治療・補助療法

コロナウイルス

COVID-19関連肺アスペルギルス症(CAPA)

COVID-19 関連肺アスペルギルス症(CAPA)-免疫学から治療まで 要旨 重症インフルエンザと同様に、急性呼吸窮迫症候群(ARDS)をもたらすコロナウイルス病19(COVID-19)は、2020年6月までに35例のCOVID-19関連肺アスペルギルス症(CAPA)が
コロナウイルス

光生物学的調節(LLLT/PBM)による胸腺退縮の逆転

光生物学的調節は、松果体外メラトニン合成と骨髄幹細胞の刺激を介して、加齢に伴う胸腺の退縮を逆転させることができるか? 要旨 胸腺退縮とそれに続くT細胞産生の減少は、免疫系のリンパ系器官に影響を及ぼす最も顕著な加齢に伴う変化である。実際、胸腺退縮は「プログラムされた老化」と
2020.07.02
コロナウイルス

胸腺とT細胞 胸腺委縮の原因と治療方法

胸腺萎縮症. 実験的研究と治療的介入 要旨 胸腺はT細胞の発達と成熟に不可欠である。胸腺の細胞性の損失および/または胸腺構造の破壊が起こる萎縮に対して非常に敏感である。これは、ナイーブT細胞出力の低下および限定されたTCR多様性につながる可能性がある。 胸腺萎縮はし
2020.07.02
コロナウイルス

COVID-19パンデミックカーブをフラット化するためのプロバイオティクス利用

コロナウイルス病COVID-2019パンデミックのカーブを平坦化するためにプロバイオティクスを使用する 序論 社会的距離、衛生、スクリーニングに基づく戦略にもかかわらず、COVID-19は世界中で急速に進行しており、医療システムが圧倒される危険にさらされている。効
コロナウイルス

SARS-CoV-2感染症対策としての腸内フローラの可能性

SARS-CoV-2感染症対策としての腸内フローラの可能性 要旨 重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)によるコロナウイルス疾患2019(COVID-19)は、世界的に急速に蔓延し、人の健康を深刻に脅かしている。COVID-19患者は、典型的な肺感染
コロナウイルス

COVID-19 男性の高いリスク要因・アンドロゲン・テストステロン

アンドロゲンの影響 スペインのCOVID-19入院患者において男性型脱毛症AGA(若ハゲ)が高頻度で観察される。 予備的観察研究ではCOVID-19肺炎診断で入院した患者41人のうち29人(71%)で、臨床的に有意なAGAが診断された。 推定されるAGA有病率は
コロナウイルス

COVID-19感染に伴う肺線維症の治療法

COVID-19 SARS-CoV-2感染に伴う肺線維症の治療法の可能性 要旨 2019年12月には、新型コロナウイルス「SARS-CoV-2」が登場し、呼吸器感染を中心とした幅広い症状を引き起こした。2020年3月、世界保健機関(WHO)は、コロナウイルス病2019(C
コロナウイルス

COVID-19 ウルソデオキシコール酸

ウルソデオキシコール酸・胆汁酸 COVID-19関連サイトカインストームを緩和および/または予防するための候補治療薬としてのウルソデオキシコール酸 新型重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)によるコロナウイルス疾患2019(COVID-19)は、
コロナウイルス

COVID-19 ホスホジエステラーゼ5型(PDE5)阻害剤 シルデナフィル・タダラフィル

COVID-19感染症におけるNO-cGMP-PDE5経路の標的化 数多くの臨床研究および実験研究により、一酸化窒素(NO)-環状GMP-ホスホジエステラーゼ5型(PDE5)経路が、代謝性疾患患者の低悪性度炎症を調節し、心血管系を保護する役割を果たすことが明らかになって
コロナウイルス

ウイルスや細菌から身を守る鉄結合タンパク質、ラクトフェリンの生物学

ウイルスや細菌から身を守る鉄結合タンパク質、ラクトフェリンの生物学 要旨 ラクトフェリンは、古典的に哺乳類の乳に含まれる栄養素である。ラクトフェリンは鉄と結合し、様々な受容体を介して細胞、血清、胆汁、脳脊髄液へと移動する。免疫学的に重要な性質を持ち、抗菌・抗ウイルス作用が
2020.06.26
タイトルとURLをコピーしました