食事・栄養素

コロナウイルス

高繊維質の食事とプロバイオティクスによる腸肺軸をターゲットにしたCOVID-19感染の抗炎症作用

高繊維質の食事とプロバイオティクスによる腸-肺マイクロバイオータ軸の標的化は、COVID-19感染症における抗炎症作用を有する可能性がある Targeting the gut–lung microbiota axis by means of a high-fibre diet
2020.07.04
コロナウイルス

COVID-19パンデミックカーブをフラット化するためのプロバイオティクス利用

コロナウイルス病COVID-2019パンデミックのカーブを平坦化するためにプロバイオティクスを使用する 序論 社会的距離、衛生、スクリーニングに基づく戦略にもかかわらず、COVID-19は世界中で急速に進行しており、医療システムが圧倒される危険にさらされている。効
コロナウイルス

SARS-CoV-2感染症対策としての腸内フローラの可能性

SARS-CoV-2感染症対策としての腸内フローラの可能性 要旨 重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)によるコロナウイルス疾患2019(COVID-19)は、世界的に急速に蔓延し、人の健康を深刻に脅かしている。COVID-19患者は、典型的な肺感染
コロナウイルス

COVID-19 プロバイオティクス・シンバイオティクス・栄養学的アプローチ

プロバイオティクスと植物生菌による代謝・免疫力促進を通じたSARS-CoV-2を含むウイルス性呼吸器感染症の影響への栄養学的アプローチを調整する微生物群 要旨 ウイルス性呼吸器感染症は急速に広がり、世界中で膨大な罹患率と死亡率を引き起こす可能性がある。これらの事象
コロナウイルス

ウイルスや細菌から身を守る鉄結合タンパク質、ラクトフェリンの生物学

ウイルスや細菌から身を守る鉄結合タンパク質、ラクトフェリンの生物学 要旨 ラクトフェリンは、古典的に哺乳類の乳に含まれる栄養素である。ラクトフェリンは鉄と結合し、様々な受容体を介して細胞、血清、胆汁、脳脊髄液へと移動する。免疫学的に重要な性質を持ち、抗菌・抗ウイルス作用が
2020.06.26
コロナウイルス

COVID-19 結合水と組織硬化/ポリフェノール・n-3 PUFA・スタチン・ビタミン

加齢性疾患の発症における結合水の状態変化と組織硬化の役割 要旨 現在のところ、環境の硬化が細胞の生物学的プロセスに及ぼす本質的な影響は、一般的に受け入れられている。加齢に伴う動脈硬化の増加は多くの論文で報告されている。 本レビューの目的は、組織硬化を引き起こし、加齢
2020.06.28
コロナウイルス

COVID-19 レスベラトロール

新興呼吸器ウイルス感染症に対するレスベラトロールの治療的可能性 要旨 レスベラトロールは、その抗酸化作用、抗炎症作用、抗微生物作用により、その治療効果が広く研究されていた。特に、レスベラトロールは、重度の呼吸器感染症の原因となる多数のウイルスに対して有望な抗ウイルス活性を
コロナウイルス

COVID-19のフリーラジカル損傷に取り組む + ERストレス・ミトコンドリアストレス

COVID-19のフリーラジカル損傷に取り組む 概要 COVID-19は、世界中で壊滅的な犠牲者を出した深刻なパンデミックであるにもかかわらず、いまだにこの病気を適切に治療する方法がわかっていない。COVID-19を誘発するウイルスであるSARS-CoV-2の病態について
2020.06.23
コロナウイルス

COVID-19 マグネシウム

COVID-19パンデミック:マグネシウムの役割はあるか?仮説と展望 要約 より多くのCOVID-19についての研究が蓄積されてきている。疾患の病態のいくつかの側面は、T細胞の低下と枯渇、炎症性サイトカインの血漿中濃度の増加、および内皮機能不全などMg欠乏で発生するイベン
微生物叢

COVID-19 炎症負荷に対抗し免疫を高める食事方法(医学的研究)

日常生活中での慢性炎症 緩和因子としての食生活の変化 要約 西洋社会のほとんどの人が採用しているライフスタイルは、代謝性疾患(糖尿病、癌、心血管疾患、神経変性疾患など)の傾向に重要な影響を与えている。 これは、STAT3(シグナル変換器および転写活性化因子3)、IK
2020.07.04
タイトルとURLをコピーしました