したため、リンゴの自然な多様性は本質的に消滅してしまった。皮が薄く傷がつきやすいため、出荷に適さないという理由で放棄された品種もある。また、小さすぎたり、市場のごく限られたニッチにしか供給できない品種もあった。レッド・デリシャスは、(ワックス・コーティングのおかげもあって)非常に大きく、光沢があったため、市場で優勢だったのだろう。

重要なのは、リンゴの品種の縮小は、国内および国際市場を構築しようとする商業的農業システムによって仕組まれたということだ。大規模な効率化と企業統合によって推進されたこのシステムは、特異な果物や多様な果物には関心を示さなかった。こうして、売り上げを伸ばすために、当たり障りのない均質なリンゴが意図的に作られたのである。今日、農家ジャーナリストのヴェリン・クリンケンボーグは、「この国(アメリカ)で売られているリンゴの90%はたった11品種であり、レッドデリシャスだけでその半分近くを占めている」と書いている。

自然が生み出したリンゴのめくるめく多様性は淘汰され、減少している。残された品種のほとんどは、栽培が容易で、流通や大量販売が安価なものだ。かつてはリンゴは地元で栽培され、バラエティに富んでいて、もっと美味しかったことを知るのは年配者だけだ。それ以外の人々は、狭い範囲の選択肢を 「あるべき姿」として受け入れるように教育されてきたのだ。人気のある果物は、規制され、高度に商品化された市場に適合させられている。

幸いなことに、スローフード、コミュニティ支援型農業、有機農業、パーマカルチャーなど、さまざまな側面でのローカルフード運動が、使われなくなった多くの「家宝」種を復活させ始めている。このような努力の動機は、地元に適応した種子の味の面白さや栽培のしやすさだけでなく、遺伝的生物多様性が生態系の重要な 「保険」であるという認識にもある。例えば、世界中に1000種類以上のバナナがあるにもかかわらず、果物産業は輸出市場の99%をキャベンディッシュ種でまかなってきた。このようなモノカルチャー農業のおかげで、キャベンディッシュ種バナナを襲う土壌媒介菌によって、世界のバナナの供給は壊滅的な打撃を受けるかもしれない。

リンゴとバナナの運命は、より一般的なアメリカ食品の運命を反映している。マーク・カーランスキーがその著書『The Food of a Younger Land』(邦訳『若い土地の食』)の中で述べているように、食料品スーパー、国道システム、ファストフード・レストランが台頭する以前は、アメリカにおける料理の多様性ははるかに大きかった。チェーン・レストランは画一化と低品質をもたらし、季節感や新鮮さ、地域性、伝統的な食べ物を駆逐した。食が地域文化に根ざしていた時代、それは人々の性格、態度、アイデンティティを形成していた。カーランスキーは、アメリカの食習慣がナショナル・マーケットの支配下に入る以前には、「ニューイングランド南部の5月の朝食、アラバマ州の足洗い、ジョージア州のコカ・コーラ・パーティー、ノースカロライナ州のチッタリング・ストラット、ネブラスカ州の脱穀機のための料理、チョクトー族の葬式、ピュージェット湾のインディアン・サーモンの饗宴」といった食の伝統があったと書いている。また、ロードアイランド州のジョニーケーキ、ニューヨーク市のオイスターシチュー、ジョージア州のポッサムとタートル、ケンタッキー州のしおれたレタス、バージニア州のブランズウィックシチュー、ルイジアナ州のテット・デュ・ヴォーなど、古くからの伝統的なレシピも掲載されている。

戦後、アメリカ企業の世界進出が拡大するにつれ、世界中の無数の食の伝統が囲い込まれていった。バンコクからボゴタへ、ムンバイからモスクワへと欧米ブランドやファストフードチェーンが拡大するにつれ、近代的な大々的に売り出された食品が「後進的な」伝統料理に取って代わった。日常的な食生活は均質化し、栄養価は低下している。糖尿病、肥満、心臓病など、欧米の食生活に関連する疾病が急増したのも不思議ではない。

土地、水、リンゴ、地元の食材。これらは、過去数世代にわたって行われた、自然に対する重大な囲い込みのほんの一部に過ぎない。自然の富の窃盗はあまりに漸進的であるため、また一般的に経済や技術の進歩の証として描かれているため、あまり注目されてこなかった。

自然を囲い込む範囲は広大だ。その範囲は、地球規模(大気、海洋、宇宙)から、地域規模(地下水脈、漁業、森林)、そして地元規模(郷土料理、郷土の伝統、個人事業)にまで及ぶ。囲い込みには、生物(細胞株、遺伝子、遺伝子操作された哺乳類)や限りなく小さなもの(微生物、ナノ物質の合成代替物)が含まれる。

最も大胆な自然の新たな囲い込みのひとつに、天然資源の金融化がある。ヘッジファンドやその他の投資家は、土地や水、地域の生態系を自然の摂理に従うべき資源として扱うのではなく、水の流れや伐採可能な木材、魚の資源など、再生可能な自然システムから生み出される収益を「安全保障化」するための巧妙な金融商品を開発し始めている。

イタリアのグループRe:Commonのアントニオ・トリカリコによれば、金融業界は現在、石油と同じような先物市場やデリバティブ金融商品を作ろうとしているという。これは、あらゆるレベルの政府に対して、水、森林、漁業を金融資産とみなし、収益化して売却したり、融資の担保にしたりするよう、根本的に圧力を強めることになる。金融の常識では、未開発の天然資源は過小評価された資産であり、すべてが収益を生むはずだという前提がある。

言うまでもなく、自然の金融化は、多くの自然の流れを破壊し、枯渇させる圧力を強め、自然システムの環境収容力に対するストレスを増大させるだろう。例えば、水が統合されたグローバル市場で取引される商品となれば、地域の生態系は壊滅的な打撃を受け、この重要な資源は多くの人々にとって手の届かないものとなりかねない。

トリカリコは、金融業界が公的金融に取って代わり、個人投資家の利益のために独自の大規模なインフラや採掘プロジェクトを建設しようとする中で、自然の金融化は今後ますます拡大するだろうと書いている。金融業界は、食料、土地、電力、金属、森林、その他の資源を単なる商品としてではなく、世界的な取引や投機に適した金融資産として扱う金融市場を開発しようとしている。このような囲い込みがマクロ経済やマクロ金融に与える影響について、私たちがほとんど理解していないことを考えれば、生態系の破壊は言うまでもない。

この他にも何十種類もの囲い込みを挙げることは容易だろう。しかし、ここでは、囲い込みがどのように機能するかを詳しく見ていくことにとどめたい。都市空間とインフラの私的買収(第4章)と、知識と文化の多くの流用(第5章)である。企業が言葉や色や匂いの所有権を主張するとき、囲い込みが厄介な極限に達していることがわかる!

11. コモンズの未来

コモンズについて、もっと深く、もっと正確に、さまざまな文化的観点から、そして歴史家、詩人、芸術家の知恵を借りて、もっと多くのことを語ることができる。ここで述べることは、数あるうちのひとつに過ぎない。しかし、私があなたの探究心を刺激したのであれば、私は満足である。結局のところ、本書は短い紹介に過ぎないのだから。

コモンズを助けるために私にできることは何か?あるいは、私が行った講演の後にある女性が言ったように、「どうすればもっと 「コモンズ」らしくなれるのでしょうか?素晴らしい造語だ!そして、最初はどんなに小さな努力に見えるかもしれないが、そのアイデアを前進させる手助けをしてくれる仲間を見つけなければならない。マーガレット・ミードの有名なセリフが思い浮かぶ: 「思慮深く、献身的な市民の小さなグループが世界を変えられると信じて疑わないこと。」

私のブログ、Peer to Peer財団、ドイツのコモンズ・ブログ、Shareable誌、Onthecommons.org、イギリスのStir誌(その他多数-私のウェブサイトのブログロールを参照)などが取り上げているコモンズの世界を徘徊すれば、素晴らしい活動をしている普通の人々の物語に何十回も出会うだろう。従来の政策専門家は、問題を「解決」するために断固として実行できる、大胆で大々的な計画を想像したがる。しかし実際には、コモンズは地域の状況や専門的なニーズと協調しながら、時間をかけて有機的に形成されるのが最も効果的なのである。

政府、公共政策、国際法といった「上層部」が、コモンズの取り組みに法的・財政的支援を提供し始めなければならないのは確かである。コモンズを開花させ、非常に重要な地域のエネルギーを解き放つためのインフラやプラットフォームが必要である。国や地域のレベルだけでなく、小さなレベルでもコモンズを基盤としたイノベーションが必要である。コモンズは「小さすぎる」ので重要ではないと見下されがちだが、集合的に、時間をかけて社会を作り変えることができる。この点で、私は、オレゴン州ポートランドで近隣スペースの再生に尽力する進取の気性に富んだ市民プロジェクト、マーク・レイクマンと「シティ・リペア」、コモンズの原則を適用してほぼ干上がったアルヴァリ川を再生したラジェンドラ・シンと彼の「ヤング・インディア・アソシエーション」、そしてコモンズがソフトウェア、カスタマイズされた製作、オープンなハードウェアの設計と製造を共同生産するために創設した何十ものハッカースペースやファブラボを思い浮かべる。

これらの事例で重要なのは、直線的で階層的な意味でのコモンズの「規模拡大」ではなく、20世紀的な「規模拡大」である!- むしろ、コモンズの働きを強化し、多様化させることなのだ。私の友人であるシルケ・ヘルフリッチが言うように、このプロセスは結晶化に似ている。新しい。「原子」が結晶の基本構造やアイデアと共鳴しながら結晶に加わり、やがて結晶は形を成し始め、ヒエラルキーや中央集権の痕跡を残すことなく、あらゆる方向に成長していく。このようにして、小さな変化-コモンズからコモンズへ-は、システム全体に大きな累積的効果をもたらすことができる。(インターネット(ネットワークやワールド・ワイド・ウェブ)は、このようにして成長してきた)。

このプロセスはすでに始まっている。2012年に出版されたアンソロジー『The Wealth of the Commons(コモンズの富)』が記録しているように、異なる種類の未来を再構築する方法として、コモンズに対する関心は世界的に非常に高い。2010年11月にベルリンで開催された国際コモンズ会議には、34カ国から200人の自称コモンズが集まり、その可能性を模索した。また、2013年5月に同じくベルリンで開催された経済学とコモンズに関する会議も、コモンズ活動を大きく後押しした。

魅力的な現実は、世界中の数多くのプロジェクトが自発的にコモンズの言説を採用し、自分たちの取り組みを組み立てていることだ。世界社会フォーラムやリオ+20環境会議でのオルタナティブ人民サミットは、コモンズを取り戻すという刺激的なマニフェストを発表した。イタリアでは、水道の民営化を阻止し、市民が管理するコモンズを立ち上げようとする政治運動が起こっている。コモンズに関するオンライン講座を提供するウェブサイトや、コモンズの地図に人々を誘導するコモンズ・アトラスも登場している。ノートルダム大学とロンドンのスクール・オブ・コモンズでは、グローバル・コモンズ入門コースが開講され、アメリカでは「占拠せよ」の活動家たちがコモンズに関する2つの会議を開催した。イスタンブールでは、アーティストたちが集まり、アートとコモンズのつながりについて議論している。などなど。

私が知っているコモンズの活動家のほとんどは、政治哲学としてのコモンズの「統一場理論」を発展させることには興味がない。確かに彼らは、コモンズとは何か、そしてそれが多様な状況にどのように適用されうるかについて、より大きく首尾一貫した考えを発展させたいと考えている。しかし、イデオロギーや抽象論を過度に強調することには慎重である。市民の最優先事項は、突き詰めれば、自分たちの特定のコモンズを手入れし、保護することである。彼らは、身近で大切なコモンズに力を注ぐ必要があることを理解している。コモンズ(共有)の技術を培うこと、これが他のすべてのベースとなる。

コモンズが政治戦略としてこれほど頑強なのは、まさに分散型、自己組織型、実践ベースのアプローチにある。単一の指導層が存在しない場合、運動を共同化することは難しい。もっと積極的に言えば、現場の自主的なリーダーシップに根ざした多様な運動は、中央集権的なイニシアチブよりもはるかに多くのエネルギーと想像力を引き出すことができる。コモンズは通常、理論ではなく実践に基づいているため、運動をしばしば悩ませるイデオロギーの純粋性をめぐる疲弊した争いの多くを回避することもできる。(もちろん、常にというわけではない。フリーソフトウェア・ムーブメントにもイデオロギーの純粋さをめぐる争いはあったし、他の多くのコモンズも実践よりも理論に重点を置いている) 多くの市民にとって、重要なのは正しい知的定式化を得ることよりも、実際の仕事を成し遂げることなのだ。確かにアイデアは重要であり、戦略的な議論は重要である。しかし、コンセプチュアル・アーティストのジェニー・ホルツァーが指摘しているように、「行動は思考よりも多くの問題を引き起こす」のである。

本書の初期のページで、私は新自由主義イデオロギーの老朽化したドグマにどう立ち向かうことができるかを問うた。約束を果たすことができず、代替案を真剣に検討することも許さない「自由市場」神学を、どのように失脚させることができるだろうか?その基本的な答えは、かなり明らかになったと思う。未来のための新しいビジョン、新しい文化的倫理、新しい政治的有権者を構築するための「中継地点」として機能する、実際に機能しているコモンズの輪をより広く形成し、広げていくことが重要なのだ。このビジョンは、単に発表することはできない。優秀な指導者は、あるべき姿を単に宣言することはできない。ビジョンは、時間をかけて、市民たち自身によって交渉され、「共同実行」されなければならない。適切な戦略と解決策は、積極的な実験、議論、革新からしか生まれない。

コモンズとは、基本的には、世界を異なる言葉で理解しようとする文化的実践と展望である。コモンズは、人間がより良い世界を作るために実際にどのような影響を及ぼすことができるかについての認識の転換によって推進される。個人的な倫理観と社会的関与が、変化をもたらす新たな支点を見出すことによって、コモンズは活気づく。代議制民主主義と法律は依然として進歩のための重要な手段であるが、市民は現実的である傾向がある。特に旧来の統治システムが腐敗し、非効率的である場合、喫緊の課題は必ずしも新しい法律を制定したり、適切な候補者を選出したりすることではない。最も緊急な課題は、市民のための耐久性のある適切な制度を考案することである。コモンズの囲い込みと戦い、コモンズを守るための新たな防衛手段(法的、技術的、社会的)を構築しなければならない。これには州法が必要な場合もあれば、必要でない場合もある。

そこで最優先されるべきは、コモンズについての会話を広げることである。文化的ミームを流通させる。それを実際の実践に根付かせる。これが、コモンズが信頼に足る、機能する現実として現れる方法である。コモンズに関する個人的な生活体験が増えれば増えるほど、コモンズに対する一般の理解は深まる。コモンズに名前をつけることは、それを(再)主張し始めることである。

世界中のほとんどの社会では、意味のある政治的変革の見込みはかなり乏しいままだ。新自由主義のプロジェクトは、進歩や繁栄をすべての人にというユートピア的な約束を実現できないことは明らかである。しかし、伝統的な新自由主義批判者や政治的進歩主義者は、私たちが必要とする新しい道を切り開くことはできないだろう。彼らの大半は、知的に疲労しているか、政治的にやる気をなくしているか、あるいは権力や権威のある世界との関係性を示すことに憧れ、妥協しているのではないかと私は危惧している。

コモンズのイマジナリーは、私たちをこの泥沼から救い出してくれる。異なる概念的基盤、新たな分析の枠組み、そしてより強固な道徳的・政治的語彙をもって、新たなスタートを切る機会を与えてくれる。コモンズは、既存の秩序を改革することができない今、ガバナンス、経済学、政策を再概念化する強力な方法を提供する。コモンズは、従来の政治制度が機能不全に陥っていたり、腐敗していたり、改革に抵抗していたり、あるいはその3つが共存しているときに、民主主義の実践を活性化させる方法を提供する。コモンズは、社会が実際に協力とボトムアップのエネルギーを活用して問題を解決できることを示している。代表民主主義を超える、あるいは代表民主主義との建設的なパートナーシップで機能する新しいガバナンスのあり方を示している。

コモンズが新たなビジョンを打ち出すことが可能であることは、国境を越えたコモナーの増加や、彼らが開発しているイノベーションに見ることができる。そのすべてがコモンズの言説そのものを支持しているわけではないが、彼らのさまざまな社会的実践は、参加、協力、包括性、公平性、ボトムアップの革新、説明責任といったコモンズの中核的価値を確実に体現している。参加、協力、包括、公正、ボトムアップの革新、説明責任などである。彼らはみな、生産、消費、統治を統合された変化のパラダイムに組み込もうとしている。これらの折衷的な運動には、連帯経済運動、トランジション・タウン運動、オルターグローバリゼーション活動家、水活動家、ブラジルの土地なし労働者運動(MST)、ラ・ヴィア・カンペシーナとして知られる農民の国際運動、フリーソフトウェアとフリーカルチャー運動、ウィキペディアン、オープンアクセス学術出版界、オープン教育資源(OER)運動、数十の国際的な海賊党、占拠運動などが含まれる。こうした取り組みの萌芽的な連合体は、新しい種類の世界的な運動、つまり緩やかに連携した運動の運動の始まりであることを示唆している。


GPT-4

  • 連帯経済運動:公平で持続可能な経済システムを目指し、地域コミュニティとの連携、社会的公正、環境保護を重視する。協同組合、フェアトレード、ソーシャルビジネスなどが含まれる。
  • トランジション・タウン運動:地球温暖化や資源の枯渇に対応するため、地域コミュニティが持続可能な生活を目指して自立を高める運動である。エネルギー消費の削減、地元での食料生産の増加などが特徴である。
  • オルターグローバリゼーション活動家:グローバリゼーションの現状に対する代替案を提案する活動家。経済的公正、環境保護、人権尊重を重視し、新自由主義的グローバリゼーションのネガティブな影響に抗議する。
  • 水活動家:水資源の公正な分配と保護を目指す活動家。民営化による水の価格上昇や水資源の乱用に反対し、水を公共財として守ることを目指す。
  • ブラジルの土地なし労働者運動(MST):ブラジルで土地を持たない労働者の権利を守る運動。土地改革を推進し、土地なし労働者に農地を提供することで、経済的・社会的公正を目指す。
  • ラ・ヴィア・カンペシーナ(農民の国際運動):世界中の小規模農家が連携して、持続可能な農業と食料主権を守る国際運動。企業主導の農業に反対し、地域主導の農業を支持する。
  • フリーソフトウェアとフリーカルチャー運動:ソフトウェアや文化作品の自由な使用、変更、共有を支持する運動。著作権の制限に反対し、知識と情報の自由な流通を目指す。
  • ウィキペディアン:オンライン百科事典プロジェクトであるウィキペディアの貢献者。情報の民主化と共有を目指し、誰でも自由に知識にアクセスし編集できる環境を提供する。
  • オープンアクセス学術出版界:オープンアクセス運動は、学術研究の成果を誰もが自由にアクセスできるようにすることを目指す。従来の出版モデルに対抗し、研究成果の公開と共有を推進する。
  • オープン教育資源(OER)運動:教育資源を自由に利用、共有、改変できるようにすることを目指す運動。高品質な教育資料をオープンライセンスで提供し、教育の機会均等を目指す。
  • 数十の国際的な海賊党:海賊党は、著作権、特許法、プライバシー保護の改革を目指す政治運動。インターネットの自由と情報の自由な流通を主張する。

コモンズの4つの強み

コモンズには4つの長所がある。第一に、精神と分析においてエキュメニカルな世界観と感性である。硬直した全体化イデオロギーではなく、オープンエンドで柔軟性があり、多様な文化や社会にアクセスできる変革のためのテンプレートである。それは、現場の現実と実践的な作業モデルを尊重するものである。

第二に、コモンズには、ローマ帝国、マグナ・カルタとそれに付随する森林憲章にまで遡る由緒ある法的歴史がある。この歴史は、今日の政治的・法的革新のための指針、信頼性、モデルの大きな源泉である。

第三に、コモンズは、市場文化を批判し、人間の協力と共同体を正当化するための本格的な知的枠組みであり、言説である。政治的リベラリズムは、市場イデオロギーと密接にアライメントされ、その制度的欠陥や限界を問題にすることができない。ホモ・エコノミクスのモデルから大きく外れた人間存在の概念を受け入れようとはしない。政治的解放のビジョンもまた、約束を果たせない自由主義的普遍主義のビジョンに縛られている。

最後に、コモンズは、多くの場合、市場や国家を凌駕するような、供給とエンパワーメントのための成功した実践モデルの豊かな配列で構成されている。コモンズは、前向きで建設的な代替案を提供し、私たちに歩み寄り、責任と想像力を示すことを求めている。コモンズでは、私たちは単なる消費者や有権者ではなく、新しい世界を築くための積極的な参加者となるよう求められている。コモンズは不活性な名詞ではなく、能動的な動詞なのだ。政治家や官僚に委ねるだけのものではないのだ。

贈与と義務としてのコモンズ

フランスの政治家であり、コモンズの研究者でもあるアラン・リピエッツは、「コモンズ」という言葉の起源をウィリアム征服王とノルマン人に求めている。「コモンズ」という言葉は、ノルマン語の「commun」に由来するとされ、「commun」は「贈与」と「反対贈与」、つまり「義務」を意味する「munus」に由来する。

私は、この語源がコモンズの本質を突いていると思う。私たちは、全員が贈り物を受け取り、全員が義務を負う世界を取り戻す必要がある。これは人間として非常に重要なあり方である。中央集権的な政治と市場構造の拡大が、贈与と義務の必要性を悲劇的なまでに消し去ってしまった。私たちはすべてを市場や国家の制度に依存し、個人的な主体性や道徳的なコミットメントの余地をほとんど残していない。イヴァン・イリッヒが「ヴァナキュラー・ドメイン」と呼んだもの、つまり日常生活の中で私たちが自分の人生を創造し、形成し、交渉することのできる空間に対する信頼を、私たちはほとんど失ってしまったのだ。私たちは、私が慣習法と呼ぶもの、つまりコモンズの法を強化する必要があると思う。

フィリピンの農民、ブラジルのリミックス・アーティスト、アムステルダムのハッカー、ドイツの生協組合員、アメリカのフリーカルチャー・ユーザー、イタリアの自治体など、世界中のさまざまな人々の間で、この考え方が深く共鳴していることが心強い。コモンズをベースとしたイニシアティブが、数え切れないほどさまざまな分野で爆発的に世界中に生まれ、強力な相乗効果を生み出し、変革への豊かな可能性を切り開いている。

理論が実践に追いつく必要があるとき、何か強力なことが起こっていることがわかるからだ。旧態依然とした構造や物語が通用しない今、コモンズは私たちに多くの希望を与えてくれる。

コモンズ、簡潔に、そして簡潔に

コモンズとは共有の価値観とコミュニティのアイデンティティを維持する、資源の長期的な管理のための社会システムである。

コミュニティが、市場や国家に依存することなく、資源(枯渇可能なもの、補充可能なものの両方)を管理する、自己組織化されたシステムである。

私たちが受け継ぐ富、あるいは共に創造する富は、減少することなく、あるいは向上することなく、子供たちに受け継がれなければならない。私たちの集合的な富には、自然の賜物、市民のインフラ、文化的作品や伝統、知識が含まれる。

経済(そして人生!)の一部門であるコモンズは、しばしば当然視され、市場や国家によってしばしば危険にさらされる方法で価値を生み出している。

コモンズは、あるコミュニティが、公平なアクセス、利用、持続可能性に特別な配慮を払いながら、ある資源を集団的な方法で管理したいと決定するたびに生じるものであるため、コモンズの基本目録は存在しない。

コモンズは資源ではない。コモンズは資源であると同時に、定義された共同体であり、その共同体が必要な資源を管理するために考案したプロトコル、価値観、規範なのである。大気、海洋、遺伝的知識、生物多様性など、多くの資源をコモンズとして管理することが急務である。

コミュニティが集団の利益のために資源を管理するための社会的慣行や規範であるコモニングなくして、コモンズは存在しない。コモンズの形態は、コモンズごとに異なるのが自然である。そのため、コモンズには「標準的なテンプレート」は存在せず、パターンや原則が共有されているだけである。コモンズは名詞であると同時に動詞として理解されなければならない。コモンズは、ボトムアップの参加、個人の責任、透明性、自己管理責任によって活性化されなければならない。

現代の知られざる大問題のひとつは、コモンズの囲い込みであり、共有資源の収用と商業化である。遺伝子や生命体の特許化、創造性や文化を封じ込めるための著作権法の過剰な拡張、水や土地の私有化、オープンなインターネットを閉鎖的な所有権市場に変えようとする試みなど、多くの囲い込みが見られる。

囲い込みとは、土地を奪うことである。共同体やすべての人のものである資源を私有化し、商品化し、コモンズを基盤とする文化(平等主義的な共同生産と共同統治)を市場秩序(貨幣を基盤とする生産者と消費者の関係と階層)で解体する。市場は、地域や文化、生活様式へのコミットメントが薄い傾向がある。しかし、コモンズにとっては、これらは不可欠なものである。

典型的なコモンは小規模で、天然資源に焦点を絞ったものである。推定20億人が、森林、漁業、水、野生生物、その他の天然資源のコモンに依存して、日々の生活を営んでいる。しかし、都市、大学、インフラ、社会的伝統など、他のタイプのコモンズも存在する。最も強固なコモンズのひとつは、インターネットとデジタル技術に基づくもので、これによって市民たちは、共有された知識や創造的作品の価値ある体系を創造することができる。

現代のコモンズの闘いは、多様な種類のコモンズがより大きなスケールで機能することを可能にし、市場の囲い込みからコモンズの資源を守り、コモンズの生成力を確保するための、法律、制度形態、社会的実践の新たな構造を見出すことである。

新しいコモンズの形態と実践は、地方、地域、国家、グローバルなど、あらゆるレベルで必要とされ、コモンズ間の新しいタイプの連合と、異なる階層のコモンズ間の新しい連携が必要とされている。ガバナンスを生態系の現実にアライメントさせ、政治的な境界を越えて和解する力となるためには、国境を越えたコモンズが特に必要とされる。コモンズを実現し、市場の囲い込みを阻止するためには、法律、公共政策、ガバナンス、社会的実践、文化における革新が必要である。これらの努力はすべて、現在確立された統治システム、特に国家と市場に蔓延しているものとはまったく異なる世界観を生み出すだろう。

コモンズの論理と市場の論理

この図は、シルケ・ヘルフリッチによるもので、『コモンズの富』に初めて掲載された: 市場と国家を超えた世界』(レヴェラーズ・プレス、2012)に掲載された。クリエイティブ・コモンズ表示-継承 3.0ライセンスの下に提供されている。

コモンズに関するその他の文献

謝辞

本書の執筆には、コモンズの仕組み、政治的意味合い、文化的意義、将来の方向性など、コモンズについて集中的に研究してきたこの15年間が必要だったといっても過言ではない。有益な出会いを共有した世界中の何百人ものコモンズ(共有者)には、感謝の言葉もない。(そこで、私の思考に多大な影響を与え、私の人生を豊かにしてくれた親愛なる同僚やスパーリングパートナーを紹介しよう: シルケ・ヘルフリヒ、ミシェル・バウウェンス、ハイケ・レッシュマン、そしてアメリカではピーター・バーンズ、ジョナサン・ロウ(1946-2011)、ジョン・リチャードだ。

特に、パリのシャルル・レオポルド・メイヤー財団のディレクターであるマチュー・カラメ氏には、コモンズへの強い関心と、本書のフランス語訳を依頼してくださったことに感謝している。また、シャルル・レオポルド・メイエ版(ECLM)のディレクター、アリーヌ・デュリエス=ワクチンロンカにも感謝する。私の編集者であり、ECLMのフランス語翻訳者でもあるリティモの寛大で博識なオリヴィエ・プティジャンは、本書をより賢く、より深く、より繊細なものにするために、多くの洞察に満ちたコメントを提供してくれた。オリヴィエ、あなたは時空の隔たりを越えて一緒に仕事をする喜びを与えてくれた。

また、カレン・ジョンストン、チャーリー・クレイ、リカルド・ジョマロン、エルヴェ・ル・クロニエ、ジョン・リシャール、そして私の原稿を注意深く見直し、思慮深い示唆を与えてくれた他の読者にも感謝したい。もちろん、誤字脱字の責任はすべて私にある。

どのような本であれ、本当に進行中の会話の一部であり、最後の言葉ではないので、私は未来のコモナーたちに、彼らの視点から見た私の間違い、脱落、解釈に異議を唱えるだけでなく、この会話を、私が思いつかなかったかもしれない新たな領域へと導いてくれるよう呼びかける。コモニングの世界は実に広大で、広がっている。

– デイビッド・ボリアー

マサチューセッツ州アマースト

著者について

トーマス・ボリエ

  • 1990年代後半から、作家、政策戦略家、国際活動家、ブロガーとしてコモンズを探求している。これまでにコモンズ関連のテーマで6冊を含む12冊の本を執筆または編集している(共同執筆者の場合もある): そのうち6冊はコモンズ関連のテーマで、『Silent Theft』、『Brand Name Bullies』、『Viral Spiral』、『The Wealth of the Commons』、『Green Governance』、そして今回の『Think Like a Commoner』である。2012年には、コモンズに関する業績が評価され、ベルリンのアメリカン・アカデミーから公共政策部門のベルリン賞を授与された。
  • 2003年~2010年、コモンズ・ストラテジーズ・グループを共同設立し、世界のコモンズ運動を支援する国際コンサルティング・プロジェクトを立ち上げた。2002年には、インターネット、遠距離通信、著作権政策における一般市民の利害を擁護する組織、パブリック・ナレッジをワシントンで共同設立した。現在は、国内外のパートナーとともにさまざまなコモンズ・プロジェクトに取り組み、インターネットのプロトコルの「ソーシャル・レイヤー」を構築する非営利の技術系新興企業ID3の編集者を務める。Bollier.orgでブログを書き、マサチューセッツ州アマースト在住。

 

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました