アルサプ認知症回復プログラム <標準> スケジュール

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

アルサプ 認知症回復プログラム

アルツハッカーサプリメント<標準> 概要

ここにあるすべてのサプリメントを摂取するように設計はしてあるが、解説を読んでもらって検査値や症状などから不要と考えれば、差し引いて利用してもらって構わない。また、例えば「代替食品:卵」などと書かれてあったりするが、それらはサプリメントをあまり取りたくないという人のために併記したものであり、代替食品と該当するサプリメントを合わせて摂取してもらっても影響はほとんどないか、むしろ望ましいことも多い。

オプションに関しても、大量のサプリメントをコスト面または感情的に嫌う人が多いことから別枠としているが、多くのサプリメントは条件に関係なく摂取リストに含めたとしても、悪影響よりも有益な作用が得られる可能性が高いと考えている。

アルツハッカーサプリメント簡易版にあるサプリメントやマルチビタミン・ミネラルなどをアレンジして、標準版で紹介しているサプリメントと組み合わせて用いることも可能。

「数が多すぎて本人が飲んでくれない」「仕分けが大変」という声がとにかく多くいため(汗)、そういった方のために<簡易>バージョンを用意し、<標準>バージョンとは別に案内している。アルサプ<簡易>バージョンは以下の記事にアクセスしてほしい。

アルサプ認知症回復プログラム 時間管理・購入<簡易版>
...

A-B-C表記

A. 食事摂取で代替が可能な栄養素・化合物

Aは、食事での代替が比較的容易で、食事からの摂取がより良いものも含めている。サプリメントとしてリストに加えている理由は、栄養素としての重要性、利便性、価格、などを考慮して加えている。つまり患者さんの好みや状況で選択してもらうことができる。また、予算があるのであれば、その多くは食事と併用してもらうことで高用量による効果が望めるかもしれない。

B. 食事摂取で代替可能だが有効量、品質など難易度が高い栄養素

Bは、食品からの摂取が不可能ではないが、高価格、入手の難しさ、調理の手間、食品に含まれるその他の有害物質リスクの可能性など、よほど食材や分量に気を配らないと食事での摂取が難しいと考えられるものである。(その他、運動での効果も含む)食事での摂取にこだわりたい方が、食事の栄養計算が行って同レベルか近い量を摂取していることが明らかな場合(または検査結果に照らし合わせて)には選択の省略が可能となる。

C. 食事では代替不可能な栄養素・化合物・ハーブなど

Cは、食事や食品ではほぼ、研究結果に基づいて認知機能の改善に必要とする量を得ることが不可能なもの、そして食事にはそもそも含まれていないような天然化合物、ハーブ類なども該当する。

アルサプ・スケジュール

アルサプ認知症回復プログラム 摂取タイミング
...

朝・午前中

朝のファスティング
または12-16時間の絶食
神経疾患の治療法としての断食
...
  • 半日断食に慣れていない人は絶食時間を12時間からスタートして徐々に14-16時間まで徐々に増やしていく。(フラフラする場合はゆっくりと)
  • 選択ではあるが24時間断食を週に一回以下で繰り返しても良いかもしれない。
  • 朝寝起きに200-400ccの蒸留水を飲む。地味に重要
蒸留水の真実
...

 ケトンソルト & MCTバターコーヒー

特に糖代謝に問題があったり進行した患者さんで、糖質制限によるケトンダイエットが難しい場合、摂取を試みる価値がある。毎日が理想だが、難しければ(味がまずい)週一回からスタートして、徐々に回数を増やしていく。

ケトンの代謝に慣れていくために、数グラムから数週間かけて18gまで増加していく。(このレベルのケトンダイエットは、必ずケトン計測を測定しながら行うこと。)18gを超える場合や腎機能に障害がある場合は、ミネラルやナトリウム過剰を避けるためケトンの純水なフォームであるケトンエステルを利用する。

  • B ケトンソルト 6-18g (パウダー)
ケトンエステル・ケトンソルト(認知症・アルツハイマー)
...
MCTバターコーヒー

MCTバターコーヒーは、ケトンソルトに比べて味がマイルドであるため、日々の生活に取り入れやすい。またMCTバターコーヒーは、ケトンソルトと比較してケトン値をゆるやかに長い時間上昇させる。ただし、ケトンソルトほど大きくケトン値は上昇しない。

また、MCTオイル、ケトンソルト両方とも、長期的にはLDLを増加させる可能性がある。また栄養ケトーシスと異なり、高いケトン値を維持する時間が限られる。

一長一短あるが、大きな効果を得るには高いケトンレベル(1.0-1.5以上)に達する必要があるため、まずはMCTオイルとケトンソルトを併用してピーク高を目指したい。体感での改善が感じられれば一ヶ月間、毎日継続してみる。できればその後、糖質制限によるケトーシスを目指したい。それぞれをゆるく組み合わせる方法もある。

さほどはっきりと体感では感じられない場合でも代謝レベルで多くの有益な効果が期待できるため週のうち1~数回程度でも、取り入れてみる価値はある。

認知症究極のドリンク アルツハッカーコーヒー
...

MCTオイル + ( ココナッツオイルorグラスフェッドバター) 3-15cc 朝

例外条件もあるが、原則としてApoE4患者さんでは、ケトンダイエットや運動を本格的に実行できない場合は、摂取量を控えておく。

アルツハッカーサプリメント 朝

  • B-C ビタミンD3 1錠 5000IU ※できれば数カ月以内に検査して適正量を把握
  • C PQQ 1錠 10-20mg
  • B DHA(単独)  1錠 
  • A ホスファチジルコリン/レシチン1錠 食品:卵 
  • C CDPコリン or αGPC 2錠 (食前の摂取も良)250-500mg
  • A アセチル-L-カルニチン 1錠 250mg
オプション
  • A プロバイオティクス 1-2錠(腸内環境の改善)食品:発酵食品
  • A グリシン 1-3g 食品:ボーンブロス、ゼラチンなど
  • A L-セリン 1-3g 食品:枝豆、海藻類、卵など
  • B-C レスベラトロール 1錠(ApoE4キャリア)
  • C フォルスコリン 1(記憶障害・2型・概日リズム障害)
  • C WCFC 1錠(運動量が不足している場合)要輸入
  • C 朝鮮人参 1(記憶障害・2型・概日リズム障害、運動不足、WCFCの代替)
  • A 緑茶エキス(EGCG1錠(緑茶を淹れて飲まない場合)
  • A テアニン 1錠(緑茶を淹れて飲まない場合)
  • B-C フペルジンA 1錠(記憶障害あり)(50-400mcg)
  • C ニコチンアミドリボシド 1-5錠(予算があるなら含める、炎症収束後)(100-500mg)
オプション(医薬類)
  • C プレグネノロン 1錠 10-100mg 輸入規制のためオプション扱い
  • C DHEA 1錠 10mg -100mg 輸入規制のためオプション扱い
  • C シロスタゾール 半錠 50mg 処方してもらえるかもしれない

お昼の服薬管理が難しい場合は朝にまとめて摂取。

標準用量のガランタミンは朝と昼(正確には9時と15時)摂取すると、生理学的なコリン作動性と近い日内変動を示す。アリセプトも朝の摂取により概日リズムの変動への影響を緩和できる可能性があることが、研究者から提案されている。

ライフスタイル・アプローチ

空腹時の運動 or 散歩(30分-)+ 太陽の光
アルサプ認知症回復プログラム <運動・身体活動>
...
  • 脳トレ 10時頃の午前中が理想
  • PBM/LLLT
  • HBOT
アルサプ認知症回復プログラム <運動・身体活動>
...

昼・午後

サプリメント 昼食前(or 昼食後まとめて)

昼食の前後二回の摂取が難しければ、食後にまとめて摂取する。

  • C R体-αリポ酸 1-3錠 100-300mg(一部で引き起こす低血糖に注意、フェリチンが高い場合は3錠~)
  • B-C N-アセチル-システイン 1錠 500-600mg
  • C CDPコリン または αGPC 1-2錠 250-500mg
  • C ウリジン 1錠 250-500mg
  • A-B グルタミン・パウダー 4-8g 食品ボーンブロス
  • A-B トレハロース 5~10g
  • B クルクミン・ロングビーダ 1錠

昼食 低-中GI食 中-高タンパク質食

  • 蒸したブロッコリー(またはスプラウト)
  • 冷凍ブルーベリー 50-120g
  • 糖質の少ない柑橘類(または果皮を利用)
  • キノコ 50-150g(用量依存)
  • ナッツ 60-100g/日
  • ダークローストコーヒー
オプション
  • グラスフェッド・ホエイプロテイン +(EAA5-10%+乳糖分解酵素)10g-30g

調理が難しい人はスムージー摂取は選択肢のひとつ。

コーヒーは午後2時まで(デカフェは午後6時まで)

アルサプ認知症回復プログラム <食事>
...

サプリメント 昼食後

  • B-C ビタミンB 複合体 1錠(3型、カビ毒暴露がある場合は治療後)
  • B ビタミンC 1錠 500mg
  • B マグネシウム(キレート) 1錠 100-200mg
  • B DHA・EPA 小粒2錠 or 大粒1錠
  • A ホスファチジルコリン/レシチン 1錠 食品:卵
  • A ホスファチジルセリン 1錠 代替食品 新鮮なサバ
  • B クリルオイル 1-2錠 400-600mg 食品:魚の卵(すじこ、ししゃも、いくら)
  • A アセチル-L-カルニチン 1錠 250mg
  • B レスベラトロール 1-2錠 100-200mg
  • C ミルクシスル 1錠
  • C アシュワガンダ 1錠 300mg(一日1錠の場合は500-600mg)
  • B オリーブリーフ 1錠 
オプション
  • A ビタミンA 0.5-1錠  食事からの不足
  • A ビタミンK2 1錠 納豆を食べない
  • B ユビキノール 1錠 予算があれば含める 100-200mg
  • A グリシン 1-3g 食品:ボーンブロス、ゼラチンなど
  • A L-セリン 1-3g 食品:枝豆、海藻類、卵など
  • A プロバイオティクス 1-2錠 発酵食品が足りていない
  • C バコパ・モンニエリ 1-2錠 (記憶障害あり)
  • B フェルラ酸 半錠-1錠  125-250mg
  • C イチョウ葉エキス 1錠(抗凝血剤との重複を避けて) 120mg
  • A クレアチン 1-2錠 (肉、魚の摂取量が不足気味)(2g相当)

夕方・夕食後

サプリメント 夕食前(or 夕食後まとめて)

夕食の前後二回の摂取が難しければ、夕食後にまとめて摂取する。

  • C トレオン酸マグネシウム 1-2錠
  • C ウリジン 1-2 250-500mg
  • C グルタチオン ※下記参照
  • A-B グルタミン・パウダー 4-8g 食品:ボーンブロス
  • A-B トレハロース 5~10g 食事として利用可
  • B クルクミン・ロングビーダ 1-2錠
グルタチオン

以下からひとつまたは複数を選択(舌下摂取が最も効果が高く安価)

グルタチオンが健康に欠かせない成分であることに疑問の余地はないが、無差別に使用することが必ずしも正当化されるわけではない。例えば,カビ毒の患者の多くは、グルタチオンを経口、静脈内、外用などあらゆる方法で投与すると悪化する。-ニール・ネイサン博士

  1. 還元型グルタチオン(舌下投与) 100-500mg(カプセルを分割)
  2. S-アセチル-L-グルタチオン(経口) 2-5錠 200-500mg
  3. リポソーム・グルタチオン(経口)

夕食 午後8時まで 0~低GI食 低-中タンパク質食

  • アボガド
  • きのこ類
  • 海藻類(ひじきを除く、大量の毎日の昆布は避ける)

低糖質、低タンパク質によって時計遺伝子のリセット作用を軽減する。

別途瞑想する時間がなければ、食事瞑想を時々取り入れてみる。

昼から夜の間の間食はできれば避ける。(インスリン分泌の節約)

アルサプ認知症回復プログラム <運動・身体活動>
概要認知機能を改善するための運動は認知症のライフスタイル改革の中で最もといっていいほど、継続的な実行が難しいパート。そのため、少なくとも最初の1~2ヶ月は運動そのものではなく、運動を継続するための下準備に資源を集中させる。習慣化で最も大事な

サプリメント 夕食後

  • B-C ビタミンC 1-2錠 500-1000mg
  • B ビタミンE  1錠 400IU  食事に含まれるビタミンEと組み合わせる
  • B カルノシン酸亜鉛 1-2錠(一日分)
  • A-B キレート化マグネシウム 1錠 100-200mg(トレオン酸Mgとは別途要)
  • A-B DHA・EPA 小粒2錠 or 大粒1錠+ DHA(単独) 1錠
  • A ホスファチジルコリン/レシチン 1錠 食品:
  • A ホスファチジル セリン 1-2錠 食品:新鮮なサバ
  • B クリルオイル 1-5錠 400-600mg※予算・ApoE4は多めに
  • B アスタキサンチン 1錠 予防4mg 治療12mg食品:紅鮭
  • C ミルクシスル 1錠 
  • C アシュワガンダ 1錠 300-500mg
  • B オロチン酸リチウム 1錠 通常:0.5-1mg 高炎症:~5mgを一ヶ月
オプション
  • B CoQ10(ユビキノール) 1錠 100-200mg ※予算があるなら含める
  • C イチョウ葉エキス 1錠 120-240mg
  • A セレニウム 1錠 200-400mcg 食品:ブラジリアンナッツ2-3粒(食べ過ぎない)
  • A クレアチン 1-2錠 ※肉・魚食が少ない(1.5g相当)
  • A プロバイオティクス 1錠 ※発酵食品を摂取しない場合

夕食後の過ごし方 ストレス緩和 参考

アルサプ認知症回復プログラム <ストレス>
...
夕食後の注意点 ブルーライト

夜間のLED、スマホ画面などのブルーライトを完全に避ける。

  • 夜間テレビやモニタをどうしても見る場合は、コントラスト・輝度を低く調整する。(ブルーライトカットテレビやモニタを利用)
  • 共有の場で光のコントロールができない状況では、濃いオレンジ、フルカバーのブルーライトカットメガネを使う。

個人によって光に対する睡眠への妨害の感受性は大きく異り、90%と100%のカット率でも概日リズムへの影響の違いが生じることがある。

ただし、ブルーライトであるかどうか、(色温度)は体内時計の影響に関係しないという研究も報告されているため、より気にかけるべきは明るさ(輝度レベル)そのもの可能性もある。[R][R]

就寝3時間前の絶食

カロリーを含む食品を摂取しない。コーヒー、緑茶などのカフェイン含有飲料も避ける。番茶はOK、糖分を含むジュース、ステビアなどの甘味料も不可。

カロリーがなくても固形物も避けておく。MCTオイルなどはOK

睡眠と睡眠時間をめぐる不健康な食生活 食べるか断食するか?
...
食事の頻度およびタイミングの人間の健康への影響 断食の役割
...

就寝前 就寝の約一時間前

B-C N-アセチル-システイン 1錠 約500mg

  • C ウリジン 1-2錠 250-500mg
  • C メラトニン 1-2錠 予防0.3-5mg  MCI、AD 3-20mg
  • C グリシン 3g(抗炎症・概日リズムの修復)
  • C L-セリン 3g(神経保護・概日リズムの修復)
  • C トリプトファン 500mg~1000mg(3型、うつで特に推奨、代謝に個人差があるため睡眠の質などをチェック)

※サプリメントを摂取して夜間に目が覚めてしまう場合は、メラトニンを徐放剤(Time release)に替えてみる。それでも覚醒する場合は、その他のサプリメントをひとつずつ夕食後摂取に切り替える。

※還元型グルタチオンの舌下投与は、経口と比較して約10倍高い脳への到達率があると考えられている。

オプション
  • C L-オルニチン 600mg(高い血清コルチゾール、アンモニア)
  • C バレリアン 1錠 (伝統的な睡眠補助ハーブ)
  • C 週1回の高用量メラトニン 40~100mg(リーキーブレイン、脳霧で試す価値があるかも)著効が認められる場合はより高い頻度も可能。
  • C プレグネノロン 25mg(海外)※日本は輸入規制
  • C プロゲステロン 認知症患者さんでプロゲステロンの欠乏が睡眠を妨げていることがあり、補充が睡眠障害を改善する可能性がある。
  • C DHEA プレグネノロンの摂取で夜間覚醒が起きる場合は同量(25mg)のDHEAを摂取、単独では睡眠を妨害する可能性もあるため睡眠計測デバイスなどで要チェック。

※就寝60-90分前摂取がどうしてもむずかしい場合は、メラトニンを徐放剤に変更して夕食後に摂取。

睡眠 7-8時間

アルサプ認知症回復プログラム <睡眠>
...

過去に起きた介護殺人のうち、45%の介護者が睡眠不足であったと裁判所が認定している。睡眠は患者、介護者とも献身的な人ほど犠牲にしてしまう傾向にあるが、認知症は超長期戦であり、介護者が共倒れしないという意味においても戦略的に最も重要なパート。

睡眠は、睡眠中や就寝前だけの対処に焦点をあてるのではなく、一日全体のリズムで考えること。朝、太陽光を浴びる、活動量、決まった食事時間や栄養、ホルモン(プロゲステロン)なども睡眠の質と時間に影響する。一日全体の波を作って睡眠の質を高めるイメージで取り組むなど。

アルサプ・プログラム 記事一覧