認知症回復プログラム アルツハッカーサプリメント 時間管理表/購入(標準版)

アルサプ標準版 時間管理表/購入リスト

免責事項をお読みください。

アルツハッカーサプリメント 案内

アルツハッカーサプリメント 標準版 概要

アルツハッカーサプリメントは、標準版はもともと、アルツハッカーサプリメント簡易版として紹介していたプランである。

複雑すぎる、サプリメントが多すぎて管理が大変、患者が飲んでくれないという声を多くいただいたため(汗)、簡易版プログラムを簡略化し、旧簡易版であったものをここで標準版として案内することにした。

ここにあるすべてのサプリメントを摂取するように設計はしてあるが、解説を読んでもらって検査値や症状などから不要と考えれば、差し引いて利用してもらって構わない。

また、アルツハッカーサプリメント簡易版にあるコグニテックスやマルチビタミン・ミネラルなどをアレンジして、こちらで紹介しているサプリメントと組み合わせて用いることも可能。摂取量には注意してもらいたい。

認知症回復スケジュール

朝だけ断食
または12~16時間の絶食

半日断食に慣れていない人は絶食時間を12時間からスタートして徐々に14~16時間まで増やしていく。

MCTバターコーヒー

アルツハッカーコーヒー(バレットプルーフコーヒー)レシピ

または MCTオイル 錠剤 1~3錠 / 液体 3~10cc

仲間と運動(30分~)

アルツハッカーサプリメント 朝

・ビタミンD3 1錠

・ビタミンK2 1錠

・PQQ 1錠

・ユビキノール 1錠

・レシチン 1錠

・EPA・DHA 1錠

・ニコチンアミド リボシド 1~2錠

・CDPコリン 2錠

・ウリジン 1錠

・イチョウ葉エキス(ギンコビローバ) 1錠

・レスベラトロール 1~2錠

・ヤマブシタケ 2錠

・緑茶エキス(EGCG) 1錠

アルツハッカーサプリメント 昼

・ビタミンC 1錠

・ビタミンD3 1錠

・ビタミンE 1錠

・EPA・DHA 1錠

・レシチン 1錠

・ホスファチジルセリン 1錠

・クリルオイル 1錠

・アセチル-L-カルニチン 1錠

・CDPコリン 1~2錠

・プロバイオティクス 1~2錠

・バコパ 1錠

・アシュワガンダ 1錠

・オリーブリーフ 1錠

お昼の服薬管理が難しい場合は朝にまとめて摂取

アルツハッカーサプリメント 夕方

・ビタミンBコンプレックス 1錠

・ビタミンC 1錠

・ビタミンE 1錠

・αリポ酸 1錠

・亜鉛 1錠

・セレニウム 1錠

・マグネシウム-L-スレオネイト 1錠

・オロチン酸リチウムコロストリニン 1錠

・MCTオイル 朝と同様

・DHA・EPA 1錠

・レシチン 1錠

・ウリジン 1~2

・ホスファチジル セリン 1~2錠

・クリルオイル 1錠

・アスタキサンチン 1錠

・アセチル-L-カルニチン 1錠

・N-アセチル-システイン 1錠

・S-アセチル-L-グルタチオン 1~2錠

・プロバイオティクス 1~2錠

・ヤマブシタケ 1錠

・イチョウ葉エキス 1錠

・バコパ・モンニエリ 1錠

・クルクミン 1錠

・アシュワガンダ 1錠

・フェルラ酸 半錠~1錠

就寝3時間前の絶食

アルツハッカーサプリメント 寝る前

就寝1時間~90分前 

R体-αリポ酸 1~2錠

マグネシウム-L-スレオネイト 1錠

ウリジン 1~2錠

N-アセチル-システイン 1錠

S-アセチル-L-グルタチオン 1~2錠

プレグネノロン 1~2錠

メラトニン 1錠

寝る前の摂取がむずかしければ、メラトニンをのぞいて夕食後に摂取。

睡眠時間7~8時間

脳機能低下を防ぐ食事の三原則

1. 炭水化物を減らす

・特にサイダー、和菓子のような単純炭水化物を避ける。

リコード法 ケトンダイエットの計算

糖質制限についての注意

2. 良質の脂質を摂る

・エキストラバージンオリーブオイル(スーパーの安物は避ける)大さじ2~/日

・アボガド 半個~1個/日

・ローストしていないナッツ 30~50g (長期保管は冷蔵か冷凍)

3. 野菜をたくさん食べる
・アブラナ科野菜を中心に。

・ブロッコリーは茹でない。生で、または軽く調理する(60~70度)

・オーガニックが望ましいが、市販野菜を避けて栄養バランスを崩すよりは市販野菜をバランスよく食べたほうが良い。(輸入野菜・果物は基本避けておく)

・週に一回は食べたいものを食べても良い(認知機能に影響が無い限り)

より詳しくはこちら↓

認知機能改善食事プログラム ケトフレックス12/3

エクササイズ

運動全般

・「散歩(コグニサイズを含む)」「有酸素運動」「筋トレ」それぞれ別物として考える。

・本人がやってみたいと思うもので始める。(自発的な運動は認知機能改善効果が大きい)

・特になければ、ウォーキング・散歩は素晴らしい選択。

・散歩は一日2000歩からスタート(2000歩でも一定の効果はある)

・2ヶ月後の目標は8000歩またはキビキビ早足5000歩。歩数計があると良い。

・散歩以外で認知機能改善効果の高い運動は、ダンスまたは人と競い合うスポーツ

有酸素運動

・有酸素運動は脳機能にもっとも良い影響を与える運動

・心拍計を利用して運動の強度を判断。(認知症患者ではきつい感覚と運動強度は一致しなかったりする)

・膝の負担を緩和して心拍を上げれる上り坂が超おすすめ。(高齢者だと徒歩速度でも有酸素運動域に達する)

・室内の有酸素運動器具で高齢者へのオススメは、リカンベントタイプのフィットネスバイク(膝の負担が軽減でき、ながら運動が可能)

・最終ゴールは一日40分 週5日 

筋トレ

・筋トレは有酸素運動では得られない認知機能への効果がある。

・市のスポーツセンターなどで筋トレマシンを利用してみる。

・初心者でよくわからない人はトレーナーにやり方を教わる。

・予算に余裕があれば、トレーナー付きの加圧トレーニングを検討する。(加圧トレは自力でも可能)

・以上がむずかしければ、運動型のデイサービスを利用しても良い。

運動のヒント

・介護者、同伴者も一緒に運動を行う。

朝の空腹時の運動はボーナスタイム(認知機能改善効果倍増)

太陽を浴びるとなお良い。(肌の露出度を高める)

”同じレベルの”運動仲間を見つける。(継続率に大きな影響)

・運動の終わりのクールダウンを10分もうける。(継続率が増加する)

より詳しくはこちら↓

リコード法 運動による認知機能改善動 4つのフェーズ

運動の習慣化を成功させる医学的戦略<7ステージ>

サプリメントの摂取タイミング

時間栄養学の研究も日が浅く、時間栄養学のサプリメントへの応用もまだほとんど行われていないのだが、サプリメントの摂取タイミングはプログラム治療を実践していく上で戦術的な重要性をもつ。

認知症患者の概日リズムが崩れていることは明白に実証されており、睡眠や運動のみならず、食事や特定の栄養化合物が概日リズムに影響を与えることも理論的に確かめられている。

考えられる限り、概日リズムを補強し、生体吸収率を高め、相乗効果をもたせることができるスケジュールを組んでみた。

サプリメントは「どのタイミングで摂るか」だけでなく、例えば運動前には抗酸化剤は控える、概日リズムに影響を与えるサプリメントの夜間摂取を避けるなど、「どのタイミングで摂ってはいけないのか」といったことも考慮されなければならない。

手間を惜しまなければ、もっと効果的なタイミングで摂取する方法もあるのだが、このスケジュール表では管理の容易さも考えてある程度まとめている。

すべてのサプリメントでそこまで摂取タイミングに気を使う必要があるわけではないのだが、わかりやすくすべてをスケジュールの中に組み込んでしまっている。

ただあまりスケジュールを守ることに偏狭的になっても大変なので、生活事情など服薬のタイミング調整がむずかしい人は、大きく昼と夜といった程度の区分で摂取タイミングをアレンジしてほしい。

アルツハッカーサプリメント標準版 iHerbリスト

ひとつひとつサプリメントを選んで購入することを前提に記事を作っているが、「多すぎてよくわからん」という人も多いため、アイハーブのリストとしてまとめてみた。

アルツハッカーサプリメント標準 ビタミン

アルツハッカーサプリメント標準 ビタミン類 2

アルツハッカーサプリメント標準 ミネラル・乳酸菌

アルツハッカーサプリメント標準 脂質類

アルツハッカーサプリメント標準 アミノ酸

アルツハッカーサプリメント標準 ハーブ

アルツハッカーサプリメント標準 ハーブ2(食品由来)

Translate »