デイビッド・ヒューズ

LGBTQ、ジェンダー、リベラリズム

トランスヒューマニズムを地上にもたらす、その1 – 超越の偽りの約束にまみれた軍事諜報活動

Bringing Transhumanism Down to Earth, Part 1 - Military Intelligence Operations Cloaked in the False Promise of Transcendence リサ・ジョンソン、ダニエル・
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

シュプリンガー:「Covid-19」心理作戦、そしてテクノクラシーのための戦争 第1巻
“Covid-19,” Psychological Operations, and the War for Technocracy Volume 1

“Covid-19,” Psychological Operations, and the War for Technocracy 「Covid-19」、心理作戦、そしてテクノクラシーのための戦争 デイヴィッド・A・ヒューズ(David A. Hughes) 英国リンカーン大学社
アンリミテッド・ハングアウト

COVID-19 – 大衆形成か大衆虐殺か?
Covid-19 – Mass Formation or Mass Atrocity?

マティアス・デスメの「大衆形成」論は、2022年に大きな注目を集めた。デスメの著書『全体主義の心理学』の書評では、それが残虐行為の心理を現していること、そして「大衆形成」が逆説的にコビッド19時代に行われた集団残虐行為を正当化する役割を果たしていることを論じる。 2022年11月
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

ウォール街、ナチス、そしてディープ・ステートの犯罪
Wall Street, the Nazis, and the Crimes of the Deep State

2022年7月29日 著者 デビッド・A・ヒューズ はじめに 「COVID-19のパンデミック」への対応は、第三帝国の誕生と共通するところが多い。たとえば、アガンベン(2021,8)は 2020年に可決された緊急立法を1933年のワイマール憲法の停止になぞらえており、デイビス(2
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました