パンデミック警察権力、公衆衛生と廃絶問題(2022)
Pandemic Police Power, Public Health and the Abolition Question

強調オフ

デジタル社会・監視社会パンデミック 総括・批評ワクチン倫理・義務化・犯罪・スティグマ

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Pandemic Police Power, Public Health and the Abolition Question

パンデミック警察権力、

公衆衛生と廃絶問題

トリオン・P・ウッズ

人種、エスニシティ、インディジニシティと刑事司法におけるパルグレイブ研究

シリーズ編集者

クリス・クンニーン(シドニー工科大学、シドニー、ニューサウスウェールズ州、オーストラリア

キャサリン・ラッセル・ブラウン(フロリダ大学、米国フロリダ州ゲインズビル

ショーン・L. ガビドン(米国ペンシルバニア州ミドルタウン、ペンシルバニア州立ハリスバーグ校

この先駆的なシリーズは、「人種」と犯罪および刑事司法制度の人種化というトピックを中心に、犯罪学におけるマイノリティ、排除された人々、周縁化された人々の視点に、切望されていた注目を集めるものである。批判的人種論、批判的犯罪学、ポストコロニアル理論、交差的アプローチ、先住民理論など、さまざまな理論的アプローチを用いている。本シリーズは、犯罪学における支配的な白人の言説を支持して沈黙させられがちな先住民やグローバル・サウス(南半球)の人々の声を取り上げることを含め、現代の犯罪学全体における現在の言説、議論、議論に挑戦し、その幅を広げることを目指す。

エピグラフ

スピードを変えよう

変化の方向を変える。変化の範囲を変えよ。

変化の種を組み替えよ。変化の影響を変える。

変化をつかむ。

それを利用する。

適応し、成長する。

-オクタヴィア・バトラー『才能のたとえ』(ニューヨーク:セブン・ストーリーズ、2017)、

『パンデミック警察力』を私の娘たち、ナオミ・マリーとアサナ・シモーヌに捧げる。黒人自由闘争におけるあなた方の祖先の知恵と、時代を超えたすべての独立した思想家の勇気が、精神的、肉体的、感情的な全生活への個人的な旅を導いてくれますように。

謝辞

ジョシー・テイラー、プニタ・バラスブラマニアム、そしてこの仕事をサポートしてくれたパルグレイブ・マクミランの編集・制作チーム全員に感謝したい。皆さんと仕事ができたことは光栄であり、喜びでもある。Pandemic Police Powerの一部は、「Public Health Policing and the Case Against Vaccine Mandates」(St. Thomas Law Review 33(2) 2021: 220-282)として出版された。『セント・トーマス・ロー・レビュー』誌の編集者の方々には、同誌への掲載のお誘いをいただき、また拙稿を別の形でここに再掲載することを快く許可してもらったことに感謝したい。

また、私の親愛なる友人であるDonald F. Tibbs博士とKhalil Saucier博士にもいつもながら感謝したい。

Khalil Saucierに感謝したい

彼の法的研究と見識を惜しみなく教えてくれたローガン・ヒル法学博士に特別の感謝を捧げる。

妻のデボラ・ボーエンの協力なしには本書は成立しなかっただろう。COVID-19のパンデミックに関する彼女の調査、分析、憤り、探究心はすべてのページに活かされている。自己決定と変革の道を共に歩んでくれてありがとう。

目次

  • 1 はじめに パンデミック・イヤーにおける人種的犠牲と廃絶
  • 2 取り締まりの仕組みを再認識する
  • 3 改革、暴力、資本、刑務所廃止
  • 4 金融、技術、住宅、教育の警察力
  • 5 COVID-19の検査、感染、死亡率、治療、ワクチンの評価
  • 6 現代のワクチン制度における有効性、優生学、そして法律
  • 7 黒人の生命問題、医療人種差別、健康の自己決定
  • 8 結論 医学にとっての廃絶問題
  • 目次

著者について

マサチューセッツ大学ダートマス校犯罪・司法研究准教授、プロビデンス・カレッジ黒人研究特別講師。著書に『Blackhood Against the Police Power』がある: Punishment and Disavowal in the 「Post-Racial」 Era』(ミシガン州立大学、2019)、『Conceptual Aphasia in Black』の共同編集者: Displacing Racial Formation』(Lexington、2016)、『On Marronage』を共編している: Antiblackness: Ethical Confrontations with Antiblackness』(Africa World Press、2015)を共編している。研究論文や解説はwww.tryonpwoods.comで読むことができる。

管理

8 結論 医学にとっての廃絶問題

パンデミック・イヤーは、廃絶の問題を警察権力をめぐる全体的なアプローチへと先鋭化させた。私たちは以前から、仕事は人を殺すが、仕事をしないことはそれ自体が致命的な方法論を持っていることを知っていた1。私たちは、価値観や言説としての「科学」が、科学の腐敗や利益供与、広範な害悪を是認するために使われる新たな方法を目の当たりにしてきた。また、国家と企業の結びつきが、公衆衛生パラノイアをより高度な社会統制へと誘導していることも見てきた。WHOやCDCの代表者を含む政府、企業、学術界のハイレベルのリーダーたちは、2019年10月に中国でCOVID-19が出現する前に、イベント201と呼ばれる世界的パンデミックのシミュレーション演習を行った。つまり、最終的なパンデミックに直面して、イベント201は、公衆衛生機関の再建や、世界社会を費用のかかる伝染病の流行に脆弱にする企業慣行の社会的コストの是正、さらにはパンデミック発生時の安全な職場の維持方法には焦点を当てなかった。その代わりに、ワクチン接種、旅行と貿易の維持、一時的に国家の代わりを務めることのできる企業パートナーシップ、メディアメッセージの管理、そして「破綻するにはあまりにも不可欠な銀行システムや世界経済、国家経済の重要な節目」の補強が求められた。例えば、ゲイツ財団はワクチン同盟(Gavi)や疫病対策イノベーション連合(CEPI)を通じて製薬企業と協力し、COVID-19ワクチンのバイオテクノロジー研究に資金を提供した。一方、ニューヨーク州のクオモ知事は、パンデミックを踏まえてニューヨーク州の教育を再考するためにゲイツ財団を招聘した4。

それにともない、世界最大の政治経済機関がデジタル時代にいかに機敏になったかを知ることができる。国際通貨基金(IMF)は現在、中央銀行が全面的な監視、計画に対するリアルタイムの調整、世界規模の取引の管理を可能にするデジタル通貨へと移行する「新たなブレトンウッズの瞬間」を発表している5。ブレトンウッズとは、米ドルを世界通貨とし、IMFを主要な国際規制機関とする新たな通貨制度を採択した、第二次世界大戦後のニューハンプシャーで開催された経済計画会議のことを指す。人々はすでにオンラインとデジタルのすべてに条件付けされているため、このようなトップダウンの大規模なシステム変更は逆に起こっている。しかし、新しいように見えるものはすべて、借金などの古いものの上に成り立っている。パンデミック・イヤーの封鎖はまた、香港の反追放、フランスの黄色いベストのポピュリズム、インドの農民、武漢の公害、南アフリカ、ブラジル、アメリカの警察による暴力、社会支出の削減、外国人排斥に至るまで、世界中で進行中の大衆ベースの動員の多くに都合よく影響を与えた。

このような大きな現実を、パンデミックという局地的な体験に統合することは難しい。私は、ミクロとマクロの両面で、私たちの社会的存在の複数のレベルに対する認識を、取り締まりという観点から位置づけようと努めてきた。警察の最大の教育的有用性は、現代文化におけるその偏在性にある。警察、あるいは警察の表象はどこにでもあり、はっきり見ようと思えば、それが何であるかを発見するのにそれほど努力はいらない。同時に、この偏在性は、警察の本性を見え隠れさせる、いわば手品のようなものでもある。私は、法の執行から目をそらし、社会的統制が模索され、争われる社会歴史的プロセスに目を向けることで、警察とは何か、どのように機能しているのかをより正確に描くことを目指した。取り締まりとは、反黒人の世界を再生産するために組織された警察権力として社会的にとらえるのがよいだろう。警察権力は中心であり、警察は周辺である。

反黒人の本質的な組織化方法論としての警察権力という私の概念は、警察と刑務所の廃止を、人種差別を再生産する重要な制度としての医学の出現という歴史的理解と結びつけるものである。警察権力を分析することで、社会の反黒人主義的な条件を推進するために、それぞれの個別の制度がそのように設定されていることを思い知らされる。黒人が病気の罹患率や投獄の統計で不釣り合いに代表されているとき、物事は設計通りに動いている。刑事司法が意図したとおりに機能しているのであれば、医学も同様である。警察権力の各側面が等しく全体を構成している。国家は、ある場では反黒人暴力を行い、別の場では行わないということはない。同じ目的を実現するために、異なる方法と言説を用いているにすぎない。言説のレベルでは、医学の制度と刑法の制度は異なっており、対立しているようにさえ見えるが、実際には、反黒人主義の構造によって規定されるように、あらゆる場において黒人の身体的脱力を要求し、互いに足並みを揃えている。西洋世界の医学の手によって黒人が経験した傷害の数々を考えると、特に黒人がいまだに西洋医学と国家が定義する公衆衛生を頼りにしているのは、反黒人性の偏在的で無防備な到達点の証左である。これは、人々が、「正義」と「安全」のために刑事司法制度に期待するのをやめる必要があるのと同じように、変わる必要がある。このような医療人種差別の歴史と現在の現実は、現在のCOVID-19ワクチンに対する一部の黒人の感情に大いに影響を与えている7。現在のパンデミックは、黒人の経験というレンズを通して国家権力とその歴史的慣行を理解することが、すべての人々にとって不可欠であることを示す最新の例にすぎない。

COVID-19は警察のようなものであり、その偏在性は完璧な事例研究であると同時に、私たちの分析力を試すものでもある。COVID-19を警察権力のパンデミックという観点から説明するために、私は現在の瞬間の背後にある3つの生成要因を探った。第一に、刑事司法が自由主義改革によってどのように構築されたかを検証した。この検討の目的は、パンデミック警察権力のセクト主義に切り込む準備をすることであった。選挙政治、所属政党、リベラルか保守か、あるいは進歩的か主流派か-こうした兆候はすべて、廃止に必要な分析から目をそらすものである。刑事司法と医学の両方を歴史的に検証すれば、イデオロギースペクトルのあらゆる地点からの貢献によって警察機構が構築されていることがわかる。その理由は、すべてのスペクトラムが暗黙のうちに黒人の腐敗性を参照点としているからだ。奴隷制度文化は、それが全盛期であれ、公民権改革後の状態であれ、黒人の生活に寄生するものであり、大量投獄という恐怖を生み出したリベラルな改革の歴史は、新たな恐怖への道を切り開く現在の反黒人的な医学のリーダーシップに警鐘を鳴らしている。このため、刑事司法も医学も、それぞれの政策の失敗を自己正当化することができる。大量収容の構築を通じて、刑事司法当局者や議員たちは、刑務所の収容人数が急増しているにもかかわらず、犯罪問題は悪化していると主張した。彼らは政策の失敗を利用して、追加資金と取り締まり権限の拡大を勝ち取ることに成功した。今日、公衆衛生当局は社会・経済活動を制約する緊急事態宣言の延長を正当化するために、COVID-19による死亡率を誇張している。彼らは、ウイルスは依然として深刻な脅威であると主張し、表向きはウイルスを抑制するために用いられている公衆衛生プロトコルの数々が失敗に終わっていることを不注意にも認めている。しかし、この失敗は、より効果のない規制やワクチン接種を正当化するためのさらなる理由付けとみなされる。

第二に、人種と犯罪の結びつきと、その結びつきを明確にする重要な人物である黒人のパトスという概念を切り離すことなく、法と秩序の言説に対する現在の挑戦がどのように進められてきたかを取り上げた。暴力に対する人種的恐怖に異議を唱えることなく、警察と刑務所の廃止という問題が提起されるたびに、反黒人主義は廃止主義のエネルギーを黒人解放に逆行するものへと腐敗させてしまうのである。警察と刑務所の廃止は、反黒人的な人間性の構造をオーバーホールする機能としてのみもたらされる。警察権力のパンデミックに対するここでの教訓は、COVID-19の政策が、歴史的に黒人の生活に対して定義されてきた公益のために進められているということである。COVID-19とその提案された解決策は、病気の治療を含む健康的な習慣から人々を遠ざけることに依存する医学の歴史と一致している。黒人活動家たちは、医療における人種間の不公平を正当に非難しているが、そうすることで、顧客構造へのより大きな統合を推し進めることで、国家の仕事を行っているのだ。健康における不平等は、この資本主義民主主義の設計上の特徴であり、そのシステムの欠陥の兆候ではない。医療産業複合体という有毒な混乱へのアクセスを得ることは、まさにマルコムX、ジェームズ・ボールドウィン、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアらが、燃え盛る家に溶け込むことに例えたことなのだ。

第三に、民間資本がいかに静かに変化の方向性を形作ってきたかを検証した。企業の慈善活動は、リンチの時代以来、黒人解放に対する国家の反乱の影のパートナーであった。リベラル、保守、進歩、リバタリアンのイデオロギーは、資本主義民主主義のシステムに対する投資を共有することに収斂する。リベラル、保守、進歩、リバタリアンのイデオロギーは、資本主義的民主主義のシステムへの投資を共有することに収斂する。この目的のために、私的資本は反人種主義の言説に限りなく順応する。COVID-19と蔓延する警察権力について、ここで言いたいのは、教育から医療、情報技術に至るまで、社会のいたるところで民間資本が国家機能に取って代わっていることを明らかにすることではない。むしろ問題の核心は、企業・国家の結びつきがすでに社会的統制装置の導入に成功していることであり、一般大衆はそれを「利便性」「進歩」「安全性」「配慮」「革新」「自立」として受け止めているが、実際に起きているのは監視と無力化なのだ。監視資本主義の大量侵入に気づいている多くの人々は、「私は何も悪いことをしていないのだから、そんなことはどうでもよいことだ」と受け流す。これは黒人にはない贅沢であり、非黒人が危険を顧みずしがみつき続ける誤謬である。反黒人暴力の偏在は、監視と処罰の関係が黒人にとって不可避であり、行動や選択に左右されないことを意味する。今日の黒人活動家は、自分たちを監視し孤立させるために使われているテクノロジーそのものへの依存と、世代間の説明責任と知恵が共有される批判的で強固な公共圏の欠如の両方によって、足かせを食らっている。後者は、コインテルプロ以後の時代において着実に破壊されてきたが、パンデミックのような捏造された危機は、取り締まりに反対する社会運動によって執拗に暴かれたこの社会的統制装置に残された亀裂をより強固なものにしている。COVID-19に対する厳密な廃絶論者の反応は、企業大学の多文化主義であれ、慈善財団の見かけの慈善性であれ、あらゆるレベルの教育技術の「個別化された学習」のいわゆる革新であれ、そのあらゆる装いの国家権力を批判する必要性を認識するものである。

パンデミックは、リベラルな政策立案として進められ、会話的な科学否定とは矛盾している。それは、企業や国家という特別な利害関係者のためだけではなく、すべての人のためであり、「共通善」の前提全体が黒人の生活に寄生している場合である。それは、医療産業複合体を日常的に特徴づける暴力の昇華によって進められる。そしてそれは、政治的原動力としての資本によって進められる。COVID-19のはるか以前から公衆衛生の危機は存在していたが、テクノロジー産業と金融産業は、医療科学産業の人種差別的な領域や国家権力の社会的統制の必要性は言うに及ばず、保健上の必要性に対するワクチンへの対応という点で一致している。エイズの大失敗は、ファウチのような公衆衛生のリーダーが、公衆衛生パラノイアを煽り、科学的探究を抑制し、効果のない薬理療法を開発してきた長い実績があることを思い起こさせる。ゲイツ財団が、公衆衛生としてのバイオテクノロジー(ワクチン)、学校や高等教育のための教育技術、雇用者や法執行機関のための監視技術に深く関わっているのは恣意的なことではない。教育技術製品やワクチン製造に費やされる数十億ドルに対して、その資金を清潔な飲料水、安全な住宅、持続可能なインフラ、果物や野菜、実際の書籍に費やせば、世界中で数十億件の早死や病気を回避できるだろう。基本的な癒しの原則には、できる限りの注意が必要だ。

奴隷解放後の黒人指導者たちが、人種を病理化する法律の役割を十分に認識できず、その結果、囚人リース、小作人、暴徒による暴力、隔離の関連性に異議を唱えなかったのと同じように、今日の抵抗勢力は、人体と健康を病理化する医学がいかに黒人の自由を破壊するかをほとんど認識していない。自己決定と病理化された身体は矛盾している。自分の身体の健康を、彼らだけがアクセスできる外部からの介入によって解決すべき問題とみなす「専門家」に委ねているときには、自分自身を解放することはできない。根本的には、これが民間慈善事業に乗っ取られる前の反リンチ運動の原動力となった健康主権の政治であり、国家の優生学的実践から生殖のコントロールを取り戻そうとする動きにも影響を与えた。また、公民権への挑戦を予期していた自由主義改革が、黒人解放を鎮圧するために大きな効果を発揮することになる肉食国家の基盤を築いたように、パンデミックもまた、数十年にわたる準備の成果であり、以前には想像もできなかった規模でさらなる収奪をもたらすだろう。黒人運動、そしてあらゆる種類の奴隷廃止論者は、「偽陽性」の害をよく認識すべきである。

ワクチン義務化に反対するケースは強い:

  • 1. 誤った検査は、COVID-19の疾病と死亡率を著しく過大評価し、実際よりもはるかに危険であるかのように見せている。
  • 2. 感染緩和のためのプロトコルは、益よりも害をもたらす。ウイルス、バクテリア、細菌がどのように循環し、人間と共同生産しているかを軽視し、何よりも健康な状態やシステムが重要であるという免疫学的洞察を無視している。そうすることで、パンデミック警察権力は、実際の健康な地域社会の全体的な生産から目をそらし、遠ざけてしまうのである。
  • 3. 実験的バイオテクノロジーの緊急使用許可や強制的な導入の必要性を回避する、効果的で費用効率の高い治療法が存在する。これらの治療法は、COVID-19の注射を受けることを義務付けるよりもはるかに制限や侵襲が少なく、ワクチンの強制は憲法基準を満たしていない。
  • 4. COVID-19の注射のうち、FDAの認可を完全に得ているのは1種類(ファイザー社)だけだ。このような注射が1本あることは、表向きには他の注射の緊急使用認可の正当性を弱めるが、それらはすべてEUAのステータスで市場に残っている。EUAでは、注射を受けることは任意であり、正確なリスクが一般に開示されることが要求される。学生や労働者は、学校に通い続けるため、あるいは仕事を続けるために、違法に注射を受けさせられ、mRNAワクチンによる重篤な副作用のリスクは抑制されている。mRNAワクチンによる数千人の死亡者や重篤な有害事象は、99.95%の生存率を持つウイルスにとって、まったく回避可能な悲劇である。
  • 5. 20世紀半ば以降のワクチン開発は、近代科学の優生主義的傾向と医療産業複合体の優先順位に従って進んできた。ワクチン接種は、単に善にも悪にも使える中立的な道具ではなく、本質的に人種差別的で西洋化された生物学的存在の概念、つまり、民衆の権利剥奪を目的とした反民主主義的構造の上に成り立っている。
  • 6. ワクチン法は、こうした人種的・階級的ヒエラルキーを批判や挑戦から隔離する反科学的前提に常に依存してきた。その理由は、法律が警察権力に従うからであり、現在のCOVID-19への対応にこれまで法的な挑戦がほとんどないことを説明するのに大いに役立っている。また、公衆衛生プロトコルの違法性を是正しようとする努力は、結局のところ、すでに政治文化に取って代わられた法律への訴えに過ぎないということでもある。なぜなら、根本的には文化的な問題であり、法的な問題ではないからだ。例えば、強制的なワクチン接種に対する法的対応は、法の限界を明確かつ冷静に理解した上で進められなければならない。言い換えれば、政治的・文化的な対応を進めなければならないのである。政治的・文化的な対応とは、具体的には、医療の無力化を非思想的なものとし、健康と病気に対する自然な対応を非合法なものとし、公衆衛生の確立において資本の利益を第一義的なものとするような、政治の文化に介入するものである。
  • 7. 別の言い方をすれば、ワクチン接種の義務化は、その目的が疾病管理ではなく、主として社会管理であるため、拒否されなければならない。私たちはすでに、ワクチン接種者とワクチン未接種者という2つの階級が生まれるのを目の当たりにしている。前者には完全な社会的アクセスが回復される一方で、後者は排除されたまま、あるいは異なるもの、危険なもの、望ましくないもの、深刻な経済的強制の対象としてマークされたままである。その間も、実際の公衆衛生上のニーズは満たされないままである。
  • 8. ワクチン義務化に反対する立場を、「反ワクチン」や陰謀論に基づくものとして片付けることはできない。「陰謀論」はもともと、国家と企業の結びつきに対する右翼の支配にファシズム的・全体主義的な側面を見出す左翼のシステム分析を否定するために、右翼が作り出したレッテルであるため、この図式は少なくとも政治的には複雑である。事態が逆転したのではなく、いわゆる左派が権力を握るにつれ、構造批判を失ったのである。いわゆるワクチン反対運動に関する文献の中で一番の失敗は、国家が組織的に害悪を作り出し、それに対してほとんど責任を取らないという実績を説明していないことである。「反ワクチン派」を蔑視する人々は、基本的に国家を信頼し、その政策、物語、科学を額面通りに受け止めている。この理由だけでも、「反ワクチン派」の言説は国家の物語として当然理解されるべきである。この言説の大半は、ジャーナリスト、大学の研究者、医師、社会全体の一般市民など、非国家主体によって提供されているという事実は、国家権力は、人々がそれを自分自身の物語として内面化するときに最も効果的であることを示す一例だ。ワクチン義務化に反対する立場は、国家科学に対する批判であり、科学の民主的信条の簒奪と堕落である。

要するに、ジェイコブソン以下、ワクチン法は全面的な改正が必要であり、人々のために働く弁護士たちは、ワクチン義務化から補償なしの収奪に至るまで、パンデミック警察権のあらゆる側面に対する異議申し立てを裁判所に殺到させるべきである。しかし、このような法的取り組みが変化を持続させるためには、意識改革が必要である。人々は、自分たちの健康は自分たちの手の中にあることを認識する必要がある。この権力を医療機関や公衆衛生機関に委ねると、私たちの地域社会はそのために苦しむことになる。COVID-19は、私たちの社会が健全でないことを示している。支配と脱権力の影響を受けやすいということは、公衆衛生の条件が悪化しているのと同様に、結果的なものであり、それらはすべて、今シーズンの最新の循環ウイルス群よりもはるかに結果的なものである。

1971年のアッティカ刑務所の反乱では、囚人たちが刑務所を掌握し、アッティカ解放派として一連の政治的要求を発表した。アッティカ宣言は、刑務所は更生を装っておらず、「ファシストの強制収容所」にすぎないと主張した。アッティカの囚人たちは、「リハビリテーションという見せかけのもとで、私たちが強いられているプログラムは、溺れる者に水をかけるという古代の愚かさに等しい」と述べている。毒化した社会環境による免疫システムの低下によって引き起こされた健康状態に対処するのに、なぜ免疫抑制剤やワクチンに頼るのか?特にワクチン接種は、金融、テクノロジー、医療産業コンプレックス、人種ヒエラルキーの利害の収束を象徴している。公衆衛生の実践が、黒人の健康ニーズに対する市民社会の本質的な寄生関係を助長する以外の何ものでもないと期待するのは非論理的である。

私は1990年代半ば、ニューヨークでHIV/AIDS予防教育に携わっていた。私が携わっていたプログラムでは、若者や薬物依存症から回復した親、セックスワーカー、収監者のHIVコミュニティ感染を予防するために、ピア・エデュケーションによる危害軽減の枠組みを採用していた。ピア・エデュケーションは、人は自分と何らかの点で似ている人から最もよく学ぶという認識を前提としている。危害軽減は、ケアを受けるために(薬物使用や性行為をやめるように)変化を求めるのではなく、その人が今いる場所で出会うという原理に基づいている。要するに、ピア・エデュケーションとハーム・リダクションはどちらも、人々が自分の人生の状況をコントロールできるようにすることを目的としているのだ。しかし当時を振り返ってみると、公衆衛生における私の仕事は、この仕事の背後にある意図を損なう複数の産業複合体の中に正面から位置づけられていたことが今になってわかる。私は、エイズ治療の基礎となる病因学的・免疫学的誤謬のいくつかを教えていた。この誤った土台が、私の給与を支払い、ピア・エデュケーターにわずかな資金を渡すための業績評価基準を形成している、州機関や民間慈善団体の資金調達構造に影響を与えていたのである。無力化の構造の中でのエンパワメント重要なのは、変革のプロセスは腐敗した影響から純粋でありうるし、そうあるべきだということではなく、自己決定にはそのような侵食の力に対する粘り強い警戒が必要だということである。

パンデミック・イヤーの初期段階で、ある老人ホームがCOVID-19に感染し、高齢者が死亡するという悲劇的な傾向に逆らうことができた。メリーランド・バプテスト老人ホームの施設長であるデリック・デウィット牧師は、州が検疫命令を出すかなり前に、先手を打って自分の施設を封鎖した8。彼のリーダーシップの結果、彼の住む黒人高齢者コミュニティでは一度も感染者が出ていない(2020年半ばの報告時)。この自己決定感覚こそが、刑事司法と同様に、医学における警察権力を切り崩すことができる。パンデミック・イヤーは何よりも、近年、法と秩序に関して大きな支持を集めている医学への廃絶主義的アプローチを拡大する必要性を強調している。今こそ、国家による刑事司法の物語に異を唱えるのをやめ、公衆衛生に関する国家の物語を、あたかも自分たちのものであるかのように遂行する時だ。

 

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、注釈や画像の挿入、代替リンク共有などの編集を行っています。
使用翻訳ソフト:DeepL,ChatGPT /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォロー
error: コンテンツは保護されています !