神経変性疾患と高用量メラトニン(メガドース)

メラトニン神経変性疾患 精神疾患

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

高用量投与に関する文献

メラトニンは、筋萎縮性側索硬化症の疾患進行を遅らせる可能性がある

メラトニンは、筋萎縮性側索硬化症の疾患進行を遅らせる可能性がある
Melatonin may slow disease progression in amyotrophic lateral sclerosis: Findings from the Pooled Resource Open-Access ALS Clinic Trials dat

主要生存分析では、メラトニン使用者は非使用者に比べて年間死亡率が有意に低かった(ハザード比[HR],0.241;95%信頼区間[CI],0.088-0.659;P = 0.0056)(図2A)。研究期間中に死亡したのは、メラトニン使用者18人中4人(22.2%)のみで、メラトニン非使用者1360人(75.1%)と比較して、メラトニン使用者の方が多かった。また、メラトニン使用者は非使用者に比べてsALSFRSスコアの進行が遅かった(t=2.71,P=0.0069)

今回の知見は、メラトニンがALS患者に有益であることを示唆している。このデータベースの性質上、我々の結果は仮説を立てることのみを目的としており、強い関連性を示すことはできない。メラトニンは低価格で安全性も高いことから、今回得られた仮説はさらなる調査が必要である。

小規模な安全性研究では、ALS患者において、最高300mg/日の高用量のメラトニンを2年間投与することで、忍容性と安全性が確認され、酸化ストレスの代替マーカーである血清タンパク質カルボニルの循環レベルが正常レベルに低下した。

脳卒中患者におけるメラトニンの有効性;投与量の問題か?システマティックレビュー

www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0041008X20300570

本論文は,脳卒中患者におけるメラトニンの治療効果に関するエビデンスを包括的に分析した初めてのシステマティックレビューである。基準を満たし,脳卒中患者におけるメラトニンの治療効果を評価したRCTを6件発見した。さらに,RCTで使用された用量を比較外挿して,ヒトの患者に効果があると思われる用量と相関しているかどうかを検討した。

脳卒中・窒息患者を対象としたメラトニンのRCT研究を含む論文は6件しかなく、いずれもメラトニン治療が安全な治療法であり、良好な結果が得られていることを示すエビデンスが得られた。しかしながら、これらの患者にメラトニンを臨床使用することが効果的であると結論づけるには、十分な証拠がない。動物実験で得られた有効量をヒトに外挿すると、ヒトの投与量はRCTで脳卒中の治療成績に有意な影響を与えるには低すぎる可能性があるため、その後のRCTでの投与量を再検討する必要がある。

動物での効果的な投与量をヒトに外挿すると、25〜100mgという結果になったが、新生児の投与量は10mgであった。動物モデルでは,計算された等価投与量はRCTでの投与量の5倍から15倍の範囲であった。また、成人のヒト等価投与量を算出したところ、RCTでの投与量よりも有意に多かった。

メラトニン高用量療法と低用量療法における時間生物学的考察の重要性の違い

メラトニン高用量療法と低用量療法における時間生物学的考察の重要性の違い
オンラインで2021年3月9日に公開 リューディガー・ハードランド(Rüdiger Hardeland) アレハンドロ・ロメロ・マルティネス(学術編集者 概要 メラトニンは、様々な目的で臨床前および臨床で使用されている。その中には、概日リズムの再調整に関連するものもあれば、メラト

もちろん、1mg以下の非常に中等度のメラトニン量でも、入眠潜時の短縮には十分であるが、2または3mgのような承認された量では、夜通しの睡眠維持には不十分である。睡眠維持を改善するためには、50mgや100mgといった高用量が提案されている。50mgの用量が時折使用され、一定の成功を収めている。

日周調節の治療には低用量しか認められていないが、保護の目的ではかなり高用量が使用されている(セクション5参照)。実際、十分な保護効果を得るためには、生理的濃度を超える強いメラトニン濃度が必要であった。メラトニンの優れた忍容性は、ALS患者を対象とした研究で証明されており、患者は1日300mgのメラトニンの座薬を最長2年間使用した。バイオアベイラビリティーの観点からは、直腸に投与することで初回通過代謝による損失が少なくなるため、この用量は経口投与の場合の同量よりも高くすべきである。さらに高用量の1g/日が皮膚科および内分泌科の患者に1ヶ月間投与されたが、重篤な副作用は見られなかった。同様に、動物のウイルス性疾患や新生児の敗血症の治療に成功した様々な研究においても、高用量が適用されており、その内容については別の項でまとめられている。用量換算によると,体重75kgの成人には600mg/日が推奨されており,最大5回の部分投与で経口投与されることになっている.この用量は,COVID-19における炎症性サイトカインストームとそれに伴う凝固障害およびミトコンドリア障害を抑制するために提案された。他の論文でも、100~400mgや約600mgといった高めの用量が推奨されている。肝切除に関する研究では、メラトニンの安全マージンは75kgの人で3750mg/dと決定された。

これらのデータを総合すると、少なくとも、一過性の概日リズム障害や内分泌バランスの乱れの可能性よりも、患者の救出が圧倒的に重要な生命の危機に瀕した状況下では、概日リズム障害、睡眠障害、うつ病の治療薬として承認されている用量よりも、桁違いに高用量のメラトニンが可能であり、許容できることが明らかになった。


しかし、永久的な過飽和状態の結果として、ヒトにおいて受容体の脱感作が起こるかどうか、あるいはどの程度起こるかについては、まだ十分に研究されていない。一方、鎮静の観点から観察される高濃度メラトニンによる作用には、メラトニンまたはその代謝物であるN1-アセチル-5-メトキシキヌラミン(AMK)のいずれかによるCaM媒介nNOS活性化の阻害など、MT1およびMT2活性化以外の作用も含まれる可能性がある。

受容体の過飽和状態が長く続くと、中枢および末梢の概日リズムに対するメラトニンの効果がなくなると考えられるが、メラトニンのシグナルサイクルがないからといって、概日リズムに強い影響があるわけではない。これは特にSCNの振動子について有効であろう。いくつかの変化を完全に排除することができないにせよ、概日振動子の持続的な循環は可能性が高い。この点で、高用量、あるいは超高用量のメラトニンを適用することは、概日時計をひどく乱すことの注意点として捉えるべきではない。いずれにしても、超高用量のメラトニンは、通常、重篤な病気を治療したり、患者を生命の危機から救ったりするために適用される。このような状況では、概日リズムの問題は後退しなければならない。

強力な高用量は,概日リズムの調節やGPCRシグナリング以外のメラトニンの付加的な特性を利用する場合に特に適用される。例えば,mtPTPへの結合(mtPTPは1μMよりわずかに低い濃度で半飽和状態になる)や,フリーラジカルの消去(他の抗酸化剤が効かなくなる濃度で効果を発揮する)などが挙げられる。最も破壊的な酸化性フリーラジカルへの高い親和性とは別に、メラトニンの他の2つの顕著な特性を考慮する必要がある。1つ目は、これらの反応で、進行するプロオキシダントラジカル反応連鎖を開始しない代謝物を形成することであり、2つ目は、ラジカルスカベンジャーカスケードを開始することである。このカスケードは、最初に4つの連続した反応について説明され、後に10の無害化されたラジカルにまで拡大された。

濃度を必要とするこれらのラジカル解毒作用の関連性は、合成メラトニン作動薬の有効性の限界にも光を当てている。メラトニンがフリーラジカルを効率的に除去し、プロオキシダント反応連鎖を起こさないという好ましい特性を持つものはないが、これはインドール類にも明確に言えることであり、一方、いくつかの非インドール性作動薬は除去能力が低いか、プロオキシダント代謝物を生成すると結論づけることができる。さらに,メラトニンのような極めて高い忍容性を示すアゴニストは他にはないと思われる。


低用量のメラトニンに敏感な生理学的パラメータはいくつかあるが、機能不全の場合は十分に改善されない。例えば、睡眠維持に対するメラトニンの有効性は比較的低い。これはある程度、循環系におけるメラトニンの半減期の短さと関係している可能性があり、複数の研究者が結論づけているように、長時間作用型のメラトニン作動薬や徐放性製剤が作られるようになった。統計的に明らかな総睡眠時間と睡眠の質の改善が報告されていたが、通常、一晩中の完全な睡眠の継続は観察されなかった。睡眠維持をさらに改善するために高用量(50または100mg)を提案し適用することは妥当であり、部分的には成功した。しかし、300mgのような高用量の経腸投与でも、治療を受けたコホートのかなりの数の被験者で完全な睡眠維持が保証されなかった。言い換えれば、メラトニンは単なる睡眠薬ではない。睡眠を改善しようとしても、不眠症の病態生理学的原因が問題となる。このことは、合成メラトニン作動薬にも当てはまる。

しかし、高用量のメラトニン(最大600mg、または用量換算による動物での各量)は、特に虚血、ウイルスまたは細菌感染、敗血症からの救出を含む抗酸化および抗炎症治療の目的で適用することに成功している。死に至る可能性のある急性疾患から生命を守るという目的は、治療によって概日系が阻害されるかどうかにかかわらず、高用量の使用を正当化するものである。しかし、メラトニンを概日系の一成分としか考えていない限り、時計の乱れは思ったほど深刻ではないかもしれない。メラトニンが大量に分泌されても発振器が停止してしまうと考える理由はない。つまり、時計をシフトさせたり、周期をごくわずかに延長したりする化合物である。メラトニンには、投与量が増えても反応性の高い有害な中間体を解毒するという利点もあり、これは合成メラトニン作動薬にはない特性である。さらに、メラトニンの優れた忍容性も評価されるべきである。

メラトニン:インフルエンザ、Covid-19、その他のウイルス感染症における役割

onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1002/rmv.2109

メラトニンはインフルエンザとCOVID-19の症状と死亡率を低下させるのに有用であるとするなら線量はいくら?前臨床データから外挿すると、最初のサイトカインストームを抑えるには500 mgほどの高用量が必要になる場合がある。健常者では忍容性良好だが、ウイルス感染患者では明白な調査が必要である。

副作用・安全性

メラトニン:神経変性における臨床的展望

査読論文:メラトニン 神経変性における臨床的展望
Melatonin: Clinical Perspectives in Neurodegeneration オンラインで公開2019年7月16日 概要 神経変性疾患の予防は、現在、我々の学会の主要な目標であり、すべての好気性生物に存在する系統発生的に保存された珍しい分子であるメラ

この記事で述べたように、2~5mgのメラトニンを1日に使用した研究は、動物実験から得られた神経変性保護のデータと適切に比較するには不適当である。メラトニンは極めて毒性が低く、その安全性は非常に高い。メラトニンを腹腔内注射した場合の致死量50(LD50)は、マウスで1,131mg/kg、ラットで1,168mg/kgであった。しかし、ラットでは3,200mg/kgまでのメラトニンを経口投与しても、ラットおよびマウスでは1,600mg/kgまでの皮下注射をしても、LD50は構築できなかった。ヒトでは、メラトニンの安全性は高く、通常は極めて良好な忍容性を示している。現在のところ、細胞保護剤としてのメラトニンの使用に関心のある現職の医師にとっての唯一の選択肢は、この薬剤の適応外である。

メラトニンは21世紀の宝(コルヌコピア)か?

www.ncbi.nlm.nih.gov/labs/pmc/articles/PMC7694322/

最近のシステマティックレビューでは、一次および二次睡眠障害の治療のためにメラトニンの長期連日投与(0.15~12mg、4~29週間)を行った無作為化プラセボ対照試験のデータを報告した37件の研究が調査された。最も頻繁に報告されたメラトニンの有害事象は、日中の眠気(1.66%)、めまい(0.74%)、頭痛(0.74%)、その他の睡眠関連有害事象(0.74%)、低体温(0.62%)であった。重篤な、あるいは臨床的に意義のある有害事象は非常に少なく、激越、動悸、悪夢、気分の落ち込み、疲労、皮膚刺激などがあった。これらの影響のほとんどは、メラトニンを調整しなくても数日以内に自然に解消されるか、治療を中止すると直ちに解消された

現在のところ、メラトニンは一般的に忍容性と安全性が高いと考えられている。ベンゾジアゼピン、オピオイド、非ステロイド性抗炎症薬、グルココルチコイドなど、重大な合併症や病的状態を引き起こす可能性のある薬剤の短期的および長期的な副作用に比べれば、メラトニン治療のこれまでの軽度の副作用は最小限であると考えられる。最も重要なことは、メラトニン治療には中毒性がないということである[205]。

ヒトにおけるメラトニン補充の最適な投与量を決定するには、さらなる調査が必要である。この点で重要な問題は、動物実験を臨床に役立てることの難しさと、最も効果的なメラトニン投与方法を特定することにある。動物実験に基づいた計算では、ヒトへの投与量はランダム化比較試験で採用されたものよりも高いことが示されている[212]。さらに、ヒトの経口および静脈内投与後のメラトニンのバイオアベイラビリティは非常に低く(約15%)、年齢、喫煙、カフェイン摂取、病的状態、特定の薬剤、さらに食物摂取(特にトリプトファンやセロトニンを含む食物の場合)に影響される[213]。さらに、メラトニンは肝臓のチトクロームP-450で代謝されるため、フルボキサミン、カフェイン、経口避妊薬など、同じ酵素と競合する薬剤は、外因性メラトニン投与後にメラトニンの循環レベルを上昇させる可能性がある[214]。

メラトニンは21世紀の宝(コルヌコピア)か?
オンラインでは2020年11月5日に公開 概要 メラトニンは、夜間に松果体や松果体外細胞で産生・分泌されるインドールアミン系ホルモンであり、ヒトの概日リズム(24時間体内時計)の計時や睡眠・覚醒サイクルの調整に重要な役割を果たしている。 しかし、近年、メラトニンが注目されているの

エクストリームドーズ! メラトニンの大量摂取による副作用

私が1年間にわたって高用量メラトニンを使用した経験についてはお聞きになったと思う。この実験について付け加えておくと、私はよく夢を見るようになった。そして、性欲とセックスの生産量が劇的に減少した。そして、薄くなっていた髪の毛が太くきれいに生えてきた。

ただ、大量のメラトニンを試している友人の何人かが経験した、いくつかの不快な副作用については注意しなければならない。

禿げた父親を持つ女性の場合、大量のメラトニンを投与すると、髪が薄くなって抜けてしまう。禿げるほどではないが、髪の太さが半分くらいになり、通常はその影響でやめてしまう。頭髪の多い父親を持つ女性であれば、メラトニンの大量投与による影響はなかった。しかし、もしあなたが初期のアルツハイマー病の女性であれば、髪を失うことと心を失うことは、どちらを選ぶべきかということになると思う。素敵なウィッグを手に入れることもできますしね。

また、DNAの中に帯状疱疹のウイルスが潜んでいる場合、メラトニンがそのウイルスを外に出すきっかけになることに気がついた。帯状疱疹は、とても厄介な病気である。体の片側の皮膚に、花のような小さなこぶが円形にできる。この小さなぶつぶつは、涙を流す小さなニキビのようになり、痛みを伴い、液体が滲み出てくる。一生続く水ぼうそうにかかったことのある人に発生する。私が知っている限りでは、メラトニンを大量に摂取した2人が帯状疱疹になった。二人とも帯状疱疹になった時点でやめてしまった。メラトニンを飲み続けて帯状疱疹を乗り切れるかどうかはわからない。しかし、アルツハイマーと帯状疱疹のどちらかを選ばなければならないとしたら、帯状疱疹を選ぶのではなかろうか。

また、大量のメラトニンを摂取した女性が、突然、ライム病のような問題が数ヶ月間続いたことを知っているが、これもDNAに隠れていたのかもしれない。このように、メラトニンの大量摂取が吉と出る人もいれば、吉と出る人もいれば、凶と出る人もいる。自分のDNAに何が潜んでいるかによる。しかし、アルツハイマー病の進行を避けようとするならば、これらの問題は幾分小さなものに思えるだろうと期待している。私の小さな経験では、DNAの中に隠れているウイルスを誘発することによって、20%くらいの人がこれらの望ましくない副作用のいくつかを持つようである。しかし、それでアルツハイマー病が治るのであれば、それに従うしかないのではないだろうか。

Healthline メラトニンを過剰摂取すると?

www.healthline.com/health/melatonin-overdose#outlook

メラトニンは体内で自然に生成されるホルモンであるが、メラトニンを過剰に摂取すると、概日リズム(睡眠・覚醒サイクルとも呼ばれる)が乱れる可能性がある。また、他の望ましくない副作用を引き起こす可能性もある。

つまり、技術的にはメラトニンを過剰摂取することは可能である。

しかし、メラトニンの過剰摂取を定義するのは難しい。なぜなら、誰にとっても安全な標準的な投与量がないからである。

人によっては、メラトニンの効果に敏感な人もいる。ある人には副作用が出るような量でも、他の人にはほとんど影響がないこともある。

幼い子供は、医師の指示がない限り、メラトニンの服用を避けてほしい。1ミリグラムから5ミリグラムの用量では、幼い子供に発作やその他の合併症を引き起こす可能性がある。

成人の場合、標準的な投与量は1~10mgとされているが、現在のところ明確な「ベスト」な投与量はない。30mgの範囲では有害な可能性がないと考えられている。

一般的には、低用量から始めて、効果が見られたらゆっくりと慎重に増やしていくのがよいだろう。どうしても眠れない場合は、医師に相談してほしい。

どのくらいの量のメラトニンを摂取すればよいですか?
メラトニンの安全な摂取量とは、副作用を起こさずに入眠を助ける効果がある最小量のことである。一般的には、0.2~5mgが安全な開始用量と考えられている。

安全な服用量は、体重、年齢、サプリメントに対する感受性によって異なる。

メラトニンの過剰摂取による症状

メラトニンの過剰摂取は、本来の目的とは逆の効果をもたらす。正常な概日リズムが乱れるため、眠れなくなる可能性がある。

また、日中はぐったりとした眠気に襲われ、夜は悪夢や非常に鮮明な夢を見ることがある。また、以下のような経験をすることもある。

  • 吐き気
  • めまい
  • 頭痛
  • イライラや不安感
  • 下痢
  • 関節痛

人によっては、メラトニンの過剰摂取が血圧に影響を与えることがある。カルシウム拮抗薬やβ遮断薬など、血圧を下げる薬を服用すると、体内でのメラトニンの自然な生成量が減ることがある。

しかし、メラトニンの減少を補うためにサプリメントを摂取することは、必ずしも望ましいことではない。血圧をコントロールするために薬を処方されている場合は、メラトニンやその他のサプリメントについて、必ず医師に相談してほしい。

メラトニンと一緒に飲んではいけないもの

メラトニンは睡眠・覚醒サイクルに影響を与えるため、アルコールやカフェインとの併用は避けよう。これらは、概日リズムや自然なメラトニンの生成を妨げる可能性がある。

メラトニンやその他の市販薬、サプリメントを始める前に、医師に相談してほしい。特に、他の薬を服用している場合は注意が必要である。

例えば、避妊薬を服用するとメラトニンの分泌量が増えるため、サプリメントを服用するとメラトニンの濃度が不健康な範囲になる可能性がある。

メラトニンとワルファリン(クマジン)などの抗凝固剤を併用すると、出血のリスクが高まる。

また、関節リウマチや狼瘡などで免疫反応を抑えるために副腎皮質ホルモンを服用している場合は、メラトニンの服用を避けるべきである。

以下のような症状がある場合は、911に電話して、緊急の助けを求めてほしい。

  • 息切れ
  • 突然の胸の痛み
  • 血圧が180/120mmHg以上の場合

これらの症状は、メラトニンやメラトニンと他の医薬品との相互作用とは関係ないかもしれない。しかし、医療上の緊急事態を示唆していることもあるので、無視することはできない。

メラトニンは、入眠や睡眠維持に少しでも助けが必要な人には非常に有効であるが、誰にでも有効というわけではない。低用量であっても耐えられない場合がある。また、どれだけ飲んでも眠れないということもある。

不眠症が問題となる場合は、睡眠の専門家に相談してほしい。カフェインやアルコールの摂取を控えたり、就寝前の習慣を変えたりするなど、生活習慣を変えることで効果が得られる場合もある。

メラトニンの服用によって深刻な医学的問題が発生することはないが、慎重に対処してほしい。

このサプリメントは、米国食品医薬品局(FDA)の規制を受けていないため、公式な服用ガイドラインはない。

摂取方法

エクストリームドーズ! メラトニン 奇跡のアンチエイジングホルモン 抗アルツハイマー病ホルモン 抗加齢ホルモン 更年期障害逆転ホルモン

肝心なことは、もし私がアルツハイマー病の初期段階にある女性だったら、メラトニンを買うために店に走り、最低でも毎晩75mg、さらには毎晩500mgまで増やそうと思うだろう。メラトニンにはまだ毒性はないが、いくつかの副作用があるので、後でお話する。

アルツハイマー病が始まったばかりの男性にも同じアドバイスをする。ただし、メラトニンの量は最低でも125mg(男性の方が体重が重いので)、必要に応じてそれ以上にしてほしい。

また、プレグネノロンを1日200~400mg、プロゲステロンも同量摂取するようにする。プレグネノロン100mgの錠剤は、www.lef.org からかなり安く入手できる。プロゲステロンの錠剤(プロメトリウム、100mgと200mg)は買ったことがない。

いずれにしても、メラトニンを大量に投与して、4ヶ月ほど1日14時間眠る覚悟をしてほしい(私のように)–でも、その眠りはとても気持ちがいいものである。その後、私のように、高用量のメラトニンを維持しながら、1日7時間の睡眠に戻る。というのも、私は10年ほど前に自分自身で同じ実験をしたことがあり、最大500mgのメラトニンを毎晩1年間摂取した。薄くなっていた髪の毛が太くなったという嬉しい副産物もあった。

メラトニンの用量 始め方

メラトニンの服用量は、3mgに1週間ほどで慣れたら、6mgに1週間、12mg……と、以前の服用量に慣れるたびに倍の量を服用するように、徐々に増やしていくのがよいだろう。なぜか?

私の友人は、すぐに100mgほどにしたのであるが、一晩目も二日目も効果がなかった。そして、3日目に突然、歩けないほどのめまいに襲われ、パニックになってしまったのである。似たようなことが、血圧が200/140と非常に高い友人にも起こった。私は彼に高用量のメラトニンをすぐに投与した。1日目は何も起こらなかった。2日目、彼の血圧は両方のスケールで50ポイント下がったが、彼はバスに乗ると本当にめまいがして、本当に眠くなると言ってた。不幸なことに、彼は怖くなってメラトニンを飲むのをやめ、医者の薬を飲むようになり、最終的には高血圧から脳卒中を起こして死んでしまった。彼は腎不全を患い、人工透析を受けていたので、これは予想外のことではなかった。高血圧と脳卒中による死亡は、このような腎臓病患者にはよくあることである。

男女ともにアルツハイマー病を食い止めるために、私が試していただきたい最重要プロトコルは以下の通りである。

メラトニンの量を、最初の1週間は1晩3mg、2週間目は6mg、3週間目は12mg、4週間目は24mg、5週間目は48mg、6週間目には女性は1晩75mgと、徐々に増やしていくのである。男性の場合は、5週目にメラトニンを96mgに増やし、7週目には120mgにする。女性は75mgを一生続け、男性は120mgを一生続けてほしい。欲しければ、一晩に500mgまで増量しても全く問題ないが、多少の副作用があるかもしれない。

最初の1週間は、DHEA100mgを昼夜2回、プレグネノロン100mgを昼夜2回、プロゲステロン100mgを昼夜2回以上摂取してほしい。

入手(高用量の場合)参考

準備

  • 中国の某通販サイトで「melatonin powder」と検索。
    純度99%のメラトニン50g または 100g(約3000円)を購入。
  • 日本、Amazonなどの通販サイトで販売されている1kgのグリシンパウダー(1200~1500円)を購入。
  • 0.01g計測のデジタルスケール(約1000円)があると便利。(Amazon等で入手可)

作成

一回の摂取量3gの場合(333回分)

メラトニン 50mg

グリシン1000gに対して16.9gのメラトニンを投入。

メラトニン 100mg

グリシン1000gに対して34.4gのメラトニンを投入。

メラトニン 200mg
  • グリシン1000gに対して71.4gのメラトニンを投入。
  • グリシン700gに対して50gのメラトニンを投入
メラトニン 300mg
  • グリシン1000gに対して111gのメラトニンを投入。
  • グリシン901gに対して100gのメラトニンを投入

 

一回り大きなビニール袋などに入れて200回以上振る。(内部空間が狭いと均質に混ざりにくい)

摂取

就寝30~1時間前にメラトニン混合のグリシン3gを100~200ccの水に混ぜて飲む。

超高用量では多くの人で翌日まで血中のメラトニン濃度が維持されるため徐放剤を摂取する必要はない。しかし、メラトニンの代謝には個人差、年齢差(加齢で代謝能力は低下する)があり、また標準的な高用量では反対にメラトニンが素早く代謝され血中から消失した結果、体温が低下し夜間覚醒を引き起こす可能性もある。徐放剤と組み合わせると夜間覚醒、睡眠時間の改善ができるかもしれない。

低用量 3~10mg

10mg未満の場合、パウダーでは徐放作用がなく各分量の誤差が大きくなりやすいことから、おすすめしない。iHerbで徐放剤のメラトニン錠剤をおすすめする。

 

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました