コロナウイルス予防と治療

コロナウイルス

ホストIMPα/β1-ウイルスインターフェースをターゲットとしたアンチウイルス剤

Antivirals that target the host IMPα/β1-virus interface 総説| 2021年1月13日 アレクサンダー・J・マーティン デビッド・A・ジャンス 要約 インポーチン(IMP)α/β1-ヘテロ二量体を介した核内輸送はウイルス感染の中心であるが、IMPα/β1依存性の核内輸...
多剤併用療法

ハイリスクSARS-CoV-2感染症(COVID-19)への早期外来(早期在宅治療)による多面的で高度に標的化された連続多剤療法(SMDT)

Multifaceted highly targeted sequential multidrug treatment of early ambulatory high-risk SARS-CoV-2 infection (COVID-19) Brewer10,Adam M. Brufsky11,Teryn Clarke12,Rol...
コロナウイルス予防と治療

レビュー 高齢者の感染症におけるマグネシウム

Magnesium in Infectious Diseases in Older People 2021年1月8日 Ligia J. Dominguez 1,Nicola Veronese 1,*、Fernando Guerrero-Romero 2,Mario Barbagallo 1 パレルモ大学内科学・老年医学科老年...
コロナウイルス

天然の食用源から得られる多糖類と免疫系の調節におけるその役割 COVID-19に対して利用可能な生物学的活性ポテンシャル

Polysaccharides obtained from natural edible sources and their role in modulating the immune system: Biologically active potential that can be exploited against COVID-19 ...
コロナウイルス

イベルメクチン後の重篤な神経学的有害事象 オンコセルカ症の適応を超えて発生するか?

Serious Neurological Adverse Events after Ivermectin—Do They Occur beyond the Indication of Onchocerciasis? オンラインで公開2017年12月4日 レベッカ・E・チャンドラー 要約 アフリカのオンコセルカ症(O...
ビタミンD・紫外線

COVID-19による罹患率と死亡率を変調させる紫外線の可能性を調査する ナラティブレビューとアップデート

Investigating the Potential for Ultraviolet Light to Modulate Morbidity and Mortality From COVID-19: A Narrative Review and Update オンラインで公開2020年12月23日 シェリー・ゴーマン1,*、リチ...
イベルメクチン

イベルメクチン:抗ウイルス効果からCOVID-19補完レジメンまでのシステマティックレビュー

Ivermectin: a systematic review from antiviral effects to COVID-19 complementary regimen 公開: 2020年6月12日 ファテメ・ハイダリー&レザ・ガレバギ 要旨 イベルメクチンは、その抗菌性、抗ウイルス性、抗がん剤としての特性を活かし、様...
イベルメクチン

イベルメクチンに関するよくある質問 ピエール・コーリー博士とポール・マリク博士による回答(FLCCCアライアンス)

Frequently Asked Questions on Ivermectin answered by Dr. Pierre Kory and Dr. Paul Marik (FLCCC Alliance) ピエール・コーリー博士とポール・マリク博士による回答(FLCCCアライアンス) イベルメクチンについ...
コロナウイルス

COVID-19患者におけるセレノシステイン合成の障害は、COVID-19患者における誘導性凝固障害の候補機序として考えられる

Impairment in selenocysteine synthesis as a candidate mechanism of inducible coagulopathy in COVID-19 patients 2020年12月26日 要旨 凝固障害は、最近、COVID-19の再発性合併症として認識されており、...
MATH+ & I-MASKプロトコル

イースタンバージニア医科大学(EVMS)COVID-19 管理プロトコル 暴露前・暴露後の予防(I-MASK+プロトコル)

Pre and Postexposure Prophylaxis (The I-MASK+ protocol) イースタンバージニア医科大学 医学教授、肺・クリティカルケア医学部長 ポール・マリク、MD、FCP(SA)FRCP(C)FCCP、FCCMによって開発され、アップデートされた。 2020年12月27日 ...